晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【滋賀県歴史探訪】 妓王屋敷跡

2012年07月08日 18時00分00秒 | 滋賀県歴史探訪ブロガー
永原御殿門の続き。


ぎおうやしきあと
妓王屋敷跡


所在地:滋賀県野洲市中北


平清盛から寵愛を受けた白拍子の妓王<祇王>
彼女は野洲で生まれました。


屋敷跡入り口


田園風景が広がる一画の
林の中に屋敷跡があります。
※写真右側にある石碑が「妓王碑」です。


「妓王碑」
妓王や妓王寺、祇王井の来歴などが記されています。


敷地内にはお地蔵様がいらっしゃいました。(-人-)



↑クリックで拡大。



■妓王・妓女(ぎおう・ぎじょ)について

祇王・祇女とも記されます。
『平家物語』では「とぢ」という白拍子の娘で、
都で評判の白拍子の名手として登場。

姉の妓王が平清盛に寵愛されたことで
妹の妓女や母の「とぢ」も富み栄えていました。

やがて、清盛の寵愛は白拍子の仏御前へと移ったことで
母「とぢ」、妓王・妓女ともに出家。

嵯峨の奥の山里に粗末な庵を作って
念仏を唱える日々を過ごしてのち
みな往生を遂げたと伝わります。



イメージイラスト




妓王寺へ続く


 <滋賀県歴史探訪記 INDEXに戻る




blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【滋賀県歴史探訪】 永原御殿門 | トップ | 【滋賀県歴史探訪】 妓王寺... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む