Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

最終幕の台本Script of the final act

2017年12月27日 08時24分49秒 | 生き方

最後の舞台の幕が上がった。

The curtain of final stage has risen.

これで最終完結になる。

This stage will be a closing.


観客は多くないが

彼らから期待の波が押し寄せてくる。

There are not many audiences but

-the expectation of wave from them coming to rush.


私が一人立っている舞台には照明が観客に向けられている。

At the stage where I stand alone the spotlights are turning toward to audience.

観ている人が主役であるのだ。

Watching one is the leading role.


私が持っている台本には粗筋は書いてあるが、

セリフは書かれていない。

On the script that I have it is noted outlines only

-but dialogues are not written in it.

見せるべき事柄が書いているだけだ。

Just written things that should show.


可能性を見せる

Show possibility

克服を見せる

Show overcoming

縁を見せる

Show bonds with someone

努力を見せる

Show efforts

正直を見せる

Show honesty

心の自由を見せる

Show free mind

心の声を見せる

Show mental voice

変化を見せる

Show change

不変を見せる

Show unchangeable

命を見せる

Show life


それらには見せ終わったこともあれば

Some of them have finished to show and

未だに見せていることもある。

-they have been showing until this day.


最後の命を見せ終わる瞬間がくれば

When the moment comes to show life at last,

この舞台も消え

The stage will be gone.

観客に向けられた照明も消え

The spotlight towards to audience also will be gone.

舞台があったとの事実も消え

The fact that there was a stage also will be gone.

命があったことも消え

The thing that there was life also will be gone.

見えて見せていた事実も消え

The facts that show and seen also will be gone.

消えたことさえ消えていくだろう。

Even be gone will be gone.


だが、今は

But at now,

お互いが見えていることで

-as we can see each other

時空間に存在として共存している。

-can coexist as an exist in this time-space.

 

Comments (25)
この記事をはてなブックマークに追加

文法と心法その無法Grammar and Mental way its None-rule

2017年10月05日 01時58分56秒 | 生き方

文は文法に従って書くべきだ

A sentence should be written based on grammar

だが、私の和文や英文は

正しい文法の書き方に従って書かれていない

However, my writing of Japanese with English translation

-do not obey on correct grammar and usage


何故なら、文法の正しさより

視覚的な見た目を優先したいからだ

There are reason for this, including my priority on this blog for visual appearance

Above grammatical correctness

文章中にコンマや句読点を正しく使わないことにより

読む人が文脈流れを把握するのに

困難を招くことは承知している

I acknowledged readers might have difficulty understanding

The context flow of my composition without correct use comma and other  punctuation marks


ではなぜ、文法を無視した書き方をするのか

What are the other reasons I ignore perfect grammar?

文には概ね二つの種類に別けることができる

Generally, sentence can be divided into two types

  ① 公に情報を伝達する文

  To publicly convey information

  ② 個人の思考を表現する文

  To express individual thought


私の文の場合は2番目の個人の表現に当たるので

In my case sentences hit second kind 

自らの価値判断によって

公の文法形式を無視した書き方をしている

So, I am writing on my own way 

Ignoring public acceptable grammatical form based on my value judgement

言わば、私個人の心の法とも言えよう

Like speaking with my individual mental laws for expression


文法は決まった決まりを守ることに

存在価値があり意味を成すが

Grammar itself, of course,has great value

-when followed to the decided rule

心法は決まった決まりが無い

-but in mental law there is no decided rule

他人がある自己に対し

普遍的な心の持ち方を守るように強制できない

It is unable to force for someone to grasp

-a non-existent universal mentality


他人の幸せは他人の価値判断の結果であり

私の幸せにはなれない

Someone’s happiness is the result of their judgement of value

-and it cannot be my happiness

人に幸せ感を与えることができないのも

人それぞれ心の法があるからかも知れない

People can’t give feeling of happiness to others

-because of each person may have their own mental laws


以前の仕事では生徒に正しい文法を教えていた

In my previous work as a teacher, I taught correct grammar to students

その時に気づいたことは

The thing I realized at that time

生徒はいくら先生が文法上の間違いを指摘しても

-a teacher invests much time identifying students’ grammar mistakes

その当の本人が決まりを守ろうとする気持ちが無いと

同じミスを繰り返すということだった

But students continue repeating the same mistakes unless they feel

-the rule from their own decision


正しいか正しくないかを判断することは

The judgement whether it is correct or not

他人が外側からある自己の内部に向かって

決めてくるルールのように見える時がある

-Someone shows like a rule that someone tries to lead others

-with their own rules from outside to inside

感じ方や考え方をある方向に誘導するようにも見える

It also induces a certain direction

-how to feel and how to think


そのような決まりことには

Such kind of rules limit

感じたり考えたりする領域が制限されるような感じがする

-my range of feeling and thinking 


私は私の書き方の間違いを正当化したいとは思わないが

I do not want to justify my writing mistakes but

近頃、勝手な書き方を指摘される頻度が多くなったのもあり

-recently I have had my selfish mistakes pointed out many times

それらについて私の言い訳も含め

私の流義を明らかにしなければと思うようになった

So, it makes me think that I should clear my writing style

-including my excuses about it


正しい書き方に従って書くことは

書く人の責任でもあるが

Error free work is a writer’s responsibility

私はわざわざ非難を浴びる書き方をしている

However, I have been writing a purpose to take criticism

非難を覚悟してスタイルを守る

I stay in my style even when condemnation would come


他人の判断基準で自らのスタイルを崩したくないのだ

I don’t want to bend my own style with someone else's decision criteria

それが無法で私の心法でもある

That is my mental lawlessness 

Comments (155)
この記事をはてなブックマークに追加

本鬼-被り鬼-最終決Phantom-Phantom masquerade-Final decision

2017年08月15日 09時36分22秒 | 生き方

私は鬼であった

I was a phantom

鬼でないと人間界で生きることはできなかった

If not a phantom, I could not live in human world


私の鬼は

The phantom of me

怒りで燃える炎であって

It was a flame that ignites with anger

哀しみを切り倒す剣を持っていた

It had a blade to chop down sorrow


その剣で

With that blade

無感覚をえぐり抜き出し

Hollowed out a numbness

心の鎧を切り倒し

Chopped out mental armor

目にへばりついていた重い瞼を切り離した

It detached heavy eyelids that had been stacked on my eyes


怒りの炎は

The anger flame was

恨みを燃やし

Ignited pique

憎しみを燃やし

Ignited hated

無関係も燃やした

It also ignited irrelevant

孤独な独りよがりも燃やした

It also ignited solitude that solo satisfied


私が鬼でいられたのは

I could have been as a phantom because

私の鬼が

人間を殺さないように

守ってくれたエンマ大王がいたからだ

The phantom of me was protected by Raja the great

And he taught the phantom not to kill human beings 


そのエンマ大王は

私の鬼を救い

人間被りの鬼も救った

Raja the great saved my phantom

Also, he saved other masqueraded phantoms  


その縁魔界での戦いは終わった

The conflict in a raja deity was over

その縁魔が人間界にいられる期限が切れてきたからだ

Because Raja the Great staying in human world is getting to expired


そのエンマ大王が縁魔界に行ってしまったら

If Raja the great would gone to his kingdom

私の鬼もエンマ大王魔につられて

縁魔界に消えて行ってほしい

I wish he takes my phantom to his kingdom

So, my phantom could be gone with him


私の鬼を見送ることができたら

If I could see off my phantom

人間として生き

I could live as a human

人間の期限が切れたら

When my staying expired as a human

エンマ大王が戻った縁魔界に戻り

Returning to his kingdom where he would be there

そのエンマ大王にまた会いたい…

I want to see him again…

 

Comments (54)
この記事をはてなブックマークに追加

肯定年齢Affirmed-Age

2017年07月24日 13時28分40秒 | 生き方

年を数えなくなったのは

40を過ぎてからだ

What I don’t count is my aging

-ever since it was over 40

40を過ぎてから50も60も

大した違いは無いように思える

Since my age over 40’s, those ages in 50s or 60s

-it seemed like there is not much difference to me


私は自分が何才かが気にならない

I don’t mind how old I am

よって、人がいくら高齢だとしても

気にならない

Therefore, no matter how old people are

-it is not my concern


自分の老いを認め

Acknowledging my age processing

消えてしまった若さに未練が無い

I am not lingered at youth which was had gone


人から私の生物年齢が

実年齢より若く見えると

褒め称えてもらっても

People praised me up that my biological age

 -looks younger than my actual age  

そんなに嬉しくもなければ

ありがたくもない

It is neither gleeful nor thankful for me

謙遜して自分を遜下したくもない

I don’t want to modify with humbled for those praises


確か、40代までは

Surely, when at my 40s

シワを見るために鏡を見て

Looked at the mirror to check my winkles

新しく生えた白髪を数えたが

Counted newly grown gray hairs

ある日、それらを死ぬまでやれないと気づき

One day, I realized that I could not doing it till I die

加齢の過程を気に止めなくなった

I became to not care of my aging process


生まれた以上

Ever since I was born

死ぬまで

Till death comes

年は取り続ける

I keep gaining ages


死によって

By death

加齢も止まる

Aging stops

老いも終わる

Getting older also stops


一本の線香に灯がついて

Likely a single incense stick lightened

暫くその命を生き

Lives its life for a while

いずれは灰になり

It becomes ashes

やがてその灰も消えるように…

Such as the ashes will be all gone at last…

Comments (117)
この記事をはてなブックマークに追加

被害意識と加害意識Victimize and Perpetrate

2017年03月03日 12時00分17秒 | 生き方

私は被害者に成ることを拒否した

I refused to become a victim

そうしたら私に加害した人は

Then those who violented me 

私に及ぼすはずの影響力を失う

They lose the influence on me that supposed to affect


私の生い立ちは言わば不幸に分類される

My upbringing story was classified as unfortunate

韓国戦争中に軍隊から逃亡した私の父は

My father who was a war fugitive from army in Korean war

軍法会議で家の事情が認められて

His case was accepted for family crisis at the military trial

投獄させられるのは免除されたが

He was exempt from being imprisoned in army

日雇いの仕事しかできなかった

But he only could work for a day job


彼は家族に軍隊のような厳格な規律に服従することを要求し

He required on his family to submit his strict discipline like an army

幼い私達が逆らうと暴力を振るった

He violented y upon us when we against him

その暴力は妥当な理由が無く

His violence had no appropriate reasons

大体は彼の命令に不服従した時

Mostly when we disobeyed his order

下される体罰で避ける道はなかった

We couldn’t avoid his decision of punish us


ベルトや竹の棒、あるいは素手や足の蹴りなどが

With a belt or a bamboo stick, with his bare hands or kicking

罰を与える形式であったが、最も辛かったのは

Those were the ways of giving punishment us but the hardest one was

彼が使う悪い言葉であった

-the bad words he used

彼のストレス度合や酒の酔い具合で

Depending on how much he stressed or how he was drunken

彼から受ける罰の時間が変わった

-the punishment time from him was changed


彼はプライドが高く自分の子供を所有物のように思っていたから

He was prideful and we who his children were treated like his possession

隣の人が私達を助けようとしたら余計怒った

When neighbors tried to help us, he got more furious

中から鍵を掛けて始めるので平均的に2時間続いた

He rocked from inside and started so it lasted for 2 hours on average

父親からの暴力は毎日ではなかったが

The violence from my father was not in every day

週に2~3回はあった

-but there were two or twice times per week

生まれてから彼の家を出た時まで不定期的に行われた

It was held irregularly from my born until when I got out from his home


私にはいつも基本+おまけがついてた

I always had a basic course + bonus  

何故なら、彼が謝罪しろと要求した時

Because when he commended to me apologize

一度も謝罪したことがなく

I never apologized to him

どんなに痛くても泣かなかったからだ

No matter how much pain he gave, I never cried

私が最も恐れていたのは

What I felt fear most was

彼から受けた暴力による傷が体に残ることだった

-the scar received from his violence would mark on my body

体の苦痛自体はそれほど怖くも恐怖でもなかった

The body pain itself was not scary or a fear

何故なら、私は間違ったことをしていないとの信念があった

Because I had belief that I didn’t do wrong


だが、今冷静に考えてみると

But I think back then calmly now

父が私を殺そうとしていると感じたことはなかった

I never felt that my father tried to kill me

15才の頃、家事を完璧にやっていない理由で

When I was 15, the reason of I didn’t do housework perfectly

父がいつものように暴力を振り始めた

-my father began to violent as usual

私は立ち向かい言った

I confronted and said to him


『あなたは自分自身のストレス解消のために

 私を殴っているが、私は正しく生きている

You hit me to eliminate your own stress but I live in right way

もし私がこの暴力で死ぬならあなたは一生

If I die with your violence, in your entire life

私を殺した殺人者として生きあなたが死ぬまで

-you live as a murderer who killed me and until you die

その記憶があなたを苦しませるはずだ』

-the memory will make you suffer”


それを聞いた彼は一瞬何も言わなかったが

He didn’t say anything for a while when he heard

激怒し何回か私の頭を殴り足で蹴った

-but he got furious and punched my head few times, kicked me

だが、それが彼から受けた暴力の最後であった

However, it became the last violence that I took from him


私は受けた暴力に対し被害者意識を持ちたくなかった

I did not want to have victimized conscious against the violence I received

彼が私に与えたかった苦痛や屈服感をもらわないと決めていた

I decided not to take the pain or surrendering that he wanted to give me

暴力で支配されることを拒否した

I refused to be controlled by violence


私の生みの母親は私が生後2か月、姉が2才の時

My biological mother, when I was 2 months’ baby and my sister was 2 years old

家から出て一度も会ったことがない

She left us and never met since

父は同棲と再婚を繰り返し

My father repeated cohabitations and remarriages

私が9才の時、当時同棲していた女性から生まれた

When I was 9, a woman who was cohabitated at that time

異母兄弟2人を残し彼女も家を出た

-she was also gone and left her son and daughter

次回はその継母から受けた虐待について書く

I will write about abuse from her next time


私は自分の生い立ちをブログで書きたくなかった

I didn’t want to write my childhood story in my blog

だが、自我や他我を扱っていく中で

But, while I have been dealing ego and other’s egos

私に与えられた自我を究明していく必要を感じた

I felt a necessary to figure out my ego which is given


また、暴力や虐待の記憶で苦しむ人がいるなら

To add, if someone who is suffering from abused memory or violented

その記憶に支配権利を与えないことにより

2次的な被害を受けなくなるということを伝いたい

I want to speak out that by not give the control right on the memory

-it can prevent to be secondary harm


加害者が与えたい苦痛や支配力は,拒否することにより

By refusing pain and dominance that the perpetrators want to give

自分を救うことができると伝えたい

-it can save one as my point


これを書いている私には事実のみが残り

When I am writing this blog, only facts left for me

敗北感や羞恥心もなく父に対する怒りさえも無い

There are no shameful or defeated feelings

-no anger toward to my father


次回、継母から受けた本物の虐待を書き

Next time, I will write about the real abuse from the stepmother

被害者意識と加害者意識の関係を更に深く考えてみたい

Will consider the related conscious between victim and perpetrator more deeply

Comments (23)
この記事をはてなブックマークに追加

知人T-A friend T 認識年齢と生物的年齢-Cognitive age and biological age

2017年01月05日 13時59分00秒 | 生き方

口を使わないで心で話す。

Speaking with mind without using mouth.

その時に言語が必要になってくる。

At that moment, a language becomes necessary.


坐禅を切っ掛けに一人の人に出会った。

Zazen motivated I met a friend.

ネット経由なのでまだ顔も分からないが、

I have known him through internet so don’t know his face yet

その未知の部分があるから想像力が増していく。

-the unknown part creates imagination of him.

その方Tは74才だと明かしているが、

The friend T revealed his age of 74

言われなかったら40代だと思うくらいで

-if he didn’t mention I would have thought he might be in 40’s

言葉使いからは70代を感じさせない。

-he does not let me feel his 70’s.


その友人Tと活字で話をしていると

When I talking with friend T with typing-

人の生物的な年齢は『意識の度合』によって

-human’s biological age is depended on 『Degree of Consciousness』

加齢化になっていくのではないかと思えてくる。

-it seems to make the aging.

年齢に注目し、着実に数えていれば、

If focus on how old and counting age steadily

その意識は注目を浴び、中心になっていく。

-the conscious draws attention and becomes center.


私は自分の年齢を数えない。

I don’t count my age.

元々数学が苦手で数字系にアレルギーもあるからだが。

Basically, I am not good at math and have allergies on numbers.

私が数えなくても、身分証明書や運転免許証に

Even though I don’t count my age, on ID card or Driver’s license

間違いなく書かれているから

-my age is written on it without doubt

自分の年を確認する必要がある時だけ、見ては驚く。

-only when my age comes to be confirmed, see it and surprised.


その知人Tが私にアインシュタインの理論を説明する時、

When the friend T explained Einstein’s theory to me

年齢を超えた知性が野望に燃える青年のように

-his intelligence that beyond his age was like

-a young man who has burning ambition

生き生きして弾性が弾む。

-his mind elasticity has bounced vivid.

 

また彼の文章からは知識が人格と結合し、

Also from his sentences, his personality has combined with knowledge

調和された美を感じさせる。

-making me feel harmonious beauty.

私の夫も言葉使いでは品格があるが、

Although my husband has dignity in using words

知人Tの日本語や英語は

-but friend T’s Japanese and English have more of

   品格+ユーモア=言葉の真意  がさらにある。

  Dignity + Humor = True meaning of words


夫に彼との言語使いの差を比較したら、

Once I compared the linguistic difference of him to my husband

私の打つ日本語を見て分かったふりをして

-pretending understood by looking my Japanese I was typing

 “それか、日本語分かる”とジョークを言って

 “That's it, I know Japanese" he joked

どう分かったか聞く前にどっかに行ってしまった。

-and went away somewhere before I ask how he understood.


昨日の朝の坐禅で気づいたことは

What I realized in the morning session of zazen yesterday morning

もしかしたら、自我にまつわる『私』という生命体は

Perhaps, the life form of『I』which regarded as ego that

言語や意識に振り回される中身が空っぽな

-is an empty filling lingered by language and consciousness

線香の煙ではないか...と思ったが

-may be smoke of an incense stick…as I thought

それも煙のように消えてしまった。

-the thought was gone like the smoke.

Comments (13)
この記事をはてなブックマークに追加

縁-Fate, Bonds

2016年12月15日 08時41分32秒 | 生き方

日本語で『縁になる』『縁がある』表現がある。

In Japanese language, there are expressions of

“to be boundary” “to be bounded”.


学習塾をやってた頃は、

When I was running an after school for extra study,

毎日にように心の中で響いた言葉だ。

-the word was sounded in my mind almost every day.

私を動かし、働かせ、

It makes me move, makes me work,

幸せにさせては苦しみも与えてくれた。

-it has made me happy and then gave me suffering to had it.

だが、私は『縁』という言葉の過去のエネルギー

However, the word of “bond” its energy from past,

その言葉にまつわる臨場感、

-the feeling of live around the word,

その言葉によって新たになる未来への期待が

-the expectation for the future that will be new by it,

好きなのである。

-I like those all.


英語では、以下のように通訳される。

In English “en” is translated below,

『因縁、運命=fate』

『宿命、定め=destiny』

『関り、関係=relation, connection』

『絆=bonds』


昨日ブログ関係で、ある音楽演奏者と知り合った。

Yesterday I met a music performer on my blogging related.

彼女が私に送ったメッセージの中で

In her message, she sent to me,

『御縁になりますよう』という表現があった。

-she wrote that “wish to be bounded”

アメリカに移住して以来、聞いていない言葉だったから、

-since I emigrated to United Stated, I haven’t heard the word,

日本での生活が甦り、突然恋しくなった。

-the life in Japan revived so I suddenly felt miss it.

彼女は坐禅に関連した音楽を扱っているようで、

She seems to dealing with music which related with zazen,

受波数7.8ヘルツ当たりになるよう作曲するという。

-also, she composes wave length to be tuned 7.8 Hertz.

知り合ったばかりなので詳しくは書けないのだが、

I just became known her so I can’t write in detail about her music,

坐禅で結ばれた、いい関係になりそうだ。

-it seems going to be a good relationship connected with zazen.


昨日は私にとって、運が良い日だった。

Yesterday was lucky day for me.

世界中を回り、美しい写真を撮っている

カメラマンも私の読者に登録して下さった。

A photographer who travels all over the world,

-to take beautiful photos he subscribed my page.

彼も坐禅が結んでくれたいい縁の一人だ。

He is also one of the good boundaries.


私は今現在、28人の読者がいる。

Currently I have 28 readers.

毎日、彼らの投稿を読み、

Every day, I read their posts,

つながりを感じている。

-and I feel a connection with them.


ここのアメリカでもその日本流の『縁』を

Here in United States also wishing the Japanese style of “boundary”

坐禅で結んでいけたらと願うのである。

-could be bonded with me by zazen.


今朝は‐2度で雪、

This morning minus 2 degree with snowing,

今夜は‐14以下になると天気予報は言うが、

-the weather forecast says it will be minus 14 degree tonight though,

私の心は縁で暖まっている。

-my mind is warming up by the “縁”

Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

田舎生活-Rural life

2016年12月02日 10時53分21秒 | 生き方

緑に囲まれて暮らしている。

I live where surrounded by greenery.

キッチンの窓からは丘が見え、

From the kitchen window, I can see the hill from backyard,

木に囲まれた古い家に住んでいる。

-living in an old house which is surrounded by trees.

リビングの窓からは、公道を隔てて

From the living room window, across the road,

庭の手入れがよくされている2~3軒の家が見える。

-I can see 2 or 3 houses which their front yards are well taken care.

最近、私の真向かいの家はイルミネーションを始めている。

Recently, the house directly across from my house started illuminating.

夜になると窓からパーティーをやってるように賑やかだ。

When at night from the window the illuminating is like having a party.


私の家は丘に建っているから窓からの展望は

My house is built on a hill so the scenery from the window,

一枚の絵ハガキのように見晴らしがよろしい。

-it is like a postcard so looking out is fine.

空気は澄んでいて、車の排気ガスの匂いは全くない。

The air is clear and there is no smell of car exhaust gas at all.


私が住んでいる町は、閑静な住宅街で

The town where I live is a quiet residential area,

近くのコンビニに行くにも車で5分以上かかる。

-to go to a nearby convenience store it takes more than 5 minutes by car.

食料品を買うには、最低でも15分のドライブで、

To buy groceries, it takes at least 15 minutes driving,

2週間分のまとめ買いのためには40分ほど離れた繁華街に行く。

To stock up for 2 weeks, we go to downtown area about 40 minutes away.

田舎といっても日本とはスケールの違う広さなので

Speak of which country side, the wide scale is different from life in Japan,

人が歩いているのを見るのは稀だ。

-it is rare to see people walking.

お出かけは、買い物か映画館かぐらいで、

The outing is for grocery shopping or go to a movie theaters,

遊べるところも限られている。

-the place to have reassure is limited.


だが、どこに行くにも樹木に囲まれる。

But wherever I go there are surrounding trees.

大体の木は何百年も生きていて2階建て家より高くそびえ立っている。

Most of trees are living for hundreds of years and they are taller than two-story houses.

この頃は落ちていた落ち葉も大分無くなって本格的な冬入りになった。

Around this season the fallen leaves almost disappeared and winter entirely entered.

不思議なことに、家の近くに店も無ければレストランさえないから

Wondering is, there is no shops or restaurant nearby,

買い物以外には出かけなくなったことだ。

I became not going out other than shopping.

無いから行く気も無い。

There is nothing so no feel to go out.

今度の週末は2週間分の食料品まとめ買いの日だ。

This weekend is the grocery shopping day for 2 weeks stocking.

繁華街に行って、2~3軒の店を回り

Go to downtown and shop around 2~3 stores,

昼はピザを食べる。

-eat pizza for lunch.


ゆったりとした、急ぐことのない田舎生活なので

Relaxed, no any hurries for rural life,

年を取るのもゆっくりとっていく感じがする。

I feel like taking age slowly.

ショッピング街で見える人々も

People in the shopping are seen,

ストレスに押しつぶれているようには見えない。

-seemingly they are not crushed by stress.

ここで坐禅の癒しを訴えても、

If I suggested about the healing by doing zazen,

広い空間の中に気体のように消えていく感じがする。

-it seems like would disappear into thin air like a gas.

けれど、どこかに心の癒しや心の安静を求める人が

However, somewhere there will be a person

who is seeking healing of mind or wishing rest of mind,

いるかも知れないので、坐禅会は続ける気だ。

-the person may be somewhere so my zazen grouping is going on.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

親友-Best friends

2016年11月29日 08時25分38秒 | 生き方

人生で親友を持てる人は幸せ者だ。

Someone who can have a best-friend in the life is a happy-person.

だが、親友とはどんな人を指し示すだろう。

But how describe a best-friend and how indicates?

英語ではベストフレンド、つまりざーベストなのだ。

It is the best friend in English, which is to say The-Best.

ベストを語るには、その他が無くてはならない。

To tell the Best, indispensably must have The-others.

言わば、One and The other の世界だ。

It is the world of ONE and THE OTHERS.

親友がザーベストならば、

If a best friend is the Best,

ベストを成り立たせるその他の数によって、

ベストの品質が決まる。

The quality of best is determined by the quantity of others

 -that makes the best.

友達が何百人もいる中でのベストは

正に最高極まる存在価値を持つだろう。

It will have the most extreme existence value meaning

-of best among hundreds of friends.

けれど、何人しか友達がいない人の親友は

存在価値が落ちるだろうか?

But, to compare the meaning of a best friend for someone

 -who has a few friends the existence of value would decrease?

その存在価値は人それぞれ価値観が違うため異なるだろう。

It will be different for people of the judgement

-because of each person differ sense of value.


私には今まで生きて3人の親友を持つことができた。

I could have been having three of best friends in my life so far.

最初の親友は私の姉である。

My first best friend is my elder sister.

姉と私は何でも話し合い、信じ合えた反面、

We could talk about anything, trusted each other but the other time,

戦った時は命を懸けるくらい必死だった。

 -when we fought, I put my life in desperately.


2番目の親友は日本に住んでいる。

My second-best friend is in Japan.

人格を超えて魂で話し合った。

We talked through soul beyond each of personalities.

自分の本質、他人の本質を見せる鏡のような存在でもある。

The existence for me is like a mirror that shows my core and others.


3番目は私の夫だ。

The third one is my husband.

夫の存在は

His presence meaning for me is

生まれてから意識している自分、

-the conscious of myself from my born,

その一体化した存在感を感じさせてくれる。

-which the sense of unity letting me feel my existence.

私が私で在りえるための、私以外の他人なのだ。

He is the other side of me which to be as myself.


だが、私の存在はその3人にとって

However, my existence for these three

親友になりえるだろうか。

-can I be the best friend for them?

この問いに対して私は知りたいと思わない。

I don’t want to know for this question.

未知のままにしておきたい…

Wishing to leave it unknown...

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友と非友―Befriend and defriend

2016年11月26日 09時37分33秒 | 生き方

先日、夫と私は一人の共通のFacebook友達を削除した。
The other day, my husband I deleted one common Facebook friend.

夫がメッセンジャーで送った内容は
My husband sent me text through Messenger,

『He posted this on his Facebook wall and I saw it in my feed. This is overtly racist against Hispanics. I've had enough. I defriended him. I believe he is not just a foolish person, but a flat out racist and I do not wish to associate with him, even on Facebook. If you wish to defriend him, I will not object. :-)』
『彼はこれをFacebookに載せてニュースフィードで読んだ。これは明確にラテン系に対する人種差別だ。私はもう十分だ。友達削除をした。彼は単なる愚か者だけでなくはっきりした差別主義者でもあると信じている。これ以上の彼との連帯を望まなく、Facebookでも関りを望まない。もしもあなたが彼を友達削除希望なら私は反対しない』


私は夫が貼り付けて添付した彼の記事を読みもせずに、
I did not even read attached posting copied by my husband,

即友達から外した。
immediately removed him from friends list.

何故なら、私は夫の判断を信じているからだ。
Because I believe in my husband’s judgment.

この前の選挙キャンペーン中に彼は、
During the previous election campaign,

トランプ氏に盲目的な記事をシェアし、
he shared Trump related postings blindly,

クリントン氏を罵倒する記事を毎日のように発信した。
also he posted cursing-Clinton almost every day.

夫の家族の中で雄一、トランプ派であった。
In my husband relations, he is the only one Trump supporter.

ある日は、法律の知識も無いのに、
At a day, he shared someone’s posting without knowledge of law

間違った法の情報を載せたこともあった。
which was wrong information about law.

弁護士の夫はそれを無視できず、

My husband who is as a lawyer couldn’t ignore the wrong postings,

彼の過ちを法律に基づき訂正を促すコメントをしたが、
my husband commented to urge him to correct based on the law,

彼の反応はトランプ氏に似ていて、
but his response was similar with how Trump’s reacts,

問題を的から外し、答えなく話題を変えた。
changed the topic and didn’t answer what is mentioning about.

しかし、そこまでも私と夫は
言論の自由との範囲で黙認した。
But my husband and I tolerated for the sake of the freedom of speech.

ところが、彼が明らかにスパニッシュ系を卑下させる投稿をした時、
However, when he posted which clearly deprecating Spanish,

夫の堪忍袋がパチッと切れてしまったのである。
my husband run out of his patience and couldn’t put up with him any longer.

また、驚いたことで彼は70才を超えているとのことであった。
Also, I was surprised to know his age is over 70.

感覚で28か35の間だと推測していたからだ。
Because I guessed his age would be in between 28~35.

彼の投稿の性質や傾向、コメントの書き方が
From his posting resource or tendency, such as how to comment about,

まだ人生経験が浅い、衝突的な若者だからこそ
kind of looked he is still in life experiencing as a collisional young man,

恥じらいなく一方的に発信してしまうんだと思った。
show himself in oneway without knowing it is shame.



外見が若く見えるのは嬉しいことだが、
It is nice one’s appearance looks young,

やってる行動が年齢に相応しくないと、

but if the behavior is suitable for the age,


人格を信じられなくなる。
people can’t believe the personality.

訳有りの友達削除、する人もされる人もきつい。
Delete friends with a reason, it is harsh to both who deletes and deleted.

もし彼が坐禅を試してたら、
If he gave a try the zen-meditation,

人を憎むことの無意味さに気づくことができ、
he might have realized that hating people is pointless

政治的に対立しながらも
even while politically confronting

遠い親戚として関り続けることになれただろう。
we could have connected as a distant relative.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

理想の裏側-Backside of ideal

2016年11月17日 09時30分09秒 | 生き方

理想像が無いと目標を設定できない。
Without ideal image a goal cannot be set.

現状に満足していれば
Being satisfied status in current

維持することが主になり
to be stayed in it becomes the main

現状と異なる理想を持つ必要が無くなる。
no longer to have the necessity of seeking ideal

which differ from current.

私がここまでやってこれたのも
The reason how I could have got through
to be what I wanted to become

常に理想を追い求め
do pursuing the ideal

現状と理想のギャップの間で
 in the gap between real and ideal

迷い続けても理想を選んだからだ。
I chose the ideal even with confusing.



その挟間の間で見えてきたのは、
What I could see among the gaps was

理想を持つことによって
by having an ideal

苦しみや格闘が生じることだ。
 the ideal itself causes suffering and struggle.



学業や業績を成就させる際に生じる苦悩は
The suffering that caused by to fulfil academic or achievement

納得できて、割と簡単に解決できることに対し、
it is convincing and comparably can be solved easily

人間関係を育む中で生じる苦悩は

 the anguish caused by relationships to enrich

その因果関係でさえよく見えないので厄介だ。
it makes trouble to see through the causes and results.



例えば、理想の愛を求めて結婚をしても
For example, even though got married to have ideal love life

理想像がお互い違うため
since ideal image differs each other

新婚ほやほやが冷めてからの何気ない日常は
the ordinary after cool down hot-honeymoon syndrome

探し求めた愛に満ちた絵のようにはいかないだろう。
it would not work as imagined like a painting which filled with love.



人々はそれら人間関係の外れに出会った時
When people encountered out of hit in a relationship

自分の選択が間違い
they tend to think that the choice was wrong

相性が合わない
or chemical is not fit

相手が自分に釣り合わないなどと思うがちだが
the appose is not match with me etcetera

考え方を少しずらして、出発原点から見直すと
but changed the angle of thinking a bit and
review from the origin of start point

理想像のずれがそれらの根源であると見分けられる。
can find out that the root was the bias of ideal image.



自分の理想を相手に植え付けることは不可能で
it is impossible to install own’s ideal onto someone

自分にとって良しと見なす感情状態を相手に同じく
感じさせるのも無理があるだろう。
similarly almost impossible to make opponent feel same
that emotionally regarded as good.

理想の裏舞台はそう華やかではないのだ。
The backstage of ideal is not so gorgeous.

だが、理想をありのままに直視し、
However, looking directly at the ideal as it is

それらを追及する過程で摩擦が生じることを承知の上、
with awareness that a friction would be accrued
in the process of pursuing ideal

相手の理想像も理解しようとすれば、
also with trying to understand opponent’s ideal if possible

少なくとも心の苦悩は減らすことはできる。
at least the mental agony can be reduced.


その手伝いとして最も頼れるヘルパーは
As to be support that the most reliable helper will be

坐禅を組んでからこそ見えてくる
自分という名前がついた超自我だろう。
can see whom through doing zen-meditation
the one will be the super-ego named self.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

1分の長さ-The length of 1 minute

2016年11月16日 09時43分13秒 | 生き方

1分は時と場合によって長くも瞬間的にもなる。
1 minute can be long or can be a moment,
it depends on the time and occasion.

アインシュタインが相対性理論が何なのかに質問に対し、
Once Einstein explained about what is the theory of relativity,

熱いやかんに触れた瞬間と
the moment of touch the hot kettle and,

可愛い女の子と過ごす長い時間は相対的に違うと説明した。
 the long spending time with a cute girl is relatively different.

一般相対性理論は数式が多く、理解できなかったが、
I couldn’t understand the general relativity theory before,
because it has many equations.

その例は、あはーと、そういうことか!
But the example of explain was, a-ha! that’s it!

なんだ簡単じゃないかと思った。
I thought what an easy.



私は週に1回か2回、夫とジムに通っている。
I go to a gym with my husband once or twice in a week.

かれこれ約5か月目になる。
It has been about 5 months or so.

重量上げを中心に内筋トレーニングが目的だ。
The goal is inner muscle training on weight lifting.

日本に住んでた時もバレエの基礎体力補強のため
週に3~4回ジム通いしていたが、
I used to go to a gym 3 or 4 times per week when I lived in Japan,
for the enforcement of physical strength to do ballet,

あくまでも疲れない範囲内だった。
 but it was within the range of not-to-be-exhausted at all.



しかし、加齢に伴って余計な脂肪がしつこくついてきた。
However, as aged useless fats came along with persistently.

筋肉より脂肪が多くなると落とさなくてはならない。
When fats become more than muscles I should lose it.

一旦、脂肪を落とすと決心した時から
Since I decided to lose the fats,

自分の体力の限界を超えるのが目標になった。
go beyond my physical limitation became my goal.

重量を先週より上げることは苦痛を伴う。

Lifting heavier than last time did brings pain.

諦めるか、続けてやるか…
Giving it up or carrying on…

毎秒、筋肉が切れそうな痛みも味わう。
Every second, tasting the pain that the muscle may cut.

10回を1セットにして、その間に1分間の休みをとっているが、
One set is 10 times, between the sets I take one minute break,

その1分が長く感じるのに毎回驚く。
I am surprised every time by the longer feeling for one minute.

普段の1分とは全く違い、ゆっくりー長―くなるのだ。
It is totally different from usual one minute,
it goes longer and slowly.



この新たな時間の長さ発見には
This new discovery of time length came from,

ある日、坐禅をしたら一日が長くなったと気づき

肌肉トレーニングに坐禅のやり方を取り入れた時である。

 discovered the relativity of time when I corroborated with
 muscle training and zen-meditation method.

呼吸に集中する、筋肉の動き方に集中する、この二つは
Two ways of focusing on breathing and concentrating on how muscle moves,

余計な苦痛や恐怖を克服させてくれる方法になる。
it be the way to overcome unnecessary pain and fear.

長い1分を味わうと、
心は自分が上げた重量分、落ち着いて安定してくる。
By tasting a long 1 minutes,
mind stabilizes calmly as the same amount of lifted.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

To make dream come true-夢を実現させる

2016年11月14日 07時57分00秒 | 生き方
His dream came true.
彼は夢を実現した。

He became a police officer as he dreamed.
彼の夢だった警察官になれた。

When he was 9-year-old boy, be came to my student,
-that my former after school which closed at 2015.
2015年に閉校した私の元塾に彼が入学したのは、
彼が9才の時であった。

He always tried to make a joke but mostly it didn’t go well.
彼はいつも冗談を言っていたが、大体は上手くいってなかった。

As a study-hater, he didn’t do his homework often.
勉強嫌い屋として、宿題もよくしてこなかった。

His math tutors often asked me that how to teach him and
-how to make him do his homework.
彼の数学担当講師達は私に彼をどう教えるか、
‐どうやって宿題をさせるかをよく尋ねてきた。

So, I suggested that stay in basic, make it fun to know,
-related math with his favorite activity.
基本に留まり、分かるのを楽しくさせ、
 -彼の好みの分野に数学を関連付けする等を提示した。

We tried variety ways to make him like math.
彼が数学が好きになるよう私達は多岐に渡って試みた。

Sometimes we tried analysis why he hates math so much.
時にはなぜ彼が数学をそれほど嫌うのかを分析したりもした。

Often we talked about his learning problems after class.
授業後も彼の学習問題についてよく話し合った。

Show him angry, threatened him, give an extra homework etc…
彼に怒ったり、脅かしたり、宿題を増したりなど...

-but those humanity-based ways could not work on him.
 しかし、それら人道にかなった方法は効き目がなかった。

His score neither high nor low and it was what we could do to him.
彼の成績は高くも低くもなかったのたが、私達が出来たことはそれ限りであった。

When he had to decide which high school to go,
-he and I talked a lot about it.
彼が高校進学を決めなくてはならなかった時、
それについて結構話した。
 
A way already opened to him, a way he must find out,
 -a way well-paved, a way can get through by doing effort…
既に開かれている道、見つけなくてはならない道、
 十分に開拓された道、努力によって切り抜けられる道...
 
He wanted to be a police man but he knew that
 -his score never let it happen.
彼は警察官になりたがっていたのたが、
 彼の成績では無理だと分かっていた。

Even after he became a high school student and left my ex-school,
-he sometimes came to see me.
彼が高校生になって私の元塾を離れても、たまに会いに来てくれた。
 
Whenever he had to determine for his future, he just came and told me jokes.
彼の将来のための決断を迫られた時、来ては冗談を言った。

3 years ago, he has let me know that
-finally he passed the final test to be a police officer.
3年前に、ついに警察官になるための最終試験に合格したと知らせてくれた。
 
We celebrated for his success but just 2 of us
 -and he told me for the first time how it was hard on him.
彼と私二人だけだったが、成功を祝った。 
 そしてそれらがどれほどのきつかったを初めて語ったのである。

What he went through, how he struggled with his family issues.
切り抜けてきたこと、家族の問題にどれほど悩んできたのかなど。

I realized that the hard hurdles he overcame made him stronger.
私は彼が克服した難関の障害が彼を強くさせたと気づいた。

His story always makes me happy and proud of him.
彼の成功談はいつも私を幸せにさせ、誇りの思わせる。

The memory of we did air chair and tried to practice
 -how to zazen when we drunken,it also always makes me smile…
酔ってても坐禅の仕方を練習しようとしたり、空気椅子をしたりした
 記憶はまた私を微笑ませるのだ...
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

あるバレリーナ-A ballerina

2016年11月04日 09時22分51秒 | 生き方

スベトラーナというバレリーナがいる
There is a ballerina named Svetlana

バレエを知らない人は当然知らないだろうし
Surely people who don’t know ballet never know her

関心もなく、続けて読む気も失せるだろう
never be interested, would get lost to read continuously

だが、これは個人が自分勝手に書くブログなので
Although, this is a blog written by an individual with one’s own way

誰にも気兼ねせず、その人について語る
Without feeling constrained to anyone, I will talk about her



芸術界で世に名を知らせるのは本当の才能が無いと無理だ
It is impossible to inform one’s name in the artistic world without real talent

特にバレエの世界でトップになるには
Particularly, to become the top in the ballet world

生まれ持った才能に、毎日血まみれの訓練が要求される
 must be born with gifted, requested bloody training every day

血まみれというのは、トウシューズを履く際の足指の怪我からの血だ
Bloody training means, the injury blood when put on toe shoes

坐禅でトップなれたお坊さんがいるとしても
If there is a monk who has become the top through doing zazen

血まみれになることはまず無い
 above all, never be blooded

至ってきれいで、戦いとしてありえるのは睡魔だけだろう
Exceedingly stay clean, only could be as a fighting is drowsiness



ところが、バレエでは、人間本来の身体機能に逆らって
However, in the ballet, against the physical function of human intrinsic 

極限まで体を鍛える
 train body to the limit

スベトラーナは人間の身体可動範囲を遥かに超えて
Svetlana reached far beyond to the range of human body movable

また、プリマバレリーナとしての水準も遥かに超えて
 in addition, also reached far beyond to the level of as prima ballerinas

特々の彼女自身のバレエスタイルを創造した
She created her own ballet style

完璧極まる境地を見せているのだ
She shows the status of extreme flawless



彼女の白鳥の湖バレエを観ると
Watching her Swan Lake ballet

長年の血まみれの苦痛を見せない堂々しさがある
She has dignity that never show many years of the bloody training

激しい息さえも見せない自尊心がダイヤモンドのように輝くのだ
Her pride is shining like a diamond that would not let audience notice her fierce breathing

彼女のバレエを観ると、心が洗われる気がする
Watching her ballet, I feel like my mind is rinsed out

世欲の欲望も見ている瞬間は忘れらるのだ
I can forget those earthly desires while I watching her



私は宗教に関係なく坐禅を研究しているため
I have been studying zazen-meditation irrelevantly for a religion

多くのお坊さんや宗派について勉強をしてきた
 also studying about many monks and sectarians

けれど、どのお坊さんも見た目や説から
But from any of monk’s out-looks and theories

彼女のような崇高さを感じさせる人はいなかった
 they never let me feel nobility that alike she has



彼女のように一つの生き方を極めたら
Such as her life that ultimate with the one way

人に極めることの尊厳さを伝えるようになるだろう
 it would be transferred to people that the dignity of alternative

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

レッスンでの気づき-An awareness at the lesson

2016年11月03日 08時02分57秒 | 生き方
覚えられるんだ...考え方を変えると‼
=Can remember!!...if change the thought!!

先日のバレエのレッスンで気づいたことだ。
=That is what I realized at the ballet lesson the other day.

私は49才でバレエを始めて1年が過ぎた。
=Over 1 year passed since I began to learn ballet.

夢を実現すべく、始めたのは良かったけれど、
=It was better started to come true my dream,

その後の稽古が試練の連続になった。
= but later the practice has become the series of ordeal.

覚悟はしていたのたが、
=Although the determination I have made,

毎回、年齢の壁にぶつかる度に、
= every time, whenever I face on the barrier of age,

辞めたくなって、諦めたくなるのだ。
= wanting to quit, wanting to give it up.

特に、順番が覚えられないのは
=Especially, incapable of remembering the order was,

自分に対する恥になって
=becoming to shame of myself,

レッスンの前になると気が重くなり、
= before the next lesson my mind got sunken,

恐怖心にまで発展した。
= and developed into fear.

私が通うバレエスクールは基本クラスがないので、
=The ballet school I attending has no beginner’s class,

日本で約10か月習ったことを数えられて
=10 months of learned in Japan was counted as the experience,

いきなり中級に入れられてしまい、
= suddenly I have been placed in the Intermediate class,

私はいつの間にか中級者になっていたのだ。
= imperceptibly I had become an intermediate.

初歩者が中級レベルの技についていける訳がないのたが、
=In general, no back up data to a beginner can keep up intermediate technique,

今の学校以外、通いたい学校もないので、
= but there is no other schools which I want to attend,

ついていくしか他に無い、やるか辞めるかの一つだけだ。
= so I have no choice but keep up with, quit or carry on.

先日のレッスンまでは、毎回のレッスンは心的苦痛だけたっだ。
=Until the other lesson, every lesson has been merely mental agony.

どうしても順番が覚えられず、音楽の音程も聞き取れず、
=Absolutely I couldn’t memorize the order, neither catch the beat,

一人目立って滑稽なバレエでもないパントマイムになっていたのだ。
=I stood out like performing pantomime ludicrously neither it was not a ballet.

たが、ふっと、坐禅の研究で学んだ『雑念を祓う』考え方を
=But all of suddenness, the idea of 『Rid the idle thoughts』that I learned in the study of zazen,

レッスン中に実践してみようと思うことに至った。
= it led to let me think that give the try during the lesson.

それで、『できない』『覚えられない』『分からない』などの
=And so, such as『can’t do』『can’t remember』『don’t know』etc,

マイナスな考え方を辞めて、ただ先生の言っていることに集中した。
= I stopped to the way of negatively thinking, just focused on what teacher saying.

それからは奇跡的に心の苦しみが消えた。
=Since then miraculously the mental agony was gone.

いまだに出来なくても、恥ずかしく感じても
=Even I still can’t do, feeling shame,

それが苦痛につながらなくなったのだ。
= it is no longer link to the pain.

考え方を変えると覚えられるようになるのだと気づいた。
=I realized that can remember as changing the way of thinking.

バレエと坐禅は無関係のように見えるのたが、
=It seems looked like irrelevant between ballet and zazen,

実は根本的につながっていたのだ。
= in fact, fundamentally it links each other.

心の苦しみを祓え,
=It can get rid of mental agony,

こと本来の有様を見えるようにつながっている。
= it also link to be able to visible things of origins.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加