ジージのドイツ花便り

ドイツで撮った花の写真を紹介したいと思います。

アスフォデルス・エスティブス

2017年07月16日 | 花散歩

掲載の花をアスフォデリネ・ルテア、
学名を Asphodeline lutea と紹介したのですが、
アスフォデルス・エスティブス、
学名は asphodelus aestivus の間違いでした。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
6月15日に撮影しました。




ポピーの花の赤が邪魔ですが、
全体像はわかっていただけると思います。







花も大変きれいなのですが、
蕾の色、形も絵になりますね。







シベが長いので、撮り難いですね。

はい、お別れの画像になりました。




皆様、アスフォデルス・エスティブスはいかがでしたか?


花を検索したい方は、左のカテゴリーより
「花の名前による検索」を選んでください
花の名前でも写真でも検索できます
でもジージの撮った写真だけですから

本日もジージのブログを訪問していただき
ありがとうございました
またの訪問をお待ちしています
どうぞお気軽にコメントください

では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています。
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください。

インターネット閲覧履歴の削除について知りたい方は、
こちらをクリックしてください。


ジャンル:
植物
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白とピンクのシャクヤク | トップ | アストランティア “ ムーラン... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アン・ドゥ・トロワ ♪ キャンディーズ (あQ)
2017-07-16 14:59:32
https://www.youtube.com/watch?v=57HK2YqJ-ow

ジージ様、お久しぶりです~ こんばんは。

アスフォデリネ・ルテア、学名は Asphodeline lutea で検索すると別の花が出てまいります。
http://stewartia.net/engei/field_plant/Susukinoki_ka/Asphodeline.html

http://takun243.web.fc2.com/hana/yymmdd/2011_05_11.html

花だけで、全体の姿が分からないので断定は出来ませんが、恐らく“ツルボラン亜科”に属する植物だと思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E4%BA%9C%E7%A7%91

“ツルボラン亜科”の中で一番近い花姿をゆうするのは、日本では“ハナツルボラン(花蔓穂蘭)Asphodelus fistulosus ”と呼ばれる花になります。
https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-hanatsuruboran_large.html

http://kyonohana.sakura.ne.jp/blogs/kyohana/2010/05/post-615.html

同属では“asphodelus ramosus”と呼ばれる花もあり、このような花を咲かせます。
http://www.vysinimelissa.gr/2012/03/asphodelus-sp.html

ジージ様は、学術的な花の撮影をされている訳ではございませんので、写し方には言及しにくいのですが、花名を決定するには、是非全体像をお載せくださるよう、お願い申し上げます。(微笑)
アン・ドゥ・トロワ ♪ キャンディーズ (ジージ)
2017-07-17 02:30:49
あQさん こんばんは
申し訳ございません、記事を準備した段階での勘違いでした。
普段は更新する前に確認するので、それを怠っていました。
記事は校正しましたので、ありがとうございます。
アスフォデルス・エスティブスもアスフォデリネ・ルテアも1度記事にしています。
アスフォデルス・エスティブス:
http://blog.goo.ne.jp/ji-ji87/e/420e28ebe3001ca84a010a8f6ae4662e
アスフォデリネ・ルテア:
http://blog.goo.ne.jp/ji-ji87/e/6d62e2b547b150c7747b4d54ff0e92b5
全く恥ずかしい話です。
追記 (ジージ)
2017-07-17 02:33:35
あQさん 自分のため、つまり植物の特定をするためには全体像、葉、茎の写真も撮るのですが、
それを公開するのは申し訳ございませんが控えさせてください。

コメントを投稿

花散歩」カテゴリの最新記事