Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

人を読むReading people

2021-04-10 | 心理学習

褒め上手な人がいる。

Some people are good at complimenting.

なのに、褒め方が分からない人が割と多い。

Despite that, quite a lot of people do not yet know how to praise.

 

また、上辺だけ褒める人の褒め殺しは宛にならない。

Also, it would not be counted as a compliment

if someone just self-serving praised.

 

褒めることは『人のありのままを認めることだ』

亡き恩師が教えてくれた。

My late mentor taught me that

“Compliment is accepting as the way of the person is.”

 

人のありのままを認識することは

そう簡単におこなえるものでない。

Acknowledging with the way of how the person exactly is,

it is harder than citing easily.

なぜなら、そのありのままの状態が

どうであるかを知ることが簡単でないからだ。

Because it is not easy for people to know

what exact catastasis the person has.

 

私は人を読むことが好きだ。

I prefer reading people.

人の言っている話と体が発信する言語を照らし合わせ、

私流で解釈していく過程が、本より面白い。

The process of interpreting in my way

about what people spoke

while their body language is told,

is more interesting than reading a book.

 

多くの人は、自分が話す内容と体で言うことが一致しない。

What people are saying with their mouths and

while what the body language is telling,

they are not matched in many cases.

 

相手の中にいる自分自身と話ししているような

感じを受ける場合が多い。

It is like a monologue that

the person talks to others' reflected self

even though they talk with others.

相手の中に自分がどう映っているかを伺う人は

人を真っ直ぐに見ない。

The people who care more about how they would be looked to others,

they do not look straight at people.

 

だからか、相手が自分の期待した反応をしなくても

決まりきった態度を見せる。

Perhaps that is why they show patterned attitudes

even though others reacted in unexpected ways.

 

人を正しく褒めることは難しい。

Praising someone accurately is difficult.

人の正誤を裁かず、良し悪しを判定せず、

その人のありのままを認めるには、

その人を正しく読まなければならない。

Accepting the person as he or she is

should read the one correctly

and not be judged by wrong or right,

not be verdict as good or bad.

 

では、どうすれば人を正しく読めるだろうか。

Then, how can we read people correctly?

 

心理学の専門家の学術的な読み方は私には個人的に関心が無い。

Personally, I am not interested in

the academic analytic reading of psychologists.

自分がどの部類に入るかを確認できたからといって、

自分が変わるわけがないからだ。

Because acknowledge which category I belong to in personality

does not change me at all.

 

以下は我流の人の読み方である。

The following are my own ways of how to read people.

 

①自分が実際やったことをいっているのか、

 やりたいことを言っているのか。

  Whether they are saying what they actually did

  or things that they want to do?

 

②自分が体験で体得したことを言っているのか、

 他人が良いと思われることを言っているのか。

  Whether they are saying about the learning through their experiences

  or saying that to get good points from others.

 

③隠したいことがあるのか、

 隠しながら言っているのか。

   Whether they seem to have something want to hide,

  or they are saying with hiding something.

 

④人に良いと思われたい想定があるのか、無いのか。

   Whether they would have an assumption that

  wanted to be seen as a good person or not?

 

⑤事実に基づき話しているのか、

 無意識的に願望を話すのか。

   Whether they are talking based on facts

  or speak out their desires unconsciously.

 

⑥状況や場合に応じて話している内容が、

 体が発するサインと一致するのか。

  How the contents they are talking is matching with their body signal

 on the matter of situations and excuses?

 

⑦話す時に、相手に何の反応を期待しているのか。

   What kind of reactions they are expecting

  from others when they are talking?

 

⑧話したことで得られる結果を計算、

 または勘定をした上での話なのか。

   Whether they would have calculated already

  about the result of talking

  or accounted the benefits forehands?

 

⑨言っていることが本当にあったのか、

 あるはずのことなのか。

  Are they saying it really happened or it supposed to be?

 

⑩言ったことで得られることが誰に得になるのか、

 話す本人か相手か?

   Who can get the befit from the talking,

  the speaker, or the listener?

 

上記に挙げた⑩項目は私勝手な見方なので、

他の正当な理論とは違うかもしれない。

The above ten lists are just personal viewpoints,

so they might have differences from other legitimate theories.

だが、それらに着目して人の話を聴くと

相手の意図に巻かれることは減るかもしれない。

However, if you pay attention to those lists and listen to people’s stories,

it may make lesser involvement with people’s intentions.

 

人が見せていない陰の部分を読めるようになって、

やっとその人のありのままが見え始める。

As you become to read the shadows that people do not show,

you finally will be able to see how they really are.

 

人を読むには、人が見せたいままを見ることでない。

Reading people is not the lookout for what people want to show to you.

 

見せたくない部分も読み、

その人自身が見ることのできない死角になっている背後の部分まで

読み取ることである。

It is the reading of the part which people do not want to show,

it is the coping to read even the blind spot

which the own person cannot see behind.

 

その人が隠したい部分も読み、

隠したい気持ちを尊重してあげることが

『その人のありのままを認める』ことである。

Reading the part the person wants to hide

and respect the exact feelings that they want to hide,

that is “accept the person as it is”.

 

その人が見せたいことが何なのかを読み、

見せたいことを認める、

それが『ありのまま』を認識することである。

Reading what the person wants to show

and admit what they want to show to you

is exactly recognizing “as is”.

 

それらは理解力でない、

その人の本質が何なのかを知ろうとする心の動き、

つまり積極的な関与なのである。

It is not comprehension,

it is mental kinetic energy to know what the true nature is,

that is the constructive involvement with others.

 

 

 

Comments (12)

只管打坐と体の覚醒Devoted to meditation & body awakening

2021-03-27 | 坐禅

人の体は自らの脳の指令さえ正しく行えない不便さがある。

The human body has the inconvenience of not being able to correctly perform

from the commands of its own brain.

 

自らの体と自らの脳を直結させることは根気の要る長い作業である。

Making direct connections with your own body

to the brain is a long-term task and requires perseverance.  

 

私の趣味はバレエを知ることだ。

My hobby is to know ballet.

バレエの稽古をやっていると、

私の体について未だに分かっていないことが実感できる。

When I do ballet practice,

I find a solid sense that I still do not know about my own body.

 

この体で半世紀を生きたのに、

実は何も分かっていない気がする。

I have been having this body for a half-century

but feel like I do not actually know anything about it.

私の体は未だに眠っている気もする

My body seems still is asleep.

 

自分の体なのに、

自分が思うように手足を動かせていないのが情けない。

I feel execrable for my body

when I could not operate my own limbs the way I expected.

 

なにせ、趣味がバレエなわけで、

暇な時間なできると

バレエのテクニック解説のビデオを観て気晴らしをしている。

After all, the reason for ballet is my hobby,

when I have free time,

I watch ballet tutorial videos to distracted mood.

その中で特に面白いと思うのは、

プロのバレエ講師が初歩者を教える授業である。

Among those videos,

I find particularly interesting in some tutorial classes that

a professional ballet instructor teaches beginners.

 

ただ立っている姿勢でも両者の違いは天と地の違いが表れる。

Even in one standing posture,

the difference is clear between tutor and trainee like black and white.

立つ姿勢だけとって見てもプロは全身で立ち方を維持しているが、

初歩者は脚だけで意識的に立っている。

To take an example of standing posture,

professionals can keep standing form with their whole body,

but for beginners consciously stand on their feet only.

 

 

ボルショイーバレエ団のプリマ・バレリーナSvetlana Zakharovaは、

髪の毛や爪の先まで踊ると言った。

The Bolshoi prima ballerina Svetlana Zakharova once said that

she dances even with her hairs and fingernails.

確かに、彼女の踊りを観ると

全身の細胞が確実に覚醒しているかのように見える。

To prove it, watching her dancing

it looks like her whole-body cells are awaken clearly.

 

頭と体、思い描く理想が単一体になって音楽を見せるようでもある。

It also looks like her head and body linked with her ideals she envisioned,

and all are united as a singularity to show music.

休止している細胞が何一つ無い、

完全に覚醒して最大限に可動しているようにも見える。

She seems that her whole-body cells completely awaken

and none of her body cells in resting and

show that the awakened body cells are extremely maximized to be mobilizing.

 

反面、初歩者の動きを観ると

日常生活で常に使っている筋肉は不自由なく使えているため、

その動作も日常範囲内に制限されてしまう。

On the other hand, looking at the movements of beginners,

the muscles they can use without any inconvenience are always used in daily life

so that the range of movement is also limited within the daily life scale.

また、視覚神経を通って入った外部の情報が

脳の認識を司る神経体系まで届かず、

運動神経だけ使って動かしているように見える。

Additionally, the external information that comes through the visual nerves,

yet cannot reach the cognitive nerve system of the brain,

so that they only use the motor nerves.

 

初歩者は視覚神経と運動神経だけ繋がっているため、

授業が終わったら自分が何をしたのかさえ忘れてしまう。

The beginner's nerve connection is linked to visual and motor only,

so as the class over they forget what they did in the class.

 

私も習い始めの時は、

振り付けを覚えられなくて、

先生の動きを見て真似るだけだった。

In my case, around the time when started to learn ballet,

I could not remember the choreography the teacher showed

so I just imitated her movements.

先生に依存していて、自ら覚えようとしなかった。

I was relying on my teacher and did not even try to remember by myself.

 

だから、自分がやったことも再現できず、

何を習ったのかの思い出そうにも思い浮かばなかった。

So, after class, I neither can do replay for what I did

nor recalling for what I learned.

脳が眠ったまま、3時間のレッスンを続けても体が疲れるだけで、

自分の制限性を広げていなかったのである。

Even though I took three hours lesson

while my brain was asleep,

it just made my body exhausted and

nothing worked to expand the limitation.

 

ところが、ある日、

坐禅をする時のように無念で授業を受けたら、

余計な雑念を祓うことができて、

パターンが認識できるようになり、授業が楽になった。

However, one day in the class,

I tried not to think anything like doing meditation,

then it helped me to cut out unnecessary thinking

so that I became able to recognize patterns

which have led me to feel easier in the class.

 

坐禅のやり方の一つに、

只管打坐というのがあるが、

ウィキペディアからの説明の部分引用では:

Shikantaza is one way of doing Zazen-meditation,

the following quote is from Wikipedia explanation:

>『it literally means, "nothing but sitting.

 " In other words, "doing only zazen whole-heartedly"

 or "single-minded sitting."』<

>「只管打坐(しかんたざ)」(非思量の坐禅をすること)<

Stay sit (doing zazen-meditation in state of think nothing)

 

つまり、只管にバレエの動作だけをおこなったのである。

In other words, I just performed ballet movements only.

そうしたら、自分ができるかできないかを判定する思念が絶たれて、

余計な考えに捕らわれなくなった。

With those tries, I came up to cut down my judgments that

whether I can do it or not,

and I was no longer caught up in useless thinking.

 

余計な考えが消えると頭の中で自分と会話するようなやりとりが無くなる。

When the overflowed thought is gone

there is no conversation with myself in my mind.

そうすると眼から入ってくる情報が

真っ直ぐに脳の中で認知されてから解読でき、

体は素早く脳からの指令を受けることができる。

Then, the information coming through my eyes

can get into the cognitive brain part and decode them,

so the body can quickly receive the commends from the brain.

 

できるかできないかの判断過程をきっぱりと斬ってしまうのである。

To say simply, completely cut off the process of judgment

whether it can be done or not.

それら余計な思考過程を遮断することにより、

覚えられない問題も切り倒せる。

By blocking those useless thinking processes,

it cuts down the questionings of incapacity for memorizing.

 

また、余計に考えなかった分、

授業のできことだけ記憶に残るようになり、

何をしたのか後になっても思い出すことができる。

Also, the amount of time that did not consume

it can be used for memorizing what happened in the class

and the lesson will become memorable even after the lesson.

 

できてもできなくても、

良いとか悪いとかの判定を下さないことによって、

情報を読み取って実行することだけに集中できるようになる。

Not judging whether good or bad

even though being able to do it or not

leads to focusing on reading information and executing it.

 

思考を制限できるようになるとその分の心に余裕ができて、

体の身体感覚に集中度合いが増す。

When you control the thinking,

it allows for more spacious rooms in your mind

and the body’s physical sensation will increase.

 

身体感覚が思考過程を経由しなくなると、

脳からの指令と運動神経が直結できるようにもなる。

In the way, physical sensation no longer takes a course

with the thinking process,

the brain command and motor nerve be connected directly.

 

視覚が捉えた情報が身体感覚を経由し、

脳の指令を的確にとらえるようになる。

The information captured by visual sense passes through physical senses

and being able to capture accurately the commands of the brain.

 

まして視覚と音楽を聞く聴覚が簡単に調和できるようにもなる。

It also makes harmonizing easier both sensors sight and listening to music.

 

それらを意識しないでおこなえるようになると、

体自体が覚醒できるようになると思う。

I think that if you can do those without being aware of them,

your body will be able to awaken in its own way.

 

今の私の体は、半分は覚醒できているように感じるが、

まだまだ感覚の鈍い部位や筋肉が精密に使い分けされていない。

I feel like my body is awakening half

but still have dull muscles

and yet have not effectively used or not using accurately.

 

だが、体の覚まし方は分かった気がする。

But I might have caught up on how to wake up my body.

 

体が覚醒されれば、

思い描いたことを体がそっくりおこなえるようにはなるかもしれない。

If my body is awakened, it may be able to do exactly what it envisions.

 

 

Comments (17)

常に在るもの無いものThings that always IS or IS-not

2021-03-16 | 坐禅

若かった頃、私の心に常に流れていた言葉があった。

There was a word that always in my mind when I was young.

それは『純粋』との言葉だった。

It was the word “Purity.”

 

その言葉を常に思って、考えていたから、

それが何を意味するのかもできる限り調べようともした。

As I was always thinking of the word,

so I tried to figure the meaning out as much as possible.

 

私なりの純粋に対する言葉の定義は、

①キレイに澄んでいる 

②偽りや紛れが無い 

③異物が入っていない 

④自然のまま 

⑤分子や原子のような結晶体の状態などであった。

In my ways of defining Purity was,

1. clear as crystal

2. neither fabricated nor fluke

3. there is no odd

4.natural

5. It is like the particle combine such as molecules and atoms.

 

その言葉を常に思っていたことで、

何が自分にとって大事なのかを

思い続けることができたかもしれない。

For the sake of thinking about it,

I might have been able to keep in mind what was important for me.

或いは、ストレスやトラブルなどに

流されずに済んだかもしれない。

Alternatively, it might help me not to be swept away

by stress or stay out of trouble.

 

だが、ある日ふっと、

私の心にその純粋の言葉が

既に去って消えたことに気がついた。

But one day, I suddenly realized that

the word of Purity was gone

and no longer have in my mind.

純粋について考えていないことに気がついた時、

驚きもあり、寂しさもあった。

At the moment when I realized that

I did not think it anymore,

it made me astonished and felt lonely.

 

今、私の心の中に流れている言葉は無い。

Currently, there is no running word in my mind.

特定な定まりを維持しようとする心の動きも無い。

Neither have the mental motion to maintain a specific regulation.

空気だけある心の状態なのかもしれない。

Maybe my mind is like air only.

 

人は何か持つべき大切な言葉を持つべきなのだろうか。

Should people have something important words in their minds?

 

何か、最も重要なことを放さず持ち続けるべきなのだろうか。

Should we keep holding on to

something important ever and never let it go?

 

自分はこうである、とのことを常に意識すべきなのだろうか。

Should I always aware that I must be like this and that?

或いは、他人はこうであるべきであることを期待していいのだろうか。

Or else, is it okay to have an expectation that

others must be like this and that?

 

この世は、こうであるべきだと主張することが正しいことなのだろうか。

Is it the righteous thing that arguing about

this world must be this and that?

 

善と悪を分離して対立させるべきなのだろうか。

should we be separating good and evil and confronted them?

 

それらのこうだとか、ああだとか、

どれだとかを考えることに私は疲れた。

I am tired of thinking about matters that

those are must be this way or must be that way.

 

Aは赤でBは青だ、それを混ぜるとCの色が出る、

これらの識別にも疲れた。

A is red and B is blue, and a C color will come out if mixed,

I am also tired of distinguishing those.

 

冬になると色は消える、

だが、消えたように見えても消滅してはいない。

Colors disappear in winter,

however, even though it looked like it has gone

but potentially it is not.

 

春になるとまた緑が出てきて、

色とりどりの花が咲く。

When spring comes green comes out again

and colorful flowers will bloom.

 

窓越しに雪しか見えなかった時期は長かったのに、

いつの間にか雪が溶けて、

緑の芝生はまだ残っていた。

From the window,

I saw filed snow from my yards for a long time,

but the snow was already melted,

and the lawn has still remained green.

 

もうすぐ、家の庭に野花が咲く。

Soon wildflowers will bloom in my garden.

 

枝しか残っていない木々にも緑の葉っぱが茂てくる。

On the trees with just branches,

green leaves will be luxurious too.

 

もしかしたら、私の心は

言葉の葉っぱが全て落ちた末の秋のようかもしれない。

Perhaps, my mind is like the end of autumn

when all the leaves of words have fallen.

 

 

 

Comments (26)

痛みが拓くドアDoors opened by pains

2021-02-20 | 身体症状

バレエは気や線を描く瞬間芸術だと思う。

Ballet is a pinpoint art that draws lines and energies, I guess.

マスターレベルに達したバレリーナの動きを見ると

動き全てが一枚一枚の絵のように完璧である。

Looking at the momentum mechanics of a ballerina

who has reached a master level,

all the movements she makes are as perfect as each picture.

 

バレエは人間の体で描く最も美しい空間芸術でもある。

Ballet is also the most beautiful spatial art

that can create with the human body.

 

最近、やっとバレエの稽古が楽になった。

Recently, ballet practice became easier at last.

3時間のバレエレッスンが終わっても

後何時間受けそうな余力を持てるようになった。

Even after the three-hour ballet lesson,

I still have some extra stamina to take another hour.

 

2ヶ月か前に腰を痛めて、立ち座りも激痛はあるが、

それでもレッスンは受けている。

Since I have been having pain in my back for around 2 months ago,

 and still having severe back pains when standing up and sitting,

even though I keep taking lessons.

私は死ぬほどの激痛でない限り、

痛み止剤などの薬は飲まない。

Usually, I do not take any medications

such as painkillers unless the pain is deadly.

どこか体に苦痛や痛みがあると、

その痛みで私の精神がどう反応しているかが観察できるからだ。

Because if there is any pain or distress in my body,

I can observe how my mind reacts to that pain.

 

切り傷や火傷などの外傷による痛みは医療の対象になるため、

私個人が扱える範囲ではないので、ここでは言及しない。

Such pains that caused injuries by cuts and burns are subject to medical treatment

and it is beyond the scope of my personal management,

so I will not mention them here.

医療の対象になる痛み以外の体の痛みに直面してみると、

大概は考えや想いによることが多い。

When faced with physical pain

except for subjects of medical treatment,

we can find that most pains driven by thoughts and imagines.

 

痛みそのものよりも、その痛みによって、

やるべきことができない悔しさとか、

思うほど動けない不自由さとかの

動作が制限されることに苦痛の度合いが増す。

Rather than the pain itself,

it gets more painful with thoughts such as chagrin feeling

and stuck in a limited movement situation

with unable to do what should be done,

 or inconvenience that being immovable as expected.

 

それらの当然のようにできるべきことが

ある痛みでできないことに集中してしまうと、

二次的に精神的な苦しみが生じる。

If we focused on inabilities that unable to be done because of the pain

as a routine course expectedly to be done,

 it causes secondary mental suffering.

 

だが、できないことへの悔しさやできないことで被る損とかの

打算的な考えを一旦休止させると、

そこには純粋な痛みだけ残る。

However, once you can pause the circle of a frustrated mind

of being unable to do something

 or calculated thoughts of demerits and disadvantages

that might be caused by the pain,

 then there only remains a pure pain.

 

その痛みだけに直面すると案外、

大して苦しくない場合が多い。

If you can face the pain only,

there you can find the pain is not such a big deal as to be seen.

つまり、痛みそのものと

二次的に派生される損得勘定を分別するのである。

In other words, separating pain itself

and accounting of secondarily derived profit or loss.

 

そうすると痛みによって、

精神まで支配されないで済むようになる。

Then, the pain no longer controls the mind and body.

その余計な考えを断ち切ることで、

痛みは中の筋肉が何かの原因で傷んだサインを示唆できるようになる。

By cutting off such extra thoughts,

pain can implicate as a sign that

inner muscles in the body have been damaged for some reason.

 

皮肉にも腰の痛みが原因でバレエの稽古が楽になった。

Ironically, the pain in my back made me feel easier for me to practice ballet.

痛みは痛むそのままの状態にしておくことができるようになった。

I became to handle that let a pain as it is.

 

痛みは悪くも良くもない。

Pain is neither bad nor good.

痛みはただどこかが正常な状態でないと訴えているサインにすぎない。

Pain is merely a sign that something is not a normal condition.

だから、私は痛みのサインを読み取ろうとしている。

So, I am trying to read what is the meaning of the sign.

 

皮肉なことに痛みがどんなサインを送っているかに集中したことで、

バレエの振り付けを覚えるようになった。

Sarcastically, by concentrating on what signs the pain was sending,

I began to remember well the ballet choreography.

レッスン中に先生から修正された部位や場所に集中できるようになり、

直されたことを体で覚えるようにもなった。

During the lesson, I became to concentrate on my body parts

which corrected by my ballet teacher

and can keep them in the right position and angles

that she made me reformed.

 

もし、私が痛み止剤を飲んで、

その時だけ楽になることを選んでいたら、

痛みが原因でバレエのレッスンを続けることはできなかったかも知れない。

If I had taken painkillers and chose to be comfortable only for the moments,

I might not have been able to take ballet lessons due to those pains I had.

 

ある日、レッスンの前に先生が私の腰の痛みを案じて、

どんなに痛むかきいてくれた。

The other day, before the lesson begins,

my ballet teacher asked me how my back pain is going on

as she worried about me.

私は、苦痛はあまり気にしないと答えたら、

彼女はロシアのモスクワバレエアカデミーで

習っていた時にあった怪我について話してくれた。

I answered that I do not care about the pain that much,

she told me about the injuries she had

when she was studying at the Moscow Ballet Academy in Russia.

 

ある日、彼女のバレエの踊り中に

誰かが床に水か飲料水かをこぼしていて

彼女はそれに気づかず踏んでしまったらしい。

One day, seemed someone spilled water or drinks on the floor

while she was dancing, and she accidentally stepped on it.

彼女は滑って床に倒れたようだが、

特に折れたところもなかったので

そのままレッスンを受けたようだ。

She slipped and fell to the floor

but found that there was no bone broke,

so she kept taking the lessons.

 

だが、家に帰宅してブーツを脱ごうとしたら、

どうも抜けなくて、彼女はブーツが小さくなったのかなと思ったらしい。

But when she got home and tried to take off her boots,

she could not pull them out

so she thoughts that the boots suddenly got smaller.

どうかして彼女は母の力を借りてブーツを抜いたようだが、

なんと足がアザだらけで紫色になってパンパンにはっていたらしい。

Somehow, she seemed to pull out her boots with help of her mother

but found that her legs turned totally purple with bruises and swallowed bigger.

 

エクスレイ検査をしてみたが、

骨も折られてなかったらしく、

彼女は痛みのままレッスンを受けていたようだ。

She had an X-ray examination but there was no bone broken

so she kept taking lessons even though her legs in pain.

何ヶ月間痛みはあったようだが、気にしなかったらしい。

She had pains for a few months but she did not care about it.

 

彼女曰く、痛みは全て頭の中で起きるんだと言って、

二人で痛みを笑い飛ばした。

She said that all pains made in the brain,

so we laughed off the pain together.

 

痛みは私達に体の特定な部位が正常でないか、

或いは通常でない状態であることを示してくれる。

A pain indicates to us that

a certain body part is not having a normal condition or unusual.

 

それだけのことである。

That is all about.

Comments (17)

肌トラブルの自然治癒Natural healing for skin troubles

2021-01-28 | 身体症状

女性にとって、美肌はプロポーションよりも大事かもしれない。

Maybe having a beautiful skin condition is

more important than the proportion for women.

 

美しいと言われる女性はバランスの取れた骨格に

決まってキレイな肌を持っている。

Women who are described as a beauty,

they have a well-balanced bone structure

and beautiful skin without exception.

 

肌の状態は女性としての自信感や

自分への肯定感を決める最も根本的な要因でもある。

Skin condition is the fundamental factor

as it determines the confidence

or how the self-esteem state as a woman.

 

つい何年か前まで、私には肌のトラブルが絶えなかった。

Until just a few years ago, I had restless skin troubles.

各種のアレルギーがあって、

20代に酷かったニキビのあとも残っていて、

原因も分からないアトピー肌に苦しんだ。

I had various allergies,

scars on my face which were caused by terrible acne in my 20’s.

Also, I had Atopic dermatitis skin

that unable to detect what was the trigger.

 

ある時はアレルギー反応が広範囲で起こったから

何が原因だったかさえも特定できなかった。

Sometimes the allergic reactions were widely spread on my body

but could not identify what the cause was.

 

花粉、ダニ、羽毛、ハウスダスト、菌類、日光等の環境要因アレルギーに、

検査しきれない食品アレルギーなど盛り沢山だった。

I had a bunch of allergies from environmental factors

such as pollen, mites, feathers, house dust, molds and fungus, sunbeam,

as well as food allergies that could not even be tested.

 

アレルギー媒体が何らかの要因で刺激されると

真っ先に肌にアレルギー反応が表れる。

When the allergic mediators stimulated by some factors,

the allergic reaction appears on the skin immediately.

肌の特定の部位が赤く腫れ上がって、

耐えられない継続的な痒みを伴う。

A certain area of the skin becomes red and swollen

followed by itching that unbearable and constant.

 

痒いから咄嗟に引っ掻き、

その引っ掻き傷から手の付着している細菌や

空気中に常に飛び回っている菌類が肌の中に侵入する。

The itching causes scratching right away,

and the scratching opens up an entrance that

the bacteria attached on the hands

and the fungus in the air to get invaded into the skin.

 

細菌や菌類が肌の中に侵入すると

体は非常事態だと判断し、ヒスタミンを放出する。

When bacteria and fungi invade the skin,

the body recognizes it as an emergency,

and then the brain commands to release the Histamine hormone.

 

医者は過剰分泌されたヒスタミンを抑制させる薬や塗り薬を処方してくれるが、

それは体の自然的な免疫反応を阻止する副作用がある。

Doctors prescribe medicines and medical creams that

inhibit overly secreted Histamine,

but it has a side effect of blocking immune reactions that works naturally.

 

症状が一時的に緩和されても、

後になって抗ヒスタミン剤の副作用にまた二次的に苦しむようになる。

Even though the symptoms are obtunded temporarily,

the side effect of antihistamine will bring secondary suffering.

 

アレルギー反応を抑える塗り薬も一見、

効き目があるように見えるが、肌自体の自然治癒力を妨げる。

Also, the medicated cream that suppresses allergic reactions,

seems to work at the first sight but later on,

it interferes natural healing system.

しかもその人工処方薬が太陽の紫外線に合うと

肌が黒ずみ、またシミを作る。

Moreover, when such artificial medicines exposures to ultraviolet rays of the sun,

it makes darken skin and stains.

 

また、化学製品はメラニン色素再形成を狂わせるので、

治っても傷があった部位が本来の色に戻れなくなり、

肌色にムラができる。

In addition, such chemical productions

miscarry the reformation of melanin pigment,

so even after the wounded part was healed

the scars unable to reform to the original skin color

so that the skin color still remains uneven.

 

私は上記のアレルギー反応、

薬剤の副作用、医学の問題を全て体験した。

I experienced those above all the allergic reactions,

mediatic side effects, the medical problems.

 

以下は、私がくぐり抜けてきた肌トラブルの因果関係と

それに対処してきたことをまとめである。

The following are the cause and effect of skin troubles

that I had have and how passed thorough.

 

●私が抱えていた慢性的なアレルギー反応のトップ5

Top 5 Chronic allergic reactions I had.

 

①肌の痒み

  Itching of the skin.

②赤く腫れ上がる肌の蕁麻疹

  Red and swollen skin with urticaria (hives)

③引っ掻き傷と化膿した傷

  Scratches and purulent wounds.

④部分的に黒ずんだ肌

  Partially darkened skin.

⑤白くなったままの傷あと

  Scars that remain unevenly white.

 

●アレルギー反応を起こした媒体のトップ5

Top 5 factors caused allergic reactions.

 

①花粉や菌類等の自然環境物質を

  危険要因だと判断した免疫システムの誤作動

  Malfunction of the immune system

that misconduct natural environmental carriers

like pollen and fungi are recognized as a dangerous virus.

②湿った空気に増殖している悪性の菌類

  Malignant fungi growing in dampish air.

③体の解毒作用が衰える

  Decline detoxification function.

④体の免疫システムを萎縮させる過敏な防衛意識

  Overly defended mind that makes immune system atrophy.

⑤免疫機能が狂い、自らの体を攻撃する。

  The immune function misconduct and it attacks its own body.

 

ではどうすればそれらの症状と原因を治せるのか。

Then how can we cure those symptoms and causes?

 

以下は、私が試した自力治癒法である。

Below is the self-healing method I have tried.

①まず、問題部位を拡大鏡で観察する。

  First of all, observe symptoms with a magnifying glass.

②安易に薬を塗らず、痒い部位の熱を下げる。

 (冷たいタオルを痒い部位や患部に充てるなど)

  Try not to apply medicine creams carelessly,

  lowered the heat on the itchy area.

  (put a cold towel onto the itchy part or affected area.)

③化膿した場合、患部を空気にさらし乾燥させる。

  If the wound is purulent,

expose the affected area to the air to dry.

④傷口が乾燥し、保護膜のカサブタを作るまで待つ。

  Wait until the wound dries out

and make a scab that can protect the skin.

⑤カサブタが自然に取れるまで放置する。

  Leave the scab until it comes off spontaneously.

 

今、私は肌のトラブルが全くない。

Now, I have no skin troubles.

たが、長年肌のトラブルがあった部位に

未だに色のムラがあって醜い。

However, still have uneven skin color

and it remained ugly

where the body part had troubled for many years.

 

それら傷跡や色のムラ、シミ除去等の改善に対処している

進行中の自力方法としては、

Below is my on-going self-help project to deal with

the treatment of scars, color unevenness, removing spots, etc.

 

①体が本来の治癒能力を取り戻すまで忍耐力で待つ。

  Wait with patience until the body regains

its original healing capability.

②自然で育った食べ物を食べる。

  Eat naturally grown foods.

③工場で調理された加工食品を極力避ける。

  Avoid processed foods that cooked at the factory as much as possible.

④肌の膜を強くさせる上質の脂肪、タンパク質を摂る。

  Intake essential fat and high-quality protein

that strengthens skin’s membranes.

⑤無理して肌を洗いすぎない。

  Try not to wash overly or forcefully.

 

●肌の健康状態を保つために最も重要なことは

The most important things to keep healthy skin,

 

①回復を急がない。

  Try not to hurry to recover.

②トラブルの原因と症状がどのように表れているか詳細に分かる。

  Comprehensive in detail how the troubles caused

and how symptoms appeared.

③化学商品の化粧品の使用を極力やめる。

  If possible, stop using chemical cosmetics.

④工場で生産されている加工品の摂取、使用を減らす。

  Reduce intaking, using products that made in factories.

⑤今日治したい願望を切り捨てる。

  Cut off the desires that cured today.

 

私がここまで言えて、

書けるようになったのも4年以上かかった。

It took more than four years to be able to say this and wrote.

 

今思えば、最初に肌トラブルがあった時に、

医者や薬に頼らず、自分でできることを探して試していたら

あんなに長かった苦しは経験しなくて済んだかもしれない。

When I think back then

when I had skin troubles for the first time

if I did not rely on doctors or medications

and tried to find the ways of, I could do by myself,

then I might have not suffered for such long years.

 

今日、今治したい欲心が無かったら、

もっと早い段階で治せたかも知れない。

If I did not have such a greedy mind that cured now today,

I might have cured in earlier stages.

 

医者や薬に依存しなかったら、

自分が自分の問題を解決できる自信を持てたかもしれない。

If I did not rely on doctors and medicines,

I might have had confidence that I can handle my troubles by myself.

 

何よりも自分の体の問題は自分しか解決できないというのは、

少なくても私には真実である。

Above all, at least it came true to me that

the one who can solve one’s own problem

is the one who has it.

 

 

 

Comments (44)

Reading Trump(追記)

2021-01-18 | 住まい関連

1月20日水曜日にアメリカでは新政権が始まります。

私は今まで政治は私と無関係だと思っていましたが、

トランプ政権下での実際の日常の中で

政治の統治権力による圧力があり、

政権や選挙が私の人生を左右することを実感しました。

 

民主主義はそれが侵害されない限り、

ただの理念のように思われるところがありますよね。

民主主義によって、トランプのような人が大統領になってから

平和だった日常が根本からひっくり返られて

政党による戦争への危機感に怯える日々でした。

 

トランプは国民同士で戦うように煽っては

ツイッターで自分に反対する人達を

貶してはあざ笑いしてました。

人達を戦わせておいて、自分はゴルフを楽しんでいました。

 

マイケル・コヘンはトランプの弁護士でしたが、

トランプに首にされて、監獄送りになった人がいます。

トランプの不祥事を問う審問会で有罪判決をもらいましたが、

その審問会でトランプの実態についての彼の証言は

今になって、彼が言ったことが真実になりました。

 

マイケル・コヘンはトランプは詐欺師だと言い、

ある日、トランプと一緒だった車の中で、

横断報道で渡る人達を見ながら、

もしその中の5人をひき殺しても

自分は裁判で勝つ自信があると言ったことを証言しました。

 

勿論、トランプはコヘンを嘘つきだと言っていましたが、

あの審問会の中継を実際観て、

あまりにもショックを受けたので

今でも鮮明に覚えています。

 

アメリカはトランプ人間という用語が使われています。

公共の場で違反する人

非常識的な人

差別をする人

暴力的な人

反社会的な人はトランプ人間に属されるのです。

 

アメリカ全国でそうだとは言えませんが、

少なくても私が住んでいる州、または

報道機関ではそのようなニューアンスで話されています。

 

だったの一人、トランプが作り上げた社会現象

トランプイズムは今はテロを象徴するようになりました。

 

1月20日、新政権が始まり、

弾劾裁判でトランプの罪が問われます。

トランプに服従して、彼に忠誠した人達は

トランプの道連れになって自滅していくのですかね。

 

トランプのエゴの強さは

4年間天にも登る勢いでしたが、

今は登った分だけ、地面を掘る勢いが増しました。

 

私は今になって、

政治家によって、日常が不幸にも幸せにもなるとやっと学びました。

 

自分が持っている選挙権、

それが生きる上で最も重要な権利であると

確信しました。

 

一人のエゴの強さに支配されないためにも

自分の一票を大事に行使してくださいとお願いしたい気持ちで

追記を投稿します。

2021年1月18日、日曜現在

 

上記の記事は英文に訳さない予定でいます。

アメリカに住んでいる人ならもう毎日の日常的なニュースなので、

ですが、日本の方の中には

報道機関がトランプ政権に関わっている場合、

見方を変えてしまうだろうし、

また、訳す過程で通訳者の政治的偏りによって

言葉選びが変わってしまう恐れがあるから

アメリカに住むアジア人として書いておきます。

 

トランプ政権下で、移住した多くのアジア人は

身の安全に危機を感じたことがあるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

(以下の記事は1月11日投稿分です)

1月13日、トランプ氏の弾劾が確定されました。

 

Trump’s presidency only 10 days left from today January 11,2021.

On January 6th, riots stormed into the US capitol

with the purpose of overturning the 2020 presidential election result.

 

The invaded mobs did insurrection.

The riots were incited to fight like hell by President Trump

and believing that they would bring revolution to America.

 

The capitol hall polices officers tried to stop them,

but the riots forcefully into the government capitol building with violence.

The riots looked having fun as they were violating

and destroying the property of the government facility,

also, they were taking pictures of the process with their cellphones.

 

They were shouting “USA! USA!” and claim that they will save America.

Also proudly shouted that they are fighting to bring political freedom to the US.

The insurrection resulted in three riots dead

and one capitol hall police officer died.

 

That day I was hurried to go out for taking ballet lessons,

so I could not watch the news in detail.

At the ballet school, before the lesson,

we talked about the Capitol riot.

 

My teacher who is from Russia,

she told us what had happened in Russia in 1991.  

When the armed riot happened in Moscow in 1991, she lived there.

On the day, there were explosions and gunshot sounds erupted from everywhere.

 

And then there was stay-at-home order from the government.

Also, all of sudden all the media tools

such as TV, radio, telephone lines broke out.

People were frightened because there were no ways to know

what was happening outside or what they should do.

 

During the riot, people could not go out of their homes

because there was a risk of killed or being shot.

They had no choice but to stay at home without any connection.

 

After several days without TV, radio, telephone,

suddenly the only TV was restarted to connect

but the TV programs they could watch was

the Swan lake ballet only and it is repeated endlessly.

 

While we listen to her story,

I was glad that MS. Linda survived in such a situation.

 

 

Anyway, from Wednesday 6th to Sunday 10th,

since the riot happened, I have been watching TV news.

 

But TV news broadcasting is no detail so I searched Google News,

Yahoo News and all kinds of web news to read without missing anything.

 

On Friday the 6th, while I was watching the news,

there was breaking news that

the major social media companies Twitter, Facebook, Instagram,

they suspended Trump’s account permanently.

 

Moreover, various websites that Trump-related accounts were

also deleted one after another.

On top of that, the procedure of demanding

Trump's resignation has accelerated in the Capitol hall.

 

To add, in case of Trump will not resign,

the process of impeaching him is also ongoing and it is speeding up.

 

The following list up is my personal data

collected by observing with my own perspective.

 

Trump wanted to have a dictatorship like Hitler had.

 

Trump wanted to have

 the alternative control power like the Kim family has in North Korea.

 

Trump wanted to have the authority that

 can obliterate his enemies like President Putin of Russia.

 

To have such dictatorial power like them

 he must dominate public opinions.

 

To control public opinions he used Twitter.

 

For Trump, Twitter is perfectly matched

 because Twitter is a one-way providing source.

 

Whether people agree with his posting or disagree,

 the traffic numbers make his popularity increase,

 and the amount of how many LIKE he gets is linked to supporting him.

 

Like or hate him, the mechanical system is designed to raise his name.

 

Trump did not make any statement based on morals, virtue, ethics

 but he only remarked on his affection for people who loyal to him.

 

Trump used his title as President of the US to play with others.

 

Trump could do whatever he wanted to do with the title to opponents and to countries.

 

Trump forcibly sold weapons to other countries and made the trade war.

 

Trump seemed to have the measurement of the human race 

 which is superior or inferior and he expressed it directly or indirectly.

 

He made enemies rooted in his own personal taste.

 His supporters voluntarily worked on dealing with Trump’s enemies

 and Trump incited his supporters to worked out on disposing of them.

 

To make enemies there must be reasonable reasons.

 So Trump used media-manipulating-organizations to control information.

 

The organizations whose job is to traffic information to those hungry to be satisfied,

 so they kept produced to feeding them up.

 

The background of how Trump could control information such easily was

 by manipulating information,

 to both sides of providers and consumers can take huge profits.

 

Whether the information right or wrong

 Trump’s name becomes on the top and it raised his popularity as well.

 It was because there was a win-win relationship at the bottom

 and it makes advantages to both.

 

Trump proved the fundamental power to control people and countries is Information.

 

With the information, Trump could become President of the US.

 

Trump believed that with the manipulated information

 he even could overturn the 2020 election result.

 

However, on Friday the 9th,

Trump’s powerful weapon social media tools was permanently cut off.

 

Trump’s Twitter account shut down means his death on social.

 

It is stronger damage than impeached.

 

At these moments, we are facing historical change

and witnessing it with our naked eyes.

 

 

Note

I made up my mind that I would not post anything about Trump,

but watching on his final act that so dramatically developing,

as the witnessing on history is about to change

so I posted it as a recording.

 

 

 

 

追記(1月14日)

ブロガー同士の中に、

トランプ氏の再選をタグ付けして記事を投稿する方が結構います。

トランプ政権発信の情報源を貼り付けしていますが、

それがどのようなレッテル貼りになるか、

認識が不足しているように思われます。

 

人を扇動する恐れがある情報を軽薄に広げてはいけません。

 

私は今に至るまで、他のブログを読む前に、

トランプ人間かトランプ寄りの記事か、

恐れや不安を抱えながら読んできましたが、

もうトランプ時代は終わったので、

これ以上、トランプ関連は知りたくないと思っています。

 

皆さんも正規の報道機関が発する情報であっても

扱う際には十分な注意を張ることをお願いしたいです。

 

情報が氾濫しているので、

選別にも格別な配慮が要求される時代になってしまいましたね。

 

 

 

Comments (58)

トランプ大統領を読む『和文編①』

2021-01-09 | 住まい関連

 

2021年1月10日現在、トランプの大統領任期は残り11日だけになった。

1月6日、選挙結果を覆す目的を持った暴徒達が

国会議事堂に乱入して暴動を起こした。

 

トランプ大統領によって、地獄のように戦えと扇動された暴徒達は

自分達がアメリカに革命をもたらすと信じて国会議事堂に突入した。

 

彼らの侵入を阻止しようとする警官らに暴力で対抗し、

強制的に議事堂に入られた暴徒達は

遊びのように政府の公共器物を破壊して、侵入を楽しんでいた。

 

彼らは自分たちの反乱を携帯のセルフィーで撮って

USA!USA!と叫びながらアメリカを救うと叫んでいた。

アメリカに政治の自由をもたらすために

自分たちは戦うと誇らしげに叫んだ。

その乱入で暴徒の3人が死亡し、

阻止しようとした警官1人が死んだ。

 

 

その日、私はバレエのレッスンがあって、

出かける支度をしなければならなかったので

暴動ニュースを詳しく観ていなかった。

 

レッスンが始まる前に、その議事堂暴動が話題になって、

ロシア出身の先生が1991年にロシアで経験したことを話してくれた。

リンダ先生の話によると、

武力暴動があった1991年、彼女はモスクワに住んでいたようだ。

だが突然、爆音や銃声が続いてから

外出禁止命令が出て、TV、ラジオ、電話さえも

全ての連絡手段が停止したという。

外で何が起こっているのか全く知る余地がなく、

どうしたらいいのかも全く知らないまま恐怖に怯えたようだ。

 

また、外に出ると射殺される危険があって、

自宅の中にいるしかなかったという。

3日もTV、ラジオ、電話無しだったが、

何故か3日目にTVだけ繋がって、

白鳥の湖のバレエだけ何日間延々と報道されたようだ。

リンダ先生の話を聞きながら、

彼女がその状況で生き残ったことが嬉しいと思った。

 

兎に角、私は暴動があった6日の水曜から今日の土曜9日まで、

ニュースばかり観ている。

テレビのニュースは詳細でないから、

英語版と日本語版のグーグルニュース、ヤフーニュース、

ウェブ上の各種ニュースを隅から隅まで読んでいる。

 

8日の金曜、突然の特報で

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム等の

大手のソシャールメディア会社サイトが

トランプのアカウントを永久停止したとの報道があった。

また、トランプを支持する各種サイトも削除され、

トランプ関連のアカウントも次々と削除されたとのニュースが流れた。

 

その上に、内閣内ではトランプの辞任を要求する動きが加速し、

辞任しない場合のために

彼を強制的に弾劾させる手続きも敏速に進行している。

 

 

以下は今までトランプを観察して集めた

私個人のトランプデーター項目なのである。

 

①トランプはヒトラーのような独裁権力を持ちたかった。

 

②北朝鮮のキム一家が持った絶対的な権力も持ちたかった。

 

③ロシアのプチン大統領のように反対勢力を抹殺したかった。

 

③彼らのような独裁的な権力を持つためには

 世論を支配しなければならない。

 その世論を支配するためにツイッターを利用した。

 

④トランプにとってツイッターは都合がぴったり一致した。

 何故なら、ツイッターは一方的な発信源であって

 彼の投稿に賛成すると『いいね』の数によって支持度が上がり、

 反対されても無視することで処理でき、

 彼に賛成しても反対しても

 結果的には彼の知名度を上げる仕組みだからだ。

 

⑤トランプは人道の道徳、美徳、倫理に基づく発言は全くしないが、

 彼を支持する人達だけには特別に愛情を恵むような発言はした。

 

⑥彼は大統領の肩書を利用して、

 世界各国相手にやりたい放題もって遊んだ。

 

⑦他国に武器を強制的に売って、貿易戦争も起こした。

 

⑧人種による優劣を勝手に決めて、公に差別発言をした。

 

⑨彼の好き好みで敵を作り、

 敵への処分や扱いは彼のサポーター達が

 率先して代行するように仕向けた。

 

⑩敵を作るためには理由が必要だから、

 情報を操作する団体を利用し情報も支配した。

 

⑪情報を操作することが仕事である団体は、

 情報に飢えている人達に満足できる餌を発信し続けた。

 

⑫それら情報の支配が簡単にでき理由は

 情報操作によって、操作した側にも莫大な利益が上がり、

 トランプ自身の話題性も上がり、

 トランプ人気が増えていき、

 お互い勝ち組になれたウィン×ウィン関係があったからだ。

 

⑬トランプは人や国を支配するの根源的な力は『情報』であることを証明した。

 

⑭その情報によって、大統領にもなれた。

 

⑮その情報操作によって、選挙結果さえ覆させるとトランプは信じた。

 

だが、9日の金曜、トランプの強力武器である情報網全てが遮断されたのある。

ツイッターのアカウント停止はトランプにとって社会的な死を意味する。

弾劾されるより強い打撃なのである。

 

これらの歴史的な激変の瞬間に

私達は直面していて肉眼で目撃している。

 

 

 

 

補足

トランプに関する投稿は何があっても行わないと腹を決めていたのでしたが、

彼の最終幕があまりにもドラマチックに展開しているので、

歴史の目撃、その記録の意味で書いてみました。

(今度は和文だけにして、英文はこれから訳して後で投稿します)

 

 

Comments (18)

2020年難世を生きてLiving in this catastrophic world 2020

2020-12-26 | 住まい関連

今年はまだ生きているだけでも感謝、感激の年ですね。

I am appreciated and obliged

because I just still alive this year.

もうコロナのパンドラの箱は開けられてしまって、

ワクチンでその箱の蓋を閉められてくれることを願っています。

The COVID-19 Pandora’s box has already been opened

so I hope that the vaccine will close the box.

 

来年はもうコロナが根っこから消滅することを願っていますが、

始まって広がるのに1年ほどかかっているので

そう簡単に終わらないでしょうね。

I also hope that COVID-19

will extinction from the roots next year,

but I concern it will not be gone so easily

because it has been taking about one year

to started and spread.

けれど、コロナが勝つか、人間が勝つか、

もう決勝戦に突入しましたね。

However, whether the COVID wins or humans win,

the final fighting already has begun.

 

コロナに勝てる人間の武器は

ワクチンだけでしょうかね…

Is vaccine be the only weapon we humans have,

to beat COVID? 

 

とにかく、コロナが人間の歴史を変えるとは、

世界戦争より恐ろしい菌ですよね。

Anyway human history changed by COVID,

I bet it is scarier than a world war or not?

 

このようなコロナ難世になったにも関わらず、

今年もわたくし個人のブログにお越し頂きまして感謝致します。

Despite such a disastrous COVID-world,

I would like to appreciate for visiting my personal blog this year too.

 

皆様から頂く応援で、

何とかうつ病にならずに正気を保てました。

For the sake of everyone’s support,

I somehow managed to stay sane

and get away from mentally depressed.

 

おかげさまで私はまだ社会的に生きているんだと自覚もできました。

Also, owing to those visitors,

it led me to realize that I am still socially alive.

 

望んだとして望みや念願が叶うわけにはいきませんが、

皆様の安全を祈っています。

Theoretically, all the wishes and desiring do not come true,

even though I wish all of you to stay safe.

 

ところで、皆様の来年の抱負は何でしょうかね…

By the way, I wonder what your ambitions would be for next year…???

 

 

 

 

 

補足 supplementary note

添付された図はネットから借りた、ハリーポッターの呪文です。

The attached figure is Harry potter spells borrowed from a website.

コロナ戦いに効く呪文になってほしくて、貼ってみました。

I wished it to be the spells that can work for COVID-battle so I pasted.

 

 

追加

只今、NYタイムゾーンの北部アメリカ、コネチカット州では新年になりました。

日本はもうすぐ1月2日目になりますよね。

皆様、コロナに負けず、どうかお元気に生きていてくださいね。

 

 

 

 

 

Comments (21)

言語学習の内部と外部条件②The interior and exterior conditions for learning language

2020-12-23 | 英語、韓国語

 

言語は習うものでなく慣れるものだと誰かが言った。

Someone said that language is getting used to, not to learn.

だが、どうやって英語に慣れるような条件を作れるのだろうか。

But how can we create conditions to get used to English?

 

日本に住んでいた時は、自己開発のために

英検やTOEICのハイスコアを取るために英語を勉強していた。

When I lived in Japan, I was studying English

to improve my language capacity

such as TOEIC (Test of English for International Communication)

EIKEN Test (English Proficiency Test)

to get a high score or get the certification.

 

だが、それらはほぼ自己流だったので、

読む・聞く英語力は自力でなんとか訓練できても、

話す英語は相手がいなかったため全く練習できなかった。

Such studies were mostly my own ways after all,

so I somehow trained myself for Reading and Listening practices,

but Speaking English was unable to practice

due to there was no one to talk with.

また、英検は1次テストに受かっても

2次のスピーキングテストを通らないと合格できなかったので、

英会話の演習には随分苦労した。

The English Proficiency Test (EIKEN) has two steps to pass,

the first stage is Reading and Listening

so if an examinee passed the first exam

then the one has to pass the Speaking test,

so I had a hard time with the Speaking practice.

 

英語で話せる人が全くいないのに、

どうやって英語で話す経験を持てるのか、

これは日本で英語を勉強している人なら誰でもぶつかる壁である。

How can I put myself spoke-experienced in English

where no one speaks with it?

That is the barrier that will encounter to anyone

who studying English in Japan.

 

今はネットで英会話演習の動画を見つけるのは簡単ではあるが、

仮に分かりやすく納得のいけるビデオだとしても

それで自分が話せるようにはならない。

Nowadays it is pretty easy to find English conversation tutorial videos online

but even though they are convincible and easy to understand,

yet it does not make you able to speak in English.

なぜならば、他人の体験は決して自分の体験にならないからだ。

Because other’s experiences never become your own experience.

 

他人があるAの勉強法で成功したとしても、

そのA方法が自分にも合うとは限らない。

Even if someone else has succeeded in the way of A,

that A does not always work for you.

他人の勉強に関するアドバイスはその人のやり方にすぎないので、

参考にはなれても自分のものには成れない。

Taking advice on studying is just the tip of the way of doing things,

so even though it can be useful, it cannot be yours.

 

例えば、『こんな時にはこういう』

『ゼッタイ使える会話例』

『会話の基本鉄則』『必修会話構文』など

知っておけば何かの時に使える知識として訴えている情報は

実際私には何も役に立たなかった。

For example, such known as “Say these in those situations”

“A perfect usage for conversation”

“The concrete rules of conversation”

“The compulsory of conversation structure”, etcetera…

that information claimed that if you know this and that

it would be useful in many cases but actually, those were useless for me.

役に立つよりはむしろ、知って邪魔になったのである。

Rather than being useful, the knowledge got in my way.

 

部分的に知るということは、

相手が私の知っていることを話してくれることを待つか、

希求するようになり、本来聞くべき内容から注意が外れる。

Knowing partially means being waited or wishing that

the opponent would tell you what you know about,

so it makes distracting on paying attention to

what you should be listening to.

また、自分が対応できるレベルの話題になることを

期待するようにもなる。

Moreover, it makes you expect that

the topic happens to be in your range which you can manage.

 

ましてや、こんな場面ではこういうとか、

あんな時にはこういうべき等の

無駄な学習が多ければ多いほど、

反応するまで余計な段階を踏まなければならなくなるので、

咄嗟の判断ができなくなる。

To add, like such tips of “do this” or “should do that”

it clouds jiffy judgment to react.

The more unnecessary knowledge you have

the more unnecessary steps must be taken.

 

私が経験した観点から言えることは、

日本に出回っている98%の英会話教本は人と話すためには不要である。

From the view of my experience,

98% of the English conversation handbooks in Japan

are disused for talking with people.

一番厄介な教本は、

英会話のために英語の文法や構文を持ち出すケースだ。

The most annoying conversation handbook is

the case of bringing up English grammar and sentence structures.

そういう文法全て系の本はテストにも役に立たないことが多い。

Such kind of grammar almighty handbooks are often useless even for an exam.

 

私は日本語を文法から習っていない。

I have not learned Japanese from grammar.

韓国語も文法や構文例から習っていない。

Neither Korean learned from grammar or syntax.

その筋で、英語も文法や構文などの知識の破片では実力になれない。

In that way, English cannot be one’s capability

from such grammar fragments or pieces of knowledge.

 

今私に切実に必要にされていることは、

『影響された言語感覚を如何に切り離すか』なのである。

What I really need now is

“How can I set apart my language sensor from influenced”.

 

振り返ってみると、アメリカ住まいが始まった瞬間から、

言語感覚を白紙に、何もない空っぽな状態にさせておくべきだった。

In retrospect, I should have emptied my language sensors

in blank or vacuumed

at the moment I started to live in the USA.

 

破片的な知識をきっぱり捨てて、

言語感覚機能をリセットすべきだった。

I should have cut out those fragmentary pieces of knowledge

and reset the verbal sensory functions.

 

脳内に余計な知識が多ければ多いほど、

肝要な焦点を見逃しやすい。

The more unnecessary knowledge in the brain,

the easier it to miss the essential focus.

体に余計な脂肪が多ければ多いほど、

肝要な筋肉の動きが見えないのと同じだ。

It is like the more fats in the body,

the hard can see the essential muscle movement.

 

部分的で破片的な知識に頼らないときっぱりとケジメをつけた瞬間、

言語感覚はリセットできる。

The linguistic sensation can be reset at the moment

when makeup mind that will not rely on partial and fragmentary knowledge.

 

I do.

Do I?

I do not.

Don’t I?

I did.

Did I?

I have done.

Have I done it?

 

上記に書いたDoの動詞変化形の例は、

『I』の文系に、『You, He, She, They, It』等の主語を変えて

練習すると考える時間が省かれる。

The above sentences are examples for practicing

by changing subjects such as

YOU, HE, SHE, THEY, IT to the verbs of DO

and it may help to save time to think.

 

主語と動詞を頭の中で自由に変化させることができると

自分の感覚に自信を持てるようになる。

If you can freely change the subjects and verbs in your head,

then you will be able to feel confident in your sense.

 

話されている外部環境は変えることはできないが、

自分の中の頭の中で語順を自由に変えられることによって

脳内の内部環境は変えることができる。

The spoken external environment cannot be changed,

but the internal environment in the head

can be changed by changing the word order in one’s mind.

 

 

 

補足

シリーズ2編のアップが遅れました。

ギックリ腰で激痛な2週間でしたが、

やっと立ち座りが楽になったので、

其の②を投稿します。

 

Comments (15)

言語通訳ツールと其の他の問題①Translation tools and other problems-1

2020-12-04 | 英語、韓国語

私の英語はほぼ独学である。

Most of my English is self-taught.

 

日本や韓国の学校で習った英語は

成績や受験のためには役に立ったのたが、

いざその知識を活用しようとすると逆に邪魔になる。

The educated English I learned at schools in Japan and Korea

was useful to get scores and passing exams,

but at a moment I try to use it practically,

it interferes conversely.

 

実際、アメリカ住まいになってから、

人と話す時に、一番厄介になるのは、文法の知識である。

In fact, since I live in the United States,

the trickiest thing I ever have is

the knowledge of grammar when I need to talk with people.

 

話す内容を掴まえる前に、主語や動詞を考えてしまい、

疑問文か肯定文かを判断したりする際に

もうすでに何秒か経ってしまうのである。

When the time to talk about a topic,

before grasping the whole picture of I am going to speak,

I instantly think which subject and verb I should use appropriately,

and moreover, I have to decide

which I rather make interrogative or affirmative sentences, 

while I am judging such grammatical constructions,

time already has passed a few seconds.

 

人と話す時に、だったの1秒の遅れは致命的な支障になる。

When you talk with people,

just a one-second delay can be a fatal obstacle.

人に質問されて、だったの1秒や2秒の遅れでも、

その時点で相手が返事を待つことになり、

その上に相手に忍耐を要求することになる。

Even one- or two-seconds delay on the answering for the asking,

the listener has to wait for the response for the moment

and top of that, it requires the patience of the listener.  

 

運良く、相手が1秒や2秒の遅れでも構わず、

待っていてくれても、

その瞬間だけは何とか凌ぎつなぐことはできるが、

問題は次にもそのようにまた待ってもらえるかなのである。

If the listener does not mind waiting for one second or two seconds,

fortunately, somehow you can manage to pull through only the moments,

but the problem is the same delay will happen again

and others would bear or not.

 

一度や二度、我慢強く待っていてもらっても、

それがずっと続くとなると、

お互いにとって会話がストレスになる。

Once or twice people can wait patiently,

but when it comes continuous for long,

the conversation will be stressful for each other.

 

しかも、考え抜いて、

文法的に正しい語順を頭で構造的に作り上げたとしても、

肝要な内容がもう注意から外れてしまっているので、

自分が何を言おうとしたか忘れてしまう可能性が高い。

Moreover, even though if you think thoroughly about the topic

and built up grammatically correct word orders to talk in your head,

but the crucial contents that you were trying to say

are taken out from the attention already,

so it may accrue forgetting what you really arguing about.

 

私は人を待たせるのが大の嫌いであるから、

瞬時に話せないと思われる話題には、

できるだけ短く応じるようにしている。

I hate letting people waiting for me,

so I intend to respond shortly as possible to topics

that I may not be able to have a conversation with instantly.

 

人と話すというのは、

其の人特有の考え方や感じ方を交わすのであり、

正しい知識を交換することでないのに、

習った文法が本来の話すことを邪魔する。

Talking with people is exchange ideas and their own ways to feel peculiar,

so it is not an exchange of correct knowledge

but educated grammar interferes with the originated speaking.

 

恐らく、私のような非英語圏で

学校の教科として英語を習った者は、

文法的に間違うことは大きなNOとして脳に刻まれている。

Perhaps someone like me

who learned English as one of the curricula at school

in countries where non-Anglosphere,

probably mistaking in grammar

would have been carved as a big NO in their brains.

 

文法的に間違うことは、テストで誤答、

つまり✗をされるのと等しく、

合格すべきテストに落ちるのと同格である。

The grammatical mistakes equal to the wrong answer for a test

and it means marked incorrect ✗

and failing the test which should pass.

 

その学習の背景から、

非英語圏の人は文法的に間違うことに

完全なる抵抗感があるのである。

From such a background of learning,

non-English speakers have the perfect reluctant feeling of

making grammatical mistaking.

更に、ほぼ間違いなく間違う確信はあっても、

間違わないで話せる自信感が全く無い状態では、

話すことが根本から成り立っていない。

To add to it, non-English speakers have the assurance

to speak mistakenly without a doubt

and they have no confidence to speak without making any mistakes,

so the conversation would not be formalizing fundamentally.

 

 

以前仕事で、日本で大学院まで卒業した人の

試験論文を添削したことがあった。

I had a correct sentence work before

for a client who graduated from a graduate school in Japan

for his treatises to submit.

 

その人が書いた英文は、単語の使い方が

ツギハギで表現様式がバラバラだった。

His written English sentences were like

patching and darning in the usage of words,

the writing style was scattered in pieces.

彼の文は基礎レベルの簡単な文章に、

難易度の高い単語が突然表れて、

前後の文脈が途切れてしまっていた。

His sentences were structurally basic with easy level words

but suddenly some high level of words came up from nowhere,

so the consequences of the context were cut off in the way.

 

論文形式で一貫させなくてはならないのに、

突如会話文のような口語体が使われていて、

使い分けが混沌していた。

Although he had to stay in the way consistently to keep the treatise format,

suddenly spoken style such as conversational sentences popped up

so the whole word usage was chaotic.

文全体にも、自らが書いた和文をグーグル通訳した感じを強く受けた。

From the whole sentence,

I strongly felt that he must have used Google translation.

 

その文を修正しながら、

日本の教育システムや受験英語の問題を痛感したのである。

While I was correcting and rewrite his sentences,

I keenly have aware of the problems

in the education systems and English exams in Japan.

 

実際、グーグル通訳や他のウェブ通訳アプリケーションは

非常に実用的で実践的である。

In fact, Google translation and other webinar translating applications are

pretty practical and useful.

 

だが、プログラムされたコンピューターシステムであることから、

単語や文を読み取る性質もアルゴリズムによって処理される。

However, because it is a programmed computer system,

the property of reading sentences and used words are conducted by algorithms.

 

いくら優れた通訳ソフトウェアだとしても、

まだ機械は人間のセンスを超えることはできない。

No matter how the translation software is excellent,

yet the machine never goes beyond the human sense.

 

現存のウェブのツールをより効果的に使えるにも、

言語センスを磨く必要がある。

To use web tools effectively in the current web world,

we need to refine the language sense.

 

言語センスを磨くためには、

文法を本来あるべき骨組として正しく立たせなければならない。

In order to cultivate linguistic sense,

the grammar must build up correctly

as skeleton structure as it should be.

 

肉付きのない骨が先に行ってしまうと

会話は不気味なホラー映画のようになるのである。

If the fleshless bones go first,

the conversation becomes like an eerie horror movie.

 

 

追記Postscript

今度の記事はその根源にある根っこだけ扱うにも、

実用英語の現状と英語教育背景が複雑に絡まっているため、

数回に亘ってシリーズにしていく予定です。

For this article to dig out the roots fundamentally for the starting,

the practical English and the background of the English education system

are intricately entangled,

so I will write as a series several times.

 

Comments (7)

My husband’s ballet practice夫のバレエ稽古

2020-11-27 | バレエ

夫がバレエレッスンを受け始めて半年くらいになる。

It has been almost half a year

since my husband started to take ballet lessons.

 

以前では、私をバレエ教室まで送って、

レッスンが終わる時間に合わせて迎えに来てくれるだけだった。

Previously, he just took me to the ballet class

and picking me up at the time of the lesson ends.

だが、バレエを習い始めてから

奉仕としての送り迎えも自分の稽古の一部になったのである。

However, since he started learning ballet,

the pick-up and drop-off as the service

became one of his practicings.

 

レッスンがある水曜になるとうちらはまず、

バックの用意をする。

On Wednesday the ballet day,

first of all, we arrange the bags.

大きなバレエバックに、

シューズ、タオル、着替え、レッスン用のマスクを詰めて、

ドリンクバックには、

私用のスポーツドリンク2本、夫の好みトリンク3本、

COVIDバックには、

非常用のマスク、殺菌ティッシュ、その他の応急手当用品などを入れる。

Start to pack such as ballet sleepers,

towels, clothes for extra change, masks

for lessons into a large ballet bag.

In the drink bag, two bottles of sports drink for me,

three bottles of husband’s favorites.

The COVID-bag contains

emergency masks, germicidal tissue packs,

and other first-aid stuff.

 

だから、一回のレッスンを受けるために3つのバックを準備する。

So we pack three bags to take a one-time lesson.

出かける前に全ての持ち物のバックが揃えたか、チェックをする。

We also check that if we have all the kinds of stuff as our belongings.

 

カントン市にあるバレエスクールまでは、

15マイル(24キロ)離れているから片道約40分かかる。

The ballet school in Canton is 15 miles away (24km),

so it takes about 40 minutes the one way.

向かう間、私達はバレエの用語を復習したり、

バレエの力学などを確認したりするから

あっという間に時間が過ぎる感じだ。

On the way, we review the ballet terminology

and affirm the dynamics of ballet movement,

so the driving time passes quickly.

 

以下は私達が通っているヴァレイー・バレエスクールのウェブから、

リンダ・プレニャーコワ先生の経歴紹介部分をコピーした。

The following is the copy and paste of the biography of Ms. Linda Presnyakova,

from the website of Valley Ballet School which we attend.

 

>LINDA PRESNYAKOVA リンダ・プレニャーコバ

Artistic Director 舞台芸術監督

Linda Presnyakova, the ballet mistress, was trained in classical ballet by the Dance Academy and Ballet School of Moscow, Russia.

She taught at the Moscow School of Ballet and was a dancer with the Moscow Philharmonic Dance Troupe.

She served as a principal ballerina and received several awards for excellence.

Linda received her degree in dance from the Hartford Conservatory and has since been employed by the Conservatory as a ballet teacher in the certification program as well as in the general division.

She has been teaching at Valley Ballet since the Fall of 1994.<

『主宰のリンダ・プレニャーコバ先生は、ロシアのモスクワ・バレエスクールとダンスアカデミーでクラッシクバレエの教育を受けました。

のちモスクワ・バレエスクールで教え、

モスクワ・フィルハーモニーダンス団でのダンサーでもありました。

また、プリマバレリーナとして、多数の優秀賞を受賞されました。

リンダ先生はアメリカのコネチカット州、ハートフォード音楽院でダンスの学位を取得されてから、

当音楽院で認定過程及び、一般科でバレエ先生として採用されました。

1994年の秋からヴァレイーバレエで教えています。』

 

 

リンダ先生のバレエレッスンを受けると

バレエを習う充実感が持てる。

Taking Ms. Linda’s ballet class gives us fulfillment for learning ballet.

振り付けについていけなくても

劣等感を感じさせない不思議な力がある。

She has a mysterious power that does not make us feel inferior

even though cannot keep up the choreography.

 

だからか、普段では全く運動をしない夫でも、

なんとなくついていけているようだ。

That is why even my husband who usually does not exercise at all,

seems to be able to keep up somehow.

 

夫は人並み以上に体が硬いが、運動神経はそう悪くない。

My husband has stiffer muscles than any others,

but his motor nerves are not so bad.

レッスン中、間違っても、ついていけてなくても諦めず、

挑戦し続けている。

While he is taking the lesson,

he never gives up and keeps challenging

even he makes mistakes or could not come up.

 

また、気さくな性格なので、

クラスメートの誰とでも親しく話せている。

Also, because of his sociable personality,

he communicates with all the classmates friendly.

そんな陽気な夫とバレエを一緒に習うと

メンタルな面で力強く、支えにもなる。

Learning ballet with such a cheerful husband,

makes me feel supportive and mentally strong.

 

夫は今年、60代に入ったが、

60代になって、バレエを始めた。

My husband got into his 60s this year,

but he started learning ballet.

 

60代になって、自らの体を使い始めている。

As he came into his 60s, he started using his body.

 

60代に入って、新しい分野に挑戦し始めている。

As he came into his 60s, he has begun to challenge a new.

 

夫の60代はすでに強くなりつつあるようだ。

My husband’s 60s seems to be getting stronger already.

 

 

 

 

Comments (11)

善と悪の表裏GOOD & EVIL the two-faced

2020-11-11 | 心理学習

善と悪の中間点は何だろうか。

What is the midpoint between good and evil?

インターネットが一般化されて人の価値判断が変わった。

As the Internet is generalized,

it changed people’s value judgment.

 

情報は需要によって製品のように制作される。

Information is produced like a product

where there are demands.

人は自分が知りたい情報を選択して読む、

だがこの過程に多くの広告や宣伝を強制的に見なければならない。

People read information selected as they like to know,

but while they get the information,

they are also forced to see many advertisements and promotions.

 

広告は発信源が利得を得る仕組みになっている。

The design of an advertisement gaining profit

from the transmission source.

広告を観て、それに影響されるかしないかは

見る個人の責任になる。

It is one’s responsibility

whether they are influenced or not

while they watch an advertisement.

 

私のブログもブログ会社の広告がついている。

Those attached advertisements on my blog

also owned by the blog company.

私は日本のウェブブラウザのブログを無料で利用しているので、

常に広告がついている。

I have been using a Japanese web browser blog for free,

so it always has ads.

 

それら煩わしい広告を外すには

有料会員にならなければならない。

To get rid of those lousy ads

I have to become a paid membership.

広告フリーの有料会員になるには

換算して送金、振り込みなど手数が重なるので、

私は無料会員のまま日本のブラウザを使っている。

To become an ad-free paid member,

it takes a lot of procedures such as convert money,

transfer money, so I stay being a free user.

 

だが、厳密に言えば、無料でない。

But, strictly speaking, it is not free.

 

私もこのブログ会社の利得のために

広告を発信しているからだ。

I am also carrying advertisements

to give benefit to the blog company.

有料ユーザーでなければ、

黙って広告を載せろ、とのことである。

It means if you are not a paid user,

you should place an advertisement that is all about.

現代では広告がついていないサイトを見つける確率が非常に低い。

Nowadays, the possibility of finding a site

without ads is extremely low.

 

 

ところで、皮肉なことにアメリカ住まいになってから、

日本のアニメを観始めた。

Ironically, since I live in the United States,

I started to watch Japanese anime.

始めは日本語が懐かしくなって、

ただ音声を聞きたかったからだった。

At first, I missed Japanese

and just wanted to hear the spoken words.

 

日本にいた時は、

テレビは臨時ニュースしか観てなく、

殆どはネット配信、DVDしか観ていなかった。

When I lived in Japan,

I only watched a special newscast or breaking news on TV,

and most of the time I watched online distributions and DVDs.

それが、日本の番組を懐かしい気持ちで観ていたら、

日本のアニメが面白くなり、

挙げ句の果てはまんまとハマってしまった。

However, watching Japanese TV programs

to satisfy nostalgic feelings,

I found some anime are interesting and at long last,

I became addicted to it.

 

アニメは英語の字幕と日本語の音声を比較できる技術的な利点があり、

その上になお現実と想像力が織り成すファンタジー世界を楽しめる。

The technical advantage that anime can provide is

being able to compare both English subtitles with Japanese audio,

and furthermore, it gives us entertainment of the fantasy world

that interweaved with reality and imagination.

 

いつの間にか私はアニメオタクになってしまった。

Unnoticeably, I found myself became an anime nerd.

 

アニメを観ていると善人と悪人の区別が明確に設定されている。

When watching anime,

the distinction between good and evil is clearly set.

 

アニメで描かれる善人のイメージは

容姿が端麗に描かれて、

役を演じる声優の声も落ち着き感がある。

The charactered image of a good person in anime is,

usually, the appearance drew beautifully,

and the voice actor who plays the role also calm.

 

性格も常に前向きで、困難に立ち向かい、

挫折をバネにして最終的には夢を実現する。

The character is always positive and constructive,

challenging to the difficulties,

overcome setbacks to make dream come true at last.

 

反面、アニメ的な悪人は

容姿が醜く描かれることが多く、

役を演じる声優の声もどこか冷たく血の気がない。

On the other hand, the anime-like evil man is

often depicted as ugly,

the tone of the voice actor who plays the role is

somewhat cold-blooded.

 

性格は常に自己中心的で、

自己の利得のために相手に害を与え、

自分の立場を利用し自利自得を得る。

The character is always selfish,

imposing harm to others to gain benefit

and using its positional advantage to get interests.

また、常に人をあざ笑う。

Also, always make mocking of others.

 

しかし、現実ではアニメのように

善人や悪人の区別が明確に設定されていない。

But in reality, the differentiation between

good and evil are not clearly set as anime does.

 

ある個人から捉えて善人が悪人にもなるし、

その悪人が誰かには善人になる。

From the perspective of an individual,

a good man can be a bad man,

and the same bad man can be a good man.

なので、私も誰かにとっては善人でも

誰かにとっては悪人になりえる。

Therefore, I am also can be a good man for someone

but at the same time, I can be a bad man for them.

 

要するに、私は善人でありながら悪人でもある。

The point is I am both cases as a good man and a bad man.

 

極端な例として、

もし、私が有名なユーチューバーやツイッターに

悪人として認識されたら、

私の悪の面だけ取りあげられ、

全ネット世界に悪人の例として知られるようになる。

To take an extreme example,

if I were recognized as a villain

to a famous YouTuber or a Twitter,

only my evil side would be taken up

and I would be known as an example of a villain

throughout the Internet world.

 

誰かを悪人に仕立てるか、

善人に作り直すかは情報を制作することによって

可能になってしまったのである。

Creating someone as to be a bad man or

recreating the exact person as to be a good man

it became possible by editing information.

 

この善悪を作り出す情報世界に私達は住んでいる。

We live in the information world

where good and evil are created.

 

人の無意識は広告によって影響され、

意識も知識の偏りによって操作されている。

People’s unconsciousness is influenced by advertising,

and consciousness also manipulated by knowledge bias.

 

インターネットは情報の自由を与えてくれたが、

その代わり情報源の餌食にもなる。

The Internet gave us free information

but in return, we can be prey to the source of it.

 

一欠片の情報をネットから無料で得るために、

情報を発信した発信源に何らかの利益を与えることになっている。

In order to get a piece of free- information from a website,

we suppose to give some benefits to the information owner.

 

私も自分のブログを開く度に広告にさらされる。

Every time I open my blog, I get exposed to ads.

 

このブログを読んでいる皆さんも

このブログ会社に一点の利得を与え、

また私のブログ知名度を上げることになる。

Everyone reading this blog

they will also give a benefit

to this blog company at any point,

and sure of it my blog will get popular.

 

持ちつ持たれつと簡単に言えばそれもそれまでだが。

In the short term,

if we say it as a give-and-take,

then it is what it is…

 

 

補足:ブログの和など

以下は、ブログが縁で親しくなった着物研究家紫苑さんのブログURLです。

https://blog.goo.ne.jp/sionnann/e/32f83acd2e7e465e8b5f4f291f088e3d

 

Comments (94)

About Mr. Biden elected as Presidentバイデン氏が大統領に選ばれたことについて

2020-11-08 | 住まい関連

バイデン氏が46代目のアメリカ大統領に選ばれました。

Mr. Biden is elected the 46th president of the United States.

 

彼の勝ちについて私が思うことは

What I think about his win are,

人の尊厳性は政策によって侵されないこと。

The dignity of people should not be violated by politics.

人は人種によって優劣を計れない。

People should not be divided by racial superiority or inferiority.

政治政策より、人間性が優先される。

Humanity has priority over political policy.

指導力は信頼によって得られる。

Leadership is gained by the trust.

アメリカの未来は再び開かれた。

The future of America has been reopened.

過半数のアメリカ人は友好的で争いが嫌い。

The majority of Americans are friendly and conflict.

法律的に戦うより、伝統的な対面方で戦う。

Fight traditional face-to-face rather than legally.

非常識な人より常識的な人が多い。

There are more people who have common sense

than people who have non-sense.

アメリカは再び、本来のあるべき国に戻った。

The United States has returned to how it should be.

アメリカは政治によって分断されない。

America is not divided by politics.

 

 

 

当ブログを読んでくださる方へ

Dear to those who read this blog.

11月7日バイデン氏が大統領に選ばれました。

November 7, 2020, Mr. Biden is elected as President.

只今、トランプ氏はゴルフ中で、

ツイッターで『私は多く勝った, I won a lot』と投稿しています。

Right that moment, Mr. Trump was playing golf

and posted on Twitter, saying that “I won a lot”

 

また、残りの任期中、何をしでかすか本当に怖いほどですが、

彼の得意分野の裁判起こしで膨大な人材やお金を使うでしょう。

Also, I am really scared of what he would do for the rest of his term,

but surely, he will spend a huge amount of legal agency and money

in filing trials which is his expertise.

 

この4年間、トランプ氏が大統領になって、

毎日、非人道的なことがおきました。

For the last four years, since Mr. Trump became president

such inhuman things happened every day.

反トランプ派と親トランプ派は敵同士になって戦い、

科学的な事実を歪曲し、

誤った情報を流し、

相手を憎むように扇動していました。

People are divided by anti-Trump and pro-Trump

and they became enemies to each other,

distorting scientific facts,

produced misinformation.

He agitated to hate people.

 

外に出かけると、会う人がトランプ支持者かもしれないとの不安で、

アジア人であることに危険を感じていました。

When I go out, there I had anxiety that some people I met

might be Trump supporters,

so I felt the danger of being Asian.

だから、黒人で生まれたことがどれほど不利を持っているか、

本当に実感できたのです。

That is how I could learn that how much disadvantageous to be born as black people.

 

人を見る時も、トランプ派かそうでないかをみようとする習性ができたほどです。

Even when I see people, I became to have a habit that if they are Trump people or not.

 

とにかく、トランプは4年にかけて、最悪な状況を作りました。

Anyway, for 4 years, Mr. Trump made the worst conditions.

コロナ感染率が世界最高だけでなく、

経済的にも最悪、最悪な失業率など、

本当に住みづらい国になってしまいました。

Not only the highest COVID19 infected rate in the world

but also the worst economy,

the worst unemployment rate, etcetera,

and the country became hard to living in.

 

バイデン氏が、それらトランプ氏が作った問題を解決するとは思えませんが、

少なくても進行は止められると思います。

I do not think Mr. Biden can solve those problems Mr. Trump created,

but at least he can stop the development.

 

私はやっと、息が楽になりました。

I finally got better at breathing.

 

 

 

 

 

Comments (17)

Discipline and Training修業と稽古

2020-10-30 | 翻訳

ウェブ辞典での修業の定義は

『学術・技芸などを学んで身につけること。

また、その分野で規定される課程または年限を済ますこと』

The definition of discipline and training on the web-dictionary is,

『to learn and acquire academic and arts.

Also, complete the course or term specified in the field』

稽古は『芸能・武術・技術などを習うこと。

芝居などで、本番前の練習。

昔の書を読んで物の道理や故実を学ぶこと』と書いてある。

Training is『learn performing arts, martial arts, techniques, etc.

A rehearsal before the performance, such as in a play.

To learn logic or antiquities by reading old books』

 

そのウェブ辞典的意味では、

私が修業のつもりでやっていることは

厳密にいうと稽古であるようだ。

In the sense of the web-dictionary,

the discipline that supposing I have been doing,

strictly speaking, it is training.

 

修業をするという動詞には外から課せられた厳しさがある。

The verb of discipline has a strictness that

designated from the outer force.

稽古も厳しさはあるが、

修行ほど厳格に強制されていない自律性がある。

Training also has strictness,

but there is the autonomy that is not as strict as the discipline has.

 

自らが定めた修業は、

他人や権威のある団体から

実力を認めてもらうことが究極の目標である。

The ultimate goal of discipline that one has set is

to have an ability that approved by others and authoritative organizations.

稽古は自分の実力が

他人や権威のある団体から認められるように

自らを訓練する過程である。

Training is the process of one’s own working out

to be approved by others and authoritative organizations.

 

どっちにせよ、私は修業をする、稽古をすることが好きだ。

Either way, I like both disciplining and training.

それはもうしかして、設定した目標に向かって

自分を動かすことに惹かれるからかもしれない。

Maybe it because I have been attracted

to activate me toward the goal I set.

 

 

約4年前か前に、私は翻訳家になるための目標を定めた。

About 4 years or so, I set a goal to become a translator.

何故なら、その目標は努力によって100%叶えると思ったからだ。

Because I thought that the goal would be 100% be achieved by effort.

 

目標はYesかNoの世界だ。

A goal is a matter of Yes or No.

目標は叶えるか叶えないかの両極端の性質を持つ。

A goal has the extreme nature of being fulfilled or not fulfilled.

叶えるかもかもしれないというのは空想であるから

目標を達成する要因から排除される。

Such as the expectation to be fulfilled is the daydream,

so it is eliminated from factors that achieving a goal.

 

私は叶えない目標は持たない主義だ。

One of my principles is

never set as a goal that cannot be fulfilled.

時間がいくらかかっても努力によって叶うなら、

叶える可能性が0.1%でも着手する。

No matter how much time it takes,

if a goal is achieved by effort,

even with 0.1% of the possibility I start to work on it.

 

その0.1%、針の芯が空けたような小さな穴に

残り99%の全体が見える。

The 0.1 % that looks like a tiny needle hole,

through the needle hole,

I can see the left 99% as the whole.

努力無しで叶える目標もあるが、

あれは一攫千金のように一瞬で表れ、一瞬で消える。

There is a goal that can be achieved without effort,

but it is like hit on the lottery

so comes quickly and goes instantly.

 

私が20代だった時、1,000円から始めた銀行口座があった。

When I was in my twenties,

I had a bank account that started at ¥1000.

その1,000円が1,000万円になった時、

目標を叶えることがどういうことかを知った。

When that ¥1000 became ¥10 million,

I learned what it meant to achieve a goal.

 

そうか、叶えるのに不可能に見えても

時間をかけて少しずつ可能にしていくと

不可能は可能になるんだ、と思った。

At that moment I thought that

well enough, even though something seems impossible

to make it come true

if do little by little over time,

an impossibility becomes a possibility.

 

目標は時間との勝負であることを知った。

I learned that a goal is to how to compete with time.

 

目標達成は能力、無能力の判断に依存されていない。

Achieving goals does not rely on ability or incapability.

時間をかけて能力を手に入れる、

時間をかけて現実化していく、それが目標の行き先である。

Get the ability by taking time,

make it real over time, that is how a goal whereabout.

 

 

 

Comments (46)

Soul the Shell, Core, Energy魂の殻・核・気

2020-10-16 | 坐禅

魂は気体のようで、人の眼には見えないが

原子運動をするダイナミズムを持っているかもしれない。

The soul is like a gas and it may have the dynamism of atomic motion,

which is invisible to the human eye.

生き物はみんな、それぞれに与えられた魂の分量がある。

Every creature has its own amount of soul as a gift.

 

木は主に炭素、酸素、水素の元素からできて、

着火された木が燃焼する時、

光と熱が発生する酸化によって気体化され物質的に消える。

Trees are mainly made up of elements of carbon, oxygen, and hydrogen,

when the tree burns by ignited,

it vaporizes by the oxidation that generating light and heat,

and materially disappears.

魂はその木が燃えて気体になっていく過程に似ている。

The soul is alike to the process of a tree

burning into gas vaporizing.

 

 

何年か前に日本の青森県にある恐山の菩提寺で、

南直哉禅師から個人面談を受けたことがあった。

A few years ago, I had a personal interview with Minami Jikisai

who is a Zen master at Bodaiji Temple on Osore-zan

in Aomori Prefecture, Japan.

面談と並行して南師による坐禅会にも参加したので

3泊4日の予定でそのお寺の宿泊施設で宿泊した。

In parallel, I also participated the Zazen-meditation group

instructed by him Minami Jikisai,

so I stayed at the Temple’s accommodation for 3 nights and 4 days.

 

二日目の朝、朝の4時頃か眼が覚めてしまって、

窓を開けて中庭を眺めていた。

On the morning of the second day,

I woke up around 4 o’clock in the morning

and opened the window to look at the courtyard.

中庭から見える伝統的な日本の建物と

その背景に広がる恐山を無心で眺めていた。

I was absorbed in admiring the traditional Japanese architectures

seen from the courtyard

and the panoramic view of Mt. Osore-zan in the background.

 

時間が経つのも忘れて、何も考えずにただ見ていたら、

突然、見ていた景色に何かの変化があって、

風景画のような庭に何かの気配がある感じがした。

While I was looking at the courtyard scenery

with no judgmental thought and forgetting the passage of time,

suddenly, a change popped out from the scenery to my eyesight

and made me feel that there something happened in the garden

the place where was like a landscape painting.

見える景色は何も変わっていないのに、

確かに何かの動きの気配が加わった気がした。

Although the scenery which I was looking at has not changed at all

actually, I felt like some kind of movement got into my eyesight.

 

もしかして、これが恐山には幽霊が出るとの噂の実態か?と怖くなってしまった。

Possibly, is this the actualities of rumors that ghosts come out in this Osore-zan?

So, I got frightened.

 

何も無いのに実際、何かの動きを感じる、

お化けを見たことがある人が言っていることがこれか?と寒気がして、

怖さで体がこわばってしまった。

Is it what people saying about ghosts who have seen them?

The actual feeling of something moved but there is no visual indicates?

I felt chills and my body frozen due to fright.

 

怖くて身動きはできなかったが、

勇気を出してお化けがあるなら目撃したいと思って、

その気配の正体を探そうと見ていた庭や建物の細部まで眼で確かめていった。

I couldn’t move because of the frightening,

but I took my courage out to witness if there is a ghost,

so I carefully looked up the detail of the courtyard and buildings

to find out what exactly happened.

 

私が泊まっていた2階の窓からは

宿泊棟と本堂をつなぐ長い廊下の建物が見えた。

From the window on the second floor where I was staying,

I could see the long corridor building

which attaching the accommodation building to the main hall of the Temple.

 

その長い廊下には多数の窓があって、全部開けてあった。

In the corridor building, there are many windows and all open.

気配があったのはその窓辺りで、

何かがスライドしているように動いていた。

The feeling I had it seemed came from those windows,

something was moving like sliding.

 

その動きには人が放つ気配はなかった。

The movement had no person’s mood

that people usually give off.

普通、人が作り出す気配は、

周りの空気を振動させるというか、

人間特有の空気を乱すようなランダムな運動性がある。

Normally, the specific mood or atmosphere that people create,

it sorts of vibrating in the air

and the motility disarranges air randomly.

 

だが、その動きは周りの空気が振動されていなく、

空気の間にありながら、

空気の中に吸収されて進んでいる感じがした。

However, the moving subject I felt,

it neither interrupts the air nor vibrating,

but while being in the air,

it moves forward like assimilating into the air.

 

もしかして、お化けか?と思った。

Maybe is that a ghost? I thought.

 

だが、そのゆっくりスライドしながら動く物体を追ってみたら、

その物体はなんと、

昨日何時間も話した南直哉師であったのだ。

But I traced the moving object,

which was sliding slowly,

what a surprise,

the mobile object was Minami Jikisai

who I met and talked to for hours yesterday.

 

彼はその時に、完璧な禅僧の姿勢で本堂に向かっていたのだ。

At that time, he was heading to the main hall

in a perfect Zen-master’s posture.

 

廊下は結構長かったから、

私は彼の動く姿を追って、

ただ驚きで見ていた。

The corridor building was quite long,

so I followed his moving form with my eyes and astonished.

 

あのような空気を乱すことなく、

完璧な無動を維持しながら動く人間を目撃した驚きで、

頭が空っぽになってしまった。

With the astonishing,

witnessed him without disturbing air arrangement,

moved forward with perfect motionless

so my head became empty.

 

その瞬間に、彼の魂を目撃した感じがした。

At that moment, I felt like I had witnessed his soul.

 

 

魂の元素は何だろうか。

What is the element of the soul?

魂は人間の体の中にあり、

見ている人に伝わる力動性がある。

The soul is in the human body,

it transmits the dynamism to others.

 

ある人が一つの目標に向かって

一心になって何かをしている時、

魂が燃えるように見える。

When a person is doing wholeheartedly

to achieve one’s goal,

it seems like one's soul is flamming.

 

生きている人は強かれ弱かれ魂を感じさせる。

From people who have lives,

they let us feel the soul, strongly or weakly.

死んでいる人には魂が見えない。

From the dead people, we cannot see the soul.

 

魂の核はどういうものだろうか。

How the core of the soul is formed?

 

私達はアスファルトの上に咲く野花を見て

その生命力の強さに感動する。

We often impressed by the wildflower

which blooming on the asphalt

and touched by its strong vitality.

その野花の命の核心は種であろうか、

或いは光合成であろうか。

What would be the core vitality of the wildflower?

Is it seed or photosynthesis?

 

細胞核を顕微鏡で調べ尽くしても、

そこには生命が始まった動きしか発見できない。

Even though we can examine the nucleus cell under a microscope,

only can find the first dynamism of life.

 

魂を学説的に説明することも

ウィキペディア的に可能である。

It is also possible to explain the soul theoretically

by referring to Wikipedia.

この記事を書こうと思いついた時に、

私も魂についてグーグルして、ウィキペディアした。

When the idea came to my mind to write about the soul,

I also searched Google and Wikipedia about the soul.

だが、そこに魂は感じ取れ無かった。

But I could not get the feeling for the soul on the web information.

 

魂の気はどういうものだろうか。

How the energy of the soul formed?

 

日本に住んでいだ時、

和太鼓のコンサートによく行った。

When I lived in Japan,

I often go to a Japanese drum concert.

魂の気があるなら、

太鼓の音が放つ動的振動なのかもしれない。

If the soul has an energy form,

maybe it would like the Japanese drum sound

which vibrating dynamically.

 

しかし、魂は魂を感じさせようとする者の心には宿ら無い。

However, the soul does not stay in one’s mind

who tries to let people feel the soul.

 

魂を演技することもできない。

The soul never allows pretending to have it.

 

魂は自ら根を張っては、

時間と伴に成長し、

花が咲く時期になってやがて花開く

自然の時間なのかもしれない。

The soul spreading its own roots

and grow over time,

maybe the soul is like the natural time

that a flower finally blooms

when the right season comes.

 

 

補足など:

The photo is the corridor in Bodaiji which I borrowed from a web.

添付した写真は恐山菩提寺、廊下棟です。ウェブから借りました。

 

Comments (57)