『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

安倍首相のハワイ訪問

2016-12-28 15:32:53 | 日記
 安倍首相は実によく働く。かつての胃弱で辞職した頃とは別人のようだ。政治家には年齢のわりに

妖怪のごとく元気な人がいるけれど、これほど職責のために真摯に働く首相はいただろうかと思う。

 今日も年末の一息入れたい時期にハワイの真珠湾を訪問して慰霊の言葉を捧げている。

12月8日と言えど日本の若い人はピンと来ないだろうが、アメリカでは「リメンバーパールハー

バー」として強く意識されている様子。この一件については異説もあって日米にとって複雑であり、

今回の慰霊の訪問も政治的な評価は素人が単純に良しとするだけではないようだが、オバマ・安倍と

いう価値観の共有できる政治家がなした大きな足跡になると思う。特に任期を目前にしたオバマ氏に

とっては公人としても私人としてもやり残せない思い入れ深いものであったろう。

 今日、年末忙しいのにブログを書く気になったのは、安倍さんの挨拶がとてもよかったから。

「戦死した兵士の一人ひとりには息子を心配する父がいて母がいる。そして愛する恋人や妻がいる。

さらに成長を楽しみにしている子供がいる。それらの未来を奪ったことに思いを致すとき・・・・」

この冒頭の言葉はアメリカの遺族の心にも染み入ったと思う。政治家の挨拶には官僚が原稿を書いた

紋切型の言葉が多用されるが これはゴーストライターがいたとしても安倍首相の心からなる言葉と

して人間性が伺えるすぐれたものであって、あとは世界に向かって寛容と和解を呼び掛けたのも、 

時宜にかなっている。

 オバマ氏の広島での演説も「ヒロシマ・ナガサキが核戦争の幕開けではなく、人類が道義に目覚め

るときである」と。人の心の深いところを揺らす言葉であったが、安倍首相の挨拶もこれと対を成し

て評価されるべきであると思う。

コメント

驚異のジャズセッション

2016-12-23 10:54:50 | 日記
 更新の順序が遅れてしまったが、先月の末に山下洋輔・日野皓正・藤舎名生のセッションを聴きに

行った。ちょうど自分の源氏物語の朗読会が終わった後でホッとしたかったから。
 
 前者2名は日本のジャズ界の大御所だが藤舎さんは伝統楽器の横笛の第一人者。ジャズメン2人の

独演とセッションがすばらしいのは期待どうり当然のことであるが、最年長の藤舎さんの頑張りに感

激した。操る楽器もトランペットやピアノと横笛だから迫力が違うのかと思いきや、何となんと藤舎

さん負けていない。

 もちろん横笛のやさしさを際立たせる曲もよかったけど、あの激しい皓正とのセッションは見もの

いや聴きものというべきか。渾身の息を使って吹く笛は会場に響き渡って聴衆の心に満ち満ちた。

 話は変わるが藤舎さんの出演とあってお弟子筋の綺麗どころが何人か来ておられた。彼女たちの

着物姿はこれもプロ中のプロだから、独特のセンスの素晴らしい衣装であることはいうを待たないが

その立ち居振る舞いの美しさは見事。真似できるものではないがあの心意気は見習いたいものだ。
コメント (1)

皇宮警察ありがとう

2016-12-02 17:18:58 | 日記
 今朝、マンションの数人のグループでウォーキングに出かけました。御所の塀沿いに歩いている時

ちょっとした道の窪みに足を取られて転倒。しっかり痛くてグループの人たちに助けられて起き上

がったら顔から出血。皆さんが心配して私の周りでタオルで血止めして下さったり、近くに医者はあ

るだろうかとがやがや言っていたら警察官が二人 そのうち一人は女性で救急箱を抱えています。

 誰が110番してくださったのと驚いていると、監視カメラに貴女が転倒したのが見えました。と

なんと皇宮警察の方々でした。応急処置として消毒して絆創膏をはってくださいましたが、年嵩の

警官がだいぶ切れてますから必ず医者へ行ってください。縫うかもしれませんと助言。こんなことぐ

らいでとタカをくくっていましたがみんなも心配してぜひ医者へと言ってくれたのでウォーキングは

中断してみんなでマンション近くの医者まで送ってくれました。警官の指摘通り顔を4針縫う羽目

になりました。さすがの私も今日明日の外出予定はキャンセルしておとなしくしています。

 それにしても親切に介抱してくれた人、買い物など用事を引き受けるといってくださった方

お見舞いの品に手紙を添えてそっと部屋の前へ置いてくださった方など、それぞれ心のこもった対応

をしていただいて、「遠くの身内より近所の他人」のありがたさを身にしみて感じました。

  監視📷も伊達ではないし、それしっかり見て頂いていた皇宮警察さん 皇族でもないのに

お手数かけてありがとうございました。 怪我はしたけど嬉しい1日でした
コメント (3)