ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『デスノート・前編』

2006-06-03 01:13:23 | 新作映画
----この映画、前後編に分けて公開だって?
珍しくニャい?
「うん。この方式、昔は日本映画にもけっこうあったけど、
最近では見かけなくなったね」

----原作がコミックで11巻だっけ。
長いからかなあ…。
「そう。これは『ダ・ヴィンチ・コード』と同じだね。
謎解きや推理をバッサリと切り捨てている。
おそらく、それを一つひとつやり始めると収拾がつかず、
到底この時間内では収まらないと言うことだろうね。
ただ、『ダ・ヴィンチ・コード』に比べて潔い。
原作のエピソードを割愛しつつ、
そこにまったく新しいエピソードを織り込んでいるんだ」

----えっ、なぜそんなことを?
「テレビ局に機動隊が押し寄せるシーンとか、
<画>が作りにくいものは、まず最初に切られていた。
予算とかの問題もあるんだろうね。
FBI捜査官レイが無念の死を遂げる山手線は地下鉄に変えられ、
福岡で撮影を行っている。
そう言えば、ノートを隠す机の仕掛けもなかった」

----ちょ、ちょっと待ってよ。
この物語を知らない人もいるんだし、
簡単にストーリー説明した方がよくない?
「あっ、そうか。
じゃあ簡単に。
退屈な死神が人間界に落としたノート。
それは、その人の顔を思い浮かべ名前を書き込めば
書かれた人は必ず死ぬと言うノート。
それを手に入れたのは、刑事を父に持つエリート大学生の夜神月(ライト)。
彼は、理想の世界を作ろうと、
次々と犯罪者を始末して行く。
この事件を捜査するべくインターポールは
数々の事件を解決してきた天才『L』を日本の警察庁に送り込む。
原作はこのLがライトを追いつめていくさまが
コミックとは思えない緊張感で描かれてゆく。
しかし、正直言って映画版には殺人計画の緻密さはなく、
またスケール感も乏しかった。
でも、そこはベテラン金子修介監督。
これをそのまま映画化するのは日本映画の枠では難しいことは、
あらかじめ織り込み済みだったと思う。
そこで、まったく新たなエピソードで
映画オリジナルの展開を考えたのだと思う」

----でも設定が大きく変わっているわけじゃないんでしょ?
「うん。原作サイドは『デスノートのルールだけは変えないでください』と
お願いしてあったみたい。
それさえ守れば、むしろあとは原作とは変わってほしい…と」

----いちばん変わったのはどこ?
「新キャラとしてライトのガールフレンド、詩織(香椎由宇)を入れたこと。
それと南空ナオミ(瀬戸朝香)の設定かな」

----そうか、ライトには特定のガールフレンドはいなかったよね?
「ライトは藤原竜也が演じているんだけど、
どうしても彼がやると甘くなってしまう。
詩織の設定は、藤原竜也のキャラを生かす上でも
あっていたとは思うよ」

----カンヌではLの松山ケンイチが評判になったよね」
「彼はカメレオン俳優だね。
『不良少年(ヤンキー)の夢』『NANAーナナー』『男たちの大和 YAMATO』
すべて違う役柄でありながらも、いずれも強いインパクトを与える。
その中でもこれは決定打になるんじゃないかな」

-----前編はどこで終わるの?
「それは言えないよ(笑)。
ただ、『えっ、もう終わったの?』と思ったのは確か。
126分があっという間だから、
オモシロくなかったわけではない。
あっ、あとリューク(死神)の声はちょっとしたサプライズ。
印刷物にはどこにも載っていなくて、
エンドクレジットで初めて分かる仕組みだよ」


                   (byえいwithフォーン)

1999年の夏休み SVWB-50081999年の夏休み SVWB-5008
※金子修介監督と言えばこの作品。もはやカルトです。

毎日が夏休み デラックス版 PIBD-1021毎日が夏休み デラックス版 PIBD-1021
※こちらもなかなかキュート。金子修介監督によるコミックの映画化。

※書かれたくない度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (81)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『神の左手 悪魔の右手」 | トップ | 『LOFT ロフト』 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日試写会でした (kazahana)
2006-06-06 10:03:53
こんにちは、TBさせて頂きました。

昨日試写会で観たのですが、原作を読んでいないので、違和感は感じませんでした。



死神はもっと「絵」じゃなくてリアリティを追求して欲しかったです。
■kazahanaさん (えい)
2006-06-06 21:55:07
こんばんは。



そうですね。

映画と原作は全く別もの。

そう割り切らなくてはいけないのに、

先にコミックを読んでしまったために、

言わずもがなのことを言ってしまっている(←自分)。



あの「死神」は原作そっくりでした。

あっ、また原作を引き合いに出してしまった(汗)。
途中 (ノラネコ)
2006-06-19 00:52:17
とりあえず手堅く纏めたという印象でした。

思ったほど悪くは無いけど、素晴しくも無いという感じでしょうか。

見事に途中で終わっているので、最終的な評価は秋の後編を待ってからという事でしょうね。
■ノラネコさん (えい)
2006-06-19 01:06:12
こんばんは。



映画そのものには不満を持ちながらも、

あのラストは意外と気にいっています。

どうしても次が観たくなってしまう。

それは言い換えれば「えっ、ここで終わるの?」

と、いう不満足感からでもあるのですが(笑)。
最強の原作 (starless)
2006-06-20 21:27:58
こんばんは。



>『デスノートのルールだけは変えないでください』



まさにココがポイントですよね。

「デスノート」システムがある限り基本的な面白さは保証されているわけで、こう言っては失礼だけれども、コミックにある程度沿って作れば、自動的にある程度面白い映画になってしまう。

今回の映画化の一番の功労者は、映画化権を取得した日本テレビかも知れませんね。
■starlessさん (えい)
2006-06-20 23:26:40
こんばんは。



そうでした。

「デスノート」のルールさえ守れば

それでオモシロさは保証されるわけですから、

この際、原作に縛られず、

のびのびと作った方がいいかもしれませんね。



次回はどんな展開が待っているんだろう?

ニアたちの話は出ないんだろうなあ。
TBさせていただきました~ (rikocchin)
2006-07-13 00:13:19
リュークの声については凄く気になったのでいろいろ調べたのですが、載っていませんでしたね~

「隣人13号」の出演者と言うことはどこかの情報で知ったのですが、エンドロールでクレジットされていたとは気が付きませんでした・・・

この映画、結構評判良かったですし、興行ランキングもまだ上位ですけれど、私途中でたまらなく眠くなったのはどうしてだろう・・

ラストは確かに続編を観たくなる終わり方でしたね。
■rikocchinさん (えい)
2006-07-13 23:54:48
こんばんは。



リュークの声の人、

一躍時の人になってしまいましたね。

テレビ番組を降板したとか……。

まさかこちらにまでは

影響ないとは思いますが。
大好き!! (CANDY)
2008-07-31 16:00:46
私、めっさデスノ好きなんです♡特にLww
デスノートって13巻までじゃなかったでしたっけ??間違えたかも・・・
 あの、関係ないんですけど、わたしのブログにもきてください!!!!!><ここデス↓
         http://ameblo.jp/candy-cyatto/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

81 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画vol.65『デスノート』*試写会 (Cold in Summer)
『デスノート』(2006年公開)*試写会 DEATH NOTE (1) 監督: 出演:藤原竜也 瀬戸朝香 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 06.06.05 福岡市営地下鉄で撮影されたとの事で、注目の作品です。 「ノートに名前 ...
映画「DEATH NOTE デスノート」前編 (いもロックフェスティバル)
映画『DEATH NOTE』の試写会に行った。 ものすごく興味深く、また考えさ
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (アンディの日記 シネマ版)
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大 ...
デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆ (我想一個人映画美的女人blog)
先行オールナイトに行ってしまった~{/face_warai/} 少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/} 以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。 (ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆)  コミック ...
DEATH NOTE/デスノート (夢見る小悪魔)
デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。公式サイトはコチラデス・ノート ◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆死神が人間界に落とした一冊のノート【DEATH NOTE】拾い上げたのは退屈な日々に身を持て余す、頭 ...
映画:DEATH NOTEデスノート前編 試写会 (駒吉の日記)
DEATH NOTEデスノート前編 試写会@よみうりホール 「人間って面白れぇ~」 この前に「正義を唱えながら、『殺す』か」というようなカンジの台詞が入ってました。 原作は結構前に読んだのですが、ジャンプとは思えないくらい字が多いなあ~、このテーマは ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (色即是空日記+α)
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います!
デスノート 試写会 (つぶあんのmy favorite things ★★★★★)
デスノート 試写会 @よみうりホール 2006.6.9 前日の舞台挨拶付きの試写会はハズレたけど 観たかった「デスノート」の試写会行きました! 会場は満席。 いつもの試写会より若干若い子が目立ったかも。 いやぁ今回の観客は異様なテンション。 感度が ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (まぁず、なにやってんだか)
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一 ...
見せかたが下手 「DEATH NOTE デスノート 前編」 (平気の平左)
評価:65点 DEATH NOTE デスノート 前編 印象としては、非常に惜しい。 原作も面白いんですが、それに加えられた映画オリジナルの展開は中々面白いと思います。 映画オリジナルの南空ナオミの基本的な展開は、個人的には原作よりも好きです。 ただ、全体的 ...
ワールドカップに飽きたらこの映画 「デスノート」 (本読め 東雲(しののめ) 読書の日々)
観ましたよー。観ちゃいましたよー。 すいません公開前に・・・。   興味のある方のためにしっかりご報告させていただきます。 というわけで、今日は 「デスノート」です。 DEATH NOTE (1)大場 つぐみ、小畑
『デスノート 前編』 & 舞台挨拶♪ (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他 同名の人気コミックの映画化。 大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・ まぁ~ったく前知識無しとい ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (映画鑑賞★日記・・・)
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 ...
DEATH NOTE デスノート前編 (ネタバレ映画館)
ノートに書いた名前を消しゴムで消したらどうなるんだろ?
DEATH NOTE 前編 (ちわわぱらだいす)
見てきました~♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪ 今日も予習なしで。 宣伝で面・そうだったからどうしても今日見たかったの。 んで、瑠璃さん連れて行きました~鍊 すっごく面・かったです撚 なんと映画館満員でした。うさぎかなり映画 ...
「デスノート・前編」■後編に期待したいが・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
「ダーティー・ハリー」の登場は、警察組織の枠組みや法の限界によって悪を取り締まれないことを打破したことへの痛快さがあった。しかし、その続編では、ハリー・キャラハンは、第一部で自らがそうであったような警察内部の過激派と対立することになり、彼の魅力 ...
リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~ (ペパーミントの魔術師)
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたの ...
DEATH NOTE /デスノート(前編) (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作 ...
DEATH NOTE デスノート 前編  (future world)
少年コミックなんて読まないし、あえて好きなのを挙げれば「ドラゴンボール」や「幽遊白書」ぐらいでアニメ化されたものぐらい。 この「DEATH NOTE」もジャンプで連載されてて、人気漫画、「このノートに名前を書かれたら死ぬ」ということぐらいしか知らずで観 ...
デスノート (うぞきあ の場)
~皆さんは、ラストの美術館のシーンで、夜神月にダマされましたか?~ 私は、まんまとヤラれました(笑)。 この作品の原作は少年ジャンプ連載(先月終了)です。 ジャンプの漫画の割には、ちゃんと読まないとわかりません。 映画化が決定した後、キャスティ ...
デスノート 前編 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  この天才、光か闇か・・・神か悪魔か?  
デスノート 前編・・・・・評価額1000円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
正直なところ、全く期待しなかったどころか、地雷を踏む覚悟で観に行った。 何しろ長編人気漫画が原作で、監督が金子修介、そこそこお金の掛かった大作で、おまけに前後編を同時撮影ってギミックまで繰り出して、これって邦画
DEATH NOTE デスノート 前編 主演:藤原 竜也 (読むなび!(裏))
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:80点 採点内訳へ ≪梗概≫ 退屈な日常へは、もう戻れない―。 死のノート。その禁断のページが今、開かれる。 2006年デスノート・イヤー――6月前編・10月後編、異例の2作品連続公
■DEATH NOTE/デスノート (前編) (ルーピーQの活動日記)
そのノートは人の死を操ることのできる“死のノート”だった。退屈な死神・リュークが人間界にノートを落とし、エリート大学生・夜神月(藤原竜也)が「デスノート」を手にした時から運命の歯車は回り始める。「デスノート」によって犯罪者たちを次々と裁いてい ...
デス・ノート 2006-33 (観たよ~ん~)
「デス・ノート」を観てきました~♪ 大学生の夜神月【ヤガミ・ライト】(藤原竜也)は、或る日1冊のノート”デス・ノート”を拾う。デス・ノートには「このノートに名前を書かれた者は死ぬ」と書かれてあった。面白半分にテレビに映った凶悪犯の名を書き込んだ ...
デスノート DEATH NOTE/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年06月17日公開の藤原竜也、松山ケンイチ出演の映画「デスノート DEATH NOTE」を見ました。 前編はノートの説明、ライトの性格をメインにデスノートの世界観を描き、後編にライトとLの頭脳戦を持ってくる二部構成は
DEATH NOTE 実写版 前編 (オイラの妄想感想日記)
金子修介は当たり外れの大きい監督だから出来が目茶苦茶不安だった。 でも水準以上の作品だったのでホッとした。 『あずみ2』のようだったら目も当てられないからぬ。 ネタバレ妄想感想いきます。
DEATH NOTE (sailor's tale)
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ
DEATH NOTE デスノート(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 【公開日】2006/6.17 【製作】日本 【ストーリー】 退屈な死神が人間界に1冊のノートを落とし、退屈
DEATH NOTE 前編 (Memoirs_of_dai)
消しゴムを使え!! 【Story】 名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月(藤原竜也)は法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に『DEATH NOTE』と書かれた一冊のノートを目
「DEATH NOTE~前編~」死のノートは天才を悪魔に変貌させた (オールマイティにコメンテート)
「DEATH NOTE~前編~」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストー ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ジョイシネマ1> 監督:金子修介 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 すっかり覚えちゃいました。 「このノートに名前を書かれた人間は・・・・・・・・死ぬ」のキャッチ。 ご多分に漏れず原作のファンなので、実は今年前半で一番楽しみにし ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (いつかのダイアリー)
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、その他 名門大学に通うエリート大学生・夜神月(やがみライト)。ある日、彼は偶然一冊のノートを拾う。そこには、こう記されていた。 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と。 " ...
劇場版『DEATH NOTE 』前編 (心は永遠の♂中学生~そんな腐女子~)
板チョコ丸かじりしたいーっヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 以下、感想につきネタバレ注意ヽ(´∀`)9 ビシ!! 個人的な感想なんで、偏ってますwww DEATH NOTE (1)
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (映画館で観ましょ♪)
なんと邦画・・・子供たちにも驚かれた。 実は、結構、藤原竜也くんファンなのです... それと【L】役の松山ケンイチくんがすご~く気になって、 ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか見たかった。
映画「デスノート・前編」を観て (とみのひとりごと)
 いちばんショックだったのは、エンドロールの後に死神が出て来て、「後編は11月公開」と言ったとき。10月の予定がいつの間にか11月に変更になったらしい。ガーン。な、ながい・・・。
【劇場映画】 デスノート 前編 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。 ...
【映画】デスノート 前編 (うぇブログ - tnakamuraさんのブログ - なにこれブログ)
 先週末、いよいよ前編が公開となった今年の邦画最大の話題作「デスノート」。 私は公開二日目の18日に観に行ったのですが、素直に面白かったです。 原作ファンも納得出来、且つ一映画作品としても楽しめるものになっていたと思います。 内容的には物語後半を ...
美空ナオミ、完全な悪役でしたな。 (Le mouvement premier)
映画『デスノート』見に行きましたよ♪ 日曜日、昼から雨はぜんぜん降っていなかった
「デス・ノート」(前編) (明日は明日の風が吹く)
彼に薦められて読んだ漫画「デス・ノート」にはまってしまって、映画を観てきました!
DEATH NOTE -デスノート-前編 (映画をささえに生きる)
漫画原作、という時点で地雷の匂いがぷんぷん。しかも超大人気のカリスマコミックとくれば、集客的に楽になる分、批評的には厳しくなると相場はきまっています。某有名映画サイトで25点(100点満点)のダメだしをくらった本作。賛否両論の嵐が吹き荒れておりますが ...
テーマはいいのだけど「デスノート 前編」 (再出発日記)
監督:金子修介出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香名門大学に通い、警察幹部を父に持つ秀才夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者 ...
デスノート前編 (勝弘ブログ)
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう
【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った ...
DEATH NOTE デスノート 全編(映画館) (ひるめし。)
ひとりの天才がそれを手にしてしまった。 頭脳戦を制するものが、新世界を制す。 CAST:藤原達也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 他 ■日本産 126分 原作の漫画を読んだことないから変な先入観がなく、結構おもし ...
「デスノート 前編」 納得のワタリ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
珍しく原作を読んでるものの映画化。結構、熱心に読んでます。もう大人なんで、俳優やストーリーの取捨について、いちいち怒りませんがツッコミは入れます。 なんか、無難に作ったな~って感じでした。製作にそんな時間がかけれなかったわりには、よかったんちゃい ...
「デスノート」と金子修介・監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「デスノート DEATH NOTE」の映画を金子修介監督が撮ると聞いた時に、まっ
シネマ日記 デスノート・前編 (skywave blog)
なぜ、デスノートに名前を書かれると死んでしまうのか、この点に、こだわらなければ、楽しめる映画だと思います。私は、コミックが原作なのだから荒唐無稽のストーリーと覚悟して
★「DEATH NOTE デスノート 前編」 (ひらりん的映画ブログ)
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。 「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。 まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。
もう後編を観なくていいくらい満足しました(笑) 映画『デスノート 前編』 (海から始まる!?)
 『デスノート』が凄い人気だということは、時折覗かせてもらっている鈴木杏さんのブログや安藤希さんのブログを通して知っていました。作品の盛り上がり方から言って、少女コミック系の雑誌に連載されているのかと思ったら、「少年ジャンプ」に連載されていた作 ...
デスノート 前編 (映画で綴る鑑賞ノート)
“ノートに名前を書かれた人が死ぬ映画らしい” という、予告編の情報しか知らないまま鑑賞しました。 ※ ネタバレ 注意! ※ これって、ジャンプの連載なんですね。 漫画で読んだら面白そう。 リュークのキャラが最初と最後で、えらく変わってましたが、 ...
あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ
原作に囚われ過ぎない後編を見たい。『DEATH NOTE デスノート(前編)』 (水曜日のシネマ日記)
「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガを実写化した作品。 書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノートを 一人の青年が拾った事から始まる物語です。
『デスノート 前編』  各々の‘正義’のために命をかけた戦いが今始まる・・・ (enjoy! MOVIE☆LIFE)
サントラ, 川井憲次 映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE (画像はサウンドトラック) 出演■藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、細川茂樹、香椎由宇、戸田恵梨香、加賀丈史 他・・・ 監督■金子修介 <スト ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (Kinetic Vision)
部屋に少年が一人いるところを想像してみる。そこには衛星放送もインターネットもあり、世界中の情報が部屋の外に出なくても手に入る。やがて、情報を収集し、解釈しているうちに、少年は世界全体を知ったような気になり、さら
映画『デスノート 前編』観て来ました。 (SOPHIST1CATED BOOM BOOM)
やっと観てきました♪待ち焦がれた映画『デスノート』。以下、激しくネタバレの感想ですのでご注意ください。まだ観ていない方は読まないことをオススメします(^-^;) *** 結論から言うと、めちゃくちゃ面白いです!
DEATH NOTE-デス・ノート-☆独り言 (黒猫のうたた寝)
初めてであったのは去年の2月・・・ちょっと面白そうと手に取った漫画 Lと月(ライト)とのやりとりも面白かったし、設定も興味深く(笑) そんな漫画があららっと映画化です。 タイトルは『DEATH NOTE-デス・ノート-』 死神の落としたノート そこに記載 ...
DEATH・NOTE・デス・ノート(前編) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
死神の落としたノートから、2人の天才の頭脳戦が始まる 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく ...
「DEATH NOTE デスノート」 で糖尿病になりそう!! (森についてもっと知りたい)
原作読まないで 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」を観てきました! 面白かったよ~。 今回行って、初めて気が付いたのですが、 これって「前編」に過ぎないのね。 短くまとめられなくて、よかった、 というのが見て思った正直な気持ち。 キルビル ...
【映画】デスノート (極楽鸚哥堂)
最初はあまり見る気はなかったんですが、珍しく松山ケンイチ犯罪者ではなく追いつめる方の役をするのと、いや~L役が見事にハマってますね。 (NANA出てたじゃん。犯罪者役じゃなかったじゃん。は言いっこなしよ(笑)) 目の下にクマを描いてのメイクに『見に行 ...
映画 『DEATH NOTE(デスノート) 前編』  ☆今年58本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前から劇場の予告で流れてた本作がずっと気になってた。 ただ期待ハズレになる予感もあったので、映画の日に鑑賞。1000円なら、ねっ でも、悪い予感は嬉しいことに大ハズレで、面白かった 藤原竜也の月(ライト)役は今年のお正月に放送された古畑任三郎の時に演 ...
映画 デスノート 前編 (FINAL HEAVEN)
 映画デスノート見てきましたーヽ(´ー`)ノ  本当に前編だったよ(笑)  後編見なかったら不完全燃焼バリバリじゃー!(笑)  …みたいな。  すっごいいいトコで終わるんだもん…。  早く続き見せろーーーー!!!(笑)  いや、でも面白かったですよ(*≧ ...
「 デスノート 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 金子修介 主演 : 藤原竜也 / 松山ケンイチ / 香椎由宇      公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/ご存じ「週刊少年ジャンプ」で連載されて人気沸騰したコミックの映画化です。 今日は観る予定になかったのですが、パイレーツ ...
「DEATH NOTE 前編」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
公開から一ヶ月近く経つというのに、 田舎の映画館ですら満員になる恐るべしDEATH NOTE。 しかも、中・高校生でいっぱい。 頼むから静かにしてくれ・・・。 私は漫画からDEATH NOTEに入った人間だ。 計算に計算を加えたストーリー展開はお見事で、 そしてすんな ...
DEATH NOTE デス ノート [前編] (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
]「週刊少年ジャンプ」で連載され、話題となった漫画の映画化作品です。 在学中、初めての受験で司法試験に合格した天才的学生である夜神月(ライト)は、死神が落としたノートを拾います。そのノート、デスノートは、「そこに名前を書かれた人間は死ぬ」という ...
映画『DEATH NOTE 前編』観た!! (●虹色ヒマワリ●)
それぞれの役がハマりすぎてて、且つ自然。 死神リュークの動き、ライトの台詞回し、Lの仕草の仕方…が、かなり私のイメージどおり!! 個人的に、映画のワタリ好き。 私の中で印象深いのが、松山ケンイチさん演じる「L」!!!
映画館「デス・ノート 前編」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
人気コミックの実写映画化。 予告編を見たときから、面白そうだなと思っていたのですがなかなか観に行く時間がなくやっと観に行ってきました!コミックの方は、まったく見た事がありません~。 名前を書くだけで人を殺すことの出来るノート。。。そんなのあっ ...
デスノート 前編 (メルブロ)
デスノート 上映時間 2時間6分 監督 金子修介 出演 藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇 細川茂樹 評価 6点(10点満点)  こちとら小学生の頃から社会人になった現在でも、毎週ジャンプを買っているので当然大好きな作品。  渋谷ロフト ...
DEATH NOTE 前編 【監督:金子修介、主演:藤原竜也】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「あずみ2」で私を激しく失望させた金子修介の新作は、漫画っぽい演出しかできない彼にふさわしくまたまた漫画の映画化企画。 人間の心の闇を覗かせて善人が悪人へと堕ちていくストーリーにはそれなりに深みがあって味わい深い・・・のだが、まっすぐすぎる演出が ...
デスノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に ...
DEATH NOTE デスノート前編 (CinemA*s Cafe)
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/ 期待しないで行ったのが幸いしたのかなんなのか。 かなり面白かったこの映画。 あり得ない物が存在し、それを利用することによって制裁を下していく主人公。 途中、途
『DEATHNOTE 前編』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(ライト=藤原竜也)は犯罪者のいない理想の世界にする為に、世界中の犯罪者を次々に殺害していき、いつしかキラと呼ばれるようになる。やがて、どんな何事件も解決する謎の探偵 ...
DEATH NOTE デスノート前編 (新・ぴゅあの部屋)
「DEATH NOTE デスノート前編」 2006年(★★★★★) 映画を見る前に、原作コミックを読んで予習してきました。 夢中になって、何時間も読みふけりましたよ~ 死神から、 名前を書いた者を殺せるノートを手に入れた天才ライト。 彼は、キラと名 ...
DEATH NOTE デスノート 前編<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
はよ前半観とかんと続きが観られへんわ~と思っていたらTV放送ですわ。ラッキーやったわ原作は観てませんが 旦那から大筋は聞いてたので 全く内容が分からんって事も無く。旦那曰く、エルだけが原作っぽいなって。まぁ、たいてい コミック本を実写版にした場 ...
デスノート前編 (minaの官能世界)
テレビでデスノート(前編)を観た。 劇場公開を見逃したので、これが初見となる。 この作品の評判はあまり芳しいものではなかったのだけれど、わたしは主演の藤原竜也君(夜神ライト役)をどうしても観たかったのだ。 そこで、週末の夜、あらゆる誘惑を払いのけ ...
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ...
【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35) 『評論』 一応
DEATH NOTE 前編 (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
デス ノート 前編、めちゃめちゃおもしろかった (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
おはようございます 先日、土曜の夜中にかけて、 DEATH NOTE をみました タイトル:DEATH NOTE デスノート 主演:藤原竜也 出演:松山ケンイチ、瀬戸朝香、中村獅童 監督:金子修介 漫画デスノートの実写化です 漫画をみてなくて、いきなり実...
デスノート (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。』  コチラの「デスノート」は、今日6/17公開になったのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪「週刊少年ジャンプ」で連載されている「DEATH NOTE」の実写映画化って事なんですが、人気のあるコミックらしいし、結構話題に...
【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編 (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也...