一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

3月12日の蕨将棋教室(後編)

2017-03-30 01:01:12 | 蕨将棋教室
右のFuj戦は、角換わりの相居飛車力戦になっていた。定跡はないようなものだから、下手の力量が試される。
私「どうも欲求不満だ」
Fuj氏「どうしました?」
私「きのう愛ちゃんに負かされた」
Fuj氏「それは自分が悪いんじゃないですか」
私「……」

第1図以下の指し手。▲7五歩△3一金▲1六歩△5一金▲1五歩△9四歩▲9六歩△4一金右▲5九角△8四飛▲7六飛△3二金右▲2六歩(第2図)

▲7五歩に△同角は▲4四角がある。そして▲7五歩と突いた以上、▲7六飛を目指すため▲5九角は仕方ないが、角は敵玉に利かしておきたかったから、一長一短だった。

第2図以下の指し手。△6四歩▲6六飛△6五歩▲同飛△6四飛▲同飛△同角▲6一飛△6九飛▲6八金(第3図)

植山悦行七段は△6四歩。これに▲同歩△同角はつまらないと見て、私は▲6六飛と突っ張った。
だが植山七段の△6五歩から△6四飛が意外だった。
▲6四同飛から▲6一飛は必然だろうが、△6九飛に▲6八金で上手の指す手が難しいと思ったからだ。
本譜もそう進み、第2図で△8九飛成は▲6四飛成がある。これは下手が有利になったと思ったのだが…。

第3図以下の指し手。△4六角▲同歩△8九飛成▲8一飛成△9九竜▲8五竜△3五歩▲同歩△3六桂▲2七玉△4八銀(途中図)

▲6九歩△4九銀不成▲同銀△4七香(投了図)
まで、植山七段の勝ち。

植山七段は△4六角と王手で切り、△8九飛成。この平凡な手をすっかり見落としていた。
私も▲8一飛成で角銀交換の駒得だが、彼我の陣形を見比べると、明らかに私が悪い。
△9九竜に▲8五竜。「ほう。引いた」と植山七段。しかしこれがまた考え過ぎの悪手で、形勢悪化に輪をかけた。△7六桂▲5八金寄△6八歩を気にしたのだが、プロがこんなダサイ手を指すわけがない。まだ▲9一竜と香を補充しておくのだった。
植山七段は△3五歩。まさに急所を衝かれた感じだ。やむない▲同歩に△3六桂~△4八銀(途中図)が厳しい。
私は▲6九歩と受けたが、いかにも薄い金底の歩だ。以下、△4七香まで投了した。

感想戦。「飛車を打ち合ったところで、そちらにいい手があるかどうかだよね…」と植山七段。
たしかにそうで、ここで▲6八金(第2図)じゃ弱かった。とするならば、△6四歩に▲6六飛が悪手。ふつうに▲6四同歩△同角で一局だった。
▲6八金で▲5五歩△同銀▲3七銀引、の意見も植山七段から出たが、これはさすがに指せないところである。
私の投了の直前に常連A氏も投げたが、ほかはまだ対局中。私がいちばん遅く入ったのに二番手で抜けるとは、情けなかった。
ちなみに右のFuj氏は勝ったようだ。奥の常連B氏も勝ち。氏は植山七段によく勝つらしく、植山七段が苦手にしている?という噂がある。
時刻は9時を過ぎ、ここでお開き。植山七段、W氏、Tod氏、Fuj氏、私で食事に出た。今回はリンガーハットに入った。
私たちは5人とも違うメニューを注文したが、店の人に一部手違いがあった。まあそれはそれとして、私の注文したちゃんぽんは美味かった。長崎と同じ味が東京でも味わえるのは、チェーン店の利点である。
そのまま終電近くまでおしゃべりして、散会。ここでの話は楽しかったが、私は仕事のことと連日の将棋の内容の悪さで、前日に続いてどこかもやもやの残る半日だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月12日の蕨将棋教室(前編) | トップ | 今朝見た夢(2017.03.30) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。