Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

無我の自我-Selfless self

2016年12月07日 10時34分50秒 | 心の癒し

つまり、自分が無いのが自分である。

Therefore, a selfless is the self.

イメージがつかない,とてつもない難しい境地だ。

It is tremendously difficult to catch the selfless image.

だが、自分が無いと感じられると

However, if a self could feel that there is no a self,

自分につながる全ての心の問題から一瞬解放される。

-all the mental problems that connected with self

-can be released for a moment.

自分っていうこの世に一つしか存在しない意識の塊は

The mass of self-consciousness which exists as only one in the world,

宇宙から見ると、

-the view from universe,

炭素の塊にすぎない。

-it is just a mass of carbon.

私達が木や花を見て思うイメージは

The thought of image that when we see trees and flowers,

宇宙から見た人間の存在のイメージに近いかもしれない。

-it may be close to the very image of human existence that has seen from university.

 

若かった時は自意識に振り回されて

In my youth, I have been swayed by self-consciousness,

時には満足、大体不満足で

-sometimes it gave satisfaction, mostly unsatisfactory,

幸せに見えて、成功している人と比較しては

-had compared with people who looked happy and successful,

自らを苦しめた。

-I have made myself suffered.

そうしているうちに、自我が肥大して

While doing those comparisons, the ego got fat,

全てが自分、自分、自分って自分中心になってしまった。

-everything became self, me, me and me has become centered me-self.

あれは気分の悪い、息苦しい、決して望ましくない状態であった。

It was disgusting, unbreathable, never be desirable status.

脳の中の神経経路が全て自分につながっている一方通行なような状態だ。

It was like a one way that all the brain nerve routes connected to only myself.


ある日、脳科学に関する本を読んだら

One day, I have read books on brain science,

何人かの科学者達は坐禅をして脳の働きを調整していると書かれてあった。

-written that some scientists are doing zazen to control brain functions.

何かの根拠があるだろうと思い、坐禅を試してみた。

I thought there might be some grounds, so I tried zazen.

わずか30分の間に

In only 30 minutes,

叫び狂っている自分が治まった。

-the self has been shouting, has calm down.


それから坐禅をするようになったが、

From since I started to do zazen,

未だに無我の境地には至らない。

-but still I can’t reach the point of selfless.

それが坐禅の修行をする理由でもあるが…

That is the reason why I need to practicing zazen…

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの裏側-Back side of happiness

2016年11月21日 08時49分49秒 | 心の癒し

幸せは苦痛が取れた状態を指す。
Happiness refers to the state of pain is removed.

苦痛とは幸せになれない状態だとも言える。
Can say that pain is the state of can’t be happy.



長年、幸せが何かについて考えてきた。
For many years, I’ve been thinking about what happiness is.

なぜなら、苦痛は実感を伴い
Because pain comes with real feelings,

明確に分かり、確かに感じられるのに、
so that clearly catch up and can feel it certainly,

幸せは、常に実態が変わり、
but the pappiness always changes its actual status,

時と場合といった外部条件によって変わり
it is also changed depending on external conditions such as time and cases,

よく分からなくなるからだ。
so often becomes confusing.



お金があれば幸せになるだろうか。
Would be happy if have money?

お金で幸せになれる基盤を買えることは確かだが、
It is certain that can buy the fundamental basics with money,

確実に幸せな状態を作ることはできない。
but cannot make the exact happy states.

出来たとしても長続きしない。
If it is possible it won’t last long.



坐禅を研究することになった切っ掛けも
The reason why I study zazen

幸せになれない心の苦痛を取り除くためであった。
I was motivated to remove pain that can’t be happy.

以前、仕事絡みの人間関係で苦しみ、
Previously, suffering from work-related relationships,

あらゆる心理治療法を試したが、
I tried every psychotherapy methods to heal,

効き目が無かったのに対し、
the therapies didn’t work for me but,

だったの一時間の坐禅で
just one hour of zen-meditation,

胸を刃で刺されるような痛みが治まったからである。
I could cure the pain like being stabbed with blade.

坐禅は胸を刺している刃を取り出すようなことだと気づいた。
I realized that zazen is like taking out the blade which stabbing my chest.

たが、刺している刃を取り出せても傷口が治るには
However, even though the stabbing blade could remove,

時間が掛かるのと同じ原理で
as the same principle that the wound takes time to be healed,

奇跡のように苦痛が消えるにはいかない。
the pain does not go away like a miracle.



そのため、坐禅は修行が必要である。
That is why zazen needs training.

修行を重ねることによって、
By repeated training,

自分の胸を刺す刃は
the blade which is piercing chest is,

自分自身が望み求めている幸せの裏側であると
the back side of happiness that seeking and wanting,

気づけるからだ。
zazen is the way og realizing.

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

お線香-Incense stick

2016年11月11日 07時28分21秒 | 心の癒し

It was 70 minutes to see how long takes an incense stick burned out.
線香が燃え切るまで見るのに70分かかった。

When my mind has much of worldly, idle thoughts,
I do a zazen-meditation.
心が雑念や邪気に惑わされると、私は坐禅を組む。

Sometimes it takes some sessions or just one time.
時には何回も回を行い或いは、一回のみの時もある。

Instead of using clock to measure time for a session,
I have been using incense sticks.
回の時間を計るのに時計より線香を代わりに使っている



When I lived in Japan,
I used to take zazen-meditation training in a temple once per year,
日本に住んでた頃、
 年に一回お寺での坐禅訓練を受けていた。

Which was annual event for none-religious trials or under-goers.
宗教に関係していない体験者や素人向けのイベントだった。

At the temple, they use incense sticks while we take the trainings.
お寺では、訓練中お線香を使う。

The flagrance of incense stick makes mind calm,
 -also brings special feeling that I am at a specific place.
線香の香りは心を落ち着かせ、
 私が特殊な場所にいるとの特別な気持ちをもたらしてくれる。

It also takes my mind to the space where I should be.
また、私がいるべき処の空間に連れていってくれる。

One day, I did zazen-meditation without offering incense stick,
 -found that something is lacking and had unrealistic feeling.
ある日、線香を上げずに坐禅をしたら、
 何かが欠けていて非現実的な気持ちを感じているのが分かった。
 
So, I bought some incense sticks at a store and tried.
だから店で線香を買い使ってみた。

But still it was different sense from the feeling that I had at the temple.
しかし、その感覚はお寺で感じたのとは異なった。

I couldn’t feel the specified sense that I had felt when I took the trainings.
訓練を受けていた時の特殊な感覚を感じられなかった。



One of my friends who is related with Souto-zen, suggested to try,
-using the incense sticks which used by monks.
曹洞宗に関わっている友人の一人が、お坊さんが使っている線香を
 使ってみるのはどうかと提案してくれた。

Figured out that it takes 70 minutes to flickered out,
-ever since I decided to use it as a timer for a session.
それ以来、回を計るタイマーとしてお線香を使うと決め、
 燃え切るまで70分かかると判明したのである。
 
Flagrance let us reminded memories in past and helps to stay in present.
香りは過去の記憶を思い出させ、現在に留まることを助けてくれる。

A scientist says the sensor of smelling in brain never sleep even we sleeping.
ある科学者は脳の臭覚感覚機能は私達が寝ている時でさえ決して寝ないという。

Whenever I discovered zazen-meditation is based on scientifically backed up,
-I become to wanting more and more…
坐禅が科学的に裏付けされていると発見する度に、
 私はもっともっと知りたいと欲してくるのだ...

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

癒すか癒されるか-Healing or be healed

2016年10月27日 07時55分34秒 | 心の癒し
心を癒すにはどうすればいいか?
=How do to heal the minds?

誰が心を癒してくれるのか?
=Who can give healing?

過去に苦しんだ記憶は、なぜ忘れないか?
=Suffered memory in the past, why can’t forget?

その記憶が常に鮮やかなのはなぜか?
=Why is the suffered memory always brilliant?

心理士は医者のように人の心を治癒できで、
=A psychologist can heal mental wounds like a doctor?

薬の処方箋をあげらるのか?
=The psychologist can give a medicine prescription?

世の中、
=In the world,

誰も苦しんだ記憶があるだろう。
=Everyone would have suffered memory.

心の苦しみに支配されない人は
=People who are not dominated by mental suffering,

悟った坊さんか、
= the person must be an enlightened monk,

精神異常者か精神患者さんだけだろう。
= a psychotic or a mental patient.

心が苦しみに満ちている人は
=A person whose mind has filled with suffering,

必死になってその苦しみを切り出そうとする。
= would try cutting out the pain desperately.

苦しみの記憶の力は莫大で
=The suffered memory power is enormous.

癌のように心を食い果たす。
= it eats up mind like cancer.

家族に死なされるのは、
=Lost, beloved family is,

自分の体の一部が切り落とされるような
=It would such like own’s body part is cut off,

言葉で言い表せない血まみれの苦しみだろう。
= it would be unsayable bloody suffering.

親からの差別的な偏愛も苦しみになる。
=Discriminative favoritism from parents also be painful.

虐待はした側はストレス解消の手段に過ぎないが、
=A bully does abuse to dissolve stress as a way,

虐待された側は身体への苦痛と精神の屈辱感で苦しみ、
= but the abused one receives physical pain and suffering humiliation,

またその記憶が無くなるまで苦しみ続ける。
= also the pain continues till the memory gone.

もし、ある人が自らの心の苦痛を癒せたと思うなら、
=If someone thinks that his or her minds are healed

記憶を遮断し、無感覚化した可能性もある。
= possibly, the one would have blocked the memory also insensate.

心理学での治癒方法は
=Healing method in psychology

多枝で分かれていて様々な癒し方がある。
= divided in multiple branches and have variety healing ways.

自分にピッタリと合う治療士に出会うには
=To encounter a therapist who fits snugly to one

くじに当たるような確率だろう。
= probably it would like a hit the lottery.

苦しむ人は完治を夢見てできる限りの試みをする。
=A suffered one dreaming to be cured and tris every trial if possible.

ある治癒士は絆創膏を渡し、痛みに充てる。
=A healer gives bandages to cover the pain.

ある治癒士は麻酔薬のような考え方を伝授し
=A healer gives lecture the concept,
=such like an anesthetic to make numb,

痛みを麻痺させる。
=paralyzed the pain.

しかし、どんなにあがいても、心は沈んでしまう。
=However, no matter how struggling, mind gets sinking.

心の苦しみは取り出し見せることができないから
=The mental suffering cannot be taken out to show,

科学的に証明することもできない。
= it cannot be scientifically proven.

果たして治癒方法は存在するのか?
=Surely enough, is there the way of cure, or for healing?

自力でできる一つの方法として
=As one way that can do by oneself,

坐禅を行い、湧き騒ぐ脳波を安定させる。
=Do zen-meditation, to stabilize disturbance brain wave.

坐禅は苦痛に効く最も効果的な処方箋かもしれない。
=Perhaps, zen-meditation is the most effective prescription can work for mental pain.



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

心の病と自然治癒-Mental disease and self-healing

2016年10月20日 09時10分56秒 | 心の癒し
体が病気になる仕組みと同じく、
-Likely a body becomes sick,

心も病気になる。
-also a mind becomes ill mechanically.

精神疾患は心理学と病理臨床検査の領域で、
-Mental illness definition differs in the region of

それぞれ定義が異なり、
-psychology and pathologic clinical examination,

臨床心理士は心理学は哲学であるという。
-clinical psychologists say that psychology is a philosophy.

数学を通さない、証明できない症状は、
-If it is not mathematical, if a case symptom is not proven,

診断できず、
-it can’t be diagnosed,

ただの原因不明、ストレス病、躁鬱など、
-they remain as just an unexplained, a stress disease, manic-depressive,

治療法も無いのが現実だ。
-there is no specific cure in presence.

心の病気とはどういう状態を指すのか。
-What is mental disease and how refer for the conditions.

生きる気力が弱まり、
-For instance, weaken energy to live,

するべきことができず、
-can’t do what should do,

生きることが辛くなる。
-being painful to live.

これらを測定するには、
-To measure those,

標準偏差から高低を測る必要があるが、
-it needs to measure its high-low graphic data from standard deviation but,

果たして基本という概念をどこに設定するのかが、
-actually, whether to set the concept of basic,

哲学と科学の分岐点になるのだ。
-it would be the branch point of philosophy and science.

20年か前にうつ病になって、
-I had depression about 20 years ago,

精神科の診療をうけた。
I took medical diagnose at a psychiatry.

健康保険が効く診察所でカウンセリングは行わないところであった。
-The clinic did not have a counselling but my health insurance worked.

2~3回か不快症状に対する質問があり、
-There were 2~3 of questionnaires about how discomforted,

薬を処方するから、いつ、何回飲むかを指示された。
-the psychiatrist prescribed medicine to take and instructed when, how much,

私に下されたのは、
-The left thing to me was,

ただの病名だけで、
-just a name of disease,

手には5ミリーのピンク色の薬だけだった。
-in my hand, I had only 5 mm size of pink color medicine.

その瞬間が私の人生の中で
-At the very moment in my life,

最も悲しい時であったのは今でも変わらない。
-it was the saddest moment that does not change even now.

心の病気は薬で治せない。
-Mental decease can’t be healed by taking medicine.

私はその抑うつの薬の副作用で二度苦しんだ。
-I was suffered twice again by the side effects of depression medicine.

体の傷が時間の経過により、
-A body wound gets through in the time passing,

自然に治るのと同じく、
-it heals the wound with its natural ways,

心の傷も時間が経つに連れて自然治癒に向かう。
-A mental damage also getting in the natural healing by time passing.

その過程で治療不可能な病が特定でき、
-In the process a mental disease can be identified whether untreatable,

自力で何とか改善できるものかが明らかになる。
-or be able to make sure that can get better somehow by their own.

その自力でできる自己治癒が、
-The way of self-healing that its own is,

坐禅であるのだ。
-the meditation, the zazen.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加