縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テクノストレス(VDT症候群)

2010-05-19 21:02:47 | テクノストレス(VDT症候群)


今日はテクノストレス(VDT症候群)についてです。

VDT症候群とは、長時間のパソコン作業などにより起こる様々な症状を言います。(VDTとはパソコンやゲームなどの画面を表示する機器の事です。)

・眼の疲れ、乾燥、かすみ、眉間の圧迫感

・強い首、肩こり・痛み(芯があるような、肩の奥が凝ったような凝り感)

・腕や手の腱鞘炎のような痛み

・吐き気、胃のもやもや感症状

・イライラ感

などの症状がでます。当院はオフィス街にある為、この症状を訴えて来院される女性が非常に多いです。

原因は、眼の酷使や長時間同じ姿勢での作業により上半身が緊張状態になり凝り固まってしまう為です。また背中や肩周りが硬くなると自律神経も圧迫されるため自律神経の症状も起こる事があります。



治療は、まずはしっかり凝りや疲労を緩めます。
針が大丈夫な方には、しっかりと打ちこみ、吸い玉も使用し背中から疲労を抜きとり循環を良くします。
敏感な方に対しては、細い針を使用した浅針やテイ針(刺さない針)で治療を行っております。丁度いい刺激で、緊張せずリラックスして受けて頂くことで凝りがゆるみ蓄積された疲労が抜けていきます。







水について

2010-05-18 23:56:03 | 東洋医学について
縁鍼灸院の小池です。

今日は、“水”についてです。

水は正常な状態では体を潤し、興奮を静めて疲労をとってくれますが、塩分の取り過ぎ、睡眠不足、胃腸の不調などで体内の水の巡りが悪く(水分代謝やバランスの乱れ)過剰になるとむくみ、めまい、冷え症、耳鳴りなどをおこします。

また、梅雨の時期は湿度が高くなるため余計に体内の水分を外にだせなくなってしまいます。余分な水分が関節や下腿にたまる為足のだるさや関節の痛み、重だるさを感じやすくなります。

生野菜や果物のとりすぎ、肉、油など胃腸に負担のかかる食べ物は体に余分な水や湿気をためてしまうので、温かい物をとるようにし軽い運動で汗をかき体の水はけを良くすることも大切です。

食べ物や生活を少し気をつけるだけでも、梅雨シーズンを楽に過ごすことができます




広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ


島根院のブログ





気について

2010-05-17 22:22:15 | 東洋医学について
縁鍼灸院の小池です

今日は“気”についてかきます。

「元気」「やる気」「気分がふさぐ」など気という言葉よく使われますね。

気とは生命力の源で血液など全ての物質を全身に輸送し、また汗や尿などを体外へ排出する動力源でもあります。気が全身を巡ってくれるおかげで消化吸収や循環などがスムーズに行われます。

気は呼吸により鼻か喉を通じ体内に取り入れられたり、飲食物から体内に取り入れられ消化吸収作用により作り出されます。


気が不足した状態を気虚といい気の不足は消化吸収能力の低下を招き栄養が不十分となり免疫力の低下など様々な活動性が低下し胃弱、アレルギー疾患、無気力などの症状があらわれます。

気が滞っている状態を気滞といいます。気の流れが体のどこがでつまったり、本来の流れに逆らい逆流することで起こり、腹部の張り、過食、呼吸が浅い、イライラ感、冷えのぼせなどの症状があらわれます。

気虚の方は、気を補う事が大切です。消化の良い食事と睡眠、体の保温などが気を補います。激しい運動やサウナなどで汗をかくと気が消耗してしまうのでNGです。

気滞の方は、仕事などで無理をしすぎてストレスをためないように心がけることが大切です。ストレスを紛らわせるために暴飲暴食してしまう方が多く、呼吸を整え心を安定させると食事量も自然と減ってきます。




広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ


島根院のブログ





血液について②

2010-05-16 23:05:50 | 東洋医学について
縁鍼灸院の小池です。

今日は東洋医学から見た血液“血”について書きます。

血は全身を循環し内蔵、筋肉、皮膚などに栄養を送り体の機能を活発にしてくれています。
この血を全身に運んでくれているのは“気”だと考えています。
そのため精神疲労などにより“気”を消耗してしまうと気虚となり血行が悪くなり、むくみ、冷え症、倦怠感などの症状があらわれます。

気が十分にあっても“血”が不足した状態を血虚といいます。栄養不足になるため血が全身に循環せず肌が乾燥する、眼が疲れやすい、不眠などの症状があらわれます。

また、激しく怒ったりするとよく頭に血が昇るなどと言いますが、血は体に栄養を巡らせるだけでなく血の過不足は精神や感情面にも影響を及ぼし、また精神的なストレスを受けることで血の運行に変動をきたしたりもします。

食べ物などから血や気を補う事もポイントですが、日常生活で深呼吸をしたり自然に触れるなどのリラックスタイムを設けることも大切です







広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ


島根院のブログ






血液について

2010-05-15 23:57:45 | 養生について
縁鍼灸院の小池です

今日は血液についてです。

血液は酸素やホルモンを全身の細胞に運んでくれ、また体にたまった老廃物を回収してくれます。
貧血の女性は多いですが、貧血になると鉄が不足し“疲れやすい”“やる気が出ない”などの症状が現れます。

血液をなめると鉄の味がするのは鉄(ヘモグロビン)が赤血球に酸素を結び付けてくれているからです。
全身に酸素を送る為にも鉄をしっかり補給することは大切です。

鉄分の多い食材は、赤身の肉、貝、大豆、海藻などです。

鉄は吸収されにくいミネラルなのでビタミンCやクエン酸(柑橘類に多い)を一緒に摂ると良いですよ。


血液の質を高めることは健康にも美容にもとても大切です










広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ


島根院のブログ