TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




国会前に全国から駆けつけた皆さん。また、それぞれの地で教育基本法改悪反対の声をあげてくれた皆さん。昨日は、悔しい夜でした。参議院本会議は夜遅くなるものと思って激励に行く準備をしていたのですが、6時前には「すべてが終わって 散会」という状態となっていたのです。「問責決議案」をいくら出しても、自民・公明で可決をするから、「総理問責」まではやらなくていい。ものわかりのいい参議院民主党の判断でした。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 26 )




残念ながら、教育基本法は参議院本会議で可決・成立した。何とか成立を阻止しようと社民党は国民新党・共産党とともに消極的だった民主党をつきあげ、昨夜の幹事長・書記局長会談で「安倍内閣不信任案」の提出を決めた。朝、9時に衆議院で提出された内閣不信任案は、全国会を一時凍結した。与党は、4日間の会期延長を決めた。そして、1時から始まった衆議院本会議では、民主党の菅直人代表代行が1時間にわたる趣旨弁明を行い、徹底的に安倍政権を批判した。私も、社民党を代表して賛成討論に立った。11時30分から1時間で原稿を作り、本会議場に入ったので必ずしも十分なものではなかったが、「タウンミーティング」批判に多くの時間を費やした。その間、与党席から野次ひとつ飛ばなかったのが印象的だった。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )




4時45分から1時間15分行われた野党のみの質疑の後で、自民党議員がふたり立ち上がった。中曽根弘文委員長が同時に「……賛成の諸君の起立をお願いします」と言って自民・公明が起立する。野党各党は委員長席に詰め寄って抗議する中、わずか30秒もたたないうちに強行採決された。外には、雨のふりしきる中を大勢の人たちが抗議の声をあげている。福島みずほ党首と辻元清美議員と3人で市民の皆さんの前で報告と抗議をする。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 26 )




NHKテレビが中継している参議院教育基本法特別委員会での質疑が流れている。委員会に先立つ理事会で、与党側から「締め括り総括質疑」を終えて質疑終局・採決の提案がなされた。野党側は、採決出来る環境ではない。昨日の官邸のタウンミーティング最終調査報告書が提出されたばかりで、集中質疑だと反発。委員長が「議場内で協議をしてほしい」と議論を棚上げして議場に入ったという報告があった。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )




台風のため安倍総理が昨日帰国した。参議院教育基本法特別委員会の審議日程を睨んで、会期末の攻防が明日から、一段と激しさを増す。夕刻になって、参議院の教育基本法特別委員会委員の社民党・近藤正道さんが電話をしてきた。同委員会の日程は、本日が参考人質疑、そして明日が公聴会がすでに決定されていた。今日の理事会で与党側は13日の総括質疑と採決を提案してきたが、野党側は拒否。いよいよ大詰めの展開となってきた。その場で「13日に衆議院の教育基本法特別委員会が開催されるという情報がある。確認してほしい」とのことだったので、各方面に確認すると、どうやら13日(水)総理を入れた衆議院教育基本法特別委員会が開催されることが内定したようだ。やがて、明日の10時30分から理事懇談会が開かれるという連絡が国会事務局から来た。沖縄知事選の後で審議復帰する際に与党が約束した「野党のみ3時間の集中質疑」をここで消化しておこうということだろう。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )




「教育基本法改訂に反対する緊急アピールの会」が衆議院の教育基本法特別委員会での大詰めの状況を前に、記者会見したのは11月14日だった。少し時間がたってしまったが、参議院で審議されている教育基本法特別委員会を見守る市民の皆さんに 報告文が寄せられたので紹介することにする。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )




参議院教育基本法特別委員会では、与党側から12月4日公聴会、そして7日委員会採決、8日本会議採決・成立という日程が提案されたと報道されている。衆議院では夕方5時までで打ち切った審議を、参議院では夜6時まで粛々と時間を重ねているので、思いの外早く「70時間」という与党側の予定審議時間に近づいてきている。野党は審議不十分として拒否。いよいよ切迫した状況となっている。社民党では、参議院での教育基本法改悪阻止にむけて、緊急に党本部のある社会文化会館大ホールで集会を開くことにした。教育基本法改悪に反対する市民・労働組合・NGOなど幅広い人々に結集していただき、声を力に変えていきたいと思う。 「教育基本法改訂に反対する緊急アピールの会」が衆議院の教育基本法特別委員会での大詰めの状況を前に、記者会見したのは11月14日だった。少し時間がたってしまったが、参議院で審議されている教育基本法特別委員会を見守る市民の皆さんに 報告文が寄せられたので紹介することにする。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




今日は大阪で開かれた社民党憲法学校(党大阪府連合主催)に日帰りで行って、「教育基本法」と「共謀罪」をめぐる緊迫した国会状況を話してきた。会場からは、「私たちはどうしたらいいのか」と問いかける声が続いて、何とか参議院審議段階で教育基本法の成立を阻止することが出来ないかと多くの人が真剣に感じ始めていると受け止めた。今日はメールでいただいた意見をふたつ紹介することにする。これからも、メール投稿の場合は「投稿・公開可」と書き入れて、匿名か実名かも書き込んでいただければ、政治家の一方的発信のブログではなく、「声と智恵の交差点」となるように場をつくり続けていきたい。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 17 )




連日の質問準備で疲れているせいか、本会議採決は来週という誤情報を掲載してしまった。委員会採決前の夕方の段階で、そういう話もあったが、日森文尋議員に確認をしたところ、河野衆議院議長が明日の本会議を開催することを明言し、野党側に出席を促したという。本会議終了直後、野党4党は抗議集会を衆議院講堂で開催する予定。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )




ついに、教育基本法案を与党が単独採決強行した。ここに怒りをもって抗議したい。私たち野党4党が「質疑終局」「討論・採決」の強引な与党側の提案を蹴って理事会を退席する中、与党の自民・公明のみでの採決である。いじめ自殺が相次ぎ、文部科学大臣に対して10数人の子どもたちから「自殺予告」の手紙が届き、単位未履修問題では2人の校長が自殺して、義務教育段階での未履修問題も発覚。さらにタウンミーティングは「教育基本法改正賛成」の発言を仕込んだだけでなく、 会場から手を挙げて意見を言う「その他の協力者」に02年以降、25回65人に及んでいることを塩崎官房長官が明らかにする始末。加えて、国民新党の糸川正晃議員に対して、「自民党入党をチラつかせながら、教育基本法案に賛成するように働きかけを受けた」という信じられない事態も生じた。行政府の認証官である副大臣が、 法案の採決に反対し、質疑を続行すべしという議員に対して働きかけるということ事態がルール違反だ。こうして、「ガスが充満し、汚れた泡がわきたっているような事態」に苛立って、与党は野党欠席のままの採決を強行した。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )




幅広い呼びかけ賛同人を集めている「教育基本法改定に反対する緊急アピールの会」が、衆議院議員会館で緊急アピールと記者会見を開く。何とか、国会の審議を充実させて、数日間の「採決強行」などがないように大いに声を広げてほしい。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )




今朝は、羽田空港から教育基本法特別委員会の大分地方公聴会に向かった。その 一方で明日、14日に予定されている同委員会の質疑の作成と予告を同時並行で準備している。先週10日の教育改革タウンミーティング(八戸)の応募者全員が会場に入ることが出来たのかどうか。事実をしっかりと答弁してもらうしかない。大分地方公聴会は、午後1時半から3時25分で2時間弱行われた。意見陳述人は、3人で自民・公明・民主の推薦した人たち。社民党としても、「基本法改正に反対」の立場の人を認めてほしいと主張したが、「議席が少ない」とかなわなかった。本日、行われている北海道札幌市の地方公聴会も同様の扱いで、共産党推薦の陳述人は認められていない。南北で6名の人々が意見を述べたが、いずれも「教育基本法改正の必要あり」という立場の政党枠だったことを残念に思う。15日の中央公聴会も同様の扱いとなるようだ。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




永田町の夜はふけて、今夜も遅くなった。今日、4野党幹事長で総理官邸に「麻生太郎外務大臣」の罷免要求をつきつけたが、安倍政権は応じない構え。一方で安保委員会は、委員長が職権で委員会審議をセットしたことに猛然と抗議し、社民・民主で審議をボイコットした。法務委員会は、今日も8時に理事会がセットされていたが、明日午前中で信託法の質疑終局までを与野党合意し、次の審議予定法案が何になるのかを見定めることになった。さて、紛糾している「防衛省」昇格法案をめぐる安保委員会と教育基本法特別委員会の採決をめぐって、夜になって注目すべき動きが出てきた。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )




昨日の教育基本法特別委員会における高橋哲哉さんの意見陳述は、多くの人に耳を傾けてほしい内容だった。「衆議院テレビ」で普段の国会審議はインターネットで見ることが出来るが、地方公聴会はそもそも映像記録されずに後から見ることが出来ない。議事録が後ほど公表されるが、それまでしばら時間がかかるので、高橋哲哉さんの許諾を得て、本日皆さんに読んでいただくことにする。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )




三重県津市、愛知県名古屋市の教育基本法特別委員会の地方公聴会に出張し、夕方東京に帰ってきた。6時前、厳重な警備陣が目立つなと思って議員会館に戻ってきたら、教育基本法・共謀罪・国民投票法などに反対する市民グループがキャンドルを持って集まっていた。衆議院安保委員会では、「防衛省」昇格法案の審議入りを9日・10日と委員長が職権で決めたことに、民主・社民が抗議し退席した。一方、留守中の法務委員会は、信託法の修正・採決をめぐってつい今しがたまで、夜の10時に理事会という変則的な事態になっていて、終盤国会に向けて衆議院の各現場で緊迫感が増してきている。4野党国会対策委員長会談では、核武装論議論容認論を撤回しない麻生太郎外務大臣の罷免要求を幹事長・書記局長レベルで官邸に申し入れることが決まった。注目の教育基本法特別委員会は、明日は参考人質疑を行う。 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 前ページ