晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

ご案内

現在、せっせせっせと風俗博物館の過去の展示の様子を連載しています。
「風俗博物館〜よみがえる源氏物語の世界〜」展示一覧

【本】 「歴史家の案内する京都」(仁木宏・山田邦和 編著)

2016年05月09日 10時00分00秒 | 本・漫画
 京都の歴史に関する本のご紹介です。

山田邦和先生ご夫妻からご本を頂戴しました。
刊行おめでとうございます。


「歴史家の案内する京都」(仁木宏・山田邦和 編著)



5月11日(水)発売予定。定価 1800円+税。

 ※文理閣
 ⇒ http://bunrikaku.com/
 ⇒ http://bunrikaku.com/book1/book1-790.html

 ※山田邦和先生 ブログ「平安京閑話」
 ⇒ http://heike.cocolog-nifty.com/kanwa/
 ⇒ http://heike.cocolog-nifty.com/kanwa/2016/05/post-d7d6.html


<目次>

【平安遷都以前】
1 太秦・嵯峨野の古墳群
2 長岡京

【平安・院政・鎌倉時代】
3 平安宮
4 京都周辺の山林寺院
5 検非違使の活躍
6 鳥羽殿
7 白河
8 別業都市宇治
9 法住寺殿
10六波羅
11西八条・七条町
12清水坂と鳥部野

【室町・戦国時代】
13中世都市嵯峨
14『洛中洛外図屏風』の上京
15戦国時代の下京
16祇園祭
17山科本願寺・寺内町
18洛東の山城遺構
19大山崎
20石清水八幡宮と八幡

【近世・近代】
21聚楽第
22御土居堀
23大仏と豊国社
24伏見城
25二条城
26京都御所
27近代における豊臣秀吉の顕彰地


実際にその土地を歩いているかのような
臨場感を味わえる一冊です。

かつて歩いたことがある土地でも
新鮮な発見があり嬉しいですね。

この本を片手に京都歩きを楽しみたいです!



 Amazonの商品ページへのリンクはこちら。

 歴史家の案内する京都





⇒ webサイト『花橘亭〜なぎの旅行記〜』
⇒ webサイト『花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】 「mtマルシェ at 小倉井筒屋」に行ってきました♪ 〜5月10日(火)まで!

2016年04月29日 06時00分00秒 | I love 北九州市
 地元・北九州市でのこと。

井筒屋小倉店の本館と新館の間、クロスロードにて
「mtマルシェ at 小倉井筒屋」が開催中です。

〜5月10日(火)まで。

 ※小倉井筒屋
 ⇒ http://www.izutsuya.co.jp/storelist/kokura/
 ⇒ http://www.izutsuya.co.jp/storelist/kokura/archives/51550738.html



テントの中で販売中。


クロスロードの床や井筒屋新館入り口もデコってありました。



mt MARCHE 小倉井筒屋コンプリートセットなどを購入♪





買ったマステの一部です。


小倉井筒屋オリジナルマスキングテープが完売で買えなかったのが残念。

可愛い&綺麗なマステをたくさん見たり買ったりできて楽しかったです。





⇒ webサイト『花橘亭〜なぎの旅行記〜』
⇒ webサイト『花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【テレビ放送情報】 BS-TBS「高島礼子・日本の古都」『藤原道長 大出世の謎』放送

2016年04月28日 18時00分00秒 | 情報
 藤原道長に関するテレビ放送情報です。

BS-TBSにて放送中の番組
「高島礼子・日本の古都〜その絶景に歴史あり」
#36 『藤原道長 大出世の謎』 放送。

 【日時】 4月29日(金・祝) 午後10時〜午後10時54分


※番組公式サイト
 ⇒ http://www.bs-tbs.co.jp/info_news/koto/


放送が楽しみです!




⇒ webサイト『花橘亭〜なぎの旅行記〜』
⇒ webサイト『花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「平安朝の文学と装束」 (著:畠山 大二郎 )

2016年04月28日 07時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関する本です。

2016年3月に発売された本
「平安朝の文学と装束」を買いました。


函から取り出したところ。
表紙も素敵です!!

Amazonでの内容紹介
平安文学に描かれる装束のあり方を通して、周辺文化をも見つめなおす。
当時の装束はどのような形状をしていたのか、従来を覆す復元を試みつつその機能を考察し、また文学における装束表現から当時の人々の認識や生活を考察する。
付録として、手触りや見た目を知ることができる、実際の生地を貼り付けた「装束生地見本」を封入。






初版に封入されている「装束生地見本」。
手作業で切り貼りされたそうです。
装束生地を見て触れてめくって、楽しいですよ。


目次を見て改めて気になる事柄ばかりで嬉しいです。

目次
凡例
 序
 第一編 文学作品の中の装束表現
 第一章 『落窪物語』の「裁つ」―落窪の君の裁断行為を中心として―
 第二章 『源氏物語』の「中の衣」と「綻び」―「紅葉賀」巻を中心として―
 第三章 『源氏物語』の「ひきつくろふ」直衣姿―「松風」巻における光源氏の装束表現を中心として―
 第四章 『源氏物語』の「衣の裾を引きならいたまふ」―「少女」巻における夕霧の懸想を中心として―
 第五章 『源氏物語』の被け物―「若菜上」巻における「女の装束に細長添へて」を中心として―
 第二編 装束の実態と表現
 第一章 『源氏物語』の「端袖」―「綻び」「ゆだち」を中心として―
 第二章 『源氏物語』の「扇」―朧月夜の扇を中心として―
 第三章 『源氏物語』の「細長」―玉鬘の装束表現を中心として―
 第四章 『源氏物語』の「柳の織物」―「若菜下」巻における明石の君の装束表現を中心として―
 第五章 平安文学の「織物」―『狭衣物語』を中心として―
 第六章 平安文学の裳の種類―「薄色の裳」を中心として―
 第三編 日本文化としての装束表現
 第一章 平安時代中期から後期における装束の復元―形状と寸法の問題を中心として―
 第二章 『紫式部日記』の「小袿」―二の宮の御五十日を中心として―
 第三章 『紫式部日記』の「無紋の青色に桜の唐衣」―三重襲と無紋綾織組織の問題を中心として―
 第四章 國學院大學図書館蔵『住吉物語』絵の装束表現―嵯峨野の野遊びの場面を中心として―
 結
 初出・原題一覧
 あとがき
 索引




取り急ぎ、
第三章『源氏物語』の「細長」−玉鬘の装束表現を中心としてー を読みました。
ネタバレになるのはどうかと思うので詳細には触れませんが、
私にとって今まで気づかなかったことなので目から鱗が落ちる思いがしました。


私のような素人で装束に興味がある人間であっても、
読みやすい文体でよかったです。

ほかの章もじっくり読んでいきます。



 
 平安朝の文学と装束 (新典社研究叢書 282)



⇒ webサイト『花橘亭〜なぎの旅行記〜』
⇒ webサイト『花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本 

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】 ナナズグリーンティーで「源氏物語」ポストカードに邂逅

2016年04月24日 09時00分00秒 | I love 北九州市
 地元・北九州市でのこと。

アミュプラザ小倉西館6階にある
nana's green tea(ナナズグリーンティー)
久しぶりに行ってきました。

抹茶&日本茶カフェとして全国的に知られるお店です。

店内にはアートワーク「源氏物語」の絵が飾られていて
お茶と源氏物語が好きな私には嬉しい空間です。

前回、ナナズを訪れた時にはなかった
「源氏物語」のポストカードが置いてあったので
全13種類を1枚ずつ購入!!



どれも素敵なデザインだったのでオトナ買い♪


おそらく、店内に飾られているアートワーク「源氏物語」は
13枚ずつ春・夏・秋・冬ごとに1年に4回入れ替わって
それに合わせて販売されているポストカードも違うのでは?と推察。

源氏香図の数と同じで全52種類あると思います。
(「源氏物語」全54帖のうち、桐壺と夢浮橋を除く。)




こちらは店内に飾られているアートワーク「源氏物語」の一部。
左から 藤裏葉・横笛・初音 でした。
(同じデザインのポストカードも販売されていて、今回購入済み。)




水だし煎茶をいただいてひとやすみ。
写真にうつっているポストカードは
4月の花「牡丹」が描かれていて、無料でいただくことができました。




ナナズは全国チェーン店ではありますが
地元に「源氏物語」に親しめるお店があるのは嬉しいことです。




⇒ webサイト『花橘亭〜なぎの旅行記〜』
⇒ webサイト『花橘亭〜源氏物語を楽しむ〜』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本 

この記事をはてなブックマークに追加