『黒幕と言われた男』の著者の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治や社会的関心事ならびに身辺雑記

ノーベル賞受賞者の一宿一飯

2014-10-13 10:33:55 | 日記
 今回のノーベル賞受賞者については、すでに新聞 TV 雑誌 ブログなどたくさんの解説や評論が出て後追いながら、面白いと感じたことを少々。

 物理学とはいえ、基礎物理学のような素人にわかりづらいものでなく、LEDというすでに実生活に入り込んでいるものだった点が、かつてない親しみと へえ~これもノーベル賞?
しかも今頃? という印象を持った。

 それからお三人のキャラクターの違いが際立つこと。
天野氏は赤崎先生の一番弟子のような位置だから、自分が恩師たる大先生と一緒に受賞したことに喜び以上に驚きと恐縮で言葉にならないようなご様子。
 
 あとの二人は風貌からして大違い。赤崎氏は科学者としての毅然としたところと好々爺的な優しさを持ち合わせれておられて、自分の受賞は周りの協力者・支援者の力の賜物 自分は好きなことを諦めずにやってきただけと遠慮がちに仰る。そして、大学卒業後に松下の研究所に身をおいて研究をさせていただいたことへの感謝を述べられた。一宿一飯の恩義である。

 中村氏は赤崎氏と比べれば年齢もずいぶん若いが、野人的な言動で研究の動機は怒りのエネルギーだとの発言。和解したとはいえ、大学卒業後に就職した日亜化学工業での悔しい思いがしこっているのだろう。かなり古い話になるが、彼の開発した発光ダイオードは1990年に特許申請され7年後に登録されている。本人にすれば会社に大いに貢献したつもりだが、会社は大量生産できるものではないとして高くは評価せず、報奨金として2万円支給した。その研究期間中も成果が出るまでの間月給泥棒のようにいわれ冷遇されたことに腹を立てた彼は2001年特許権の帰属をめぐって会社を提訴した。一般に会社員として会社の研修室での研究成果や開発の成果は会社のものと考えられていた時代に その帰属をめぐっての問題提起は同じ立場の人々の関心をよび、門外漢の私だってうーん一理あるなあと興味を持っていたが、彼の要求した対価が200億円だったことから、天文学的数字に驚くやらそれはあんまりだろうと思った記憶がある。その後2004年の東京高裁が和解勧告してその対価は6億とされ遅延利息と合わせて彼には8億支払われた。弁護士が研究に費やすべきエネルギーを裁判に消費するのはもったいないと説得したようだが、後年彼は無理やり和解させられたと述べていることからも、日亜化学には敵意を抱いたままであったのだろう。赤崎氏の松下への感謝の弁を聞いた彼は、複雑な心境であったろう。自分が入社した当時、多額の研究費を認めてくれた創業者には感謝すると発言している。
 ちなみに、日亜化学は彼が研究開発したもろもろの特許を取り消している。この判断は今から見れば経営者として狭量で先が読めなかったようにも見える。今回も彼の研究をを支えてき会社の名誉であるというコメントを出し、単純に元社員の快挙といった祝意は表わしてない。
コメント

諏訪観光 その2

2014-10-05 11:33:54 | 日記
 昨日アップしたブログを見直すとあんなに苦労して添付したはずの写真が出ていない。
写真を扱ったのは初めてなのでよくわからない。画像を小さくしたいのだがわからない。
挿入位置をミスしたので訂正したいと思ってもそれもわからない。
念のために諏訪湖から見えた富士の写真を再度添付してみる。(富士は見えない?)



 最初に訪れたのは宿から一番遠いハーモ美術館

 

 パンフレットに「アンリ・ルソーと素朴派の画家たち」とある。
ルソー ミロ ルオー マテイス シャガール ミレー ダリ ビュッフェ と著名な画家の
ほかに初対面のルイ・ヴィヴィアン カミーユ・ボンボワ グランマ・モーゼス アンドレ・ポーシャンが展示されていた。一部屋が貴族の館のようにしつらえられていて、肘掛け椅子にかけて鑑賞するルオーはまたいい気分である。ここは見応えがある。お薦めだ。


 次は諏訪湖博物館・赤彦記念館 ハーモから徒歩15分くらいと聞いていたのに、湖畔の道があまり気持ちよかったので通り越して、警察の車を止めて確かめて後戻り。



 建物が大きい割には赤彦の展示はそれほど多くはない。
島木赤彦は短歌に関心の深くない人でも、日本の代表的歌人でアララギ派の基礎を築いた人物として教科書に載っているので名前くらいはご存知だろう。
 面白いのは諏訪の小学校の校長として赴任していたとき、若い女性教師に心を寄せる。(塩尻の小学生は恋心を抱いたと説明)そしてアララギの仕事の重責のため校長を辞任して去るとき彼女宛に歌を詠んでいる。相聞といえるほどあからさまなものではないが、作品が残っているのでは夫人は面白くなかっただろう。

 その次は北沢美術館 アール・ヌーヴォーからアール・デコのガラス作品の世界屈指の
コレクションである。20年くらい昔、知人のご子息がこちらで結婚式を挙げられたときに
立ち寄ってひとつ花瓶を買って帰った。そのときはほとんどがガレの作品だったように
記憶している。
 ご存知のようにガレは自然を愛したので茸のほかに蛇 蛙 トンボなど私には苦手なものが
美しいガラス器にくっついているのだが、ドーム兄弟展を開催中だったので、もっとやさしい作品にたくさん出会えた。兄弟はガレに憧れガレを見習って精進したが、ガレが芸術家であったのに対し、工場を経営し兄が経営を、弟がデザインを担当し、大勢の職人を雇って分業制で繊細で華麗な製品を世に送り出し、ガレと並んでアール・ヌーボーの双璧といわれた。

 次は隣のサンリツ服部美術館 元セイコーエプソン社長の故服部一郎氏が妻と娘に残した
美術品を散逸されることのないように設立された。ルノワールの油彩などもあるが主に茶道具である。国宝の光悦作の茶碗や書(江戸時代) 重文の書(鎌倉時代)など。残念ながら
この分野は知識も感性も乏しいので申し訳ない。
 そういえば諏訪は精密機械が製糸と並んで産業の中心だったのだ。
どの美術館も湖に面していて2階の喫茶室にいると時間も忘れて眺めていたくなる。


 最後は産業の2本柱であった製糸業を興した片倉兼太郎の残した施設である。
服部美術館から徒歩2~30分で行けますよと教えられたが、さすが疲れたのでタクシーを。
 今は観光がウエイトを占めている町。地域が狭いこともあってどこにいてもタクシーは
10分ほどでやってくる。しかし都会のように流しはない。
諏訪観光はレンタカーもしくはレンタサイクルがいい。湖畔の道をサイクリングはそれだけでも楽しかろう。


 片倉館は大正末期にヨーロッパや北米などを視察した片倉兼太郎が、地域住民への福祉施設が充実していることに感銘し、片倉同族の有志から基金80万円(現在の数十億円)を集めて
温泉大浴場やサウナなどを備えた文化福祉施設を建設した。現在は昭和3年に完成したほぼそのままの姿で住民や観光客の公衆浴場として解放されている。
 当時としてはモダンな洋館で設計は森山松之助。彼は多くの官庁などを手がけ、現存代表作としては旧久爾宮邸(現聖心女子大学パレス)新宿御苑などがある。
 天然温泉をたたえる大浴場は大理石造りの浴槽で、100人風呂と呼ばれる広さで1.1メートルの深さがあり、底には玉砂利が敷かれて足裏に心地よい刺激がある。(私も体験入浴)
 周囲の装飾もステンドグラスや彫刻を配し、当時としては肝を抜くほどの豪華さであったと
思われる。

 この日の宿は「紅や」さん 表や玄関周りはこのごろ風の洋館だが中は和洋折衷
おそらく近辺での老舗と思われる。用意されていたのが1人の私にはもったいないような
広い豪華な部屋。ミニキッチンがあって食卓にも仕事用にもなる広いテーブル。湖を見下ろす応接セット 隣の和室は10畳か。最上階の露天風呂は高さと外の暗さで余分なものが見えないのでまるで諏訪湖が温泉になって漬かっているような快い錯覚。食事も品数だけでなく
1品1品が美しく美味。満足このうえない。帰りたくないような宿だった。

 長々と読んでいただいてありがとうございました。

コメント

諏訪観光 その1

2014-10-04 11:53:29 | 日記

 諏訪はこじんまりして明るいいい街だ。


湖面に光が反射している。湖周16キロだからハーフマラソンが人気高いらしいが、
健脚なら歩けない距離でもない。その湖を囲んでいくつかの美術館が近距離にならんでいる。
諏訪は大社と中仙道の宿場町と美術館の町である。大社は昨日参拝したので朝からタクシーに乗って昔の風情を残す宿場街道を見て、宿から一番遠い美術館で降りる。後は徒歩を楽しむ。
湖周の道はマラソンロード・ジョギングロードとして赤土で歩きやすく整備されている。




 下の写真の中央に富士山が見えるのがわかるだろうか。肉眼ではくっきりしていたのだが
写真機の性能がここまでなのか、腕が悪いのか。残念!

コメント

茅野 諏訪観光

2014-10-03 14:19:48 | 日記
 以前から行ってみたかった茅野と諏訪へ、塩尻での短歌会参加を機に足を伸ばした。

 まず茅野 お目当ては藤森照信氏設計の神長官守矢資料館と木の上の小部屋


 藤森氏は元東大建築科教授で本来建築史の専門家ではあるが、ユニークな活動をされたことでこの世界ではつとに有名でファンが多い。私とは畑違いでご縁がないが、去る平成26年に
『黒幕といわれた男』を著したとき、ある方の仲立ちで毎日新聞にとてもいい書評を書いてくださったのである。

 この長い名前の(じんちょうかん もりや)資料館は古代から明治まで諏訪神社の「神長官」という役職を務めた守矢家の資料を保存展示している。
 森矢家は古事記に由来する家系であり、なんと明治まで一子相伝でその神事を守り伝えてきたのである。明治になって男児に恵まれず神事を承継することが出来ず、資料のみが守矢家に保管されていたものを平成3年になって資料館が整備されこちらに移管された。

 藤森氏は守矢家と目と鼻の先に生まれ、資料館の建っている辺りを遊び場として育ってきたことから、そこに物を建てるなら自分しかいないと設計した。資料館の窓からは藤森氏の生家が見えていた。90歳を超えたご両親がご健在とのこと。

 建築学的には見た目は自然素材だが実際は鉄筋コンクリートを自然素材でくるんでいる。
外壁はサワラの割り板で室内の壁はワラを色つきモルタルに混ぜて塗り、表面を荒らしたあと土をスプレーで吹きつけた。ガラスはステンドグラス用の手吹きガラスで気泡が入っている。
屋根は諏訪産の鉄平石を葺いている。ほかにも拘りが多く、建築を志す人たちの見学が絶えない。

 添付したまがまがしい写真は、江戸時代まで諏訪神社において執り行われた御頭祭(おんとうさい)の供え物である。現在は3頭の剥製を供えて4月14日に行われるが、当時は75頭の鹿の生首が供えられたという。守矢家はそのような神事を司る責任者であった。

 資料館横の畑を少し登ったところにある2本の木にハンモックのように吊るされているのが
高過庵である。ちょっと高すぎたなあ・・・とこの名がつけられた。木の上の部屋は二つあるのだが、片方はメンテナンス中でブルーシートがかかっていた。それは高い梯子をかけて登るそうだが、もう一方は滑車で吊り上げると。

 参ったのは足の便の悪さ。茅野駅から資料館までバスがあるのだが午後は1時と4時のみ。それに乗って資料館で降りれば次のところへ行くにも駅に戻るにも足がないことがわかって
タクシーを借り切った。贅沢ではあったが、運転手さんが地元の人だからいろいろ説明しながら諏訪大社や原田泰治の美術館など要領よくめぐってくれて、翌日の諏訪観光についても
予備知識やみどころを教えてくれて、これはこれで感謝感謝!

 長くなったので、諏訪についてはまた近日。  
コメント

全国短歌大会in塩尻

2014-10-02 11:01:27 | 日記
 自分の所属する結社「塔」以外に投稿参加したのは初めてである。
動機は不純ながら茅野や諏訪の観光に近いからであるが、このことは別稿で書くことにする。

 塩尻の歌会は28回を重ねるというが、市を上げての大行事、町おこしなのだ。
駅の改札には和服姿の若い男女が迎えてくれて、1人や2人でない関係者が案内する。
駅から会場まではずらりと紫色の歓迎旗が並んでいて迷いようがない。
 会場横の広場には蕎麦の屋台や赤彦汁という味噌汁が出ていて、ほかに地元の銘菓や手仕事民芸品が売られている。そのスタッフのほとんどが主婦などのボランテイアなのだ。

 歌会の様子は10月25日(土)の午後NHKのETVで放映されるそうだが、
選者は岡野弘彦・馬場あき子・佐々木幸綱の3氏。歌壇では最高峰の方々で、
入選作品については丁寧な評と表彰があった。応募総数は2500を超えていると思われる。その中での40名あまりの入賞者は誉れ高いことであるが、意外と平明でわかりやすい作品が選ばれていて、新しさを狙ったようなものや思索的に難解なものはなかった。

 そのあと、穂村弘・東直子のトークイベント「時代を映す恋歌」が行われた。
この2人は若手として活躍中の方だが、掲出された歌の中にはまさに今風なものがあり、
高齢者の多かった会場では少し受け入れがたい人もいた。
  「したあとの朝日はだるい 自転車に撤去予告の赤紙は揺れ」岡崎裕美子
 何をどう詠んでも自由とはいえこの即物性には共感できない。シモネタみたいだ。
私が穂村氏に拒否感を伝えたら「晶子だって露骨なこと詠っています」との返事。うーん。

 このあと、小学生を中心とした音楽劇が上演された。大人が子どもに地域の昔話を
聞かせる筋になっているが、万葉集や太田水穂の歌、昨年度フォーラムで入選した歌、地元の
小中高校生の歌がふんだんに映し出されて子どもたちの素直な歌に心和んだ。

 さらに選者たちとの懇親会が行われた。ここでもサービスに努めてくれたスタッフは
全員市の職員だった。ウエイターやウエイトレスの衣装にニコニコワインを配ってくれる姿に
大きな都会では考えられない。ちなみに駅頭で和服を着て迎えてくれたのは水道局の職員だった。

 翌日は塩尻の短歌ゆかりの地を小学生の案内でめぐった。町の街灯には27年間の入選歌が
刻まれ、水穂の生家や歌碑などをめぐり、最後は短歌会館へ着いた。そこでも横の広場で地元の主婦たちによる大きなおにぎりや水穂汁をふるまわれた。皆さんのエネルギーを感じ
子どもたちの美しい言葉遣いやきちんと正座しておにぎりを頬原姿勢にも感心した。
コメント (1)