いつもiらしく


いつも自分らしく生きたい!
素敵に年を重ねていつも愛らしくいたい!
そしてわたしはいつもiMacと一緒・・・

お別れ♪

2017年03月27日 | 庭の野鳥たち

昨日も今日も雪が舞い、まだ春が足踏みしている信州です。

 

昨日のことです・・・

(本日の記事は写真が少なく、長い文章をタラタラと綴ります…)

リビングで新聞を読んでいた旦那さんが突然、

「縁側にいるのは、ジョウビタキじゃあないのか?」というので、

ガラス戸に近寄って外を見たら、

ジョウビタキが縁側の端っこでうずくまっていました。

何度ガラス戸に近づいても、そのままでビクともしません。

いつもだったら、気配を感じるとすぐに飛び立つのに・・・

 

旦那さんの話によると、

突然「ドン!」っと音がして、何かがガラス戸にぶつかったみたいで、

すぐに外を見たら、縁側にジョウビタキがいたのだそうです。

この鳥は、冬の間毎日のようにお庭訪問してたジョビ助ですね。たぶん

ガラスにぶつかって、どこか怪我でもしちゃったのでしょうか

 

縁側でじっとしている、ジョビ助(11時50分)

 

わたしが何度窓辺に近づいても飛び立たず、やっぱり動けないみたい(11時51分)

 

救いを求めるような目で、こちらを見てる(12時07分)

 

体の向きを変えたから、少しは動けるようになったんだね(12時22分)

 

でも、この時点ではかなりしんどかったのだと思います。

ジョウビタキは黒い顔の中に黒い目があるから、表情がわかりにくいけれど、

PCでこの写真()を見れば、目を閉じているのです・・・

 

もしかしてこのまま飛べないのか? と、心配していたのですが、

やがて再び向きを変えて、何事もなかったかのように柿の木へ飛び移り、

いつものように、尻尾をピクピクと上下させながらずっと鳴いていました。

(縁側にいる間はそっと見守っていたけれど、その間約40分程

 

怪我がなかったようでよかった、よかった

 

柿の木で元気よく鳴いてる、ジョビ助(12時35分)

 

その後、ジョビ助はどこかへ飛んで行ってしまいました。

もし縁側から飛び立つことができなかったら、その時はこのような記事も書けずに、

画像データも全て消去してたと思います。ふぅ~、無事で本当によかった

 

冬の間縁側に来て楽しませてくれたジョビ助が、

きっと、北帰行の挨拶に来てくれたのですね。お別れのご挨拶に・・・

でも、なにもお部屋の中まで来ようとしなくてもいいのにねぇ〜

外で鳴いてお別れをしてくれるだけで充分なのに、

なんて義理堅いジョビ助なのでしょう・・・

 

と、そんな風に思っていたけれど、

ふと、お向かいさんちのお話を思い出しました!

 

《ここからはお向かいさんちの出来事で、カラス編です・・・》

実は一昨日、お向かいのおばあちゃんとのお別れの日でした。

おばあちゃんが亡くなった日の翌日、こんなことがあったのだそうです。

 

我が家の庭で、ご主人との立ち話ですが・・・

1羽のカラスが玄関先にやって来て、人懐こそうにしてるから、

ご主人がお菓子をあげてみたら、喜んで食べたそうです。

近付いても全く逃げようともせず、頭を撫でさせたりもしてくれたそうで、

そのカラスは、1時間近くもそうやって玄関先で遊んでいたということです。

ご主人の友人が近づいたら、カラスはサーっと飛び立ってしまったらしい・・・

 

で、その話を聞いた家族や親戚の人たちは、

「きっとおばあちゃんがお別れの挨拶に来たんだね」とか、

「おばあちゃんがみんなの様子が心配で、見に来たんだね

と言っていたと、お向かいのご主人が話してくれました。

ご主人からカラスの話を聞きながら、わたしもきっとそうなんだと思いました。

 

《再び我が家でのお話に戻って、ジョウビタキ編です・・・》

昨日縁側にいたこのジョウビタキも

もしかして、お向かいのおばあちゃんだったのかもしれませんね。

お部屋の中にいるわたしたちに、お別れの挨拶に来てくれたのですね。

そうでなかったら、ガラス戸にぶつかったりはしないでしょう!

 

この目は、救いを求めてるんじゃなくてお別れしたいんだね…♪

(表情がわかるように上の写真をトリミングして、ここで再び登場

 

その時わたしはキッチンにいて、

お葬式でいただいてきたお花を生けている最中でした。

告別式の後に、旦那さんがたくさんのお花を持ち帰ってきたというのに、

夕方にまた、お身内の方がお花を2束も届けてくださって、

それらの大量のお花をどうやって花瓶に挿そうかと、

あれこれ悪戦苦闘していた、ちょうどその時の出来事だったのです・・・

 

こんなにもたくさんのお花♪

   

置く場所を考えながら菊と洋花とに分けて、お仏壇やら玄関やらと、

あちこちに飾らせていただきました。

お花好きのおばあちゃんでしたから、

きっと、お別れの場もお花でいっぱいだったのでしょうね。

 

《ここからは、おばあちゃんとの思い出話になりますが・・・》

そう言えば、こちらに引っ越してきて、

最初にお花を頂いたのがお向かいのおばあちゃんでした。

おばあちゃんから頂いた第1号のお花が青花のキクザキイチゲで、

ここ数年花を咲かせなくなってしまったけど、今年は咲くかなぁ~

 

おばあちゃんから頂いたお花は、他にも色々あります。

ニリンソウもそう、ショウジョウバカマもそう、ヒメケマンソウもそうでした・・・

(特に山野草が好きだったから、お向かいの庭には色んな山野草が咲いてた…)

 

他のご近所さんたちに比べれば、かなり短いお付き合いだったけど、

これからも庭でお花が咲くたびに、おばあちゃんのことを思い出すでしょう

 

頭を撫でてもらったカラスといい、ガラスにぶつかったジョウビタキといい、

これらはやっぱり、おばあちゃんの『お別れ』の姿だったのでしょうね。

「おばあちゃん、庭のお花をありがとうございました

「お別れに来てくださって、ありがとうございます

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

宝石箱のエッグ1day♪

2017年03月24日 | 日々の暮らし

昨日は、エッグ教室の「1dayレッスン」でした。

 

前回一緒だった友人が二度目の参加で、

そして今回は、エッグが初めてという友人もご一緒です。

わたしと娘も加わって、4名でのレッスンでした。

 

エッグのお話に入る前に、昨日の空の様子から・・・

 

出窓から見えた、左幻日

 

縁側に出て空を見上げたら、右幻日は現れていなかったけど、

日暈(ハロ)が半円を描いていた。

 

左幻日と、半円を描く日暈(ハロ)♪

 

そんな昨朝の空でした・・・

この頃は日の出時刻も早くなり、わたしよりもお日様の方が早起きです。

 

それでは、本日の本題へとまいりましょう・・・

 

dayの開始時間は午後1時からなので、前回同様まずは腹ごしらえを!

ということで、

これまた前回同様に、『ピッツェリア 松本村井店』でのランチです。

 

お店での待ち合わせにしたのですが、二人が同乗してきたのにはビックリ!

そんなに仲良しさんだったっけ? まぁ、これも二人のお人柄なのでしょうね。

いちいちわたしがお膳立てしなくても、

そうやって仲良くしてくれる友人たちで、なんだか嬉しくなりました

 

4名なので、ピザとパスタが両方食べられる2人前のメニューを2つ注文して、

みんなで取り分けていただきました。

 

シーザーサラダが2皿

 

ピザは、春らしい食材の2種類をチョイス

 

 

パスタは、同じものを2皿~

 

(雰囲気が伝わるように、同じ写真を2枚並べたてみた

 

前回は、この後に大きなパフェも登場したけれど、

今回デザートは なし です。

お腹いっぱいだったってこともありますが、楽しいおしゃべりが弾みすぎて、

デザートを食べる時間がなくなっちゃった・・・

 

食べて喋って感激して、すでにみなさんお疲れモードのようですが、

これからが本日のメインイベントでなのです。

 

さぁー、卵が待っている先生宅へ行きましょう

 

今回の作品は、グース(ガチョウ)の卵を使った『宝石箱』

 

先生が下準備をしてくださった卵に、装飾をして仕上げます。

所要時間は2時間の予定でしたが、30分程延長してしまいました。

(みなさんの足を引っ張ったのは、このわたし

 

用意されていた卵は、横ふたつに切り分けられていて、

きれいなブルーとゴールドでペイントされています。

片方の卵にはダイヤ形のようなカットが入っていて、

これはなかなか細かい作業になりそうです・・・

(今回は、先生の下準備も結構大変だったことでしょう

 

本日の1dayレッスンが始まります・・・

 

まずは、ふたつに分けられた卵の片方に、「宝石を載せる台」を作り、

もう片方のダイヤ形にカットされた周辺には、

ブレード(細い紐)を貼ったり、同色のストーンを付けて飾ります

 

何ヶ所もブレード(細い紐)を貼るという、この細かい作業がちょっと大変!

でも、その代わりに作品が仕上がった時の達成感はハンパなかったです。

 

装飾が済んだら、

次はヒンジ(蝶番)を使って、ふたつに分かれた卵を合体させて、

元の卵形に戻します。

(ヒンジを取り付ける作業は、先生がやってくれた

 

卵が合体した部分の上下の淵にぐるりと一周、

キラキラ光るラインストーンや飾り紐で装飾をします

 

これでエッグの飾りは終了です。

 

最後に、接着剤を使って台座に取り付けたら完成で~す

 

ちょっとゴージャスな、王朝風の宝石箱に仕上がりました。

 

4人の作品を集合させて、記念撮影です

 

みな口々に、「中に入れる宝石がないよ~」なんて言ってましたけど、

きっとお気に入りの指輪なんかを、こっそりと入れるのでしょうね!

 

宝石を入れなくても、蓋を閉じて飾っておくだけでも素敵~

 

同じグースの卵を使って制作したのですが、

卵の個体差により、尖ったものあり丸っぽいものありと色々です。

「どんな形の卵が手元に来るのか、これは卵との出会いなのですよ…」と、

先生がおっしゃってました・・・

 

今回も、こんなに素敵なデザインの1dayレッスンをしてくださった先生に、

みんなで感謝、感謝です


前回はラブリーな作品で、今回はゴージャスに仕上がって、

さて、次回はどんな作品になるのでしょうね。

(前回のラブリーな作品は《こちら》でご覧くださいね…)

 

ところで、次回もあるのかなぁ?

秋の農作業が一段落した頃、次回のレッスンを先生にお願いしてみましょう

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

越冬キタキチョウの宿替え♪

2017年03月22日 | 自宅周辺の蝶

我が家の玄関先も、鉢植えクリスマスローズが花盛りを迎え、

パンジーやビオラも咲いて、いよいよ春の装いになりました。

 

 

 

道路ぎわのクリスマスローズの大株で越冬していたキタキチョウが、

今は、縁側の下に生えているクレソンで越冬中です。

 

そう、キタキチョウさんは19日に宿替えをしたのです・・・

 

その時、わたしはリビング土手のクリスマスローズの開花状況を見てました。

そうしたら、「おぉーい、黄色い蝶がいるぞぉ~」という旦那さんの声。

玄関前へ行って見れば、ビオラの花にキタキチョウがいました。

 

当然のことながら、越冬場所は蛻けの殻

 

クリスマスローズの葉裏に、キタキチョウの姿はありません。

 

19日の最高気温は7.と二桁には届かず、

陽射しも弱くて時折り風も吹いて、なんとなく肌寒い日でした。

なのになぜか、越冬中のキタキチョウが飛び出したのです。

 

カメラを持ってきた時には、もう花から飛び立ってしまい、

舞う姿を目で追っていたら、縁側の下に入りました。

 

でも、どんなに探しても姿は見えず、すっかり諦めていたのですが・・・

夕方になっても諦めきれずに、しょぼくれているわたしに旦那さんが、

「眼鏡をかけて、もう一度縁側の下を覗いてきたら?」というのです。

 

で、言われた通りに眼鏡をかけて覗いてみようとしたら、

すぐ足元にキタキチョウがいた~!

(昼間はどこか端っこにでも隠れてたのでしょうか

 

縁側の下で、キタキチョウさん発見~

 

こぼれ種から生えてるクレソンにつかまって、眠ってるようです。

 

クレソンで眠ってる、キタキチョウさん

 

翅は畳まれてなくて触覚も少し見えてるから、きっと今宵のお宿でしょう 

この場所だったら安心! 格好なお宿を見つけたようです・・・

 

そして、翌日の20日です。

最高気温が11.と気温が上がり、穏やかで暖かな日となりました。

 

キタキチョウさんは飛び出すこともなく、クレソンにつかまったままです。

 

翅を畳んで触覚は翅の中に全部収めて、再び越冬態勢のキタキチョウさん

 

キタキチョウさんが飛び出したのは、越冬明けだったのではなく、

パンジーなどの花の香りに誘われて、つい飛び出しちゃったのかなぁ~

そして、越冬場所を変えたのですね・・・

 

翌21日は雨・雪・みぞれ・雪・雨…という天気でした。

この場所だったら、ドカ雪になっても大丈夫そうですね。

 

少し雨に濡れながらも、無事越冬中のキタキチョウさん

 (画像を少し大きく貼り付けた…)


よく見てみれば、ストローが見えます!

喉が乾いて雨水でも吸ったのでしょうか・・・

 

今日22日は少し風が強いけど、縁側の下だから平気です。

覗いて見れば、翅がユラユラと揺れてます。

 

足を伸ばして踏ん張っている、キタキチョウさん

 

今日はストローが見えません。

 

さてさて、キタキチョウさんはいつまでこの場所にいるのでしょうね。

お宿替えしたキタキチョウさんの様子でした・・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

噂のコストコとお彼岸♪

2017年03月20日 | 日々の暮らし

昨日娘が『コストコ』デビューをしました。出向いた先は、群馬県前橋のコストコ。

(父親から大きなクーラーボックスを借りて、車に積んでご機嫌で出かけて行った

 

群馬在住のコストコ会員の友人2人と、現地で待ち合わせをして、

3人で、2時間程のお買い物と久し振りの再会を楽しんできたようです。

 

わたしは、ブロ友のくちこさんのところで初めて知った『コストコ』です。

コストコといえば、大量仕入れのできるお店で、

長野県にはないから県外まで出かけます。

我が家からだと、車で約2時間半〜3時間くらいでしょうか・・・

 

娘の友人が会員になっているから、娘は非会員でも入店可能なのだそうです。

大きなパック入りの商品がほとんどなので、

3人でシェアしたものも多かったようですよ。

 

で、昨日の夕方には我が家にも色んなものが届きました。

 

 

友人のご主人オススメのナッツミックス、ミニパン2種、

半分こした友人オススメのチーズケーキ、プルコギ

(コストコ慣れしている友人は、包丁持参ですって

 

友人オススメのオニオンスープともずくスープ

(これは少しだけお裾分け…)

 

ジップロックMサイズ216枚入り

(母の手料理や漬物をいっぱい貰いたいから、大量に買ってきたのだと言ってた

 

自宅に戻る前に、我が家へ寄ってこれらを置いて行ってくれました。

そして今朝はシーフードピザの1ピースが、冷凍されて届きました

 

エッグの先生は、家族揃ってコストコがお気に入りのようで、

定期的に松本から同じ前橋のコストコまで、お買い物に出かけているそうです。

安曇野から頻繁に行くには少々遠い道のりですが、

軽井沢のアウトレットからすぐなので、ちょいと足を伸ばせば行けそう~

ってことで、我々も会員になってみてもいいかなぁと、

娘と思案しているところです。

「コストコはイベントとして楽しめばいい!と、エッグの先生も言ってたし・・・

 

さて、今日はお彼岸の中日。

天ぷらとおはぎをどっさり作って、お彼岸恒例娘家族と一緒の夕食会でした。

(我が家では、季節を問わずに「おはぎ」と呼びます

 

天ぷらは、娘とわたしの共同作業で…♪

(エビ、サツマイモ、天ぷら饅頭、フキノトウ、モロコシ、かき揚げ

 

これ(↑)はお皿に盛り付ける前の天ぷらですが、わたしがバタバタしてたので、

今日の撮影は娘がやってくれました。以下も娘の撮影です・・・

 

おはぎは、旦那さんとわたしの共同作業で…♪

(我が家の定番、ごまときな粉のおはぎです

 

娘が『キャロットラペ』なるものを作ってくれました。

 

こちらが、キャロットラペ

(出窓で栽培してるイタリアンパセリを添えて

 

ラペは、フランス語ですりおろすという意味だそうで、

キャロットラペとは、スライサーでせん切りにしたニンジンを、

ドレッシングであえるフランスの家庭料理の定番なのだとか・・・

自宅と我が家のお酢が違うからなのか、

ドレッシングの味がなかなか決まらずに苦労してたようですが、

初めて食べたキャロットラペは、

色鮮やかでシャキシャキと食感もよく、美味しかったです。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うけれど、

明日は冬に戻ってしまうようで、天気予報では雪マークが並んでいる・・・

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

のれんをリニューアル♪

2017年03月17日 | 日々の暮らし

まずは越冬キタキチョウのご機嫌伺いから・・・

 

本日も無事に越冬中~

 

 

それまでは、花茎に付いている葉先にぶら下がっていたのですが、

14日にはすぐ横の株元から生えている葉に移動して、今は葉裏で越冬中です。

(花茎と一緒に上に伸びてくる心配がなくなり、とりあえずホッとした

 

さて、本題に入りましょう・・・

お気に入りだった『のれん』が破れてきてしまったから、新しく買い替えました。

(『のれん』が破れるまで使うっていうのも、どうかと思うけど

 

この地に引っ越してきたのが2008年の12月7日。

それからずっとお世話になってきた『のれん』です。

(季節ごとに入れ替えるなどという贅沢はできないから、通年同じもので

 

ある日気付いた時に、漂白剤が付着して色抜けした部分もあったけど、

それでも取り替えることができずにそのまま使っていた、愛着のある『のれん』なのです。

 

ブログを遡って見たら、過去に一度だけ『のれん』が登場してました。

(翌年2009年1月4日の記事、《朝日がくれたもの》に載せてあった

 

それでは、その時にアップした写真を使って、

ビフォー&アフターをご覧いただきましょう。

 

『のれん』には、冬の朝日と春の朝日がそれぞれ当たっています。

(初代にはリビングのガラス戸から、そして二代目には出窓からの朝日

 

初代(1月4日、7時05分) と 二代目(3月15日、6時48分)♪

 

 

写真では地色が全然違って見えるけれど、

実は「生地」も「地色」も「サイズ」も全く同じで、ただ模様が違うだけなのです。

(冬の朝日と春の朝日とでは、陽の光が随分違いますねぇ〜)

 

娘にも、「もっとパンチの効いたのれんにするのかと思ったよ~」

「これじゃあ、前のとあまり変わらないじゃん!」って、笑われてしまいました。

 

我々夫婦も、「今度はもっと濃い色で、模様もハッキリしたものにしようか

って言ってたのですが・・・

結果的には今までとほとんど同じものになっちゃった。

 

そうなった過程を少しお話しましょう・・・

 

『のれん』を購入したお店は、

安曇野市穂高の森の中にある、染色工房&shop十色屋」さん。

 

もちろん初代の『のれん』も十色屋さんのものです。

今回買い替えのためにお店に伺った時に、

お店のご主人が、

「のれんは実際に掛けてみると、また雰囲気が違って見えますよ

「3点ほどを持って伺いますから、実際に掛けてみて決めましょう…」

と、おっしゃってくださったので、お言葉に甘えることに・・・

 

そして当日、ご夫婦揃って我が家まで来てくださいました。

(のれん1枚を購入するだけのために、ホント申し訳ないことです

「お店にあったもの全部持ってきてしまいました」と、笑いながらご主人。

1枚ずつ掛けていただき、それを眺めながらみんなで「あーでもないこーでもない」と。

最終的に残ったのが、地色が濃いオレンジ色のものやストライプのものなど数点。

結局、お部屋の雰囲気に一番合うものに落ち着きました。

それが、今回購入したデザインの『のれん』です・・・

 

窓の赤いロールカーテンをおろせば、こ~んな雰囲気に…♪

 

十色屋さん、大変お世話になりました

 気分も新たに、新しい春を迎えることができます。

 

この地に移り住んで、9年目の春がやってきました・・・

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

春は黄色からで、ランチはイタリアン♪

2017年03月12日 | 我が家の花(2017)

庭に黄色い花が咲きました。

 

《フクジュソウ》

昨年の花後に、日陰に咲いていた2株を日向へ移植しておいたところ、

今年は早々と黄色い花を咲かせてくれた。

 

こちらの株は、4個の花が上がってきた

 

もう1株はというと、

今年は花が2個しか上がってこなくて、ちょっと寂しい。

 

今日、午前中の様子(11時15分)

 

お昼頃には、蕾も開いたぁ~(12時06分)

 

午後になったら、ミツバチがやってきた

 

昨年掘り起こし忘れの株があったようで、

落ち葉の中に一輪の黄色い花が咲いていました。

 

ここは日陰なのに、日向に負けずと咲いている

 

やっぱりフクジュソウは、春浅い時期に咲くと嬉しい花ですね。

 

《黄色いクロッカス》

早咲きの薄紫色のクロッカスの次に咲くのは、黄色いクロッカス。

昨年までは、リビング下の陽当たりの良い土手で、

あっちにポツリこっちにポツリと咲いていたから、

花後に球根を掘り上げて、まとめて咲くように植え替えた。

 

黄色クロッカス三兄弟、昨日の様子

 

そして今日、花が開いたぁ~

 

翌日には兄弟が増えて、五兄弟になっていた(追加画像)

 

彩のない土色の庭に黄色い花が咲くと、そこだけパッと華やぎます。

やっぱり 春は黄色から~ ですね。

 

先に咲いた薄紫色のクロッカス、今日は花盛り

 

地植えのクリスマスローズも、少しずつ開花してきた♪

 

これからどんどん花茎が上がってきて、緑の葉も出てきて、

美しい花姿を見せてくれるでしょう。

 

今朝の最低気温は-.と、まだまだ冬の寒さの信州ですが、

季節はもう春なのですね

 

 今日の、おまけ・・・

さて、ずっとお蔵入りしていた画像がようやく本日登場です。

 

月に一度、娘と一緒に松本のエッグ教室へ通っているのですが、

エッグ制作の他に、娘とのランチもお楽しみのひとつなのです。

旦那さんは、エッグ&ランチは良い気分転換になるからと、

毎回快く送り出してくれるので、ホント有難いことです。

 

二人でのランチは、イタリアンが多い!

 

まずは、松本の『キャナリィ・ロウ』でのランチです・・・

(ここは、娘が超お気に入りの店なのです

 

 

何が良いかって、たくさんの種類が並んだ美味しい前菜が、

バイキング形式になっていること。

もちろん、パスタもピザも美味しいですよ~

 

お二人様よりという「パエリアランチ」を注文!

(お好きなパスタも付きます…)

 

こちらは、バイキングの前菜色々~

 

 

パスタとパエリア

 

 

パスタは、魚介がいっぱい入っていて贅沢な一品でした。

目の前でジュージューいってるパエリアは、こげたご飯も美味しかった!

 

そして前回は、安曇野市の『珈琲哲学』でした・・・

(この店も娘がお気に入りの店

デジカメを持っていなかったから、

写真は娘がスマホで撮ったものを使わせてもらってます。

 

魚介のパスタ、カニとエビの豪華さにビックリ!

 

エッグ教室の時間までを逆算すると、まだ早いってことで、

時間調整のためにデザートの追加注文をしたのですが・・・

 

ビッグなケーキが出されて、再びビックリ!

 

生クリームが多すぎて食べきれずに、少しだけ残しました。(このわたくしが

 

今は午後の教室のため、ランチを済ませてから先生宅へ向かうのですが、

毎回美味しいランチをお腹いっぱい食べると、

もうその時点で「本日のイベント終了」って感じになってしまいます。

本番はこれからなのに・・・

でも、ご心配なく!

エッグ教室ではアクビをすることもなく、真面目にやってますよ

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の朝、越冬キタキチョウ♪

2017年03月10日 | 自宅周辺の蝶

今朝も雪でした・・・

積雪量は、一昨日よりも少しだけ多かった気がします。

 

柿の木には、久し振りにホオジロがやってきた

 

cmほどの積雪だったけど、一面真っ白~♪

 

この雪景色を見て、

一昨日再会したキタキチョウのことが心配になりました

 

当然のことだけど、クリスマスローズにも雪が積もってる♪

 

このクリスマスローズの大株の中に、越冬中のキタキチョウがいるのです。

冬の間は、キタキチョウのために雪除けをしてあったけど、

先日6日にキタキチョウの姿が見えなくなり、

もう飛び出したと思って、翌日には雪除けを片付けてしまいました・・・

 

雪が少しとけてきたら、中に黄色い蝶が見えた

(無事でよかった

 

越冬中のキタキチョウさんに、ズームイン

(熟睡してるみたい

 

雪が解けてから見てみれば、株の外側にいる

(もっと奥の方で越冬すればいいのに

 

心配事は、それだけではなかった!

つかまっている葉を見れば、これは株元から生えている葉ではなくて、

花芽を包んでいた葉なので、蕾の首元から出ています。

 

花茎が伸びてくれば、当然この葉も蕾と一緒に上がってくる♪

(株元から出ている葉を選んでくれればよかったのに

 

ということは、この葉で越冬中のキタキチョウも、

一緒に上がってきて、周辺の葉よりも外側に出てしまいますね。

そんなことになったら、身を守ってくれるものは何もない・・・

強風で飛ばされちゃうし、天敵にも狙われてしまう!

 

さぁーどうする、キタキチョウさん!

 

気温が上がれば飛べるでしょうから、そうなる前に飛び立つのか?

それとも、下の方の葉へ移動するのか?

生き抜くために、どんな行動を取るのでしょうね。

とりあえずはこのまま見守りましょう・・・

 

昨日(9日)見つけた時と変わりなくて、ホッとした

(越冬姿がカワイイねぇ~)

 

キタキチョウが越冬しているこのクリスマスローズは、我が家で一番の古株。

株分けをしてないから大株になって、毎年たくさんの花を咲かせます。

 

株元を見れば、もう蕾が上がり始めている♪

 

花茎がまっすぐ伸びるように、ロゼット状に広がった古葉を切ったり、

傷んだ葉を取り除いて、株元の花芽にお日様の光をいっぱい当てなくちゃあー!

 

でも、ここにはキタキチョウがいるから、そういう訳にもいきません。

なるべくたくさんの葉を付けたままにしておいて、

強風や雨や雪からキタキチョウを守ってもらわねば・・・ 

今後ドカ雪が降らないようにと、願うばかりです

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

越冬キタキチョウのその後♪

2017年03月08日 | 自宅周辺の蝶

今朝起きて外を見たら、冬でした・・・

 

 

きれいに咲き誇っていたクロッカスも、今朝は寒そう〜

 

朝には一通りの雪かきはしたけれど、午後になったらほとんど解けちゃった。

やっぱり春の雪ですね・・・

 

庭のクリスマスローズで越冬中のキタキチョウですが、

一昨日、3月6日の朝確認したところ、

クリスマスローズの茎にキタキチョウの姿は見えませんでした。

もしかして、前日の暖かな陽気に誘われて、

飛び出してしまったのでしょうか・・・

(3月9日の夕方、キタキチョウが見つかりました。後述の追記を見てね…)

 

それでは、越冬中のキタキチョウのその後の様子を振り返ってみます。

 

《2月12日》雪が少し積もったけれど、でも大丈夫!

 

しっかりと茎につかまって越冬中です。

 

その後も時々覗いてみたが、変わりなし・・・

 

《2月23日》茎にキタキチョウが見当たりません

この日は強風が吹いていたから、風で吹き飛ばされちゃったのか?

探してみたら、地面近くの小さな葉上にいた!

 

《2月24日》前日と変わりなし!

 

《2月25日》少し上の方に移動して、今度は茎につかまっている!

 

《2月28日》そのままで変わりなし!

 

《3月4日》そのままで変わりなし!

 

《3月6日

朝確認した時には・・・もういなかった!

 

前日の5日は啓蟄・・・大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃。

 

越冬していたキタキチョウも、啓蟄を感じたのか? って、

そんなことはないと思うけど、あまりにもタイミングが良過ぎます。

 

できることなら、越冬明けに無事飛び立つ姿を見たかったのですが、

きっと安全な越冬場所を見つけて、本格的な春がくるまで、

再び越冬体勢に入っているのでしょう。

 

キタキチョウがいなくなったクリスマスローズの大株ですが、

昨日はキタキチョウさん用の雪除けを取り外したので、

今日は古葉をカットする予定でしたが、雪が降ってしまいました・・・

 

 

たくさん出ている花芽にお日様が当たるよう、明日はさっぱりとさせてあげましょう。

 

 追記です・・・(3月9日)

キタキチョウがいました

 

越冬していたクリスマスローズの古葉を切ろうとしたら、

なんと、キタキチョウがいましたぁ~♪

 

《3月9日》よく目立つこんな場所にいた!

(中央少し下にいる…)

 

しっかりと葉につかまって、越冬中のようですね!

 

見当たらなくなった6日の朝から、

毎日、何度も何度も葉をかき分けて探したけれど、

見つからなかったのに・・・

 

なんで?

 

まさか、また戻ってきたとか?

今日の最高気温は3.6℃、こんな気温で飛べるのでしょうか・・・

やっぱりこの株のどこかに、潜んでいたってことでしょうか・・・

昨日の雪の中(上の写真)でも、ここにいたのでしょうか・・・

 

とりあえず、見つかってよかったです!

(以上、追記でした…)

 

啓蟄(3月5日)の出来事をもうひとつ・・・

 

リビングの鉢花に、2匹の小さな蜂がやってきました。

 

プリムラ・マラコイデスで吸蜜してる、小さな蜂

 

 

体長が1cm程と小さくて、ヒゲが長くて、毛深い蜂、

これって何蜂なのでしょうね。

蜂の種名を調べてみたけれど、イマイチはっきりしませんでした。

ひとつの項目が当てはまれば他の項目が違ってたりして、

結局は同定できずにお手上げです。

 

 追記です・・・

この蜂の候補をあげてみました。

『シロスジヒゲナガハナバチ』か『ニッポンヒゲナガハナバチ』かなぁ?

両種の見分け方は、

「前翅の肘室が2個ならシロスジ、3個ならニッポン」とのこと・・・

 

前羽の見える写真を拡大してみた♪

 


拡大写真を見れば肘室が2個。

この可愛らしい蜂は『シロスジヒゲナガハナバチ()』でしょうか。

(ヒゲが長いのが♂だということらしい…)

シロスジヒゲナガハナバチは白っぽいけど、この蜂は黄色っぽい?

やっぱり同定は難しいのか・・・

(以上、追記でした…)

 

やっぱり啓蟄って、昆虫が動き回る時期なのですね・・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鉢植えクリスマスローズその後♪

2017年03月04日 | 我が家の花(2017)

このところお花の話題が続きましたが、本日もまたお花です!

 

だいぶ咲き進んできた鉢植えクリスマスローズの様子を、

ほぼひと月前の姿と比べながら、ご覧いただきましょう・・・

(ビフォー&アフターということで

 

《糸ピコ白セミダブル》

 → 

(今一番のお気に入りがこの花、早く大株にな~れ

 

《ピンクピコティ》

 → 

(こちらは旦那さん一押しの花、これでもかなりの古株

 

《白ダブル》

 → 

(ちょっと背が低いけど、今が見頃でしょうか

 

《ピンクシングル》

 → 

(今は2本目の花茎、昨年咲いた初花に惚れ込んで鉢上げした

 

《赤紫系ダブル》

 → 

(これも、今咲いてる花は2本目の花茎から

 

《グリーンシングル》

 → 

(この品種、ひと月以上たった今もまだ半開き

 

《赤紫系セミダブル》

以前の写真なし → 

(ひと月前は花芽しか出てなかったこの株、ようやく花茎が上がってきた

 

ご覧のように、鉢植えクリスマスローズたちも随分賑やかになってきました。

 

昨年の6月に種まきして、11月末からお正月にかけて発芽した、

赤ちゃん苗たちのその後の様子も見ていただきましょう・・・

 

本葉も大きくなってきた、赤ちゃん苗たち

 

まだ小さな苗ですが、開花株と一緒に外に出して、

寒い中でも元気にすくすくと育っています。

春になって暖かくなってきたら、1本ずつポット上げの予定・・・

 

我が家の鉢植えクリスマスローズや発芽苗や小さな株は、

冬の間は、外と屋内を「行ったり来たり」しながら過ごしています。

朝は気温が0〜5℃位まで上がるのを待って玄関先に出し、

午後になって、気温が下がってくると玄関内へ取り込みます。

強風が当たりそうな日や雪の日、そして日中も寒い真冬日には、

終日玄関内で過ごすこともあるけれど、

なるべく外に出してのスパルタ管理を貫いてます。

 

狭い玄関に取り込まれて、窮屈そうに並べられてる鉢花たち

 

 

もう少し玄関が広ければ、棚でも用意してゆったりと並べられるのですが、

基本、玄関内は寒い時だけの仮の宿ですから、ブーツとの同居を強いられてます。

 

今年のお正月あたりからボツボツ咲き始めた胡蝶蘭も、

先端まで開花が進んできて、華やかさが増してきました。

 

数個の蕾を残すだけとなって、ほぼ花盛りを迎えた胡蝶蘭

(全部の花が開花した後も花は傷むことなく、まだひと月以上は花を楽しむことができる…)

 

まもなくクンシランが、涼しい玄関から陽当たりの良いリビングへとやってきます。

一足先にリビングにやってきたアマリリスの球根は、まだうんともすんとも言ってません。

これらの花がお部屋を彩るのは、4月中旬頃になるでしょうか・・・

 

鉢花ではないけれど、エッグリング「イタリアンパセリ」のその後の様子も、

ついでにご覧いただきましょう・・・

(発芽した時の様子は《こちら》からどうぞ

 

たくさん発芽した苗を間引いて、今は3本仕立てにしています。

もう少し大きくなったら、あと1本間引こうかと・・・

 

出窓で朝日を浴びながら育ってる、イタリアンパセリたち

 

この小さなグリーンにも、日々癒されている我が家です・・・

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたつの春告花♪

2017年03月01日 | 我が家の花(2017)

今朝の最低気温は-.と、まだまだ冬のような寒さの信州です。

でも、昨日も今日も日中の気温が上がって、庭では早春の花が咲きました。

 

早咲きクロッカス(昨日)  と  スノードロップ(今日)

 

 

この春告花たちの咲いている様子は、後ほどご覧いただくことにしましょう。

 

例によって、空見です・・・

 

まずは一昨日の空ですが、一面厚い雲に覆われていて、

こんな空模様の朝はなんの楽しみもないなぁ~

 

と、思っていたのですが、

雲の切れ間から、地上に向けて『天使の梯子』が降りてきた!

 

 

天使の梯子にちょっとだけズームインしてみましょう。

 

 

 

20分後の天使の梯子も見てみましょう。


 

そして、今日です・・・

朝から晴れていたけれど、天気は下り坂だという予報でした。

 

天気予報通りに、やがて空は薄い雲に覆われて、

太陽の周りにできる虹色の光の輪『日暈(ハロ)』が現れた!

 

 

日暈(ハロ)が現れると、天気が下り坂のサイン!

低気圧や前線が接近して、天気が崩れる前触れといわれているようです。

低気圧や前線が接近してくると、上空の空気が湿ってきて薄い雲ができ、

そこで日暈(ハロ)が発生するのだそうです。

 

ということで、明日は雨でしょう・・・

 

我が家の庭にも、小さな春がやってきましたぁ~

 

寒い寒いと言っていたけれど、

ようやく早春の花が咲いて、春を告げてくれました・・・

 

今年春一番に咲いた花は、『薄紫色の早咲きクロッカス』です。

 

昨日の午前中に、ちょこっと開いて…♪

 

昨日の午後には開花~

 

そして、今日の様子です

 

二番目に咲いた花は、『スノードロップ』です。

 

 

昨日はまだ蕾だったけど…♪

 

今日の午後になったら、そっと花が開いたぁ~

 

やっぱり今年の春告花も、早咲きクロッカスとスノードロップでした・・・

 

これから次々と早春の花が咲いて、やがて庭は春色に染まってくるのですね。

いよいよ、一番嬉しい季節の始まりです

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加