晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

ご案内

現在、せっせせっせと風俗博物館の過去の展示の様子を連載しています。
「風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~」展示一覧

【奈良】 『源氏物語』玉鬘ゆかりの地 玉鬘の大銀杏と玉鬘庵跡

2016年07月28日 12時00分00秒 | 日記
 先月の京都・奈良旅行でのこと。

長谷寺をお詣りしたのち、
初瀬川に架かる朱塗りの橋を渡って
素盞雄(スサノオ)神社を訪ねました。

素盞雄神社の境内には
「玉鬘の大銀杏」と呼ばれる
銀杏の木があるのでした。



初瀬川に架かる橋
この橋を渡って東へ進みます。


素盞雄神社の銀杏
遠くから見てもとても大きいです。
「玉鬘の大銀杏」とも呼ばれています。


大銀杏の根もと


社殿側から見た大銀杏



素盞雄神社 社殿




素盞雄神社の近くに玉鬘庵跡があります。



玉鬘庵跡と書かれた札が!


ここが玉鬘庵跡なのでしょうか…?
雑然としています。

何かご存知の方がいらっしゃましたらご教示いただけると嬉しいです。





⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日記】 奈良・長谷寺の紫陽花(2016年6月15日撮影)

2016年07月28日 00時00分00秒 | 日記
 先月の京都・奈良旅行でのこと。

ずっと訪ねたいと思っていた長谷寺を参詣。
境内では紫陽花の花を楽しむことができました。

















また機会をつくって長谷寺を参詣したいです!!




⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【奈良】 『源氏物語』玉鬘ゆかりの地 長谷寺をお詣りしました♪

2016年07月27日 09時00分00秒 | 日記
 先月の京都・奈良旅行でのこと。

奈良県桜井市にある
長谷寺を初めて参詣しました。

『源氏物語』に登場する姫君・玉鬘は
筑紫から京へ戻ったのち、石清水八幡宮と長谷寺を訪ねています。

今年2月には大阪・あべのハルカス美術館での
「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」展を見た私。

ずっと長谷寺詣でをしたいと思っていたので
念願がかなって嬉しかったです。





登廊(のぼりろう)



横から見た本堂

本尊である十一面観音菩薩立像の特別拝観をしました。
観音様のお御足(おみあし)に触れて
見上げることができました。<期間限定>
10メートルを超える大観音の姿に圧倒されます。



本堂



本堂の舞台から五重塔を眺めました。



五重塔



大講堂前から見た本堂の様子。



↓長谷寺の境内にはこんな見どころも。↓


 二もとの杉




『源氏物語』の玉鬘を主人公にした能「玉鬘(玉葛)」に登場する伝説の二本杉。



 藤原俊成碑・藤原定家塚






 紀貫之故郷の梅






※『源氏物語』における長谷寺につきましては、後日
webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』内にまとめたいと思います。





 長谷寺の紫陽花へ続きます。





⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】 webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』現在、サーバーの障害のため閲覧できません

2016年07月17日 07時00分00秒 | 日記
 重要なお知らせです。

TOK2のホームページサービスを利用して作成している
webサイト『花橘亭~なぎの旅紀~』はサーバーの障害のため
先月or今月初旬から閲覧できなくなっています。

復旧はいつになるかわからないそうです

他社のホームページサービスを利用している
「平安時代好きの京都旅行記」や「PICK UP」などはご覧いただけます。

 『花橘亭~なぎの旅行記~』(閲覧できません)
  ┗「平安時代好きの京都旅行記」
  ┗「PICK UP」

 『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
  ┗「花たちばな」



サーバーの復旧まで、しばしお待ちくださいませ。




⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 十二単を描きたいあなたにオススメの本 Togetterまとめ

2016年07月08日 16時00分00秒 | 本・漫画
 オススメの本のこと。

中学時代、国語便覧で見た十二単(女房装束)の華やかさに憧れ
これを自分で描けないものだろうかと真剣に思いました。

そんな思いで買った本の数々を数日前にTwitterにてご紹介しました。
以下のリンク先はそれをまとめたページです。

 ※十二単を描きたいあなたにオススメの本 - Togetterまとめ
 ⇒ http://togetter.com/li/996032




 Togetter編集部によるトゥギャトピ!にもまとめをご紹介いただきました。

“和装イラストを描きたい人必見の本はコレ!
 十二単に魅せられた絵師さんがオススメする資料群”




こんな素敵なキャッチフレーズをつけてくださりありがとうございます。
嬉しいやら照れるやらでした。(笑)

なぎさんって絵師さんだったの?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
趣味でちょこっとイラストを描いているだけです。





 ご紹介した本のうち現在購入できる本について。Amazonの商品ページはこちらです。

 
 十二単のはなし―現代の皇室の装い

 
 
 日本服飾史 女性編 (趣)


 
 和装の描き方 (玄光社MOOK)






⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加