Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

言語の無意識化Be unconscious to the language

2021-10-18 | 英語、韓国語

やっと、英文法を意識しなくなった。

Somehow, I became not too conscious of English grammar.

英文法を過剰に意識しなくなって、

精神的な圧迫感が取れたような気がする。

Since I have become not overly aware of English grammar,

it made me unloaded the oppressed feeling in my mind.

 

話す前に、自分が言おうとすることを

文法的に正しいかどうかをチェックしなくなって、

話すことが楽になった。

Trying not to check to be grammatically correct before I speak,

made me feel easier to talk.

その、文法を意識する習慣は、

テストのためには必要不可欠なのだが、

日常の意思疎通の言語手段としては大きな邪魔になる。

The habit of keeping consciousness grammatically be correct

is indispensably needed for the test

but it can be a big obstacle as a language tool

for daily communication.

 

文法を意識することは、

自分が言おうとすることを、

自分以外の厳格な権威に

正誤を判断してもらうような手続きのような感じだ。

Being aware of grammar is like

asking the procedure to an authority

that has strict rules, and it judges

whether my speaking is right or wrong.

 

文法的に正しい話し方に拘ると、

教育された品性の良さは持てるのだが、

咄嗟の反応力は鈍くなる。

If you stick to the grammatically be correct

when comes to speak,

you would appear as a well-educated person,

but the response would not in a flash,

and it can be dull or dumb.

反面、ストリートで身についた会話、

適当なブロックン・イングリッシュだと気軽な話はできても、

込み入った話になると話題についていけない。

On the other hand, the casual conversation skills that

are learned on the street or broken English

which moderated in one’s way,

such are allowed to have easy talking,

but it makes it hard to keep up with the topic

and especially when the conversation becomes complicated.

 

文法的に正しいだろうが、

気軽なストリート会話だろうが、

どちらも使用場面を制限する。

Whether grammatically correct or casually talking,

either way, the usage is limited in the situation.

 

いずれも無理矢理に、

他人の普通のレベルに追いつくために必死になる。

Both, to catch up with the level,

which is normal for others,

but it is desperate and forced.

 

人が必死になって英語で話す姿を見ると

一度や二度は感服する。

Someone who is speaking in English desperately

people admire the attitude once or twice.

だが、毎回その必死さに

付き合わなければならないのかと思うと疲れてくる。

But if the situation keeps going on

and has to see the person again, it gets tiring.

 

英語が母国語な人としは本題を持ち出す前に、

英語が二次言語である人のレベルに合わせて

言い換えなくてはならなくなる。

The English speakers have to paraphrase

what they want to say before bringing up the main subject

to adapt the language level of the person

whose English is secondary.

 

また、会話の途中で何回も聞き直したり、

話した意味を確認されたりするのは、

聞く人も話す人にも心理的に不便になる。

In addition, it is psychologically inexpedience for both

the listener and the speaker

when the spoken words were needed to rephrase

or confirm the meaning

while they are having a conversation.

 

私は自分の言語の未熟さを暴露させるのが鬱陶しかった。

I was annoyed to expose the immaturity of my language.

お互いにとって面倒極まることになる。

It will be extremely bothersome for each other.

 

だから、英語で話すことに慣れていなかった頃は、

絶対的に話さなければならない場合だけ話した。

So when I was not used to speaking in English,

I only spoke when absolutely had to.

話す前も頭によぎる文法チェックをシャットアウトし、

必要な単語で明確に話すことを心かけた。

I shut out the habit of checking for grammar in my brain

which goes thoroughly before the actual speaking

and tried to say clearly with the necessary words.

 

脳裏から文法チェックする習慣をシャットアウトさせることは

そう簡単におこなえない。

It is not so easy to shut out

the habit of checking grammar from the brain.

思いだけでスイッチが

切れたり入れたりできるものでないからだ。

Because it is not something like switched on and off just as wished.

 

長年身に染みた習慣は

心構えなんかですんなりと変えられない。

The habit that has been ingrained in the body for many years

cannot be changed smoothly with the intention.

だが、意識しないことを努力しないと

いつまでも意識してしまう。

However, if you do not make an effort not to be conscious,

you will conscious of the consciousness all the time.

 

意識を意識しない努力は、

意志のコントロールすることではない。

The effort not to conscious the consciousness

is not equal control of one’s will.

意志をコントロールすることは決断力であり、

瞬時にコントロールした結果が表れる。

Controlling the will is a decision

and its result appears instantly.

 

だが、意識を意識しないためには、

長い期間をかけて意識する過程を変えてき、

意識の癖を一つずつ消していく作業をしなくてはならない。

In order not to be conscious of the consciousness,

it is necessary to change the conscious progress

over a long period of time

and work on eliminating the habits one by one.

 

何かの行為を意識しないことというのは、

脳神経の反差経路を極端に短縮させることでもある。

Being unaware of any behaviors means,

making the cranial nerves of the reflexes extremely to be short.

 

動作を司る運動神経の無条件反射のように、

言語が反射的になるまで努力しなくてはならない。

Like the unconditional reflexes of the motor nerves

that control movement,

should strive until the using language becomes reflexive.

 

言語を意識しなくなると話すことにストレスが無くなる。

When becomes unconscious to use language,

it reduces stress for speaking.

余計な考えも減る。

It also reduces unnecessary thoughts.

 

英語の聞き・話し・読みの時に

『英語であることを意識しない』

ことを心かけると

心のロックを解除させることができる。

Keeping in mind that 『not too conscious it is English』

when you listen, speak, or read English,

then it leads to being able to unlock your mind.

 

話を聞く時も『分かるか分からないか』で決めなくなると、

相手が何を話そうとしているかが見えてくる。

If you don’t judge whether understandable or not

while you listen to someone,

then you will be able to see what the person tries to say.

 

どこの国のことばなのかを意識しなくなると、

人の言いたいことが見えて、心に届く。

When you become unconscious of what the language belonged to a country,

you will see what people want to say and it will reach your heart.

 

 

 

 

 

 

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

姿勢の正と歪Authentic or Twisted posture

2021-10-05 | 姿勢

姿勢にはその人の日常生活様式が表れている。

One’s posture shows the person’s daily lifestyle.

生活習慣も反映される。

It reflects one’s habit too.

 

特に、人の背中や後ろ姿は

その人の品性や品格を語る。

In particular, one’s back or the rear appearance tells

how one has dignity and character.

このように姿勢について断定している私さえも、

私特有の姿勢パータンがあって、

真に正しい姿勢をしていない。

Even I who asserts about posture as an opinion

also has significant posture in the peculiar pattern

and the posture I have is not ultimately correct.

 

半年ほど前か、

バレエのレッスンを受けていた時、

鏡で自分の後ろを見てショックを受けたことがあった。

About half a year ago,

when I was taking a ballet lesson,

I was shocked to see my back posture in the mirror.

 

なぜなら、鏡に写った自分は、

自分の想定、想像した姿とは

全く別人のようであったからだった。

Because the exact myself in the mirror

looked a completely different person

from what I expected and imagined.

 

特に首の後ろの筋肉は衰えていて、

まっすぐに伸びていなく、

肩の周りには硬そうな脂肪がついて盛り上がっていた。

Especially, the muscles behind the neck were weakened

and not stretched out straightly,

the shoulder area was stiffened with fats and swelling.

背中も下半身も筋力が弱っていて、

全体的に脂肪が固まっていた。

The muscular strength of my back

the lower half of the body was weak

and thoroughly covered with fats.

 

自分の後ろ姿を全く気にしていなかったことに

初めて気がついたのであった。

At that moment, I have come to realize that

I never care about my rear posture at all.

 

人は自分の姿を前面、

体の180度の前の部位を中心に自分を見ている。

People look at their figures

at the half front part of 180 degrees of the body.

 

自分自身を捉える見方も

見える部位を中心になっている。

They mainly perceive their own figures

from visible angles.

自分の体の前半分が自分として自覚される。

The half front part of their body is conceived as me.

 

自分の残りの後ろ半分は

他人が見て判断してくれるので、

自分が自分を捉える半分、

他人が捉えて見てくれる半分で一人前になる。

The other half of the body is for others to judge as YOU,

so half part of the body which you can visual

plus the last part of the body others can see,

the two parts become to be the full-fledged portion.

 

それら自分が自分を見る半分と

他人が見る半分のイメージにズレが無い人がいるなら、

その人の外部自己像は正しいといえるかもしれない。

If there is a person who has no differences

in the images of each half that

the way of self-conceiving and

how conceived by others,

then the person’s external self-portrait may be correct.

 

正しい姿勢が歪みの無い本来あるべき姿勢であると言えるなら、

そのそうであるべき体の構造が曲がっていて、

ねじられていることを歪みであると見なすことができる。

Conditionally say that

the correct posture is without any distortion,

and it is in the way of should be,

the opposite posture that distorted and twisted

might be regarded as the distortion.

 

なので、曲がっている部位と

ねじられている部位を伸ばせば、

誰でも歪みの無い姿勢を持つことができる仕組みなのである。

Therefore, systematically say that

everybody can have the correct posture

by stretching the warped, twisted parts of the body.

 

ところが、その歪みを取る過程が過酷なのである。

But the process of correcting the distortions is severe and cruel.

歪みは出るまでの過程は楽で簡単なのに、

その歪みを直す過程は努力を必要とする。

The distorting processes are easy and comfortable

but the correcting requires effort.

 

私は今、その体の歪みやねじれを直すことを

日常の目標にしている。

I have been set a goal to correct

the twisting and warped part of my body in my daily life.

私個人の生活習慣を持った体型から抜け出して、

人類が持つべき体型を持つことを理想におき、

理想を現実にさせるための努力をしている。

To make the plan to be true,

I have been doing efforts to have the ideal body shape that

human beings should have

and get out from the daily customed personal body shape.

 

その努力をしていると孤独を感じる。

While I am doing the effort, I feel aloneness.

 

如何なる他力も入ることのでき無い、

全く自力だけの努力の世界なのである。

It is the league of perfectly self-made effort only,

completely no other power involved.

他力が全く入らない自力だけの世界は、

もしかしたら完璧に純粋なのかもしれない。

Perhaps the league of self-reliance alone

without any other external force

is extreme purity.

 

体の筋肉一本一本に千分の一ミリも歪みのない

究極に伸びた極度に近づく日が

いつか必ず持てると信じて...

I have belief in me

someday I will be able to reach the ultimately straightened level

that all the muscle fibers have perfectly no twisting

even in the thousandth of a millimeter...

 

 

 

 

Comments (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心の洗剤A cleanser for mind

2021-09-20 | 坐禅

心を洗い流せるものは

『遺却する』ことと類似するかもしれない。

The definition of what can wash away the mind

maybe akin to 『disremember』 or 『leave behind』

遺却することは、

『積極的に失する』ことであるとも言える。

Disremembering synonyms to

『lose something proactively』.

 

 

私は食器洗い機を使わないと決めている。

I have decided not to use a dishwasher.

キッチン改造をした時に機械を処分した。

I disposed of the machine

when renovated my kitchen before.

なので、昔のように手で食器を洗っている。

So I wash the dishes by hand as in the old ways.

 

水が流れる音

The sound of streaming water.

洗剤を泡たてて油の汚れを取る

Foaming the dish detergent and wash out oil stains.

泡が汚れに付着して、水によって流れていく

Let the dirt stick with bubbles and flush out with water.

 

その過程が何となく落ち着く。

Those processes somehow calming me down.

洗う作業が終わると下水口も全て洗って置く。

When I finish the washing part,

wash the drain too.

 

火の回りも何もしてなかったような状態に戻しておく。

Also, the oven place cleaned up again

like nothing happened there.

最後に床も拭いてお終いできる。

Finally, wipe the kitchen floor to finish up.

その一連の流れが私の日常の一部でもある。

Those series of steps are part of my routine.

 

毎日、その日常を繰り返しながら、

物を洗うのはこんなに簡単なのに、

どうして心を洗うのは、

特に決まった道具も無ければ、

やり方も定まっていないのかと疑問に思っている。

Every day, while I repeat the daily routine,

ask me that washing things and kinds of stuff are such easy

but to wash my mind

I don’t have any specific tools to deal with

neither know the resolve.

 

車は動力を使ってから二酸化炭素を排出する。

Cars use power and then discharge carbon dioxide.

食べた食べ物も体内で分子結合をしてから排出される。

The foods we eat it is also discharged

when after molecular combination in the body.

 

炭素から由来したものは

やがて炭素に還元されていく。

What is derived from carbon

it is eventually deoxidized to carbon again.

 

人は心を使って生きている。

People live by using their minds.

あらゆる精神活動、生きる気力、

各細胞の核分裂の後に残る分は

不要とされて自然に消滅されていく。

The remaining things such as cell nucleus division,

energy to live life, all kinds of mental activities,

when they are no longer needed

it vanishes in a natural way.  

 

生きた証は記憶として刻まれ、

忘れ去られていない記憶は

心にへばりつき付着されてしまう。

One leaves footprints and the memory engraved

as proof, the one lived,

and an unforgettable memory sticks to one’s mind.

 

私はその付着された記憶を

何とか洗い流したいと思っている。

Somehow, I want to wash away the attached memory.

 

しかし、記憶を洗い流したいと願い、

その作業に取り掛かってから

その過程がそう簡単でないことが分かってきた。

However, ever since I desire to wash out the memory

and started to work on it,

I figured out that the process is not such easy.

 

先ずは、私が持つ記憶を消したい記憶、

残して置きたい記憶、

活かしたい記憶、

再生したい記憶などに分類しなければならない。

First of all, I have to classify my memory storage

to the memories, I want to erase,

save, utilize, replay, and so on.

 

特定の一つの出来事の記憶だけを

意志の力で消すことはほぼ不可能である。

It is almost impossible to erase the single memory that

related to one particular event

even with determination.

 

人間に削除のDeleteボタンも無ければ、

パソコンのマウスのようにクリックできる機能も備えていない。

In humans, we do not have the delete button to erase,

neither designed to click on it like a computer mouse.

刻まれた記憶を消しゴムのように消せることもできない。

We are unable to erase an engraved memory like an eraser.

 

心理学のカウンセラーも

クライエントの苦しい記憶を消せる能力を持っていない。

Even psychological counselors neither have the ability to erase

their client’s painful memories.

 

しかも全治全能とされる神さえも、

その人間の脳内の記憶のどれが幸せな記憶で、

どれが不幸せな記憶かを選別できない。

Moreover, even the God who is considered almighty,

cannot sort out which is a happy memory

or unhappy memory from the persons inside the brain.

 

ましてや、ある記憶が当時では幸せに思えたのに、

置かれる状況によって不幸せに変化されることもある。

To add, a memory may seem to be happy at that time,

but it goes to change to be unhappy

depending on what the situation is.

 

私を悩ましたのも、

消したいのに消せない記憶が

苦痛を伴いポンポンと現れてしまうことであった。

What bothered me was

a certain memory kept popping up in my mind

with pain that is unable to erase

whereas I want to delete.

その記憶を洗い物の作業のように、

洗剤とか水とかがあれば

洗い流したいと常に思っている。

I always want to wash away the memory

if I have a detergent or water,

like the procedure of washing dishes.

 

そう願うと、ぶち当たる問題は、

その記憶に対して自分が下す判断、

良し悪しを決める区別が基盤にあると認識してくる。

What to come recognized is,

it leads to the fundamental issue of judgment

that I make whether it is a good memory or bad.

 

消したい記憶を掘り下げていくと、

その根っ子は善悪の判断であることが分かってくる。

When I dig into the memory that I want to delete,

I reckon that the root is the judgment of right and wrong.

 

その善悪の判断を更に深く探ると、

自分をどう捉えているか、

他人をどう見ているかの見方に

派生されていることも見えてくる。

And then look deeper into the judgment of right and wrong,

I can reach the perspective view

of how I perceive myself and others.

 

更に、自他をみる見方の根源を探ると

自我の感知度合いにまで辿り着く。

Looking for furthermore to conceive

how to perceive me and others,

it leads to groping

how the perception of ego it would be.

 

だが、その作業は次から次へとつながっていて、

終わり点が無い。

But the work is relevant one after another,

and it is no finish line.

 

らせん状のように、

一つのことは他へつながっていて広がり続けている。

Like a spiral line,

one thing is connected to the other, and so on,

it continues to unfold.

 

心を洗える洗剤は特に無い、と思えてくる。

It makes me think that

there is no cleaner or detergent to wash a mind.

 

だが、単一やれることがあるとしたら、

『キレイな状態にしておくべきだ』

との願望を切り離すことであるのかもしれない。

And yet, if there is a single method to enable it,

it would be detaching the desire that

『it should stay in clear』.

 

坐禅の教えである『雑念を切る』ことは、

その良しとされる記憶、悪いとされる記憶、

それらの判断を休止させることでもある。

The teaching of Zen meditation that

『cut off useless thoughts』 is,

let the judgment be paused

which is working on classifying

good memories and bad.

 

心を洗う確かな洗剤を持ちたい、

完璧に記憶を消したい願望などの

動きを休止させることである。

It is a pausing motion such as

the desire to have a reliable mental-detergent

or delete a certain completely.

 

休止は終わりにならない。

The pausing motion is not a finish line.

けれど、ある思考の始まりを

更に転がせないようにはできる。

But it can work on the brake a certain thought

that begins to roll over to go further.

 

転がる思考にブレーキをかけて、

連動休止させる。

Putting on the brake to pause

before the rolling thought gears up.

 

そうすると、自分が持つ記憶は

過去の時間帯に存在しているだけなのに、

自分が今に引き出していたことがわかる。

By doing it we can find that the memory we have,

it is existing in the past time zone only

but the one has drawn it out in the current time zone.

 

過去の消したい記憶が転がりこんできたら、

その連動にブレーキをかけて、

元にあったところに再びしまう、

それしかするのに許されていないのである。

When the past memory

you want to delete comes to roll over,

then put the brake on it,

let it back in where it was,

that is all we are allowed to do.

 

 

 

Comments (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Grade of confidence自信の度合い

2021-09-07 | 生き方

人の持つ魅力を構成する要素の一つに

自信感があるようだ。

Among attractiveness factors that people have,

one of consisting elements

seems to be the sense of self-confidence.

私はその自信感の正体について

長年かけて考え続けている。

For a long time, I have been thinking

about the identity of confidence.

 

ある時期、私は自分の能力を信じた時があった。

Previously, I had had belief in my abilities for a certain period.

自ら設けた計画を

ある期間内で実践できる能力があると信じていた。

I believed that I was capable of my own setup plans

in a certain period.

 

思ったことを実行した事例が平均数値を上回ったから、

実行できる割合が高いと思ってもいた。

I also assumed that the rate of execution was high

because the real cases I had were above average

on how much I actually executed my ideas.

だからか、自信感というのは実践力、

実行力に比例すると思っていた。

That was why I thought that

self-confidence is proportional

to executable and practical ability.

 

それが、年を取り、

未来が過去より短くなってきて、

あれほど持ちつけていた確たる自信感に

疑問が湧いてきたのである。

But ironically in spite of such definite confidence I had,

it brought some questions to my mind

as I got older and the future I have becomes shorter than the past I had.

 

自信感に満ちていると、

自分という感覚がずっしり重たく感じてくる。

When you are full of self-confidence,

the sense of self-awareness becomes hefty and heavy.

 

やる、やらない判断に時間をかけて考えるようになる。

You become taking more time to think

about what to do and what not to do.

 

やれるかどうかについて精密な計算をして、

かけるべき努力をあらゆる面から打算する。

Making precise calculations about

whether you can do it and compute out

the effort you should make from every aspect.

 

努力の度合い✖かかる時間

The hardness of effort ✖ Time-consuming

 

実行するために必要とする要因✖付加的な状況

Factors required to execute ✖ additional situations

 

実行によって得られる報酬✖払った価値など

Rewards gained by the execution ✖ Paid off values etc.

 

頭の中で計算機を叩き、

加算、減算、掛け算、割り算をほぼ完璧にやって、

割り出した最後の数値によって

やる、やらない判断にかかる。

Hit the calculator in your head and

do addition, subtraction, multiplication,

and division almost perfectly,

and finally, decide whether to do it or not,

based on the last numerical value you have calculated.

 

要するに、出された数値に魅力を感じるかどうかが

実行の肝要なのであった。

In short, as for me, the crucial point to carry out was

whether I would be attracted or not

to the calculated numbers.

 

ある時は、出された数値が99%成就不可能な時があったが、

0.1%の可能性に魅力を感じて挑戦したことがある。

At a certain time, the number I calculated was

99% impossible to achieve,

but I was fascinated by the 0.1% chance

and challenged for it.

その0.1%の可能性を15年間継続させることもできた。

I could keep managed the 0.1% possibility for 15 years.

 

だが、今になってやっとの思いで、

社会人としてやるべきことはほぼ済まし、

他人のためにやるべきこともある程度はやり遂げて、

私個人の満足のためだけに

生きようと心を定めることができた。

Even it was such to be,

I barely finished what I should have done

as a residential duty in society,

also done some things that should do for others,

so finally, I could make up my mind to live

for fill in my own personal satisfaction.

 

そうしたら、ある瞬間ふっと、

あんなに頑なにまで持ち続けていた自信感の感覚が

薄れて、色あせていることに気がついた。

Then, at a certain moment abruptly realized that

the confidence I had holding it obstinately,

but it was already diminished with faded color.

 

今や私は自信感があるような、無いような感覚、

有っても無くてもいいような、

もはや自信感に駆り立てる必要がないような

位置つけになっているのある。

I found that I am at a place

where I no longer need to be driven by self-confidence

like I have it or I do not have it,

or else, it does not matter whether I possess it or not.

 

そこまで感じ取った時に、

不安感も一緒に湧いた。

When I reached the feeling,

the anxiousness came along too.

 

自信感無しにやろうとすることができるのか。

Can I do what I try to do without confidence?

 

果たして、自分が自分の能力を信じられるのだろうか。

As expected, can I believe in my abilities?

 

やったら自らを満足させることができるのだろうかなどの

疑問が次々と湧いてきたのであった。

Questions arose one after another,

such as if I try, would I be satisfied by the challenge?

そのような自分への疑問は、

自分しか答えをもていないため、

考えても時間の無駄なのではあるが、

It can be a waste of time to think about

those popped-out questions on myself

because the only one who can give me the answer is myself.

 

何しろ、私は一つの概念について考え出すと

全てが明快になるまで辞められない性質がある。

In any case, when I come up with one concept,

I tend to cannot stop to think until everything gets clear.

 

今は自信感が過剰でも過小でもない

中位感覚のような状態なのだが。

Now I am in a neutral position that is

neither over-confidence nor under-confidence.

 

それが合っていても合っていなくても、

歩むべき過程の一つなら

黙々と持ち続けるしかないだろうとも。

Whether the positioning is wrong or right,

if I have to take the step in front of me

for the path of progress,

I have no choice but to take it silently.

 

だが、心構えがどこにも属していない

無属感を振り払うことができないのが厄介なのではある。

But one obligation I cannot shake off is

the mental static that does not belong anywhere...

 

 

 

 

 

Comments (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

体性知覚Proprioception

2021-08-27 | 姿勢

自分が感じる自分の体の感覚は

果たして正しいのだろうか。

The body sense can be correct

for the body’s actual feeling in the move?

 

バレエのレッスンを受けていると

常に先生から姿勢を指摘される。

When I take a ballet lesson,

my teacher always pointing out my posture.

 

“肩を下げて”

“Lower your shoulder(s)”

”目線を高く、一点に集中して“

“Look up, focus on one point”

”腹筋を使って“

“Use your abdominal muscles”

“肩と骨盤を並行させて”

“Parallel your shoulders and pelvis”

“軸足をしっかり固定させて”

“Lock the supporting leg tightly”

“腕が線から外れている”

“Arms are out from the line”

“足の位置がずれている”

“Foot angle is wrong”

“胸を開けて”

“Open your chest”

“胃を閉じて”

“Button up your stomach”

“腹筋を締めて”

“Tighten your abdominal muscles”

 

上記以外にも同じ指摘を2年以上

言われ続けているのに、

私は頑固にも同じミスを繰り返す。

Other than the above I mentioned,

the same indications I have been told

for more than two years,

but still, I stubbornly making the same mistakes.

 

ある時は、『これ以上正しい姿勢は取れない』

と確信までして、

正しくやっているつもりなのに、

足の角度が違うと指摘される。

Sometimes, I persuade myself that

『there is no more accurate execution for this pose』

and surely supposing that

I am doing the exact correct positions,

but my teacher points out that my foot angle is wrong.

指摘されるとすぐに正すのだが、

結構ショックになる。

I correct the poses as soon as pointed out,

but I get to quite a shock.

 

自分が感じる体の感覚が、

『あるべき』『感じるべき』感覚とずれていることに

気づかせてもらえるのはありがたいことではあるが、

自分の体をコントロールできていないことに悔しくもなる。

Advice that makes me realize

the actual execution is not matched

to be 『SHOULD BE THAT WAY』

『SHOULD FEEL WITH THAT WAY』

and I appreciate for problems be taken out

but at the same time, I feel frustrated

due to being unable to control my own body yet.

 

 

先月から筋肉トレーニングを始めて以来、

動かしたい内筋を感じ取り、

その部位を思うように動かすことは

非常に難しいとわかってきた。

Since last month as I started to train my muscles,

I found sensing the exact part of inner muscles

which I want to move is hard to feel it

and difficult to execute as I desire.

 

例えば、腹筋を鍛えようとして、

胸の下から骨盤の上あたりを

上部、中部、下部、側部の4等分に分割し、

それぞれの部位に意識を集中しつつも、

狙った特定の部位だけを動かすのは、

相当な練習が要る。

For example, to train abdominal muscles,

dividing it into four equal parts

in between the lower chest line and pelvis upper line as,

the high above part, the middle part,

the lower part, and the side parts,

and then to move out the target muscle only with concentrating,

it needs a lot of practice.

 

股関節周りの筋肉を鍛えるのも、

股関節周りの筋肉感覚を感じとるまでの過程も、

またまたの大変な作業になる。

Also, training the muscles around the hip joint

and the process of feeling out the muscle mobile sense

is another difficult workout too.

 

自分の体にもかかわらず、

体を成している筋肉の繊維を分割し

分別して感じることは非常に難しい。

Despite it is my own body, it is extremely difficult to feel

the fibers of muscle distinguishably with cognition.

それでも自分が自らを訓練しているつもりでやっているのだが、

やればやるほどしんどい。

Even though I suppose to trying to train myself

but the more I do it the harder it is.

 

だが、皮肉にもその苦しい身体訓練が、

雑念を切って、祓ってくれている。

Ironically, however, the painful physical training

has helped me out from the useless thoughts,

and it cuts the distracting mind too.

 

体が苦しければ苦しいほど、

脳の中は晴れて澄んでいく感じだ。

The harder the body,

the clearer and bright inside of the brain to get.

 

果たして、いつか自分が自らの体を統制できるようになれば、

正しい体性感覚を持てるようになるのだろうか。

Surely enough, will I be able to have accurate proprioception

if I am able to regulate my own body someday?

 

とにかく、自分のエゴ感覚を自分の体感覚と一致させていくことだけに

精一杯なこの頃であるのだが。

In any case, utmost I am exerting myself

to match my ego-sense with the sense of proprioception...

 

 

 

Comments (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Truth of body体の真実

2021-08-16 | 姿勢

私の運動神経は鈍い極まる。

I have extremely dull motor nerves.

なので体育嫌いだった。

That is why I hated physical education.

 

小中学校時代は体育の時間に偽病を使って休んだり、

体の不調を訴えて端っこで休んだりした。

In my school days, when before the ED time,

I used to use a false illness to skip

or lied about having a bad condition to rest at the corner.

 

なのに体が弱くはなかったのは、

歩いて通学したからだと思う。

But I was not physically weak

because I had to walk to go to school.

 

 

20代に入って、ジム通いを始めた。

In my twenties,

I started to go to a gym to train myself.

だが、明確な目標も無ければ、

なりたい理想像も無かったので、

暇な時間さえあれば、

ジムでうろちょろするような暇つぶし程度だった。

However, neither I had a determined plan,

nor had an ideal image I wanted to be,

so whenever I had free time,

I would spend time at the gym just to kill the time.  

 

なので、気分次第で通いだしたり、

忙しくなったら辞めたりして全く気に止めなかった。

At that time, depending on how my mood was

I would keep training or quit when I became busy,

so I did not care at all.

なのに、55才に入って

本格的に筋肉トレーニングを始めた。

But even then, I started full-scale muscle training

at the age of 55.

 

何が切っ掛けだったか忘れてしまったが、

6月頃からやり出したかもしれない。

I forgot what the trigger was to be motivated

but I may have started it around June this year.

 

筋肉トレーニングをやりだして気づいたことは、

Things that I realized

since I have started to train myself were,

体は絶対に嘘をつかない。

The human body never lies.

 

体に奇跡は無い。

There is no miracle in the body.

 

体に悪運、幸運は元々無い、

その3つが基本を成していることがわかった。

Basically, there is no good luck or bad luck.

I learned those three are performed the basics.

 

体で嘘をつくことは演技を除いて、

訓練無しでは難しい。

It is difficult to lie with body language

without certain training, except acting for a play.

詐欺師は言葉と体で嘘をつくが、

彼らはその嘘を正当化し生きる術としてしているから、

その嘘に気づけないと詐欺の被害に遭うはめになる。

Scammers' words and bodies can lie

with their justification to way to live as work,

so people who are not able to notice the lies

end up being victims of the fraud.

 

本当は嫌いな人と礼儀で嫌いなことを隠しても、

相手は何となく訳もわからず嫌われていると感づく。

If someone dislikes a person but hides it socially,

the opponent eventually catches up with the feeling somehow

that being disliked.

それと同じく、

本当は好きなのに嫌いな振る舞いをしても、

相手は嫌われていないと感じ取ることができる。

In the same way,

if someone pretends to dislike a person hiding how much liking,

eventually, the person is able to catch not disliked.

 

体は事実しか言わない。

The body only tells the truth.

 

体には奇跡が起きない、

奇跡のように、できなかったことが

嘘のようにできるようになることは無い。

No miracle for the body,

the body never makes the capability

upon incapability like a miracle.

 

ダイエットカプセルとかドリンク剤で

奇跡のように痩せた広告も見かけるが、

強引なダイエットにより体の恒常性が崩れ、

体の副作用を誘発する。

Often, we see advertisements

about diet drinks or taking a capsule that

can make to be skinny like a miracle,

but such forcible dieting destroys the body's homeostasis

and induces side effects on the body.

 

自転車に乗れるようになるのも、

泳ぐようになるのも奇跡でない。

Be able to ride a bicycle or swim is

never come from a miracle.

乗る、泳ぐ練習をしないと、

突然できるようにはならない。

If you do not practice riding and swimming,

you never be able to do it instantly.

 

運良くできるようになることも、

運が悪くてできない体の技も、無い。

There is no luck or unlucky to accomplish physical techniques

like I could not do because I had a bit of bad luck,

or I could do it by luck.

 

体で為せる全ての技に運のよさや悪さが無い。

The techniques our body makes,

it never comes from a piece of luck or a piece of bad luck.

 

動作は始めないと動作できないようになっている。

An act never is operated until it is started to do it.

 

電源を入れないと電気がつかない仕組みと同じである。

It is the same as the mechanism that

electricity never powers on unless the switch is turned on.

体は因果に従ってONとOFFをおこなう。

The body can do ON and OFF by the consequences.

 

これらの体の真実は事実である。

The truth of the body in the act.

体を使わずに頭の思考だけで

真実や事実を述べても体は変わらない。

The human body never changes by telling truth or facts that

only came from thinking in the brain without using the body.

 

体を変えない真実や事実は瞬時には輝けるが、

体の細胞を覚ますことはできない。

The truth unable to change the body can radiate us instantly,

but it never awakens the body cells.

 

認識の思考力は

細胞あたりの脂肪率を絶対に変えられない。

The cognitive thinking power

can never change the fat rate per cell.

 

体の真実は体でしか証明できない。

The truth of the body can only be proved by the body itself.

 

Comments (23)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Body center point & vitality point体の中心点・気力のポイント

2021-08-10 | 坐禅

気の力はどこから始まるのか。

Where the vitality energy begins?

気力は意志の力で発動させることができるだろうか。

Can vitality be activated by the power of will?

もしくは、気力を出そうとしたら出せるのだろうか。

Or can the vitality be in motion if you try to start it up?

気力は電源を入れるスイッチのように入れたり消したりできるのだろうか。

Can the vitality be turned on and off like a power-on switch?

 

私の場合は、意志で気力を起こすことが難しかった。

In my case, it was difficult for me to activate it by my will.

気を絞って活気に振る舞っても、

気が緩むと元の無気力な状態に戻ってしまったりした。

Even though I vigorously pretend to squeeze out of it

but as soon as I relaxed,

it turns back to the original lethargic state.

 

気力が無い時に踏ん張って気力を出しても、

気力を出すこと自体に気力を使ってしまい余計疲れる。

 I try to hold my vigor out even when I have no energy for it,

but eventually, get tired more

because I used up the energy to be energetic.

しかも気力に溢れている人に会うと何故か更に疲れてしまって、

その元気な人から気力を裾分けしてもらうこともできなかった。

Moreover, when I meet a person who is full of energy,

I end up even more tired for some reason,

and I could not share the energy with the fully vital person.

 

気が弱っていると気が強い人は煩わしく感じてくる。

When my energy level is weakened,

a fully energetic person makes me lousy.

アメリカ住まいになって良いことの一つに、

『頑張ってください』という激励を聞かないで済むことだ。

One of the good things about living in America is

no longer listening to encouragement

such as “Do your best”.

 

日本では、挨拶のようにみんな頑張ってくださいとよくいう。

In Japan, people often say

“Please do your best” like it is a greeting.

人が頑張っても、頑張っていなくても

決り文句のように『頑張って』と言う。

Although people do their best or not,

they say “Do your best” like a set phrase.

 

頑張ってくださいと言われると、

そうか、私はまた頑張る必要があるのか、

私はまだ頑張っていないのかと自分を判定してしまう。

When I was told to do my best,

I come to judge

whether I indeed need to do my best again

or have not yet done my best.

頑張る、頑張らない、頑張るようにする、

それらの行動はどれも気力が無いとおこなえない。

Do the best, do not the best, try to the best,

these behaviors cannot be done without energy or vitality.

 

気力が持てない人に、

気力を持ってくださいと言われても、

それは激励になれない。

Saying that do have your vitality

to the person who is not able to have it,

the one cannot be encouraged.

私にはその『頑張ってください』という応援か、

励ましが重苦しかった。

Such encouraging, supportive words for me to do my best were

made me feel heavy and lousy.

 

人によって起動された気力は、

人によって簡単に消滅される。

The energy generated by people

it will be gone easily by the people.

 

結果的に人によって動かされるようになるから、

私は頑張ってくださいと言われると

余計な重荷のように感じてしまう。

When I am told to do my best,

it becomes an extra burden

because I will be influenced anyway.

 

だから、人に影響されない気力を持てたかった。

Therefore, I wanted to have my energy not to be affected by people.

しかし、そうは簡単に気力を持てなかった。

But it was not easy that way.

 

なので、気力を無理矢理に出すことをやめて、

その日にできることを探し少しずつやれることをやってきた。

So, I have been trying what I can do per day little by little,

instead of forcing myself to overly keep up vitality.

そのできることが『正しく立つ』『正しく坐る』ことであった。

The things that I could do was

『stand correctly』『sit up correctly』

 

正しく立つことは案外難しい。

Unexpectedly standing correctly is difficult.

正しく坐ることは立つより難しい。

Sitting correctly is more difficult than standing.

 

私が目指す正しく立つことは、

体の骨組が本来あるべきところに立て、

なお歪んでいなく、

骨を支える筋肉も正しくついている状態である。

The correct standing form I pursuit was that

the skeleton structure of the body standing where it should be

and there is no twisting,

also, the muscles that support the bones are properly attached.

 

正しい起立のフォームが

ただ形を変えただけの坐るフォームになるように心かけた。

I tried to make sure that with the same formatting of standing correct,

the shape just changes to be the sitting form on the same stance.

その正しくなることを意識してやっていたら、

ある日、正しく坐ることはこのことだというかという瞬間が

突然にきたのであった。

I tried to do correct consciously,

one day all of sudden, the moment has come to feel for me that

“This is the correct form of sitting”.

 

その瞬間から、坐り続けても苦痛が無い。

Since that moment there is no pain even though I sit for long hours.

何時間もフォームを崩さずに坐っていられるようになった。

I became too able to sit for hours without breaking the form.

 

 

4年か前に、日本で南直哉禅師から坐禅指導をしてもらった時に、

『どうやって体の中心を定めるのか』と質問したことがあった。

About four years ago,

I was instructed how to do Zen meditation

by Zen master Minami Jikisai in Japan.

I once asked, “How can I determine the center point of the body?”

すると、南師もそれには苦労があったと言い、

中心を探そうとすれば

『体の中にピッタっと完璧にハマるところがある』

ことを見つけることができると答えてくださった。

Then he said that he was also had a hard time finding it,

answered for me that

if you try to find the center point of the body you can find like,

“There is a perfect point that fits precisely in the body”.

 

私が突然持てたそのピッタっとハマった実感は、

まさに南師が言った『ピッタっとハマった』そのことなのかなと思った。

The actual feeling suddenly I had

『fit in precisely』

it might be the exact thing that the master Minami mentioned.

 

それ以来、坐ることに気が重くなることが無くなった。

Since then, no more gloomy feeling for me to keep sitting.

体の中心点が定まったことで気力が自然に湧いてきた。

By setting up the body center point of the body,

the energy came along spontaneously.

 

気力が湧くので、つらい筋トレーも継続できるようになった。

As the energy pumping up,

I was able to keep up muscle training too which is hard.

 

だが、それらはあくまでも

私だけの個人的な体感覚にすぎないので、

万事に通じる根本ではない。

However, those are just my personal body sensation,

so it is not basic almighty for everyone.

人それぞれ、各自の体の条件が異なるので従って、

体の中心感覚も個人差がある。

Since each person has different body conditions,

so centering body sense also varies from person to person.

 

だが、それ以上正しくできないところまでいけたら、

必然的に『体の中心がピッタっとハマる』ところに辿りつくかもしれない。

But if someone can reach the point

where there is no more place to be right,

then the one may consequently get the body center fits in precisely.

 

体の中心が定まると泉のように気力が湧き出るようになるので、

それは不思議な現象であるのだが...

Once the body center point sets in

the vitality of energy springs out like a fountain

and that is one of the mysterious phenomena...

 

 

 

 

 

Comments (29)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Ratio of brain & body脳と体の比率

2021-07-20 | 坐禅

脳が体を支配するのか。

Does the brain control the body?

体が脳を支配しているのか。

Or the body controls the brain?

 

その境を明確にしたいと思っているのだが、

簡単ではない。

It is not easy for me to distinguish the line in between

although I want to.

 

私はこの2~3ヶ月の間、

体の運動神経を覚醒させることに集中している。

For these couple of months,

I have been focusing on awakening the motor nerves of my body.

究極的に、思い描いたイメージを体が正確に再現できることを

目標においておこなっている。

The alternative goal is to be able to replay accurately

the image I draw in my mind.

 

不思議なことに、体の筋肉が伸びる切って、

それ以上伸びる余分が無くなると、

考えを断ち切ることができることだ。

Curiously, when my body muscles are fully stretched

and there is no length to stretch out,

I become able to cut off my thoughts.

 

その境地は坐禅を行う際に、

雑念を振り払った後の

真に無念になった瞬間に極似している。

The sequence is extremely resembling the moment that

reaching the status of non-thinking

by cutting off useless thoughts

when performing Zen meditation.

 

勿論、私は未だに

全ての体の筋肉を伸ばし切るまでは程遠いレベルだが、

簡単に動かせる腕の筋肉だけの例を取っても

その類似体験ができるから、

まさに体は不思議だと感嘆している。

Needless to mention,

I am not able to stretch out all the muscles of my body yet

but still, I am astonished at the wonder of the body

because you too can have a similar experience

by using arm muscles which easy to move to take an example for it.

 

人の中では病気や疾患などで

体の使いに不自由している人がいる。

Some people are physically handicapped

due to illness or disease.

そのような体の運動神経が不自由に制限された人でも、

指の筋肉とか手の裏の筋肉を極限に伸ばす試みはできる。

Even those people whose body motor nerves

are unfree and limited to move

can try to stretch maximum

the muscles of their fingers or palm of the hand.

 

もし、ある人が手や足も自由に使えない状態なら、

目のあたりの筋肉とか口のまわりの筋肉を

最大限に使う努力はできる。

If someone is unable to use hands or feet freely,

even though he or she can make an effort

to maximize muscle mobility around the mouth and eyes.

 

自分の体で『今できる』ことを探し、

部分であっても、その部分の運動量を最大限に

伸ばそうとする努力をすれば

私が言っていることに共感できるだろう。

If you look for 『what you can do now』with your body

and try to maximize the quantity of the muscle movement

even it is part of the body,

then you will sympathize with what I am saying.

その過程で、多少の痛みや怪我の恐れは付きものだが、

それらにめげずさらに挑戦すると、

筋肉最大限の伸び感を持てる。

In the process, there is a risk of injury get some pains

but if you overcome afraid and challenge further,

you can feel the fully stretched muscles.

 

その境地に辿ると、

坐禅の目指す無念の状態を

体に覚えさせることができる。

When you reach this point,

you will be able to let your body memorize

the state of non-thinking level that

Zen meditation is aiming for.

 

体を頻繁に使えていない人は

その使えていない分の余分なエネルギーが

考えや想いに割り合っていく。

For people who do not use their bodies often,

the left-over energy without being used in the body

changes to the proportion to think or longing for something.

そのエネルギーが新たな創造に向いていないと

過去に有ったことや解決されてないトラウマなどに

執着することになる場合がある。

If that energy is not toward creating a new,

sometimes it happens to stick with episodes that

happened in the past

or the PTSD that unfinished business.

 

そのように、脳が優先的に働くと

脳の中での運動量が増えて考えが先走る。

In that way, when the brain works priority

and mobility energy increases,

the thinking goes ahead.

なので、雑念を切ろうとすればするほど、

さらなる考えを増やすはめになる。

Therefore, the more you try to cut off useless thoughts,

the more thoughts you need to think in advance.

 

考えは考えで断ち切ることはできない。

Thoughts cannot be cut off by the thought.

幸せな想い出も辛いトラウマでも

脳の中だけでは巡回するだけだ。

The happy memories and painful PTSD,

they just go around in the circle in the brain.

 

体は今を生きていながら、

脳だけ過去に住んでいるような状態だと

言えるかも知れない。

It is likely to say that

the body is living in the current present,

but the brain only lives in the past time.

 

理想的には、脳を使う比率と体を使う比率の均衡が取れて、

バランスを保つ状態が健康的で実利的だと思う。

Ideally, take a balance between the ratio of using brain and body,

will bring profit and mental health.

 

脳と体がどちらも優先的な優位を取らず、

体がやろうとすることを脳が導き、

脳がやっていることを体が再現できる、

この状態を目指すことが人にとっての尊厳性かなとも思う。

I guess human dignity would be,

the aspiring such as brain guides body

to accomplish what the body tries to do

and the body replays what the brain ordered,

neither the brain nor the body dominates the priority.

 

 

 

 

 

Comments (22)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3次元立方体の筋肉3D cubical muscle

2021-07-06 | 姿勢

人の放つ気には気体拡散性がある。

The energy that peoples give off has gaseous diffusion.

 

最近、私は自分の体の筋肉が覚醒し始めたような感覚がある。

Recently, I have felt a body sensation that

my muscles began to awaken.

 

ということは、体の内筋を動かせる角度が広がったことで、

筋肉の次元が2次元から3次元に

グレードアップしたような感覚である。

This means the inner muscle mobile range has expanded,

and the angle gets wider,

making it feel like the body sensor grades up from 2D to 3D.

3次元は立方体を指す。

3D refers to a cube.

 

つまり、一本一本の筋肉繊維が

上下・前後・左右に動けて、

内旋と外旋の回旋がスムーズにやることができ、

伸び縮みも柔軟にできることである。

In other words, each muscle fiber can move smoothly,

upward and downward, backward and forward,

inward and outward, elastically stretch and contract.

 

その立体的に動ける筋肉を3次元的な筋肉機能に当てるなら、

普段使い慣れた筋肉の可動域は2次元になる。

The muscle function that can move cubically is three-dimensional

and within the usual range of mobility for daily life

becomes two-dimensional muscle.

 筋肉の可動域次が2次元から3次元に移ると、

ものの見方や考え方、受け方も変わる。

When the range of muscle mobility

shifts from two-dimensional to three-dimensional,

the way of looking, thinking, and reception are change.

 

というのは、人の動きを見て、

その動きの動作が始まった原点を推測できるようになることだ。

To say details, one will be able to guess

where the movement originated

and how it started when looking at the movement people make.

普段の生活範囲や仕事の範囲で使う筋肉は、

特に意識しなくても自動的に行える。

The muscle range we used to use for daily life and work

can be done automatically without any particular concentrating.

 

脳からの特別な司令も受けない。

It does take any specific command from the brain.

2次元筋肉は頭がやろうとしていることを補助する

助け役を果たすだけだ。

Two-dimensional muscles only associate

the head work with what it tries to do.

なので、脳からの司令も決まった神経回路を経由し、

何の特別な刺激も生じない。

Therefore, the command from the brain

automatically goes through to the neural circuit,

and there is no specific stimulus generated.

 

だが、3次元筋肉の立方体の中では、

1次元の線も2次元の面も曲がる。

However, in a cubical three-dimensional

both the line of one-dimensional

and the planes of two-dimensional muscles are bend.

つまり、体の中の空間が曲がる。

To say shortly, the space inside the body bends.

 

体の中の空間が曲がると

瞬発的な機動性が速度を増す。

When the space inside of the body bends,

the instantaneous momentum of mobility speeds up.

瞬時に作り出された機動性は

エネルギーを拡張、拡散させる。

The instantaneously created mobility

expands and diffuses the energy.

 

その増大されたエネルギーの勢いは、

物質が気体になり拡散していく過程に似ている。

The momentum of increased energy is similar to

the process of gas diffusion of a matter.

匂い物質の炭素結合数とイオン結合の違いにより

匂いと香りに変わるように、

人が放つエネルギーにも結合構造、反応速度によって、

放出されたエネルギーの性質が変わる。

As the difference in the number of carbon compounds and their ionic bonds,

it changes to odor or scent,

in the same way, the energy people give off

it is changed by the combined structure and the speed of response.

 

例えば、気の運動エネルギーがその人の内側に向いていると

内向的な性格の持ち主に見えるし、

外側に向くと外交的で社交的な性格を持っているように見える。

For example, when the kinetic energy of the mind is directed inwardly,

it appears to have an introverted personality,

and when it is directed outward,

it seems to have a diplomatic and sociable personality.

 

中に向いたエネルギーが外に放出できず、

何らかの障害で中に閉じ込まれてしまった場合、

その継続的な運動性が自らの体を攻撃してしまうケースがある。

If the energy is inward and unable to release outward,

it will be trapped inside due to having some obstacles,

some cases show that continuous mobility may attack its own body.  

 

また、そのエネルギーが内側で停滞してしまうと

うつ病や自虐傾向として表れるケースもある。

To add, when the energy is congested inside,

it turns to have a depression symptom

or to have the tendency of self-deprecation.

 

身体芸術は体のエネルギーを外へ外へと放出する共通点がある。

In physical art, the realm has in common that

the energy of the body sends outward and to the outside.  

動きが線になるか、

ウェブのようにらせん状か、

電波のように周波数を持つかによって、

その動きを見る人が受ける感じも変わる。

Depending on whether the mobility becomes a line,

a spiral-like wave,

or appears like radio frequency,

the feeling of audiences receiving will change.

 

3次元筋肉は運動性を最大限に高め

『身体の生物学限界の中で自由になる』

ことを証明している。

Three-dimensional muscles maximize mobility

and prove to be

“be free within the biological limits of the body.”

それら動的エネルギーが見る人の感じ方を動かせる。

Those dynamic energies can move the way the audiences feel.

 

動的エネルギーとは相反的に、

動きを最小限に維持する坐禅の坐り方では、

坐る姿勢を維持するために内筋を最大限に動かすことによって

静的なエネルギーを作り出すのだが...

On the contrary of the dynamic energy,

in the case of Zazen-meditation sitting form that

keeps mobility minimum,

maintaining the sitting posture has to use internal muscles

to maximize and create static energy...

 

 

 

Comments (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

坐禅とバレエのリセットボタンReset button of Zen-meditation and ballet

2021-06-18 | 坐禅

火曜になると水曜のバレエクラスのために

こころの準備体制に入る。

On Tuesday, I set my mind as to be preparatory

for Wednesday ballet class.

今年の6月入って、やっとバレエの自習練習を始めた。

In June this year,

I finally started self-educating ballet training.

 

以前は、バレエ用語を勉強したり、

並行して骨格と筋肉科学の仕組みを理解しようとしたりするための

基礎知識習得がメインであった。

Previous my main focus was,

to acquire balletic basic theories

to understand the mechanism of bone structure and muscle science,

side by side with studying ballet terms.

簡単なストレッチング以外、

習ったことを復習しなかった。

I did not replay what I learned

except doing simple stretching.

 

そのような頭でっかちな体制だったので、

同じミスを2年間繰り返しても気にしなかった。

I did not care the mistaking that I had been repeated for two years

with such a big-brain attitude.

まあ、“年だからできない”と開き直ったから、

間違って恥ずかしくは感じていても

“それがなに?”みたいな、

できなくて当然のように思っていた。

Well, I had a kind of defiant attitude that

“I am old so I can’t do it”,

so even though I felt embarrassed as I was doing wrong

I thought like “so what?” I took my mistake for granted.

 

バレエができない理由は数えられないほど多いのだが、

バレエにむいていないとされる一般的な条件は、

There are countless reasons why you cannot do ballet,

but general conditions that supposed to think you are not for ballet is,

①身長が低い

 Short height.

②手足首が短い

 The limb and neck are short.

 

その2つは持って生まれてきた身体条件のことなので、

個人の意思の力を超える領域である。

Those two physical conditions are congenital

when born so it is far beyond personal willpower.

 

③習える時期が過ぎている(≒臨界期が過ぎている)

 To learn ballet the time is over (≒The critical period is gone)

 

上記の③番目の条件は実証されていなく、

検証もされていないため事実かどうかまだ知られていない。

The above third condition is neither proven nor verified,

so it is not yet known whether it is true or not.

 

実は、私が動機付けにされた理由もこの③番目の条件である。

In fact, the reason how I was motivated is,

because of the third condition.

 

 

今月、私は55才に入った。

This month, I turned 55.

今のバレエスクールに入ったのは2年前の2019年5月だった。

I started to learn ballet at Valley Ballet school two years ago in May 2019.

 

思えば、その2年間は、寝ながらバレエを習っていたような、

『心、ここにおらず』状態で、

できない理由で自分を正当化していた。

When I think back then, for those two years,

it was like I was learning ballet while I was sleeping,

my mental state was like『my mind is not here』

justified me with reasonable reasons that I incapable of.

 

50代でバレエを始めるというのは、

無謀のようで、場合によっては笑える。

Starting ballet in the 50s

seems reckless and laughable in some cases.

実際、自分の動きを見て自分で笑えるから嘘ではない。

Actually, I laughed at my movement, so it is not a lie.

 

だが、ミスや間違いを真剣に受け止めて始めて以来、

自分に笑わなくなった。

But I no longer laughed at myself

since I started making mistakes and doing wrong seriously.

笑って誤魔化すこともなくなった。

I no longer cheat with laughing.

 

何が私を変えたのかと改めて思い返すと、

切っ掛けとして考えられる原因は、

To think back on what made me change is,

the possible trigger that motivated me was realizing these two.

『坐禅の坐り方の中心を定める』

『バレエの中心の保ち方』に気づいてからかもしれない。

『Determine the center when you sit for Zen meditation』

『How to maintain body center in ballet posture』

 

運動性では対極している2つが、

同格の原理から派生されていると実感した瞬間、

私の心構えが変われたかもしれない。

Those two are extremely opposite in terms of mobility,

but they are at the same apposition for the fundamental principle.

At the moment I felt two are originated from the same logic,

it might have changed my mental attitude.

 

坐禅は身体の動きを極限までに最小化することにより、

思考のエネルギーと動作のエネルギーを

ほぼゼロの状態にもっていく訓練である。

The meditation of Zazen is training that

controls the energy of thinking and the movement

to be almost zero states by ultimately minimizing body mobility.

 

心身のエネルギーを極力最低限、

最小化していくことによって、

エネルギー消費の悪循環をリセットできる。

The vicious consuming energy circle can be reset

by minimizing to the limit the energy physical and mental.

 

そのリセットが究極にゼロの閾値に達した瞬間が、

悟りに似たような感覚を伴うため、

修道僧でなくても一般の人なら

ある程度の訓練により悟りを味わうことができる。

The moment when the RESET reaches the ultimate threshold of zero,

it accompanies a sense that similar to enlightenment (≒extreme awareness),

so for normal people who are not Zen-trainee in Buddhism,

they can enjoy the flavor of the enlightenment by doing some zen training.

 

そのリセットボタンが坐禅の坐り方の中心点にある、と私は思う。

The reset button is at the center point of Zazen sitting, in my guess.

 

坐り形の姿勢中心点が極限のゼロになった瞬間、

リセットボタンがポツンと現れる。

At the moment when the posture of sitting

gets ultimate balance at the body center,

the reset button pops out.

 

そのボタンをゼロの中心点で押すことにより、リセットができる。

Pressing the button at zero points can do a reset.

 

バレエの立ち方のリセット中心点は機動性を持つ。

The center point in ballet standing posture, it has mobility.

なので、バレエでは中心を一点に定めて、

力動的に動かす必要がある。

Therefore, ballet mechanics requires setting the body balance

on to the one point to move dynamically.

中心点を可動していくことである。

It means to let the center point moveable.

 

坐禅での動作の最小化、

バレエでの動きの最大化の原点を辿ると、

そこに中心点、

つまりリセットボタンが隠れてあるのである。

When we trace the origin of minimizing mobility in Zen-meditation

and maximizing body movement in ballet,

there the reset button is hidden.

 

坐禅の悟りは、コンピューターの初期設定に似ているかもしれない。

Zazen enlightenment (≒extreme awareness)

may resemble the default settings of a computer.

 

バレエの中心点を起動させることは、

エンジンに電源を入れるスイッチの役割に似ているかもしれない。

To ignite the center point in the ballet,

it may resemble the role of a switch that powers on the engine.

 

要するに、坐禅の訓練無しでは、

バレエの動的エネルギーを理解できなかったと思うし、

バレエでの中心構築無しでは、

坐禅の坐り方の中心点を定められなかったと思う。

My point is, I assume that without Zen-meditation training

I might not be able to understand the dynamic energy of ballet,

also, without the feeling of assembling and build up the core point in the ballet,

I might not be able to set my body center for doing meditation.

 

 

 

Comments (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

55歳になってBecame 55 years old

2021-06-14 | 住まい関連

ついに55才になってしまった。

I finally became at the age of 55.

 

20代の時は、55才の女性は、この世で用済みというか、

女性としての魅力は微塵も無いただの人間のように思えた。

When I was in my twenties,

a 55-year-old woman looked like a kind of being finished

or just one human being who does not have any charm.

 

まあ、若い世代にとっては

50代も60代もあまり変わりのない年寄りの枠組に入るだけだろう。

Well, from the view of young generations

the 50s or 60s people are categorized into the same file as older people.

 

平均年齢が78~80才なら、

私の余命は後30年余りなのか。

If a human’s average length of age is from 78 to 80,

will my life expectancy be left around 30 years?

長いような短いような、

いずれボケないでいられるのも精々25年くらいだろう。

30 years, it can be shorter or longer for me

but the year without dementia,

it would be 25 years at the utmost.

 

私は人より若く見えるようだが、

内蔵年齢は生物年齢そのままで、何も若くない。

People told me I look younger than other same agers,

but my biological internal organs are aged as same as them.

 

皮肉にも55才になってみると十分に歳を取った満足感がある。

Ironically, as I became age 55,

I found that I am satisfied well to get old.

私は歳を重ねる度に、

精神年齢も肉体年齢もどちらも不均衡せず、

バランスを維持しながら老化していくことに趣をおいてきた。

As I get older,

I always have been focusing on the tenor that

neither my mental age nor physical age is imbalanced.

 

年相応のおこないができて、

歳に見合った業績を持てるように努力してきた。

I have been trying to be appropriate for my age

both behavioral attitude and achievements.

若く見えること、若くなることにあまり興味は持っていないが、

品よく歳を取っていきたいなとは思っている。

I am not extremely interested in look young or getting young again

but want to get old sophisticatedly.

だが、その『上品さ』を持つことは

若くなる、若く見せることより難しい。

But to have “modesty” is more difficult

than making looks young or becoming younger.

 

若く見えるようにするには、

ある程度誤魔化しを効かせることができて、

その演出でなんとか場を凌げることもできるが、

人に上品な人だと感じさせるためには、

これと言ったトリックが無い。

To make look younger

there some ways of deceiving or cheating momentary

but there are no tricks to be an elegant person.

 

にんにくに香水を付けてその臭さを誤魔化すことはできるが、

その香水が蒸発される途端、

にんにくはにんにくの臭いを放つ。

It is possible to add perfume on garlic to disguise the smell,

but the garlic gives off its smelling

as soon as the perfume evaporates.

 

腐ったものに蓋をして閉めたとしても、

その蓋が緩くなった瞬間、

腐った匂いは空気中に拡散していく。

Even if you tighten the lid on rotten stuff,

the rotten smelling will be scattering into the air

as the lid loosened.

 

上品さは香りのようなものかもしれない。

Perhaps elegance is like a scent.

香水は上品を演じる役者的なものかなとも思う。

Maybe perfume is like an actor

who plays the role of an elegant person, I guess.

 

自然に上品に年を取ることは、

木が木であって、水が水であるような

原理に類似しているかもしれない。

Getting old spontaneously is maybe similar to the principle

that a tree is a tree and water is water.

 

 

趣味の事柄、バレエのテクニックを学ぶため

YouTubeをよく観ている。

Since ballet is a hobby,

I often watch YouTube to learn ballet technics.

大概のバレエユーチューバーは

バレエダンサー出身か現役バレリナーが多い。

Most ballet YouTubers are former ballet dancers

or currently working at ballet companies.

 

彼らの体に染み付いている態度や仕草を見ると、

意外に優雅さとか上品さ感じさせない人が多い。

Looking at the attitudes and gestures

that are ingrained in their bodies,

unexpectedly a lot of them

failed to make me feel they have the elegance or defined.

 

だが、稀に見ているだけでふんわりしたような、

羽が空気中で舞うようなほんわかな感じを放つ人がいる。

However, on rare occasions, by just looking at it,

some of them give off such feelings that

fluffy, snug, like a feather, is dancing in the air.

 

その差はどこから起因するのだろうか。

What makes the difference?

優雅さを持っている人も持っていない人も

テクニックの駆使では

舞台公演でほぼ対等なレベルで表れるだろうし、

決まった役を演じるにも大きな差が無い。

Whether they have the elegance or not,

from the aspect of utilizing the technique,

their level will appear almost at the same

on the stage performance,

and there is no big difference in playing a rule.

 

ただ、両者には根本的な差があるに違いない。

But there must be a fundamental difference

between the two cases.

 

もしかしたら、『心の中に何を育っているのか』

その心構えが違うからかもしれない。

Perhaps, the mindset of

“what is growing in their minds” might be different.

 

或いは、『何を追求しているのか』

その方向性が違うところを向いているからかもしれない。

Or maybe, “what they are pursuing”

the directions facing differently.

 

美的センスは人によって異なるので、

私にとっての優雅さは

他人にはただの気だるさに見えることもありえる。

Aesthetics vary from person to person,

so it is possible that I see it as elegance

but at the same time, it can be seen as listless.

 

だが、いずれにしても、

これからの加齢の過程でも、

私自信の自画像に勘違い的な要素を無くし、

うぬぼれ要因を最低限にしていきたいなと思っているが、

どうなるのやら。

In any case, in the aging process,

I would like to eliminate the misconceiving for my self-portrait

and minimize the self-conceited factors,

but who knows what will happen?

 

 

 

 

Comments (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英語発音の訛りEnglish pronunciation with an accent

2021-06-08 | 英語、韓国語

2016年5月に移住したから今年でアメリカでの生活が5年目になる。

Since I immigrated in May 2016,

it is my fifth year living in the United States.

5年も経っているのに未だに私は訛りが取れない。

With these five years, I still have an accent.

 

その原因は何だろうかと私なりに考えてみた。

I thought about why I still have the accent.

以下は発音の訛りが取れない私のケースリストである。

Following is my case list for the unfixed accents.

 

①口内筋肉のトレーニングをやっていない。

  I did not train my oral muscles.

②古い習慣を直していない。

  I did not reform the old habits.

③冷徹な分析が成されていない。

  Not yet thoroughly analyzed.

④安易な発音方法に留まっている。

  Stay in the easy way of pronouncing.

⑤以前に学習した範囲を超えていない。

  I did not go beyond the area that learned before.

⑥自分の習い方に拘っている。

  I have been sticking to the way I learned.

⑦自分が学習してきた方法を破れない。

  I am not able to break the method I have learned.

⑧問題点に気づけていない。

  I am not able to aware of the problems.

⑨問題を深刻に受け止めていない。

  I have not taken the problems seriously.

⑩外人だからできなくていいと甘えている。

  I spoil myself on the reason that I am a foreigner.

 

上記の私のケースは、

英語の発音に苦悩した人なら誰でも

一度は経験したことがあるだろう。

Those above cases of mine

would have been experienced by anyone

who suffered from pronouncing English correctly.

 

それらの問題に直面しつつも改善できないのは

以下の心の防衛機能が優先的に働いているからかもしれない。

While we face the problems,

we cannot improve pronunciation properly

because the psychological defense functions

it works as a priority in our minds.

The following are mental defenses for it.

 

①発音を直すには歳を取りすぎた。

  I am too old to correct the pronunciation.

②英語文化に幼い時から触れていない。

  I was not grown in the English culture from childhood.

③生まれ育った母国の言語は人の一生を支配する。

 The mother tongue you have dominates your entire life.

④言語は幼い時だけ身につく。

  The language can only customize from childhood.

⑤言語の壁は乗り越えられない。

  The language barrier cannot be overcome.

 

考えだしたら切りが無いので、

大雑把に⑤項目だけ挙げてみた。

To think of it there is no end,

so I have roughly listed up just 5 of them.

 

改めて文章にしてみると、

できない理由はそれほど大したことでないのに、

それらの原因を正当化してきたように思える。

As I listed by writing,

the reasons why I could not fix my intonation

seemed not that big issue,

but I might have justified myself with them.

 

 

私の夫はいわゆる歩く辞典である。

My husband is a so-called walking dictionary.

冗談で、エリグールと呼んだりもする。

I call him Erigle as a joke.

彼の名前のエリックとグーグルを合わせた合成言である。

It is a synthetic word that combines his name Eric and Google.

私が分からない言葉の意味を彼に尋ねる度に、

ほぼ完璧なほど辞典かウェブ検索のように説明ができるから

私がつけたニックである。

I created the Erigle

because he can explain almost perfectly

like a dictionary or searching engine

whenever I ask for a word that I do not know.

 

要は、彼ほどの完璧な言語の先生を持っていても

私自身が自分の発音を真面目に変えないと、

生きた辞典や人間グーグルも意味がないとのことだ。

My point of mentioning my husband is that

even though I have a perfect language teacher like him,

whether I have an alive walking dictionary or a human Google,

it will be meaningless unless

I seriously change my intonation.

 

英語圏内に住んでいなくても、

今やネットのSNSで誰でも現地の発音を接することができる。

Nowadays, even if you are not live in English spoken country,

anyone can contact native pronunciation on SNS or using the Internet.

 

外人と英語で会話したければ

ウェブ上で実際話せることもできる。

If someone wants to talk in English

can actually talk with it on the Web.

 

なので、外人だから訛りが取れないとのことは

言い訳になってしまった。

So, the reason that I have an intonation or accent

because I am a foreigner, it became a justification.

 

できないと思うこんでいる心理的な壁を破れない限り、

外人の訛りは一生直せないかもしれない。

Unless you break the psychological barrier

thinking that I cannot do it,

the foreign intonation never is corrected for the rest of your life.

 

 

 

Comments (24)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

躰を起こすアラーム設定Alarm setting that wake up the body

2021-05-29 | 姿勢

『武術では防御は反射的に、攻撃としての動きを伴うから 

 それが一連の動作に成るように、

 「躰が覚えるまで」反復練習して

 日々同じ動作を延々と繰返し習得していく』

“In martial arts,

defense is reflexive and involves momentum as an attack,

practice a movement until it becomes a sequential motion.

Do the same practice repeatedly and endlessly every day

until your body learns it.”

 

上記は榮久さん(ペンネーム)が

前回の記事に関連して書いてくれたコメントである。

The above-equated comment is written by Mr. Yoshi (his pen name)

according to the previous posting.

武術の稽古を導いてくれた彼の祖父の教えであるようだ。

It seems to be the teaching of his grandfather

who conducted him the practice of martial arts.

 

同じ動作を延々と躰が覚えるまで反復するのは

簡単におこなえるものでない。

It is not so easy to repeat the same practice endlessly

until the body gets it.

特に、理屈屋の私は理論的に納得してないと

反復演習がストレスになるから、

何らかの技もまずは知ることから始めないと気がすまない。

In particular, as a logical person, I am,

if I am not theoretically backed up

the repetitive exercises can be stressful,

so for the foremost, I have to start by knowing

what-so-ever-technique to make myself satisfied.

 

学生時代は体育の時間が死ぬほど嫌いだった。

When I was a schooler,

I hated the physical education time to death.

避けることができたら避けて通ってきた。

If I could avoid it, I did all the way.

 

それが大学では体育が必修科目だったため、

卒業するため死ぬ気で取り組み、

やっとのおもいで単位をとった。

Inevitably, physical education was an obligatory subject at university,

so I tried desperately as if my life were dependent on it,

for the sake of it, I could get the required credit somehow to graduate.

 

たが、皮肉なことに卒業単位を取って、

もう強制的に運動をする必要が無くなった時に、

体を鍛えることに興味が湧いた。

But how ironic it was,

when after I took graduation credits

and no longer need to force me to exercise,

I became to have interesting to train my body.

それでジム通いを始めた。

That is how I started to go to the gym.

 

思えばバレエもジムのスタジオレッスンの一つだったので、

姿勢を正すのにいいかなと思って始めた覚えがある。

To think back then, ballet was one of the studio lessons at the gym,

I thought that the ballet lesson would help to improve my posture.

ただそれだけの動機つけだったから、

日本でもアメリカ移住してからも

バレエはやれる時にやるだけで、

ステップを覚えるとか、

振り付けを覚えるまで反復するとかも全くしなかった。

With such motivations,

even I lived in Japan or moved to the United States,

I did ballet practice only when I could,

and never repeat the steps or choreography until my body gets it.

 

それがコロナパンデミックになり、

通っていたバレエスクールが3ヶ月ほど閉まっていたあいだは、

何の運動もしなかった。

When the COVID pandemic started,

the ballet school I was attended,

was temporarily closed for three months,

during the time I did not do any exercise.

 

体は使わないと硬く縮こまる。

If the body is not used, it shrinks and hardens.

体が硬いというのは

筋肉のまわりに脂肪がついていることを意味する。

The stiffened body means the muscles are covered with fat.

 

筋肉が硬いから体を動かす可動域も限って狭くなる。

The hardened muscles limit the range of motion and narrowed mobility.

筋肉が縮んでいるから

可動範囲を超える動きをすると痛みが生じる。

The shrinking of muscle causes pain

when the body works out of range of mobility.

 

だからか、バレエスクールが閉まっていた時は

体の不調が絶えなく何もしてないのに体がアッチコッチ痛かった。

I assume that that was why I had constant pains here and there in my body

while the ballet school closed even though I did not work.

 

去年7月に、バレエスクールがやっと再開されて、

縮こまった筋肉をほぐすことに集中している。

The ballet school finally reopened last July,

since then I have been concentrating on loosening muscles

which is shrink and shortened.

 

榮久さんの祖父さまの教えである反復演習をするのは

次の段階に計画しているが、

筋肉は大分使えるようになった。

The repetitive practice that Mr. Yoshi’s grandfather teaching,

I plan to do it as the next stage,

but I have become able to use my muscles effectively.

 

以下は、筋肉を意識化していく過程で気づいたことをまとめである。

The following is a summary of what I learned

in the process of awakening muscles to consciousness.

 

①使っていない筋肉を使い始めると脳は注意して動かすことを痛みで知らせる。

 When you start using unused muscles,

 your brain warns with pain to let you know carefully carry on it.

 

②刃物で切られるような鋭い痛みは進歩への第一歩である。

 The sharp pain like cut with a knife is the first step toward rogress.

 

③筋肉は体重の重さを感じ始めてやがて動きだす。

 Muscles begin to be movable when it feels bodyweight.

 

④自らの体重の重さを耐えるようになると、地球の重力を感じ始める。

 As the body can hold its own body weights,

 it starts to feel the gravity of the earth.

 

⑤地球の重力に負けないようになると、やがて鋭かった痛みが重くなる。

 As overcoming the earth’s gravity,

 the sharp pain soon becomes get heavy.

 

⑥痛みが重くなるにつれ、鋭い痛みが和らぐ。

 As the pain becomes heavier, the sharp pain easy off.

 

⑦痛みが和らぐと痛みが徐々に爽快さに変わっていく。

 As the pain is relieved, the pain gradually turns into brisking.

 

⑧筋肉の可動域が広がるにつれて、閾値も最大化していく。

 As the mobility range increases, the threshold level also maximizes.

 

⑨可動域が広がると体の構造上の限界に近くなる。

 As the mobility range widened,

 it gets close to the structural limitation of the body.

 

⑩体の構造上の限界に達することができるとそこに全ての可能性の扉が開く。

 When the body can reach the structural limit of the body,

 the door of all possibilities will open.

 

 

不思議な相関関係の一つであるが、

坐禅の座り方を極限まで正しく保つことができるようになると、

上記の⑩項目中の10の段階に達した時と心的に似たような状態になると思っている。

On e of the mysterious correlations would be,

if you can keep Zen-meditation sitting form as correctly as possible,

you will experience a similar mental condition of the 10th  stage

that I mentioned 10 lists above, I guess.

 

 

Comments (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

動的静けさDynamical tranquility

2021-05-17 | 姿勢

最近、バレエの稽古に進歩を実感できるようになった。

Recently, I have become to realize the progress in my ballet practicing.

つい何ヶ月か前まで、バレエの進歩は不可能だと思っていたのに、

ある日突然、バレエに自信感が付き始めた。

Until just a few months ago,

I thought it was impossible to make progress in ballet,

but all of sudden one day, I began to feel confident about it.

 

それ以来、体は脳からの指令をうまく実行している。

Since then, my body has been executing well the orders from my brain.

要するに、動きが滑稽でなく、バレエぽくなってきたとのことだ。

In short, the movement is not ridiculous,

but it is becoming more ballet-like.

 

体には律儀的な正直さがある。

The body has equity honesty.

脳が体の骨格や筋肉を理解していないと動きに迷いが表れる。

If the brain does not understand the skeletons and the muscles of the body,

the movement makes ambivalence.

 

ただ気持ちだけで動け!と体に命令しても、

体が準備体制になっていないと形式的に反応する。

Do move! if the brain commands to the body with emotion only,

it merely reacts perfunctory when it is not yet ready.

その結果、動きがきっこちなく、汚い感じを与える。

As the result, the movement is awkward and gives a messy feeling.

 

だが、脳が骨格や筋肉の仕組みを知っていて、

力学に基づき体を動かすようになると指令も的確で素早くなる。

However, when the brain knew the mechanism of the bone structure and muscles,

also, the moves built on the kinesiology

the commends to the body are also accurate and quick.

その結果、動きがはっきりしてキレがきれいな感じを与える。

As the knowledge has led,

the movement clear and gives a clean-cut feeling.

 

人はビデオで自分を撮影しない限り、

自分の動きを全角度で見ることはできない。

People cannot see their movements from all angles

unless they shoot them in a video.

鏡越しで見える自分の動作も一面的で部分しか見えない。

The gestures that reflected in the mirror are one dimension

and it is a piece.

 

仮に自分の動作、姿勢全てを見えることができても、

視覚が運動神経を動かせないわけだから動き自体には役に立たない。

Even though if one can see one’s own gesture and posture from all the angles,

it is not functional for movements

because the visual sensors cannot operate motor nerves.

 

人がスマートフォンを使い始めて以来、

頭が前倒しになっている人が多くなった。

Since people started to using smartphones,

their heads being placed forwardly in many cases.

視覚による情報に頼れるようになって、

眼から入る情報に脳が支配されているように見える。

People are relying on visual information,

in a viewpoint, the brain dominated by the information

that coming in through the eyes.

 

頸椎が歪んで、頭の重さを受け止めず、

結局は代わりに肩の筋肉を使うようになる。

So the cervical spine is distorted,

and it cannot hold the weight of the head

eventually using the shoulder muscles instead.

 

人がTVやパソコン、スマートフォンの画面から受け取る情報は

脳の中にだけ停滞する。

The information people take from TV, computers, smartphone screens,

it stays only in the brain.

いくら真実めいた情報でも、

体を実際動かさない限り、

知識もただ知っている、分かっていることだけに留まる。

No matter how truthful the information can be,

unless actually move one’s body,

the knowledge gets stuck in just known or acknowledged.

 

使っていない知識、

動かす力の無い情報は限りがあって、

時間の経過とともに消えていく。

The knowledge which is unused yet

or powerless to move, it has a limitation

and it will disappear over time.

 

たが、体を動かすと体が体を持っていることを自覚し始める。

But when you make a move,

the body gets to realize that the body has a body.

 

眼が体を支配すると体が弱る。

When the eyes dominate the body, the body weakens.

自分が自分の体を支配できるようになると体が強くなる。

When you can control your body, the body becomes stronger.

体が強くなると精神も強くなる。

When the body becomes stronger, the mind also becoming strong.

体と精神の強さがバランス良く強くなると

動的静けさを放つようになる。

When the body and the mind have strength with well balanced,

it will release dynamic tranquility.

 

以下は参考まで;

Cervical Spine頸椎

The neck, or cervical spine, has seven vertebrae,

along with ligaments, tendons, and muscles.

It supports your head, which can weigh approximately 14 pounds (about 6kg).

The cervical vertebrae are labeled as C1 through C7.

The neck area is relatively flexible and fragile

because the vertebrae are slightly smaller than other vertebrae.

The first vertebrae are quite interesting.

C1 is called the atlas (Atlas supporting the heavens from Greek mythology);

it is literally a bony ring that is responsible for carrying the skull.

C2 is called the axis; it has a small, bony projection that rises into the ring of C1,

thus creating a pivot for rotating the head.

Physical tension throughout the cervical spine

can limit efficient movement for spotting during turning.

Think about your head being centered and balanced on top of C1 and C2.

If your head is balanced, the neck muscles that control the movement can work with ease.

Any time your head moves outside of this balanced state,

the opposing muscles of that movement are responsible for overworking

to try to maintain alignment.

Head placement is an important addition

to the esthetics of all upper-body poses and choreography.

 

頸椎、或いは首には、靭帯、帯状の腱、筋肉と共に7つの椎骨があります。

それら椎骨はおよそ14ポンド(約6kg)の重さを持つ頭を支えています。

頸椎はC1(Cervical)からC7までのラベル付きがあります。

首のあたりの頸椎が、比較的に柔軟性がありながらも軟弱性を持つのは、

他の椎骨に比べサイズがわずかに小さいからであります。

リング状の形をした最初の椎骨C1は結構面白いところがあり、

別名アトラスとも呼ばれていて(アトラス:ギリシャ神話で登場する天を支える神)

頭蓋骨を運ぶ役割を担当しています。

C2は軸とも呼ばれていて、

小さな凸状の椎骨でC1のリング状の中に突起し、

頭を回転させる枢軸性を作ります。

体の緊張は体を回転中のスポッティング(一点に集中して体を回すこと)の

頸椎全般において効率的な動きを妨げる恐れがあります。

自分の頭がC1とC2の上の真ん中に置かれ、

バランスを取っていることを想像してみてください。

もし、あなたの頭が、バランスを取れていれば、

動きを制御している首の筋肉が楽に働きます。

あなたの頭がそのようなバランスの取れた状態から外れる度に、

反対側の筋肉は体の整列均衡を保つために過剰な働きをします。

頭がどのように置かれるかは

上半身全てのポーズ美学と振り付けに重要な追加要因であります。

 

上記は、ダンス・アナトミーという本の

脊椎領域の頸椎(けいつい)の部分の私の和訳である。

The above is a part of my Japanese translation of the book Dance Anatomy

and picked out the Cervical Spine part only from the lists of Spinal regions.

 

 

 

Comments (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

他己と自己の気づきAware to one-self and other-self

2021-04-28 | 坐禅

学ぶこととは気づくことなのかなとつくづく思う。

I keenly think that learning is maybe an awareness.

 

気づき無しで暗記をしたとしても、

気が向いている時は何となく分かった気になるが、

時間が経つに連れてきれいに忘れられてしまう。

Memorizing without aware,

it somehow gives us the feeling of understanding,

but it will be forgotten completely as time goes by.

 

偉人や教師から学んだ知識も腑に落ちて、納得もできるが、

それらを自らの身で体験しない限り、身につかない。

Such knowledge learned from great men or teachers

can make sense and convincing,

but it cannot be retained as long as experienced by oneself.

何故なら、その教えが偉大でも、

真実染みているとしても、

他人の気付きだからである。

No matter how great or looks to be true,

it is because other’s awareness has belonged to them.

 

他人の気づきを知ることは可能である。

We can know how others' awareness is.

だが、他人の気づきで自分を気づかせることはできない。

However, we cannot make ourselves aware

with other’s awareness.

 

だから、仏教の禅僧は修業をする。

That is why those Buddhists doing practice.

 

では、気づくこととは何だろうか。

Then, what is awareness?

 

気づくこととは、

まず気づくことの深さを測り、重さをも量り

それらの寸法を見積ることを知っていくことである。

First, awareness is to know how deep the awareness will be,

how it weighs, and how the volume is.

 

私は『気づきとは何か』と自問自答してきた。

I have been asking myself for a long time

about “what is awareness?”

その自問自答を長くやっていると、

何かに気づいた瞬間に、気づいたと思っても、

実は気づいていなかった場合が多かった。

As I have been doing the self-questioning and answering for a long,

at a moment I assumed that I was able to get the awareness

but mostly it turned out that actually, I did not.

 

何故なら、その気付きがある瓶であると仮定すると、

蓋が取れたことがその瓶を知ることにならないからである。

Because if we put a hypothesis awareness is as a bottle,

the removal of the lid does not mean the knowledge of the bottle.

 

そこにある瓶があるとする。

Assuming there is a bottle.

そこから、人はその瓶に蓋があるか無いかを見る。

From it, people look at the bottle whether it has a lid or not.

 

蓋を見てはそれが閉まっているか開けられるかを見る。

Look at the lid to see if it is closed or can be opened.

 

それから瓶の中にあるものは何かを見る。

After then look at what is in the bottle.

 

瓶に何かが入っていれば、

もっと入れるべきか或いは出すべきかなどを判断する。

If there is something in the bottle,

people make a decision whether to put more or take it out.

 

それらを見て判断していく過程で、

人はその瓶の大きさや様子、

蓋のありさま、又は瓶の用度などを

自らの物差しで分かった場合、

それに付き気づいたと認識する。

In such process of judging by looking at it,

people get apprehensive that the size of the bottle and shape,

how the lid is, and when they can measure the usage of the bottle

with their own ways of recognizing,

they assume that it could be an awareness.

 

でも、それらは個人の見る尺度にすぎない。

But it is just a personal measure way of perspective.

 

気づきとは、

その瓶を判断する自らの判断力の傾向を知ることなのである。

Awareness is to know

one’s own tendency of judgment to judge a bottle.

 

瓶を判断することは単なる思考の習慣にすぎない。

Judging a bottle is merely a habit of thinking.

 

瓶に何かを入れるべきだ、

或いは出すべきだと決めつけるのも個人の習性にすぎない。

Should put something in the bottle

or take something out is also just a personal trait.

 

ある瓶から何かを入れては出して、

それを繰り返すという行為も思考の反復にすぎない。

The behavioral act of putting something in and out of the bottle

and repeating it is also just a repetition of thought.

 

それらについて知っていく過程、それが気づきなのである。

The process of getting to know them is awareness.

 

その気付きに気づき始めて、

人は学ぶことをやっと始められるのである。

Aware of the awareness it opens up aware

and people finally be able to learn.

 

 

 

 

Comments (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする