社会福祉法人長寿会(陽光の園ブログ)

神奈川県小田原市入生田475
http://www.kanagawa-roushikyo.org/tyoujyu/

春の予感(桜と菜の花)

2020年02月20日 | 自然
神奈川県小田原市にあるわが陽光の園は観光で有名な箱根の入口にあり豊かな自然に囲まれています
今年は暖冬と言われていて例年より暖かい冬の影響か陽光の園の周りの自然も春の兆候が見え始めています。

早咲きの桜が花をつけ始め7分咲きぐらいになっている木もあります
道端では菜の花が咲き始めているんですね


陽光の園は春になると観光客が多く訪れるんです。
実は近くに樹齢340年の長興山紹太寺のしだれ桜(高さ約13m、株元周囲約4.7m)があるんですよ
(下の写真は数年前の春のしだれ桜)

春に陽光の園にいらしたときは一度こちらもご覧くださいね

コメント

節分で鬼は外&桃太郎物語???

2020年02月04日 | デイサービス
2月3日は節分です。「鬼は外!福は内!」と豆まきを行いますよね。
そこで、節分で豆まき・・・と思いきや、デイサービスでは何やら桃太郎物語を織り交ぜて寸劇が始まりました

桃太郎がイヌ、サル、キジを引き連れて鬼退治までは同じでしたが・・・
なんと、最後に桃太郎が鬼に負けてしまいましたよ


そこで、ご利用者の方が桃太郎の仇とばかりに鬼たちへ一斉に豆まきです
陽光の園ではご利用者が鬼を退治してくれました
職員はほぼ練習なしでアドリブが多く飛び交い毎日奇想天外に物語が展開してました。
そんなオリジナリティにあふれた劇でご利用者も笑顔があふれていましたよ
最後はオールキャストでカーテンコールです


追伸:3階介護課でも節分が行われこちらはカゴに向かって豆玉を入れていました


コメント

年6回の防災訓練

2020年01月22日 | 職員
陽光の園には多職種(介護、デイ、相談、ケアマネ、医務、調理、事務)の職員で構成される委員会があります
能力開発研修委員会、苦情解決サービス向上委員会、事故防止委員会、感染症委員会、個人情報保護委員会、虐待防止委員会、衛生委員会、行事委員会、広報委員会、福祉物品委員会などなど
その中で防災委員会は年6回も防災訓練を企画しています。昼間火災、夜間火災、巨大地震、全館停電非常時など
今日は昼と夜の間の19時を初想定して行いました。
昼間の職員はいないが遅番の職員などが残っている状態です。

3階の西談話コーナーから火災発生で消化器で初期消火です


同時に防火シャツターを閉じて防火区画を形成します


全館で残っている職員が一斉に3階西棟にかけつけ東棟へご利用者を移動させ避難完了です


その間には消防署との通報や施設管理者と非常電話など色々な電話通報訓練も行いました。
春には全館停電の防災訓練を予定していて、高齢者を防災の視点から守る訓練も行っています

追伸:終了後にはしっかり反省会も行いました

コメント

陽光の園で初詣&駅伝大会

2020年01月07日 | イベント
お正月の風物詩になって来ているスポーツといえば箱根駅伝を上げる人達が多いです
実はわが陽光の園は箱根駅伝の山登り区の中継地点に近く以前は応援に行っていましたよ。

今年も箱根駅伝に似せて施設内で陽光大学と長寿大学に分かれて駅伝大会を行いました
皆で準備体操をしてレッツゴー

襷(たすき)をつなげながらデットヒートを繰り広げて最終ランナーで職員も加わり・・・
最後は理事長から両チームにトロフィーの授与が行われましたよ

もちろん、お正月ですから鳥居を作って初詣をしたり、おいしいおせち料理をお正月の音楽や飾りの中でいただきました
今年も体に気を付けて1年を過ごしましょう
コメント

令和2年元旦、あけましておめでとうございます ~長寿会の歴史~

2020年01月01日 | 施設
長寿会は小田原で一番歴史のある社会福祉法人となります。毎年恒例ですが、わが長寿会の歴史を振り返りましょう
昭和27年、現在の加藤馨理事長の父親(加藤泰紀)による戦後の浮浪者や街娼婦等の自立更生活動に始まります
翌年の昭和28年、その福祉の精神から身寄りのない高齢者のため有料老人ホーム長寿園が入居者5名で始まりました。
当時は木造の老人ホームであり周りにはミカン畑が多くあったでそうです。


昭和53年に特別養護老人ホーム陽光の園を開設(定員80名)、その後、短期入所(20名)、デイサービス(定員30名)、ケアマネ事業と大きく発展しました

平成18年からは地域に出向いて介護予防教室として高齢者筋力トレーニング事業
平成27年からは小田原市からの委託を受けて地域包括支援センター(しろやま)を開始

国際交流も盛んでEPA(経済連携協定)として介護福祉士を目指す外国人を受け入れたり
中国から視察が来たり、理事長もヨーロッパへ視察に行ったり

平成28年には黒岩県知事から天皇誕生日に際しての御下腸金(ごかしきん)をいたただくという名誉なこともありました


今年は神奈川県から優良介護事業所として表彰を受けましたよ

介護保険が導入され他業種が介護事業に参入していますが、元々福祉の精神から始まって発展したのがわが社会福祉法人長寿会です。
これからもその精神を忘れずに皆さまと共に歩んで行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします

追伸:今では鉄筋コンクリートの立派な建物になっています

コメント

クリスマス衣装で送迎も!

2019年12月26日 | デイサービス
12/25はクリスマス
陽光の園ではクリスマスソングやベル演奏をしたりとクリスマスイベントを色々と行いました

デイサービスでは職員がクリスマス衣装に身を包み雰囲気を盛り上げましたよ(トナカイもいます)
ご利用者もサンタがかぶる「クリスマス帽子」をかぶって記念撮影を行いました。


そして、なんとご利用者を送迎するときもそのままで行きました


ご家族の方は玄関を開けるとサンタさんがいたりとちょっと驚いたかもしれませんね。
季節感を大切にする陽光の園でした

追伸、お見送りももちろんクリスマス衣装です
コメント

24時間テレビから福祉車両寄贈

2019年12月16日 | 施設
毎年、夏に24時間テレビが行われ、その募金は色々な形で福祉等に使われています。
今年、わが陽光の園はこれに応募し厳しい審査を受けて見事に福祉車両が寄贈されることになりました

先日、日本テレビで贈呈式が行われ理事長等が出席し福祉車両の目録等をいただきました


そして、本日その福祉車両が届きましたよ
車はダイハツの「アトレースローパー」という車で、後ろがスロープのようになり
車イスを自動で車内に上げてくれる優れものです


この車で、ご入居者を通院に連れて行ったり、デイサービスでお迎えに行ったりと重宝しそうです。
皆様の募金が元になっている車ですので大切に使わせていただきます
ありがとうございました




コメント

陽光の園版「ハカ」の踊りを披露-RUN伴(ランとも)スタート地点-

2019年11月24日 | 職員
RUN伴(ランとも)おだわら2019が開催されました
RUN伴(ランとも)は認知症の人や家族や支援者などがタスキリレーを通して認知症を普及するイベントです

わが陽光の園がひとつのスタート地点となり、ラグビーワールドカップにちなんだパフォーマンスを披露しましたよ
ニュージーランドチーム「オールブラックス」の黒のユニフォームにランともカラーのオレンジのはっぴを準備して「陽光の園版ハカ」を太鼓の音に合わせてパフォーマンスです

そして、ラインアウトとして理事長からボールが投げ込まれランナーへとパスして行きました


ご利用者も応援に加わり風船が空高く舞い上がりましたよ
 

ランナーには当施設ケアマネジャーのMさんが参加し無事次のランナーへタスキを渡しましたが
その後も走り、結局合計20キロメートルを走りゴールまで行ったということです
なんとタフなケアマネジャーのMさんです


認知症の普及にも努める陽光の園でした


コメント

ホトトギスのまだら模様の花

2019年11月15日 | 自然
陽光の園にピンクのまだら模様の花が咲いています。
ホトトギスです

ホトトギスというと鳥を思い浮かべてしまいます
俳句や短歌に出てきたり、特許許可局(トッキョキョカキョク)」とか
「テッペンカケタカ」と鳴き声が聞こえるとか。。。
鳥のホトトギスは春から夏にかけて日本に渡って来て子育てをします

鳥のホトトギスは胸がまだら模様で花のホトトギスの名前はここから来ているとか・・・
そしてこのホトトギスの花は日当たりの良いところよりちょっと日影がかった所の方を好むようです
これから秋の花も楽しみな陽光の園の自然でした

ホトトギス(ユリ科)
 花期:8月~11月
 花の大きさ:2センチ~3センチ
 茎の大きさ:40センチ~80センチ
 半日陰で湿気のある場所を好み茎に沿って多くの花をつける
コメント

神奈川県優良介護事業所の表彰を受けました!

2019年11月11日 | 施設
神奈川県では介護に頑張る事業所を応援する取組として優良介護事業所を表彰しており、今年はわが陽光の園が選ばれました

実はこれがかなり審査が厳しかったのです
まず「介護サービス等向上宣言」を行います。その後、書類審査がありこれが多肢に渡るんです

要介護度の維持改善、、看取介護の取組、日常生活の困難な人の受入割合などから始まり、介護福祉士の割合、職員の離職率、研修実施状況、有給休暇や育児休暇等の取得率などなど
書類審査後には施設に来て証拠書類を確認されてまるで監査のようでした

結果は見事審査を通過し「ベスト介護セレクト20」に選ばれ黒岩県知事から加藤理事長が表彰受けるにいたったのです。
この表彰は賞金が出るのでそれもちょっと待ちどうしいです。
また来年も選ばれるよう努力して行きたいと思います

★わが陽光の園の施設紹介パネル


★応募した写真のひとつ


追伸:当日はタレントの新田恵利さんが母の介護をテーマにして講演も行われました
コメント

職員会議ー職員表彰・入職職員紹介・記録の電子化・キャリアパスー

2019年10月28日 | 職員
今日は年2回の職員会議です

まずは職員表彰として全国老人福祉施設協議会から15年表彰としてSさんが選ばれました(左上)
その後、新しく入職した職員の紹介です(右上)

次に記録の電子化ということで(株)日興テクノスの方々に説明いただきました(右下)
現在、陽光の園では記録の電子化をプロジェクトチームを作り進めています


手書きの記録は同じことを何回も書いたり過去のご利用者の記録を紙で探していきます。
将来的には・・・ある記録が各部署で見れるようになったり、ひとつの記録が出来上がると他の記録へ自動的転記されたり
あるご利用者の記録をボタンひとつで数年間の経過を見れたりする予定です
電子化の導入は大きな費用がかかりますが職員の負担軽減が最終的な目標になります。


そして、キャリアパスと言ってキャリアアップの道筋や職務の基準表などの状況報告がありました(左下)
これから働く上でどんなことを目標にしてステップアップしていくかなどです
今後は、各階層ごとの研修を加えていき職員と一緒に作り上げていく予定です 

陽光の園は、表彰・記録の電子化・キャリアアップなどなど職員の将来につながるような取組を進めていますよ



コメント

ミュージックベル演奏

2019年10月18日 | イベント
陽光の園には音楽療法士がいて音楽を通しての活動が大変盛んです(リハビリにもなります)
今日はミュージックベル演奏会を行いました。
曲目
富士山(歌体操)、あんたがたどこさ(鞠[まり])、川の流れのように(ベル)
カレンダーガール(ベルと足ダンス)、幸せワルツ(カスタでチャチャチャ)

この中には100歳を超えている人もいるんですよ
曲によりベルを鳴らしたり手で表現したり足に音が鳴るものをつけて足踏みしたり・・・


過去にはコンテストで2回ほど銀賞を受賞してるんです
ちょっとした陽光の園の自慢のグループでした


コメント

安全運転講習会です

2019年10月03日 | 職員
介護施設では車を運転することが実は多いんです
デイサービスやショートスティでお迎えに行ったり、ご入居者を病院に連れて行ったり、ケアマネさんはご家庭を訪問したり・・・
そこで、トヨタレンタリースの方々にご協力いただき安全運転講習会を行いましたよ

まずは運転席からは見えない「死角」です。

車の周りにカラーコーンがたくさん置いてありますがこれはすべて運転席からは見えていないのです
運転席の左右の窓柱ってけっこう見えなくしているんですね


次は後方の距離感覚です。
バックして後ろにある塀などとの距離感覚をつかみました(実際メジャーで測る)
 

最後に内輪差ということで内側と外側のタイヤのまわる大きさの違いも学び注意することができそうです

今日の講習会を生かしてこれからも安全運転を心がけます
コメント

煙を外に出す排煙装置作動(火災訓練です)

2019年09月20日 | デイサービス
火災で亡くなるのは実は火より煙だそうです
先日の京都で爆発火災も一酸化炭素中毒が多かったとか・・・

そこで今日の防災訓練は煙がテーマです
まず、煙を外に出す排煙装置を開ける訓練を行いました
よく見ると多くの窓の上にはボタンで開く排煙装置がついているのですね
事前に防災委員が排煙装置とそのボタンの場所をチェックしておきましたよ

1階ロビー吹き抜けで火災発生想定では1階2階3階の吹き抜けの防火シャッターを降ろして防火区画を作り煙を屋上の排煙装置から出るようにします

同時に、1階ご利用者を外のベランダに避難誘導して外へ逃げる訓練です

職員の感想は
「排煙装置の存在すら知らなかった」「排煙装置の点検を定期的に行う必要性を感じた」「防火シャッターのボタンが3つありやってみないとわからいものだ」「ベランダへの避難はスムーズに行えたと思う」などなど・・・良い経験になったようです。

陽光の園では各部署の職員からなる防災委員会があり年6回防災訓練を行っています。
高齢者の命を守るために防災にも力を入れている陽光の園でした
コメント

敬老式典(花束!)&演奏会(バイオリン等)

2019年09月17日 | イベント
皆さん、花束とプレゼントをもらってうれしそう


今日は敬老式典とお楽しみ会を開催
時田小田原副市長さんも来園しお祝いの言葉をいただきました。

88歳の米寿のお祝いのFさんAさん(2人)、100歳の百寿の祝いのYさん、101歳のお祝いのKさんAさんKさん(3人)、103歳の祝いのMさんAさん(2人)、105歳のお祝いのMさんです

小田原市の男性最高齢は105歳なので年齢は同じです(生まれた日にちが少し遅いらしい
ヒマワリとユリなどの花束とひざ掛けのプレゼントをもらい喜んでいました

演奏会はバイオリン、チェロ、フルート、ギターを奏でる「HoroHoro」さんに来ていただき上を向いて歩こうなどポピュラーな曲を中心に楽しんでいただきました。
知っている曲が多かったので合わせて手拍子が出来たりしましたよ


また来年もいっしょにお祝いしましょうね




コメント