テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

旅情

2003-06-20 | ラブ・ロマンス
(1955/デヴィッド・リーン監督/キャサリン・ヘプバーン、ロッサノ・ブラッツィ、イザ・ミランダ)


 有名な作品で未見だったものの一つ。
 デヴィッド・リーンで、ベニスが舞台と言えば悪い映画であるはずがないのだが、婚期を逃した女性の旅先の恋物語で、主演がK・ヘプバーンとR・ブラッツィというのがネックになっていたのだろう。ヘプバーンは嫌いじゃないんだが、彼女のラブシーンはあまりピンとこない。

 しかし、私も年をとりついに見ました。よかった。特に前半。列車でベニスに着くところから、予定の宿に着いて、手持ちぶさたのままサン・マルコ広場でブラッツィと知り合い、別の日に骨董屋でまた彼と会う。そんな、恋の炎が燃え上がる迄の積み重ねが、彼女の”旅情”と相まってなんとも楽しい時間でした
 リーン監督のロケーションのうまさは、やはり最高です。100分という上映時間は、あっという間でした。

 アーサー・ローレンツの原作。
 リーン作品ということで、主役の女性は英国女性かと思っていましたが、オハイオから来たアメリカ人でした。

 「サマータイム・イン・ベニス」。有名なラストシーン。「逢びき」「終着駅」「ひまわり」「夜行列車」。列車を使った名画の一つですネ。

・お薦め度【★★★★★=大いに見るべし!】 テアトル十瑠



この映画の動画を使った記事、アップしました。[2010.02.21]

※ 更に、追加でこの映画の動画を使った記事、アップしました。[2012.10.19]
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかしな二人 | トップ | 真夜中のカーボーイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画評「旅情」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1955年イギリス=アメリカ合作映画 監督デーヴィッド・リーン ネタバレあり