晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【日常】鴻臚館跡であまづらブンブン!幻の甘味料『あまづら』を作りました♪

2018年02月19日 00時00分00秒 | 日記
私のささやかな日常。

2月17日(土)のこと。
鴻臚館跡展示館の裏側にある芝生広場にて開催された
福岡市博物館主催のワークショップ
「幻のシロップをつくろう あまづらブンブン」に参加しました。


 あまづらとは

夏ヅタの樹液を煮つめて作った日本独自の甘味料です。

『枕草子』「あてなるもの(=高貴なもの)」に登場することでも有名。

 削り氷(けずりひ)に甘葛(あまづら)入れて、あたらしき鋺(かなまり)に入れたる。

 (削り氷に甘葛(あまづら)を入れて、新しい金属製の碗に入れてあるの。

※「新編日本古典文学全集18 枕草子」小学館発行 より


削った氷…現代でいうところのかき氷に甘葛(あまづら)をかけて
新しい金属製の碗に入れてあるのを高貴なもののひとつとして、
清少納言は挙げています。



1、夏ヅタを用意します





福岡市博物館さんが用意してくださった夏ヅタ。
切り口から樹液がこぼれないよう、ビニール袋がかけてありました。



2、切った夏ヅタにロープを通してブンブン振り回します




遠心力を利用して樹液をとりだします。
40回ほどまわすと良いようです。


袋にたまった樹液。

参加者さん達とひたすらブンブンまわしていました。



ちなみに古代は切り口からフーフーと息を吹きかけて
樹液をとりだしていただろうと考えられています。




この方法だとなかなか思うようにとれませんでした。


3、採取した樹液をガーゼで濾してさらにろ紙で濾します







4、樹液を1時間ほど煮つめます







最初は透明だった樹液が加熱するうちに
飴色に変化していきます。

煎じる前の樹液は「みせん」と呼ばれます。

時間とともに糖度がアップ!
優しくまろやかな香りも漂います。
少し粘りもでてきます。

煮つめることで樹液は10分の1近くに量が減ってしまうのでした。
私はさつまいもを煮た時の香りに似てると思いました。


甘葛(あまづら)の完成です!!


各自マドラーですくって試食タイム。


お味のほうはすごくおいしかったです!
個人的には京都の幽霊子育て飴に風味が似ていると思いました。

何度でも舐めたくなります

今回、奈良女子大学の前川佳代先生のもとであまづら作りをしました。
とても楽しかったです。

ありがとうございました!!



 メモ。

・あまづら作りは冬が適しているそうです。
 寒さで凍らないよう夏ヅタの糖度が増すため。
 (冬の野菜が甘くなるのと同じ原理です)

・古代、あまづらは税として北は出羽から南は九州まで作られ都と大宰府に納められていたそうです。

・あまづらはすぐにカビが生えたり腐ったりせずに日持ちするそうです。

・遣唐使はあまづらを中国に献上していました。

遣唐使が海を渡る前に滞在した鴻臚館・・・
そんな鴻臚館跡であまづらを作ることができて光栄でした。




 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【サイト更新】 源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

2018年02月11日 16時00分00秒 | サイト更新記録
サイト更新のお知らせです。


『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

現在把握している情報を表記しています。
お出かけのお役にたてましたら幸いです。

開催中 または これから開催される情報については
冒頭に  で示しています。

そのほか、源氏物語や紫式部関連の展覧会やイベントが
開催されそうな寺社・博物館美術館へのリンク集ともなっています。

自薦他薦問わず、情報提供をお待ちしております。


 ・メールフォーム ・・・お返事が御入り用な方はこちらをどうぞ。
 ・Twitter(@kakitutei) ・・・リプライ、DMをお気軽に。




 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 風俗博物館にて2018年新展示スタート!

2018年02月07日 00時00分00秒 | 情報
京都市下京区にある風俗博物館の情報です。

2018年2月5日(月)から
新しい展示内容で開館されています。

 ※風俗博物館 公式サイト
 ⇒ http://www.iz2.or.jp


<展示内容>

1、祇園(ぎおん)御霊会(ごりょうえ) 疫病(えきびょう)除(よ)けの祈祷(きとう)の御利益(ごりやく)を受ける夏の年中行事 ~『年中行事絵巻』「祇園(ぎおん)御霊会(ごりょうえ)」~
2、四季のかさね色目に見る平安王朝(おうちょう)の美意識
3、七夕(たなばた)・文月(ふみづき)(七月)の年中行事 ~『源氏物語』「幻(まぼろし)」~
4、局(つぼね)・女房の日常 ~平安時代の身嗜(みだしな)み・黒髪~
5、平安(へいあん)時代の遊び
6、仏名会(ぶつみょうえ)・師走(しわす)(十二月)の年中行事 ~『源氏物語』「幻(まぼろし)」~




日曜・祝日はお休みです。
6月1日から7月31日まで休館されます。
ご注意くださいね。


 当方のwebサイト内でも過去の風俗博物館の展示についてご紹介しています。

 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~」展示一覧




 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】にっぽん!歴史鑑定「清少納言と紫式部 ベストセラー誕生の秘密」見ました♪

2018年01月30日 00時00分00秒 | 日記
私のささやかな日常。

昨夜、BS-TBSで放送された
にっぽん!歴史鑑定#145「清少納言と紫式部 ベストセラー誕生の秘密」を見ました。

おもしろかったです。

藤原道長の和歌「この世をば わが世とぞ思ふ~」を
早くに紹介してしまうと、道長が傲慢な人物であるかのような
印象操作をしてしまう懸念を覚えます。


中宮定子と清少納言との絆がとても素敵でした。

全体的に『源氏物語』より『枕草子』のほうに重点がおかれていましたね。
山本淳子先生の説がすごく効果的に演出されていたような…。


また機会あれば山本先生のご講演を拝聴したいと強く思いました。



 オススメの本。

 

 枕草子のたくらみ 「春はあけぼの」に秘められた思い (朝日選書)






 山本淳子先生が講師をされる講座が開催されます。

宇治市源氏物語ミュージアムにて
平成29年度源氏物語ミュージアム連続講座 源氏物語を視覚化する 第10回
「清少納言と紫式部 それぞれの思い」<講師:山本淳子先生>
 3月15日(木)午後2時~3時30分
⇒ http://www.uji-genji.jp/information/index.php?infokbn_no=3

※往復ハガキにて申込み。多数の場合は抽選。
※締め切り:2月28日(水)


私、この講座を昨年から受講したいと思っていたのですが
ちょっと状況的に京都へ行くのは厳しいです。(´;ω;`)ウゥゥ



 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】久留米座にて速水奨朗読会「陰陽師 鬼小町」拝聴しました♪

2018年01月21日 00時00分00秒 | 日記
私のささやかな日常。



昨日、福岡県久留米市、
久留米シティプラザ 久留米座にて開催された
速水奨 朗読会 The Reading Show in 久留米座「陰陽師 鬼小町」を拝聴しました。

とても感動しました。

もともと夢枕獏さんの原作も好きなのですが
それを久留米座という舞台で憧れの速水さんの演技で
ナマで観られるなんて!!


速水さんのこと、陰陽師のこと、
いろいろ胸いっぱいで言葉になりません~。
観に行けて本当によかったです!!!






余談ですが。

私のサイト「花橘亭(かきつてい)」の名前は古今和歌集の
『さつき待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする』からいただいたのです。
この和歌を速水さんの肉声で聴けて感無量…

胸熱です。




 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加