まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『力の強い女ト・ボンスン(原題)』6話まで

2017-07-15 22:42:49 | 韓国ドラマのエトセトラ
力の強い女ト・ボンスン OST (JTBC TVドラマ)
クリエーター情報なし
Warner Bros Publications (KR)

レビュー一覧は、こちらから。

 

グクドゥはボンスンが心配だからミンヒョクに預けたものの、ミンヒョクがボンスンに何かするんじゃあないかという不安も持っていたのです。

完全に嫉妬じゃん、グクドゥやぁ

ボンスンは、本当に本当に嬉しそうにグクドゥを見つめました。

ミンヒョクは、呆れましたよ。

 

ボンスンは、ミンヒョクがゲイだと言いました。

だから自分も安心してこの家に来たんだから・・・とね。

ミンヒョクは、秘密をばらされた・・・って感じで、今度は自分が秘密をばらしました。

ボンスンは秘書じゃなく、ボディガードだってね。

「こんなか弱い女の子をボディガード?」

と、グクドゥは信じません。

“ボンスンがか弱い”と、猛抗議したいところを、ミンヒョクはぐっと我慢。

男性をボディガードにしたら、噂が立つから・・・なんてボンスンが説明したけど、そんなの信じろと言う方が間違ってるよね。

ま、とにかく、グクドゥはこの家に一緒に住むと言う事になりました。

 

その夜は、そのまま寝ないで遊ぶ事に。

でもね、結局、何に付けても勝負をしたがる二人は、最後、お酒で決着をつけようとしましてね。

2人そろって泥酔状態に。

先日の失態があるボンスンは、お酒を止められ、仕方なく付き合いました。

眠り込んでしまった二人を担いで帰るボンスン。

ところが、途中で酔いざましの薬を買いにボンスンが離れた隙に、寝込んでる二人の懐からお金を盗もうとした輩が。

でもボンスンの敵じゃありませんでしたね。

投げ飛ばされて、一件落着。

ところが、この様子を、ぺクタクと子分が目撃しちゃった信じられないほどの怪力を持ってる事を知られちゃったよ。

 

グクドゥの所属する強力3課は、必死になって犯人を追っていました。

防犯カメラの映像をチェックしている時、パトロール中のパトカーの後ろを別の2課の覆面パトカーが追尾しているのを見つけました。

捜査を知られたか?・・・と言いましたが。

まさか、あれに乗っているのが、犯人なんじゃ

 

ミンヒョク、グクドゥ、ボンスンの3人で朝ごはんを食べている最中、又もミンヒョクに脅迫電話がかかってきました。

グクドゥも、ミンヒョクへの脅迫が嘘じゃないと知りました。

 

オソン建設の株価が大幅に下がる事態が発生。

ミンヒョクがゲイだという噂が立ったためでした。

ミンヒョクは、記事の削除を依頼しましたが、治まるでしょうか。

 

そんな時、以前、チェ刑事を襲い、ドローンを壊し、ミンヒョクを撃った人物が載っていたバイクが見つかったのです。

警察に頼まず、ミンヒョクが自ら調べ上げました。

持ち主の名前も分かりました。オ・ヒョンジュン。ぺクタク産業社員でした。

 

なんと、社長のぺクタクは元ミンヒョク父の部下だったんだそうです。

今でもオソン建設と深いつながりを持っています。ミンヒョクは、ぺクタクを知っていたから、以前病院で見かけた時、気になったのです。

詳細を聞いたボンスンは、すぐに自分がオ・ヒョンジュンを捕まえると息まきました。

 

強力3課では、失踪しているバレエ教室講師の携帯履歴から、一人の人物を割り出しました。

そして、すぐに身柄を確保したのですが。

どうも濡れ衣のようです。

 

ミンヒョクは、ボンスンの怪力を見るにつけ、本当に不思議でたまりません。

小さな身体のどこからそんな力が湧いてくるんだろうってね。

遺伝だとボンスンは言いました。女性だけに引き継がれている力なんだ・・・と。

「遺伝なら、堂々としていろ。」

と、ミンヒョクは言いました。

力を正しく使いたいと言ったボンスンに協力すると言いました。

そして、力をしっかり使うために、研究しよう・・・と。俺が進化させてやる・・・と。

 

ミンヒョクは、又家族の集まりにボンスンを連れて行きました。

父はミンヒョクに結婚しろと突然言い出しました。ゲイの噂を打ち消すにも、それが一番良い方法だと言いました。

そして、大手企業と縁組して、ヤクザのイメージを払しょくすべき時期になったからとも。

既に相手も決めているようです。

そしたら、ミンヒョクは、ボンスンを恋人だといきなり紹介しましたよ。もう一緒に住んでるから・・・なんてね。

驚いたのはボンスンです。

ま、父も兄たちも驚いてましたが。

 

ヒジが突然グクドゥに会いに来ました。

ま~ヒジも素直で裏表の無い人間なんですね。

自分の心が揺れていると、正直に告白したのです。

流石にグクドゥ、驚き、動揺しました。でもね、自分でも驚いているのです、さほどショックじゃないことに。

 

ギョンシムの事件で、ボンスンも事情聴取を受けました。

犯人はマスクをかぶっていたこと。目だけが見えた事。

そして、油の臭いがしたこと・・・。アスファルトを敷く時の臭いに似ていたこと・・・。

 

グクドゥがイマイチ元気が無い様子を見て、ボンスンは何かあったのかと問いました。

ヒジの話を聞きました。

「でも、あまり悲しくないんだ。」

と、言ったグクドゥに、

「最初は実感がわかなくてもだんだん辛くなるわ。ちょっと気移りしただけだから、あまり心配しないで。」

と、ボンスン。

グクドゥは、優しい眼差しでボンスンを見つめて言いました。

「俺たち、なぜ友達なんだ?」

ボンスン、言葉の意味、分かったかな?

 

ボンスンの祖母スンシム女史登場です。年をとっても、ものすごい怪力です。

 

4人目の被害者が出そうです。薬局の店員です。

 

そして、ミンヒョクが襲われた

寝てるミンヒョクの首筋にナイフが

人気ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『力の強い女ト・ボンスン(... | トップ | 「TSUTAYAアジアMA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。