Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

『心の句点と句切点』Mental period and comma

2017年05月31日 00時22分18秒 | 坐禅

心の句点は何か

What is mental period in mind?

文章の文末に打つ句点『。』は

The punctuation mark used at an end of a sentence『。』 

一連の文脈を終わらせる意味があるように

-as its meaning of making an end at a continuity context

心の句点は

Mental period is

心の思考をある程度の時点で

繋ぎを止めるようなものに似ているかもしれない

-also, it is likely making an end in connections

-which cut mental thoughts off at some points


私は~~である。

I am the ~~.

あなたは~~である。

You are the ~~.

これは~~である。

This is the ~~.

それも~~である。

That is also ~~.

だから~~である。

Therefore, it is ~~.

上記のような『~~である。』は

Such above of 『it is ~~.』

句点を伴い何かを終わらせる

Complete something with punctuation marks


それらの句点が心に多くなると

When those such periodic mind are increased in mind

次に繋ぐ糸が切れる

The connected thread to next breaks

句点を打った瞬間に留まることになる

Would be stuck at that moment when the period is marked


では心の区切点は何か

Then, what is mental comma?

文章と文章の間に打つ区切点『、』は

The comma 『, 』used at between sentences

一連の文章と文章を繋ぎ合わせる意味があるように

-as its meaning of connecting some series of sentences

心の区切り点は

Mental comma is

心の思考の部分的な点と点を

ある時点で突然、繋いでくれる

Can let connect with partial point in mind

-to a point to be a thought at a moment suddenly


私は~~であるか、

am I ~~~,

あなたは~~であるか、

Are you ~~,

これは~~であるか、

Is this~~,

それも~~であるか、

Is it also~~,

だから~~であるか、

Therefore, is it~~,

上記のような~~であるかは

Such above of ‘Is it ~~,’

句切点を伴い何かを繋ぐ

It connects something with a comma


それらの句切点が心に多くなると

When those such mental commas are increased in mind

次に繋ぐ糸で何かを結んでいける

It can tie something with a tread to a next

句切り点を打った瞬間に

The moment when used comma

点と点が繋がっていく

-a point and a point are getting connected


心に句点を打つのは簡単だ

It is easy to put a mental period in mind

“これは~~であれば良い”

“This is good if it is ~~”

“それは~~であるから悪い”など

“It is bad because it is ~~” etc.

決めつければ終わって

When decided, it ends

そこに留まるからである

-and it stays at there


だが、区切り点は

However, the mental comma is

そう簡単に終わらない

-it will not end so easily

“これは~~であるから良いか”

“Is this good because of ~~”

“それは~~であるから悪いか”など

“Is this bad because of ~~” etc.

心が次に繋ぐ何かを考えないと

Unless mind does not think something for coming next

句点を打つことができないから

-it cannot to be connected to be a period

次から次へと思考を繋げようとし

So, it tries to connect thought next to a next

そう簡単には終わらない

It does not end so easily


句点の心『~~だ。』

Mental period 『It is ~~.』

区切り点の心『~~か、』

Mental comma 『Is it ~~,』

その2つの『~だ』と『~か』の考え方の差は

Those thinking differences of 『It is』 and 『Is it 』

心の思考の方向性を根本的に変える

They change the mental way of thinking fundamentally


これらのことから考えると

These things lead to think that

坐禅は

In doing Zazen way

心の句点も区切り点も無くし

Zazen gets rid of period or comma in mind

考えの終わりを無くし

Eliminate fatal thinking in mind

次から次へと繋がる思念も無くす

It also cleans up brothering thoughts which comes continuously

 

心を真空空間へと誘う

It invites to vacuity space

その無念の念であるだろう….

It would be a will to be a none will….

Comments (53)
この記事をはてなブックマークに追加

心の解毒剤Mind Antidote

2017年05月25日 14時51分17秒 | 坐禅

体に有毒なものが蓄積されると

When body filled with poisonous toxin

体は命の危機を感じる

Body gets feel crisis of life

体は命を生きるように設計されているため

Because body is designed to live life

命が危ないと脳から指令を受けると

-if brain orders that life is at a dangerous pinch

人体にサインを送り始める

It starts sending signals to body


そのサインとして

As signals

休んでいるのに疲労感があり

Feel fatigue even while resting

やる気が失せる無気力感や

Or feel apathy that make lose motivation

寝てもすっきりしない怠さなどで表れる

Appear in such neglected feeling when after sleeping


それらの原因は

Those causes are

免疫力のために蓄えた戦う力を

Body’s fighting force that stocked for manage immunity

有毒なものが何かを特定させるための力に変換して

-the force has converted to identify if there is something poisonous

体から排除させるために集中してしまうからである

-so, body has concentrated to get rid of it from body


上記のサインを送っているのに

Although sending above signals

人体が気づかないと今度は二次的なサインを送り始める

If body does not notice, then start sending second signal next

各種のアレルーキ゛反応や皮膚疾患

Some kinds of allergy reactions or skin disease

食欲不振、刺激に敏感になるなど

Such as lose appetite, too sensitive for stimuli so on

眼に見える症状が表れてくる

Symptoms appear visible in sight


それでも人体がサインを読み取れなければ

Even so body still could not read those signals out

今度は心にサインを送り出す

Then, send out another signal to mind

生きるのが嫌になったり

Such as feeling sick live life

生きるのが辛く感じてきたり

Come to feel hardness to live

動くのが面倒くさくなったり

Feel bothersome to work or move

人間関係がつまらなくなり

Get bored to have relationship with someone

話すのも疲れてきたりして

Even talking gets feel tired

動く範囲が少しずつ狭くなっていくようになる

The range of motion gradually getting narrower


動く範囲が限られてくると

As the range of motion gets limited

考えだけが心の中で走り出す

Only thought begins to run in mind

体は何かを動かす必要があるからだ

Because body needs something to activated


心が走り出すと

As mind started to run

過去に起こった出来事を

今現在の状態から再解釈していく

It starts reinterpreting events that-

-happened in the past within current state

過去の記憶を引き出し

Withdrawing memory from past  

今の時点から損得勘定をしていく

Begin to calculate profit and lost at current moment

マイナスになったこと

The thing has got negative

プラスになったこと

The thing has got positive

マイナス+マイナス=マイナス

Minus + Minus = Minus

プラス+プラス=プラス

Plus + Plus =Plus

マイナスがプラスになった事とか

The thing a negative became positive or-

プラスがマイナスになった事とかを

-the things negative became positive

リストアップして

-they are listed up

計算機で数字を計算するように

-as if calculating numbers with a calculator

損と得を整理し始めるのだ

-starting to organize the lost and gains



川の流れの真ん中だけを観て

It is like just looking at middle of river’s flow

山奥のせせらぎ

The babbling in a deep mountain

雨水が蓄積され、それらが集まり

Accumulated rainwater, it has been gathered

川になっていることを観ることができないのである

But cannot see the full range of river flowing

人体に現れた症状も

Symptoms which has appeared on body

心に抱えている問題も

-also, the mental issues in mind

源流を辿れば

-if trace the origin

体に蓄積された毒が原因である事が分かる

Can find out that tainted toxin in body caused all causes

その毒が体と心を汚す源流である

That toxin is the origin flow of poisoned body and mind


ではその毒の解毒剤はあるだろうか

Then, is there an antidote for the toxin?

その解毒剤は

The antidote is

心を空にでき

Can emptied mind

心を掃除でき

Can clean mind

心を洗う洗剤でもある

It can be also a detergent to wash out mind

坐禅の心であろう

It will the mind of zazen


Comments (52)
この記事をはてなブックマークに追加

気づきの過程式Perceive-formula

2017年05月19日 12時36分33秒 | 坐禅

気がつくというのは

Become aware is

気を利かせることにもつながる

-related with mindfulness

何かに気がつくと

When aware something

心が晴れてくるような

-it is like mind gets cleared

視野が広がるような感じもする

-it also feels like expending perspective


何十年も前に私は『気がついた』ことによって

Decades ago, by “did aware”

私の人生が180°変わることになった

My life has changed by 180°


当時私は心に解決できない

多くの問題を抱えていた

At that time, I had a lot of mental issues

-that I could not solve

痩せていて軽かったにも関わらず

Despite my weight was light because I was skinny

体重が重く感じられ

But I felt my weight was heavy

歩きにも重苦しい感じがした

Also felt heavy and gloomy even when walking

大学のカウンセリングも受けたが

I took a few counseling at my University

更なる疑問が増えただけだった

-but it merely made increasing another more questions

体にはあらゆる神経症状が出て

All kinds of Neurologic symptoms appeared on my body

生きている症例であった

-I was like a living mental disease


その最中、大学の教授が主催する

合宿グループに参加したことが切っ掛けで

In the while, I participated training camp which

-has led by my University professor

心に抱えていた重荷を一気に無くせたのである

-and it became the trigger that

-eliminated mental burdens at once which I was carrying

そのグループは3泊4日間

The group had 4days 3 nights’ schedule

約15名が丸く座って人の話を聴いたり

-about 15 people sat around and they listened member’s speaking

話したければ話せるグループセッションであった

-in the group session, if someone wants to speak then could speak out

二日目の昼のセッションで

At the middle session on the second day

『無理をする』ことに関わる体験談みたいな流れになって

The subjects became personal story of “doing an unreasonable”

メンバーの一人が and one of members

『無理をすればことが済むことは分かっているがそれができない』

“Can’t do an unreasonable thing even know that it can solve the problem”

ような悩みを打ち明けた瞬間

At that moment, the member confided her kind of troubled story

私は心に雷が落ちたような

ガーンとする大きな音が鳴った

A loud sound like Bang has rung in my mind

-and I felt like I was hit by a thunder 


その後、一気に心の制御が崩れて

After then, my mental control system collapsed at once

涙が溢れてその場にいられなくなった

Tears overflowed so I could not stay at the session room

あの時は公式的に泣いた

I cried public at that time


無理をしなければならなかった

I had to do the unreasonable thing

無理をしても弱音さえ吐けなかった

I could not say complain while I was doing unreasonable

無理をすることが有一の残された道であった

The only way left for me was doing unreasonable

無理をしないと生きてこれなかった

I could not survive without doing an impossible

無理をして自分を押し殺した

I killed myself for doing impossible

無理をして全てを成し遂げた

I could accomplish by doing impossible

無理をして困難に闘った

I fought for difficulties by doing hard

...


そのようなことに一気に気がつき

I did aware such things at once

その無理をしてきた過程が涙になって

一気に溢れ出た

The processed way which I did hard

-it became tears and overflowed burst

その気づきの後、心が空っぽになり

When after the awareness, my mind has emptied

重かった心が軽くなった

-my heavy mind became lighter


今そのことを振り返ってみると

Looking back what I realized at that time now

坐禅の悟りを得ていく過程に

類似していた感じがする

I feel a similarity on doing zazen

-which the way to get attaining enlightenment


だが、坐禅では外からの刺激を絶つことにより

However, in zazen ways by cutting off stimulations from outside

内なる気づきに覚醒することになるので

-it leads to be awaken with inner awareness

自らの気づきではなかった

-the awareness was not come from my own


自らの気づき

The awareness by oneself

自ずからの気づき

The awareness as matter of a course

確かZさんが以前書いた記事のコメントで

Surely commented by Mr.Z on my previous blog posting  

『自ら』『自ずから』の違いを定義したはず….

He has defined the difference about “By oneself” “By naturally”...


気づきの過程式は

The formula of awareness is  

問題の変数を外か内からかの分析(あるいは刺激)

-analysis (or a stimulate) of variable factors from the outside or inside

により一気に眼が明くことかも知れない

Maybe it can open eyes all the sudden 

Comments (50)
この記事をはてなブックマークに追加

趣のエネルギーCharm Energy

2017年05月11日 12時29分45秒 | 坐禅

気力はどうやって持てるだろう

How can get vitality?

気力が充満している人は

Someone who has vitality enough

光のような明るさが光る

-can shine like a light radiating

その輝きは360°に拡散されているようだ

The radiating is scattering likely 360 degree angles


気力の無い人は

Someone who has less vitality

暗く夏でも寒い気を放つ

-giving off a cold chill energy even in hot summer

小さく萎んでいくような感覚も放つ

It gives sense that likely getting smaller and shrinking


気力は波長の波だろうか

Is energy of vitality would be a wave of wavelength?

そうであれば

If is it so

気力が充満な人の放つ波長は

The rich wavelength flickering from vitality person

周波数が高いはずだ

-its frequency should be high

言うまでもなく気力が無い人は

Needless to say, who does not have vitality

微弱な波長を放つだろう

-its wave is weakened and feebler


360°のどの角度から見ても美人な人もいる

There is a beauty who has beautiful angles which

-seen from every angle in 360°

前、後ろ、横、下、上から見ても

By front angle, back and sides even from the toe to the top

対称が取れていて絶妙な均衡が取れているのだ

-has gotten symmetric and exquisite equilibrium is balanced

この360°美人が放つ気力は

This vitality which given off by beauty who has beautiful 360°angles

安定感があり、波長が波打つような力動性がある

The 360 angles have stability

-also has dynamic wavelength like heaving wave


だが、局所だけ美人な人は

But, a beauty who has just beautiful some parts

前面は美人なのに側面は暗い感じがしたり

Her front face is beautiful but sides are something darken

下から眺めると怖い感じさえ与えることがある

If look up her face from the bottom, even can feel scary

全体性に欠ける不足感があり、不安定な感じがする

It has a shortage which is lacking in overall, gives unstable feeling

 

このような気力は

Such vitality or dynamism is

天性的に生まれ持った性質ではないだろう

It is not given with born neither natural gift

何故なら、若い時は美しく輝いたのに

Because, someone has shone beautifully when young

老いた時は醜くなっている人が割と多いからだ

 There are comparably many cases shows that glow ugly as aging

または、人生の難関を乗り越えた人が

To take another example, someone who overcame difficulties in life

自信に溢れた輝きを放つ例も多くある

-the one giving out brilliance which comes from filled with confidence


ではこのような気力はどこからでき

Then, where the dynamical vitality come from

どうやって受け取ることができるだろうか

-how can we receive it?

自己催眠のように自己暗示するだけでは

Like self-hypnosis merely doing such self-intimating

自己満足で終わってしまうだろうし

It will end up with only self-satisfaction

気功セミナーみたいなワークショップは

Some workshop lectures like super-mind energy seminars

詐欺みたいな騙しみたいな匂いもする

-smelling like cheating or fraud for fishing

気力を人間が人間に与えるようなことから

もう既に間違っている感じもするし…

Such stuffs seemingly already wrong because

-they say can give a dynamical vitality to a human…


この気力の発生源について考え始めたのも

The reason why I started to think about this fundamental vitality  

庭の仕事を始めた時からである

It was come from when I started garden work

土の上に立つと

Standing on the ground

土から優しい手が出て

A gentle hand got out from the soil

私を深奥な広がりのある世界に

引っ張られている感じがする

I feel like pulling out by the hand and

-lead me to a world where deep and expanding

腕を広げ、足を広げて立つと

Standing spreading arms and legs

腕から足から生きている気が広がってくる

-feeling like alive gets enlarge from arms and legs


特に坐禅の座り方をしてなくても

Without doing formal sitting form for zazen

思考を絶つと気を使わなくても

Without mind setting to cut bothering thoughts

自然に無念無想になれる

Can naturally be none-thinking-none-imaginary

土から放たれる気は

The energy emitted from soil

無条件的で限りの無い受容力がある

-have unconditional energy and unlimited acceptance

土は雨、雪、花粉、食物の生命体など

全て受け入れてくれる

The soil in earth, rain, snow, pollen, every life forms of foods of all

-they are accepting at all

人間の雑念までも受け容れて流してくれるのだ

It also accepts and drain us human being’s worldly thoughts

Comments (75)
この記事をはてなブックマークに追加

心の構成要素Composition element of mind

2017年05月05日 16時57分58秒 | 坐禅

心は何で構成されているだろうか

What is mind composed of?

性格、遺伝的要素、経験、癖、行動パータン

Personality, Genetic factors, Experience, Habit, Behavior Pattern

心理学的に定義しようとすれば

If try to define psychologically

グーグルやヤフー、ウィキペディア等を

To Google, Yahoo, Wikipedia, etc.

検索して何時間読んだとしても

Searching and no matter how many hours for reading

全貌を掴めないだろう

Will not be able to grasp the whole picture of mind


心理教育を専攻した私でさえ

Even I majored in psychologic education

未だに自分の心の正体すら明かすことはできない

Still I cannot reveal even my true mental identity

知識で心を解明しようとしても

Even try to elucidate mind with knowledge

人類が誕生してから現在まで

Since history of humankind has begun

或いは、神でさえ

Or even God

人間の心の真相を明かしていないことが分かる

They couldn’t reveal humankind-mind yet


世紀の天才、アインシュタインさえ

The genius of the century, even Einstein

心のエネルギーの法則は見付けられなかった

He could not find mental energy equation

理に叶って私は最初から心を解き明かすと

踏ん張ったことさえ無い

To make sense, I have not even tried to reveal

- or substantiate mental systematic from the beginning


また、心は人によって

Also, mind depends on people

捉え方や扱い方が違って

-way to catch up or way to deal is different

人の置かれた状況や

Depending on which situation people are

職業、年齢、性別によっても

Accordingly, occupation, age, gender

観る角度が異なる

-the viewing angles are different

このことから,私が想い描く心の像のみを書いてみることにする

From this point, I will try to write with my own image only

-that I draw in my mind


心を構成している分子は

Molecules which composing mind are

感じる=水分子

Feeling = water molecule

考える=空気の分子

Thinking = molecules of air

行動する=食べ物の分子

Behavior = molecules of foods

学ぶ=消化する分子

Learn = molecules of digest

体験する=カロリー消費に関わる分子

Experiencing = molecules involved in calorie consumption

病気になる=バクテリア増殖に関わる分子

Disease = molecules involved in bacterial growth

好きになる=ホルモン分泌に関わる分子

Getting like = molecules involved in hormone secretion

嫌いになる=パータン認識に関わる分子

Getting dislike = molecules related to pattern recognition

快感や不快感=ホルモン分泌に関わる分子

Pleasure or unpleasant = molecules involved in hormone secretion

大まかに9項目のカテゴリーに分類してみた

I classified them roughly into 9 categories


そこに特集な心の構成要素である

In there, as a special edition of composition element of mind

坐禅=心を自由にさせる分子

Zazen = molecules which make mind freed

10項目が頂点に置かれる

The 10th category is placed on the top


私は塾で分かることは何かを15年間教えた

I taught what is knowing for 15 years at my after-school

-which is closed year ago

そのことから知識を

他人に与えることはできないことが分かった

From the experience, I found that

-knowledge cannot be given to others

子供達が私に教えてくれたことは

What children taught me was

知識は与えるものでなく

-knowledge is not for given

共有することであるとのことであった

-it is for sharing to each other

説明されて喜ぶ生徒を見たことがない

I have never seen a student who is pleased by explaining

だが、生徒が分かったような感覚を掴めた瞬間

But, the moment a student got a feeling something like understood

生徒の顔から光が光る

-then the student’ face is lightened with light

その光が私の心を照らす

The light lightened on my mind


その私の学習から

From those learning

上記の示した心の構成要素に関する説明は省く

I omit explanation about 10 categories above

-mentioning mental components


書き示した後は

When after write and post it

読んだ者のものになるからだ

It belongs to one who has read

それを私が共有する…

And I will share it…

Comments (67)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの境界点Mete Point

2017年05月02日 11時44分43秒 | 坐禅

幸せになるのは結果である

Being happy is a result

幸せを目的にすると

If aiming to be happy

幸せの状態が状況によって変わるため

Because of a happy state changes by its situations

辿り着いたとしても

Even though has reached to it

過去に描いた幸せとは違っている感じを受けるだろう

It will make feeling that the happiness drew

-at the past became different


幸せの形が状況によって変わり

The form of happiness changes by situations

不幸せの形も状況によって変わる

The form of unhappiness also changes by situations

状況によって変わる幸せを追い求めることは

Pursuing happiness which changes according situation is

川の流れを坂の上に定めるような

It is likely setting a river flow on the top of slope

摂理に逆らう願望かもしれない

Maybe it is a resisting desire against providence

 

逆説なことにも

Paradoxically

私は幸せになることを願えなかった

I could not have wanted to be happy

だが、毎秒幸せになっていると実感している

But I feel in real being happy every second

長年、不幸を乗り越えることを仕事にしていたら

For many years, I worked to overcome unhappiness

いつの間にか

Imperceptibly

その不幸がこの幸せを作った基盤になっていると分かってきた

I found that the fundamental of this happiness

-came from the unhappiness


実際、不幸だったと認識できたのも

In fact, could have recognized that I was unhappy

困難を克服してから気づけたので

-the realizing came when after overcame difficulties

後になって見えてくるようなものである

-so that it is kind of can be seen later

今になって不幸だと認識していた過去を辿ると

At now, I looked back my past

-when I recognized as being unhappy

その時は心に余裕があって

At that time, I had a margin in my mind

不幸や幸せを計算する暇があったような気がする

I feel like I had enough time to calculate

-how I was happy or unhappy

仕事に没頭し、やるべき今日の責務に追われていた時は

When I devoted in work that I was chased

-by tasks must be done

ストレスも生き甲斐のように認識していた

I was aware that stress as my living avail


不幸せは瞬間瞬間姿を変え現れ

Unhappiness appears changing its form

-at a moment and moment

四季の変化のように体で感じる温度差を生じる

As seasons changes in four

-it creates temperature difference on body

幸せになることを強く願うことは

Desire strongly to be happy is

春だけを頑なに願うようなことかもしれない

It might be like wishing stubbornly only to be Spring


この幸せや不幸せの移り変わりに気づけたのも

The reason how I could realize

-these transitions of happy and unhappy

新しい住まいのグランビ―での春を迎え

It because I have incoming Spring

-at my new residence in Granby

生まれて初めて春そのものを見て感じたからである

-see Spring and feeling Spring

-for the first time in my entire life

以前は春でも心に抱えた問題が投影されて

In past even Spring came

-my mind always was reflected by issues

やるべきことが目の前にあって

There were always works to be done in my front

春を見て感じることはできなかった

I could not see and feel Spring

春になったと分かってはいたのだが…

Even though I knew I was in Spring season


やっと今、心に春を受け入れるようになり

At last, now I can welcome Spring to my mind

自然の変化そのものを素直に感じている

I obediently feeling seasoning change as it does



坐禅の求める解脱の境地も

The eminence of deliverance which is a path in zazen

ひょっとしたら

Possibly it is

心が修行によって春になり

Mind became Spring by trainings

心に春を迎えることかも知れない

It might be welcomed Spring to mind

心が冬の寒さに堪えているのに

While mind endures coldness in Winter

心を花咲く春にさせることはできない

It is impossible to have Spring to make a floral mind


坐禅は心の季節変化を

Zazen makes mind for the seasonal changes

自然の季節変化の摂理に合わせてくれる

-and it also makes to be adopted for providence season change

坐禅は幸せと不幸せに偏る走りを止めて

Zazen stops running mind that biased happy and unhappy

または幸せにも不幸せにも偏らない

Or not to be tilt, neither be happy nor be unhappy

その境界点かもしれない…

Zazen maybe the mete-point…

Comments (42)
この記事をはてなブックマークに追加