TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




外務省はいったい何を考えているのだろうか。10月5日付の『どこどこ日記』に、「共謀罪、アメリカの留保はなぜ?」に記したように、外務省総合外交政策局人権人道課国際組織犯罪対策室に1週間前にヒアリングを行った。アメリカが留保した理由は分かったが、その留保によって局地的にローカルな州内の「どのような行為(共謀)」が犯罪化されないのか。条約批准時に、留保したことで、枠外にはみ出してしまう州内的な行為類型とは、いったい何なのか。ぜひ、調べていただきたいとお願いしておいた。そろそろ1週間、他ならぬアメリカのことだから、何か調査が進んだのかと思って説明をしてもらいたいと依頼した。すると、意外なことに外務省のホームページに昨日、「米国の留保についての政府の考え方」という文書を提示していたことが分かった。短いものなので全文引用すると、

[米国の留保についての政府の考え方]

 国際組織犯罪防止条約に関し、最近、「米国は一部の州では極めて限定された共謀罪の法制しかないことを理由に留保を付して条約を批准している」との報道が行われています。
 この米国の留保についての政府の考え方は、以下の通りです。

(1)米国は連邦制をとっており、条約締結に当たり、憲法上の連邦と州との間の権限関係と整合性をもたせるとの観点から、留保・宣言を行っています。

(2)米国政府より、本条約で犯罪化が求められている行為について、連邦法によっても州法によっても犯罪とされていない部分はほとんどないという回答を得ています。

(3)このようなことから、米国の留保は本条約の趣旨、目的に反するものではないと理解しています。

これに対し、「重大な犯罪」を限定する旨の留保や「国際性」の要件を付す旨の留保は、「重大な犯罪」の定義を定める条約第2条や、国際性を要件としてはならないと定める条約第34条2の規定に明らかに反するものです。
 これは、上記1.のような、米国が憲法上の連邦と州との間の権限関係と整合性をもたせるとの観点から行った留保とは性格が全く異なります。
 「重大な犯罪」を限定する旨の留保や「国際性」の要件を付す旨の留保を付すことは本条約の趣旨、目的に反するため許されないことは、これまで政府が繰り返し答弁してきたとおりです。

この外務省・政府見解で語られていない点は、1-(2)「米国政府より、本条約で犯罪化が求められている行為について、連邦法によっても州法によっても犯罪とされていない部分はほとんどないという回答を得ています」の中の、「ほとんどない」ということの中身である。「ほとんどない」と「まったくない」は似たような響きがある言葉だが、あえて意味内容を問うてふるいにかけると「ある」と「ない」に分かれる。「ほとんどない」は「少しはある」ということを意味していて、具体的にその「少しはある」が何を指しているものなのかが論点となる。「まったくない」のではあれば、そもそもアメリカ政府が国際組織犯罪防止条約の批准を留保する必要はないのではないか。

アメリカの留保は、条約の趣旨・目的に反しないと断言する一方で、私たち野党が、条約批准にあたって「留保」や「解釈宣言」が出来るはずだと指摘してきたことを踏まえて、「重大な犯罪」や「国際性」についての留保はこの条約の趣旨・目的と異なるから許されないという政府見解を繰り返している。アメリカ国内で、どのような州法の現実があるのか。また、アメリカから届いた「回答」とはいかなるものだったのか。

明日は、月例のネイキッド・ロフトのトーク・ライブでこの点を『共謀罪とは何か』の共著者である海渡雄一弁護士と掘り下げて議論してみたい。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )



« 教育基本法の... 朝の一揺れ、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
10月13日安倍「改憲・共謀罪」政権を批判する 作家・辺見庸講演の集い (ロシア・CIS・チェチェン)
以下のシンポジウムがあります。創出版HPよりのコピーですが、私も発言させてもらいます。ご参加を。なお、沖縄の弾圧では平良さんが釈放されたそうです。ご支援に感謝します。(BORA) 10月13日(金)夜6時20分~ 《シンポジウム》 「おかしいぞ! ...
 
 
 
外務省も戦線復帰!~共謀罪HP合戦 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
いやぁ~、とうとう、外務省が本音を出しはりましたな…。えっ、ああ、共謀罪のことやねん。外務省がHP(←クリック)で、共謀罪を新設して国際組織犯罪防止条約を批准しろやて…。あんたらいったい何者?いう感じやねぇ。  そもそも、外交官いうのんは、日本 ...
 
 
 
「2001.9.11自作自演テロ事件」の時に、どさくさに紛れて爆破解体されたWTC7号棟のビデオ (言の葉の幹を捜す)
*上記の写真は、ロイターが公表しているWTCツインタワービル崩落(爆破解体)時の写真です(コンクリート粉塵の広がりと、鉄骨の飛び散り方に注目)。  今日(2006.9.11)は、この地球上で最も危険なテロ国家アメリカのブッシュ政権の自作自演によって引き起こ ...
 
 
 
法務省の弁解に海渡弁護士が反論/外務省も弁解/自由法曹団など... (ろーやーずくらぶ)
 共謀罪についての法務省の弁解に対し、海渡雄一弁護士が盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会のメルマガで反論されています。  また、外務省も弁解をウェブに掲載しました。   国際組織犯罪防止条約について   米国の留保についての政府の考 ...
 
 
 
戸坂 潤 『日本イデオロギー論』 (岩波文庫青版) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 高校時代,書店で岩波文庫の新刊を漁っていると,不思議な題名の本に出会った。『日本イデオロギー論』? 読み進めると,どうも戦争中に書かれた本らしく,著者は治安維持法違反で45年8月9日に獄死したとある。行きつけの古本屋の親父さんの所へ持って行くと ...
 
 
 
『共謀罪とは何か』 (右近の日々是好日。)
 こんばんは。今日は海渡雄一氏と保坂展人氏の『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット、2006年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。 「はじめに」では、まず、「共謀罪」とは「人の心を縛る刑罰」であることが示されます。  そして、共謀罪がわかり ...
 
 
 
核実験、補選、共謀罪~恐怖の三題噺で、相互理解を阻止しようとする与党にノーを! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
本日、日弁連主催の共謀罪反対集会(←クリック)に参加してきた。共謀罪は今回は審議されないという情報がリークされたためか、これまでのように詰めかけるような熱気はないが、市民ら150人が出席し、本当に一言も聞き漏らさないような熱心さでパネラーらの話 ...