写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の出来事、撮影日記などを記録していきます。
リンクは親サイトの「ぎゃらりーたちばな」にお願いします

見たのはマボロシ? 4年前に見たタンチョウ

2017年02月23日 | 写真日記
    [4年前には河北潟へ丹頂鶴が]

ときには浮世離れした写真はないかと探していると、4年前の冬に撮影した丹頂鶴のことを思い出した。
能登半島へは時折り珍鳥の訪れてくることがあります。
私が野鳥を訪ねて冬の河北潟を探鳥し始めて間もなくのころ石川県ではほとんど見ることのない丹頂鶴との出会いがありました。
雪で白くなった河北潟の干拓農地を餌をつつきながら行きつ戻りつするこの一羽の鳥を見たときは目をパチクリ、自分の目が信じられないほどでした。

    [望遠400ミリレンズで捉えた姿]

さすがに用心深く道路からはるかに離れたところにいる丹頂鶴です。
当時の私の持つ機材で精いっぱいの望遠で撮り、その上でのトリミングでギリギリの大きさに現像しました。
残念ながら「鮮明」という言葉には程遠い写真になってしまいました。
言葉通り幻に近い丹頂の姿になりました。
今の私の持っている超望遠のコンデジだとこのレンズの約3倍の望遠がきくので今ならばもう少しまともな写真になったかもしれませんが。
もっともこのときの悔しさからその超望遠のコンデジを手に入れ、その後は野鳥撮影に活躍してもらっています。

今日は4年前に見た幻の大型の鶴、丹頂鶴の写真を二枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白山市議選応援に 定数6オーバーの激戦

2017年02月22日 | 写真日記
    [宮岸美苗事務所]

任期満了に伴う白山市議選(定数21)は19日告示され、現職16人、元職2人、新人9人の計27人が立候補した。党派別では公明2人、民進、共産各1人、無所属23人。
6人オーバーの激戦に宮岸美苗(共産 現)は市民と力をあわせ「くらしの願い実現」「市民に開かれた議会へ」「共同の力で政治を変えよう」と挑んでいます。
今日は白山市と隣接する金沢市の私が属する共産党泉地域支部と後援会が応援に入りました。
事務所に到着した時間にはすでに応援の人たちの多くは政策ビラ配布や街頭宣伝に出かけていました。

    [街頭宣伝で応援]

選挙区の白山市は白山の頂上から日本海海岸に至る広大な手取川扇状地のほとんどが含まれる国内でも有数の広さの行政区です。
連れ合いと私の二人は白山市の中心になる松任市の住宅団地でハンドマイクによる宣伝。
このあたりは雪もなくて宣伝日和の天候に助けられて10ヶ所での宣伝を終了させました。

    [宣伝日和]

候補者の宮岸美苗さんと私たちは彼女が青年時代からの知り合いで、その真っすぐな正義感の強い性格は今もますます磨きがかかり市民の幅広い支持を受けています。
今朝はすばらしい空の下ですばらしい宮岸候補への支援を連れ合いと一緒に市民に訴えることが出来てとてもうれしい一日でした。
投票は26日、白山市に知り合いのある方はぜひ共産党宮岸候補のことを語ってください。

今日は白山市議選応援の写真三枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブリを楽しむ 特養のひととき

2017年02月21日 | 写真日記
    [ブリを楽しんだひと時]

地域の人たちと民主医療組織が協力して運営している私の町の特別養護老人ホーム。
入居している方たちに楽しんでもらおうとさまざまな催しを企画しています。
今日はお昼ごはんの前に今が旬の大型の魚「ブリ」を入居している方たちの前で料理して見せる「恒例みんなで寒鰤を食べよう」という催しがあり写真を撮らせていただきました。
写真はほぼ調理が終わって大皿に豪快にブリの刺身を盛りつけているところです。
このあと入居者の方たちは小さい切り身で試食を楽しみました。
もちろん昼食には分厚い刺身を楽しんだことでしようね。

    [今日は鰤二本]

二日続きの大荒れだった能登の海、残念ながら期待していた大物のブリが港に上がらず、こちらでは「ガンド鰤」と呼ばれている鰤の成魚になる直前の魚ですが、それでも十分な貫録を見せて見守る方たちの前に横たわりました。

    [見る見るうちに裁かれます]

プロの料理人の手にかかるとこれだけ大きいブリも見る見るうちに片身二枚と骨の三枚と頭部分におろされてしまいました。
二枚の片身も鮮度が落ちないように素早く刺身になり気がつくと最初の写真のように大皿に盛られてしまっていました。
入居者の方たちはおなじみのブリの料理を見て愉しみ、試食で楽しみ、昼食は分厚い刺身やアラ炊きを楽しんだうれしい催しだったようです。

今日は鰤の調理を撮った写真三枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢の四季 ブログ「今週の一枚」から

2017年02月20日 | 写真日記
    [「今週の一枚」で見る金沢] 

写真は2008年にフィルムカメラで撮った金沢城の石川門です。

リンクしたアルバムはずいぶん前のものですがサイト「ぎゃらりーたちばな」に付属するブログ[今週の一枚]で公開した写真を纏めたものです。
撮影は主に2010年に撮影したもので、それまでのフィルムカメラからほぼデジタルに移行してからものです。
被写体は風景から花、動物などバラエティー豊かな作品になりました。
金沢の四季の移り変わりをお楽しみください。

今日は金沢の四季を纏めたアルバムをリンクしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新しました。

デジブック 『今週の一枚公開写真』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢市「ごみデモ」(写真報告) 

2017年02月19日 | 写真日記
    [金沢市のごみ有料化に反対するデモ

昨日のブログ記事で少し報告しましたが・・・。
もともと「家庭ごみの減量化のために何をなすべきか」ということを検討するということで始まった議論がいつのまにかすり替わり、金沢市から「家庭ごみの収集を有料化すべき」という方向で市民への働きかけが強まっています。
この議論は数年前から始まったものですが・・・、何度金沢市の説明を聞いても「有料化でごみが減量化される」との根拠が理解できません。
また本来税金を使って自治体が責任を持つという家庭ごみの始末。その収集費用を市民から徴収するという「税金の二重取り」という市民からの批判にも何も答えられないまま有料化をゴリ押しする金沢市の姿勢に市民からの批判が強まり、昨日の「ごみデモ」でも歩道を行き交う市民がコールに唱和するなど共感の声が広がっていました。

    [なんでもかんでも金とるな]

現在の金沢市政は地方自治の「市民の暮らしと健康を守る」という本来の目的から大きく外れて、新しいスタイルに見せかけてはいるものの地方財界に貢献し市民へのサービスはケチるという旧態依然たるゼネコン政治がまかり通っています。
つい最近は60億超の予算を使って第二庁舎を建設するという計画が市民の批判の前に頓挫しましたが、その記憶も新しいのに不要と市民の批判を受けた議場部分を取り消した代わりに他の部署を入れるとして同規模の第二庁舎建設を打ち出しています。
その問題とも関連して「家庭ごみ収集有料化」問題も税を市民のためにどう使うかといった議論を巻き起こす必要があります。
昨日の「ごみデモ」ではそんな地方政治の根幹のようなものを考えさせられました。

今日は「ごみデモ」の写真二枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加