縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自律神経について③

2013-10-02 22:05:37 | 自律神経失調症
今日は、副交感神経について書きます。


副交感神経とは、「休息と食事のシステム」とも呼ばれ、睡眠中や食事中などの、体が安静な状態の時に最も活動しています。

日中に溜まった疲れを睡眠中に修復・回復してくれます。

消化・排泄などでも活躍し、副交感神経が優位になる事で、胃酸が分泌され腸の運動が活発になり食物の消化・吸収をします。

血圧や心拍数を減少させゆっくりとした呼吸になり、体をリラックスさせエネルギーを蓄えます。

食べ過ぎや運動不足などで副交感神経が過度に働くと、すぐに疲れてしまう、落ち込みやすい、朝起きるのが辛いなどの症状が表れやすくなります。

また、副交感神経は、※リンパ球も支配しているので過度に活動すると、免疫が過敏になってしまい、喘息・花粉症などのアレルギー性症状も引き起こされてしまいます。


※リンパ球・・・細菌やウィルスなどから体を守る免疫システムの一部です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 自律神経について② | トップ | 夏の冷え »
最近の画像もっと見る

自律神経失調症」カテゴリの最新記事