Zen禅

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

意識を超えるExcel conscience

2022-11-30 | 生き方

 

 

 

私は自分自身をあまり意識したくない。

I do not want to be aware of too much of myself.

だが、生きている以上、

自分が自分を超えることは今のところできていない。

But, as long as I am alive,

going beyond myself is not yet for me to able to.

 

自分が自分を超える境地は、

いわゆる坐禅での悟りであろう。

The state of surpassing oneself,

supposedly says it may be enlightenment

in Zazen-meditation activity.

 

おのれの意識は面倒くさいと

私は自分に対して思っている。

My conscience of myself is annoying as to think.

一々自分が正しいとか、正しくないとか、

これだとかいやあれだとか判断して、

気分を揺らすのは特に面倒極まる。

How am I right or wrong in every moment,

judging this is it or it was that

such a wavering mood is more annoying to me.

 

自分が愚かだ、賢いとかの決めつけも面倒になった。

Judging whether I am stupid or smart

such prejudice also comes to annoy me.

自我、無我とかの状態確認も

時間の無駄のように思えてきた。

Ego or egoless, checking how being myself,

became waste of time.

 

思えば、自分の中に声がうるさくなり、

雑音になったのでそれらを静ませるために

坐禅を始めた覚えがある

Thinking back then, the voices in my mind were noisy

and it became discord,

so I started zazen meditation to quiet them down.

 

声を殺す、声を無音にする、

声に蓋をするなどは一時的には効く。

Killing the voices, muting the voices,

covering the voices, etc. are working temporarily.

だが、それらの声に支配される時が多い。

But mostly those voices control me.

 

それらの声の雑音を根本的に消すことができない。

I cannot delete those noises from its root.

もし、がむしゃらに坐禅の訓練をすれば、

できなくはないけれど、

そこまで徹底するまでの理由を持っていない。

If I practice Zen meditation recklessly,

it would not be impossible,

but I don’t have a reason to go through it.

 

だから、考えに圧倒されそうになると、

立ち上がって家の掃除をするようにしている。

So, when I would be overwhelmed by thoughts,

I get up and try to clean my house to change my mood.

考えは考えで処理することはできないと分かってきたのもあり、

体を使うことで意識変換をしようとしている。

Because I realized that

thought it cannot be settled by thinking about it,

so I have been trying to use my body

to change my way of consciousness.

 

掃除を始めると根拠のある行動ができるわけだから、

目に見える問題に手を打つ直感が持てる。

Once I start cleaning the house,

I also begin to have the reason for my activity

so I can feel the intuition that

I am dealing with the visible problems to be solved.

散らかって、汚くなった状況を

整理してキレイにする作業をすると、

何で悩んだか忘れるようになる。

While working on organizing and cleaning up the mess, dirty,

I forget what I was worried about.

 

自分の声に支配されることは、

他人の目線から自分を判断する癖が

優位になったからかもしれない。

Being dominated by your own voice,

it might be caused by seeing one’s own behavior

with the other’s eyes and judging them prioritized.

他人がどう判断したかは、

その人が下した行動を見ない限り知ることはできない。

Knowing how others' decisions are made,

cannot be confirmed

until their judgmental behaviors turned into actions.

 

なのに、自分が他人にどう見えるかを

先に計算して自らの行動を決める人がいる。

Under such circumstances,

there are people who decide how they act

after calculating firsthand

how their actions are seen by other eyes.

他の人も自らの問題や意識に忙しく、

他人がどう思っているとか

必要で無い限り気にしないはずだ。

The others, by the way, also are busy

dealing with their own problems or consciousness,

so they would not care

what people really think unless it comes to need.

 

自分を他人の中で確認する作業は

やるだけ時間の無駄かもしれない。

The work of checking out

how am I seen in other’s impressions;

it may be a waste of time whether did well or not.

 

どうであれ、私は自分の意識を超えることは

無理なのは分かってきた。

Whatever things to be fact,

I somehow came to know that

going beyond my own consciousness is impossible.

 

では自分が自分に対してできることは何だろうか。

Then what can I do for myself?

 

それが私には自分の体の限界を乗り越える作業なのである。

As for me, that is work to overcome my physical limitations.

超えられるなら超えていく。

If it can go beyond then go through it.

 

今、私は自分の体の限界を超えられるために体を鍛えている。

Now, I am training my body to overcome its limits.

それができれば、精神の限界も超えられる方法が

見つかるかもしれないから…

If I will be able to do it,

I may find a way to transcend the limits of my mind...

 

 

 

*参考までに、写真は先月ロシアバレエ公演を見に行った際に

夫が撮ってくれた写真です。

前から2列目の席が取れたから、

ダンサー達の息、筋肉の動きも見えてダイナミックでした。

To add, the picture I posted was taken by my husband

when we went to see Russian ballet.

My husband bought the second row from the stage,

so I could see the dancers' breathing

and how they used their muscles,

it was a dynamic view.

 

 

Comments (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人体の幾何学Geometry in human figures

2022-11-01 | バレエ

 

 

 

 

バレエは体で表現する空間芸術である、と言われる。

Ballet is spatial artistry rendered by the human body,

as it has been told.

だが、そこまでできる人は

0.00000N%(NはXの数)にすぎない。

But, only 0.00000N%(N is the number of an X)of them

can show it.

 

バレエをやっている大概の人は

人体の究極な使い道を証明して

見せているだけだと私は思う。

Most ballet dancers are just demonstrating

the ultimate way of using the human body, I guess.

バレエの芸術性を空間で描ける人は、

バレエマスター級でも刻少ないとも思う。

I also assume that the people

who can draw the artistry of ballet in space

are extremely few even with a ballet master's degree.

 

では、バレエにおける芸術は何だろうか。

Then, what is the artistry in ballet?

私は、『目に見えないものを見せるエネルギー』であると思う。

I guess, it is 『An energy that can visualize things invisible』

 

例えば、『極限の努力の結果』とか

『人体で描く究極美しい線』とかの

概念を目に見える形にすることであろう。

For example, it would be like,  

『the outcome of utmost efforts 』or,

『the ultimate beautiful lines are drawn by the human body 』

making those invisible concepts be seen.

 

私がバレエを本気でやろうとしようと決心したのは、

何と今月からだった。

It started this month! that I seriously decided

to do ballet with my awareness.

以前は、『正しい知識があれば、どんなに高齢でもバレエはできる』

ことを自ら証明することが目的であった。

In the past, the goal was to prove to myself that

『no matter how old age people have can do ballet,

     if they have the righteous knowledge』

 

いつのだったか確定はできないが、

その目的地に到達できる期間が推定できるようになって、

証明するのはただの時間の問題であると思えた瞬間があった。

I am not sure when it was

but there was a moment have come thought that

I can prove it in certain periods,

and it is merely a matter of time,

as I was able to estimate

how long it would take to achieve the goal I have.

その瞬間、バレエに本気になった、と思う。

At that moment,

I am unquestionably earnest about ballet, I guess.

 

バレエは幾何学の芸術でもあると私は思う。

I also think ballet is an art of geometry.

線、立体、角度、

この3つの基本要素で美しさの極限を表現する。

Line, Cubic, and Angle, with these three fundamental elements,

express the ultimate fineness and beauty.

 

美しさは文化や慣習によって見方が変わるが、

究極の美しさはその制限条件を超える。

The viewpoint of beauty varies

depending on cultural basis or customs,

but the ultimate beauty transcends whatever limitations.

要するに、文化差と通念の美意識の境界線を超えられる。

In short, it transcends the boundaries of

cultural differences and conventional aesthetics.

 

算数が人類共通の算術であるように、

究極に美しいバレエはどんな人の目にも

ただ純粋に美しく見える、と思っている。

Just like the method of mathematics

is the common arithmetic to all human beings,

if the ballet is ultimately beautiful

it will simply beautifully be seen

in the eyes of everyone, I also assume it.

 

だが、現実の世界では、

バレエは子供の時から始めないといけないとか

体が硬いとできないとか、

手足が短いとできないとかの身体制限が

学びの制限になっていることが多い。

However, in reality,

ballet must be begun in the early years,

or it can’t be done with a stiff body,

or someone with short limbs is not acceptable to do ballet,

such physically limited conditions prevent learning ballet. 

プロとして働くなら、それらの基準ももっともであろう。

Those options might be reasonable

if someone wants to work as a professional.

 

けれど、バレエを習えば、

どんな身体的な問題があろうと、

その問題の中で正しく体を使うことを学べる。

But if you learn ballet,

no matter what kind of physical problems you have,

you can learn how to use your body properly

in the given physical conditions.

 

どのような体の制限があっても、

その制限の中で正しくなれることを

バレエは教えている。

No matter what limitation the body has,

ballet teaches that

you can be correct in the regulations.

 

 

*The pasted Kandinsky painting borrowed from a web.

添付したカンディンスキーの絵はウェブから借りました。

 

Comments (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

意識と無意識の言語化Verbalizing consciously or unconsciously

2022-09-23 | 英語、韓国語

 

 

ことばは無意識と意識の働きから織りなっている。

Languages are woven from

the labor of the conscious and unconscious.

 

韓国語、日本語、英語と

3回も生活圏内の使用言語が変わると

言葉への意識度も変わり、捉える見方も変わる。

The language I use has been changed three times

from Korean, Japanese, and English for daily life

so the way of aware of it

changed as well as viewing them.

 

言語取得面で、その土地の言語を早く取得する者と

中々慣れない人の違いは何だろうかと興味があった。

In terms of language acquisition,

I have been interested in what difference can be made

between those who quickly acquired the native language

and those who were not able to have it.

 

その過程で私なりに分かったのは、

言語取得の差を生じる要因は

単なるIQの良し悪しではないと思えてきたことだ。

Things that I have come to realize

in the process of using a language,

IQ the intelligence level is not the singular factor

that make difference in language acquisition.

 

状況判断を下す場合、高い方IQの持ち主が素早く、

より的確に反応できるようにみえる。

When it comes to making decisions in various ways,

those with higher IQs

seem to be able to react faster and more accurately.

平均IQ 数値を示す人は、

状況を読む、認識する時に

時間を必要以上にかける傾向がある。

People with average IQ,

they show spending more time

learning situations they are at

and need more time to perceive situations.

 

言語は瞬時的な反応にすぎない。

Language is merely a quick reaction.

 

その瞬時的な反応をさせる脳内働きが

無意識なのである。

The brain's work makes react quickly

that is the unconscious.

 

言葉を正しく使おうとする働きは意識なので、

判断過程を通るにはある程度時間を要する。

While the conscious works for using language correctly,

it needs a specific time to get through

to process making a judgment.

 

ことばの正確さを一々確認すると

ことばを意識する習慣が定着してしまい

反応速度が遅くなる。

If the accuracy of the word should be checked one by one,

the consciousness of the word becomes a habitual step 

and it makes the reaction speed slow.

 

では、どうすれば言葉を意識せず

無意識化に方向変換できるのだろうか。

Then how can we change the direction

to be unconsciously aware of language

without being conscious of it?

 

私の30年以上の外国生活から

学び得たことを大きく3つに別けると、

There are three ways I found

from foreign life for over 30 years

and I roughly summarize them in 3 factors,

 

①ことばを感じる

    Feeling the words

②ことば自体を覚えない

    Try not to memorize the words itself

ことばを過剰に意識しない

    Try not to be overly aware of words

 

それら3つが根本的になっていないと

言語を無意識化にできないと思っている。

I think that verbalizing cannot be unconsciously done

unless the above three factors are fundamentally rooted.

 

①の言葉を感じることとは、

既にある自然現象を肌で感じることである。

The meaning of feeling the word is

to feel with your skin the natural phenomenon

that already surrounded you.

自分の周りの自然を感じ、自然の移り変わりを

その土地のことばで感じるようになると、

自然にことばも変わる。

Feel the nature around you

and if you feel the seasonal change

with the exact local language, you are at,

the language also naturally changes with you.

 

②のことば自体を覚えないこととは、

分からない単語の意味を覚えないことである。

Try not to memorize the words itself means,

not memorizing the words that are unknown.

辞書で探したことば、人から教わった言葉は

時間の経過によって忘れ去られる。

The words were looked up in a dictionary

and the words taught by others are forgettable over time.

 

私の夫は、弁護士であることから

言葉の使いが論理的で文法的に正しいが、

彼がいくら完璧に教えても

私のものにならないことがほとんどであった。

My husband is an attorney,

so he uses language logically and the grammar is also correct

but no matter how perfectly he taught me,

his coaching could not make improve mine in most cases.

使い慣れていないと質の高い教えも効果が持てない。

High-quality teaching will be ineffective

if you are not used to it.

 

③のことばを意識しないこととは、

意識しようとすることによって、

本来無意識の領域に入るべき事柄が

意識範囲に留まってしまい、

範囲が狭まることである。

Try not to be overly aware words mean,

the effort trying to be conscious of something,

makes stuck in the conscious level

which should get into the unconscious level

and it narrows the scope.

 

人の無意識は9割を占めていて、

残りの1割が意識だと言われているので、

意識することによって1割にすぎない意識範囲に

言語を閉じ込めることになる。

Being said that people’s unconscious

accounted for 90% and the remaining 10% is conscious,

so being conscious of language makes locking up in the 10%.

 

正し、以上の3つの項目は、

言語の日常化にする過程であって、

学生が試験や受験準備をする目的とは少しことなる。

To make correctly, the above three factors I mentioned,

are to customize language for daily routine,

which is slightly different from the purpose of

students who are preparing for tests and exams.

 

受験を目的とする言語学習は、

決まった期間内により早く、正確に、

如何に覚えているかによって結果が変わる。

Learning a language for the purpose of taking an exam,

the result depends on how quickly and accurately

one can remember within a limited period.

けれど、その学習が日常化になることはまず、少ない。

But the learning way rarely becomes routinized and a few.

 

私の経験から得た無意識的学習は、

受験勉強には向いていないが、

少なくても学習へのストレスを無くすことにつながる。

The learning unconsciously that I gained from my experiences,

is not suitable for students who are studying for exams

but at least it leads to removing stress from learning.

 

言語はどう言うべきことではなく、

『どう伝えるか』だから、

自分が感じ取ったものを

相手が感じ取るように伝えれば

それで『おしまい』なのである。

Language is not what you should say so,

but “how to convey it"

so if you can convey what you felt

and others can cope as you did,

it makes “ it is done”.

 

 

 

 

 

Comments (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mental engine心のエンジン

2022-09-09 | 生き方

 

 

 

私の心は車のエンジンのように動く。

My mind runs like a car engine.

 

行きたい目的地が決まるとエンジンを駆動させる。

Once I found a destination,

I let my engine propel me.

私のエンジンの馬力は弱く、故障も多い。

The horsepower of my engine is weak

and causes a lot of breakdowns.

 

だから目的地まで辿るのに

どれくらいの時間がかかるか推定さえできない。

So I can’t even calculate how long it will take

to get to the destination.

けれど、行きたい目的地が決まったから

ノロノロだけど動かしている。

But the destination wants to go already been decided,

so I have been driving sluggishly.

 

人は想いや意思、感情の働きを

『心の働き』として言う。

People often refer as "action of mind"

such thoughts, willpower,

and the mechanism of emotions.

『精神の働き』は哲学に基づいて、

知性の方向性を示すケースが多いので、

心と精神は性質上の識別がある。

“Action of spirit” is based on philosophy,

and it often indicates the directionality of intelligence,

so the mind and spirit have a qualitative distinction.

 

厳密に心の働きを定義しようとするなら、

辞典的な意味と一般的な実用例を提示し、

その違いと類似性を説明する必要がある。

If we need to define “action of mind” rigorously,

it will require representing lexical meaning

and general examples in practice usage

in the ways of differences and similarities.

 

だが、今回は私個人の見解や解釈だけを

取り上げることにする。

But for instance, I will cover it

with my own personal perspective

and interpretation only.

 

 

心は常に動いていない。

The mind is not always in action.

生きているいる以上、

欲望や考えがあるから

心が活動しているかのように見える。

As long as we are alive,

our minds seem like in actions

because we are driven by desires and thoughts.

 

だが、目的地の持たない心は、

行き先が無いから動かす理由も持たない。

But a mind which does not have a destination

has no reason to drive because nowhere to go.

 

動いていない心は燃料も必要としない。

The motionless mind does not need fuel.

心を動かすスキルも持たない。

It does not have the skills to move the mind.

 

エンジン自体がドライバーになり、

ドライバーがエンジンになっている。

The engine itself is the driver

and the driver is the engine.

だからどこか目的地が決まると

エンジンだけが目的地に向かう。

For that reason,

even when the destination has been set,

only the engine heads toward it.

 

エンジン自体は道のりを示す地図も読めなければ、

行く道にあるルールを示す標識も読めない。

The engine itself can neither read a map that shows you the way

nor can see the signs that tell you rules along the way.

 

誰かがそのエンジンを動かしてくれれば、

いつかは目的地に着くかもしれないが、

行けたとしても他力に依存しなければならなくなる。

In that case, if someone helps to run the engine

then may be able to reach the goal someday,

but one always must rely on someone else’s ability.

 

要するに、他力を借りないとどこへも行けないことは

自力ではどこへも行けないことである。

That means cannot go anywhere without help from others

or is unable to go anywhere on one’s own.

 

だが、心をエンジンと運転するドライバーに別け、

分離させるとごっちゃ混ぜしていた

『心』がはっきりと物体化になってくる。

However, one can separate the mind

into the engine part and the driver part,

the jumbled mind becomes clear

as to be an objectification.

 

物体化になると、

エンジンの性能も確認できるし、

壊れた箇所も見えてくる。

When it becomes objectized,

we can confirm the engine efficiency

also can find which part is broken.

 

ドライバーが個体化できるので、

運転スキルも問われるようになる。

It leads the driver can independent

and the driving skill takes a challenge.

 

今の現在点が地図上、

どこに位置しているのかも見えてくる。

It also allows seeing where you are now

and can pinpoint where the location is.

目的地も設定できるようになる。

In the same way, can set the destination.

 

 

恐らく、私の『心』を

エンジンとドライバーに分割できたのは、

坐禅のおかげだったかもしらない。

Possibly, the backed-up potential that

I was able to divide my mind

into engine and driver parts,

it might be rooted in the Zen meditation

I’ve been doing.

 

坐禅を通して、自分の感情や思考の動きが見えたから

識別できたのかもしれない。

Through doing Zen meditation,

I might have found the ways

how the thoughts and emotions move

that made me identify to distinguish them.

 

とにかく、私は自分が決めた目的地に向かって

ノロノロながらも走っている。

In any way, I am slowly but surely

running toward the goal that I‘ve determined.

 

地図もあれば、標識も読めるようになった。

I have the map and am able to read the signs.

標識が読めるようになって、

周囲を見回すと

既に多くの他のドライバーが

性能の優れたエンジンでブイーンブイーンと

私を追い越して行くのが見えた。

Since I become read the signs

and looked around my neighbors,

I now can see there are a lot of drivers

passing me like flying out

with their excellent engines.

 

彼らは私よりずっと先に、

自分のエンジンを磨いていたのだろう。

They probably polished out their engines

long before I did.

 

けれど、私は今出せる最高のスピードが

自転車と同じだろうがなんだろうが、

持っているエンジンで勝負しなければならない。

Although the maximum speed that I can push out currently

maybe the same speed of bicycle does or whatever,

I have to compete with the engine I have.

 

走り続ければいつかは必ず

目的地に着くのだろうから…

As long as I keep running,

I will surely reach my goal someday…

 

 

 

Comments (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分を変える作業Workout to change me-the-self

2022-08-23 | 心理学習

 

 

私は常に世界人口の一人として

自分を考えようとしている。

I always try to conceive of myself

as one number of the world’s population.

そうすると自分の抱えている問題とか

難関とかが客観的になる。

In that way, the problems and difficulties I have

become objective.

 

50代の半ばを過ぎてみると、

自分以外の何ひとつも変えていないことが

明確になってきた感じがする。

When I overpassed my fifties,

it made me sure that

I could not change anything but myself only.

天から変えることを許されたのは、

自分しか無いかもしれない。

The only single thing allowed to change from the almighty

would be the very me of myself.

 

自分が変わっていく過程は

楽になりたい自分との戦いのように思える。

It seems to me that the process of changing myself is

like a battle with myself who wants to be comfortable.

 

楽に座っていると楽な考えしか出てこない。

When we sit comfy, only easy thoughts come out.

その楽な考えは脳内の中でクルクル周るだけで、

循環したり途切れたりする。

Those easy thoughts twirl around in the brain,

and it circulates or discontinues.

 

考えはバブルのように

瞬時に膨らんでは呆気なく消える。

Thoughts are popping up instantly like bubbles

and then gone like a flash.

だが、少なくても歩きながら出てくる考えは

何かの行動につながる。

But the thought that came out while taking a walk,

leads to some actions.

 

私はできる限り立っていようと決めている。

I determined to keep standing as long as I can.

座ることしかできない時は

足の関節を動かす作業をしている。

When the situation only allows me to sit,

I try to release my feet' joints.

 

関節を動かせない状況なら、

脊椎を正し骨盤を立てることに意識を向ける。

If the situation does not allow move my feet joints,

I focus on straightening my spine and upright my pelvis.

 

ここまで体の正立に

気を集中できるようになるまで何年もかかった。

It took many years for me

to concentrate on upright my body.

 

意識はどちらか、考えか或いは体の感覚かに

片寄る傾向がある。

Consciousness has a tendency that

takes one-sided, which to lean thought or body sense.

 

体を使わないで考えだけを動かすと

考えは拡散していく。

If the thoughts take move without using the body,

the thought will spread out.

反面、体の感覚に意識を集中すると

考えの運動性が神経の動きに向けられるようになる。

On the other hand,

when we focus our attention on bodily sensations,

the mobility of the thoughts changes the direction

to move motor nerves.  

 

意識が自らの体の中の神経回路に向くと

自分ができることとできないことを分別してくれる。

If the consciousness directs motor nerves

and gets neuronic circuiting in the body,

it leads to distinguishing

what we can do or cannot.

 

自分の体でできることとできないことを

分別できるようになると、

自分の体の限界が見えてくる。

Once we can have the distinction that

what is capable of doing or not with the body,

it allows us to visualize

the limitation of one’s own body.

 

限界が見えてくると超えられるか、

超えられないかの判断ができるようになる。

When the limit comes visible,

it leads to comprehensible

whether to go beyond the limits

or unable to overcome.

 

超えられると判断したら超えていく。

If it leads to judging to go beyond then go for it.

 

それが自分を変える作業である。

That is the workout for changing the self.

 

 

 

Comments (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

力動な禅Dynamical meditation

2022-08-12 | 坐禅

 

 

 

 

人の生きるエネルギーは常に何かを動かす。

The energy of human life

always makes something move.

体の神経を動かすか、

脳内の神経を動かすかの2つの一つである。

It is one way of two functions:

which to operate body motor nerves or brain nerves.

 

体をマックスに使う時、

脳は頭の中の思考回路を最小限にすることで

エネルギーの分散を防ぐ。

When we use the body to the maximum,

the brain starts to minimize the thinking process

to prevent scattering the energy.

また、思考に集中する時は、

脳は体の動きを最小限にすることで

脳神経の動きに焦点を当てるようにしてくれる。

Also, when we concentrate on thoughts,

the brain minimizes body activities

to help the cranial nerves to be able to focus on the target.

 

人間の脳は使い慣れた動きを

優先的に動かすような仕組みがあるようだ。

The human brain seems to have a mechanism that

an accustomed movement activates on the priority bases.

 

私は何をするにも基本を遂行することが

何より大切だと思っている。

Carrying out the basics is a crucial matter

when I do something.

だから坐禅もフォームを徹底して

正しくして行うようにしている。

For that reason, I try to hold up my sitting form of mine

perfectly correctly when I do meditation.

 

先ずは、骨盤を正しく立て、

体の中心を体の真ん中に定める。

At first, standing my pelvis correctly

and set the body axis in the center.

両足を2つの支点として確定させ、

骨盤の中の中心点と両足の2つの支点を

三角形として安定させる。

Confirm two folded legs as to be two fulcrums

and with the pelvis center,

stabilizing as to be a triangle form.

 

そこまでは教え通りにできるのだが、

気がつくと視線が真正面を向かっていて、

眼がばっちりなってしまう。

Up to that point, I somehow manage to follow the instructions

but I was often aware that

my eyes facing straight ahead, and they clearly opened.

その視線に意識が向いてしまう問題は

何が原因なのか分からなかった。

My issue was the problem that

my consciousness turned to the eyesight that I see,

and I was not able to figure out the cause.

 

座相については坐禅の流派によって

若干の違いがあって、

ヨガ的な瞑想をする人は眼を閉じる。

There are slight differences in how to sit

depending on the school of Zen-meditation,

those who are doing Yoga-meditation

they close their eyes.

私は様々な坐禅のやり方を試してみたが、

曹洞宗の坐禅の座相に納得したので、

その流派を守っている。

I have had all the trials in various styles of meditation,

but I was convinced of the Soto sect style,

so I followed the Soto sitting form.

 

曹洞宗坐禅流は、

眼を半眼(半分開けて半分閉じる)にする。

In the Soto sect meditation style,

the eyes are half opened (half open and half close).

ヨガ的な瞑想は眼を完全に閉じ、外側を見ない。

Yogic meditation closes the eyes completely

and they do not see outside.

 

私もその方法を試してみたのだが、

眼を完全に閉じると内面に集中し易い分、

内面の動きが中心になってしまう。

I tried that way too but while it makes it easier

to concentrate on the inner self with closed eyes,

but it draws attention to the inside movements to be main.

反面、眼を半眼にすると

外界と内界がつながるようになる。

On the other hand, the half-opened way

making a connection between the outside world and the inside.

 

目に見える外界は現実として捉え、

目に見えない内界は空想として捉えると、

半眼にすることによって、

現実と空想を同時に捉えることができる。

When we perceive the visible external world as reality

and the invisible inner world as a fictitious world,

the half-opened way leads us to catch

the reality and fictitious world at the same time.

 

私の問題は、その半眼の動きに力が働くことであった。

My problem was overly driven to keep the half-opened.

その問題は禅僧のアドバイスで直すことでない。

The problem I had it could not be fixed

by any of the Zen master's advice.

瞬間に直すことはできても根本的な修正はできない。

Even if I could fix it instantly with the advice,

it cannot work for the fundamental correcting.

 

坐禅をする度に、

その目線が自然に落ちなく、

何が問題だろうかと長年苦悩した。

Whenever I practice Zen-meditation,

my eyesight would not down naturally,

and I struggled for many years

without knowing what caused the problem.

 

なにかの行為をおこなっている時、

問題に過剰意識することは

アクセルを踏みながら、

ブレーキも同時に踏むようなことである。

When we do something,

if we are overly conscious of a problem,

it is like stepping on the accelerator

and stepping on the brake at the same time.

アクセルかブレーキか、

どちらかを決めないとどっちへも行けなくなる。

Unless we decide to step on which accelerator or brake,

we can’t go anywhere.

 

 

ある夜、関節の力を抜くトレーニングを

念入りにやったことがある。

One night, I did work out elaborately

to release joint tension.

その後に、なぜだか坐禅をやる気になったので、

座相を完璧に正しくおこなうことに中点をおいて座った。

After that without no reason

I became motivated to do Zen-meditation,

I sat down focusing on performing my sitting posture correctly.

 

そしたら、首関節の余計な力が抜かれたからか、

目線が自然に落ち、眼に不要な力が入らなくなった。

Soon after then, perhaps I could somehow release

the extra tension in my neck joint,

my eyesight naturally went down

and I no longer feel the unnecessary force on my eyes.

 

見る、見えるエネルギーに力が入らなくなると外界、

つまり見える世界を不必要に意識しなくて済むようになる。

See or be seen if the energy is going off,

the outer visible world comes to be unconscious

unless it is necessarily needed.

視野を意識しすぎなくなると

エネルギーを正しく座ることに持っていくことができる。

When we become less conscious of

what comes to be seen,

we can focus on the energy to hold the sitting form.

 

コンベアベルトのように、

エネルギーが外から内へ、

内から外へと循環させることができるようになる。

Like a conveyor belt, the energy can circulate

from outside to inside and from inside to outside.

エネルギーがコンベアベルトのように

一定のリズムに乗るとエネルギーが安定していく。

When the energy gets the rhythm

like conveyor belt circulation, the energy stabilizes.

 

安定したエネルギーは

こころの平衡を保つようにさせる。

The stabilized energy makes balance in the mind.

 

心の平衡を保てるようになると

空間にそのまま存在できるようになる。

If the mind gets stabilized

it allows us to exist in the space in the way, we are.

 

空間にそのまま存在できるようになると

自然の一部として居られるようになる。

If our existence in space is the way we are,

we will be able to stay as a part of nature.

 

静かな力動を始動させることができる。

We can torque the dynamism quietly.

 

 

 

Comments (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

好かれた悪人Evil who was liked

2022-08-02 | 人間関係

 

 

 

人の好き嫌いは生物的な反応である。

People’s preference of like or dislike

is biological reactions.

 

何々が良いから好きだとか、

嫌いだとかの理由付けは

生まれ育った環境によって変わっていく。

Personal liking or disliking reasonably changes

depending on the environment differences were to born and raised.

住まいが韓国から日本、またアメリカにと

3回も国が変わると

人の好き嫌いの多様性に驚くことが多い。

I was often surprised at the diversity of preference

as my residence places changed three times

from Korea to Japan and the USA.

 

美学の基準も変われば、

道徳の価値判断も変わる。

When the aesthetic criteria change,

so does the moral judgment too.

 

先週、レッスンに向かう道で

元大統領トランプの旗を2つも掲げて走る車を見た。

Last week. On the way to ballet class,

I saw a car raised two flags of former president Trump.

 

トランプの旗は無法時代、不道徳、

言論の暴動性が広がっていた

トランプ時代を思わせる。

Trump flag reminds me of the Trump era

when unlawful, immorality,

and violence of speech was widened in the country.

 

トランプがツイッターアカウントを持っていた時は、

自分の自画自賛の投稿や

誰かを非難しあざ笑う文句が

毎日ニュースになっていた。

When Trump had a Twitter account,

he posted his own self-praising postings

or laughing at the people and blaming them,

he made news with such almost every day.

 

人はトランプ派と反トランプ派に別れて、

私が会う相手がトランプ派かも知れない恐怖感を伴った。

People were divided into

Trump supporters and anti-Trump

so I was terrified someone who I see

might be a trump supporter.

トランプ派の人達は話が通じないような傾向があって、

時と場所構わず

自分の意見を通そうとする態度を持つ人が多かった。

Trump supporters have an issue with communication

and most of them seemed to have the attitude that

trying to push their opinions through

regardless of when and where.

 

特定の集団の宣伝文句やYouTubeサイトの情報を信じ、

事実の判断に偏りを見せる人も多かった。

Many of them showed bias in arbitrating the processing of the facts

and seemed to believe the propaganda

informed by a specific group

and the information on the YouTube sites.

 

トランプは人を憎むことを扇動することが

極めて得意だった気がする。

I think Trump prevailed at inciting to be hatred.

 

トランプが好きな人達は

トランプの悪人ぶりが酷くなればなるほど

もっと好きになっていくように見えた。

People who liked Trump

they seemed to accelerate to like him more

the worse he did and the evil he was.

 

彼らはトランプのために戦い、

トランプのように大胆に悪人になることも恐れなかった。

They fought for Trump and were unafraid to be evil

as to be like Trump and took the bull by the horns.

 

彼らは選挙が終わっても

トランプが勝ったと主張し、

選挙が盗まれたと信じている。

They claimed Trump won even after the election,

believing that the election was stolen.

彼らは人として持つべき倫理や道徳を

あざ笑うようにも見えた。

They seemed to laugh at the ethics and morals

that people should have.

 

トランプ時代のあの4年間、

私は毎日、人の道徳判断が情報によって

傾くことを目撃した。

In the 4 years of the Trump era,

I witnessed people’s moral judgment was slopping and tipping

by the information they get.

 

アメリカの精神文化に確固たる哲学の支えが無く、

時代の変化に流れてしまうことを

ただ見るだけの無力さを感じた。

I felt powerless and had no choice but to see,

and it led me to think that

Americans' spiritual culture lacks a firm philosophic basis

and it also drifted with generation changes.

 

アメリカの政治倫理は基盤が浅く、前例も少ない。

The political ethics in the USA are shallowly grounded

and the historical cases are also fewer.

 

トランプ時代では民主主義の名の元で、

非倫理も不道徳も言論の自由として広がっていた。

In the Trump era, both immorality and unethical

prevailed in the name of freedom of speech.

 

トランプ時代がやっと終わった今、

古き良きアメリカに戻ろうとする動きがある中で、

未だにトランプの旗を掲げて走る車を見ると

あの息の詰まる4年間を思い出させる。

Now the Trump era is finally over

and on the way get back to being good and the old America,

seeing the car with Trump flags on it,

reminded those 4 years for me too hard to breathe.

 

私は政治については知っていないし、

また知りたくもないと思っている。

I don’t know politics nor want to know well of it.

だが、政治は過半数の意見を絶対的に反映する。

But politics absolutely reflects the opinions of the majority.

 

トランプのような人が好きで

彼の政策を支持する選挙区が多かった時代が示唆するのは、

人の好き嫌いの傾向が変わっていることを反映している。

The time when many constituencies

which supports Trump's policy

and they liked the one like Trump,

it means people’s preferences are shifting.

 

人の好き嫌いが情報によって操作される時代になると

トランプのような人が増える気がする。

I guess if information manipulates people’s liking and disliking,

it makes increasing more people like Trump.

 

悪人が好かれる時代は、

まあーそう長くはなかったことが救いでもあるが….

It is a relief for me that the era of evil guys being loved

the time was not that long though….

 

 

 

 

 

注:画像は庭で撮ったもので記事とは無関係ですが、

  トランプの写真は未だ生物的拒否反応を起こすので

  了解お願いします。

Note: The attached picture is taken in my garden

       and it is not related to this posting

        but still, any of Trump's pictures

        biologically refused for me so...

        I wish you understand for it.

 

Comments (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Workout tools for mankind to have authority人間の権威を保つ道具

2022-07-21 | 姿勢

 

 

体を正しく保つことは

人として持つべき義務だと私は思う。

Keeping posture correctly is an obligation that

we should have as human beings in my opinion.

 

姿勢が悪い犬や猫を見たこと無いが、

生物界では神的な存在としての人間は

姿勢の悪い人が多い。

I’ve never seen dogs and cats with bad posture,

but many human beings likely said a kind of almighty

in the biological world, they have bad posture.

しかも老いの末期過程に到達した人間は

他の動物より醜くなっていく。

Moreover, when humans reach

the last stage of the aging process,

they become uglier than other animals.

 

動物は老いても老いの進行が表れず、

身動きが衰えるだけで見た目は変わらない。

Even when animals get old

their appearance does not change

and their aging process neither comes to show on their shape

but only their mobility gets weakened.

 

人間が動物界で王者の支配者と言えるなら、

支配者として確固たる姿勢を

維持しなければならないと私は思う。

I think that if we call ourselves the king,

the ruler in the animal kingdom,

we must maintain our attitude

to be resolute as a ruler.

 

以下は、支配者としての権威のある姿勢を

保つために必要な道具を、

使う頻度が多い7個にしぼって

まとめたリストである。

In the following list,

I introduce are seven tools that in need

and summarized each by using them frequently,

to maintain us to have an authoritative attitude as a ruler.

 

①リセットポール Reset pole

 筋膜のリリーズ、凝った筋肉を伸ばすために使う。

Used to release fascia and stretch stiff muscles.

凝った部位に当ててゴロゴロ転がす。

Rolling it on the body part of stiffening.

 

 ローラ類 Three kinds of Rollers ② ③ ④

 ②番はネックに当てたり、背中に当てたりする。

  No.2 used to be put on the neck or on the back.

 ③番と④番は上級者向けで使うと本当に痛い。

  No.3 and No.4 are used for advanced users,

   and they are really painful.

  私は凝りが酷い時しか使わない。

  I only use the two rollers

  when I have really stiffened muscles.

 

⑤マッサージボール  Massage balls

  テニスボールを当てて転がすよりずっと効果が高いし、

 転がし易い。

 It is more effective than rolling on a tennis ball

  for the stiff part and easier to roll on it.

 

⑥指圧セット Acupressure set

  これはボールの大きさを

 部位の位置によって

 置き変えられるので便利であるが、

 本当に痛い。

 No.6 is convenient because the ball is replaceable

  depending on the needed position

  with the different sizes

  but they are really painful.

 

⑦ネック、肩、背中サポーター

 Supporting tools for neck, shoulder, and back

 脊椎のリセット、ネックの指圧に効き目がある。

 It works for resetting the spine

  and acupressure on the neck.

 

上記にあげたアイテムは

医者より優れている機能を持っているし、

使い勝手が良い。

The items listed above,

they have way functional features

better than doctors and easier to use.

 

他人に直してもらった姿勢は

習慣を変えない限り元に戻る。

The posture that is corrected by someone else,

it returns back again unless the habits changed.

 

動物界の支配者としての人間は、

先ずその権威を自ら獲得しなければならないと思うのだが…

We human beings to be the ruler in the animal kingdom,

we have to acquire the authority foremostly though…

 

 

 

 

 

Comments (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Using up使い切る

2022-07-20 | 住まい関連

 

 

 

年を取るにつれ過去は長くなり、

未来は短くなる。

As we get age, the past becomes longer,

and the future is getting shorter.

現在だけは過去にも今にも同じ刹那な瞬間であるが、

今に生きることはそう簡単でない。

Only the present time comes to sense the same

instant momentary in the past and now

but capable of living in the present is not that easy.

 

 

先月、突然押し入れの片付けをしたことがある。

Last month, all of sudden I cleaned up

all the closets in my house.

大掃除をすることになると

私は引き出しの中から整理を始める癖がある。

My cleaning habit starts with organizing

the inside of drawers when I decide to clean up.

 

引き出しから始めてから

押し入れの中の物を全部出して、

種類別にまとめていく。

Starting with drawers and taking out all the pieces of stuff

then getting organized by type.

それから床掃除を始める。

After that start the cleaning floor.

 

なので、掃除にスイッチが入ってしまうと

少なくても5時間以上はかかる。

For that reason, when the switch turns on

it takes at least more than five hours to finish.

 

その押し入れの片付けをした時に、

使っていない物があまりにも多くて呆れてしまった。

When I was cleaning closets,

I was like astonished by having too much stuff

that I did not even use.

 

押し入れの中の物は

買ったままに値段のタグがまだついているのもあって

一度も使ってなかった物がほとんどであった。

Some of them still have price tags on them

and have mostly never been used before.

 

いつか使うことを想定して買って置いたのに、

使う時が来なくてそのまま放置され、

押し入れゆきになったのだ。

I probably bought them for planning to use someday

but the time didn’t come to use,

so they were sent to the closet and left behind.

いつか使うつもりで買ったのだが、

そのいつかの期限が短くなっている。

I purchased it to use for a case

but the period of time of someday has got shorten.

 

いつも使っている物は限られていて、数も少ない。

Things that I always use all the time are limited and few.

なのに、買い物に行く度に

使えそうな物があると買ってしまう。

Although every time I go shopping,

I intend to buy it because I will be going to use it.

 

私がボケないで余命を全うすることができるなら、

多く見積もりしてもせいぜい30年あまりになる。

If I am able to live my life without dementia,

the time length would be proximately 30 years at most

with a rough estimate.

 

だけど、今まで買っておいた洋服や靴などは

これから年相応にならなくなるし、

持っている多くのブランドバックは

見せびらかす機会さえ持てなくなる。

However, the dresses and shoes I bought

will not be a reasonable outfit for my coming age

and the high-priced brand bags I have

they would not have the chance to show off.

 

常に家事をやっているから、

高価な指輪はつけたことさえ無ければ、

汗を流すからネックレスもしなくなった。

The housekeeping I always do,

it never allows me to put

an expensive jewelry ring on my fingers,

the sweating on my neck neither allows me

to wear any of the necklaces.

 

キッチン用品もあれば便利と思って

セットで買い貯めているのは

キャビネットの奥にしまったまま、

場所を陣取っているだけだ。

The stocked kitchen utensils in the corner of the cabinets

purchased for being able to ready in case of use,

but they are just being occupied rooms in the cabinet.

 

あんなに買い貯めていた自分の貪欲さに

驚きながらも情けない感じがした。

While I was astonished at my greediness,

how could I just buy and stock such many,

and it made me feel miserable.

 

結局、11箇所もある押し入れを片付けを終えてから、

自分の老いについて考え直した。

In the end, when after cleaning up all the 11 closets,

I reconsidered my process of aging.

 

『使うつもりで買ったなら使う』

『Use it, if it was going to use』

 

『あるものを使い切る』

『Use up possed stuff』

 

『買い貯めをしない』

『Do not buy for a stock』

 

上の3つの項目を日常の規定に定めた。

I decided above three lists as my daily regulation.

 

掃除を終えてから老いることはもしかして

何かが減っていく、

あるいは物を減らしくいく作業かもしれないと思った。

After the cleaning-up,

it made me think that

aging is lessening something

or a work of reducing pieces of stuff.

 

 

注)添付した写真は隣の市にある公園で撮りました。

 The attached picture was taken at the park in my neighborhood city. 

 

Comments (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

体の焦点Focal point in the body

2022-07-15 | 坐禅

 

 

“体を使え、余力を残すな”っと

亡き祖母はいつも言っていた。

“Use your body, don’t save anything to spare for it”

my deceased grandma always said those.

 

“体を惜しんで使わなくても死ぬと腐るだけだ”

“Even though you reserved your body,

it decays when you die”

 

“死ぬと腐るだけの体を惜しんでも無駄だ”

“When you die, your body just goes rotten,

so reserving is worthless”

 

50を過ぎてから何故か祖母のことばが

心の中で録音機のように再生されるようになった。

Since I passed half of my 50s, my grandma’s saying

began to replay in my mind like a recorder.

私がじっとしていられないのは、

子供の時から祖母に訓練されたからかもしれない。

Usually, I cannot hold myself in staying still,

it might be because my grandma

has let me do my work hard from my childhood.

 

私がおこなっている日常の体の使い方の例では、

目でテレビの字幕を早く追う演習をして、

手では文字を正しく打つようにしている。

The practice of what I am doing in my daily life is,

while I follow the subtitles on TV with my eyes,

I train myself to type correctly with my fingers.

その間に、足の組み方に慣れるようにしている。

In the meantime, I try to get used to

holding crossed position of my legs.

 

だが、頭では目から入ってくる情報を

ファイルのように分類別けして

知識をプログラム化している。

On the other hand, I make programming in my head

with the information that comes through my eyes

and try to be classifying and categorizing them.

 

それらを正しくやっているかに注意を促しながらも

骨盤の位置とか脊椎の歪みが無いように気を配る。

Also, I pay attention to doing it correctly

on the above self-trainings with the care of

making my pelvis sit straight

and not to be strained my spine at the same time.

 

私は常に何かをやっている。

I always do something.

だからか、坐禅をやり始めた時は、

『何もやらない』ことが私にはむずしかった。

That is why I had difficulties

when I started Zen meditation to execute

『 Do nothing』

『何も考えない』ようになるは未だにむずかしい。

It is still difficult for me to be 『Think nothing』

 

気が付くと、何かに常に意識していて、

考えをまとめようとしている。

When I am aware of myself

I always am conscious of something

and trying to put together my thoughts.

 

『何も求めないで只坐る』

その坐禅の教えで救われた気もするが、

言葉を本当に実行してきたようには思えない。

It seemed to me feel that the Zen teaching of

『 Just sitting without pursuing anything』

somehow saved me but I don’t think

I have executed the right meaning of the word.

 

 

先月からポワントシューズのレッスンを受けている。

I have been taking the pointe shoe lessons since last month.

以前バレエ公演を観客として観ていた時には、

ポワントで踊るバレリーナ達を観て、

あれが間違ったとかそれは正しくないとか

良し悪しを判断しながら人の舞をを裁いてきた。

As an audience

when I was watching ballet performances before,

the ballerinas dancing in their toe shoes

I judged them on how good or bad,

scored how they were doing wrong or incorrect.

 

彼女らが失敗をする度に、あってはいけない、

してはいけないことをしてしまったかのように思い、

心の中で許せなかった。

Every time when they made a mistake,

I thought that they must be correct or

they should not mistake,

such incorrect steps were unforgivable to me.

 

そうだったのに、始めてトウシューズを履けた瞬間、

それら私がくだしていた他人への裁きが

正当でなかったことを完璧に理解できたのである。

In spite of such an arrogant attitude I had,

from the first moment when I put on my pointe shoes,

I understood thoroughly 

the judgment I had for the ballerinas was unfair.

 

 

昨日のレッスン中に私が

“全てが試練だ”“生きる戦いだ”と言ったら、先生は

“まーセンターでバー無しで踊ることに比べると何でもないけどね”

と言いながらも大いに笑った。

At the lesson yesterday, I said to my teacher that

“Everything is a test”,

“It is a battle of surviving”,

she laughed out loud and told me

“It is nothing though, to compare the work in the center

without holding on to the barre”.

 

先生は7才からポワントを始めたようだ。

She seems to have started point shoes at the age of seven.

バレエ学校に内緒で、

自分の家で密かにポワントの独学を始めたらしい。

She seemed to start her own self-taught point shoes work at home

and kept it secrete to her ballet academy.

 

結局ポワントレッスンを受けるようになった時、

自慢げに独学した技を披露したが、

先生からそれら全部違うと訂正されたらしい。

When she became able to take pointe shoe lessons, at last,

she proudly showed off her self-taught skills,

but the teacher claimed that it was all wrong.

 

トウシューズにまつわる話をする時、

先生はいつも苦笑いをする、

きっとあの時の苦痛も体に新しく感じてくるからであろう。

Talking about pointe shoes relate topics,

she always shows bitter laughing,

I guess that is probably because

the pain she had at that time freshly came back to her.

 

 

トウシューズは信じられないくらい

ほぼ100%の自分の体重を感じさせる。

Toe shoes work it makes me feel

almost 100% of my weight

in the way of unbelievable.

特に片足で自分の体重をポワントで持ち上げる時は、

全身の筋肉が非常事態になる。

Especially, the work standing on one leg

and holding up my whole weight on my toe,

my entire muscles warned it is an emergency.

 

ポワントレッスンの度、毎秒毎秒

自分の体に焦点を当てられるのは良いのだが、

当分の間、あのキツさは乗り越えられない気がする。

It is good for me to be able to have the focal point in my body

every second in the pointe class,

but I don’t think I will be able to overcome the hardness for a while.

 

ポワントレッスンのおかげで、

自分では自分の体を使えていたと思ったつもりが

極限的には使い切れていなかったことに

気づかせてもらった気がする。

Sake of the pointe shoe lesson,

it made me reconsider that

I had the capability to facilitate my body

but actually, I was not able to use my own body

in the way of extreme.

 

いつか、純粋に体を使えていると

実感できる日がくるだろうかどうか…

Is possible there will be a day, 

when I become able to use my body purely

and can actually feel it...

 

 

 

注)添付した写真はトウシューズを買った日に

        記念として撮っておいたものです。

     Note) The picture attached above was taken on the day I bought it

            and saved it as a record.

 

 

 

Comments (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

苦痛の解釈interpretation of pain

2022-07-09 | 坐禅

 

 

苦痛はある種の過程であり

結果、或いは信号であると私は思う。

Pain is a kind of process, an outcome,

it is also a signal, I guess.

なので、苦痛は理解の仕方によって

感情と分離させることができる。

Therefore, it can be separated from feeling

by the way of understanding.

 

苦痛の度合いが強いと感情や気分も苦しくなり、

苦痛が肉体を支配し始める。

If the pain degree gets strong,

the way of feeling and mood become painful,

and it begins to dominate the body.

 

苦痛が肉体を支配できるようになると

体の自由を制限する。

If the pain becomes able to control the body,

it limits the freedom of the body.

制限された体は苦痛に圧倒される。

Then the unfree body becomes overwhelmed by the pain.

 

私は苦痛の仕組みが面白いと思っている。

I found the mechanism of pain intriguing.

 

苦痛の扱いが進歩してきたことにより、

苦痛を土台とする経済産物、医療の発達、

政治の宣伝文句に至るまで

多種多様になってきたかのように思える。

It seems to have appeared to me that

pain-based products such as medical improvements,

social structure and even political slogans

have been developed a variety of how to manage pain.

 

苦痛が無い社会はユートピアで無く、

ただ死後の世界のことだろう。

A society where there is no pain,

it would not be a utopia

but just the world after death.

 

生きている限り、

何かしらの苦痛を経験することになる。

As long as we live,

we get through any kind of pain.

病気や疾患は必ず苦痛を伴い、

薬物以外は効き目が無い場合が多い。

Diseases and illness are always coming along with pain

and often nothing works other than medication.

 

しかし、自らの意思で苦痛な方法を選ぶ人がいる。

But some people choose a painful way

with their own intention.

私は苦痛を恐れない方だ。

I am kind of fearless of pain.

 

だけど、私には心的苦痛は身体苦痛より耐え難い。

However, it appears to be that

mental pain is more intolerable than physical pain.

幼い頃の記憶、

自らがおかした失態や醜態などが

ナイフのように刺す時がある。

There are times when the memories of my childhood,

my own disgraceful behavior,

and shameful mismanagement in the past

stab like a knife.

そのような記憶に襲われると

本当に実際の苦痛を伴う。

When those memories attack me,

it really attaches the actual pain.

 

坐禅の坐り方は苦痛を伴う。

The way of sitting form of meditation involves pain.

苦痛の回避が坐禅の効果より重要だと思う人もいれば、

苦痛を括り抜けて得られる心の静けさを選択する人もいる。

Some people think that avoiding pain is more important than

the effect of doing meditation,

but there are some people

who chose to have mental tranquility

which can only get through painful progress.

 

ある日、坐禅をしていた時、

組んだ両足が痺れ、激痛、

足が無いような無感覚になっていく経験をした。

One day, when I was doing meditation,

I experienced my crossed legs had numbness,

with severe pain and they became senseless

like my legs were gone.

 

その日は、その痛みの正体が何か見てやろうと思ったので、

痛みの経過を観察することにした。

On that day, I decided to figure out what the pain is,

so I observed how it goes on.

そしたら、痛みは神経の圧迫、

血液が円滑に流れない、

死にそうな恐怖感、怪我するような不安感がある時に

起こるようであった。

Then it seemed to me that pains are

caused by nerve compression

when blood flow is not smooth

and the fear of death or anxiety of injury.

 

神経の圧迫感は圧迫を緩むことで解消される。

The nerve pressure sensing can be relived

by releasing the compressor.

血液の滞りは血管を伸ばすことで問題なく流れる。

Hindrance blood flow can be solved

by stretching blood vessels.

 

死にそうな恐怖感や怪我への不安感は、

受け入れる心の準備ができると不思議に消える。

The fear of death or anxiety of getting injured

would be gone mysteriously

when we are ready to take them.

 

以上のような観察で見えてきたのがどうであれ、

私が持っている神経痛は好転しない。

No matter what I found from these observations,

my neuralgia still does not improve.

だが、苦痛の仕組みを解ろうとした結果、

苦痛が私の人生を支配しなくなった。

Even though, my trials to know

how the pain mechanism goes in my body,

pain no longer dominates my life.

 

避けられない苦痛は

それと共に生きる工夫をすることで

心の負担が軽くなる。

The inevitable pain gets fewer weights

when we labor to live with it.

 

避けられる苦痛なのに受けて立つようになると、

その苦痛は成就感になっていく。

When we start to stand to the pain

that even can be avoided,

pain becomes fulfillment.

 

とにかく、苦痛の解釈は

数えられないほどの解釈があって面白い。

Anyway, the interpretation of pain is intriguing to me

because it has countless ways of interpreting it.

 

 

 

Comments (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幸せの裏面Dorsal Happiness

2022-06-29 | 心の癒し

 

 

幸せの反対は不幸ではない。

The opposite of happiness is not unhappiness.

あえて幸せの反対を定義するなら無感覚かも知れない。

If I were forced to define the contrary of it, it may be put as anesthesia.

 

幸せ感は絶えず変化していくので、

人の置かれた状況や状態の入れ替わりにより

変貌していく。

The feeling of happiness constantly changes

so it transformants depending on

one’s situation or state.

不満足だった状態が満足できるような状況になったとしても、

幸せを判断する尺度が変われば単なる変化にすぎない。

Even though one’s dissatisfied with conditions and situations

turned to be satisfactory,

if the judgmental measurement of happiness changes,

it will become merely variation.

 

先月、2階の部屋で床ストレッチングをしていると

開けていた窓から風が吹いてきた。

Last month, when I was doing exercise stretching

in the room on the second floor,

the wind blew from the opened windows.

風から緑の匂いが香るような、

透明な涼しさであった。

It was like a clear coolness

as if I could smell the scent of green with the wind.

 

その風で純粋に幸せを感じた。

I felt pure happiness with the wind.

何の理屈も要らない幸せ感、

何の裏付けも要らない足りた感覚であった。

The feeling of sense was like,

the reason to be happy or logical backups

is completely unnecessary.

 

私たちは『もし、~~があったら』

『もし、~~が無かったら』のように

もしかしたらの条件が整えれば幸せになるとよく言う。

People often say that they can be happy with an if condition,

such as 『if there is ~~then I’d be happy』

『 If there is no ~~I’d be happy』

しかし、欲しかったものや状態を手に入れたとしても

その満足感は長続きしない

But even if the one gets the desired conditions,

the satisfaction will not last long.

 

幸せが、今に無い『IF』の仮想にある限り、

宙に浮き散乱していく。

As long as the happiness attached to

the image of『if』does not exist in present,

it will float and be distracted.

 

過去の不満足からみて、私は全て満ち足りている。

In the view of frustrations that I had in the past,

I am perfectly satisfied.

満ち足りている状態から

過去の不満足感がどうであったか遡ってみると、

その不満足があってからこそ

今の満足感が持てることに気がつく。

Looking back on how I was dissatisfied in the past

from this view of a well-satisfied situation,

I learned that without those frustrations

this satisfaction never can happen.

 

願望や渇望も、

一旦叶ってしまう呆気なく消えてしまう。

Wishes and desires once fulfilled,

disappear quickly.

叶えない願望や渇望も

何かに切羽詰まってくる急遽な事情ができると、

いつの間にか意識から忘れ去れる。

Unfinish wishes and desires are also can be gone from the conscious

when we are stuck in an urgent emergency situation.

 

踏むべき過程を正しく踏めば

行きたいところに辿り着く。

If we follow the correct process that should be stepped,

it will drive us to the place we want to go.

 

目的地に急ぎ、近道をすれば

早く効率的に目的地に着くかもしれないが、

途中過程で得る体得を失う。

If someone is in a hurry

and wants to take a shortcut,

then may be able to reach the destination faster

but will lose the experience of learning on the way.

 

自分だけ幸せになることは簡単かもしれないけれど、

そこには孤独な幸せしか味わえない。

Being happy alone like only me-happy might be easier to get

but the taste of happiness would be lonely.

 

6月のある日、

窓から吹いてきた風から私は幸せの本質を教わった。

One day in June, the wind blowing from the windows

let me learn the substantial of happiness.

 

 

 

 

Comments (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログのお知らせと皆様へ

2022-06-14 | 生き方

 

 

 

ブログアップ、暫く休みます。

実は坐骨神経の負傷があって、

治療しているのですが、

もう何ヶ月間、回復できずにいます。

 

皮肉にもその負傷の苦痛によって、

病気や怪我等で苦しむ人の状態が

頭では理解できるようになりました。

 

苦痛の度合いはみんな違うので、

同感とか共感はできないことも知るようになりました。

 

もし、私が負傷しなかったら、

痛みや苦痛は気合で治せると思ったでしょう。

 

怪我や負傷でやるべきことができない、

やりたいことができないことは悔しいです。

だから、苦痛に負けじまいと頑張っています。

 

私は苦痛と並行していくことを選択しました。

ブログを暫く休むのは、

治癒に充てる時間を増やすためです。

 

やると決めたことは休みません。

好転したら、また再開します。

 

 

『コメントを下さった皆様へ』

 

なんとお礼を言ったらいいか、ずっと考えていましたが、

やはり、ありがとうございます!しか思い浮かばなかったです。

それに尽きますね。

 

負傷の原因と思われるのは、

バレエのターンアウト(足を180度に開く)を

無理にしたからだと思っています。

私は178度くらいはなんとかできるのですが、

欲張ってその2~3度を急いでしまって

バツが当たりましたね。

 

医者からバレエやるなと言われガチンときたので、

YouTubeとか調べ、自分でできることはしています。

夫の仕事が忙しくなくなれば、

New Yorkまで行って針治療を受ける予定です。

 

苦痛に痺れまであるくせに、足は動かせるから、

バツあたりなのか、

マシなのか、もうどっちなの?って感じです。

 

でも舞台終わって、

無理して練習する必要がなくなったので、

レッスン以外は何もしていないのが効いているか、

激痛が少しずつ和らいできています。

 

大げさに負傷とか書いて恥ずかしいですし、

デキも悪いくせに下手な言い訳している気もして

本当に内外的になさけない感じですね。

 

とにかく、筋肉と神経回路が準備できてないのに、

欲張って見栄を張ってはいけないと

神経まで染みて痛感した次第です。

 

先生から無理してターンアウトするなと

何回も注意されたのですが、

なんか簡単にできてしまったから、

つい魔が差したのでしょうね。

だから、レッスンの前は念入りにストレッチをして、

見栄貼らないで質素、素朴、体が許す範囲内でやっています。

 

一ついいことは、舞台終わって

先生からポワントシューズレッスン受ける許可がおりたので、

今週の金曜Fitting(合わせ)にいきます。

バレエでは先生の許可が無いと買うこともできないので、

ポワント昇格しました。

出世、しましたね。

 

この坐骨神経痛を早く直さないとですね。

皆様、私なんかのために

貴重な時間を割いてコメントで応援、激励してくださって

本当に嬉しい限りです。

 

家族の運は最悪なのに、

知人には恵まれた感じです。

本当にありがとうございました。

 

一人一人様宛に書きたかったのでしたが、

予定外に多くの方から便りがあったため、まとめてみました。

少し無礼ですが、了解お願いしたいです。

 

『リアクションを惜しまなく下さった方々にも

 本当に感謝いたします、大きな力になりました』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments (22)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

About my first onstage(和文と後書きなど)

2022-06-06 | バレエ

Yesterday I performed ballet solo JUNE,

choreographed by Linda Presnyakova,

the great teacher.

 

When I was on the stage,

it was a totally different dimension,

like suddenly I was placed in the 4th dimension.

The three-dimensional thoughts are gone, fragile,

and became pieces in the cubical space.

That is how my three-dimensional experiences

crushed far apart so easily on the stage.

 

After the first onstage experience,

I have become not to judge all the dancers

whether bad or good. 

They do their roles in any conditions,

 and that is why they deserve to have applause.

 

Without my teacher, I would never know

about these dimensional differences,

I am truly thankful for my teacher

who gave me the opportunity to learn,

and my husband Eric Applebaum,

who made all that possible.

 

昨日、私の素晴らしい先生リンダ・プリスニコヴァーさんが

振り付けされたバレエのJUNEをソローで踊りました。

 

ステージに上がってみると、

それは突然4次元の中に置かれたような、

完全に違う次元感覚でした。

3次元の思考は消え失せ、

脆く、立体空間の中で破片になるのです。

だから、私の3次元的な経験は舞台の上で圧し折られ、

簡単に散り去ったのです。

 

その初経験をしてから

私はいかなるダンサー達に向かって、

良くも悪くも裁かないことを決めました。

彼らはどのような状態であろうが、

自分らの役目を果たしたから、

拍手喝采に値いすると思います。

 

私の先生が無くては、私は断じて

これらの次元の違いを解ることはできなかっただろうし、

知り得なかったでしょう。

それらを学べる機会を与えてくれた先生に多大な感謝を贈り、

またその学びを可能にしてくれた

夫のエリック・アップルバウムにも感謝します。

 

 

 

後書き

上記の英文と和文通訳はフェイスブックに

今日(発表会の後日)投稿したことをコピーし和文にしたものです。

普段のブログ記事は、

私は浮かぶイメージを文字にして書いています。

イメージは母国語の韓国語でもなければ、

第二国語の日本語でもないです。

強いて言えば、テーマみたいな事柄ですかね。

 

しかし、フェイスブックの投稿になると

大半が英語圏なので、

英語の言い方に着目して書くようになります。

なので、イメージは途切れやすく、

言い方が短編的になってしまいます。

 

自分が書いた英文を和文に訳しながら、

言葉の脆さを感じましたね。

母国語はその国で生まれ、

使い慣れただけのことなのに、

それを他の国の言葉に変換しようとした瞬間、

化け物になってしまいますね。

 

いとも簡単に、教育の影響を受け、

翻訳する人の人格をもろに反映してしまう通訳という過程に、

唖然と驚かされました。

 

私は翻訳家になることを目指し、

日々学んでいるのですが、

偉大な禅師のお言葉を翻訳するには

まだまだ訓練しなければと骨まで染みて痛骨しました。

 

 

 

Comments (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めての舞台を終えて

2022-06-05 | バレエ

皆様、今回はいつもの貴取った、

偉そうな英文付きの散文(或いは乱文)ではなく、

皆様に和文だけで初舞台について報告します。

 

本日、6月4日土曜、

3年通っていたバレエスクールの発表会があって、

私は2幕の中でソローを踊るはめになりました。

音楽はチャイコフスキーの12月中の6月で

5分15秒の振り付けでした。

 

振り付けは私の先生、リンダ・プリスニコヴァーさんで、

ロシアのボルショーバレエ学校で習い、

しかもボルショイバレエ団でプリマバレリーナでした。

 

私はソローを踊れるほどのレベルではないのですが、

コロナの影響で人たちがレッスンに来なくなり、

私一人だけ受けた日が多かったからか、

他に人材が少なく、私まで機会が転んできた訳です。

 

逆に言えば、コロナでなかったら、

私のような素人まで絶対に話がこないということです。

だけど、まあー頑張ってみますと引き受けたからには、

面目もあって、責任重大というか、使命感がありました。

 

先生に泥を塗るにはいかないし、

かといって自分にも恥をかかせるにはいかなかったので、

まあー努力という言葉を実行したわけです。

その間の怪我や苦難などは普通にあるべきことなので、

私もくぐってきましたね。

 

で、今日舞台に上がりました。

昨日リハーサルをやって、

帰る時にもうビデオ撮って自分を自慢(?)するのは

もう無理だと切実に分かりました。

でも、一日で結果は変えるものでないわけですから、

まあー舞台で転んでないだけマシという感じの

舞(舞といっていいかどうか)でした。

 

舞台に上がってみると、

それはそれは別世界で、

観客として観てきた世界とはもう次元が違うのです。

 

観客はお金を払ってダンサー達を

観察、判断、採点する権利をもらうわけですから、

舞台は私から言えば、

まな板に挙がった魚って感じですかね。

人達の厳しい眼つきが刺してくる感じですかね。

 

でもまあー、先生からは常にお客さんを見ろと言われてきたので、

裁くなら裁いてみろという感じで見てやったのです。

その余裕がありましたね。

坐禅やった概があったのですかね。

 

夫がビデオは撮ったようですが、私は観たくないです。

悲惨な思いをするだけですからね。

何故なら、私は上げるべき高さ、持つべき角度、音楽との結合などに

基準値に満たないことを誰よりも分かっているからです。

 

誰も、先生さえ私にその規格に満たすことを

要求したわけではないのですが、

私自信が自らに課題として課してきました。

 

今日舞台に立って、

自分が基準値に最低にも達していないことが分かったのです。

 

慰めのように皆さんが良かったよと言ったのですが、

What the heck?っていう感じですかね。

 

褒め言葉は聞きたくないし、慰めは要らないです。

ということで、全記事でソロー踊るよと勝手に期待させといて、

ビデオ公開しませんとなると皆様裏切りを感じるでしょうね。

 

でも、恥をわざわざかくにはいかないので、

バレエ終わって、自宅に戻り夫と裏庭で取った写真だけアップします。

 

期待を裏切って大変申し訳ないのです。

そう言えば、先生にもでき悪くて申し訳ないとお詫びしないとですね。

 

実は、自慢げにビデオアップできるように頑張りましたけどね。

 

Comments (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする