TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 都庁の一角に都議会議事堂がある。中庭を歩いていくと、何やら2階に行列が見える。なんと、「マンガ・アニメの世界で『非実在青少年』が登場する性表現を含む作品を対象」とする「青少年健全育成条例」が都議会総務委員会で採決寸前だとして緊急に開かれた集会に集まってきた人々の姿だった。午後2時過ぎから東京都議会2階の会議室で「2010年3月15日東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える」(主催・青少年健全育成条例を考える会 代表・藤本由香里)が開催された。

 会場の椅子はたちまち足りなくなり、立ち見で参加する人がびっしりと詰めかけた。進行役の山口貴士弁護士から「昨年の総選挙で落選したが、この問題で頑張ってくれた保坂さんが会場に来ているので」と突然の紹介があり、何の準備もないままに挨拶。「法律や条例がまったく知られずに議論され、一般の人たちに知られるのは、採決の直前ということは、これまであった。大勢の人たちが今日集まり、表現の現場にいる先生方も声をあげたことで、社会的に問題提起することが力になる。特に、二次元創作物(マンガ・アニメ)にかかわる規制については、国会での「児童ポルノ禁止法」の論議でも「対象外」としている事柄。国会の議論は棚上げして東京都が条例で突っ走るのはおかしい」と発言した。

 里中満智子さん(マンガ家)は、「これだけたくさんの人が集まってくれて嬉しい。かつて「有害図書問題」などがあった。マンガは叩かれやすいのか、何かにつけて叩かれてきました。個々の作者は、覚悟をもって書いています。どの場合も「子どものために、青少年の健全育成のために」というと、世論がつくられてしまうが、「非実在青少年」という概念に違和感を覚える」

「かつて、わが国において「思想・信条の自由」が規制された時代があった。その結果、どんな時代にあったのか、考えてみなければならない。こういうことを言うのは、私の自由であり、覚悟です」

「東京には、ほとんどの出版社がある。だから、条例は、一地方の問題ではありません。かつて『太陽の季節』を書いた人が石原慎太郎さんです。この規制の対象から小説が外れているのは何だろうと思ってしまう。あの行儀の悪い、過激な小説が、当時の若者にどれだけ影響を与えたことか」と発言した。

竹宮惠子さん(マンガ家・京都精華大学漫画学部学部長)
さそうあきらさん(マンガ家・京都精華大学準教授)
斉藤なずなさん(マンガ家・京都精華大学準教授)
おがわさとしさん(マンガ家・京都精華大学講師)

と京都精華大学の人々の発言が続いた。

永井豪さん(マンガ家・文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員)は、次のように話した。
 
「この条例があったら、『ハレンチ学園』が世に出ることはなかった。所持しているだけでもダメというので、危険な法案だと感じる。日本のマンガ・・アニメが発展したのは、規制が少なくて自由にかけるということが大きい。隣の韓国では、早い時期に規制が出来上がったことで、発展が遅れてしまった」

呉智英さん(日本マンガ学会会長)は、

「この話を聞いて危険な兆候だと思った。論点はふたつ。法律論としては、行政や司法が「一般の社会」に介入していいかどうか。国や行政が、いい作品について多くの人に推薦したり、奨励することはあっていい。だが、「これは書くな」「出すことはまかりならない」ということは警戒をしなければならない」

「文明論、文化論。これまでの社会で、「これはいけない、あれはいけない」ということを決めて、社会は成立している。ところが、文化や芸術の分野には、「暗いもの」や「ネガティブ」なものもある。だからダメということにはならない」と語った。

 以上は、話を聞きながらのメモなので、発言の要旨を私なりにまとめたものです。おそらく、主催者によって正確な発言内容が記録されると思うので、間違っていたら御指摘下さい。十分にまとめていないが、明日の『ニコニコ生放送』ではしっかり問題点を指摘していきたい。

 主催者の藤本由香里さんは、熱く語った。

「私も初めて『非実在青少年』と聞いた時に、本気にしなかった。どうせネタじゃないかと思っていた。ところが、半信半疑で調べてみると、どうも18日には都議会で通るらしいということが分かってきた。先日、宮台真司さんに会って話したら「これ、都議会で通りますよ」と言われた。このままの状況なら、採決され可決してしまうということだとわかった。私の知り合いの新聞記者にも聞いたが、知っている人はひとりだけ。ほとんどの人は知らなかった」

「私たちは表現の自由がなかった『戦前の社会』を知っている。世界の中で、表現の自由が脅かされるとどんな社会になっていくのかを日本人は一番知っているはず。「悪い感情を抱き止める力」がマンガにはある。表現規制が厳しい韓国では、10代の性犯罪がダントツに多い。次にアメリカ、そして日本は少ない。規制が強化された国ほど、実際の性犯罪が増えるということもある」

 残念ながら、ここで退席しなければならなくなってしまった。大きな力に成長し、都議会の議論を動かしていくことを期待したい。まとまって紹介している記事を見つけたので、リンクをしておく。

→「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 17 )



« 「参議院選挙比例... 「都青少年条例・... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
希望を語らず絶望を煽る大マスコミ〜Caccyo通信100313 (父さんの日記)
かっちょ様のCaccyo通信100313です。今回は、日本再建への抵抗勢力の中でも、国民に対し「国家転覆への洗脳」を担当するマスコミについて書かれています。果敢に売国勢力とマスコミ批判を続ける日刊ゲンダイの記事を引用し、未だ洗脳状態にある国民へ「真実を見つめよう」...
 
 
 
リアル図書館戦争(85)緊急告知 (年刊食堂)
昨日出てきた集会レポとか、世間の皆が「消失」見てる中で見てきた「イヴの時間」最高
 
 
 
「イラク戦争なんだったの」検証シンポジウム(東京・御茶ノ水、03-21) (喜八ログ)
2010年03月21日(日)、東京・御茶ノ水で行なわれる『「イラク戦争 何だったの !?」開戦から7年 検証シンポジウム』のお知らせです。
 
 
 
日本の性犯罪はあまりに多く、ただ隠蔽されているだけです。 (「あなたは悪くない」別館)
「日本は性犯罪が少ない」と思われている方々へ。 少ないどころか、あまりに多く、そしていろいろな事情で隠されているということを、どうか知ってください。 性犯罪が少ない、という根拠として、警察の認知件数を見ていらっしゃることと思います。 ですが、警察は基本的...
 
 
 
架空創作表現規制禁止の法制化を求める署名について。 (Convallaria)
標記の件。 企画者:今川 裕樹 提出先:自由民主党・民主党・公明党・日本共産党・
 
 
 
火曜日 朝日新聞世論調査 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年3月16日 火曜日 朝日新聞世論調査 入院中に色々な新聞を読みあさったが、現在の民主党は、小沢氏の古い政治体制に振り回され、昔の自民党とおなじ政治体質としか映ってこなかった。 世論調査も其れが顕著に現れている気がする。                ...
 
 
 
大不況の元凶は小泉首相と竹中金融担当相が実施した「ドル買い」が原因 (杉並からの情報発信です)
大手マスコミは意図的に報道していませんが、さる2月9日の衆議院予算委員会で民主党の小泉俊明議員が【日本経済をこれほどまでに落ち込ませたのは「小泉・竹中構造改革」である】と「小泉・竹中構造改革」を痛烈に批判する論陣を16分にわたって繰り広げました。これは...
 
 
 
リアル図書館戦争(86)都条例反対集会に参加してきた (年刊食堂)
15日の都条例反対集会に参加してきた。 レポ上げようと思ってたけど、 壺さんのレ
 
 
 
第855回 東京都青少年育成条例改正に反対! (あまくさ人のひとりごち)
「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感 - ITmedia News 「非実在青少年」。 変な言葉があるもんだ。 要するに漫画やアニメやゲームに出てくる、18歳未満の少年少女。 非実在青少年がこれらのメディアの中で、エッチなこと...
 
 
 
朝日新聞、「キャラ性描写 規制の網」と都条例問題を大きく取り上げる (フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版)
朝日新聞が2010年3月16日付の朝刊第2面で、都条例によるマンガ等の性描写規制案の問題について大きく取り上げました。(記事詳細については、朝日新聞を取っていない人は、今すぐコンビニで買うか、図書館等でご確認下さい。) 記事そのものは「両論併記」という形を取っ...
 
 
 
都条例継続審議 最悪の事態は回避し、ここからが本番 (北へ。の国から)
何だか、アクセスカウンターが見たこともない値を示してます。普段の五倍以上、児ポ法改正論議の時の二倍くらい。騒ぎが起きる度に、以前の騒ぎで注目していた層に加え、新規で上方に接した人が入って来ると言うことですかね。この注目(うちのページではなく、表現規制問...
 
 
 
非実在青少年 規制と背後の闇の深さ (contemporary navigation)
非実在青少年の描写が違法??またまたとんでもない法律が!のつづきです。 わりと近くにスゴいアート系洋書屋があるのですが、一般的に解放されているのか疑問なので、(大学や研究機関に卸している)紹介しませんが、そこに遊びに行くと、よく店主夫妻が、『人間の...
 
 
 
塩森恵子 『純情娘 ガテン系』 (集英社・「you」 連載中) その14 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 今日は塩森恵子さんの「純情娘 ガテン系」の第14回目です.一級建築士になったばかりの 28歳の 藤家佑馬 は振り袖を着た黒沢工務店の棟梁の 黒沢塔子 と初詣デートして以来,ひそかに塔子を女性扱いし始めている.そして,塔子も高校時代から「孤独な」佑馬の姿に憧...
 
 
 
非実在青少年? (夕暮菜日記)
『非実在青少年』という言葉をご存知だろうか? どっかのマニアックな幻想文学に登場する造語、などではない。 「東京都青少年の健全な育成に関する条例」(青少年育成条例)改正案に登場する言葉なのだ。 この条例、『アニメ・漫画に登場する18歳未満のキャラクターは「...
 
 
 
一気に広めよう、小泉・竹中構造改革(売国政治)の総括 (父さんの日記)
※大変申し訳ございません。本稿にあるリンクの一部が反映されない不具合が生じております。回復できるまではしばらくご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。政権交代すれば小泉・竹中一派による売国政治の総括がなされるものと、国民は期待していた。し...
 
 
 
非実在青少年規制に関して (自部屋)
言うまでもなく、創作物における猥褻なものの被害者なるものは存在しない。存在するのは単なる保守的な人の、感情的な嫌悪感・不快感だけである。もし誰かしらに実害があるならば、それはそれとして取り締まればいいだけの事である。しかし創作物に何か猥褻とされる描写が...
 
 
 
「アングラ」も大切 (フレモンの「フレーズ」研究ブログ〜口癖・諺・言い回し・ちょっとした一言・良く言われる言葉)
ブログネタ:アンパンマンも世界一!“世界にも出せる!”日本のマンガは? 参加中 本文はここから 観察 「アングラ」と言うのか、「アンダーグラウンド」、 この部分が大きな裾野を持っていると思う。 アニメの殿堂と言