港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

映画音楽史(194) 『甘い暴力』 1963年公開

2014-07-31 00:16:10 | 映画音楽



『甘い暴力』 Douce Violence (仏) 1962年制作
監督 マックス・ペカス
音楽 ジョルジュ・ガルヴァランツ
主演 オリヴィエ … クリスチャン・ペジー
    メイトル … ピエール・ブリス
    エルケ … エルケ・ソマー
    バルバラ … ヴィットリア・プラーダ
主題歌 『甘い暴力』 ( Douce Violence ) 唄・ジョニー・アリディー

原作はジャック・オゥカントの小説で、南仏ニースを舞台に十代の若者たちの本能を描いた大人向けの映画。
ハイティーンのオリヴィエはニースにやって来て、バルバラと知り合い愛し合うようになる。オリヴィエはさらに刺激を
求めて上流社会の若者たちのグループに入り、そこで野性的な女性エルケに出会う。グループのリーダーの
メイトルはエルケに手を出されたのが面白くなく、オリヴィエに命がけの度胸試しを挑む。オリヴィエは危うく命を
落としそうになったがメイトルに救われた。オリヴィエはバルバラとの愛に目覚めて真面目な生活に戻る。

ジョニー・アリディーの歌唱による主題歌の『甘い暴力』はクレマン・ニコラ作詞、ジョルジュ・ガルヴァランツ作曲
によるもので、映画のタイトルバックに流れます。レコードは1962年には制作されていましたが、日本では映画の
公開に合わせて 1963年にリリースされました。

Douce violence de nos jeunes amours
Tendre insouciance de nos premiers beaux jours
Quand le temps nous fait face au ciel de nos seize ans
C'est notre enfance qui meurt doucement

↓はジョニー・アリディーの『甘い暴力』 YOUTUBEより

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画音楽史(193) 『若さでぶ... | トップ | 映画音楽史(195) 『わんぱく... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うううー、懐かしい!。 (オンリー・ザ・ロンリー)
2014-07-31 10:33:42
♪ドゥー セ ヴィオローンセ、、、
懐かしいです。

高校から第2外国語は仏語で、懸
命に覚えましたが、アカンでした。

シルビー・バルタンの旦那ですよ
ね?。
オンリー・ザ・ロンリーさんへ (CHOCHIN)
2014-08-01 00:07:38
アリディー
『アイドルを探せ』『ジョニーはどこに』の共演で
バルタンのハートを射止めたようです。
当時のフランスではアリディー人気はすごかったようです。
バルタンがレナウン娘の頃には結婚していたようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。