テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

■ YouTube Selection (予告編)


いかにもマクレーンらしい役。主人公のどこまでが虚飾なのか真実なのかが分かれ目かな。

予告編:「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」 (2015)

2017-05-26 | 予告編
 予告編では記事は作らないと先日ツイッターで宣言したばかりなのに、このyoutubeを観たら、動画を紹介するだけじゃもったいない気がしてきたッス。
 絵コンテ作家っているんだね。黒沢とかフェリーニとかレッドフォードとか、一流の映画監督は自ら描くもんだと思ってたけど、やっぱ忙しい時とか外注するんだね。でも、外注ったって監督の想いを理解できる人じゃないと任せられない。で、このハロルドさんのように、監督の想いをしっかりと受け取れる人は御贔屓にされるってことだ。

 「卒業 (1967」の序盤でロビンソン夫人がベンジャミンを誘惑する夜のシーン、ミニスカートから露わになった夫人のおみ足越しに狼狽えてるベンが見えてるってあの構図がコンテ作家のアイデアだったとはねぇ。
 色々と懐かしい映画も出てくるみたいで、オールドファンには嬉しい裏話も聞けそうですな。

<セシル・B・デミル監督の「十戒」やアルフレッド・ヒッチコック監督の「」、あるいはマイク・ニコルズ監督の「卒業」をはじめ、ハリウッドの名作映画の数々に携わった絵コンテ作家のハロルド・マイケルソンと、その妻で映画リサーチャーのリリアン。2人とも一般には知られた存在ではないが、ハリウッドの名だたる大物監督たちが頼りにする業界最強の秘密兵器だった。本作はそんなハロルドとリリアンが、いくつもの歴史的名画にいかに貢献してきたか、その知られざる偉大な功績を明らかにしていくとともに、2人の波瀾万丈の愛の軌跡を辿る感動の人物ドキュメンタリー>(allcinema解説より)





オフィシャル・サイトはこちら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「メッセージ」(2016)

2017-05-12 | 予告編
 テッド・チャンという作家の『あなたの人生の物語』というのが原作のSF映画ですが、ウィキで原作本を調べてもとっても難しそうで、さて映画はどんな風に作られてるんだろうかとか、僕に理解できるんだろうかと心配になるような内容です。

 予告編映像は、まさに「未知との遭遇 (1977)」のようなSF作品らしさ満載の様なのに、原作のタイトルからも想像できるように、ヒロインの過去とか未来とかも関係してくるみたいで、哲学的な匂いもしてきます。

 とりあえずallcinemaの解説によるストーリーは
<ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。その目的が判然とせず、世界中に動揺と不安が広がる。やがて、最愛の娘ハンナを亡くした孤独な言語学者ルイーズ・バンクスのもとに、アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。こうして同じく軍の依頼を受けた物理学者のイアンとともに、アメリカに飛来した飛行体の内部へと足を踏み入れたルイーズ。7本脚の異星人との接触を試み、飛来の目的を探るべく彼らが使う言語の解読に没頭していくのだったが…>

 アカデミー賞で作品賞他7部門でノミネートされ、そのうち音響賞(編集)というのでオスカーを受賞したそうです。
 これは観らねば。





オフィシャル・サイトはこちら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」(2016)

2017-04-29 | 予告編
 『書を捨てよ町へ出よう』と言ったのは寺山修二ですが、この(↓)映画の予告編を観ていたら、『書を捨てよ町へ出よう、カメラを持って』と言いたくなりますな。

<1950年にアメリカの雑誌『LIFE』の依頼で撮影され、後に愛の国フランスを象徴する写真の1枚として世界的に知られるようになった“パリ市庁舎前のキス”。本作は、それを撮影したフランスの写真家ロベール・ドアノーの人生と写真哲学を、生前のインタビュー映像やゆかりの著名人の証言を通して明らかにしていくドキュメンタリー。監督はドアノーの孫娘クレマンチヌ・ドゥルディル>(allcinema解説より)





 youtubeには、彼の写真集を繋いだモノもありました。
 写真はステキ♪





映画のオフィシャル・サイトはこちら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「わたしは、ダニエル・ブレイク」(2016)

2017-04-24 | 予告編
 先日の読売TV番組「そこまで言って委員会NP」で紹介されていて面白そう、と思ったこの映画。
 「わたしは、ダニエル・ブレイク」
 ケン・ローチ監督がカンヌ国際映画祭で「麦の穂をゆらす風」に続く2度目のパルム・ドールを受賞した感動のヒューマン・ドラマ、だそうです。
 TV番組では、キャメロン首相になってかの国では弱者切り捨ての政策が目立っていて、映画はそこに切り込んだものらしいです。
 ケン・ローチといえば、昔はケネス・ローチともいって、僕の好きだったキャロル・ホワイトが主演した「夜空に星のあるように(1968)」が映画監督デビュー作なんだよね。

 イギリス映画だから辛口なんだろうけど、そんな中にもヒューマニズムが感じられるらしい、この映画が気になりまする。

<イギリス北東部ニューカッスル。59歳のダニエル・ブレイクは、長年大工として働き、妻に先立たれた後も、一人できちんとした生活を送り、真っ当な人生を歩んでいた。ところがある日、心臓病を患い、医者から仕事を止められる。仕方なく国の援助を受けるべく手続きをしようとすると、頑迷なお役所仕事に次々と阻まれ、ひたすら右往左往するハメに。すっかり途方に暮れてしまうダニエルだったが、そんな時、助けを求める若い女性に対する職員の心ない対応を目の当たりにして、ついに彼の堪忍袋の緒が切れる。彼女は、幼い2人の子どもを抱えたシングルマザーのケイティ。これをきっかけに、ケイティ親子との思いがけない交流が始まるダニエルだったが…>(allcinema解説より)





オフィシャル・サイトはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「マイ ビューティフル ガーデン」(2016)

2017-04-04 | 予告編
 人生50年も60年も生きてきて、様々な映画を観てきた人間からすると、この作品のヒロインの葛藤も既視感ありありなのですが、ヒロインと同世代以下の方々には共感できる方も多いでしょうネ。
 花々が咲き始める春間近の今日この頃。カップルでも、おひとり様でも、花粉から逃れてゆったりと鑑賞するには絶好の映画かも知れないですね。

<図書館で働くベラ・ブラウンは、極端に几帳面な性格で、予測不能なことが大の苦手。とくに無秩序に伸びる植物に対して恐れを抱いていた。おかげで借りているアパートの庭は荒れ放題で、ついに家主から1ヵ月以内に庭を元通りにしなければ退去してもらうと最後通牒を突きつけられてしまう。しかし、どこから手を付けたらいいのか途方に暮れるベラ。手を差しのべてくれたのは隣の偏屈な老人アルフィーだった。実は、彼は一流の庭師だったのだ。そんなアルフィーにガーデニングの基礎から学び、初めての庭づくりに挑戦するベラだったが…。>(allcinema解説より)





オフィシャル・サイトはこちら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「ラビング 愛という名前のふたり」(2016)

2017-03-11 | 予告編
 エチオピア出身でアイルランド人とのハーフである主演女優ルース・ネッガがアカデミー賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では相手役のオーストラリア俳優ジョエル・エドガートン共々ノミネートされたそうです。

<アメリカでいまだ異人種間の結婚を犯罪とする州が存在した1950年代から60年代を舞台に、純粋に愛を貫き、最後には理不尽な法律を変えることに成功した一組の夫婦の感動の実話を映画化>したのだそうです。(allcinema解説より)

 半世紀前の話なんですね。50年後には、異人種だけじゃなく同性間の結婚もあるなんて、誰が想像したでしょう。
 “ラビング”なんて甘っちょろいタイトルに見えますが、この夫婦の名前が“ラビング”なんだとか。なるほど。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編:「ラ・ラ・ランド」(2016)

2017-02-23 | 予告編
 明日公開という事で、今最大の話題作でありますコチラの予告編を取り上げました。

 はっきり言って、アカデミー賞に14部門ノミネートされたなんてアン・ビリーバブルな、なんてことのないロマンス・ミュージカルにしか見えないんですけど・・。
 これで本編がオモロかったら、トレーラー責任者、或いは宣伝部長は『ユー アー ファイアー』ですな。

 GGでも主要部門総なめだし、期待はあるんだけど、とにかく「ラ・ラ・ランド」(原題も【LA LA LAND】)ってタイトルもイケてないしな~。




 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「スノーデン」(2016)

2017-01-24 | 予告編
 何年前の事?と考えてしまうほど、すでに過去の話になっちゃった感じだけど、結局僕の中でも評価が未定の事件であります。
 第一感は、功名心にかられた若者が必要悪を世間にさらしちゃったって感じ。
 でも、どこかにそれだけじゃないと彼を肯定する気持ちもある。
 さて、真実はどっち?

 ま、この映画に解答がある保証はないけれど、O・ストーンだし、観る価値はあるでしょう。





オフィシャルサイトはこっち
 今週金曜日(1/27)から公開らしいです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」(2015)

2016-12-24 | 予告編
 かなり前から気になっていた映画ですが、すでに昨日から一般公開らしです。

 ドローンによる戦争の実態を描いたサスペンスであり、安全な所で戦いをするという皮肉な矛盾をついた問題作。
 予告編で突き付けられた局面の結末が知りたくなりますな。





オフィシャルサイトはこちら。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)

2016-12-16 | 予告編
 今日から一般公開らしいっス。
 で、TVで情報を聞いていたら面白そうだったので、急遽ご紹介。

 所謂“スター・ウォーズ”シリーズの中には無いお話らしいのですが、辻褄は合っていて、時系列的にはシリーズの最初の作品の直前を描いたものだそうです。つまり、レイア姫が帝国軍に捕まって、彼女をハン・ソロやルーク・スカイウォーカーが助けに行く1作目の直前ですね。帝国軍はレイア姫が持っているデス・スターの設計図を取り戻そうとしていました。
 今回レイア姫は主な登場人物の中に居なかったですが、彼女が如何にして設計図を手に入れたか、なんてことも描かれているようです。

 フェリシティ・ジョーンズ扮するジン・アーソが、その設計図を強奪するチームのヒロインなわけですが、彼女を助ける戦士達の描き方には「七人の侍」を彷彿とさせるものがあるそうで、既視感はあるかも知れないけれど(黒沢の影響をうけたシリーズ)らしいっちゃらしいよね。




 
オフィシャル・サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ YouTube Selection (音楽)


■ Information&Addition

※gooさんからの告知です:<「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます>[2017.11.12]
*
●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメントは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。時々色が変わります。 (2009.02.15)