Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

幸せと不幸せの作用・反作用Action-Reaction of happiness and unhappiness

2020年02月14日 23時52分54秒 | 心理学習

幸せと不幸せはコインの表裏のように

一体で二面が対になって働くものだ。

Happiness and unhappiness are working together

as a pair like a coin has head and tail.

なのに、人は幸せだけを欲しがって

不幸せを病原菌のように毛嫌う。

But people desire happiness only

and prejudiced unhappy like a virus.

 

心理学を専攻していた学生だった時に

社会心理学の教授が『幸せは何か』を研究していた。

When I was a student majoring in psychology,

a professor who was charged social psychology

studying what happiness was.

私も幸せが一体全体何で

なぜに全ての人が幸せを欲しがるのかが疑問だったから

ワキワキしながらその先生の授業を聞いていた。

I was also wondered why everyone wanted to have happiness

and what it is at all, so I took his classes while being excited.

また、授業の前には

一番前の席を確保するために廊下を早足で歩いて

誰よりも早く教室に着いて準備態勢を整えていた。

Moreover, before class,

I walked fast in the corridor to secure the front seats,

and always arrived in the classroom faster than anyone else

to be prepared well for his lecture.

 

しかし、何十年が経った今になって

その先生の幸せ研究に関した授業で

何が分かったのかを思い出そうにも

『これだ』というような肝要な教えは残っていない。

But now, decades later to remind what I precisely learned

from his class about his happiness research

but there is left lesser in my mind such as "This is it" 

だが、その教授の授業で

今でも記憶に朧気に残っているのは

幸せの尺度を計る数値表だった。

But what was still vaguely remained in my mind for his classes

is the numerical scheme sheet that criteria of happiness.

 

その幸せ尺度表は縦横グラフで

横軸に自分にとって意味が深いエピソードとか

生きてきた人生の中でイベントのような大きな出来ことの種類を

自由に決めて記すようになっていた。

The criteria of happiness sheet were a vertical and horizontal graph,

and the horizontal axis allows me to freely define episodes,

happenings and events that meaningful to me in my lived life

and could note them in the blanks.

縦軸には1から100までの数値が書かれてあったから

自らが人生のイベントだと思える出来事に対して

点数を付けられるようになっていた。

The vertical axis had numbers from 1 to 100

so, I could mark the score points down for those happenings

that regarded as my life events.

 

またその数値を付けられる横軸は

半分で区切られていて上部がプラスの数値

下部がマイナスの数値を選べるようになっていた。

Besides, the horizontal axis,

which was for marking numerical values, was divided in half

so that in the upper part can select a positive value

and in the lower part was for a negative value.

 

例えば、大学試験に合格したのが大きなイベントになった場合

その時の幸せ感を1から100までの数値の中で

決めて印すようになっていた。

For example, if passing a collage exam became a big event for the one,

the happiness at that time could be noted

from 1 to 100 with converted numerical values.

また、あることが自分にとって不幸せで

大きなマイナスになった場合

それをゼロからの下の1から100までの数値で

印せるようになっていた。

Also, if some happenings were regarded as unhappy

and became big minus for the one,

they could be marked from 1 to 100 at the below zero.

 

その質問紙に答える前は

幸せや不幸など言葉で表せないし

数値で計れるものでない個人の感情にすぎないと思っていた。

Before I marked for the questionnaire,

I thought that happiness or unhappiness is unable to verbalize

nor measured numerically scored

so those were merely personal emotions.

だが、その質問紙に私にとって大きなイベントであった、

日本に留学を始めた時や日本語能力試験1級を取った時

大学試験に合格した時などを書いて

その時の気持ちを100までの数値で計ろうとした時に

感情は数値で代弁できていることに驚いてしまった。

However, while I was answering for the questionnaire

and tried to convert into numerical values

among the numbers from 1 to 100 for the emotions I had,

it made me surprised

because emotions can be represented by converted numbers

for those big events in my life,

such as the time I started studying abroad in Japan,

the time I took the JLPT 1 grade,

the moment I passed the university exam, etc.

 

増して、書いて示してみることによって

それぞれの単一的なイベントが

人生の長いスーパンから視ると

お互いが前後でつながって

因果関係を成していたのが図に表れていた。

Additionally, while I was marking down and noting,

I could view my life events from the perspective with a long life span,

each event happened singularity

but they were all linked with backward and forward each other

and it became cause-result on the figure.  

 

また、最高に幸せだったイベントも

時間の経過と共に数値が下がって

日常の当たり前のように変化していたことに気づけた。

I also could aware that the happiest event changed

into ordinary by time passing

and the value has dropped.

 

その幸せ尺度表は書いてから課題として提出したのだが

何十年経った今でも記憶に残っていることは

自分の感情を人生の長いスーパンの中で数値に換算し

それらをグラフ化して

その体験で客観的な視点を得られたことである。

The happiness criteria were submitted as an assignment,

but what still remained in my memory even decades later,

I could convert my emotion into a numerical value

with the view of a long life span,

then made them into graphics

and the experience allowed me to have objective perspectives.

以後、私に起こった幸せや不幸せに対して

それほど心を躍らせないようになった。

Since then, I became not to be puppet danced

against happiness or unhappiness that ever happened to me.

 

以下は、私が思う幸せの作用とその反作用のまとめである。

The following are the summary of thought about

the effect of happiness and its reactions.

 

①これ以上幸せになれないと思えるような絶好調の瞬間も

   時間の流れと共に薄れていく。

The happiest moment thought as it could not be happier,

it goes fade by passage of time.

 

②死んだ方がマシだと思えるくらい辛く

   悲しいことも時間の共に薄れていく。

The saddest moment of suffering that makes feel rather die than take them,

it goes fade by time passing.

 

③多くの幸せは不幸や不幸せだったことが基盤になっている。

Most of the happiness basis on once it has been being unhappy or unfortunate.

 

④不幸せの出発点は幸せの延長線上に引いてある。

The starting point of unhappiness is drawn on the extension line of happiness.

 

⑤時間の経過に感情の流れを委ねて身を引いてみれば

   感情の嵐に吹かれて飛んでいくことはなくなる。

If you leave yourself in the flow of emotions over time passage,

you will not be blown away by the emotional storm.

 

⑥幸せになることに強欲になって

幸せの尻を追っているとその道は不幸せに繋がっていることに気づく。

When you become greedy to be happy and chasing the tail of happiness,

you will soon realize that the path leads to being unhappy.

 

⑦不幸せになった自分を悲しんでいると

その道が幸せへの入り口であることを見逃す。

If you feel sad for yourself being unhappy,

you will leave out the path you are at is the gateway to be happy.

 

⑧幸せになることも不幸せになることも

人生の中で予め設定されているから

私達はその道を歩んでいく。

To be happy, to be unhappy,

they are designed in predeterminable ways in life 

and we walk in the path.

 

⑨過ぎてきた道のりに幸せがあっても

不幸せだけがあっても

こころをある瞬間に置き去りにしてはいけない。

Even if there was happiness in the path you have passed

or there was unhappiness only,

you should not leave your mind at a certain moment.

 

⑩何があろうと前を向いて

幸せだろうが、不幸せだろうが

真っ正面で受けていくのみ。

No matter what happens,

look forward even though when happy or unhappy,

just move on and take whatsoever right in front.

 

 

 

 

 

 

 

Comments (16)

Tranquility of ballet・Fluidity of Zen・Center of dynamicsバレエの静けさ・禅の流動・力動の中心

2020年02月04日 05時53分45秒 | 坐禅
バレエの力動的な動作と静的な禅の瞑想は
体系構造上の核心が同質だと思う。
I think the dynamic movement of ballet and the static meditation of Zen
have homogeneity at the core in the systematic structures.
 
見ている人に感動を与えるバレエダンサーの踊りには
確固たる静けさがあって、ブレが無い。
The dance of a ballet dancer that be able to touch the audience’s mind
has firm tranquility and no blurring.
 
何十年も禅の修行を重ねた修行僧の坐りにも
下半身から根が張っているような安定感があって、ブレが無い。
The Zen sitting form of a trainee monk
who has been trained for decades
it has stability like rooted from his bottom and no blurring.
 
その静かな坐り像には
人間でありながら
岩や樹木のように自然と全く同化した一体性がある。
His static form of sitting, despite being a human,
has a unity that completely assimilated with nature
like rocks or trees.
 
 
今年の5月で、カントンにある今のバレエスクールに
通い始めてから丸一年になる。
It will be a year this May since I started to take lessons
at my ballet school in Canton.
 
自分が定めた訓練メニューを地道にやってきて
最近やっと体の重さの分配や均衡の配分ができるようになった。
I have been practicing steadily my own training menu,
I have finally been able to allocate
my weight and portion out the balance.
 
今まで自らに課した課題は、
体のコアを鍛えることであったから
細分化した筋肉トレーニングと
余分な脂肪の燃焼運動に自修訓練の焦点をおいてきた。
To train my body core for my task done,
I have been focusing on subdivided muscle pieces of training
and fat burning exercises for useless body fats
as my self-study programs.
 
ところが、自分のレベルに合わせて
いくら段階的な練習を行っても
足裏の筋力がまだ発達していないため
足裏で体重を支えることができず
体の重さを受け止められなくなり
体の中心が崩れてしまう現状であった。
However, no matter how much I practiced
in accordance with my current level,
my body has not been supported my own weight
on the sole of foot due to not yet developed enough
the legs and foot muscles,
so the center balance of my body often collapsed.
 
中心が軟弱で崩れがちだと
動きがぎこちなく不安定で
迷いや自信の無さが動作に表れる。
My center balance is easy to collapse,
and they come along with unstable steps
or an unconfident mindset on the clumsy movements I made.
 
また、覚えきれていない難しいステップは
適当に誤魔化し流したので、
授業が終わると自分の狡さに恥じらいだけが残った。
Moreover, I cheated on the difficult steps
that I couldn’t carry out and allowed them to drift
so after class, I felt ashamed of my cunning.
 
そのような自分の軟弱性があっても
挫けず、諦めずで
中心をしっかり立て直す練習をしていたら
この前の授業で突然のように
今までふらついた中心がしっかり定まってきて
一瞬ではあったが完全に安定した動作ができた。
Although with such gutless, wishy-washy
I neither beaten up nor given it up,
I kept trying to build up the center balance,
then suddenly while I was taking lessons at the last class,
the center balance that has been tottering
was firmly stabilized and
I could make stable form ever even though it was an instant.
 
その瞬間、今までの迷いや自信の無さが
嘘のように消えていくような感じがした。
At that moment, I felt like the puzzlement or unconfident
is about to vanish like a lie.
 
ガタガタ振れていた動線がピッタリと立って
静線になったようであった。
It seemed that the shivered rattling move lines
were stood up precisely and became static lines.
 
床の上に垂直に立っているありがたさに
心が満たされた。
My mind was filled with appreciation
of being standing vertically on the floor.
 
床に反発できる足の筋力が付き始めた感覚があった。
There was a feeling that the sole muscle strength of my feet
that push against the floor had begun to develop.
 
恐らくその瞬間は1秒も満たない刹那だったはずだが
バレエの核心を垣間見られたような錯覚があった。
Probably that moment was a fraction of a second,
but it was like I could see the perceptual illusion of a glimpse
into the core of ballet.
 
その瞬間、やっとバレエのスタート時点に立った感じがした。
At the very moment,
I felt like finally stood at the start point of doing ballet.
 
 
 
以前、仕事のストレスで悩みが絶えず
心から聞こえる声も煩くていたたまれなくなり
瞑想(坐禅)を6時間くらい一気に続けた時があった。
In the past time, I was troubled with work-related stress constantly,
and the voice from my mind was irritating me and lousy,
so I went on mediation (zazen) for about 6 hours at one go-off.
 
そんなに長時間坐り続けたのに
ある時点で不思議にも足のしびれる痛みが
鈍感になった瞬間があった。
Although such long hours sitting,
strangely there was a moment that
the painful numbness on my legs became insensitive.
 
足は痺れているのに意識がその痛みに向いていなく
意識があるのに無いような感覚であった。
My legs were getting numb
but my conscience was not toward pain,
and it was like there was no conscious
where there was the conscious.
 
自分が瞑想(坐禅)をしている行為を
別の私が観察しているような二等分された感覚ではなく
坐禅をやっている私が無くなって
行為に一致された感覚であった。
It was not bisected sense which is like
another of “I” was observing
the behave of doing “my” meditation (zazen)
but it was like a sense that
the “I” who was doing meditation was gone
and the “I “was being unified with the behaved.
 
自分を自分だと思うには
他人からの観察視点で自分を捉えなくてはならない。
To percept of yourself,
you have to apprehend yourself
from the observation of the perspective of others.
 
意識の始まりには
意識を見ている観察者としての外からの視点がある。
At the beginning of consciousness,
there would be an observer who sees the consciousness
from the outer perspective.
 
その存在としての本来備わっている意識と
意識を観察する思考が
別々な動きをするとそこに揺れやブレが生じる。
The two of consciousness that already inherent as the existence
and the observative consideration to be conscious,
if the two driving separately, there will be instability or blurring.
 
それらの観察によって相好作用する意識が
行き場や行き先に迷うと心の流れが淀み始める。
Those conscious that work in harmony by observation
if it loses destination or where to go
then the flow of mind begins to stagnate.
 
泥水のように淀み、濁ってくる。
It stagnates like mud and it becomes muddy.
 
そんな混沌な淀みに
じっと静寂な時間を与えると
重い泥が下に沈んでいけるようになる。
Giving such a chaotic muddy a quiet time for a while,
it allows heavy mud to sink below.
 
泥が完全に下に沈むと水と泥が分離され
水が澄んでいく。
When the mud sinks completely,
water and mud are separated,
and water gets be clearer.
 
泥は下に沈む天性に従い自然の一部になる。
Mud becomes part of nature
as it obeys the natural way of sinking below.
 
高いところから低いところに流れる水の天性に従い
水は流れ出すようになる。
Water gets flow as it obeys the natural way of the flow
from high to low.
 
バレエの動作一つ一つには完璧なほど静けさがある。
Every ballet movements have tranquility almost perfection.
 
その静かな動作一つ一つが空間の中で動線を描く。
Each of those quiet movements draws a moving line in the space.
 
それらが力動な舞になって、人の心に脈を打つ。
They become dynamic dance and pulse into people’s hearts.
 
坐禅の動作も一つの坐る動作に過去、未来が現在の一点に集まる。
Each sitting movement when doing zazen meditation,
the past the future converges to a single point at the present.
 
心の動線を一点に集めた時に完璧な静寂が持てる。
When taking one point among in the movement lines,
be able to have a perfect quietism.
 
その力動的な静点が人の心に脈を打つのである。
Such a dynamic static point pulsates the human mind. 
 
 
 
 
 
 
 
Comments (20)

通訳者への道のりMy itinerary to become an interpreter

2020年01月09日 10時52分23秒 | 日記

このブログは通訳者になるための土台で畑でもある。

This blog is for my groundwork and a field of my specialty

to become an interpreter.

2年半前に通訳者になろうと決めてから、

毎日実力をつけるための演習をしている。

Since I decided to become an interpreter two and a half years ago,

I have been practicing every day to improve my capability.


だが、やればやるほどもっと練習したくなり、

通訳を本業にできるまでの実力は永遠に持てない気になる。

However, the more I do it, the more I desire to practice,

and it has let me feel that I will never be capable of skillful

to be an interpreter as my future job.


練習や演習を只管するのは気楽で、

なんの危機感も無ければ、

戦う対象も無知だけなのでストレスが無い。

It is easy for me to do practice or my own ways of practicum

but there neither sense of crisis nor stress

because the target to fight is merely illiterate of mine.


安楽だが、人との約束を遂行できないでいる後ろめたさが心をチクチク刺す。

It is also carefree for me

but the incapability of carrying out promises with others

became qualms and it pierces my mind.


しかし、毎日チクチク刺されるとそれに慣れてしまい、

痛みに鈍感になる。

But if the stabbing pricks every day,

it makes insensitive to pain and gets used to it.


鈍感になるとそれに気楽に耐えるようになるから、

さらに怠けてしまう。

Once became insensible

it makes endure with easy, so lazier to become.


その生ぬるい鈍感の温度に慣れると、

刺激など必要なくなって

更に安楽な練習の悪循環にはまってしまう。

When getting used to the tepid temperature of the insensible,

the stimulus is not invited any more and

gets into a vicious cycle of practicing with no care.


つまり、私は堕落しているのだ。

In short, I am being degradation.


けれど、一旦、堕落し始めると

最低点まで落ちてみない限り、

自分が落ちてきたのかどうかが分からない。

However, once the depravity began

there is no clue whether you degraded or not

unless you fall to the lowest bottom.


とにかく、加速しているから

底辺に加速しているのか、

平面で加速しているかが分からない。

Anyway, when the accelerating is ongoing,

it is not clear where the accelerating towards

the bottom or on the plat.


なぜなら、何かに向かっている時は、

遠くで光る灯りだけが頼りで周りは暗黒だからだ。

Because when you are heading somewhere,

you can rely on a light only

which shines in the distance and

finding yourself surrounded in the dark.


堕落は楽だ。

Degradation is easy.


向上はきつい。

Rising is tough.


平面は安心感が持てる。

Plat makes feel security.


少なくても、私はまだ向上していない。

At least, I haven’t raised yet.


なぜなら、私の演習はきつくないからだ。

Because the practicing I have been doing is not tough.


私はまだ底辺に到達していない。

I have not yet reached the bottom.


だけど、もうすぐ着くと分かってきた。

But I became to sense I will be soon there.


空気抵抗が薄くなって、

もう随分落ちてきたからそろそろなのかなと…

The air resistance has become reduced and

I have been falling for a while

so I guess it would about the time…






Comments (17)

理想の背面・現実の後ろ側The extrados of ideal and rear of reality

2020年01月06日 12時46分25秒 | 心理学習

理想と現実は反対語だろうか、或いは類似語だろうか。

Are ideal and reality are antonym or synonym?


理想は人によって全て異なるのだが、

現実は誰にでも同じく与えられている。

The ideal is quite different from person to person,

but the reality is given equally to everyone.


理想は美しく例えられるがちだが、

現実は厳しく、惨い容赦のない状態を指す時が多い。

The ideal tend to be illustrated beautifully,

but the reality is harsh

and often refers to a state of misery without mercy.


理想は未来のどこかで微笑みながら待っているように見えるが、

現実は今、ここで、人の首を絞めている。

The ideal seems to be waiting somewhere in the future with smiling,

but the reality wrings people’s necks right now in this place.


理想は運が良ければ手に取れそうだが、

現実はその運が自分には来ないことを確認させてくれる。

The ideal seems to get easier if lucky enough,

but the reality will make sure that luck does not come to you.


理想は持ていないことへの憧れだが、

現実は持てたくないことを持っていることを認識させてくれる。

The ideal is a hungriness for things that you can’t possess,

but the reality makes us percept that

we have what we don’t want to possess.


理想は持つには自由だが、

現実は意志に関係なく持たせる。

The ideal is free to have,

but the reality forces us to have irrelevantly against the will.


理想は望ましい状態であるが、

現実は避けたい状態である。

The ideal is a desirable state,

but the reality is the state that you want to avoid.


理想には自分に良いことしか無いのだが、

現実には他人の良いことが自分の悪いことになる。

In the ideal state, there is nothing but good for you,

but in reality, things that good for others have become bad for you.


理想を追って現実を見逃す、

これが真の現実…

Pursuit ideals make fail to notice for what the reality is, 

that is the very true reality…





 

Comments (16)

信頼、不信そのルーツThe root of trust, distrust

2019年12月27日 09時00分02秒 | 心理学習

人格を決める根本的な種があるなら、

それは選択傾向であるだろう。

If there is a fundamental source that determines personality,

it will be a tendency of what to choose.

他人と自分を区別する根本的な違いは『何を選ぶか』かも知れない。

The fundamental difference that distingue self and others,

it may be “choose what”


動物にはその選択肢が自然の法則に基づき、

パータン化されているから、個性性が限られている。

Animals personalities are limited

because their choosing options are based on

the laws of nature and it is patterned.

人間は持って生まれた遺伝子情報、

置かれた環境が限られていても

それぞれ違う選択をしていく。

Each of human does different choose

even though with their given genetic information

and environmental states are limited.


ある人を信頼できるということは、

その人が選択することを信じられることと直結する。

Being able to trust someone is directly related

to a person’s belief in choosing.

逆にある人がある人を信じられないと感じる背景には、

その人が何を選ぶか分からない場合が多いだろう。

On the other hand, the background

where a person feels untrusty to one,

there are many cases to be found about

uncertain of what they would choose.


また、ある人を良い人だと判断する背景には、

その人が悪いことをしないと分かっていることに根拠づいているが、

悪い人だと感じる場合は

悪いことを平気で選ぶ人だと分かる場合いが多いかも知れない。

Also, the background of judging

whether someone is a good person or not,

it is based on the apprehending that

the good person never does a bad thing

but for the bad person would choose bad things without hesitating.


気品を感じさせる人に共通的に多く持っている特徴として

行いに裏腹が無いような感じを放つ人が多い。

People who have refinement,

their characteristic attitudes giving off feeling that

there is no behavioral reverse in common.

言っていることとしている行いが他でも変わりがなく、

一貫した態度があると見ている人はその人を良い人だと感じる。

People feel someone is a good person

when they find the one who has a uniformed attitude

and there is no difference between the one’s telling and doing.


だが、下品さを放つ人は、

言っていることにどこか無理強いがあって、

考え尽くされた打算的な行いをしている場合が多い。

However, someone who gives off vulgarity,

they looked impel by somewhat

and behaves mercenary which calculated as much as they get merit.

そのような下品な人は

自分がどのように見えたいかを考えに考えて、

良い人に共通する望ましい態度を演技し、

聞こえの良い話しをする。

Such vulgar people, they think much about

how they are seen as they desired

and act in a desirable manner

which borrowed by good people’s attitude samples,

telling sweet pieces of stuff to be heard.


その見せかけに騙される人は、

自分が信じたいことだけを信じる愚かな人が多い。

People who are fooled by the above kind,

mostly they are unwise because they believe in

only what they wanted to believe.

そんな愚かさの根本には、

都合に良い話に現を抜かされ、

簡単な方法で楽になりたがる性格傾向の持つことが多く見られる。

At the root of such foolishness,

they would be hooked by convenience

and their personalities tend to take easy in an easier way.



私が一番嫌いなことばに“私を信じて”というセリフがある。

One of the words I hate the most is the sheriff of “trust me”

その言葉には人の人格、自由意志、自由選択権を侵す暴力性がある。

In the word, it has violence that intrudes on one’s personality,

free will and assault the right to choose.


人が人を信じるには、

その人が今までに良い行いをしてきたとの確かさが必要である。

To believe in someone,

it requires a certainty that the one has been behaving well.

また、その確かさは強いられた感情選択肢からでなく、

自由に何となくそのように感じたような

理屈の無さが必要不可欠でもある。

Also, the certainty is not only from emotionally forced to feel,

but also need to be freed for feeling without reasonable baking up.


なので、人を信じる、信じないことの背景には

その人が何を選択するかに対する確かな信頼感覚が根源にある。

Therefore, at the bottom of trusting or untrusting,

there is a certain reliable sense of what the person would choose.

本当に信頼をおける人は、

もはや人から信じてもらう必要さえなく、

自らの選択肢に迷いさえ無い人かもしれない。

The meaning of a truly trusted person

is indicating someone who no longer needs to be trusted by others

and may not be confused at all what to choose.


信頼できる人は当たり前のように正しく選択し、

選択したことを最後まで全うする。

A person who can reliable

the one chose right like as it should be

and execute to be done for it.



日々を木々に囲まれて生きて、

TV画面の中でしか人波を観ることができない私にとっては,

いい人はどんな人か、悪い人はどんな人かなどの見方も

思案の一つでしかない。

For me, who spends daily life surrounded by trees

and only can watch waves of people on the TV screen,

so judging what kind of person is good or bad is just one of my considering.


だが、たまに言い出したことを結論で結ぶことや

根拠をしっかり示す説得力が煩わしく感じてくる時は、

想ったことを思い浮かんだままに書いてみるのも

思案のストレッチ運動になるのやらどうやら…

However, when I come to feel a nuisance

things for those making conclusions for what I started to write

or convincing with the logical ground,

maybe just write whatever as came up to my thoughts,

it will be good for my brain exercise to stretch…


補足:写真は先週の土曜、くるみ割りバレエを観にボストンに行った時撮ったものです。

   記事と関係ないのですが...

Comments (33)

ブログ友・コメンテーターからの支えSupported by blog friends and commentators

2019年12月24日 12時47分23秒 | 人間関係

2019年12月24日現在、

ブログ開設から1194日が経ちました。

As of December 24,2019

1194 days have passed since I started writing this blog.

ここまで継続できたのは

ブログを読んでくださった方々と

コメントを書いて下さった方々との支えがあったからです。

So far somehow, I have been able to manage my blog

because there have been supporting from blog friends

who always visit this page and

commentators who gave me encouragement.


ブログを開く度に、訪問して下さったブログ友の足跡があると

私が空気のような存在ではないことが実感できました。

Every time when I open my blog,

there always have been footprints from blog friends and

it made me feel that my existence is not like the air.

更にコメントからは巨視的な見方、

総括的な解釈などを幅広く学ぶことができました。

In addition, I was able to learn some macroscopic viewpoints

and comprehensive interpretations from the comments.


アメリカに住み始めて数年が経ちますが、

人との関り方が変わって未だにアメリカ的な人間関係に慣れずにいます。

A few years passed since I started to live in the United States,

and the way interact with people has changed

but still, I am not able to adjust to having American style human relationships.

会う人が限られた生活の中で

ブログからの間接的な人との関りは私にとって大きな力になりました。

While I have been having such limited encountering with people,

even though I engaged indirectly with people in the blogs

was a big energy source for me.


時々私は自分がもう死んでいるような感じがする時もありますが、

ブログを通して私を覚えて下さっている方々がいると、

私はまだ生きていると分かってくるのです。

Sometimes I feel like I’m already dead,

but throughout blogs,

I found that there are people who still remember me,

and it makes me realize I’m not yet dead.


今年でやっと年による体の不調や変わった生活環境に適応することができたので、

来年は大幅遅れている目標の達成に向けて頑張れるような気がします。

In this year I finally managed to adapt for a changed lifestyle

and the physical bad condition caused by aging,

so from next year, I feel like I will be able to work hard to achieve my goals

those are far behind than I planned.

ここまでブログ友、コメンテーターの方々に大いにお世話になりましてありがたく、

また来年もよろしくお願いします。

I sincerely appreciated my blog friends and commentators

who I have been relying on so far,

I wish you visit me again next year too.


補足:この写真は先週の土曜、ボストンバレエのくるみ割り人形を観に行った時に撮りました。


 


Comments (11)

A box of time時間の箱

2019年12月16日 10時25分45秒 | 生き方

真空空間に時間は存在できるのだろうか。

I wonder what in the vacuum space, can time exist?


場の量子論によれば、力は必ず素粒子を伴うので、

力の場がある限り素粒子が全く存在しない真空状態は考えられないという。

According to the quantum field theory,

force always involves elementary particles,

so as long as there is a force field,

it can not be considered that

there is no vacuum state with nothing of particles.

よって、真空は負エネルギーが満ちた電子状態であるようだ。

So, the vacuum space seems to be an electronic state

full of negative energy.


仏語での真空とは、

あらゆる存在の個別的な特徴を完全に乗り越えた状態を指すようだ。

In Buddhism terminology,

the true empty space(the void) in the mind

seems to refer to a state that

completely overcame the individual peculiarity of all beings.

つまり、我とか実体に対しての究極に理解した状態でもあり、

その状態を真空妙有というらしい。

In other words, it is a state of ultimate understanding

to ego or an entity and calls it “peculiar void”

また、一切の迷いによって見られる相を離れている真如の理性を意味するようだ。

Also, it seems to mean the mentality of the obsolete reality

that is apart from aspects that are seen by any kind of ambivalence.


時間概念は人類によって定かになった感覚である。

The concept of time is a sense which has definite by mankind.

4次元の時空間もそれを感覚する対象が無ければ、只の次元にすぎない。

Even 4th-dimensional spacetime will be just one of the dimensions

if there is no object to sense it.


宇宙に人類がなければ、

宇宙を宇宙であるとみなす対象がないから、

宇宙は物質の固まりでしかないだろう。

If there is no mankind in-universe,

there will be no object to regard the universe as it is,

so the universe will only be a mass of substances.


人類が発生された以前から宇宙は既に発生されていた。

The universe had already been generated

far before mankind started to be being.

人類は発生されてきたから、

いつかはその成り行きで消滅される定めを有する。

Since mankind has been generated,

it has a course that will eventually disappear someday.


人類が消滅されたら、宇宙が存在してもしなくなっても、

存在の現象としてみなす主な対象が無いため存在の意味を失う。

When mankind is extinguished

the existence will be meaningless

whether the universe exists or not,

due to there is no main object to be equivalent

to the phenomenon of existence.


時間はアインシュタインが言ったように完璧に相対的だ。

Time is perfectly relative, as Einstein said.

私個人の一年の時間感覚も他人の感覚に比較して相対的である。

My personal sense of time for a year

also relative to compare with other's sensory.


一年間、季節は4回変化する。

Throughout one year, the season changes four times.

春になると種から花が咲き、

その花は一定のあいだ、自らの個性的な色を太陽の光に対し反射をする。

When spring comes flowers blossom from the seeds,

and the flowers reflect their own peculiar colors

against solar light for a certain period of time.


地球の軸が自転によって傾くと、

太陽からの熱エネルギーが届きにくくなり、温度が下がる。

When the earth’s axis tilts due to its rotation,

the heat energy from the sun becomes difficult to reach

so that the temperature gets down.

花が必要とする太陽エネルギー熱が下がると花は散る。

A flower scattered when the solar heat energy fell down

that the flower was in need to blossom.


花や木々は生まれて与えられた時間を生き、

臨床期が来るとその生きた時間は消える。

Flowers and trees live during their given time,

and when the clinical time comes

their lifetime will disappear.

人類の命もその花や木々がある期間を生きたように、

人類の命を生きては消えるだろう。

Just like flowers and trees lived their lives for a period,

the life of mankind would come and go.


一年という時間の箱の中には、その中にいる

人の数だけ違う時間概念がある。

In the box which one-year time in it,

there are different time concepts

as many as the numbers of people in the box.


速く渦巻く時間もあれば、

渦巻きの真ん中のように

時間が停滞したかのように感じられる空間もある。

There is a sample of time that swirls fast,

and they're also space makes feel like the time has stagnated

in the middle of the swirling.

速い渦巻きを見ている渦巻きの外側では

時間がゆっくりすぎているように感じるだろうが、

箱の中の時間は一定である。

Watching a fast swirling from the outside of the spinning,

it would make feel time passes slowly

but the time in the box is constant.

それが特殊相対性の性質かもしれない。

That may be the special theory of relativity.


私個人の一年、それが相対的に短ったか長かったかは

それを眺めている他人にとっては意味がない。

In my case of one-year,

whether it was relatively short or long,

it doesn’t mean for others who are looking at it.

私が見ている他人の時間の渦巻きが

どれほど早かったかどうかも私は絶対に体験できない。

As the way it is,

I never get experienced other’s speed of swirling

which was I looked at it.

 

それぞれの与えられた一定の時間を生き、

それぞれ違う感覚を選択し、

ある程度決まった個人の命を生きる、

それが人類の定めであり本質であろう。

Live in the constant time zone

that is given to each of us,

each of us chooses the different sense of time,

and live an individual life for a certain period,

those may be the destiny for mankind and the principle.

 

Comments (14)

The intensity of self-awareness自意識の強弱

2019年11月05日 14時03分13秒 | 住まい関連

自分に対する自意識は

住んでいる地域や接する人間関係によって影響されるようだ。

One’s self-awareness seems to be influenced by the place

where they live and how much interacted with people.

住まいが変わって、私の自意識の度合いも大部変わってきた。

As my address changed

my self-awareness also has changed a lot.

自分を他人と区別して、

その関係の中で自他をどう意識するかを自意識だとすると、

囲まれた他人の密度によって

自意識の度合いも相関すると言える。

If set a definition self-awareness is the distinction of me and others

and how to consider it in the relationship,

then the self-awareness intensity also correlated with the density of people.

 

私が住んでいる北グランビ―の人口密度は

2.6平方キロメートルあたり(640エイカー)176人で

コネチカット州の平均より73%低い。

The town North Granby where I live

the population density is 176 people per square mile

which is 73% lower than the Connecticut average.

すぐ隣の家も結構離れていて、

未だにまともな挨拶もしていない。

The house next door is pretty far away,

and I haven’t given a decent greeting yet.

一番近いコンビニエンスストアまで車で10分はかかるので、

人に接する機会が非常に限られている。

Even the closest convenience store takes 10 minutes by car,

so the frequency of meeting people is very limited.


私が夫以外に定期的に話すのは、

通っているバレエクラスのみで、

そこでも私は口数が非常に少ない。

Except for my husband,

I regularly speak with people only at my ballet classes

but even there I speak very few.

だからか、『自分の流儀に拘る』ことも

『我が道をいく』ようなことも希薄になってきた。

That’s why things like

“Stick with my style”

or “Going my way” has become sparse.


韓国や日本に住んでいた時は、

家を出ると必ず誰かの人に会って、

仕事の100%は人と関わることであった。

When I lived in South Korea and Japan,

I always encountered someone as soon as I left home,

and works were always related to people 100%.

目に見える人が多ければ多いほど、

他人でない自分が明確になっていく。

The more people I see,

the clearer I will become

which the “I “is not others.


接する他人の数が自分を自分だとより強く定めてくれる。

The numbers of encountering with others

it makes identify the one more clearly.

その人口密度の濃さが自意識の色をより鮮明にしてくれた気がする。

It was like the population density

made my self-awareness colored more vividly.

接しなければならない人が多いと

トラブルも比例して多くなる。

As many people as there and have to come in contact,

the numbers of relationship troubles also increase proportionally.

一つのトラブルを解決する前にまた新たなトラブルが生じるから、

一々それに対応していくことは難しい。

It is difficult to deal with relationship troubles one by one

because newer trouble comes in before sorting it out.


人間関係のトラブルは解消するよりは

『無視する』か忘れようとする』かによって

関係の中で並行される場合が多い。

Most of the troubles easy to get paralleled in the ongoing relationships

by “Ignoring” or “Trying to forget” rather than resolving.

私も人との関係でトラブルになった場合は、

相手からの無視か、相手がその問題から離れていった感じだったので

それが逆にありがたかった。

In my cases I had, when I got into trouble with a person,

I ironically appreciated when the person ignored me,

or the person has got away from me.


今になって人間関係に悩まれた時の痛みを考えると、

その問題にそれほど気を向けなくてもよかったような気がする。

Think back those days,

the painful memory of relationship with someone,

it might have been better if I didn’t pay attention to it.


悩んでも悔やんでも憎んでも解決しない問題なら、

きっぱり手から離した方がよっぽど良い。

Things will be much better

if it keeps away from one’s hands

when the problem cannot be solved

such as by worried, regretted or hated.

だが、私もその放し方の術が解らず、

自らが作った心的苦痛で自らをさらに痛めた。

But I made surfer myself even more with my mental pain

due to the ignorance of how to release.


もし私が過去に戻って、

苦しんでいる私に会えることができるなら、

If I can go back to the past and meet myself who was suffering,

I would advise that:

“人間関係の問題解決だけが単一の解決策でない”

“Solve the relationship problem is not the sole solution”

“悩む時間があるなら人間をよりよく理解するための勉強をしろ”

“If you have time to worry, study to better understand humans”

“他人も自分に忙しく、その問題に一々覚えていない”

“Others are also busy with their own,

 so they don’t care about your problem as much as you do”

“一つの問題が解決されてもまた新たな問題が生じる”

“Even though one problem solved,

 there will come a new one.

“問題を意識しなければ、それが問題でなくなる”

“If I don’t pay attention to the problem,

 it is no longer to be the problem”

“坐禅をして忙しい気分を休ませる”などアドバイスをしたい。

“By doing Zen-meditation to let the busy mood relaxed”



苦しむ記憶も時間の経過と共に薄れて消えていく。

How much suffered from the painful memory

it eventually fades away with time.

消えていけるように自らの気持ちと離す、

それこそが私ができなかった術だったことを

全てが消えてしまった今になって学習するのもアイロニーか。

Ironically, at last, I became to able to let the problem be gone

and now can handle how to separate my feeling from it,

when all the problems have gone.

 

人との問題も起こる可能性が希薄な環境に住み始めてから、

自意識もつられて希薄になってくると

面白いことにその問題やらも懐かしくなってくる。

Since I started to live in an environment

where relationship problem happens lesser,

what comes to interesting is

I somehow miss those problems

as my self-awareness also became sparser.


季節が変われば自然環境も変わるように

人間関係も季節のように移り変わる。

When the season changes the nature also changes

like it does a human relationship also changes.  

寒い時もあれば、熱すぎる時もある。

There is time to be cold, time to be too hot.


寒い時に熱くなることを願わず、

熱い時に寒くなることを願わなければ

季節変化が問題になることはない。

if neither implores to be hot when it should be cold,

nor to implore to be cold when it must be hot,

then the seasonal changing will never be a problem.

季節が移っていく気流に乗って、

ただそれを眺め、

その気の流れの中に身を置くだけのことだから。

Ride on the airflow of seasonal changing,

prospect it and just putting the body

in the flow of energy…



補足など

①写真は今日の午後、部屋の玄関の前に広がる風景を撮ったものです。

②平方メートルと平方キロメートルの表記ミスがあったのを指摘されたので直ちに訂正しました。

 (田植えのサラリーマンさん、ありがとうございます)


Comments (31)

Resist to aging体の老化に立ち向かう

2019年10月04日 14時59分20秒 | Anti-aging

私が30代だった時、隣に住んでいた人から

40代になると加齢が下り坂になるよと言われた。

When I was in my 30s,

the woman who lived next door told me that

when I get into 40s the aging speed would go downhill.

彼女が予言した通り、確かに40代になった時に、

加齢の速度は下り坂を滑り落ちる感じで加速していた。

As she predicted, pretty surely the speed of aging

was accelerated like it was slipping down on the downhill.

50代に入り、その下り坂の傾度が一層高くなって、

年を取っている過程が目に見えるようになった。

I have got into the 50s, the slope of the downhill

became even higher and

I was able to see my aging processing.


自分が自分であると判断する外見が毎日変わっていき、

若かった時の自分自身のイメージが

色褪せている写真のようになっていくのを見ると気分的に落ち込んだ。

The appearance that can identify to judge

as I was changing every day, and I felt upset

when I was looking at my younger image

was fading out like a sepia-colored picture.

それでからか鏡も見たくなくなり、

外見に気を使わなくなった。

Thereupon, I neither wanted to look into a mirror

nor care about my outlook anymore.

自分の写真も撮らなくなり、

外に出るのも気分が乗らなくなった。

I have become not to take pictures of me and moreover 

didn’t feel right about going out.


そのような外側に対して閉じていく過程は、

結果的に加齢の相乗効果をもたらしてしまった。

Such process of shut off toward the out world,

it brought up a synergistic effect on my aging.

今年の春頃はその加齢による副作用が悪循環になって、

生まれて以来の身体的に最悪の状態にまで悪化してしまった。

Around this spring, the side effect of aging

became a vicious circle

which was counted as the worst physical condition in my entire life.

生きるのもどうでもなくなって、

悪い習慣も直そうとせず、全て年のせいにしていた。

Life became like a trivial matter and

I didn’t try to fix my bad habits,

from the top of those, I blame aging for all the problems.


そのような悪循環の連鎖が切れる兆しが見えてきたのは、

なんとバレエを再び始めた時からだった。

But it was when I restarted learning ballet

that I could see the indication

which can cut off the vicious circle of the chain.


バレエの教室はとにかく、鏡が多い。

Anyway, the ballet school’s classroom has many mirrors.

見たくない自分を見ないで済むことはできなくなっている。

In the classroom, there is no way of not to see me

which is unwilling to see.

通い始めた頃はできるだけ鏡が無いところに立って

極力自分を見ないようにした。

Around when I was a newcomer at the ballet school,

I tried to stand at the place

where there was no mirror as much as possible

so that I didn’t have to see myself.


同じクラスメートの中で私が一番太かった事実が、逆に面白かった。

Ironically the fact was kind of funny that

I was fatty among my classmates.

なぜなら、40代までどこの集団でも

私が一番痩せていることに慣れていたからだった。

Because I was used to be as skinny

in any of the groups until my 40s.


送り迎えをしてくれる夫が、

クラスが終わって教室から出てくる私を見て、

“おお、バレリーナ”と肯定的に言ってくれると、

“なにぃ?バレリーナ?ピグリーナだよ、ピグ”

と言って自爆的に笑ってた。

My husband who always charges pick up and drop off me

he was saying positively that

“Oh! The ballerina” when he saw me getting out of the ballet school.

Heard that I replied “What the hell? A ballerina? I’m the Pigrina, a pig”

and I laughed like a self-destroyer.

また、クラスが終わって帰り道に

“今日の授業はどうだった?”と聞くと

“私が一番できないワーストだったよ”と事実中心に答えてた。

Also, when the class was over and he asked me on the way back,

“How was today’s class?”

I answered base on the fact that

“I was the worst in the class”


しかし、全てが最悪になったようで、

もうそれ以上悪く成れないと気が付いた瞬間、

この悪循環から抜け出すか、

或いは加齢の流れに乗って自然に年を取っていくか、

いずれの選択をしなければならないことにやっと気がまわってきた。

However, everything seemed to be gone worse,

and at the moment when I realized that

I would not get any worse than ever,

it also made me finally conceive

which way I have to choose

between the getaway from the vicious circle

or getting older naturally along with the flow of the aging process.


老いの流れに逆らうことはできるだろうか。

Can I go against the flow of aging?

もし、できるならどうすればいいのだろうか。

How can I do it, if it is possible?

この老いの速度を遅くすることはできるのだろうか。

Can the speed of aging slow down?

それらができるなら、老いの悪循環の連鎖反応が切れるだろうか。

If it can be, the chain reaction of the vicious circle be broken?


そのような疑問に答えを出すには仮定を試すしかない。

To get the answer to those questions is to try out assumptions.

やって試すしか他の解決策が無いと思った。

I thought there was no other solution but to go for it.

以下は私が実践した加齢に立ち向かった武勇伝に似たリストである。

The following are lists similar to a heroic story

that I confronted with aging and actually have done.


加齢への戦術、其の基礎知識

Tactics to aging, its basial knowledge.

①加齢がどのように進んでいるかを知る

1. Cognize how aging is processing.

②加齢の現象が大きく現れている身体の部位を確かめる

2. Checking out the body parts where the aging phenomenon appears greatly.

③隠れて見えない内臓系の加齢を知る

3. Get to know the internal organ aging which hidden and invisible.

④努力によって改善できる身体部位と改善できない部位を見分ける

4. Distinguish body parts whether can be improved

    or cannot be improved by effort.

⑤骨格の歪曲による部類を知る

5. Aware of the type of skeletal distortions.

⑥筋肉の退化による部位を知る

6. Learn the site of muscle degenerated.

⑦脂肪の固まりか、脂肪の減少によるのかを知る

7. Conscious fat types where is bundled or lack of it.

⑧自分の体に最適な水分の比率を知る

8. Find out the optimal water ratio for the body.

⑨新陳代謝を上げる方法を知る

9. Learn how to increase metabolism.

⑩体の解毒力を上げる方法を知る

10. Learn how to increase the capability of body detoxification.

上記の大まかな10項目に対して客観的に観察する。

Observe objectively above ten lists categorized briefly.


加齢への戦術、その実践

Tactics for aging, its executions

①野菜類(ミネラル系)、タンパク質中心の食事制限をする

(多彩な色の野菜を食べる)

1. Restrict dietary intaking vegetables (mineral kinds), protein-based foods.

   (eat vegetables which have various colors)

②毎日、風呂に入る

 (風呂に入る前に乾いた髪にブラッシングをする)

2. Take a bath every day.

    (brushing dry hair before taking a bath)

③鏡を見る時は、清潔感があるか無いかの判断のみにする

 (美醜の判断をしない、問題を見つけない)

3. When looking at the mirror, judge only whether have a cleanness or not.

   (do not judge beauty or ugly, do not find a problem)

④歪んでいる骨格を矯正できるストレッチをする

 (正しい姿勢を保つための努力をする)

4. Stretch to correct the distorted skeleton.

   (do an effort to maintain the correct posture)

⑤普段使っていない筋肉を使う

 (身体の後ろの筋肉、横の筋肉など)

5. Use muscles that don’t use on a daily bases.

   (backsides of body muscles, side muscles.)

⑥自分の眼に見えていない身体部位の筋肉を強化する

 (背中の筋肉、お尻の筋肉、首の後ろ、肩の後ろ、足のハムストリングスなど)

6. Strengthen the muscles where it can't see to your eyes.

  (back muscles, buttocks muscles, the backside of neck, back side of shoulders, leg hamstrings)

⑦仕事や運動を汗が出るまで本気でやる

 (すべきことに集中する)

7. Work on business or exercise seriously until getting sweat.

   (concentrate on what should do)

⑧無駄な悩みをしない

 (悩んでも解決できないなら、きっぱりやめる)

8. Do not distress for worthless.

   (if the distress cannot be solved then cut it out)

⑨携帯やパソコン画面より木、空、水のような自然をより長く眺めるようにする

 (観葉植物を部屋に置く、窓を開けて空を眺めるなど)

9. Looking at nature such as trees, sky, water longer than

    gazing on mobile phones or computer screens.

   (put some green plants in the room, open the window and looking sky)

⑩顔面の筋肉を動かす

 (顔の筋肉を上向きにさせるように工夫する)

10. Try to use facial muscles.

  (devise facial muscles to lift up)


夏の終わりまで上記の10の項目の実践に全気力を向けた。

I have put all energies into the above ten lists

to complete until this summer.

今、秋になってやっと自分の努力の成果が見え始めたのである。

At last, now the season changed to fall,

there the result began to visualize as my efforts.

以下は自覚できる実りである。

The following are perceived outputs.


①自分の平均体重に戻った

1. I got back my average weight.

②日に焼けた黒ずみが消え始めた

2. The dark spots caused by sunburn are getting disappear.

③傷の治りが良くなった

3. The healing of a scar has been improved.

④肩凝りが無くなった

4. The stiffen shoulders got better.

⑤消化不良による胃痛が減った

5. Reduced stomach pains due to indigestion.

⑥睡眠障害が改善した

6. Sleep disorder improved.

⑦体が軽くなって家事が楽になった

7. My body feels lighter, so housework got easier.

⑧肌の状態が良くなった

8. My skin condition got better.

⑨バレエ稽古の時、振り付けを覚えるようになった

9. During ballet practicing, I began to memorize the variations.

⑩体の学習能力が向上した

10. Physical learning ability has improved.


やっと、加齢の悪循環に溺れなくなった。

At last, I became able to swim from drowning

in the sea of a vicious circle of aging.

加齢は気にしてもしなくてもいずれは人間誰しも経験する。

Regardless of whether concerned or not,

any human being will eventually experience the aging process.


しかし、それに溺れて沈むか、

諦めず浮き上がるかは自らが自ずと下す決断力である。

However, the decision making of sunken and drowned

or trying to float up without giving up is

the determination on the self by the self.


浮き上がると決断したら、

自ら浮き上がっていられるように、

努力しなければならない。

Once decided to float up,

you have to do the effort to stay on it.


努力を始めたら、100%で闘争をする。

Once started to do an effort, fight for 100%.


自分の楽に打ち勝った時、純粋な楽が得られるのある。

When defeat self-comfort, the pure comport will come.



Comments (6)

Resetting of the body身体のリセット

2019年09月10日 15時46分02秒 | ダイエット

体の新陳代謝機能はリセットできる。

Human body’s metabolic function can be reset.

何故なら、個人事例であるが、

自らに実験してみてリセットが効くと検証したからだ。

Because it has experimented as my own case for myself

to prove if resetting works on me.


今年の春頃まで、私は着実に体重を増やしてきて、

肥満の範囲に入る手前までいった。

Until this spring,

my weight has been steadily heavier,

and I was almost got into obesity.

肥満に入る範囲まで1キロ足らずの状態だった。

It was just less than 2.2 pond to reach

in the range of obesity.

その数値を見た時は、信じられず、

まるで他人ことのようで、

どうしたらいいか何も考えられない心境だった。

When I looked at the numbers,

I couldn’t believe it

and it seemed like someone else’s result

so that I couldn’t think of what to do.

生まれて初めて、私も肥満になれると確認した瞬間であった。

It was the first time since I was born,

I could confirm that I also can be obese.


以前の私は気を抜くと痩せてしまう体質だったから、

食べたくない時も仕事のように食べたりした。

Previously I was easily becoming skinny

when I didn’t care about dietary,

so I had to eat like work

even when I didn’t want to eat.

自分は絶対に肥満に成れないと思ったので

ダイエットの必要を全く感じなかった。

I never felt necessary of diet

because I was pretty sure that

I would not become obese.


だからか、健康検診以外には体重を計ったこともなく、

腹が減るから食べる程度で、

食に拘ることも全く無かった。

For that reason,

I didn’t measure my weight often other than a health check-up,

so I did not stick to foods

and ate only when I was hungry.

それだったのに、いつの間にか肥満の寸前までいって

風船のように膨らんでしまったのである。

Despite that,

I have got closed to the point of obesity

and inflated like a balloon.


それでも危機意識は無かったのだが、

2回目の血液検査でコレステロール値が非常に高くなって、

医者から『運動するように』『夜食をしないように』と

警告を受けるはめになってしまった。

Even though I was not conscious of the crisis

but when I took the second cholesterol blood test

the number was higher than the first result,

and I was warned by my doctor

“to do exercises” and “not to eat before sleep”.  


人から食習慣や運動を勧められるのは屈辱である。

It was a humiliation for me to take recommends

from others such as eating habits or exercising.

自分の身体の状態に対して他人から勧告を受けることは、

張本人が自力で望ましい健康状態を維持できないと見えたからだ。

The reason for receiving advice

from others about my physical condition was

because I might be seen as the one who

can’t maintain the desired healthy condition by myself.


言い換えれば、

他人が私の体に対してアドバイスをしてくれることは、

私の健康状態維持に問題があると他人が判断したからであろう。

In other words, taking advice from others

about my physical condition

maybe it because someone else determined that

there was a problem maintaining my health.


私の体の状態に他人の判断基準が入って、

私にある正当な状態になることを強いる。

There comes someone’s diagnostic criterion into my brain,

and I am being forced to have a proper condition.

それが屈辱で自分が恥ずかしく思えた。

That was a shame and made me feel embarrassed.

結局、体重は増える一方で、

体が重くなり、動きも鈍くなったので

ダイエットをしなければならなくなった。

Eventually, as my weight heavier my body

also became heavy and the movement was dull as well,

so I had to go on a diet.


以下は、そのダイエットの原因とその過程、

得られた結果を簡単にまとめたリストである。

The following lists have briefly summarized

the diet of what was the causes,

its progress, and the obtained result.


体重が増える理由として、

The causes of gaining weight are,

①エネルギー源の炭水化物や糖分が分解し切れず、

  余った分量が体に蓄積される

Carbohydrate and sugar contents as energy sources

were not able to decompose completely

and the excess amount storages in the body.

②内臓の脂肪が増える

Increasing visceral fat.

③新陳代謝機能が落ちる

Decreasing metabolic function.

④血管に脂肪が付き、血液循環がドロドロになっている

Putting fat on blood vessels,

the blood circulation gets muddy.

⑤リンパ球の働きが鈍くなる

The lymphocytes become dull.

⑥入力エネルギー値が出力エネルギー値より少ない

The value of input energy is lesser than output energy.

⑦脳の脂肪分解命令システムが狂う

The commend system of lipolysis from brain

gets out of control.

⑧ミネラル摂水が少ない

Intaking mineral gets lesser.

⑨食べたい食べ物だけ食べる

Eat the food which wants to eat only.

⑩体に毒素が増えたから

Increased toxins in the body.



体重を減らすためのリセット方法

How to reset to lose weight.

①食べたいものより体が必要とするものを食べる

Eat what the body needs than what want to eat.

②タンパク質30%、脂質30%、炭水化物15%、

その他ミネラル系(野菜類やビタミンなど)

25%の割合の食事制限をする

Dietary restriction of 30% protein,

lipid 30%, carbohydrate 15%,

and other minerals (such as vegetables, vitamins) 25%.

③夜食をしない、寝る5時間前には食べない

Not to eat a late-night snack,

not to eat 5 hours before going to bed.

④砂糖類を徹底して制限する

Thoroughly restrict sugar contents.

⑤リンパ節(体の部位を曲げたり動かす部位)をよくマッサージする

Massage the lymph nodes well (parts of the body that bend or move)

⑥普段使っていない身体部位を動かす(例:背中、両サイドの筋肉など)

Move body parts that usually don’t use (ex: back, muscles on both sides)

⑦筋肉運動よりストレッチをして筋肉の緊張や固まりをほぐす

Rather than muscle exercise does stretch to lose tension and mass of fat.

⑧シャワーよりお風呂に入り、

脂肪が燃えやすい温度にさせる

Rather than taking a shower,

take a bath to set body temperate that fat can easily be burnt.

⑨一日一回、息が切れるほど体を動かす

Once per day moves the body until getting out of breath.

⑩水分を十分に摂る

Drink enough water.


上記に書いたリストは私のケースであるから特殊ではあるが、

生物学的立場からみて一般のケースと大して差は無いかも知れない。

Above lists came from my personal case

so can be individual but they might not be much different

from a biological standpoint.


ところで、無理な食事制限をしてダイエットをすると

以下の問題点が起こりえる。

By the way, the following problems can occur

when doing unreasonable dieting

with too much dietary restriction.

①食欲を制御することで逆に食べることに執着が生じる

By controlling appetite,

it can cause obsessing with eating.

②空腹感がストレスになる

The hungry feeling can turn into stress.

③食べたい食品を見ると余計な葛藤が起こる

When looking at desired foods

it can cause confliction of eating or not.

④生活のパターンが急に変わることにより心身的な負担になる

A sudden changing of daily life patterns,

it can be a burden on physical and mental.

⑤絶対的に必要な栄養素の摂取に乱れが生じる

Disturbance intaking nutrients that the body absolutely needs.

⑥水分の栄養素結合、排毒機能が円滑に行われなくなる

Binding of nutrients with water

and the detoxification functions are not going to perform smoothly.

⑦栄養分制限により皮膚が乾燥する

Become dry skin due to limitation of nutrients.

⑧栄養源不足で老化が早まる

Aging speeds up due to lack of nutrition sources.

⑨疲れやすくなる

Easily get tired.

⑩一時的には体重が落ちても必ずリバウンドする

Even lost weight temporarily rebound for sure.



本来、人間の身体は生きるように設計されていて、

体を動かすことで命を寿命まで維持できるようになっている。

Originally, the human body is designed to live

and keep maintaining until the natural duration of life ends

by moving body.  

その円滑な生き方を維持するためには、

座るより立ち、

立つより歩き、

歩くより走るようにすると

体は本来の生命維持機能ボタンを

オンにセットできるようになる。

In order to carry out life smoothly,

by doing such stand rather than sitting,

walking rather than stand,

running rather than walk,

these activities can switch on the button to live functionally.


体の機能が異常に働いていると

脳は異常であることを異常な症状でサインを送る。

When body functioning abnormality

the brain sends sign with abnormal symptoms

to let the body know it is not normal.  


その異常のサインを正しく読み、

異常が起こった状態をリセットすることによって、

体は本来の機能を取り戻せるのある。

By reading those abnormal signs correctly

and reset the condition which caused abnormality,

the body can regain its original functions.


Comments (3)

Reading what is pain苦痛が何かを読む

2019年08月22日 14時57分21秒 | 身体症状

年を取ってみると精神的な苦痛は減り、

肉体的な苦痛が増えたような気がする。

As I get older, I feel like mental pain has decreased

but physical pain increased.

私は苦痛に耐える耐久力が強い方だと思っていたが、

50代に入ってからはそれに自信が無くなった。

I thought that I have strong durability for enduring pain

but since I got into the fifties, I lost confidence for it.


その年齢による苦痛感覚の差を直接的に感じるのは、

バレエの練習をする時に現著に現れる。

When I practice ballet

the sense of pain directly come to feel differently

which caused by aging.

体の老化に伴い、

細胞当たりの水分量が減ると筋肉の柔軟性が落ちる。

As the body ages,

muscle flexibility also decreases

as the water amount per cell dropdown.


筋肉が硬くなりやすく、

咄嗟の反射能力も落ちる。

Muscle is easy to be stiff and

the ability of instant reaction also decreases.

筋肉の学習能力も落ちて、

運動神経も鈍ってくる。

The learning capacity of muscle declines

and motor nerves also become dull.

それらの退行性に逆らって運動を継続するには、

若かった時に経験しなかった苦痛を潜っていかなければならない。

In order to continue exercising against those regressions,

must pass through pains

which didn’t experience when young.


ある時は苦痛が余りにも強く脳神経を打撃し、

なぜ自分がそのような激痛に耐えるまでして

運動をしようとしているか分からなくなる時もあった。

The other day when I was exercising,

the pain has stroked my brain nerve so strongly,

so I confused why am I trying to do this exercise

until the pain unable to endure.

一か月か前の日、その夜もストレッチをしていたら、

他の日に比べられないほどの筋肉が裂けるような痛みが走った。

About a month or a day before,

when I was doing stretch

there was blasted muscle pain like it tears

which I have not experienced on other days.

明確でシンプルな苦痛であった。

It was a clear and simple pain.


その時に苦痛は何だろうかと考え始めたのである。

At that moment, I started to think

about what the pain is.

苦痛を回避するよりは直面してみて、

その正体を掴めたくなったのだ。

Instead of avoiding pain,

I became to want to grab its real identity.


苦痛を受け容れてみようと思った。

I thought that give a try to accept the pain.

その過程でいくつか苦痛の属性について

分かってきたことがあったのでまとめてみた。

While I was engaged in the process,

I have learned about some of the pain attributes,

so I summarized them below.

だが、以下の苦痛の種類は病気や怪我によるものでなく、

あくまでも運動やストレッチなどの

訓練を目的にする際に経験する瞬間的なものとする。

But the following lists are not due to illness or injury,

thoroughly for momentary pains

as training to do exercise or stretch.


①苦痛を感じる体の部位が小さいほど鋭くなる

Pain feels sharper when body part gets smaller.

②苦痛を感じる体の部位の面積が広いほど

その苦痛感覚に慣れやすい

It is easier to get used to the pain

as the body sensing area larger.

③筋肉が縮んだ部位を強制的に緩もうとする時に現れる

It appears when try to forcibly loosen body part

which is contracted.

④筋肉の可動範囲が硬く狭くなっている部位を使う際に現れる

It appears when using a body part is hardened

and the movable area is narrowed.  

⑤筋肉が脳からの指令を受けて遂行できない

Muscle unable to be performed in response

to the commands from the brain.

⑥筋肉が関節の動きより反応が鈍い時に現れる

It appears muscle response is duller

than joints movements.

⑦苦痛は恐怖心と直結回路で繋がっている

Pain is connected with a direct circuit to fear.

⑧苦痛は体の生存本能と間接回路で繋がっている

Pain is connected with an indirect circuit

to the body’s survival instinct.

⑨苦痛はイメージ力によって増加される

Pain increases by image power.

⑩苦痛に一旦慣れるとそれが快楽に変身する

Once get used to the pain, it turns into pleasure.


大まかに10の項目までまとめてみたが、

それらには個人差があって

他の人には当てはまらない部分があるかも知れない。

I tried to summarize 10 lists,

but there may be a part that does not apply to others

because of individual difference.

面白いことは、なぜ体が苦痛を誘発させるのかを考えると

死ぬほど怖かった苦痛もまともに直面できるということだ。

What’s interesting to me is,

when I think about the reason

why my body provokes pain,

I become can face on the fear

that was scared to death.


体が苦痛を感じさせる目的は

The purpose of making feel body pain are;

①苦痛を起こす刺激を無くしたい

The body wants to eliminate stimuli which cause pain.

②今まで慣れている恒常性を保ちたい

The body wants to maintain homeostasis

which has been used to it.

③変化されたくない

The body doesn’t want to be changed.

④楽な状態を維持したい

The body wants to stay in a comfortable zone.

⑤危険な状態になることを避けたい

The body wants to avoid being in danger.

⑥体が絶えられる限界を苦痛で知らせる

The body informs with pain that limitation of enduring.

⑦筋肉が無理な姿勢によって

切れるか損傷される恐れがあると脳が判断した時

When the brain determines that

the body muscle may be cut or damaged

by an unreasonable posture.

⑧体が安全だと思う範囲を超えた時

When body exceeded from a safe range.

⑨慣れていない動作を突然した時

When suddenly started to do an unfamiliar operation.

⑩体の機能が外界からの過激な刺激に反応できなくなった時

When the body function unable to react for a fierce external stimulus.


上記の10項目以外でも苦痛を感じさせる他の要因があるだろうけれど、

私個人の経験を基に分類してみた。

There must be other factors that

make feel pain other than above 10 lists,

but I sorted out them based on my personal experiencing.


苦痛は原因や過程が分かると結果を良い方向に変換できる。

If know cause of pain and the process,

the result can be transformed into desirable directions.

つまり、苦痛の属性を知り、

苦痛のパターン認識によって苦痛を制御できるということだ。

In other words, by knowing pain attributes and

recognizing pain pattern, pain can be controlled.


その方法として

As the methods,

①苦痛の背景に損傷に対する恐怖感があることを認識する

Recognize that there is a fear of being damaged behind the pain.

②苦痛な瞬間に30秒耐える

Endure 30 seconds in painful moments.

③30秒耐えられたら1分耐えてみる

If can withstand 30 seconds, try for it for 1 minute.

④苦痛に伴うネガティブなイメージ連想を辞める

Stop to image with a negative association related to pain.

⑤悪くなる連想を辞めて苦痛だけを感じようとする

Stop to association which makes worse and try to feel just pain itself.

⑥苦痛を感じる部位を少し叩くか、ゆっくりマッサージする

Tap or pat lightly on the part of the painful area or massage slowly.

⑦水を多く飲み、筋肉当たりの水分量を増やせる

Drink a lot of water to increase the amount of water per muscle cell.

⑧タンパク質40%、脂質30%、炭水化物15%、ミネラル5%の食事制限をする

Diet restriction of 40% protein, 30% fat, 15% carbohydrate, 5% mineral.

⑨年齢の多少に言い訳をしない

Try not to say excuse for aging whether old or young.

⑩到達したい明確な目標像を持つ

Have a clear goal image which desires to reach.


実際、私は自分に上記にあげた方法を自らに実験してみた。

In fact, I tried the experiment on myself

with those methods listed above.

その結果、6割を超える満足度があった。

As a result, I could get a satisfactory more than 60%.


しかし、まだ自分が設定した目標値に到達はしていない。

But I have not yet reached my target value.

だから今日も練習している。

That is why I practice today too.



Comments (38)

Aging of body and mind体と心の老い

2019年07月27日 09時29分40秒 | 生き方

年を取ると人は、心はまだ若いと言い始める。

As people get older,

they begin to say that the mind is still young.

私が若かった時、そのような言い方を聞くと

言っていることと実際見えたことに矛盾があって

違和感を覚えた記憶がある。

I felt discomfort when I heard this in my youth

because there was a contradiction

between what they were saying and what I actually saw.


50代になってみて、

“私の体と心は今も若いか?” と問うてみる時がある。

Now I am into the ’50s, I sometimes ask myself,

“Are my body and mind still young?”

そうしたら、決まって苦笑いが漏れて、

ハア~とため息が出てしまう。

Then, without doubt,

there comes out a bitter smile and a sigh with haaa~~

何故なら、明らかに身も心も共に老いているのが見えて

どちらも若いとは決して言えないからである。

Because I can clearly see both my body and mind are aged

so that I never can say I am young or which part is still young.


しかし、どうして人は“心はまだ若い”と言い切れるだろうか?

But how come people declare

“My mind is still young”

そう言っている人を見るといくつかの共通点がある。

Looking at those who say so,

they have some things in common.


①彼らの体の老いは認めている

They acknowledge their bodies are aged.

②若い=良いという等式がある

There is a formula of Young = Good

③社交的で外向的な性格である

They are sociable and outgoing characters.

④楽しみや快楽を追う傾向が強い

The tendency of chasing fun and pleasure are strong.

⑤諦めていることと諦められないことに葛藤がある

They have a conflict with wanting to yield something,

but unable to give up anything.

⑥欲望に執着がある

Obsessed with desire.

⑦事実を直視するよりは自らの見方でものを観る

Rather than facing factors,

see everything with a narrow perspective.

⑧年相応の行動形式を持つ

Having appropriate behavioral patterns for their age.

⑨常識的な意見を言って、人との対立を避ける

Avoiding confrontation with people and say common sense.

⑩何かのことやものに拘る傾向がある

Have a tendency of cling to things and stuff.


以上の大まかな⑩項目は私個人の見方に過ぎず、

どこかでデーターを借りたり引用したりしていないため

間違っている可能性も高い。

Above 10 lists are only my personal view

and there is a high possibility that

they would be wrong because I do not borrow information

or quoted data somewhere.

だが、少なくても今まで見てきた人には

上記のような特色があったことは否定できない。

However, at least I can’t deny that

people I have seen before had the above-referenced features.


私の夫は4人兄弟中一番末子で、6才年上だが、

彼は一度も“心はまだ若い”と言ったことが無い。

My husband is the youngest of the four brothers

and six years older than me

but he never talked me like “My mind is still young”.

彼の兄弟も『自分の何かはまだ若い』みたいなことを話題にしたことは

あまり無かったような気がする。

Likely think that his brothers also never take a topic

about “Something in me is still young”

when we had the conversation.

兄弟全員、年を取っても加齢の良し悪しよりは

自分たちの仕事を全うすることに

全力が向いているように見える。

All of his brothers, even as they get older,

seem to be focusing on their works to complete

rather than pointing out aging is good or bad.

夫の兄弟は私が知っている限り、

上記にあげた⑩項目の特色が見えない。

As far as I know,

his brothers don’t have those ten features of listed above.

私も私が知っている限り、その特色を持っていないか、

または当てはまるとしても現著に現れていない。

Also in my case, I don’t think to have those features

but if I have some or apply for them,

it does not appear remarkably.


では明らかに年を取っていながら、

心はまだ若いと言うことに何の価値や意味があるだろうか。

Then, while they clearly look older,

what does it mean or put a value saying that mind is still young?

彼らは『心も共に老いている』ことを認めると

惨めになると思うのだろうか。

Would they be miserable if they admit:

Along with the body, the mind also must age.

もしそうなら、年を取る=惨めという等式が

心底にある可能性が高い。

If so, there is a high possibility in their deep mind,

they have a formula that Aging = Miserable.


あるいは、『見た目は年寄りでも中身は若者』ということで、

まだまだ活発に生きていきたい願望を言い換えしているかも知れない。

Or, with such catchphrase:

“older for eyes but younger for feeling”

they might have paraphrased the desire to still live actively.


私がこのような加齢の過程に

気が回り関心を持ち始めたのは40代後半からだった。

It was my 40’s when I began to have an interest

in the process of aging.

50代になった時は実際、加齢の速度が見えた。

When I got into my ’50s,

I actually visualized the speed of aging.

その加齢の速度は40代の2倍速になって、

昨日見えた自分と今日見た自分の体に変化が大きかった。

The speed of aging was doubled

compared with my 40’s

and the difference in changing body was significant.


53才になってみると心は明らかに老いてしまって、

何か新しいことを始めるのも面倒になっている。

At the age of 53, I found that my mind clearly got older,

so became tiresome starting something new.

体が楽になることを優先し、

立つよりは座って、

座ると横になり、

横になるとうとうとして眠ってしまう。

My body preferences to take easy,

sit down rather than standing,

when I sat soon to lie down

when lying down I be dozing off and fall asleep.


一旦寝るとそれ以上眠れない時まで眠り続けて、

その日やろうとした計画を明日に倒す。

Once I fell asleep,

I don’t wake up until couldn’t sleep anymore,

and the plan I tried to do that day was attached to tomorrow.

怠けの極致を維持している。

Maintaining the acme of laziness.


若かった時はこのような快楽中心の生活をしてなかったから、

怠け極まる生活をしていると罪悪感で心が重くなる。

I have not had such pleasant-oriented life pattern

like this when I was young,

so the extreme lazy days

linger to have guilt and it makes my mind heavier.

体が快楽な状態を好むようになると、

心も同じような働きをして楽になるたがる。

When the body has got fancy comfortably,

the mind also desirously to be as same as the body does.

面倒なことは避けて、簡単な方法を選ぶ。

Avoid the hassle and take an easy way.


そのように快楽になることの比重が多くなると、

体の脂肪の比重も重くなる。

If chasing-pleasure relative importance increased,

the fat rate of the body also increases.

結果的に体重は増え、

コレステロール値も倍増し、

二重顎になったが、それらに危機感が無かった。

As a result, gained weight,

cholesterol level got doubled,

my jaws also doubled,

but I still didn’t feel to have a crisis.


私がどれほど最悪な状態になっているか確認できたのは、

自分の写真を撮ってみた時であった。

It was when I took a look at my picture and could see

how horrible I became.

自分の老いた結果と締まりの無い表情に

心も老いているのが確認できた。

I was able to confirm that the result of how I aged

and my facial muscles were flabby

so obviously, my mind also got older.


その日、それらの結果を持って、

年取っている生物学的事実として受け入れるか、

或いはその自然の摂理に逆らうかを迷った。

On that day, I was wavering with those consequences

whether I accept my aging process as a biological fact

or disobey it against natural law.

私が太って醜くなっても夫は相変わらず、

“ハイーゴージャス”だと言っているから

まあ、いいかと甘んじるか。

Even though I got fat and ugly

my husband is still calling me “Hey, gorgeous”

so, if I would submit tamely to as I am.

別に人に好かれたい願望も無いから、

太ったっていいんじゃないか。

Say to myself, there is no particular desire to be liked by people

so I got fat or not it would be okay with me.

等など、ゴロゴロしながら

あれこれ楽な方向に考えていた。

And so on, I was thinking easy ways

while I lazed around.


しかし、諦めるには

理由や根拠が足りていないことに気がついた。

But I realized that there were not enough reasons

or grounds to give up.

私は100%私の意志で統制できないことなら諦められる。

I can give up upon

if something is 100% uncontrolled by my will.

1%の可能性が無いことに挑戦はしない。

I never challenge on something there is no 1% possibility.

だが、1%でも可能性があると諦められない。

But I can’t give up if there is even 1% possibility.


その1%に99%の努力をしたとき、

結果は常に良かった。

When I did 99% of effort on the 1%,

the result always good.

なので、厳密的に約3週間前から

全てに再挑戦を始めている。

So, strictly speaking,

I started to challenge again about 3 weeks before.


先ず、食習慣を見直し、

炭水化物と糖質摂水を控えた。

First of all, I reviewed my eating habits

and refrained intaking carbohydrate and sugar.

ストレッチを毎日して、脂肪が燃える動機を与える。

Doing stretch every day and motivating fat burning.

ストレッチがある程度進んでから、

筋肉強化の簡単な運動を始める。

When after stretching progressed,

started a simple muscle training.


そうしたら、たったの3週間で明らかな変化があった。

With such trying, there was a clear change in just three weeks.

可能性の比率が増えた。

The proportion of possibilities has increased.

これらも見えた事実を無視せず、

辛くても惨めでも受け入れるべきことを受け容れたからである。

I tried to change without ignoring facts

with I accepting what I should admit

even though they are painful and miserable.


老いていながら心はまだ若いと

嘘みたいなことを言っていると、体と心が分離する。

Body and mind would be separated

when say like a lie that mind is still young when aged.

同じ身体の中で、時間差が生じる結果になる。

It causes different time gap in the same body.

体は50年や60年を生きているのに、

心は20年しか生きていないと言っているようなことである。

It is like saying that one’s body lived 50 years or 60 years,

but mind lived only 20 years.

30年や40年の時間の経過を蔑ろにする偽りなのである。

It is slight to falsehood for time passing about 30 years or 40 years.


一つの身体は一つの時間の経過を持つ、

それが事実であり目に見える真実なのである。

One body has a one-time lapse,

that is the fact and the visible truth.


Comments (16)

Present is future of the past and the past of the future現在は過去の未来で未来の過去

2019年07月11日 15時14分42秒 | 坐禅

今日は未来の過去である。

Presence day is the past of the future time.

過去は変えられないが、未来は変えられる。

The past cannot be changed but the future can change.


現在とは過去の今日であって、未来の過去である。

The present is today of the past time

 and the past of the future.

私達は過去を見ることができる。

We can see the past.


細胞分裂をした有機物、

分子結合をした無機物から

過去の時間の経過が実際見られる。

We actually can see the passage of the past time

 from an organic matter cell division,

an inorganic matter molecularly compounded.  


夜中の空を眺めると、

何百万年前の前に発せられた星の光も見られる。

When we look at the night sky,

we also can see the light of a star

which was radiated millions of years ago.


全てのものには時間の経過が刻まれていて、

その時間は終わりなく続くように見える。

The time passage is engraved on all matters and time,

it seems to last forever.


私と言う存在も過去の一点から細胞分裂され

人間の形をして生まれた。

The existence as myself was born in human form and

it went through cell divisions from a moment in the past.

生まれてみたら、

私と言う感覚が与えられていて、

周りは私でない他人に囲まれていた。

When I was given life,

there was also given the sense of being "me" 

 and surrounded by others who were not as "me".


いつから私の身体を私として認識できたか、

私は記憶に無い。

I do not remember what moment

I have begun to recognize that my body is as being me.

私は他人にとっては他人として認識され、

他人にとって私は人類の中の一人にすぎない。

I am perceived as "others"

when be seen by people,

just another human when others see me.


私は鏡を見ない以上、

体の部分しか見えない。

Without using a mirror,

I cannot see my whole body, only part.

自分の頭や背中を私自身が見ることができない。

I myself cannot see my head,

my backside, and my whole body.

自分の頭や顔、背中は他人が見てくれない以上、

どのような形なのかさえ知らない。

Even we don’t know what form we have

unless others take a look and offer feedback

on the shape of our features: head, face, back, etc. 


頭や顔は携帯のセルフィーで何とか写真で撮られるが、

背中を撮ることになると外部の手段か、

他人の手を借りて撮ってもらうしかない。

Somehow, we can take a selfie with a cell phone

to catch the appearance of our head or face,

but for the backside need 

some posterior exterior help.


自分の手で直接的に自分の後ろを取られないことは

私と言う個人を認識していく過程に、

私だけの見方だけでは不完全であることを

指示しているかのように受け取られる。

This is a contradictory emblem:

 We cannot take our back directly with our hands 

 and self-recognition is incomplete;

 the subject sense of "me" is

 most assuredly a one-person perspective.

 

私と言う人間を私だけの見方だけでは

全体像を見ることができない。

Every person cannot perceive their whole picture

with their own view.


もし私が考える自分と

他人が見ている私へのイメージを数値化できると仮定したら、

私のイマージ像(X)

他人の私へのイメージ像(Y)の値がある座標でぴったり合って、

それぞれの値にズレが無いのなら

『私』は自分を確かに捉えていると言えるかもしれない。

If I assume that an image can be digitized with

my own image and reflected an image of me by others.

If I considerably put my own image as X, and

reflected-image of me by others as Y,

and when those two factors were

ever coordinated exactly,

with the result, I can say that

my conceived image would not have a bias.


その私と言う人間は現在の眼では部分しか見ることができないが、

過去の時間の眼から見ると存在の全体像が見える。

Although we can see only part of the timeline

with our eyes at present moment,

with past time we can visualize

the whole image of existence.

過去に思っていたことが行動で表れ、

実体化されている。

What we thought in the past is,

it appears as an action

and it is rematerialized.


私が生きてきた足跡を辿ると

私が何を考えていたのかが証明されている。

Traceback to our footprint the way we lived,

it makes proof what we have thought in the past.

つまりはある個人が只今の中にいる状況や置かれている状態は、

過去に思っていたことが現実で実現されている結果であると言える。

In other words: our individual situation and circumstances

 are results of what we thought in the past and

 from what we form our distinct in the present.


今思っていること、今やっていること、今やろうとしていることは、

過去の経験と願望が時間と共に結合された状態である。

What we are thinking now,

what we are doing now,

what we are trying to do now,

they are the forms that have combined with

past experiences and desires with time passing.

そうであれば、未来とは、

今やっていることが

時間の経過によって

そのまま現実になって未来の今日になるはずだ。

If so, the future is,

what we are doing now and 

it will be a today of the future by time passing.

 

今の状況が不満足であれば、

満足できるように今の状況を変えることによって

未来は望むようになる。

If the current situation is unsatisfied,

change it now to be satisfied

then the future will be as wished.


皮肉なことに、

現在の眼では見える部分でしか現像を判断できないのに、

過去の時間は今まで成ってきたのが何か

その実体を全部見せてくれる。

Ironically, although we cannot distinguish our circumstances

with the eyes of the present,

but the past time shows all that

has been done and what exactly is.

未来は過去の眼でも現在の眼でも全く見えないに、

人は未来を自分の望むとおりなることを願う。

Future is completely invisible with both eyes past and present,

but people desire that the future be as they wished.


人間は失った過去の時間に心を置き、

まだ訪れていない過去に希望を置く。

People put their mind in the past

which was already lost and then

they put hope in the future which is not yet come.

そのように、現在を見なければならない眼を

過去と未来に向けてしまう。

As such, eyes toward the past and future that

should be faced on the present.


今の自分が今に不在のまま、

こころは時間の経過と分離される。

Oneself is still absent in present,

the mind is separated from the passage of time.

今の自分が只今と分離されると、

そこに無感覚・無感動・無意味の三無の穴が開き、

自分の存在感覚が流れ消える。

When we separates from now-time,

it will open a hole in which lurk three kinds of nothingness:

such as Insensitiveness, Apathy, and Insignificance,

And there the sense of one’s exact existence flows away.


自分の感覚が他人の感覚に依存していく。

The sense of self-existence

becomes reliant on the senses of others.

 

他人の考えで生き、

他人によく映るために行動し、

他人に称賛されたいことをやる。

Live on someone’s way of thinking,

behave to look well on someone’s eyes,

do what people want to admire.

自分の存在価値を他人が良しとする価値判断によって変える。

Change one’s valuable factors for the existence

depending on what people would judge as good.


結果的に自分を失う…

As those results, you will lose the sense of yourself…


自分が自分を失うと、

自分にもなれず、

他人にもなれない存在になる。

When oneself loses a sense of self,

they can’t be oneself neither be other-self.

生きていて、

死んでもいない存在になる。

While alive become, neither alive nor dead.


心を只今に取り戻す、

過去や未来に走る心をつかんで只今に置く。

Bring back the mind to just now,

grasp the mind and bring back to the present

which is running toward the past or future.


それが坐禅を行う理由である。

That is the reason why do zazen-meditation.




Comments (12)

Exalted or not 凛・非凛

2019年06月18日 12時00分25秒 | 生き方

凛とした感じを放つ人がいる。

There is someone who gives off the dignified atmosphere.

そのようなしゃきっとした人に会うと私まで気が引き締まる。

When I meet the one who is steady, I get to feel tense.


凛としていると言える人には、

姿勢が正しく、

清らかな気品が漂っている。

Such person we can describe as exalted,

his/her having a correct position and serene dignity.

また、その人は厳かな雰囲気がまとっていて、

つつましい気高さが香水のように香り立つ。

Also, the person’s aura has an awe

and a halo of modest fragrances like perfume.


仕草も毅然としていて、

押しも押されもしないが

堂々とした威力も備え持つ。

With an imposing gesture,

the manner is neither obtrusive

nor obtrusively taken

but possesses bold authority.  


行いにはどっしりした重みがありながら、

重すぎず軽すぎずの無重力のような感じがある。

The behavior has a solid significance,

but it is not too heavy or too light

like weightless beyond gravity.


私は長年、どうやって

そのような特性がある人がいて

無い人がいるのかに変わらない関心を寄せている。

For many years, have been interested in

why someone has such specific individuality or others do not.  


そのような品性はどうやって養えるだろうか。

How to nurture for such personality?

どのように鍛えられて、どうやって身に着くのだろうか。

How to train it, how to personalize it?

 

ある人が品位よく、

気高くなりたいと願うならそうなれるだろうか。

If someone wants to be noble or decent,

can one be able to have it?



塾を経営していた時、

小学4年から入塾して中学3年まで通っていた生徒がいた。

When I was a school administrator,

there was a student who entered

at fourth grade of elementary

and stayed through his third grade of junior high school.

彼はサッカーが好きで、活発だったが、

勉強も次第にできるようになった。

He liked soccer and briskly did his club activity;

he came up steadily to get a good score for his study.


誰も認める努力をして偏差値の高い高校に入り、

入りにくい理科系の大学に進んだ。

He made efforts that everybody admitted

and could go to a higher level of high school.

And then he continued to a science university

which was hard to pass the exam.

大学生になって、講師としてまた塾に入った時の彼は

何か重みのような存在感があった。

He became a college student

and he started work at my own after school

as a part-time teacher,

and at that time I found his presence got heavier.


彼がなりたかった薬剤師になった時は

その重みがしっかりしてきたような感じがあった。

When he became a pharmacist as he dreamed,

his presence was afirmed.



友人の一人に上品になることに拘る人がいた。

There was a friend of mine who wanted to refined.

彼女は色白で、身長が高く、

プロポーションもモデル並みであった。

She had pale skin, tall,

and her proportion was like a model.

清潔な感じもあって、またきれいな女性であった。

She presented clean and also pretty.


だが、彼女が放つ言葉は

自分だけが万事の中心になっていて、

他人は彼女の付属物のような言い方で一貫していた。

But the words she spoke were self-focused for all

and treated others like her appendage.  

他人を貶し、

他人に無条件的な理解を求め、

他人の時間を無駄に使う傾向があった。

She denigrated others

while seeking unconditional understanding for her

and tended to use other’s time wastefully.


自分に対して自信感に溢れ、

自分がしたことを美化して絶賛していた。

She was overly confidence for herself,

admired what she has done to beautify.

自分に利得になると人と関わるが、

損になりえるような状況になるときっぱり縁を切った。

She kept the connection with people

who are advantageous for her

but cut the relationship without hesitation

when the situation inclined to be a disadvantage.


彼女はことばで人との関係を切り、

他人を悪者に仕立てたが、

彼女の血縁だけは絶対的な結束力があるようだった。

She cut off a relationship with people with words,

tailored others rascal

but seemed to have absolute cohesion

with relatives and her family.


その二人の例から、

外見からは気品を感じさせることは共通してみられた。

From these two examples,

the commonality was an elegance from outsides.

中身が極端的に違っているが、

ぱっと見た時は気品があるように見られた。

Their inner contents were extremely different

but with a brief glance,

they looked to have a dignified atmosphere.


前者は人格が知り亘った時、

より強い信頼感を持てる切っ掛けになるが、

後者は本当の性格が表れた時、

好意を感じていた人が背信感を感じるようになる場合がある。

The former one can be trusted stronger than ever

when one’s personality eventually has been well known,

but the latter one may have a possibility that

others favored feelings turn to betrayed.  

 

私は両者の例について良し悪しを判断したくない。

I do not want to judge good or bad for both examples.

どっちが正しいか誤りかも計りたくない。

I do not want to decide which one is true or false.

人が選ぶ価値観に判決を下したくもない。

I do not want to do a judicial decision making

 onto people’s value choice.


ただ、一瞬一瞬の選択が重なって凛とした人にもなり、

偽物にもなるということだけは

確かであると信じている。

But, I certainly believe that

the momentary choices that people make each time,

 are a link to dignity or fake pride.

 

Comments (23)

ブログ開設から1000日

2019年06月13日 19時51分15秒 | 日記

ブログ開設から1000日が過ぎたとの知らせがあった。


この1000日の間に私は何をやり遂げたのだろうか。

私は何を選び、

何を捨て、

何を得て、

何を成してきたのだろうか。

 

上記の問いに誇りを持って答えられないのは

100日間の間

私は容易い課題を選び、

自分への自信感を捨て、

自分への不甲斐なさを得て、

自分の醜さを成したからだ。

 

1000日が経って

今、マイナスな状態になっていることに気づく。

ゼロに戻すまで時間がかかりそうだ。

 

一度、ゼロになることを目指す。

それから、誇れることを書けるように自らを修行し直す。


Comments (11)