TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




内閣府の「やらせ質問FAX問題」が表面化してから、教育基本法特別委員会に対して、事実関係の詳細を調査中ということになっていた。今朝、内閣府からこの問題についての経過報告がなされた。(なお本文中に「資料」とあるものは、別綴じのもので、ここでは添付していない。後で精査して、問題点を改めて紹介していきたい) 時間的な経過のあらすじメモだが、どのように「官庁」による世論操作が行われているか興味深い。これ事態、教育基本法現行10条による「不当な支配」に該当することは言わずもがな、だ。また、内閣府は「今後、このようなことが2度とないようにしたい」と陳謝した。さらに委員会で真相を追及することも必要だ。


ヽ詰

平成18年11月7日
内閣府

教育改革タウンミーティングに関する調査結果

1、調査体制―内閣府において、官房長の指揮の下、タウンミーティング担当室が調査を実施。

2.調査結果―「教育改革タウンミーティング イン八戸」(平成18年9月2日開催について(別添)

3.それ以前の「教育タウンミーティング」に関する調査について

  現在調査中であり、できるだけ早く取りまとめ、近々に調査結果をお示ししたい。

経過メモ

「教育改革 タウンミーティング イン 八戸」に関する調査結果

6月  文部科学省から、「教育改革」タウンミーティングを八戸市で開催したいと内閣府に依頼。

7月上旬 この依頼を受け、内閣府タウンミーティング担当室は開催地を八戸に決定し、文部科学省に、公表資料の開催趣旨文の作成を依頼。

7月下旬 内閣府より、青森県教育庁及び八戸市教育委員会にタウンミーティングの開催概要について連絡。

8月1日(火)「教育改革 タウンミーティング イン
八戸」の開催を公表。(記者クラブでの資料配布、内閣府ホームページに掲載、ちらし・ポスターを県・市に送付・・・資料1、2)

8月10日(木)及び11日(金)
内閣府が、八戸市教育委員会(10日)及び青森県教育庁〈11日〉を訪問し、タウンミーティングの広報、参加者への呼びかけを依頼。
 同時に、対話のきっかけとなるような意見を述べてくれる人を探して欲しいと依頼。
―その際、テーマの趣旨に対して賛成・反対を問わないこと、発言は強制しない旨を説明(資料3)。

8月22日(火)八戸市教育委員会が、把握できた発言希望者及び発言趣旨を内閣府に送付。
 内閣府は、この発言趣旨を、参考として文部科学省に提供。
 文部科学省から、議論の活発化のために教育基本法の改正についての議論があったほうがよいということから、質問項目案を作成すると内閣府に連絡。

8月24日(木)文部科学省からの連絡を踏まえ、内閣府は、八戸市教育委員会に発言者の追加を依頼。

8月30日(水)文部科学省から、内閣府に質問項目案を送付。
 これを踏まえ、内閣府は、八戸市教育委員会に送付。(資料4)
 八戸市教育委員会は、県教育庁にも、これを送付。
 県教育庁より送付を受けた県三八教育事務所が、管轄の学校のうち、タウンミーティングに参加予定者の多い学校に、資料4△里茲Δ憤娶を持つ発言候補者がいないか打診し、質問項目案を同校長に送付。(送付した資料は同事務所には保存されていないが、石井郁子議員配布資料のとおり。・・・資料5)

8月31日(木)県教育庁及び八戸市教育委員会から3名の発言候補者について内閣府に連絡があり、内閣府より、発言についての留意点等について市教育委員会、県教育庁に連絡。
―連絡した留意点
・できるだけ趣旨を踏まえて
・自分の考えを自分の言葉で
・棒読みにならないように
・意見発表を依頼されたということは言わないように

9月1日(金)県教育庁が中学校長宛に注意事項を連絡。(資料6:県より取得)
 また、八戸市教育委員会も、発言候補者に注意事項を連絡。

9月2日(土)タウンミーティング開催
 タウンミーティングでは、計10名が会場内において発言。
 質問項目案に関する発言候補者2名が発言。
 また、残りの一名については、当日の参加は確認できず。(資料7)



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« 教育基本法、最終... 地方公聴会から帰... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
教育改革タウンミーティング:内閣府が「八百長」「やらせ」を認めた (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
☆内閣府、政府寄り発言の依頼認める 教育ミーティング(朝日新聞) http://www.asahi.com/edu/news/TKY200611070223.html http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1258.html 内閣府は青森県教育庁と八戸市教委を通じて3人に依頼し、うち2人が会場で発言し ...
 
 
 
それが国家百年の教育のやり方か (goo-needs' blog)
■ 「やらせ」のタウンミーティング  9月に青森県で行われた「教育改革タウンミーティング」において、政府は参加者に対し、教育基本法改定案に「賛成」の立場で質問するよう依頼する「やらせ」を仕組んでいたことが明らかになりました。  内閣府、青森県教育 ...
 
 
 
教育基本法改定案の問題点と審議の行方 (goo-needs' blog)
 10月25日、衆議院で教育基本法改定案の審議が再開されました。  私はあらためて、この法案の問題点の一部をご紹介し、私たちの子どもたち・孫たち、そしてまだ生まれていない子どもたちに、今の政府・与党が一体何をさせようとしているのかを考えてみたいと ...
 
 
 
安倍政権が描く「良い先生」 (goo-needs' blog)
■ 下村副長官の否定  文部科学省の諮問機関である中央教育審議会(中教審)は、教員の資質向上のため、教員免許に10年の有効期間を定め、その期間満了までに講習を受けない場合は失効させるという制度を答申として出しています。自動車の運転免許に近い制度と ...
 
 
 
タウン・ミーティングの「やらせ」の本質って? (地球の隅っこ屋さん)
小泉さんからやっているタウン・ミーティング。 直接市民の声を聞くのだ! と、はりきって始まって、期待もしておりました。 が・・・・ ふたを開ければ 逆でした。 タウン・ミーティングってのは、 市民の意見を聞く場所ではなくて、 市民に、お上の意見を洗脳 ...
 
 
 
「教育改革」で自滅する日本の教育 (ロシア・CIS・チェチェン)
中曽根式「教育改革」で、現在の「学力低下」と「教育荒廃」がもたらされた。もちろん本来、他の要因や社会的背景まで考慮せねばならないが、それでも最大の要因はここにある。なぜなら、必修科目を減らし選択科目を増やし「柔軟」にしただけでなく、教科内=科目 ...
 
 
 
「ポチの家」ドレイ (喜八ログ)
「雑記帳:首相そっくりの土鈴(毎日新聞より転載)」 「ドレイ」は「土鈴」です。 思わず大笑いしました。 日本もまだまだ捨てたものではありません。 でも可愛いドレイですね(笑)。 私(喜八)もひとつ欲しくなりました。...
 
 
 
[政治] 教育基本法−−現行法と政府改正案の比較 (日録(不定期))
 教育基本法に関する論議の中で、表題のような話は、もちろん国会では行なわれているのだろうと思う(国会会議録で確認してはいないが)。しかし、私自身はあまり目にしたことがない。或いはインターネット上ではどこかで既に行なわれているのかもしれないが、そ ...
 
 
 
政府が会議で「やらせ」 (たにも on the web)
国民を洗脳するためのタウンミーティングだったのか。 国民の声を吸い上げるためのタウンミーティングじゃあなかったのか。 「誤解を与えるようなことをしてしまった」と釈明したらしいが、どこが誤解なのだろうか。 発言が全くないときのための起爆剤として ...
 
 
 
やらせ質問 (若年寄りの日常)
<やらせ質問>青森以外の4会場でも 教育改革ミーティング※別府も含むhttp://www.townstream.go.jp/meta/051217/digest.asxオレはやらせじゃないけど、オレの前後に喋ったAPU生の誰かがやらせだね(・∀・)www