ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



次元上昇をしたいのなら、すでに結論に至っているはずですが、

分かち合い(シェアリング)が幸福でバランスの取れた社会を維持するための最善の方法です。

分かち合い(シェアリング)は、すべての人に対する善を求める行き方であり、

個人のためのものではありません。

 

親愛なる皆さん。あなた方は、二元性の経験を通じて非常に多くのことを学び、

人格的な強さは、あなた方を将来にもうまく対処できるようにさせます。

実際、いったんある高い意識レベルに達すると、生涯をどのように過ごすか、などと考える必要はなくなります。

あなた方は、すべてが一つであり、それにしたがって行動するようになる偉大な理解に達するでしょう。

 

この理解は、ゆっくりと人々に受け入れられるようになるものであり、

その結果、すべての人たちの苦境と幸福についてより関心が高くなります。

自分自身を他人の中にみるようになるので、疑いも無く、あなた方は一緒になり、

結びつき合う様になります。

仲間のためのエネルギーが愛の中から作り出され、以前はあなた方を分離していた障壁は消滅します。

 

私たち、銀河連邦は、助けることはできませんが、あなた方の粘り強さと、

自身の尊厳を取り戻すために希望する変化をもたらすために

今年の残りの月々を乗り切る決心を賞賛します。

その実行においては、あなた方が行う、光の回復を意図するすべてのことに対して私たちの支援が得られます。

 

私たちは、すべての人たちがルールに従うようにさせるレフェリーのようなものであり、

それが、光の者を保護するために介入する理由です。

このルールは、二元性に関する限り特別なものであり、宇宙法を含みます。

他の宇宙の存在たちのあなた方や母なる地球への接触を禁じるのは、後者の宇宙法であり、

私たちは法を執行します。

 

くり返しますが、グレイの場合にはそうでしたが、実際に地球に招かれるような例外もあります。

あなた方の歴史を振り返って見てください。必ずしも書き物として残ってはいませんが、

私たちがあなた方に関心を持っていた証拠がたくさんあります。

私たちはそれゆえに、あなた方にとってこのような大切な時期にあなた方に接近することは

当然であると言いたいのです。

 

結局、子孫に関する限りすべてのファミリーがそうであるように、

私たちは常にあなた方の進歩を追求してきました。

大多数の人たちは銀河連合の種々のメンバーのファミリーで、

主としてシリウスとプレアデスに関係しています。

通常は、あなた方の内、地球外生命体である者は、重い地球の振動の下では、

地球の暮らしに定着することが非常に困難であることがわかり、心の底ではそれを知っています。

 

ヨーロッパは、ユーロの救済に奮闘していますが、私たちの見るところでは、少しはあるにしても、

ほとんど救済の可能性はありません。

ドルは弱く、通貨の安全性を確保するためにある国によって放出されています。

したがって金融的には、世界が結果を見守っています。

 

これらすべては、銀行グループにとって受け入れ可能で必要な変化をもたらすために計算し尽されています。

全地域はぼろ儲けの系列が座礁して停止したことを受け入れざるを得ない

わずかな者たちによってあやつらされていました。

あなた方は、通貨が真の価値を持つ真の商品である環境に暮らす経験にはいろうとしています。

あなた方は又、暮らしの豊穣さと喜びを、現在抱いている心配やストレス無しに得つつあります。

これらによってあなた方に次元上昇を通過させ、通貨が使用されない時のためのパターンを設定するでしょう。

 

私はシリウスのサ・ルー・サ、多くのことが起こりつつある時に、支援が非常に必要なので、

私の考え方をあなた方と分かち合えることを幸福に感じます。

ゴールが視野に入っているので、前進を続け、可能な限りあなた方の光を広げることによって

変化を終わらせる支援をしてほしいと、私は言いたいのです。

 

あなた方がいるところすべてで、自身を偉大な光のビーコンであると想像し、

それを視覚化して、周囲の人たちに触れてください。

それによって真に大きい差が現れ、数百万の人たちが同じことをすると想像すれば、

それは強力な光源となって、人々の上昇を促進するでしょう。

 

結局、あなた方は光の存在であり、それは光を他人に分け与えるよりも自然なことであり、

非常に多くの人たちが益を得られる条件を作り出すヒーリングをなし得るのです。

ありがとう、サ・ルー・サ(マイク・クエンシー)

SaLuSa 01-February-2012

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 【投稿記事】... 【投稿記事】... »