Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

内側からの声An inner voice

2018年04月14日 04時09分25秒 | 坐禅

今日、掃除をしながらふっと気づいたことがあった。

Today, there was an aware while I was cleaning home.

今までずっと聞こえていたある声が消えていたのだ。

A voice that has been heard all the time was gone.

 

それは“馬鹿だ”ということばで、

私の心の奥底で常に聞こえていた声だった。

It was the word of “Stupid” and

I always have been hearing the voice from deep in my mind.

その声がいつから聞こえていたかは定かではないが、

忙しい時が過ぎて

ふっと我に返った時に聞こえていた。

I am not sure when I was started to hear it

but it made the voice at a moment

when I had an instant relaxing time after busy time passed.

 

その声がすると、

心を刺されるような痛みが走り、

心臓辺りが切れるような激痛を覚えていた。

When the voice heard,

my mind run to pain like stabbed with knife,

I felt severe pain that as if my heart was cut.

その声を消すため

音楽の音を大きくして

注意を外に向けようとしていた。

In order to erase the sound,

increased music volume up

and tried to turn my attention out.

 

一時期、その声が余りにも頻繁に聞こえていたので

整体院の生体師に聞いたら、

私に首を吊って自殺した男の悪霊が憑いて

悪さをするからだと言われた。

At a time, hearing the voice was so often

So, I asked to a chiropractor

who runs his Chiropractic clinic the reason why.

He told me that a man-demon who was hung his neck

and it possessed me, and it does mean mischief.

それを聞いても

その霊が私以外に居座るところが無ければ、

私に憑いていてもいいかなと思っていたので、

悪霊の悪さについてはそんなに大げさに解釈しなかった。

Even I was told about it,

if the demon does not have elsewhere to go except me,

I thought that it can stay with me

so I didn’t interpret exaggerated about its bad behavior.  

 

確か、言われてみれば、

その声は男ぽい感じもして、

私の声のような感じは無かったので

超自然現象の一つかなと思っただけだった。

Surely, told like that

it was somehow feeling like man’s voice,

didn’t feel like my own voice,

so, I thought that it was merely one of supernatural phenomenon.

 

科学や心理学の理論では

説明し切れない症状もあるだろうと思ったが、

やはり根拠のある原因が知りたかったのもあって、

心理学の本を探し読み始めた。

I thought that there still are science or psychology theories,

which are not enough to explain at all about some symptoms,

but I wanted to know the reason with back up data,

so, I started look for psychology books to read.

 

心理学の諸理論を読んでいる時は、

疑問が答えられ、

結果が因果関係を持ち始め、

妙にも納得できた。

When I was reading such various psychological theories,

my question was answered and

result began to relate with cause and effect,

it bizarrely made sense to me.  

だが、本を閉じると

現実は何も変わっていなかった。

However, when I closed those books,

I found nothing has changed in reality.

 

その“馬鹿だ”という声は

“私は”とか“あなたは”とかの主語がついて無かった。

The voice of “stupid” 

it didn’t attach any of subjects such as “I” or “You”.

たが、私はその声が私に向けられたと思った。

But I thought the voice was directed at me.

何故なら、そのことばが大きく聞こえる時は

何かの失敗をしたり、

ことが上手くいかない時だったりしたからだ。

Because when the voice sounded loudly,

it was when after I have done failures

or something was not going well.

 

私の意識を超えた超自我が

私に欠如した何かを指し示すようにしているのかと思ったりもしたが、

自分が馬鹿をしている原因が分かっても、

それを意識しても

その声は消えなかった。

I thought that my superego

which is beyond my consciousness,

it tries to send me sign that

something was lacking in me,

even though I found out

the reason how I am doing stupidity,

even though I aware of it,

the voice did not disappear.

 

その長年、苦痛の種になっていたその声が、

ついに、消えて聞こえなくなった。

For many years, the voice that had been a root of pain,

finally, disappeared and herd nothing.

 

消えた理由も原因も分からないが、

その声が聞こえなくなってから心が軽くなった。

I do not know the reasons and causes why it was gone,

but my mind felt lighter since I didn’t hear of it.

どうしてその声が聞こえなくなっただろうと不思議なほどだ。

It comes to strange why I didn’t hear the voice no more.

 

自分の愚かさを全て認めたからか、

或いは人間関係にすがりつくことを辞めたからか。

Perhaps, it was because I admitted all of my stupidities.

Or because I quit thing that cling to relationships with people.

 

もしかしたら、

坐禅の教えの無念の瞬間を実際持ったからか…

Perhaps, because I actually had the moment that

freed from obstructive thoughts which is one of teachings in zazen…





この記事をはてなブックマークに追加

禅の国差Zen-gap in countries

2018年03月30日 20時16分21秒 | 坐禅

坐禅の行い方は国々の風土によって形式が変わっているようだ。

It seems that the form of doing zazen has been changing

depending on the nature climate feature in each country.

坐禅を根本から知るために

国別の坐禅の様式を私なりの方法で研究しているのだが、

あまりの違いに戸惑いさえある。

In order to know zazen fundamentals,

I have been studying the style of zazen with my own way,

but it makes me confuse by the differences.

 

私が日本で坐禅体験の指導を受けた時は

作法から教えてもらい、

形式を守る厳しさも肌で実感できた。

When I took zazen guidance to be experienced in Japan,

I was taught etiquettes at the beginner’s step,

so, I could actually feel the severity of following forms.

 

また、食事作法も習ったので、

今も日頃の食生活にも実践でき活かすこともできる。

Also, since I was taught meal manners and propriety,

so, I have been taking advantage of the teaching

and actually, carrying out of it.

夫にも習った食事作法を伝授してはいるが、

長年身に沁みついた食習慣は中々変えられないようだ。

Since I have been instructing my husband that I had learned

but he seems to be unable to change his meal manner habits

which has been stuck for many years.

 

夫にごはんの最後の一粒まできれいに食すようにと、

その根拠も添えて伝えているのだが、

I have been telling him to eat completely for the last grain of rice

along with explanation of the reasons,

ついつい手抜きが現れて、

食器についているご飯粒を

そのまま放置している時が散々ある。

But often he leaves carelessly some of rice grains

which sticking in the bowl with his negligence.

 

その時は3回も指摘したこともあり、

ただ何も言わず、

ごはん粒を黙って指し示すようにしている。

When he does that I try not to say anything

because I told him about it three times previously

and just pointing the rice grains he left.

そのような日常の食習慣の違いも国によって、

食べ残しも可の領域になれば不可にもなる。

Such kind of differences related to leftover dietary habits in everyday,

it can be okay-zone or not-okay-zone depending on each country.

 

だが、禅の形式の中で最も顕著に表れる差は

『礼を表す仕方』である。

However, the most remarkable difference

within Zen-styles is “How to denote courtesy”.

日本では礼儀正しい挨拶方式や身の持ち方の厳格さに慣れてきたからか、

アメリカで公の場でも気軽で無礼な態度には驚きもあれば、

酷い時は不愉快感さえ覚える時がある。

Since I have been accustomed to political greeting ways and regicidal attitude in Japan,

I sometimes surprise when I come in contact with American’s casual,

impolite behaviors even in public places,

at such time I even feel unpleasant.

 

特にインドで撮影された仏陀の生涯を描いたドラマを観ると、

インドの礼の作法が日本や韓国と異なるためか、

尊敬を表し伝える方法に誠意感を感じられない。

Especially, when I watch on a drama that

depicting the life of Buddha which filmed in India,

I can’t feel sincerity

when they express to communicate respect to others.

Maybe it came from

Japan or South Korea politeness are different from India.

礼を重んじる国で住んでいた私には

インドの瞑想法は軽薄な感じさえさせる。

As for me who lived in countries where put value politeness much,

India meditation way makes me even feel frivolous.

 

 

また、アメリカ流の禅は

70年代のヒッピーみたいな自由奔放な無形式さに

呆気にとられたこともある。

To add, American style of zen looks like 70’s Hippie style

that unformatted upon on freedom and it made me dumbfounded.

其の上、アメリカ禅は社会のしきたりや規範から離れて、

自由奔放にこころの向くままに生きるのが、

禅の悟りのように捉えているような気もする。

Furthermore, America zen seems like has got away from

social conventions and norms

and they seemingly taking zen enlightenment meaning

as to live freely as mentally liberate to be.

 

他の国の坐禅の仕方を見れば見るほど、

如何に日本の坐禅作法が

高度に洗練されているのかが分かる。

The more I look at other countries zazen styles,

the more I can find that how much Japanese zazen style is

highly sophisticated and refined.

 

私の生まれ国の韓国の禅作法でさえ、

日本の禅作法に比べたら

無規律のように見えてきたのでやるせなさも感じた。

South Korea where I was born,

even to me Korea-zen manners look like undisciplined

to compare Japan-zen manners

and it makes me feel gloomy.

 

日本の坐禅は宗派が異なっても、

基本的に厳格な作法によって規律が守られている。

Japan-zazen even though its sects are dissented,

basically, disciplines are fundamentally being kept by a strict propriety.

 

例えば、ロシアのバレエが厳格で正統派になったように、

日本の禅の仕方が正統派になる基本要素を備わっている気もする。

To take an example,

likely Russia ballet became orthodox school with strictness,

the Japan-zen ways have basic elements to be an orthodox.

 

 

ある教えがいくら真価を持ったとしても、

それを実践していく上で、

規律が定まっていないと個人差が生じてしまい、

元の真価が歪曲される可能性がある。

No matter how a teaching has a true value

in the path to perform,

the original true value possibly can be distorted

because of individual differences

unless the discipline is not fundamentally decided.

    

真の核心は捉える人の個人差で影響されず、

国の文化の差も乗り越えられ、

宇宙的な次元のような性質を含むだろうが、

坐禅形式に国々の捉え方に格差があると

その核心を見つけることは中々難しい。

A true core never be affected by individual differences,

it can beyond cultural differences in each country,

also, it includes cosmic dimensional tendency

but if there is qualitative difference in zazen styles among countries,

the finding core will be quite difficult.

 

真の教えを伝授するには

万国に通じる規律がしっかりしていないと、

核心が見る者によって変わっていくおそれがある。

To inherited teachings core is afraid to be changed by viewers points

unless the discipline is not firmly interpreted to all countries.

  

 

これらの多様な禅の解釈を目のあたりにすると

善悪の根拠さえ定義するのに迷いが生じるのである…

Facing on these various zen interpretations,

the ambivalence comes up

to define the foundation of right and evil…

Comments (29)
この記事をはてなブックマークに追加

未来の幸せ、過去の思い出Future happiness, Memories in past

2018年03月19日 19時11分45秒 | 心の癒し

10年前の私の状況から今をみると、

あり得ないほどの理想を叶っている。

Looking back my circumstances of my 10 years ago,

I have achieved my ideals almost impossibly.  

50を過ぎ生きてきた時間が

これから生きていられるかもしれない時間より長くなった。

Over 50 years old,

the time I have lived became longer than the time I might be able to live from now.

人間としての自覚をしっかり持ち生きていられるのは

あと20年くらいだろう。

It will be about another 20 years to live through

with a certain awareness as a human being.


私の恩師(増田實)は80代の半ばまでワークショップを難なくこなせたが、

去年の8月にそのワークショップが

彼の全人生をかけての最終回になることを認めざるをえなかったようだ。

My mentor (Masuda Minoru) who was able to do his workshops without problems

until his age of mid-80’s,but in August of last year

he seemingly had to admit that

the workshop was the final session through out his entire life.


精神力や意識の度合いが衰えたことでなく、

聴力が落ち、身体的な疲労が増したからである。

It was not from the reasons of his mentally weakened nor declined awareness

but only his hearing ability has been dropping down

while his physical fatigue increased.


今になって想いを巡らすと

その先生との出会いが私の人生を変えたような気がする。

Now when I looked back around at those days,

it seems to be thought that the encounter with him

made my life changed.

その先生の教えが無かったら

恐らく私は塾を15年間継続できなかっただろう。

I assume that if I was not taught from him,

I might not able to run my ex-cram school for 15 years.

塾を経営していた15年間、

常にその先生の教えが心にあった。

While I had run my ex-cram school,

I had his teaching kept in my mind.


その先生に精神的に依存していた学生の頃、

ある日の夢にその先生がでた。

The school time when I was mentally relied on him,

one day the teacher appeared in my dream.

夢で私は同時いつも一緒だった井関マドカという同級生と一緒に歩いていたら、

その増田先生が斜め上の廊下を歩いているのが見えた。

In the dream, I was walking with my classmate who was called Iseki Madoka

and we always stick together and saw Mr. Masuda

was walking slantingly above the corridor.

周りには他の同級生がいて、

その先生を指しながら、“あっ、増田先生だっ”と言い、

その中の何人かは彼を見て笑った。

There were another classmates around,

as they saw him said “Oh, there Mr.Masuda”

and some of them laughed at him as they pointing to him.

一緒にいた井関に一緒に行くかと聞いたら行かないという。

I asked to Iseki who was with me if she wanted to see him,

but she didn’t want it.


私はその先生に会いたくなったので彼が歩いた斜め上まで行った。

I wanted to see Mr.Masuda,

so I walked up obliquely where he was walking at.

その上はグラス張りの温室のようなところのようであった。

The above place was like a greenhouse

which wall and doors are all made of glass.


 そこに辿り着くとそこは手入れがしっかり行き渡っている日本庭であった。

When I come up there,

it was a Japanese garden which was neatly maintained well enough.

低い緑の庭木があって石灯もあり、

小さな川が左上から右下に流れていくようであった。

There were some low-height greenish plants and a stone light statue,

a small river was like flowing from above left down to lower right.

少し湿っぽい感じに暖かい感じにも包まれて

その温室は心地良いところであった。

The place of greenhouse felt pleasant with a bit damp

also felt like I was wrapped with warmth.


 いつの間にか私は一人になって

その先生がいるところを探していた。

 Suddenly I was alone

and looked for where he was.

そこで暫くいると突然、

その増田先生が右の真ん中から少し上のところに座っていた。

While I was there suddenly I found Mr.Masuda,

and he was sitting where a little right above side from the center.


彼は何かの本を読んでいて、

座っているところがとても楽に見えたから

私は“私がそこに座ってみてもいいですか”と聞いた。

He was reading something a book and seemed like very easy at sitting,

so I asked “May I take a seat there?”

彼は“座りたいならどうぞ坐ってください”と彼の特有笑顔で優しく言った。

He said “If you want to sit, please sit down”

with his peculiar smile on his face.


しかし私が、彼が座ったところに座った瞬間、

そこは尖った冷たい石であることが分かった。

But the moment I sat down where he sat,

I found that the place was sharply pointed stone and it was cold.

余りの冷たさとお尻を刺すような尖り具合で

思わず起き上がってしまった。

I stood up unexpectedly at bustle due to its coldness

and the sharpened point pierced my butt.

起き上がる瞬間、

叫んだようでその叫び声で眼が覚めた。

The moment I stood up,

I seemed like shouted and the lousy voice awoke myself up.


もう何十年の前に見た夢だが、

その夢は今でも夢の中で感じた感覚がしっかりしている。

The dream I saw was many decades ago

but still I have a fresh feeling that I felt in the dream.

後になってその夢をその増田先生に話したら、

“もし、良かったらメンバーのみんなとその夢を共有するのはどうかな”とおっしゃった。

I told about the dream to Mr. Masuda when after a while,

he said that “If you don’t mind, how about sharing the dream with members.


あの時、私は生きるのが苦しかったが、

未来は私に開けているような感じはした。

At that time, I was suffering to live

but feeling that my future was opened to me.

その時は、今こうやってアメリカの片隅で当時を想い描くようになるとは

夢にも思わなかったが…

At that time, I never thought even dreamt like this moment that

I ever could remind those days at the corner of USA…

Comments (84)
この記事をはてなブックマークに追加

私は何かWhat am I

2018年03月15日 01時42分02秒 | 坐禅

私という生命体は何か。

What am I called as a life form?

生命体と言っても生きているかさえ実感が湧かないので

私が生命体であると決めつけるのは私以外の他人であろう。

Even though as said to be a life form,

it is hard for me to feel real whether I live or not,

so, it would be someone other than me to decide that I am as a life form.

 

確か私の生命体は主観的な嗜好を基盤に食し、

遺伝子の営みによって食したものを排泄し、

自らの生命を絶たない限り生命を維持している。

Certainly, my life form body eats foods based on subjective preferences,

do excretion what I ate with which operated by genetic system,

I sustain my life unless it exterminated by my own.

生物的な対象としての私は

動物や食物と何の違いがない生きものである。

As a biological subject, I am a living creature

which it does not have any differences from animals and plants.

動物でさえ食べ物に嗜好性があるから

好き嫌いが私と動物の隔たりであるとは思わない。

I don’t think that likes or dislikes make a difference

between animals and me,

because even animals have fondness for foods.

 

私は何が根拠で私であるだと決めつけているだろうか。

What would be basis for me to decide as being me?

遺伝子の情報やその組み合わせが私だとしたら、

動物が犬や猫になることを遺伝子で決まっているから

それも動物と変わらない要素であろう。

If the genetic information or its combination makes as what I am,

but cats and dogs are also determined by genetic to become,

so genetic information is not the indifference factor between me and animals.

 

私が血縁背景による身分の差で決まるなら、

動物も先祖の違いによって野生とペットに区別されているから

それも動物と基本的には類似している。

If I determined by which blood I am inherited and its background status,

but animals are also distinguished wild or pets by their ancestral differences,

so, I also have a fundamental similarity with animals.

 

もし私が経験によって定義されるなら、

それだけが動物と違う何か特殊な特色になるかもしれない。

If I defined by experience,

that might be the singular feature

that make a difference between animal and me.

個人史が他人と私を区別できる何かを決める構成要素になるかもしれない。

Personal history might be the components

which can determine to identify of me from others.

しかし、個人史は全て過去に存在しているので

今の時点からみると持っていることが見えない。

However, since all the personal histories exist in the past,

So, we can not see what we have from the present of view.

時間が経験を持つのであるからだ。

Because time has the experience.


また、経験は現在の解釈の見方によって

意識にのぼる度合いも変わってくる。

Also, experience comes to change how to be conscious,

depending on the current interpreter ways.

意識の仕方によって経験してきたことが違って見える。

The way how has been experienced,

 it looks differently by how to be conscious.

最近、私は幼年期の記憶が何故か意識に上ってきて

驚くことが多くなった。

Recently, I often surprised when my childhood memories

 have been coming up somehow to my conscious.

 

驚くのは40年の前のことを覚えている私の意識である。

What makes me surprised is my conscious

that can remember things 40 years ago.

仕事に追われていた時は一度も思い出したことが無かったことが

今になって水が漏れるように漏れ出しているようだ。

When I was chased by works

I never reminded the memories even at once,

and now it seems to start leaking out like leaking water does.

 

だが、その記憶に感情はもう結びついていない。

However, the memory no longer sticks with feelings.

事実だけが言語と部分的に結合して浮かんでくるのだ。

Only facts coming up which combined partially with language.

その度に私は『私を決めるのは何か』と思うのである。

Every when it comes I think

“What is it that determine as me?”

 

記憶の違いが私なのか、

経験の差が私なのか、

これからなる私が私であるようになっていくのだろうか。

Whether the difference of memory be me-myself?

Or the difference of experience be me-myself?

The me-myself which will be come from now on going  to be me?

 

これらの疑問が勢いを増して流れ出してきた。

These doubts began to flow with more vigorous momentum.

その勢いを止めることはできない。

I cannot stop those momentums.

呑み込まれないためには流していくしかないだろう。

In order not to be sunken, make ply it only.

その流す力が坐禅の無思考だろうか…

Maybe the ply kinetic could be the way of none-thinking in zazen…

Comments (25)
この記事をはてなブックマークに追加

精神力のオリンピックSpirit power of Olympic

2018年03月09日 18時40分34秒 | 坐禅

オリンピックは精神力の闘いだと今回の冬オリンピックを観て思った。

Watching the winter Olympic it made me think that Olympic might be a spiritual battle.

私は今までオリンピックを観たことが無かったのだが、

夫が開会式を観ようと言ったのがきっかけで、

期間中は毎日オリンピックの競技を観た。

I have never watched Olympic games before,

but I was motivated to watch it because my husband told me about watching opening ceremony so,

for two weeks we watched it every day.


日本に住んでいた時は仕事で常に忙しくテレビを観る時間が無かった。

When I lived in Japan I was always busy with work, so I didn’t have time to watch TV.

韓国に住んでいた30年前はオリンピックに興味が無かったので

1988年ソウルオリンピックも観ていなかった。

I didn’t watch Soul Olympic in 1988 held in South Korea

neither even though I lived there 30 years ago,

nor I was not interested in Olympic.

これらの関連無しの無関心からかオリンピックは私と全く関りの無い行事に過ぎなかった。

Those Olympic games were nothing related with me at all at those days and it was just an indifference events.


ところが開会式を観た瞬間、

その特色的なアイデアやIT技術による新しい映像の世界を見て

感動のあまり涙が出そうになった。

However, the moment when I watched opening ceremony,

I was touched enough so I almost cry with tears

by seeing those new features of ideas and new visual world with IT technology.


それにまして、アメリカのメディアは報道の仕方や解説が日本や韓国と全く違って、

オリンピックに取り組む国民的な視点が違っているのも驚きであった。

To add, the media of broad casting in America and commentary ways are different from the ways of Japan or Korea,

surprisingly people’s perspectives on Olympic concepts are also different.


日本や韓国でのTVのスポーツ競技は大概解説する人が落ち着き過ぎて、

劇的な勝負の分かれ目でも冷たく分析ばかりして、

勝ち負けに中点をおいた展開がほとんどであった。

Most of sports games on TV in Japan or Korea the commentators

 who analyses the game they are too much calmly down

so that they do analysis only with cold ways

even when at dramatic turning of match-ups

and mostly put the main meaning on wining or lost.


フィギュアスケートの解説も点数や技術面での判定に趣があり、

成功や失敗などを決めつける範囲に限っているように感じられた。

The commentating of figure skating also has kind of gist to judge scores and technical points,

I felt like they seemed to be limited to the range that determining how succeeded or failed.

決まってメダルの数や自国の順位とかがオリンピックが持つ意味のようなニュアンスもあるようであった。

They seemed to have a typical nuance that meaning of Olympic is how many numbers of medals they get and their nation’s ranking at.


しかし、アメリカでは国籍よりは各選手の個人的な闘いを紹介する放送が根本的な姿勢があり、

解説中にも視聴者と共に興奮し感激を伝えている。

However, in Unite States there is fundamental broadcasting attitude that introducing each player’s individual fighting

 rather than which nationality they have and during commentary they exited with audiences altogether and reporting impressions with them.

アメリカが勝ってもそれは二の次のようでその個人の闘いを唱える。

Even the case US won it seemed like secondary and chanting individual’s fighting.

そのような個人に中点をおいた伝え方は、

オリンピックは人種の差を乗り越えた人類同志の極限の闘いであると思わせるところがある。

Such broadcasting ways that put the main meaning on an individual,

it has some points of make to think that Olympic is human beings the ultimate fighting beyond different races.

オリンピックの報道から国の人間への理解の仕方が異なることも合わせて知ったのだ。

I learned accordantly from the Olympic broadcasting that the ways of understanding human is also different.


オリンピックは国を代表して戦う競技であるが、

最後の決勝戦になると個人の精神力の勝負になる。

Olympic games is the competition of representing their country

 but when it comes to final battle it tuned to become individual’s mental power game.

より完璧な人が頂点に登り、

限界を乗り越えた人だけが難しい技術面で自由になる。

More perfect person climbs up to the top,

the only person who has overcome limitation will be free in technical difficulties.


金メダルを取った人からは完璧な状態にあることですら乗り越えている超越な精神力を見ることができる。

We can see the transcendental spiritual power from the gold medalists which they even overcame the state to being perfect.

人間の身体への限界に挑む精神力を見ると

私が持つ日常の些細な悩みは簡単に解決できるような気にもさせる。

Seeing those spiritual challenge to human body’s limitations

it makes me feel like I will be able to solve easily the trivial problems I would have in daily life.


今回のオリンピックの選手達の目つきから『自我の強さ』を感じたが、

その強さは個人の自我の範囲を超えた何かがあるような感じもした。

I felt “The strength of ego” from Olympic player’s the way of looking with their eyes

and the strength is like something beyond range of personal ego.


坐禅の教えのひとつでは自我から離れ、

自我の束縛から紐解ける術を説いているのだが、

今回のオリンピック選手が見せた自我の強さから、

強くなるには自我を忘れるほどの訓練をすると到達できるのではないかと

その坐禅の事例を確認できたような気もした。

One of teachings of zazen is to be away from self-ego

and preaching a technic that untying the bondage of self-ego,

I felt like confirmed the zazen teaching as I saw Olympic players strength that

they have shown us which I may able to be strong by training

that if I train myself as to be enough forget my ego.


自我を忘れるほど一つのことに集中すると

オリンピック選手のようにそのことで極めることになるのだろう。

It will be possible to be extreme if do concentrate on one thing like Olympic players

as could be enough to forget the self-ego.

Comments (18)
この記事をはてなブックマークに追加

八正道の正と誤Noble Eightfold Path of YES or NO

2018年02月27日 17時09分04秒 | 坐禅

正しい道を選ぶ基準をどうやって定めることができるだろうか。

How can we determine the criteria for choosing a right way to do?

正しいとか正しくないとかの判断は何を基準にして定まっているだろうか。

What kind of judgements determine the criteria of which is right or wrong?

正しいことの反対側は間違いだろうか。

Can be the opposite of Right is Wrong?

これらの疑問は宗教でしか答えられないだろうか。

Could be answered for these questions only by religion?


私は韓国で生まれ、日本で長年暮らし、今はアメリカで暮らしているからそれぞれの国の文化の違いが日常生活のレベルで分かってくる。

I was born in South Korea, lived in Japan for many years and I live in US now, so I come to understand each country’s cultural differences at daily life level.

その暮らしの中で気づいたことは、人様の生きるべき道としての正しいか正しくないかの判断基準は風習のように過去の前例で決まってくるということだ。

What I learned in those daily life is the criteria for judging whether right ways or wrong to be right in the ways of should live right will be decided by precedents which happened in past like customs.

人々の価値判断基準は宗教の違いにより異なり、国々の文化の違いによっても善悪を判断する思考過程が違う。People’s criterion of judgement for what is worthiness is different from one’s religion and each country also have cultural differences depending on their own thinking process to judge whether good or evil.


例えば、クリスト教では神は有一の存在であるが、日本では複数の神がいて日常の中に溶け込んでいる。

For example, Christians believe God as the singular existence but there are several gods in Japan and the gods are blended into people’s daily life.

韓国での神の概念は全知全能の存在で超自然的な現象や科学で解明できないことを神の領域に分類し、人間の力が及ばない範囲や性質を神に例えている。

The concept of God in South Korea is an almighty being and it is classified into a regime of god-domains which like supernatural phenomenon or things that cannot be elucidated with science and they means as a kind of power beyond human nature or an unattainable range.


それらの差異や視点の違いを日常で経験すると、正しいと決めることに迷いが生じたりする。

As my experiencing of those differences or discrepancies of view points in ordinary, it makes an ambivalence to decide to be right.

だが、仏教の教えの一つに『八正道』があり、それを学んだ時はその迷いが消え、何が正しいかの疑問も消えた。

However, there『Noble Eightfold Path』is one of Buddhism teachings and when I learned it disappeared the ambivalence and doubting of what would be right.

私はある特定な宗教に所属されたくないのだが、その八正道の教えには納得ができ、仏教徒でない私でさえ教えは承り実践するのに価値があると思えてきた。

I do not want to belong to a specific religion, but the teaching of Noble Eightfold Path made sense to me even I am not a Buddhist and I began to think it is worthy to practice as I learned those teachings.


以下はその8の正しい道のウィキペディアの引用である。

Below is the quotation from Wikipedia about eight ways of Noble Eightfold Path.


①正見:真理などを正しく知る。

Right View: To know truth kinds accurately.


②正思惟:正しく考え判断する。

Right Resolve: Rightly think and judge.


③正語:正思惟されたものの実践である。

Right Speech: It is practical conduct of Right Resolve.


(嘘離れ、無駄話を離れ、仲違いさせる言葉を離れ、粗暴な言葉を離れることである)

(it means no lying, be away from idle gossip, be away from misunderstanding each other, leave violent words)


④正業:正思惟されたものの実践である。

Right Conduct: It is practical conduct of Right Resolve.


(殺生を離れ、盗みを離れ、性的行為-特に社会道徳に反する性的関係-を離れることをいう)

(To say, be away from destruction of life or killing, be away from stealing, be away from sexual behave especially sexual relationship contrary to social morality)


⑤正命:正当ななりわいを持って生活を営むこと。

Right Livelihood: Live life with a rightfulness to carry on one’s livelihood.


⑥正精進:「すでに起こった不善を断ずる」「未来に起こる不善を生こらないようにする」「過去に生じた善の増長」「いまだ生じていない善を生じさせる」という四つの実践について努力することである。

Right Effort: Make efforts for those four-practical conducts such as「eliminate vice that already has arisen」「try to prevent a vice will happen in the future」「increasing and expanding virtue that has happened in past」「make happens virtue that  have not  occurred yet」


⑦正念:常に今現在の内外の状況に気づいた状態(マインドフルネス)でいることが「正念」である。

Right Mindfulness: To be always being aware (with mindfulness) of current situations in inside and outside.


⑧正定:正しい集中力(サマーディ)を完成することである。この「正定」と「正念」によってはじめて、「正見」が得られるのである。

Right Concentration: It is to complete right concentration(samādhi). By these Right Concentration and Right Mindfulness can get the Right View for the first step.


上記の8の項目に正しくない道(誤道)を付け加えると対調性が明確になり、更に分かりやすくなる。

Adding other incorrect eight ways(misconduct) on above eight lists it will make clear symmetrical comparison and make clearer understanding.


①誤見:真理などを正しく知らない。

Wrong view: Not knowing truths kinds correctly.


②誤思惟:正しく考え判断しない。

Wrong Resolve: Wrongly think and judge.


③誤語:誤思惟されたものの実践である。

Wrong Speech: It is practical conduct of Wrong Resolve.

(嘘、無駄話、仲違いさせる言葉、粗暴な言葉をすることである)

 (it means tell a lie, the words that make misunderstanding each other, using violent words)


④誤業:誤思惟されたものの実践である。

Wrong Conduct: It is practical conduct of Wrong Resolve.

(殺生、盗み、性的行為(特に社会道徳に反する性的関係)をすることをいう)

(To say, doing destruction of life or killing, stealing, doing sexual behave especially having sexual relationship contrary to social morality)


⑤誤命:正しくないなりわいを持って生活を営むこと。

Wrong Livelihood: Live life with a wrongness to carry on one’s livelihood.


⑥誤精進:「すでに起こった不善を継続する」「未来に起こる不善を生こるようにする」「過去に生じた悪の増長」「いまだ生じていない悪を生じさせる」という四つの実践をすることである。

Wrong Effort: Doing four-practical conducts such as「continue vice that already has done」「try to accuse a vice will happen in the future」「increasing and expanding vice that has accured in past」「make happens vice that  have not  occurred yet」


⑦誤念:常に今現在の内外の状況に気づけていない状態でいること。

Wrong Mindfulness: To be always being unaware of current situations in inside and outside.


⑧誤定:正しい集中力(サマーディ)を完成することができていない。この「誤定」と「誤念」によって「誤見」になる。

Wrong Concentration: It is not being able to complete right concentration(samādhi). By these Wrong Concentration and Wrong Mindfulness these can be the Wrong View for the begging.


正しいのは正しくないことを明確にすると概念が定まり、

Righteous way will be decided by clarifying what is not right,

正しくないことは正しい正の位置に立つことにより見えてくるのではなかろうか。

Guessing that the righteous ways can see through by standing at the right positions.

 

Comments (75)
この記事をはてなブックマークに追加

日韓英語教育とその他Jaglish,Konglish and Otherglish

2018年02月13日 17時30分21秒 | 英語、韓国語

日本での英語学習度合いは学歴、経歴に直接関わっている。

In Japan, learning capacity of English is directly related with educational background and personal career.

日本で大学を卒業した者なら中学3年、高校3年、短大2年か大学4年かで最低でも8年に及ぶ英語教育を受ける。

Those who have graduated collage in Japan, they must have taken English classes at least for 8 years for 3 years at junior high school, at high school 3 years, at 2 years of junior collage or 4 years of university.

韓国も同じような教育システムであるが、小学生から基礎英語を学ぶ時間は日本より多いと聞いた。

South Korea also has similar educational system, but I have heard the time for learning basic English from primary school students have more classes than Japanese students have taken.


ジャグリシューはJapanese+Englishを合成したことばで日本内だけで通じる和製英語のことを指す。

The word of Jaglish is synthesized Japanese plus English and it refers to Japanese-English that have been using only in Japan.

コングリッシューも同じくKorean+Englishで韓国人が英語だと思われる発音や言い方をすることを言う。

Konglish is the same of Korean plus English and it also refers to how Korean speak English or how they pronounce as English that they are supposed to communicate with English.


私は韓国と日本で教育を受けたからジャグリシューやコングリッシューにもっぱら詳しい。

Since I had taken educations in both South Korea and Japan, so I am pretty sure of those details.

ドラマとか映画を観てどこの国の英語なのかを当てることは簡単でもある。

It is very easy for me to guess what country’s English it is when watching dramas or movies.


日本や韓国では英語が流暢だと技能者のように見え、または技術者のように扱われる。

In Japan or South Korea, if someone speaks English fluently he or she looked like a technician and treated like a mechanic.

英語ができるだけで偏差値の高い大学に入れ、上場企業に就職することもできる。

With only English capacity can enter a university which has a higher deviation and can get a job at a listed high company.

だが、問題は英語を6年間習っても話せないということだ。

However, the problem is CAN’T speak English even those for 6 years of learning.


日本での中学や高校での英語は学習科目の一環で英語知識は日常生活とはかけ離れた試験科目に過ぎない。

English at a junior high or high school in Japan, it is just one of subjects that must pass for tests and English knowledge is far from everyday life.

多くの生徒が数学を習っても日常と関連が無いとみなすことと変わりがない。

It is no difference from most of students considering that learning mathematics is not related with everyday life.


日本や韓国の学生にとって英語を習う目的はテスト点数を取るためだけである。

The purpose of learning English for students both South Korea and Japan is only to get scores for tests.

日本の生徒が6年間英語を習っても英語で話せないのは教える先生すら英語で自分の意見を言えないからだ。

The reason why Japanese students can’t speak English even their 6 years of learning is because even teachers who teach students can’t say their opinions in English.


日本の先生はまず文法を教え、文法用語を教える。

Japanese English teachers teach grammar at first and the grammar terms.

30年前の文法参考書に書いてある言い方の例を教える。

They teach some samples of way to say that written in a reference book republished 30 years ago.

英語圏ではもはや使われていない表現が参考書に堂々に乗っていて、教科書にも使われている。

On the reference books the expression examples those are not used anymore in English-speaking countries still used proudly and they are referring on text books too.


塾をやっていた時、生徒が持っている学校でもらった英語ワークプリントは読むだけでも頭痛がして吐き気さえさせた。

When I had running my cram school, I felt headaches and even made me sick bad for just gave a look for student’s workprints that they received from their school.

生徒は先生が教える知識が正しいか正しくないかも分からず、テスト得点のためにひたすら丸暗記をしなければならない。

Students don’t know whether right or wrong for knowledge that taught from teachers and they force themselves memorize at all to get scores for tests.


日本の英語教育の問題点は今から改善しようとしてもその結果が出るまで最低15年はかかる。

The problem of English education in Japan, it will take at least 15 years to improve to get the result if they try to make better from now.

英語で話せない先生が英語を教える、この問題を解決するためには

To solve the problem of teaching English the teacher who is a none-verbal communicator,


①英語の先生に英会話の訓練をする

Give English train course to the teachers.


②英語の先生に言語技能資格試験をする

Give a language qualification test for English teacher.


③文法至上主義から会話術訓練に変える

Change to a training course for conversation from grammar supremacy.


大まかには上記の3つを今からでも実行すると彼らから教育を受けた者の未来が変わる。

If above briefing of three lists can be set, the learners who take education from the teachers, their future will change.

生徒の未来が変われば日本や韓国の未来も変わる。

If student’s future changed, the future of Japan and Korea also will change.

 

Comments (172)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアバレエの品格Russia ballet the prestige

2018年02月05日 13時15分07秒 | バレエ

バレエは身体で表せる究極の芸術だ。

Ballet is the ultimate art performed by human body.

確かな技術を持ってないと真似すらできない極限でもある。

It is also an utmost limit which even cannot be imitated without having certain skills.


絵や彫刻は基本を学べばある程度まではついていけるのだが、バレエは基本を学ぶだけでも何年もかかる。

Paintings or sculptures can follow up to some levels if learn the basics, but ballet takes years to learn just basics.

また基本を身につけたとしてもそれを表せるのは至難の業である。

To add, even though acquired basics it is extremely difficult to express it.


バレエを観ていると人間の身体は美しさを表現するために作られたような感じを受けられる。

When watching a ballet, it gives a feeling that human body is created to express a beauty.

モデルは衣装の美しさを伝えるための道具として使われているが、バレリーナは人間の意志の強靭さを伝える。

A fashion model is used as a tool which to convey the beauty of costumes, but ballerinas show human will strength.


バレリーナは苦痛を決して見せない。

Ballerinas never show pain.

彼女の体重も感じさせない。

She never let people feel her weight.

体が空気のように空間に舞い、音楽の美しさを体で見せる。

Her body is whirled up in the space like air, shows the beauty of music with her body.


ついに、私はロシアバレエを肉眼で観た。

Finally, I could watch Russia ballet with my naked eyes.

そして、なぜにロシアバレエが最高なのかが分かった。

And I could know why Russia ballet is the utmost.


ロシアはバレエを見せているのでない。

Russia ballet does not show a ballet.

彼らは人間の極限を見せているのだ。

They are showing the human extreme.


ロシアバレエを観ながら、もし私がスベトラーナの白鳥の湖を実際観られたら私の魂が入れ替えるような感覚になるだろうなと思った。

While I was watching Russia ballet, I thought that if I watch Svetlana’s Swan Lake in real, I would feel like my soul may take over the post.

スベトラーナは身体の極限を超えられるバレリーナだ。

Svetlana is the ballerina who can go beyond the ultimate limits of human body.

彼女が達したレベルに近づけるダンサーはいないだろう。

There will be no other dancers who can reach the level that Svetlana has reached.


究極の品格とは何だろうか。

What is the ultimate prestige?

それは限界を超えようとする人間の絶え間ない挑戦なのかもしれない。

It may be endless challenges for humans that trying to go beyond a limitation.

限界に直面した人が下す判断が品格を決めるかもしれない。

A judgement made by someone who faced on limitations, it may decide the prestige.

常に限界を超えることを選択した者だけが持てる権威が品格なのかもしれない。

Perhaps, Prestige would be an authority that allowed for only one who always chooses to be exceeded limitations.


限界に直面しそれを超えられないことを認めた者は品格の権威を持つことが許されていない。

The prestige authority is not allowed to have for one who accepted the faced limitation will not be able to overcome.


自分の自力で獲得した権威に人は尊敬を表し、人間の尊しさをも学べるのである。

People express respect to an authority which acquired by their own power, and people can learn human beings exalted.

Comments (117)
この記事をはてなブックマークに追加

知識の作用-禅作用Function of knowledge-Zen function

2018年02月01日 18時37分53秒 | 坐禅

知識とは何だろうか。What is knowledge?

知識は概ね『分かる』『知る』『理解する』3つの動詞群に分類することができる。

Knowledge can be briefly classified into three verb groups as “know” “comprehensive” “understand”


それら3つの知識類についての個人的な定義は

My definition of those three knowledge types are,

分かる:見えなかった何かが見え始める。

Know: something that I couldn’t see begins to be visible.


知る:散らばった気が一か所に収まり、方向性が運動性を持ち始める。

Comprehensive: things that scattered start to fit in one place, and the directionality begins to have motility.


理解する:AがBにリンクでき、新たなCに導き始める。

Understand: A can to B and begin to lead to a new C.


しかし、それらの『分かる』『知る』『理解する』これら3つの認識体系は『分からない』ことが明確でないと作用しない。

However, these three-systematic recognitions do not work unless clearly make sure of what is not-known.

何が分からないのか、どう分からないのかを知らないと『分かる』ようにはなれない。

It cannot be knowing what is not known and how do not know.

その分からないことを分かるようにさせるのが本当の知識の力だろう。

Makes unknown to be known it would be the true force of knowledge.


だが、上記の3つの知識系の動詞が感情の形容詞と結合すると『分かる』ことに焦点がズレ始め対象がぼやけてしまう。

But when above three kinds of verbs come to blended with emotional adjectives, the focus on knowing begins to be off and the target gets dimmer.

例えば、勉強が苦手な生徒は分からないことは辛いと思う反面、勉強ができる生徒は分からないことに興味を示す。

For example, a student who is not good at studying think that do-not-know is linked to suffering but on the other hand, a studied-well-student shows interesting in unknowns.

知識に自意識が強く結びついてしまっている生徒は分かる前に難しいか易しいかを先に計算して見た目だけで判断するが、知識自体と自意識を弁えている生徒は見た目が難しく見える文も先ず読んでみようとする姿勢がある。

A student whose self-awareness strongly tied to knowledge tends to judge what is difficult or easy for the first sight and estimates difficulties before try to know but a student who distinguishes knowledge itself and self-awareness has an attitude that give a try first even though a sentence looks difficult.

生徒の知識に接する態度を見ると知識自体は人を選ばないことが分かる。

When see student’s attitudes against knowledge, it shows that knowledge itself does not choose which people.


知識は万人に平等に与えられているのだが、人が形容詞の眼鏡で識別して消化できるものだけを選んでいるように見える。

Knowledge is given equally to everyone, but it looks like people choose things that they can digest only and can identify with their adjective glasses.

分かる、知る、理解するこれら3つは動詞である。形容詞のようにある状態を形として表していない。動詞は動作を示す事柄であるように行動を伴わないと作用できない。

Know, perceive, understand are verbs.

They don’t express a state as a form like an adjective.

As a verb indicates an action so if it does not accompany by actions, it doesn’t work.  


坐禅は名詞ではあるが、同時に自動詞でもある。

Zazen is a noun, but it is also an intransitive verb at the same time.

道元禅師が言った『ただ坐る』ことも行動を伴わないと分からない境地を指しているだろう。

Togen the Zen-master’s teaching of “just sit” may also point a level where cannot reach without doing it.

坐禅は語るものでなく行動で得られる作用であろう。

Zazen is not a telling, it would be a function which can get by doing.


知識も動作しないと得られないので坐禅と知識の根本には共通点があるように見える。

Knowledge cannot be obtained without doing act to get neither, so it seems to have some common factors between fundamentals of zazen and knowledge.

作用点は物体に力が加わった結果を指す力学用語のひとつであるが、知識と坐禅の作用点は支点を固定することによって力点を動かし作用できる。

A load point is one of mechanical terms that refers to a result of applying force to a object, at the point of view of zazen and knowledge the load points can move the effort point by fixing the fulcrum.


知識と坐禅に共通する『てこ力学』

“Lever mechanics” common factors in knowledge and zazen.

支点=分からない点を知る、単純に坐る行為

Fulcrum=knowing the point that not-known, simple act of sitting.


力点=知るための動作、坐る動作

Effort= act to know, act to sit


作用点=知識を得る、重い気を動かせる

Load= get knowledge, make heavy mind to move.


よって、知識は動作を表す動詞でもあると言える。

Therefore, it can be said that knowledge is a verb that express a motion.

 

 

Comments (48)
この記事をはてなブックマークに追加

鏡の中の自分-他分Myself-Other self in the mirror

2018年01月22日 18時45分45秒 | 坐禅

自分を見ることは可能だろうか。

Is it possible to see myself?

鏡に映る自分は確かに自分という物質であるが、鏡に映っている自分は実物ではなく虚像である。

A self which is reflected on the mirror is surely me as a physical matter, but the reflected self is not real of me, it is a virtual imaginary.

鏡に映った物体は自分でありながら自分ではない。

The reflected body on the mirror is me but at same time it is not me.


確か今でも目が見える範囲では自分の肉体が見えている。

Surely, I can see my body right now in visible angles within allowed eye sight.

頭を除く腕や胴体、下半身を見ることができる。

I can see my arms, torso lower body parts except my head.

鏡無しでは自分の頭、鼻、口、耳、目を見ることはできない。

Without a mirror I cannot see my head, nose, ears and eyes.

自分の頭が見えないことは目が見えない人が自分の体を捉えている視点と類似しているかもしれない。This fact that unable to see my own head it may be like the viewpoint of how a blind perceives his body image.


人は自分の身体を自分だと認識している。

People recognizing their own bodies are as their selves.

たが、私はこの身体が自分であるとの確信が持てない。

However, I can’t have a conviction that my body is myself.

常にこの身体は自分を表しているのか?と疑問を持っている。

Does this body always represent myself? I have doubts about it.


自分と言う感覚は他人の存在無しでは確かめることはできない。

I cannot ascertain the sense of which as me without presence of others.

私は他人が自分だと認識している自我体系を理解しようとしているが、私自身の自分を乗り越えて感覚できないことから凡その推定になってしまう。

I am trying to understand systematic ego-recognition of others that make feel as themselves, but it becomes an approximate estimate because I cannot sense other’s ego throughout my own self sensor.

他人とは私でない『その他の自分』の意識で構成されたシステムのように見えたりする。

As for me, the others look like a system which organized by consciousness that “other of a self” who is conceived as not me.


自人と他人の違いは何であるだろうか。

What is the difference between myself and other-self?

何がこの遺伝子の塊を自分だと決め、何が他の遺伝子を他人だと決めるのだろうか。

What is the decided factor which makes as myself that is a mass of gene and what is the decided factor making other gene as other-self?

何故に私は他人を自分だと認識できないだろうか。

Why I cannot recognize others as myself?

何故に他人の痛みは考える範囲に入り、自分の痛みは苦痛として感じるのだろうか。

Why others pain gets into the range of thoughts, but my pain gets feel hurt?


他人は絶対に自分にならない、この絶対的な法則はどこから由来したのだろう。

Others never become as myself, where is this absolute law come from?

脳科学に基づいた自他の認識に関わる原理説明については納得できるのだが、その科学的な根拠が全てに答えを出せるとは思わない。

It makes sense to me that explanation of principal recognition about self and others based on brain science, but I do not think that those scientific bases can offer answers for everything.

かといって、スピリチュアルな超自然現象や宗教の教えも答えには欠如感があるように思える。

To say of which, those spiritual supernatural phenomena and religious teachings are also seeming to have a lacking to answer.


作家で禅師でもある南直哉氏は『自分というのはドーナツの穴のようなものだ、穴は存在としてあるのだが、それを取り出して見せようとしても無いから取り出せない』と言った。

Mr. Minami Jikisai who is a writer and a Zen master, said “The concept of myself is like the hole of a donut, the hole is there as an existence but if we try to take the hole out to show, we cannot take it out because there is nothing.

彼はそれについてAはBであると断定していなく、AをBに例えている。

He does not conclude A is B about it, but he takes example A as B.


鏡に映る自分は見えていない頭も見せてくれるが、その頭に入っている意識を見せることはできない。

Myself which is reflected in the mirror can show my head, but it cannot show my consciousness in the head.

意識の無い自分は他人か?最近は答えを出すことに行き詰まりを感じるが、新たな疑問には可能性を感じることができる。

Am I someone if I don’t have consciousness?

Recently, getting answers make me feel stuck like end of the road but I can feel a possibility from a new question.

 

Comments (97)
この記事をはてなブックマークに追加

兄弟の絆Brotherhood

2018年01月10日 18時08分32秒 | 人間関係

先週、夫の3番目の兄夫妻の訪問があった。

夫は4人兄弟の末っ子で3人の兄達から男の掟を鍛えられたようだ。

Last week, my husband’s 3rd brother and his wife visited us.

My husband is the youngest and he seemed has trained a man’s rule from three brothers.

その背景からか夫は男同志で誰でもすぐに友達になり、話も気さくに交わせる。

It might have been the background reason why my husband can make friends easily among men and talk with them genially.


子供の頃は兄達と常に外で遊び泥まみれになったようだ。

When he was a kid, he and his brothers seemed to have been playing outside covered with muds all the time.

3番目の兄のロブは石や土が好きで、挙句の果てに地質学の教授になった。

The 3rd brother Rob, he likes rock and soil so eventually, he became a geology professor.


その兄が家に来ると夫とロブは朝方まで話をするが、大体宇宙科学関りなので、聞いて飽きてくる。

When Rob visits us, my husband and him begin to talk until around morning but since the subjects involving cosmologic science so I get tired to listening.

夫とロブが話をしている風景を眺めていると、彼ら二人の間には深い絆でつながっているように見受ける。

When I look at the scenery which my husband and Rob are talking each other, seen to me that they seem to relate with bonds deeply between them.

夫が既存の知識体系について問題点を指摘し出すと、ロブはまずそれについて“それはいい考えだ”と受け容れてから“しかし”が始まる。

When my husband started to point out about an issue in systematic knowledge which has been known today, Rob begins for the first step accepting with “That is a good idea” and after then he starts with “Buts”.


その受け容れの様子を見るとその受け容れによって話題が広がり更に深まっていくようだ。

His acceptance is seen to me that it can enrich subjects to talk and brings variety with further and depth.

 ロブは私の意見にも同じく受け容れから始まるから私の考えを話しながら具体的に展開させることができる。

Also, Rob starts talking with me with the same acceptance, so I can develop concretely my opinions while I am talking.

奥さんものレイチェルにも受け容れから話を始めるから二人は30年の結婚生活のいざこざを対話によって解決しているようだ。

As well as he begins to talk with acceptance with his wife Rachyl so they seemed have been solving problems by conversations about these and those that happens for their 30 year-marriage.


ロブの受け容れ技は心理学の授業で習った認知やカウンセリングの分野を思い出させる。

The technic of acceptance of Rob, it remined me cognition class and counselling realms which learned in psychology classes.

人間関係を認知していく過程で必要な基本要素は相手をどう見るかであるが、その見方には『受け入れ方』と『受け容れ方』の二つのパータンがあるようだ。

The fundamental factor to recognize in human relationship processing is how to see each other and it seems having two kinds of acceptance patterns. One is taking, and the other is accepting.

受け入れは相手の意見を表面的で形式的に認める要素が含まれるようだが、受け容れには相手の意見に深層的に関わり深く容認していく積極的な関り方が加わるようだ。

The taking is like including acceptance factors which take in someone’s opinion superficial and formal, but the acceptance is like engaging deeply with someone’s opinion to approval in the way positively connected.


人は受け容れてもらうことにより更なる進歩ができるので、ロブの受け容れ方は兄弟間の絆を固めることも家族間の絆を更に強くさせることもできる必修栄養素だと言えよう。

As human being can improve by receiving acceptance from others, Rob’s acceptance can bond brotherhood more strongly and make family bonds stronger, so it can be the essential nutrient in human relationship.

Comments (112)
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ氏?或いはピエロ?Mr. Trump? Or a clown?

2018年01月08日 14時33分27秒 | 坐禅

トランプ氏は人気者か?

Is Mr. Trump so popular?

人は彼の愚かさを話題にして場を盛り上げ大いに笑う。

People talking about his stupidity and laugh a lot.


公のマスメディアでは彼のツイッターによって毎日ニュースのネタにできるから記者は現場にわざわざ行き調査などしないで済むし、ただ彼が何を投稿したのかをチェックするだけで済む。

In the public mass media, his Twitter can make source of news every day, so reporters do not bother going to the scene to investigate and only they do is just checking what he posted.

Facebookではトランプ反対派部類に属していると、トランプ氏を完璧に笑い者にした投稿は人気が高い。

Facebook user who is belong to anti-Trump group, if his post made laugh or an amusement perfectly about Mr. Trump then the post gets high popularity.


トランプ氏は歴史上の指導者とは違い、人から夢を奪い未来への希望持っても意味がないように思わせる。

Unlike Historical leaders, he takes away dreams from people and makes people feeling like having a hope for the future is meaningless.


オバマさんが指導者に選ばれた時、私は日本にいたが彼の演説を聞いて希望で胸が熱くなっていた。

When Mr. Obama was elected as a leader, even I was in Japan my mind was got hot with hopes by listening his speech.

未来は変えられるのだと信じることもできた。

I was also able to believe that a future can be changed.


人はトランプ氏の指導力を話題にするより、彼が言った愚かなことを楽しみアメリカの未来については悲観する。

People enjoy Mr. Trump's stupidity and the way he said foolish rather than talking about his leadership and become pessimistic about America’s future.

国の指導者たる者は自分を笑う者がいるならその結果について恥じらい反省すべきだが、トランプ氏は自らピエロになって自分を笑えるように振る舞う。

Those who became leaders for their countries, if there is anyone who laugh at him then he should be shame on it and should try reflection for the result.

だが、逆に彼は人が馬鹿だとあざ笑う。

However, on the contrary he laughs at people and saying it is foolish.


ピエロがリードしているパーティーは盛り上がるが、それが終わると虚しくなる。

A party where the clown is leading can be exited, but when it is finished becoming feel empty.

人は自分がなぜあの時笑ったか分からなくなるだけだ。

People becoming struggle to understand why they were laughing at that time.


アメリカの人は何でも可能にする力を持ち、ピエロも大統領に作り上げた。

Americans have a power to make anything possible and they also made up a clown as their president.

このパーティーの騒ぎもそう長くは続かないだろうし、いつかは終わる。

This uproar party will not last long and one day it must be over.


トランプ氏が自分の任期を全うできるなら彼は自分のツイッターで

If Mr. Trump could complete his term as the president, he would post on his Twitter that

『私は人が何を言おうがアメリカの大統領になった天才だ』と投稿するだろうか…

“I am the genius who became president of United States no matter what people say”

Comments (11)
この記事をはてなブックマークに追加

禅と心理学の原子構造Atomic structure of Zen and Psychology

2018年01月02日 18時11分06秒 | 坐禅

坐禅と心理学の核心は

黒鉛とダイアモンドの炭素結晶体のように

原子構造が似ているかもしれない。

Zen and Psychology cores at the atomic structure may be similar

-like carbon crystal of graphite and diamond.


ダイアモンドは一つの炭素原子に

4つの他の炭素原子が結合し

立体的な構造であるが、

Diamonds has a three-dimensional cubical structure in which

-four other carbon atoms are bonded to one carbon atom but,

-graphite has a planar structure of three carbon bonds.

黒鉛は炭素3つの結合の平面的な構造のため

1個の価電子が余り

その余った原子が電気を流す。

However, since graphite has a planar structure of three carbon bonds,

-one valance electron is left and the extra one works for electric flowing.


炭素の原子を『気』だと仮定し

その炭素構造を『気合』に例えると

二つに分類分けすることができる。

Assuming that the carbon atom as an energy and

-if take an example its carbon structure as the strength of the energy,

-those can be calorized into two types.


確固たる意志で構成された気=ダイアモンド型

A strong energy which is composed firm will = Diamond type


流されやすい弱い意思で構成された気=黒鉛型

A weak energy which composed by drifted easily = Graphite type

 

ダイアモンド型の気は他力によって

敗れることが無く壊すこともできない。

Diamond type never defeated nor broken by other forces.

反面、黒鉛型の気は他力で簡単に崩れ、

瞬間的な感情の変化によっても流される。

On the other hand, graphite type energy is collapsed easily and

-it is also drifted easily by instantons emotional changes.


坐禅で構成される気の原子構造は

ダイアモンド型のように非常に硬い。

The atomic structure of energy composed by doing zazen,

-it is like diamond type and extremely hard.


心理学の学説で構成された心の原子構造も

ダイアモンド型のように確固たる基盤を持つ。

The atomic structure of mind composed by psychological theories

-it also has solid foundation like diamond type.


それらの炭素のような気の原子要素は

どう結合されるかによってその差が生じる。

These elements of energy like carbon atom resulted from

-the differences of how they are combined.


ダイアモンド結晶のように

立体的で頑丈な構造を持つには

To have such sturdy, cubical structure like diamond,

炭素にかかる圧力の度合いが

極限に高くなければならない。

-the degree of pressure on carbon

-must be extremely high.


極限に高い圧力により

炭素の結合が強いられるためである。

Because the extremely high pressure

-forces carbon to be combined.


炭素が黒鉛になってしまうのは

結合するのに圧力がかからず

原子が散らばるからである。

The reason why carbon becomes graphite is that

-there is no pressure to be bonded so atom is scattered.


このような構成構造から分かることは

気は何かでどう結合するかによって

硬さが決まることだ。

What can learn from these elemental structures,

-the hardness of energy depending on how combined with what element.


圧力がどれくらい強いかによって

ダイアモンドになり黒鉛にもなる。

Defending on how strong the pressure will be,

-it makes to be a diamond or a graphite.


坐禅を行うことで

雑念を成す余計なものを取り除くことができる。

By doing zazen,

-can get rid of unnecessary things that making worldly thoughts.

心理学を学ぶと妄想や幻想のような虚想を

科学検証することができる。

By learning psychology can verify illusions scientifically,

-such as lunatic idea or delusions.


坐禅と心理学は心を構成する基本因子を扱う学問である。

Zazen and Psychology are disciplines dealing with

-fundamental factors that structuring mind.

 

Comments (46)
この記事をはてなブックマークに追加

最終幕の台本Script of the final act

2017年12月27日 08時24分49秒 | 生き方

最後の舞台の幕が上がった。

The curtain of final stage has risen.

これで最終完結になる。

This stage will be a closing.


観客は多くないが

彼らから期待の波が押し寄せてくる。

There are not many audiences but

-the expectation of wave from them coming to rush.


私が一人立っている舞台には照明が観客に向けられている。

At the stage where I stand alone the spotlights are turning toward to audience.

観ている人が主役であるのだ。

Watching one is the leading role.


私が持っている台本には粗筋は書いてあるが、

セリフは書かれていない。

On the script that I have it is noted outlines only

-but dialogues are not written in it.

見せるべき事柄が書いているだけだ。

Just written things that should show.


可能性を見せる

Show possibility

克服を見せる

Show overcoming

縁を見せる

Show bonds with someone

努力を見せる

Show efforts

正直を見せる

Show honesty

心の自由を見せる

Show free mind

心の声を見せる

Show mental voice

変化を見せる

Show change

不変を見せる

Show unchangeable

命を見せる

Show life


それらには見せ終わったこともあれば

Some of them have finished to show and

未だに見せていることもある。

-they have been showing until this day.


最後の命を見せ終わる瞬間がくれば

When the moment comes to show life at last,

この舞台も消え

The stage will be gone.

観客に向けられた照明も消え

The spotlight towards to audience also will be gone.

舞台があったとの事実も消え

The fact that there was a stage also will be gone.

命があったことも消え

The thing that there was life also will be gone.

見えて見せていた事実も消え

The facts that show and seen also will be gone.

消えたことさえ消えていくだろう。

Even be gone will be gone.


だが、今は

But at now,

お互いが見えていることで

-as we can see each other

時空間に存在として共存している。

-can coexist as an exist in this time-space.

 

Comments (25)
この記事をはてなブックマークに追加

心のデザインその坐りMind design and its sitting

2017年12月20日 13時39分16秒 | 坐禅

私は空間にあるべき調和を見ることが好きだ。

I favor to see a harmony where it should be in space.

何も無い空間に完成できた予想図が見えると

When I see an expected figure at an empty space,

やる気が刺激され

-my motivation can be stimulated and

見えた状態を現実に再現しようとする気力が沸き上がる。

-my vision which I have seen is sprung up with energy to revival in real.


そのあるべき調和が取れるまで

Until the harmony should be taken place,

空いているその空間には

満たされるべき待ち状態が現れる。

-a waited state appears which should be filled in the vacant space.


ゴッホはある夜、靴下を置ける完璧な場所を探せなく

その夜は眠れなかったらしい。

One night, Van Gogh could not find a perfect place to put his shocks,

-so, he seemed could not sleep at that night.

何かのものを置く場所を決める時

私はゴッホのその気持ちが再生できそうになる。

When I decide to place something,

-I feel like can replay Gogh’s such feeling.


何年か前にパリのルーブル美術館で

ゴッホの絵を肉眼で見た。

A few years ago, at the Louvre museum in Paris

I saw Gogh’s paintings with my naked eyes.

彼が使った絵の具は

生き物のように生命力を持つ。

The paints he used has a life force like a living creature.

生きていようと思わせた。

It made me feel that let myself live.


ゴッホが見たのは

空間に存在している命だっただろうか。

Was it a life Van Gogh saw which exists in space?

ゴッホの波線は電波になって

私の心まで届いていた。

Gogh’s wavy lines became electromagnetic wave and

-it reached out to my mind.


空間にあるべき対象で満たした時

私の心はやっとの想いで坐っていられる。

When the space is filled with objects which should be at

-my mind finally can be sitting.

心が座っていられると

周りの音や光も自然に流れてくる。

When mind can be settle with sitting,

-the surrounding sounds and lights come to flow spontaneously.


体を座らせても心をも坐らせることはできないが

It is unable to make mind to sit although body can sit,

心をまず坐らせると

体は座りたくなる。

-when after letting mind sit first,

-the body wants to sit.


Comments (54)
この記事をはてなブックマークに追加