一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

5月16日のLPSAジャンジャンマンデー

2011-05-22 00:37:52 | LPSAマンデーレッスン
5月15日のLPSA日めくり詰め将棋カレンダーは、島井咲緒里女流初段の作品。作意は5手詰だったが、変化はピッタリ7手詰。こちらが作意ではないだろうか。

16日は、LPSA主催の「ジャンジャンマンデー」に出向いた。ジャンジャンマンデーとは、マンデーレッスンSのスピンオフ企画で、持ち時間10分・秒読み30秒の早指しでひたすら将棋を指すというものである。
もちろんマンデーレッスンの講師も参戦する。女流棋士と真剣勝負を味わえるのもこの企画の魅力だ。
午後6時すぎに入室すると、早速対局が始まっていた。
私は大学生と思しき男性と対戦。芝浦サロンでは初めて見る顔だ。LPSAは新規のお客さんを定着させないと、サロンの未来がない。
先手・私の居飛車明示に男性氏が角道を止めたので振り飛車と思いきや、△6二銀と上がったので、相居飛車となった。
右では中倉宏美女流二段が、Tan氏と指している。かすかに石鹸の香りがする。中倉女流二段はマンデーレッスンの講師ではないし、芝浦サロンは船戸陽子女流二段の担当だった。もし中倉女流二段が将棋鍛錬のためにジャンジャンマンデーに参加したのだとしたら、これは大したものだ。
青年氏は雁木に構える。私は果敢に攻め込み角桂交換の駒得になったが、ここから緩み、逆転模様となった。
しかしそこで青年氏が踏み込みを欠き、最後は私の辛勝。将棋は逆転のゲームだとつくづく感じた。
2局目は中倉女流二段との対戦。着席すると、やっぱり石鹸の香りがして、ポワーンといい気持ちになった。
私の先手で▲7六歩△3四歩▲7五歩△6二銀▲7八飛△4二王と進む。ここで▲4八玉が疑問手だった。△8八角成▲同銀△6五角で両成りが受からず、これは一本取られた形である。私は読み筋とばかり▲5五角と打ち▲7四歩と突いたが、苦戦は否めなかった。
左では石橋幸緒女流四段が対局中だったが、自分の将棋はそっちのけで、こちらを注視している。ちょっとバツが悪い。
苦戦ながらも桂得を果たし中盤に入ったが、私が▲2八銀と上がったのが、「こちらに銀を上がる人はいない」(石橋女流四段)という大悪手で、粘った将棋を台無しにした。
私は前手の継続で▲3六歩と突いたが、△8六歩が機敏な手で、シビレた。
▲8六同銀は△8八馬(と角を取る)▲同飛△5五角の飛車銀両取りで先手負け。よって▲8六同歩だが、△8七歩▲7九角と凹まされ、これで負けを覚悟した。
戻って▲2八銀では、▲3八銀~▲4六歩~▲4七銀が正しいルート。これなら先手もまだまだ戦えた。▲3八銀では角を換わって△2八角を気にしたからだが、こんな手なら先手はどうとでもなったのだ。
「しまった…」
私は後悔する。「ヒゲを剃ってくるんだった」
「そっちかい!!」
すかさず石橋女流四段からツッコミが入った。
本譜は中倉女流二段にいいように攻められ、割り打ちを食ったあと、△7六歩と桂取りに突きだされ、いまはこれまでと投了した。
「これで投げると思ってました」
と、再び石橋女流四段。こちらの投げ時まで見透かされている。
ジャンジャンマンデーでは、これで女流棋士に1勝4敗。どうもおもしろくない。
つづいてはミスターどうぶつしょうぎ氏と対戦。初対局と思いきや、これが2局目とのこと。初対局を忘れているということは、私が勝ったのだろう。
将棋はミスター氏のゴキゲン中飛車。中盤、軽快に捌かれて苦戦。ここで▲6四角と打たれたら、さらに防戦一方だったが、本譜は▲4七銀打とひるんでくれたので、こちらが攻めに転じて、最後は私の勝ち。
ミスター氏いわく、前回もこんな展開で、最後は私が逆転勝ちしたという。たしかに相変わらず、私は将棋の造りが雑だ。読みが浅く、腰が入ってない感じ。もっと体調を整えないとダメだ。
最終4局目は某氏との対戦。以前対戦したときは、中盤の入口で銀を丸損し、早々に投了した。今回はもう少しマシな将棋を指さなければならない。
将棋は私の居飛車明示に某氏の四間飛車穴熊。私は玉頭位取りの作戦を採った。
今度は私の左で中倉女流二段が対局している。学校での席替えのとき、不思議と私の周りに同じ女子が来ることがあったが、それに似ている。
船戸陽子女流二段の声が聞こえる。すっかり植木理恵の声に戻っている。
中盤、某氏の△2四歩に▲同歩と取ったのがお手伝いだった。以下△2二飛▲2八飛△2七歩▲同飛△2六歩▲2八飛(△3五銀がいる)△2四飛と捌かれては、一遍にこちらが悪くなってしまった。
しかしこちらも踏ん張って、むずかしい終盤戦に突入する。某氏、△7八銀成。
この局面の一部の駒の配置を以下に記す。
先手・一公:3八飛、5六歩、6三と、6四角、6五銀、7四歩、7六金、7七桂、8五歩、8八玉、9六歩、9九香 持駒:銀、歩…
後手・某氏:1九竜、3三角、5七と、7一金、7八成銀、8一桂、8二銀、8三歩、9一王、9二香、9三歩 持駒:金、桂、香、歩…
ここで私が▲7八同玉と取ったのが大悪手。△9九竜と香を取られ、受けても一手々々なので、ここで私は投了した。▲7八同飛では△6七とで悪いと思ったからだが、そこで▲1九角と竜を取る手がある。以下△7八と▲同玉は局面がサッパリして、先手もまだ戦えそうだ。
ゆえに△6七とでは△6九竜と寄って後手が勝ちだが、某氏は△1九竜がアタリになっていたのをウッカリしていたというし、▲7八同飛ならどう転んでいたか分からなかった。
4局が終わって、きょうの成績は●○●○の2勝2敗。前回と合わせ4勝4敗で、可もなく不可もない、おもしろくも何ともない成績となった。
次回開催は6月20日。ほぼ消化試合だが、気力を振り絞って、何とか参加しようと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月13日のLPSA芝浦サロン・愛 | トップ | 5月20日のLPSA芝浦サロン »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
説明間違い (まるしお)
2011-05-22 05:31:17
 島井さんの作品は誘い手がたくさんあり、私も一目では詰みませんでした。好作です。

 2手目の変化に説明間違いがあります。「2手目▽1三玉は▲2二銀▽1四玉▲3四飛成で逃げられません」とすべき。(ここで▲1四銀以下の7手は「変化別詰」というやつです)
詰将棋 (さわやか風太郎)
2011-05-22 11:29:09
最初は校正ミスかと思った。
3四の地点に玉方の歩が欠けている。これがあれば変化は駒余りとなり完全作となる。
図がわからないのですが (Guten Tag)
2011-05-22 21:38:09
変化は34飛成以下7手なのでしょうか、
34飛成まで5手なのでしょうか。
前者なら変長で30~40年前は許容範囲でしたが、
現代では不可=不完全作とされています。
後者でも駒が余らなければ変同で、
現代では大きな減価事項です。
(選考委員の先生方はご存知の筈ですが)
島井先生の詰将棋 (一公)
2011-05-22 23:48:25
>まるしおさん
なるほど、変化は3手目に▲2二銀がありましたか。私は▲1四銀捨てしか見えなかったので、おかしな感想になってしまいました。

>さわやか風太郎さん
初形に△3四歩があったかどうかは分かりませんが、この修正ならスッキリしますね。さすがです。

>Guten Tagさん
その詰将棋を記します。LPSA関係者の方、すみません。
攻め方:3五桂、4二角、4三桂
玉方:1二銀、2一桂、2二玉
持駒:飛、銀
これで、まるしおさんとさわやか風太郎さんのコメントを参照してください。
それでしたら (Guten Tag)
2011-05-23 00:34:44
玉方34歩がないと変同になってしまいますね。
風太郎さんのコメントが正しいですね。
恐れ入ります (一公)
2011-05-23 23:27:05
>Guten Tagさん
恐れ入ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。