晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2007年1月撮影 局(つぼね)~女房の日常~

2015年07月11日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

紫の上による法華経千部供養 その3 に引き続き、
2007年1月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

局(つぼね)では
女房の日常が展示されていました。


 ~髪の手入れをする女房~


鏡に顔が映っています。
髪を櫛で梳いてもらっている女房。


髪の通常の手入れのことを「泔(ゆする)」といいます。
米のとぎ汁を髪を梳くために用いました。



米のとぎ汁を入れた容器を「泔杯(ゆするつき)」といいます。




 ~偏つぎに興じる女房~





<博物館レジュメより>
偏つぎとは、主として女性や幼い子が漢字の知識を
競い合った遊びで、偏(へん)と旁(つくり)に分かれた
札を使った様々な遊び方がある。
例えば、漢字の旁に偏をつけて文字を完成させる、
あるいは旁の札を出して、これに様々な偏をつけた
文字を考えさせ、続けられない者、または読めない者を
負けとする遊びである。





平安の遊び~貝合せ~ へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む