晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【サイト更新】 webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』リンク切れ修正・源氏物語好き同盟削除など

2016年11月28日 23時00分00秒 | サイト更新記録
 サイト更新のお知らせです。


●webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』、ほぼ全ページを編集。

 ・リンク切れの修正
 ・誤字訂正
 ・内容が古い部分を削除
 ・掲示板 削除
 ・「源氏物語好き同盟」削除
 ・ゲーム削除
 ・アフィリエイトリンクの削除

数日かけて作業しました。
まだ手直ししたい部分もあるのですが、気長にお待ちくださいませ。



 ・源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新しています。


現在把握している情報を表記しています。
お出かけのお役にたてましたら幸いです。

開催中 または これから開催される情報については
冒頭に  で示しています。

そのほか、源氏物語や紫式部関連の展覧会やイベントが
開催されそうな寺社・博物館美術館へのリンク集ともなっています。

自薦他薦問わず、情報提供をお待ちしております。


 ・web拍手ボタン ・・・メッセージのみを送信できます。
 ・メールフォーム ・・・お返事が御入り用な方はこちらをどうぞ。
 ・Twitter なぎ(@kakitutei)/「源氏物語」関連情報bot(@GenjiBot) ・・・リプライ、DMをお気軽に。





⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram





 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【北九州市】 小倉城庭園の紅葉 (2016年11月19日)

2016年11月20日 14時00分00秒 | I love 北九州市
 地元・北九州市でのこと。

2016年11月19日、
小倉北区にある小倉城庭園へ行ってきました。


小倉城庭園 書院棟


アプローチの紅葉が綺麗です。




室内の様子。


書院棟から見た小倉城。


書院棟から見下ろしたお庭の様子。


ススキの穂にうっとり。


ツワブキの黄色の花とマンリョウの赤い実が映えます。


心が癒されました~。




⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram





 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【太宰府】 九州国立博物館 特別展「京都 高山寺と明恵上人 鳥獣戯画」へ行ってきました♪

2016年11月07日 23時00分00秒 | 太宰府
 2016年11月7日(月)に九博へ行ってきました。

福岡県太宰府市、
九州国立博物館で開催中の
特別展「京都 高山寺と明恵上人 鳥獣戯画」の感想です。

10月9日(日)に九博で行われた関連イベント
特別講演会「鳥獣人物戯画の謎」を拝聴した私。

この日は、体力がなかったため講演会だけ拝聴して特別展は見ていなかったのでした。

今日は朝早くに家を出発して午前8時30分頃には西鉄太宰府駅に到着。
九州国立博物館に着いた頃には開館前であるにもかかわらず
たくさんの方が並ばれていました。
(早くに着いたのでベンチに座って待つことができたのはラッキーでした)

 ※当ブログは、九州国立博物館の第40回「ぶろぐるぽ」にエントリーしています。
 以下の展示写真は、九州国立博物館より提供いただきました。



会場では前期に展示されていた「鳥獣人物戯画」甲巻の水遊びをする場面がお出迎え。
後ろ向きに川に飛び込むウサギが可愛くて好きです。





今回の展覧会、「鳥獣人物戯画」がメインとあって
長い絵巻を広いスペースで楽しめるのがよいですね。

ただ、多くの方が見に来ているため立ち止まってじっくり見られなかったのが残念。
実物の絵巻の墨の濃さや筆のタッチにうっとりでした。
擬人化された動物たちや想像上の動物、人間がそれぞれ
活き活きと描かれていて楽しい気持ちになりますね。



ウサギとサルの追いかけっこ


ささらを手に舞い踊るカエルが可愛いです。
市女笠をかぶったキツネは身分が高いのでしょうか。


ウサギとカエルの相撲ではカエルが反則勝ち。
まわりのカエルたちが喜んでいるのがコミカルです。


カエルのご本尊を前にお経を唱えるサルの僧正。


貴族男性たち


牛車から下りる貴族男性


麒麟






象たち


見に来ることができて本当によかったです!!

多くの方が「鳥獣人物戯画」のうち甲巻を熱心に見ていらっしゃったようですが
乙巻・丙巻・丁巻も興味深い絵なのでこの機会にじっくり見たいものです。

欲を言えば
「鳥獣人物戯画」のうち前期展示でしか見られなかった部分
写真パネルでいいので後期展示において同時に見られたらもっと嬉しかったかも。





特別公開の「鳥獣人物戯画」のコーナーを見てから
第一章 青年期の明恵
第二章 高山寺の歩み
第三章 明恵追慕
といったコーナーが始まるのでした。

「鳥獣人物戯画」のコーナーに比べるとゆったり見ることが出来ました。
京都の高山寺は昔、一度だけ訪ねたきりなので懐かしく思います~。




小さいながらも素敵なたたずまいの釈迦如来坐像。






左:神鹿/右:馬
神鹿と馬も可愛かったです。
馬はずんぐりむっくり。日本古来の馬ならではですね。



子犬!!

今回、「鳥獣人物戯画」の次に楽しみだったのがこの「子犬」に会うことでした。
思わず撫でたくなる愛らしさ。






高山寺の風景写真。
一枚の板のオモテとウラにそれぞれ印刷されていてびっくり。
遊び心があって素敵です。



特別展の会場をあとにして、4階の文化交流展示室へ行きました。
土器にドキドキ。仏像にうっとり。遣唐使船に憧れを覚えます。






九州国立博物館内では、こんなパネルも!!可愛い!




九州国立博物館をあとにして
昼食後、太宰府天満宮を参拝しました。



太宰府天満宮の境内には「麒麟像」があります。

現在、「鳥獣人物戯画」の後期展示で見られる麒麟と見比べてみてはいかがでしょう。



太宰府天満宮では「菊花展」も開催中。綺麗でした。






 「鳥獣人物戯画」の予習・復習にオススメの本。

 
 鳥獣戯画の謎 (別冊宝島 2302)






⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram





 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【太宰府】 九州国立博物館 鳥獣戯画展(前期展示部分)

2016年11月07日 22時00分00秒 | 太宰府
 太宰府でのこと。

九州国立博物館の第40回「ぶろぐるぽ」にエントリーするにあたり
ブログ記事に掲載してもよい写真を九州国立博物館から提供いただきました。

以下の写真は、
九州国立博物館の特別展「京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 -」において
前期に展示されていた『鳥獣人物戯画』の様子です。

※後期展示では見ることが出来ません。













後期展示も見どころいっぱい。
この特別展は、11月20日(日)までです。

私は11月7日(月)に見に行ってきました。
とてもよかったです。



ぜひ、九州国立博物館へGO!



⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram





 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【北九州市】 足立山妙見宮 「雅楽の夕べ」(舞楽「胡蝶」・「蘭陵王」・「柳花苑」)

2016年10月31日 12時00分00秒 | I love 北九州市
 地元・北九州市でのこと。

10月30日(日)、
福岡県北九州市小倉北区、
足立山妙見宮 御祖神社で行われた
「雅楽の夕べ」を見に行ってきました。


【出演】
・女人舞楽 原笙会
・天理関門雅楽会



「胡蝶(こちょう)」


今回は「胡蝶」でのお装束の着付けを見ることが出来て感激!



「蘭陵王(らんりょうおう)」





「柳花苑(りゅうかえん)」





「雅楽の夕べ」は今年で5回目だそうです。
とても素敵でした。
来年も「雅楽の夕べ」が開催されますように!!



 過去の「雅楽の夕べ」レポ
 ・2015年の様子 (管絃「合歓塩」 舞楽「迦陵頻」・「胡飲酒」)
 ・2014年の様子 (舞楽「萬歳楽」・「胡蝶」・「還城楽」)




⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram





 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加