晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

大津城跡~京極高次と初(はつ)が籠城~

2010年10月16日 19時09分27秒 | 近江路・歴女ブロガー旅紀行
大津城跡

■住所:滋賀県大津市浜大津5丁目
■交通:京阪「浜大津」駅下車

京阪電車「浜大津」駅を降りると、そこはすでに大津城跡の中いることになります。

大津城は、浅井三姉妹【父:浅井長政、母:お市の方<織田信長の妹>】の次女・初(はつ)を妻にもつ京極高次(きょうごくたかつぐ)が、1595年に移ってきた城です。
大津城築城以来、京極高次は4人目の城主。

京極高次&初 夫妻の結婚生活は、滋賀県高島市にあった「大溝城(おおみぞじょう)」で1587年に始まり、
1590年に滋賀県近江八幡市にあった「八幡山城(はちまんやまじょう)」へ入城。
それらを経て、夫妻は1595年、大津城に入城したのでした。



京阪「浜大津」駅前に、『大津城跡碑』があります。

(画像をクリックされますと、やや大きめのサイズでもご覧いただけます。)


歩道橋の上から石碑の場所を確認
大津港側にあります。


豊臣秀吉の死後。
1600年、大津城は、“関ヶ原の戦い”の直前に籠城戦(大津城の戦い)が繰り広げられたことが知られています。
毛利元康が率いる西軍<石田三成・豊臣家側>に攻められ、落城まで8日を要しました。
西軍につくと思われていながら、東軍<徳川家側>に属したため、城には大砲が打ち込まれ、城下町は焼き払われました。

※天守閣が落ちなかった強運さにあやかって(?)、大津城の天守閣は彦根城へ移築され、城門などは膳所城へ移築されたといいます。

のちに京極高次は、西軍を引きつけた功績を徳川家康から評価され信認を得ました。


現在、大津城跡を示すものは、石碑と市内に残る石垣(例:『大津祭曳山展示館』の裏手にあるそうです)のみ・・・。

籠城戦(大津城の戦い)関ヶ原の戦い大阪冬の陣と大阪夏の陣
複雑な立場に置かれた初(はつ)京極高次(きょうごくたかつぐ)の心中はいかに
そのあたりの心理描写が、来年2011年放送の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』でも触れられるのでは・・・と勝手に期待しています。
初(はつ)役は、水川あさみちゃん!
京極高次役は、斎藤工くん だそうです。




では、大津城を想いながら「浜大津」駅周辺を歩いてみます。



「浜大津」駅前の歩道橋から見た景色。琵琶湖が見えます♪
京極高次と初もココから見た琵琶湖を見たであろうと思うとワクワクします。




「浜大津」駅のお向かいは「大津港」!!
滋賀県にお住まいの方には当たり前だと思いますが、なんとなく海ばかりが「港」と呼ぶような気がしていたので、湖であっても「港」と呼ぶのか~!と思ってしまったのでした。
無知でごめんなさい。




「浜大津」駅前の歩道橋から見た景色。
複合商業ビルの『レイクサイドアミューズメント 浜大津アーカス』が見えます。
『レイクサイドアミューズメント 浜大津アーカス』のあたりは、かつて琵琶湖の水中だったようです。


そして、歩道橋の階段を降りました。



大津城跡碑

この石碑があるあたりは、大津城の本丸跡です。
しみじみ。。。




“びわ湖大津志賀観光振興協議会”発行のパンフ『大津の城跡』。
大津市内の城跡<膳所城・大津城・坂本城・宇佐山城・壺笠山城・堅田城・ダンダ坊遺跡>を中心にゆかりの地が紹介されています。
(『社団法人びわ湖大津観光協会』<JR「大津」駅2階>でいただきました。

参考にさせていただきました。






 お初と京極高次の複雑な立場

系図1:浅井三姉妹(茶々・初・江)と京極高次の関係は“いとこ”。
(↓クリックすると、やや大きめのサイズでご覧になれます)



系図2:結婚後の浅井三姉妹とその子どもたち。主要な人物しか書いていません。
(↓クリックすると、やや大きめのサイズでご覧になれます)


※江の1度目の結婚相手は佐治一成。2度目の結婚相手は豊臣秀勝で娘・「完子」を出産。完子は茶々に養育されます。
※江は3度目の結婚で徳川秀忠との間で子宝に恵まれ、五女・「和子」は後水尾天皇に入内。
※京極高次に嫁いだ初は、徳川秀忠と江との間に生まれた四女・「初姫」を養女とし、嫡男の忠高の正室に。
但し、忠高と「初姫」との夫婦関係は良好ではなかったもよう・・・。

京極家は忠高の甥である高和へと受け継がれていきます。


江が産んだ娘が、茶々<豊臣家>・初<京極家>のそれぞれのもとにいたことは覚えておきたいです。
浅井三姉妹が否応なしに歴史の転換期に遭遇したそれぞれの「その時」が気になります。
(゜_゜)(。_。)(゜_゜)(。_。) ウンウン




旅のお話に戻しまーす。

大津港を見ると、ちょうど琵琶湖を遊覧する観光船が泊まっていました!
乗る時間はとれそうにないので、せめて見にいきましょー。



大津港で琵琶湖遊覧船「ミシガン」に会う。


近江路・歴女ブロガー旅紀行(ブログ「晴れのち平安」編) INDEXに戻る





web拍手を送る blogram投票ボタン


HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポスター「建都ほぼ1400... | トップ | 大津港で琵琶湖遊覧船「ミシ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む