縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストレスと便秘

2011-11-11 22:04:14 | 便秘
体がストレスを感じると、自律神経のうちの交感神経が優位になり、

脳へより多くの血液を送るために、腸の働きはセーブされます。

ストレスを感じると、便秘になる方や、お腹にガスがたまったように

なるという方は、体調に合わせて食事をととのえ

腸への負担を軽減させてあげましょう。

便秘を解消するために、食物繊維をとるように心掛けている患者さんは

多いのですが、実は食物繊維には2種類あります。

1つ目は不溶性の食物繊維、もう1つは水溶性の食物繊維です。

不溶性の方はいも類やまめ類ごぼう、ゆりねなどに多く含まれます。

この食物繊維は水に溶けず腸を刺激し、

便の排泄を促進します。

一方、水溶性の方の食物繊維はわかめやきのこ、こんにゃく、こんぶなどに多く含まれています。

水に溶けやすく腸内の水分を吸収し、またブドウ糖の吸収をゆるやかに

食後の血糖値の急激な上昇をふせいでくれます。

またストレスが強いときには、玄米などは消化が悪いので控えましょう。

また、腸内の健康にはオリーブオイルもおすすめです。

ビタミンEやオレイン酸が豊富で、

体内で脂肪の酸化をふせいだり、

腸を刺激して便通をスムーズにしてくれます。

食物繊維と一緒にとるといですよ。







広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ



ほのぼのブログ




ココロと体のブログ










女性の便秘

2010-05-05 21:45:32 | 便秘
縁鍼灸院の小池です。

今日は便秘についてです。

女性はホルモンの影響や筋力の弱さから元々便秘になりやすい傾向にあります。

便秘を大きく2つにわけると、不規則な生活習慣と食生活の乱れが原因で腸の働きが弱って起こる弛緩性便秘と、ストレスなどにより過度の緊張状態になる事で大腸が過敏に反応し痙攣をおこし便秘と下痢を繰り返す緊張性便秘があります。
弛緩性便秘は内蔵下垂の方によくみられます。
また、毎日排便があっても残便感があったり排便に苦労する場合も便秘と言えます。

便秘をおこす原因は

・ストレスが多い

・偏った食事・不規則な生活

・トイレをがまんする

・過度のダイエット

などです。

東洋医学では、胃腸を動かす仕組み〝胃気”の滞りと考え、気や血の巡りが悪くなっている気滞血オ型(冷えやストレスなどにより悪化しげっぷやオナラ腹の張りなどを感じます。)と体の水が不足し体全体に潤いが無くなろことで便が乾燥し硬くなる陰虚型(睡眠不足や疲労の蓄積により症状がつよくなります。)にわけます 。


胃腸や自律神経のツボなどを刺激し必要があれば腹部や腰部への温かい温灸を行います。

便秘は治療+腹筋を鍛える、食生活をただす、冷え症の改善などの養生も大切です。


広島市・中区にある縁鍼灸院ホームページ


島根院のブログ