ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『おおかみこどもの雨と雪』

2012-06-28 22:01:44 | 新作映画

----この映画のって、
『時をかける少女』『サマーウォーズ』で人気の細田守監督作品だよね。
タイトルが分かりにくいんだけど…。
「そうだね。
でも、よくキービジュアルを見てごらん。
ほら、ふたりの子どもの耳…」

----あっ。
「ね。彼らは
人間とオオカミの間に生まれた子ども。
その名前が“雨”と“雪”ってわけ。
このお父さんにあたる狼男(大沢たかお)は、
映画が始まって、早々に命を落としてしまう。
で、映画は、残された人間の“花”(宮あおい)が
ふたりの子どもを大自然の中で
どのように育てていくかが中心となってくる。
ぼくは、この映画のテーマ、
それは“育”ではないかと思いながら
ずっと観ていた」

----“育”?
「そう。
命あるものは、みな育っていくことによって
生の営みを続けていく。
それは、狼だろうと人間だろうと、そして動物ばかりではなく植物でも同じ。
この映画には、田舎に移り住んだ“花”が
自分たちが食する野菜を育てる…など、
この“育”がさまざまな形で姿を覗かせている。
そして、子どもたちを育てることが、
また、“花”自身が大きく育っていくことでもあるんだ。
“命”だの“生”だのにテーマを持ってくる作品は多いけど、
この“育”に持ってきたところが野心的」

----そう言えば、
プレスにもお花の絵が多い気が…。
「植物の方の<花>ね。
この植物の<花>は、冒頭のお花畑に始まり、
大きな比重を占めて登場する。
たとえば、狼男が亡くなった後、
毎日、その写真の前に<花>が瓶に活けられている…。
田舎に移り住むまでは、
若者ふたりの秘かに育む恋愛という感じで、
まったく違う映画を見ているようだった。
かなり、甘酸っぱいシーンもあるし…。
映画がそのトーンを変えるのは、田舎に移り住んでから…。
子ども時代の“雨”と“雪”がエピソードの多くを占めることもあり、
やんちゃで楽しいシーンが続く」

----でも、いずれ子どもたちも
そのアイデンティティに悩んじゃうよね。
「そういうことだね。
彼らは、人間として生きるのか、それとも狼として生きるのか?
いずれ決断のときはやってくる。
そしてそれは巣立ちのときでもある。
花が育てることから、自分で育つことへ--。
映画はそのクライマックスを
あの『台風クラブ』をも思わせる豪雨の日に持ってくる。
一人またひとりと帰って、自分と草平という男の子だけが残った教室。
“雪”はここで彼に対し、ある<禁断>の行為に出る。
あっ、変な意味じゃないからね。
ここにおける映像は、もう、アニメ史上に残る屈指のシーン。
誰もが息を飲むだろうね。
一方、同時刻、“雨”はある決意の元に森の奥深く入っていく。
それを追う“花”の前に姿を現すのは…!?
ここもまた巧い。
大自然で“育”っているのは人間だけではないこと、
そして、そこにも家族と愛があることを
肌打つ冷たい雨によって、
その下に流れる血の暖かさを見る者に伝えてくれる」

----いよいよ楽しみだ。
音楽もよさそうだね
高木正勝だね。
最初の方で、映画の主旋律が流れてきただけで
涙腺が緩んできた。
世界的な注目を集めている彼だけど、
こういう新しい才能が映画に流れてくるのはとても嬉しいね。
エンドロールの歌も、
よくあるタイアップ曲というのではなく、
歌詞が映画の内容をきちんと押さえている。
監督の細田守自身が作詞しているんだから
当然といえば当然なんだけどね」




                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「日本のアニメーターは、ほんとスゴイのニャ」身を乗り出す

※いまwikiを観たら、なんと細田守監督は『台風クラブ』を名作と評価しているとか。納得だ度…

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ローマ法王の休日』 | トップ | 『そして友よ、静かに死ね』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2012-07-13 13:54:22
親にしてみれば子供はいくつになっても子供なんですが、
狼って、10歳そこらでもう十分「大人」なんですね・・・
どちらを選択するのかで悩む子供たちを
ホントに大きな愛で包み込んで育てていた
花は、正直決して肝っ玉母さんとかいうタイプではないんだけど
かよわくもありながら、何が来ても「笑ってる」
その強さに感動しました・・・。

細田さんの映画って笑いと切なさと爽やかさが同居しててやっぱ好きです☆
■Agehaさん (えい)
2012-07-15 22:46:41
「お母さん」という言葉で思いました。
あの最後の別れ。
つらいなあ。
でも、そこまできっちり育て上げる。
これは「育」がテーマだと改めて思いました。
子供よりも
一緒に行ったお母さんの心を打つのではないでしょうか?
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-07-21 19:41:15
確かに「育」をテーマにした映画でしたね。
雪ちゃんも雨クンも成長し、花も成長する。
一つの家族が成長していく姿に温かい涙が止まりませんでしたよ。
こんばんは (ノラネコ)
2012-07-25 23:12:25
これは頭をぶん殴られた様な衝撃。
私は自分がアニメ制作に携わっている事もあって、アニメの利点と共に、どうしても実写にかなわない限界も感じていました。
しかし、本作はそんな壁を軽々と超えてしまった。
アニメと言う表現手段で作られた人間ドラマで、絶対に実写では作れないし、作ったとしてもこれを超えることができないと確信したのは初めてです。
私的には日本アニメ史上のエポックとなった作品でした。
■にゃむばななさん (えい)
2012-07-27 19:36:27
このテーマを
アニメが語れるようになった。
これは時代でしょうね。
また、その語り口の丁寧さにも
改めて敬意を表します。
■ノラネコさん (えい)
2012-07-27 19:38:51
こんにちは。
大絶賛ですね。
個人的には少し長く感じ、
後半は
う~んという感じもしたのですが、
それでもこれだけのテーマと大河性が
アニメの中に現われたことには驚きを禁じ得ません。
幸い、大ヒットしているようで、
アニメ=ジブリじゃなくても勝負できることを示してくれた嬉しい映画でした。
 (とらねこ)
2012-08-21 14:03:35
ご無沙汰しております。
ネタバレコメント失礼します。
以下、ネタバレ
私このラストの「子離れ」の部分が、「母親業」をした多くの人に、問題を投げかけるのではないか、と思いました。
そして中には、この作品が言いたいことが伝わらない人も居るのではないかと・・。
えいさんはどう感じられましたでしょうか。
■とらねこさん (えい)
2012-08-25 00:47:13
こんばんは。
いまごろ、機中ですね。
楽しいご旅行を…。

さて、ご質問の件です。
ぼくは、もちろん「母親業」体験していません(笑)。
ですから、「子離れ」の辛さ、寂しさは実感できません。
というわけで、
感じたままに書きますね。

そのシーンについてのご指摘を受けて、
なぜ、クライマックスで
花が雨ばかりを追っていったのかが
少し分かった気がしました。
観たときは、
雪のことを気にかけていない花が不思議だったのですが、
いい悪いは別にして
母親にとって男の子というのは特別な存在なのでしょう。
女の子にとっては残酷なこの事実を
映画はきちんと見つめて描いていたのだと、
いまはそう思います。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
お母さん必見の映画かも・・・~「おおかみこどもの雨と雪」~ (ペパーミントの魔術師)
高槻アレックスシネマにて、試写会鑑賞。7月12日 細田作品となるといやがおうでも期待しちゃいますね。 実際むっちゃ満足でした☆・・・と、先に書いときます 19歳でオオカミ男と恋に落ち、子供を授かるも彼は急死。 生まれたこどもがオオカミと人間のハーフであるが...
おおかみこどもの雨と雪 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】狼と人間のハーフの子供を育てるけどな
劇場鑑賞「おおかみこどもの雨と雪」 (日々“是”精進! ver.F)
母は、強し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207210002/ おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-2...
『おおかみこどもの雨と雪』 (こねたみっくす)
これは入道雲が見守り続けた花と雪と雨と彼の家族の物語。 一夏の出来事を描いた『時をかける少女』や『サマーウォーズ』のような勢いはなくとも、13年に及ぶとある家族の成長を四 ...
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「おおかみこどもの雨と雪」観に行ってきました。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの作品を手掛けてきた細田守監督の新作アニメーション。 映画の基本的な進行は、後日の成長したと思しき雪のモノローグをはさみながら、物語の前半は映画のタイトルにもな...
親としての信念は?『おおかみこどもの雨と雪』 (水曜日のシネマ日記)
おおかみおとこと恋をした女性とその子供たちの物語です。
『おおかみこどもの雨と雪』 ことはそう単純ではない (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  一見すると、『おおかみこどもの雨と雪』は細田守監督の前作『サマーウォーズ』(2009年)の延長のようだ。  だが、ことはそう単純ではない。  『おおかみこどもの雨と雪』は、大...
「おおかみこどもの雨と雪」1人で問題を抱えた先に辿り着いた温かい助け合いの心と運命の出会いによるそれぞれの生きる道 #ookamiko... (オールマイティにコメンテート)
「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作品で、大学に通う女子学生が知り合ったおおかみおとこと恋に落ちて2人の子供が生まれるが ...
「おおかみこどもの雨と雪」1人で問題を抱えた先に辿り着いた温かい助け合いの心と運命の出会いによるそれぞれの生きる道 (オールマイティにコメンテート)
「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作品で、大学に通う女子学生が知り合ったおおかみおとこと恋に落ちて2人の子供が生まれるが ...
「おおかみこどもの雨と雪」 -映画- (読書日和)
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学...
[映画『おおかみこどもの雨と雪』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凛とし、毅然ともしている一人の女性が、二人の「おおかみこども」を両腕に抱いているポスターが印象的な、期待の作品だった。  テーマとしては、突き詰めると「シングルマザー」の物語なのだと思っていた。  そして、どのような経緯かは知らないが、かようなオリジ...
おおかみこどもの雨と雪<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <東宝試写室> 監督:細田守 原作:細田守 脚本:細田守、奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 私が好きになったひとは “おおかみおとこ”でした。 良かった。 「おおかみおとこ」の子供を産んで育てる話、とだけ知っ...
おおかみこどもの雨と雪 (だらだら無気力ブログ!)
期待を裏切らないイイ作品だった。
「おおかみこどもの雨と雪」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/制作:スタジオ地図配給:東宝 監督:細田守 原作:細田守 脚本:奥寺佐渡子、細田守 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 美術監督:大野広司エグゼクティブプロデューサー
映画「おおかみこどもの雨と雪」 (FREE TIME)
注目の映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞しました。
「おおかみこどもの雨と雪」 (大吉!)
<日曜日> (7月27日・ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・12時15分から) 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけられ...
「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと (はらやんの映画徒然草)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。 細田監督の「時を
細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。細田守監督・長編最新作『おおかみこどもの雨と雪』脚本は奥寺佐渡子。キャラクターデザインは貞本義行。花の声を宮崎あおい、“おおかみおとこ”の声を大沢たかお。ほかに菅原文太、
「おおかみこどもの雨と雪」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作は、狼男と恋に落ちた女性と、その間に生まれたおおかみこどもとの13年間を描く、ハートフルファンタジー。
映画 『おおかみこどもの雨と雪』 (アニメって本当に面白いですね。)
おおかみこどもの雨と雪   お勧め度:お勧め   [大人向けファミリー映画]   7月21日(土)全国ロードショー   監督 : 細田守   脚本 : 奥寺佐渡子   キャラデザ : 貞本 ...
「おおかみこどもの雨と雪」 (大吉!)
<日曜日> (7月27日・ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・12時15分から) 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけられ...
映画『おおかみこどもの雨と雪』 (trivialities )
【8月4日特記】 映画『おおかみこどもの雨と雪』を観てきた。 『時をかける少女』は見逃したものの、細田守監督には『サマーウォーズ』で一発KOを食らってしまった。でも、この作品は正直言って最初はあまり観
『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ (Healing )
おおかみこどもの雨と雪 ★★★★★ 親がイチバン難しいのは 子どもから離れることだ 子育てと、子離れ。 子どもが自分の生きる道を見つけ、 信じられる人、信じられる世界を見つけていくお話。 それを親が見守る、見送るお話。 細田守監督の『サマーウォーズ』も『時をか...
おおかみこどもの雨と雪(2012-110) (単館系)
おおかみこどもの雨と雪 MOVIXさいたま 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、 やがて雪と雨という姉弟が誕生する。 彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとし...
もののけ姫 と けものの姫●おおかみこどもの雨と雪 (Prism Viewpoints)
私は、この子たちと生きていく。   (公式キャッチコピー) 『おおかみこどもの雨と雪』 監督 細田守 原作 細田守 脚本 細田守    奥寺佐渡子 出演 宮崎あおい    大沢たかお    
おおかみこどもの雨と雪 (銀幕大帝α)
私は、この子たちと生きていく。 -感想- 感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。 なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだ...
おおかみこどもの雨と雪 (いやいやえん)
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供たちがそ...
【映画】おおかみこどもの雨と雪(の記事を比較的内容濃いめにやっつけた) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ひとつ前の記事で、2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の年だ…と書きましたが、もうひとつ。 今年は、手塚治虫先生が何故か「鉄腕アトム」を違う名前でリブートさせた「ジェッター・マルス」の生まれた年でもあります(※オープニング曲による情報)。 ロボッ...
「おおかみこどもの雨と雪」 (或る日の出来事)
元気でしっかり生きて。元気でいて。