ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



私たちにとってディスクロージャーは重要なイベントですが、それに続く進展はさらに重要な意味を持つことになります。闇の勢力があらゆる手立てを用いて公式発表を妨害しようとするのは、それが彼らの隠された策動の終りを意味するからです。それは同時に、私たちと皆さんとの密接な交流の開始となり、私たちは光の兄弟として地上で合流を果たすことになるのです。そのために私たちは、地球上の同盟者にできるだけ早くディスクロージャーを開始するように要請し、もし必要なら自分たち自身でそれを実現するつもりでいます。私たちは長い期間にわたって、創造主の定めたデッドラインをお伝えしてきました。もはやその日時がおぼろげに見え始めた現在、いかなる「遅れ」も長く続くことはありえません。

アセンションは長い期間にわたって起きているイベントですから、皆さんはもうそれに備えているはずです。さらに、私たちがいったん公式に皆さんと交流し始めれば、その詳細をはっきりとお知らせできるようになります。その点では、アセンションを選択している皆さんは、これまでに伝えられたアドバイスに従って努力を続けてきたと思います。その人々は、すでに自分の進む道を見出していて、多くの人々がすでに光の中を歩む生活をすごしています。終末の時代がどのように進展するかについては、さまざまな考え方がありますが、この旅がどこへ皆さんを導くかはみなさん自身の選択によるということが受け入れられています。心に留めておいてください。2012年12月21日が大きな上昇(メジャー・アップリフトメント)の期日となります。それは、別のサイクルの体験の開始にすぎませんが、皆さんの文明はその日以降は二元性を離れて、再び低いバイブレーションに転生を続けることがなくなるのです。

皆さんは、これまでの地球の思い出を忘れ難いかもしれませんが、これから皆さんの大部分が地球と共にアセンドして高次元の美と調和を楽しむことになるのを忘れないでください。皆さんは現在の地球を離れたことを後悔することはなく、アセンションの旅を分かち合う機会を得たことを感謝するでしょう。皆さんはニセモノの生活から「本当の人生はこうあるべきだ」という創造主の表現に移行することになるのです。二元性は皆さんの望みどおりの体験を提供してきました。その中で皆さんは完全に自由意志を尊重されてきたのです。そして、これから皆さんは創造主の法則が実現する天界へと踏み出して、創造のパワーが皆さんのものになります。その時から皆さんは、いかなる制約も受けない宇宙存在に生まれ変わることになるのです。宇宙存在になった後も、宇宙法則を守ることが求められますが、高いレベルの達成と理解に到達した皆さんはその法則に反する行動を行うことはありえないのです。

暗い闇の底で生きてきて権利を侵害されてきた皆さんが、(世界破滅の)陰謀を押しつける者たちに立ち向かうことが期待されていました。多くの皆さんが今、光に向き直って弾圧者から自由を取り戻そうと立ち上がっている事態の中で、私たち光の兄弟が皆さんの生活の中に姿を現すことが許されるようになりました。皆さんへの援助を急速に強めていくに伴って、意識レベルの上昇が新しい高さに高まりつつあります。その効果が皆さんの仲間たちを目覚めさせて、その運動が自然な結末に向かうことを誰も止めることができないほどの力で動きが進んでいます。それはもちろん、皆さんが長い期間をかけて取り組んできた目標であり、私たちが実在を示すことによって、皆さんの完成が保証されることになるのです。

現在の皆さんの生活は、これから永遠に続く多くの生活形態の中の1つにすぎないと知るにつれて、それが意識の成長の上で必要な経験をするためのものだったことに皆さんは気づくでしょう。やがて皆さんの生活は次第に拡大して惑星全体を包含するようになります。そして皆さんの中には惑星的理性を体験する道を選ぶ人々も現れます。そうすることで皆さんは母なる地球の上に存在する偉大な存在としての自己に目覚めて、さらに意識の成長を続けることでしょう。それが皆さんが共にアセンドしている理由であり、そのことはまさに驚くべき事実なのです。さらにそれは、母なる地球が人類への愛から行なってきたことを皆さんに知って欲しいという願いの表れでもあります。母なる地球は皆さんの愛を感じ、祈りを受信しています。そして惑星の浄化を進めながら、皆さんの願いを確かめているのです。

皆さんが自分自身についての真実と地球に生まれてきた目的を知れば知るほど、現在起きている変化を受け入れるのが容易になるでしょう。私たちはこう申し上げたいと思います。たとえ今どのように見えようと、すべてが良い方向に向かっていることを確信して流れに乗って進んでください。アセンションまでほとんど時間が残されてはいないことだけを考えて、それに参加することがどれほどわくわくする体験となるか楽しみにしていてください。皆さんはそのためにこの特別な時代に生まれてきたのです。そして、皆さんはこれからどのような体験に参加するかも十分にわかって生まれてきたのです。この数年間に皆さんの間に生まれた賢明なソウルのことをもう一度考えてみてください。彼らはこれから続く上昇を確かにするために必要とされる高いレベルの意識をもたらしたのです。彼らはインディゴ・チルドレン、スターシード、などの名前で呼ばれ、特別な存在と見なされています。彼らは自分たちの存在が必要とされる時代に皆さんに奉仕して、高次元のやすらぎと調和を地球にもたらすことを使命として生まれてきたのです。

すべての人々に自分の兄弟・姉妹として接して、できる限り気安く愛を手渡してください。皆さんがそうできれば、それが彼らの上昇を助けて、すべてのソウルたちが愛のバイブレーションで皆さんに応えてくれます。皆さんがそうできれば、皆さんは真のキリスト意識レベルに到達して未来への有益な貢献ができるのです。ただ自分の最善を尽せばそれだけで十分です。愛のレベルに到達しないうちは、自分を攻撃するソウルを相手にしないようにしてください。皆さんが高次元に移行するにつれて、事態は楽になっていきます。そして、次第に皆さんは高次元の存在と共にいる場所を見出していきます。

私たちがもたらす真相の公開と共に(これまで隠されてきた)真実が明らかにされていきます。皆さんは、いかにミスリード(だまされて誘導)されてきたかを知って驚くでしょう。皆さんは長期間にわたってマインドコントロールを受けてきましたから、これから公開される真相の多くは信じがたく、受け入れがたいと感じるかもしれません。でも、できる限りの真実を受け入れてください。適時に至れば、皆さんの心のわだかまりが溶けてすべてがはっきりと理解されるでしょう。公開される真相の多くは納得のいく内容で、これまで皆さんをコントロールしておくために巧妙に「謎」として残されてきたものです。闇の勢力が最も避けたいことは、人類の皆さんが(彼らへの依存から離れて)独立することなのです。[注]

私はシリウスのサ・ルー・サ、皆さんを知れば知るほど、二元性の中の大きな人生の浮き沈みによって鍛えられた皆さんの快活さに脱帽する思いにかられます。地球外の文明が皆さんを尊敬して、その体験から学ぼうとするのも当然です。皆さんはこれからアセンションを通して、高次元のやすらぎと喜びを体験することになります。皆さんの二元性の苦しみや悲しみの体験のすべては他のソウルへの援助に役立つでしょう。美しいソウルの皆さんへの敬意と愛をこめて・・

ありがとう、サ・ルー・サ(マイク・クエンシー)

SaLuSa 31 October, 2011

注:

「闇の勢力が最も避けたいことは、人類の皆さんが(彼らへの依存から離れて)独立することなのです。」この簡潔な言葉の中に、敗戦後の日本に仕掛けられた壮大な陰謀を読み解くカギが秘められている。

闇の勢力は、米ソ冷戦体制の中でアメリカの核兵器と軍事基地に依存せざるをえない状況を作り出す一方でマイカーと家電製品を普及して、「石油依存」「原発依存」状況によって利益を貪りながら、病気や事故で人口を削減し、新聞やテレビに情報を依存する社会を作り出して日本国民へのマインドコントロールを徹底してきた。そして彼らがこれまでかぶってきた「民主主義」のマスクをはずして、問答無用のテロリストの正体を暴露したイベントが人工地震と津波兵器の行使であった。

茹で蛙太らせて食え戦略が日本敗戦後の「連合軍」(アメリカ1国ではない!)の日本占領政策であったことが、3・11以降に激化する政治混乱で明らかになりつつあるのである。

にほんブログ村 トラコミュ 宇宙からのメッセージへ宇宙からのメッセージ




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 【転載】さま... 【緊急!拡散... »
 
コメント
 
 
 
今回は (mira)
2011-11-03 19:24:41
前回のメッセージよりいいですね。一歩前進、二歩後退のアセンション・スケジュールが、より確定してきそうな感じです。でも、何かその証が欲しいですね。
 
 
 
いかが (ですか)
2011-11-03 22:35:02
私たちにとってディスクロージャーは重要なイベントですが、それに続く進展はさらに重要な意味を持つことになります。闇の勢力があらゆる手立てを用いて公式発表を妨害しようとするのは、それが彼らの隠された策動の終りを意味するからです。それは同時に、私たちと皆さんの密接な交流に開始となり、

交流の開始となり、
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。