一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

3月12日の蕨将棋教室(前編)

2017-03-29 00:47:25 | 蕨将棋教室
渡部愛女流初段の指導対局会の翌12日は、蕨将棋教室に行った。
夕方、蕨駅の改札を抜けたところにある立ち食いそば屋で、かけそばを喰らう。川口駅のそれは駅構内にあるからうっかり改札を出て後悔するが、蕨のそれは外にあるから安心だ。
午後6時少し前に教室に入ると、私が一番乗りだった。やがて子供たちが続々と入室。大人も一人入り、定刻に教室が始まった。
今日は四枚落ちの講座から。有段の私には関係なく思えるが、上手をもっての指し方が勉強できるので、あながち無駄な時間ではない。
四枚落ちは端(1筋)を攻める。講師の植山悦行七段の教えはうまく、分かりやすい。
その途中で、Tod氏とFuj氏が入室した。
講座のほうは一段落し、下手が上手を攻略した。ただ、どこかで上手がごまかせる順もあると思った。すなわち有段者も参考になったということである。
ここまでで30分経過。子供たちは植山七段との指導対局に入り、常連氏の一人はTod氏と対局した。
ここから20分くらい待ち、子供の1局が終わった。そこに私が入る手もあったのだが、私はもう少し待つ。
Tod―常連A戦は妙な熱戦になっていた。居飛車VS振り飛車で、常連A氏が棒銀に出ているのに、Tod氏の左銀が△5四銀に上がったりしてハラハラしたが、それなりにバランスは取れていた。
さらに10分くらい経って、対局が終わった少年と私が指すことになった。私の四枚落ちである。

小学4~5年と思しき少年はよく勉強していて、第1図から▲1四銀!と出た。級位者とは思えぬ好手で、植山七段の講義をしっかり消化しているのが分かる。ただ第1図ではふつうに、▲2四歩△1二銀▲1四銀もあった。以下△2二歩に▲1三歩△同桂▲同銀成△同銀▲同香成で下手優勢。
本譜は▲1四銀に△2四歩▲2三銀成△同金▲1二香成と進んだが、これも下手優勢である。
その後私は必敗形になったが、ここから勝ち切らないのが下手で、私は何だかんだで延命する。
その後私が必勝形になったが、ここから少年の追い込みがすごく、再び少年が勝勢になった。敗勢の局面からひっくり返したのだから、少年の地力の高さが分かろうというものだ。
私は局面を複雑化するが、うまくいかない。何となく敵玉に嫌味をつけ、大詰めを迎えた。

第2図で下手玉はわずかに詰まない。それを読んでか読まずか、少年は▲7三馬!!と切ってきた。
終盤で相手に大駒を渡すには度胸が要るから敬意を表するが、ここでは誤った。よほど待ったをしてあげようと思ったのだが、こっちも勝ちたいから、そのまま進める。
以下△7三同竜▲同金寄△4九香成▲同玉△3八角。ここで少年の手が止まり、上手の勝ちになった。
戻って第2図では、▲7三金寄があった。これに△同竜なら一旦▲8一銀と打ち、以下4手で下手が勝ちだった。
局後の少年は茫然としたテイで、私も罪悪感がこみあげてきた。少年が▲7三馬と指した時、やはり待ったにして、最善手を発見させるべきだった。
感想戦では第2図から▲7三金寄を示し、△同竜▲8一銀△8三玉(△9一玉は▲7三馬まで)の局面で少年に考えさせた。少しして少年は▲7三馬△9四玉▲9五飛と正解を示した。7三が馬になっているから、▲9五飛が打てるのだ。少年も納得したようで、私の罪悪感も少しは薄れた。
先ほどのTod―常連A戦は、Tod氏の勝ち。終盤で相手玉を即詰みに討ち取ったらしい。
すでに大人の部の指導対局は始まっていて、私はFuj氏の左に座り、対局に加わった。今回は大人が多く、植山七段の5面指しである。
私は三間飛車。振り飛車は不慣れだが、前日に続いて振ってみた。
植山七段は、「穴熊は得意じゃないんだよなァ」とつぶやき、△1二香。
植山七段はけっこう穴熊に潜る。私は美濃に組み、玉は▲2八に収まっているので、コーヤン流はしにくい。歩越しに▲4六銀と出た。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛(後編) | トップ | 3月12日の蕨将棋教室(後編) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。