縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏の冷え

2014-05-20 16:01:05 | 冷え症
今回は、夏の冷え対策についてです。

夏は、冷房や薄着による体の外側の冷えだけでなく、飲食による内側からの冷えが入り込みやすい季節です。


血行が悪くなり、子宮が冷えてしまうとホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、不安感・イライラ・やる気が出ないなど心の状態も不安定になります。

体温の調節は、自律神経がつかさどっている為、体が冷えると交感神経(体を緊張させ活動的にさせる働き)が優位になり、抹消の血管を収縮させ体の熱を外へ逃がさないように働き始めます。

そうすると、体は常に緊張状態となり冷えだけでなく様々な不調を引き起こしやすくなります。

夏を、快適に乗り切る為にも、冷え対策を今からしっかりと行いましょう


体の外側から温める

湯たんぽ・腹巻などを使い外側から体を温めます。

特に大切な部位は、下腹部・腰周り・太ももです。子宮や内臓に近い場所を効率よく温めましょう!
また、足湯や自宅でできるせんねん灸もお勧めです。

体の内側から温める


冷たいものが美味しい季節になりますが、食べ物・飲み物を工夫して体を内側から温めましょう。

冷えが気になる方には、飲み物は常温以上のもの・食べ物も加熱した温かいものをお勧めします。

生野菜や生物は体を冷やしてしまいます。

体を温め血行を良くする作用のある食材を上手にとりましょう!
・根菜類・・・大根・人参・さつまいもなど


・大豆・・・黒豆・納豆・豆腐・みそなど


・ビタミンE・・・ごま油・オリーブオイル・かぼちゃ・アーモンド・抹茶(粉)など


骨盤内の血行をよくする

骨盤内には、子宮や膀胱があります。ストレッチ・ウォーキング・ヨガなど軽い運動で骨盤内の循環をよくしましょう。

この中でも、ヨガは呼吸法も一緒に行えるので、リラックス効果も高くお勧めです。