テアトル十瑠

“自分の心と向き合い、成功したい気持ちを手放して、シンプルに生きれば、やがて人生は充実する”~「大人のための人生入門」

真夜中のカーボーイ

2003-07-28 | ドラマ
(1969/ジョン・シュレシンジャー監督/ジョン・ヴォイト、ダスティン・ホフマン、ブレンダ・ヴァッカロ、シルヴィア・マイルズ)


 ジョン・シュレシンジャー監督が25日に亡くなりました。思い出深いこの作品を今回初めて“ビデオ”で見ました。

 そもそもは、「卒業」でファンになったダスティン・ホフマンの1年ぶりの新作ということで見たんですが、前作とうって変わって、都会の片隅で文字どうりドブネズミのようにして生きている男を演じているのが面白かったです。ヴォイトは、どちらかというと平たい顔で、いかにも間抜けそうな表情が、ジョー・バックにぴったりと思いましたが、今回の特別版ビデオのインタビューによると、オーディションでは候補から落ちていたらしいです。第一候補はJ・ビセットの彼氏だったマイケル・サラザン(「ひとりぼっちの青春」「」etc)。ギャラの問題で土壇場でヴォイトに変わったとのことです。

 今回見た特別版のビデオには、1994年にこの作品の25周年記念式典があって、そのインタビュー記録が付録で録画されていて、非常に興味深い話が色々出ていました。
 ニューヨークのロケはどうゆう風に撮影したんだろうと思っていましたが、隠しカメラも使っていたようです。

 当初は成人指定の映画だったらしいですが、アカデミー作品賞を取ったため、成人指定をはずして世界に公開されたとのこと。初めてこの作品を見たときは、男優のお尻がモロに出てきたため、「えっ!」という思いをしたことを覚えています。シルヴィア・マイルズのぼてっとした腹を丸出しにしているのも、どこまで演技なんだろうかと思ったし、愛らしい表情のブレンダ・ヴァッカロがヴォイトの背中に爪を立てるような演技をしているのも刺激的でした。

*

 テキサスの田舎町でレストランの皿洗いをしている若者ジョー・バックは、ニューヨークの女性はたくましい男性を求めてお金を払うという雑誌の記事に心を動かされ、己の肉体を武器に、大都会ニューヨークで一稼ぎしようと思う。タンガリーのシャツにカウボーイ・ハット、ピカピカのウェスタン・ブーツに身を包んで颯爽とグレイハウンド・バスで東部に向かうが、どっこいニューヨークに着いても思ったように女性は寄ってこない。困惑しているところへ助け船と現れたのが、ラッツォ(どぶねずみ)と呼ばれるリコ。

 そういう仕事をするには有力者のコネが必要だと、ラッツォは小銭をもらって或る人物を紹介する。案内されたアパートの一室で会った男は見当違いも甚だしい代物で、初めてジョーはラッツォに騙されたことを知る。

 数日後、2人は街でばったり再会し、ラッツォは騙した代償に、ホテルを追い出されたジョーを“我が家”へ案内する。そこは廃墟となったアパートで、簡易封鎖された裏口が入口である。こうして、体力はあるがお人好しのジョーと弱虫で狡猾なラッツォの、大都会ニューヨークの片隅、まさにドブのような場所での互助生活が始まる。【続きはビデオでどうぞ】

 当時は原作本も読みました。早川文庫から出ていて、多分映画でフラッシュバックで描かれていた、ジョー・バックの生い立ち等をはっきりさせるために読んだんだと思いますが、今回ビデオで見ても、さて初めて見た人はどう理解するだろうか?と思わせる描き方ではあったように思います。なんとなく、分かればいいのかな。

 意気揚々と乗り込んだジョー・バックがだんだん都会の厳しさに追い込まれて、みすぼらしくなっていく様が見事に描かれていましたが、笑っちゃったのが、ポン引きとなったラッツォがジョーの靴を開店前の路上の靴磨き屋の道具で磨いていると、次々と本物の客がついてくるところ。なんと最初の客が警官というおまけ付で、ホフマンのパントマイム的名演技が見れます。

 男同士の友情物語は、後々「スケアクロウ」なんかに繋がっていく一つの系列になったと思います。

 悲しすぎる結末は原作でも同じでしたが、今回ビデオを見なおすと、ジョーがフロリダを走るバスの中でラッツォにこれからの生活について話しかけるシーンがありました。ジョーがあの話を実行すると考えたら、当時感じた絶望感は今回は襲ってきませんでした。

 この作品が思い出深いのは、もう一つ主題歌を歌っている二ルソンとの出会いがあったからです。「うわさの男」は数年前には、引っ越し屋さんのTVCMにも使われたりしていましたが、二ルソンのレコードは当時の私の宝でした。この作品の為に「孤独のニューヨーク」という曲を彼は作ったんですが、それは不採用となり「うわさの男」で全米ヒットチャートの№1をとりました。「孤独のニューヨーク」もベスト10には入ったのではなかったでしょうか。

 最後に。今見ても古くささは感じられません。過去と現在、夢と現実が交錯しながら描かれるジョーの心象風景。そして、お人好しのジョーと弱虫で狡猾なラッツォの互助生活の面白さ。ラストに希望ありと見れば、シュレシンジャー監督の緩急を心得た演出は、2時間があっという間です。

 1969年度アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞受賞。そして、ホフマンとヴォイトは共に主演男優賞にノミネートされました。

*

※ 2011年2月に再見した時のつぶやきから、“「真夜中のカーボーイ」におけるカットバックの妙”。トレーラーも付いてます。

・お薦め度【★★★★★=二人の名演技、大いに見るべし!】 テアトル十瑠
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅情 | トップ | 猫の恩返し »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chaotzu)
2005-05-04 22:13:14
まさに青春の一本ですね。ラストは茫然とみてました。

シュレシンジャー監督が亡くなったのは知りませんでした。なにはともあれ合掌。

同監督の「イナゴの日」もすごい終わり方だったですが、「真夜中のカウボーイ」とちがって、もうひとつうけませんでしたね。
いらっしゃいませ (十瑠)
2005-05-04 22:36:54
「イナゴの日」もレンタルビデオがあるのは知ってるんですが、当時の評判がいまいちだったのを知ってるんで、今もって未見です。“カーボーイ”と同じメインスタッフらしいんですけどねえ。

『すごい終わり方だった』ってのは気になる。

「ダイ・ハード」の嫌われ記者、アサートンが出ていましたね。
Unknown (カゴメ)
2005-10-06 11:29:10
TB、ありがとーございました!!

早速拝読。カゴメは「ハッピーエンド」か、

「アンハッピーエンド」かに拘らない性質なんですが、

この映画のラスト、ジョーの表情が何を意味するのか?

がいっつも気になってます。

今回も観てみて、「うま~くはぐらかされたなぁ」、

と感じました。

カゴメは、フロリダに行く途上の、

カウボーイの衣装をゴミ箱に捨てて、

カジュアルな服装で店員さんと談笑する彼の姿に、

ほのぼのと感動します。

「ああ、よーやっと勝ったんだなぁ」と。
いらっしゃいませ (十瑠)
2005-10-06 17:49:09
>フロリダに行く途上の、カウボーイの衣装をゴミ箱に捨てて、カジュアルな服装で店員さんと談笑する彼の姿に、ほのぼのと感動します。



封切り時には、そんな余裕が無くて愕然としたものですが、年をとって観るとこのシーンにホッとしましたな。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-10-11 20:46:56
ふむふむ、なるほど。いつもながら深い記事ですね。さらにカゴメさんのコメントもなるほどと考えさせられました。ジョーの視線、ラッツォの視線、見ている私の視線、といろいろと楽しめる映画ですが、時をおいて見たら、見方が逆転したりしそうです。また必ず見てみようと思いました。
いらっしゃいませ (十瑠)
2005-10-11 21:32:57
ボイトがヴァッカロと初めて接触した時のパーティーの雰囲気は、先日観たフェリーニの「魂のジュリエッタ」に出てくるパーティーと通じるところがありますね。

50~60年代くらいから、欧米の映画ではこのような退廃的なムードを描いたシーンが増えたように思います。

最近は珍しくなくなって、こういうシーンを描かなくなりましたな。
TB特急便です(笑) (豆酢)
2008-02-11 15:55:37
コメントとTBをありがとうございました。
謹んでTBお送りいたします。ハンコください。

ラストの解釈は、たぶんご覧になった方でそれぞれ異なるでしょうね。私自身何度も観た作品ですが、若い頃に感じた印象と今受ける印象では、やはり違います。
希望的観測に過ぎんのでしょうけど、あのラストの後、ジョーがどこか小さな町でかたぎの仕事を得て暮らしているような気がしてなりません。不思議と絶望感は感じなかったのですよね。この作品は、観るときの年代や心境などで様々な捉え方ができるものなのでしょう。
ヘンデルとグレーテルのパーティー・シーン、今観ますと、妙に時代を感じる映像でした(笑)。考えてみれば、今の映画にああいう映像ってありませんよね。…あ?「マダガスカル」にありました!アニメですけど。
ハンコ、ペッタンコっと (十瑠)
2008-02-11 17:51:52
>「マダガスカル」にありました

ン~ん・・・、“マダガスカル”から“カーボーイ”は浮かんでこなかったなぁ。^^

初めて観たのは、高校生の頃でしたでしょうか。ニューシネマ的ラストに呆然としたものでした。
この記事を書いた時には、“希望的観測”ができる余裕がありました。(ホッ)
はじめまして! (ミリアム)
2008-07-03 17:52:30
真夜中のカーボーイ、私も大好きです。ヴォイトはあまりにはまっているので、オーディションに落ちていたというのは意外でした。本当にこの作品の二人の演技は神業ですよね!
またお邪魔します!
いらっしゃいませ、ミリアムさん (十瑠)
2008-07-03 20:29:48
先程、真新しいブログにお邪魔してきました。

<映画に目覚めてまだ日が浅いの>に、「真夜中のカーボーイ」がお好きだとは、ミリアムさんも映画から離れられない人のようですね。

今後とも宜しくお願いします。
こんばんは (David Gilmour)
2008-09-23 22:04:39
はじめまして、トラバ、サンクスでした。

この映画は、ぼくも封切り時、高校生の時に見たのですが、やはり一生、忘れることのできない作品です。

最近、見直してみて、新たな発見が数多くありました。とくに最後のジョーの表情ですが、「卒業」のダスティ・ホフマンのラストシーンのバス車内の表情と同様に、様々な解釈ができますよね。やはり、演出がうまいのでしょうね。

それでは、またよろしくです。
いらっしゃいませ (十瑠)
2008-09-24 15:51:32
>この映画は、ぼくも封切り時、高校生の時に見たのですが・・

ほお、それでは私とほぼ同年代ですな。
やはり、この映画は強烈に残りましたよね。

>、「卒業」のダスティ・ホフマンのラストシーンのバス車内の表情と同様に、様々な解釈ができますよね。

この頃の映画は、スカッとしないラストが多かったです。

こちらこそ、宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「真夜中のカーボーイ」、乗りこなせない名画の一つ★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「真夜中のカーボーイ」 (1969) 米 MIDNIGHT COWBOY 監督:ジョン・シュレシンジャー製作:ジェローム・ヘルマン原作:ジェームズ・レオ・ハーリヒー脚本:ウォルド・ソルト撮影:アダム・ホレンダー音楽:ジョン・バリー出演:ジョン・ヴォイト ダスティン・ホフマン.
真夜中のカーボーイ #450 (映画のせかい2)
1969年 アメリカ 113分 テキサスの若者がNYで金持ちの女をたらしこんで金をもらおうという壮大な計画を持ってバスでNYを目指す。田舎者の私には、NYへ向かうバスの中のジョー(ジョン・ボイト)の姿が身近に感じた。ホテルに着いて窓から町を見下ろす心境、よくわかるよね
かっこ悪く情けなく、心に残る (いっちょ語りたおしてみましょう)
真夜中のカーボーイ/監督 ジョン・シュレシンジャー  主演 ジョン・ヴォイト ダスティン・ホフマン +++++++++++++ 10/10点中 映画に目覚めてまだ日が浅いのですが、気づいたことがあります。それは本当にいい映画は何度でも楽しめるし、色々な見...
「真夜中のカーボーイ」(Midnight Cowboy) (シネマ・ワンダーランド)
英国人の監督、ジョン・シュレシンジャー(1926-2003年)が1969年に撮ったドラマ「真夜中のカーボーイ」(米、113分、音楽ジョン・バリー)。この映画はベトナム戦争の背景下にある米国社会のニューヨーク底辺に生きる2人の男を通して、病んだ国、都市を...
「真夜中のカーボーイ」―ジョン・シュレシンジャー監督 (新・豆酢館)
アメリカは、もう夢を見ない。
「世界名作映画」ベスト10アメリカン・ニューシネマ篇 (シネマ・ワンダーランド)
アメリカン・ニューシネマのベスト10は下記の通り。米ニューシネマとは、1960年代後半から70年代にかけて製作された作品で、従来のハリウッド映画とは異なり、アンチ・ヒーロー、アンチ・ハッピーエンドが特徴で、そのほとんどは反体制的で、無気力な若者が主...