升井紘の“気まぐれ辛口”

布野を眺めた人たち!

喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」

2017年02月23日 00時00分31秒 | 日記

広島ブログ

大阪で国有地を不当に安売りしていたのではないかと、現地を調査した民進党辻本清美、玉木雄一郎の両議員ですが、この二人が予算委員会公聴会を無断欠席していたと公明党の赤羽一嘉議員(理事)が抗議しています。

国会にはルールがあるのですから、不正を糾す事が大切としても、いくら政権与党でないとしても、それを守らないのはいただけません。

一方こちらの方はルール違反ではありませんが・・・

喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」愛煙家・麻生氏発言
麻生太郎財務相は21日の衆院財務金融委員会で、喫煙者が減っていることについて触れるなかで、「肺がん(の患者数)は間違いなく増えた。たばこってそんな関係あんのって色んな人に聞くんです」と述べた。日本維新の会の丸山穂高衆院議員の質問に答えた。

この方の口の軽いことは前々から分かっていることではありますが、自民党の高村副総裁の意味不明(検討するかどうか検討する)発言や、萩生田光一官房副長官の短絡的な中国を持ち上げる発言があったばかりです。

雑談で語るにしても、元総理で現職大臣なのですから、まして委員会での発言としては、愛煙家の単なるジョークと受け止められないことでしょう。

 

 広島ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池百合子知事はお釈迦様?

2017年02月22日 00時01分01秒 | 日記

広島ブログ

晴天でしたが風は冷たく、春はまだやって来そうにありません。

新聞テレビは「天皇陛下の退位」「金正男暗殺」「トランプ旋風」が毎日の定番です。日米首脳会談で安倍総理支持率は66%と高い数値ですが、これから先どうなることやらと気を揉んでいます。

さて、次は・・・

          

東京は相変わらずの小池百合子独走態勢で、石原慎太郎元都知事は右往左往している様子、一方7月の都議会議員選挙に向けて、主義主張なんてかなぐり捨てて何とか当選したい有象無象の大騒ぎ、まるで芥川龍之介の「蜘蛛の糸」さながらです。

 7月の都議会議員選挙まで4か月余りとなる中、小池知事が発足させた地域政党「都民ファーストの会」は、これまでに12人を候補者として公認しています。この中には、自民党を離党した区議会議員や民進党に離党届を提出した元都議会議員などが含まれ、20日に自民党を離党した現職の2人の都議会議員も都民ファーストの会に合流し、今後、公認を受ける見通しです。

   

とまあ、お釈迦様の垂らした細い糸にぶら下がる「亡者の如く」です。

小池百合子知事はお釈迦様なのでしょうか?

そうだとすれば救われる人もいるでしょう。

 広島ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでスポークスマン?

2017年02月21日 00時01分01秒 | 日記

広島ブログ

新年度4月からNHKニュースのキャスターが入れ替わるそうです。同じ人が長く続けるのは余り感心したモノでなく、よい入れ替えだと思います

  ニュースウオッチ9      

 

   ニュース7ウィークディ    

 

   ニュース7土日祝       

 

高村氏の「敵基地攻撃能力導入」について、「検討を開始するかどうかという検討はしていい」とやる気があるのか無いのか・・・稚拙な言動と受け止められかねません。

そして昨日は安倍総理の腰巾着的ブレーンの短絡的な発言。

 

 

 萩生田光一官房副長官は19日のフジテレビ番組で、北朝鮮からの石炭輸入停止を発表した中国の対応を評価した。「愚かな行為は国際社会から孤立すると北朝鮮に知らしめないといけない。中国の決断は歓迎すべきだ」と述べた。中国は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に伴う措置としている。

安倍内閣のスポークスマンであれば、せめて「尖閣諸島海域への領海侵犯は許せないが」と前置きして「石炭輸入停止は評価できるものの、国連決議を遵守するのは当然だ」と切り捨てるくらいの度量は欲しいモノです。

 

 

 

 

 広島ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

検討するかどうか検討?

2017年02月20日 00時00分44秒 | 日記

広島ブログ

昨日の朝は屋根にうっすらと積雪がありましたが、その後晴れ間が広がり比較的暖かい天候だったようです。でもまだ2月半ばですからまだまだ寒い日が訪れるのでしょう。

テレビでは金正男しが暗殺された事件の一部始終を放映しています。事件が起きた空港に設置されている防犯カメラの映像でした。相次ぐ北朝鮮の挑発的行動に関して、自民党の高村副総裁がこんなことを言っています。

 

自民党の高村正彦副総裁は19日のNHK番組で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応を巡り、ミサイル攻撃を未然に防ぐための敵基地攻撃能力導入について「具体的な検討を開始するかどうかという検討はしていい」と述べた。一方、公明党の山口那津男代表は「具体的に検討する計画はない。米国の攻撃能力と日本のミサイル防衛システムの役割分担による連携が重要だ」と慎重な姿勢を示した。

戦争や暴力は絶対に許せないと思いながらも、先日の辛口ブログに「ゴルゴ13」や「刺客」が元凶を絶ってくれれば、と書き込みました。高村氏は「敵基地攻撃能力導入」検討はしても良いと言うのですが・・・

「検討を開始するかどうかという検討はしていい」← やる気はあるのでしょうか?

核による抑止力を唱える核保有国の論理の踏襲に見え、悩ましいところです。

 

 広島ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本国施政が及んでいない

2017年02月19日 00時00分47秒 | 日記

広島ブログ

相変わらずの腰痛リハビリに通院している「辛口」です。回復には長丁場、トホホです。

「同盟国として信頼するに足りる」と安倍総理は日米首脳会談の成果を語りました。その一つには「日本の施政が及んでいる尖閣諸島について、日米安保の対象になる」という言葉を確認したことが大きなファクターだと思います。

一方島根県沖の「竹島」に関してこんな記事を見かけました。

 

韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)をめぐり、島根県は17日、明治30(1897)年ごろに行われていたアシカ猟の状況を具体的に示す資料が見つかったと発表した。猟に従事していた人物の親族が、昭和52年に書き残していた。竹島の領土編入を明治38(1905)年に政府が閣議決定する前から、周辺で狩猟や漁業が営まれていたことが編入につながったとされ、県は「日本が領有権を確立する過程を説明するための貴重な補強材料」と評価している。

日本が主張している「韓国の不法占拠」ですが、尖閣諸島でアメリカが判断したように「施政が及んでいる」ことについて、現実には韓国の「施政が及んでいる」のが実情ですから、日本にとっては苦しいところです。

そもそも、アシカ漁などで恒常的に竹島を基地としていたという記録なのでしょうが、日本の領土と確認したとき、竹島にその痕跡を残さなかったこと が大きな失策だろうと思います。

言い切る事は出来ないのかも知れませんが、日本の施政が及んでいないことから、韓国と領有を争っても現状では日本に有利な展開は望めないような気がします。

 

 

 広島ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加