函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

西郷の決意!!

2008-11-23 | 歴史
ここまで来ると歴史と云うよりはドラマとして見た方が
良いのかと思い始めている僕なのです

已むに止まれず京都まで来てしまった小松帯刀ですが、
事もあろうに西郷は面会拒否!!
帯刀は家老である自分が何故会えないのかと問い詰め
ますが『自分達は薩摩軍ではありません。もはや朝廷の
軍なのです』と言われては返す言葉もありませんね
官軍となった薩摩軍、もはや家老と云えどもどうする事
も出来ないのです。
西郷にしても会えば必ず心が動く自分を分かっていたの
でしょうね
恨みを一身に背負い死ぬ覚悟で進軍している西郷をもは
や止める事など出来ないのです

ここで最後の切り札、幾島登場
帯刀は天璋院自らがしたためた手紙を幾島に託し西郷を
説得にかかろうとするのですが…
天璋院の手紙を携えた幾島、必死に西郷に食い下がろう
としていましたね。
幾島(松坂慶子)の迫力の前に言葉を詰まらせる西郷。
迫真の演技でした

天璋院の手紙を読み涙を流す西郷、篤姫に付き添ってい
た頃の事が走馬燈の様に駆け巡るのです
しかし西郷が決意を翻す事はありませんでした。

それにしても
天璋院と静寛院が必死になって慶喜の除名嘆願しようと
しているのに老中達は徹底抗戦を主張するばかり。
そう云えばちょっと小太りな松平容保も同席していた様
でしたが
幕末の主役の一人ですが、このドラマではチョイ役の様
ですね
幕府側に戦力が残っていても戦意の差は歴然
動き出した時代をもはや誰にも止める事など出来ないの
です。
現状を必死に守ろうとする側の悲哀を感じる僕なのです

ところで
天璋院が西郷に宛てた手紙が現存しています
「徳川家に嫁いだ以上は、当家の土となるのは勿論です
が、温恭院(徳川家定)がすでに他界しているので、今
は亡き夫に替わって当家の安全をただ祈るばかりです。
しかし、自分の存命中に当家にもしものことがあれば、
あの世で全く面目が立たず、そのことを思うと不安で日
夜寝食も充分に取れず悲歎しています」と云う内容なの
です。
徳川家存続だけをひたすら嘆願している訳ですね
この嘆願書を見て西郷が本当に心を動かされたのでしょ
うか??
260年にわたり権威を誇ってきた幕府です。
少しでも油断するといつ反撃にあうか分からないのです。
西郷にしても決死の覚悟で江戸へ進軍していた筈なので
篤姫の嘆願書一通で西郷隆盛の心を大きく揺り動かし江
戸城無血開城に繋がったとは僕には到底思えません

実は、篤姫の嘆願書が出される前に、勝海舟の命を受け
た山岡鉄舟が西郷隆盛と江戸城開城の条件について話し
合いを続けていたのです。
天璋院が嘆願書を出す前に無血開城に向けての詰めの話
し合いがもたれていた事になりますね。

勝が西郷に宛てた手紙の中にこう云う一節があります
自分たちが官軍に恭順するのは、「現在の日本は同胞が
争っている場合ではなく、外国からの侵略の危機に一致
団結して立ち向かわねばならないことを認識しているか
らである」と書かれています。

徳川家存続だけはなんとしても認めてもらいたいと懇願
する天璋院篤の嘆願書と比較して、日本全体の事を考え
ている勝とではレベルに開きが有り過ぎる気がしてなら
ない僕なのです
ドラマとして見ている分にはとても面白いのですが
念のため



サポグラ Winter Sale のCMです






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイルチャンピォンシップ!! | トップ | トパーズステークス!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Aki_1031)
2008-11-25 13:41:37
久々に見た松坂幾島はやはり貫禄があって、
存在感オーラが別格でしたね。
今週の見どころはひとえに幾島だったような気がしますvv

容保さまは…もはや何も言うまい(苦笑)。
主役は幾島!! (iseッチ)
2008-11-25 17:03:24
雷鳴と共に幾島が登場。
やはり貫禄がありましたね。
今回の主役は間違いなく幾島です。

それにしても、京都守護職の松平容保
の扱いがあまりにも…
容保と榎本が勝に一喝され部屋を出て
行くなんて。
信じられません(笑)
ドラマとして見る分には面白いのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
篤姫・第47話 (ブルー・カフェ)
篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る あ~何か最近レビュー書くの遅くなっちゃって・・・しかも文章がどんどん長くなっていくし(><) これじゃ書くほうも、読んでくださる方も大変だよなあ、...
大河ドラマ「篤姫」第46話「大奥の使者」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
懐かしい人との再会。そして想い出・・・。最終回が近いなぁと改めて感じさせる今回でございました(^^)  官軍が江戸へやってくるという噂を聞き、嘆願書をようやく書き上げた和宮。薩摩や長州の兵がうようよしている京への使者を誰にするのか?近衛家には唐...
『篤姫』第47回 (悠雅的生活)
~大奥の使者~
篤姫 第47回「大奥の使者」! (バレルオーク日記)
<幾島再登城!>「今宵は、酒と肴を用意させます」昼間から酒をあおる本寿院様は、アル中状態?でしょうか。天璋院様のお言葉に、安堵のご様子でした。「やはり、昔に戻ったようじゃ」天璋院様と幾島との再開、この二人に間には誰も入れないような雰囲気がありました。「...
篤姫~第47話・大奥の使者 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
めっきり寒くなってきて今年も残りわずかですが、天璋院(宮崎あおい)と静寛院宮(堀北真希)は徳川の社稷と慶喜助命嘆願運動を協力して行います。本寿院(高畑淳子)は昼間から酔っ払っていますが、後少しで大奥が消滅するのに助命嘆願などやっている場合ではありません...
大河ドラマ:篤姫第47話「大奥の使者」 (山南飛龍の徒然日記)
幾島が復活しましたね。重要な役所なのは分かっていましたが、こんなにも出番が多いとは!?東奔西走、大活躍です。一時期、その存在が少々うざったく感じた事もありましたが、こうしてその姿を目の当たりにすると、あらためて幾島が欠かせない存在であったのだと思い知ら...
篤姫#47 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
今回の物語は、何と言っても幾島の再登場でした。で、登場したら完全に全てを食ってしまい、中盤以降は完全に主役と行っていい存在感でした。天璋院の貫禄も凄いが、幾島が出てくると、やっぱり違いますね。で、静寛院をはじめ、物語の前半に出てきたキャラクターは完全に...
大河ドラマ「篤姫」#47 (ミチの雑記帳)
「大奥の使者」 いつの間にか新政府の人事が決まっていて焦りましたよ~{/m_0162/} なになに? 総裁に有栖川親王、副総裁に三条実美と岩倉具視、総裁局顧問に小松帯刀・・・。 なんだかなぁ。どうみても有栖川親王はお飾りっぽいなぁ。 小松帯刀は江戸攻めの戦仕度をし...
「篤姫」第47回 (日々“是”精進!)
第四十七回「大奥の使者」天璋院と静寛院は、将軍の慶喜の助命を朝廷に嘆願する方法について話し合う。そのころ、勝は幕府軍の陸軍総裁に任命された。徹底抗戦を主張する老中たちに対し、勝は薩長軍との戦は避けるべきだと主張する。一方、京で岩倉と会った帯刀は、江戸攻...
篤姫 第47回「大奥の使者」 (平成エンタメ研究所)
★武力に対抗するものは……  江戸に迫る官軍。幕府はどう対するか?  天璋院(宮崎あおい)は嘆願書を託す。  いわば外交だ。  言葉によって戦争を回避しようとする。  この時、官軍と戦うという選択肢もあった。  外交か軍事か?  歴史において紛争を解決する手...
「篤姫」第四七話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
同じ時を過ごした故郷の人々。 第四七話『大奥の使者』
篤姫:第47回「大奥の使者」 (食う♪読む♪歩く♪)
今回は、江戸城無血開城につながる西郷さんと勝さんの会談に至る裏話、という設定らし
大河ドラマ「篤姫」 第47回「大奥の使者」 (風のうわさ)
懐かしの名場面の 回想特集! といった感じの今回です。 官軍 vs 幕府軍の 戦が始まろうとしています。でも この戦、戦国時代のような 合戦ではなく、裏で あれこれ交渉を進める 水面下の戦いのようです。 この戦いの中で、残念ながら活躍できなかったのは 家老・小松帯...
NHK大河ドラマ第47回「篤姫(大奥の使者)」 (よく考えよう)
いよいよ大詰めだ。 居ても立っても居られぬ帯刀は、痛い足を抱えて京に入る。
大河ドラマ 「篤姫」 大奥の使者 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
史実だと確か山岡鉄舟が行くんじゃなかったでしたっけ?? まぁ、篤姫が主役なので、 その辺は・・・。というところなのでしょうか。 久々にトリ前にあの方の名前が。
篤姫 第47話 「大奥の使者」 (渡る世間は愚痴ばかり)
天璋院と静寛院により慶喜助命嘆願の手紙が綴られ それぞれの使者が朝廷に届ける事となった。
★「篤姫47」懐かしい人が~♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」今日もおもしろかったぁ~いよいよ薩長軍の江戸攻め。。参謀は西郷どん。。かつては天璋院のために必死で働いていたのに。。そして。。その総大将が和宮の元婚約者。。運命とは皮肉なもので...
『篤姫』その47 (ONE DAY MORE)
・11/23放送分幾島が再登場。名コンビ再びといった脚本。熱い回になりました。松阪慶子さんのドスの利いた声が良いですね。近衛家を通して朝廷に嘆願書をしたためた天璋院。使者唐橋の嘆願空しく、近衛忠房(近衛忠煕の子)に突っぱねられます。そこに居合わせた幾島が、....
第47回「大奥の使者」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
時は慶応4(1868)年1月…鳥羽・伏見の戦が勃発した。恐れていた内乱がついに現実のもとに晒されることに…錦の御旗に刃向うはすなわち朝敵と名指しされるに等しく、慶喜にはこの上ない屈辱。徳川宗家が豊臣氏と同じ運命を辿ることになるのか?…大奥の動揺を隠しきれぬ中、...
篤姫 第47回 西郷の決意 (レベル999のマニアな講義)
『大奥の使者』内容官軍となった薩摩を中心とした軍勢が江戸に迫る中慶喜(平岳大)の助命の嘆願書を書いた天璋院(宮崎あおい)は、京に通じているという唐橋(高橋由美子)に託すのだった。また、静寛院こと和宮(堀北真希)もまた、嘆願書を藤子に託す。。だが京に着い...
篤姫 第47回「大奥の使者」 (みはいる・BのB)
『篤姫』のお時間です。(^-^) まずは、あらすじをどうぞ。
篤姫47 尚五郎クン家来に門前払いされるぅ! (ぱるぷんて海の家)
江戸城総攻撃へのカウントダウンが始まった! 本来ならむさ苦しい男たちの血みどろのストーリが描かれるのだろうけど 今年の制作予算の大半は大奥衣装代に消えてます。 イクサロケなどに使う予算はありません。 歴史的に重要な出来事など端折って端折ってぜぇんぶす...
篤姫~涙する西郷どん (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第47話~大奥の使者幾島再登場なんでこの人が登場するときにはカミナリが鳴るの晴れてたじゃん(笑)カミナリは余計だけれど、幾島と再会して瞳に涙をためて喜んでいた篤姫、実家が敵にまわり徳川家がどうなるかわからない心細い時期に味方が現...
篤姫「大奥からの使者」 (ニセ吟遊詩人@放浪記)
大河ドラマって1年かけてやる分、でずっぱりなキャストな人って主人公以外では少ないので、当初のメインキャストが最終回にはそっくり入れ替わってることが多いです。当初の重要人物が久々に出てくると同じドラマの
大河ドラマ「篤姫」第47話「大奥の使者」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
助命嘆願、難航 迫る官軍に、天璋院&静寛院の手紙攻撃。 しかし、政治の壁は厚く、西郷の決意は固い。 篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)/宮尾 登美子 ¥998 Amazon.co.jp <ざっとまとめ> ・勝(欣也)は、陸軍奉行になるが、戦争回避...
篤姫的愛なのです(宮崎あおい)おなじく舞なのです(堀北真希)雷なのです・・・(松坂慶子) (キッドのブログinココログ)
・・・まあ・・・本寿院(高畑淳子)で宴なのです・・・でも良かったのだが・・・ここ
篤姫 #47 大奥の使者 (ビヨビヨ素材日記2)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今日という日の為に今まで独自で描かれて来た場面が、本当に活...
大河ドラマ「篤姫」第47回「大奥の使者」 (真田のよもやま話)
やっぱりこうして見ますと大女優!なん中華本中華の格の違いを感じてしまいますねえ~。いえもう、予告を見ただけで!松坂・幾島おっとこまえ~~~!ううん、もう、頼りになるうう~~~~。{%表情ニコニコdeka%}
篤姫 47回の感想  (spring star☆)
「大奥の使者」ポイントは西郷さんをどう止めるかと篤姫たちが働きかける内容に重点が置かれていました。なんだか徳川の世はもう終わりと認めているようです。史実もほんわかとオブラートに包み込み、あまり描かれないのは家族愛というテーマからのことでしょうけれ
【篤姫レビュー】大奥の使者 (必然的なヒストリー)
幾島、再登場。記録によると当時、彼女は病の身であったと伝えられていますが松坂さんは元気そのものでしたね。 で、本題。大奥では本寿院が酔っ払いコントを始めてました。一瞬、志村けんが出てくるのかと思いました。(ついでに柄本明も)そして唐橋が近衛家への使者と...
【篤姫】第四十七回 (見取り八段・実0段)
自分の嫁入り支度をしてくれた西郷が参謀になり、和宮の婚約者であった有栖川宮が総大将になる。天璋院からの嘆願書を携えた唐橋は近衛家に行くが、全く取り合って貰えない。そこへ、幾島と名乗る近衛家の老女がやってきた。唐橋は、嘆願書を幾島に託す。幾島は、江戸攻め...
15代将軍慶喜と麻生太郎総理が重なって見えてしまう (よく考えよう)
NHK大河ドラマ「篤姫」を見ていると、慶喜と麻生総理が重なって見えてしまう。
篤姫 四十七話 (Simple*Life)
を見た。 慶喜が将軍になってから篤姫も出番もめっきり減って きましたね。 そこをなんとかしないと~~。と苦肉の策で まるで篤姫が今の政治を動かしているかのごとくの 描き方。すごいわ。 西郷はすっかりブラック西郷になってるし・・・ あんた・・・いい...
篤姫 #47 大奥の使者 (たっくんママのひとりごと)
今週はとても面白かった! 久しぶりの幾島さん、まぁ貫禄のあることw 慶喜の嘆願書を朝廷に届けるのも、四苦八苦です。頼みの近衛家も義父が失脚しているので、はかばかしくありません。でも、ここで幾島がかけつけてくれたので、多少希望が! まずは、帯刀に直談判! ...
篤姫第47話(11.23) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
日曜のビデオ録画に失敗したため、今頃の感想になっちゃいました 鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍は惨敗、 大坂城から逃げ帰った徳川慶喜@平岳大は、朝廷への恭順姿勢に転換。 しかし、徳川の息の根をとめたい新政府軍は、江戸攻めを決定! 天璋院@宮崎あおいと静寛院@堀...
篤姫47回「大奥の使い」 (森の中の一本の木)
 「篤姫」も47回も終わり、残す所あと三回になってしまいましたね。いよいよ来週は「無血開城」です。 なんだかんだと言いながら、今まで涙腺がつまらないように、毎週「篤姫」が一役買っていてくれていた様に思います。  45回、46回と感想がスルーになってしま...
【大河ドラマ篤姫#47大奥の使者】 (~二次元と三次元の狭間~)
久しぶりの感想です。#45母からの文#46慶喜救出が抜けてしまっていたので先にちょっとだけ。。正直、最近は「うわ~、ついに篤姫でもコレが来てしまってるよ~」という展開です、、篤姫が戦争回避を目指す事自体は勿論いいですけど、前面に押し出しすぎてて嫌です。この前...