写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の出来事、撮影日記などを記録していきます。
リンクは親サイトの「ぎゃらりーたちばな」にお願いします

第228回 どいね☆原発 金沢駅前原発ゼロ行動

2017年01月21日 | 写真日記
    [志賀原発廃炉へ 金曜行動]

2012年の初夏、福島原発事故を契機に日本列島に立ち並ぶ原発を廃炉にしようとの運動が若い人たちを中心にネットの呼びかけで始まりました。
能登半島の中ほどにある志賀街に二基の原発がある石川県でも毎週金曜日の夜、当初はへ北陸電力前での抗議行動がはじまりました。
その後舞台を金沢駅に移り、行動内容も電力会社への要請行動や抗議行動から市民への呼びかけや市民との交流に変わってきました。


金沢駅には通勤や通学で駅を利用する方たち、観光で金沢駅に降り立つ人たち、いろいろな方たちが行き来します。
行動日となっている金曜日は週末の金沢観光に訪れる方たちも増えて今では観光スポットとなった金沢駅には国内だけでなくて外国からの観光の方たちもたくさん来ています。
そんな方たちに向けて「原発ゼロ」を訴え続けて5年を超え228回を超えました。


「原発 要る? 要らない? わからない」のシール投票数は2012年11月から2016年7月まで!総計8420人中、いらない6157人(73.1%)必要1200人(14.3%)、わからない1063人(12.6%) となっています。
7月までの約8500人という数は少なめに見ても声をかけた10人に一人がアンケートに応えたとして約85万人と原発を巡っての対話をしたということになります。

政府も電力会社も財界も原発の再稼働のために躍起になっていますが、なかなか意のままにならないのは全国で金沢の様に原発ゼロ行動が続いているからだと思います。
今日は北陸福井の高浜原発で大型クレーンが強風で建屋を直撃というニュースが。
地震、津波だけでなく風でも壊れる心配があり、事故があれば手の打ちようのない原発はどうしても廃炉にする必要があります。

今日は昨日20日金曜夜、金沢駅の原発ゼロ行動の写真3枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河北潟干拓地夕景

2017年01月20日 | 写真日記
    [雪の河北潟干拓地夕景 水路と林]

河北潟干拓地の津幡排水機場の夕景です。
河北潟周辺が白くなった前日の雪が残りその雪の岸辺と水路とその向こうに広がるメタセコイア並木に夕焼けの明かりが届き周囲を赤く染めました。
私が河北潟を訪れるのは朝が多いので、こんなに素敵な夕景を見ることは滅多にありません。
とても印象に残る夕方でした。

    [凍った田んぼとビニールハウスに夕陽が]

田んぼの雪がいったん解けて凍結した干拓農地。
ほんの少し氷の溶けた水面がポイントになり、その向こうのいくつもあるビニールハウスの入り口が夕陽を受けて不思議な趣を見せています。

滅多に訪れることのない夕方の河北潟干拓地、夕焼け写真を二枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。
雲の多い夕方だったのですが面白い写真になりました。

当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の梅林 寒紅梅咲いて

2017年01月19日 | 写真日記
    [雪と寒紅梅]

寒梅の紅色を見るとこれからが冬本番というのになぜかホッコリとした気持ちになります。
ここは兼六園の梅林、ぽつぽつと春という季節を招く灯のように雪景色のなかで八重紅梅がほころび紅い色を見せています。
写真は1月16日の雪のなかの撮影です。「生鮮品」ではありませんが、花や風景などでは季節の先取りや盛りの美しさを見せる写真が撮れると一刻も早くその旬の写真を見ていただきたい思いでいます・・・。
ただ現在はスマホなどで撮った瞬間にネットで写真を公開することが当たり前になっていますが、私の場合はケータイやスマホが使えないのとRAW撮影のPC現像という手順を踏んでの写真のため残念ながらSF小説ばりのデジタル時代の「瞬間移動」は難しいですができるだけ早いアップをと勤めています。

    [雪の兼六園梅林]

写真は兼六園で一番に咲き始めた寒梅「八重紅梅」の樹です。
雪がちらつくなかでやや遠慮がちに咲き始めました。
兼六園の梅林には「白加賀」をはじめとして20種200本と言われる梅の木があり、いまは写真の「八重紅梅」が咲き始め「白加賀」も蕾がほころび始めました。
もうすぐ大寒ですが2月に入ると寒明けもすぐ、金沢の春は近くまで来ていることを実感できる兼六園の梅林です。

今日は兼六園の雪と「八重紅梅」の写真二枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。
やはり写真愛好家としては人も野生の生き物も山などの風景にも魅力を感じますが、やはり花も大切な被写体の一つです。
魅力的な山里の花の季節を楽しみにしています。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢市南部丘陵の夜明け 共産党27回大会閉幕 

2017年01月18日 | 写真日記
    [南部丘陵の夜明け]

「台風一過・・・」という言葉がありますが、それはたぶん太平洋側の気候の話で私が住んでいる北陸では台風が去っても晴天になることはあまりなく実感のない言葉です。
ところが強力な寒波が去った今朝は抜けるような青空、ひさびさにこの言葉を思い出す朝でした。
とはいっても「寒」の季節に青空ということは放射冷却現象で冷え込みが厳しいということで、今朝は氷点下で昨日まで降った雪が凍りついた道に足を滑らさないように歩いていました。
あまりにも素晴らしい晴天に誘われて南部丘陵への入り口になる夜明けポイントに車を走らせました。
正面左に見える山波は雪のない季節に北アルプス遠望撮影に出かける医王山、その下部にある帯の様な白い筋は金沢市民に親しまれている医王山スキー場です。

    [朝陽の届く丘]

陽が昇り始めると同時にカメラまで光の帯が伸びてきました。
まだ雪は凍りついたままで気温は上がりませんが、心や体は温かくなってきました。
今朝は予定外に飛び出してきたのですぐに朝の予定が詰まっていたので朝陽をみてすぐに帰宅し、地域の共産党宣伝に出かけました。

    [共産党大会閉幕]
1月15日から始まった日本共産党大会の最終日のようすをネットで視聴しました。
今回の日本共産党27回大会は長い歴史の中でも初めて民進・自由・社民・沖縄の風・市民団体の代表などの挨拶を受け連合政権を作りだそうという確信になる大会でした。
新しい政治の夜明けとなる大会だったかもしれませんね。

今日は久しぶりの晴天に誘われて南部丘陵へ、夜明け撮影写真2枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢市雪の朝 兼六園・金沢城

2017年01月17日 | 写真日記
    [金沢城石川門]

昨日アップした雪の長町武家屋敷街をあとに明るさを増した雪道を早朝入場無料の兼六園に・・・。
兼六園桂坂から現在は城の正門化している金沢城石川門を撮りました。
写真で見ると城の櫓のように見える立派な城門の櫓です、きっと加賀百万石にふさわしい城門をと前田家の威信をかけて築城した証の一つなのでしょうね。
金沢城は慶長7(1602)年落雷により天守閣が焼失した後、本丸や御殿は立てられましたがその後も寛永8(1631)年と宝暦9(1759)年の火災で城のほとんどは焼失したようですが天守閣は再建されないままとなり、この石川門もずっと後の天明8(1788)年に再建されたものです。
現在は金沢城と兼六園を行き来する観光客の姿で終日賑わっています。
(この写真は午前7時4分撮影です)

    [兼六園霞池と雪吊り]


霞池を見降ろす栄螺山から正面に名木中の名木「唐崎松」を雪から守る雪吊りをポイントに撮影したものです。
霞池の大半は凍り、その表面に微かに朝焼けの色が映り込んでいます。
兼六園を代表する冬の風景の一つだと私は思っています。
背後の山は金沢市民に親しまれている「卯辰山」、夘辰山からは北アルプスの剣岳・立山などの峰々も遠望できます。
(この写真は午前7時14分撮影です)

今日は昨日に引き続き金沢市きっての観光スポットである兼六園と金沢城の雪景色写真を二枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加