写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の出来事、撮影日記などを記録していきます。
リンクは親サイトの「ぎゃらりーたちばな」にお願いします

「スーパームーン」三態

2012年05月08日 | 写真
5月5日23時52分

5月6日22時55分(モノクロ)

5月8日4時44分

今年初めてインターネットで「スーパームーン」という言葉を知った。最初はツィッター友達の依湖さんの呟きから、そのとき慌てて外へ出て撮ったのが最初の5日の「月」で、この夜は少し薄雲が広がっていて、その所為か赤っぽい月でした。
翌6日の夜は快晴でしたのでスッキリとした月が撮れました。モノクロで現像してみました。
そして日付を跨いだ三日目8日の朝の月です。少し形が楕円に近づいていますが、この季節特有の赤味がかったステキな色合いでした。
北陸としては珍しく三日連続してステキな月を鑑賞できました。私が18歳まで過ごした故郷の讃岐地方は過去30年間の晴天率も日本一だという統計もある通り、月や星が見たければ夕方から夜明けまでの間に空を見れば見えるものと思っていました。私の目標としていた兄の名前が「月夫」だったこともあってか子どものときからよく空を眺めていました。しかし金沢市に住みついて40年余・・・、空に月の姿を見ることの難しさを感じています。ちなみに年間の日照時間は香川県の2065時間に対して石川県は1674時間(気象庁:気象情報統計)。香川県では当たり前のことでも石川県では珍しいことの一つです。
今朝はステキな月を見て良い気持ちで朝を迎えました。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自転車に乗って自然満喫」... | トップ | 今春最後の「紫木蓮」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む