晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2007年1月撮影 紫の上による法華経千部供養 3

2015年07月10日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

紫の上による法華経千部供養 その2 に引き続き、
2007年1月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。




<博物館レジュメより>
楽人(がくじん)や舞人(まいびと)の用意は
大将の君(夕霧)により取り計らわれていた。



大将の君 こと 夕霧


夜中(よるじゅう)、尊い読経に合わせて打ち鳴らしていた
 鼓が興をそえ、ほのぼのと夜が明けていく朝ぼらけの中で
 陵王の舞がはじまった。






陵王(りょうおう)

舞は「陵王(りょうおう)」、曲は「蘭陵王(らんりょうおう)」といい、
唐楽(とうがく)左方(さかた)走舞(はしりまい)の名作中の名作







落蹲(らくそん)

高麗楽(こまがく)右方(うかた)走舞(はしりまい)の代表曲。
 蘭陵王と番舞(つがいまい)となる。









女房の日常~局にて~ へ続きます。







<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む