Domのデジカメ見聞録

写真を中心にしたフォトログをつくります
“Domとは、スイス国内最高峰(4545m)の山名です”

清水公園花ファンタジア

2018-05-19 15:40:58 | 写真関係

カメラサークルの撮影会で、野田市の花ファンタジアに行って来ました。
天気予報では一日中曇りとのことで、花の撮影には絶好の日和と思っていたら、
生憎の快晴となってしまいました。そして真夏日のような暑さに参りました。

お目当てのバラ園は、見頃を過ぎた感じでしたが、一応は見られる状況でした。
私は花の名前は聞いても直ぐに忘れてしまう花音痴です。間違えて恥を掻くといけないので、
敢えて花名は書き込みませんでした。


花ファンタジアは、東武アーバンパークライン清水公園駅下車、徒歩約10分の所にあります。


バラの他にもいろいろな花が咲き乱れています。


バラ園

 

 
スイレンもちらほら咲き始めています。

 

 


温室の花々

 
隣接するフィールドアスレチックでは、中学生達が元気に飛び跳ねていました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

❝つもり❞ 10訓

2018-05-12 14:15:22 | 講座

このところ腹具合が悪くて外出もままならず、ブログのネタ切れが続いています。
そんな訳で、先月の英語サークルでメンバーが発表してくれた一文が面白かったので借用しました。

上記10訓の英訳

座右の銘としましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北総ウォーク

2018-05-05 16:38:12 | 街歩き

連休にも拘らず出掛ける予定もなく、暇を持て余していたところ、5月4日の北総ウォーク企画を見付けて参加しました。
この企画は、運賃が日本一高いと評判の北総鉄道の主催です。たったの10分間乗車で450円も取られました。

当日は、爽やかな五月晴れとなり、お目当ての鯉のぼりも勢い良く泳いでいました。




北総線秋山駅前のスタート受付には、数百人の長蛇の行列 


全長約12Kmのコースですが、早く鯉のぼり会場に行きたかったので、この先でショートカットして
約半分に短縮しました。


国分川鯉のぼりフェスティバル会場 600流余りの鯉のぼりが掲揚されています


クレーン車で会場を俯瞰するサービス


ゴールの北国分駅で、完歩証と飲み物を頂く。ズルして半分しか歩かなかったのに、こそばゆい!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

53年前の憲法記念日は

2018-05-03 14:28:18 | スキー

53年前(1965年)の憲法記念日は、山形県の鳥海山頂に居ました。
まだ、憲法は大事にされていた平和な時代でした。

鳥海山は、山形県と秋田県の県境に位置する日本百名山で、出羽富士と称される名山です。
この山は、私にとって思い入れの深い山の一つです。
以下は、私のホームページからの転載です。

学童疎開地で毎日眺めていた山 : 鳥海山
昭和19年(1944年)8月、小学校3年生の私は学童集団疎開で、山形県の日本海に面した湯野浜温泉にやって来ました。
到着して海岸に出て見ると、その裾野を日本海に落した優美な山容が目に入りました。
咄嗟に「富士山が見える!」と叫んだのですが、はてな富士山が北の方角にあるのは変だと気が付きました。それが、出羽富士と謳われる「鳥海山」でした。
山でも街でも方向オンチな現在の私にしては、小学3年生当時の方向感覚の鋭さが信じられません。

登山を始めてから、鳥海山はどうしても登ってみたい憧れの山になりました。その機会は、初めて見た時から19年後にやって来ました。
昭和37年(1962年)3月、山岳部のY先輩とF君の3人で、吹浦口(海抜0m)からスキー登山を試みましたが、この時は雪の状態が悪く頂上までは行けませんでした。
 ’62年3月「吹浦口からのスキー登山」

昭和40年(1965年)5月連休に2回目の挑戦で、湯の台口から登頂しました。この時のスキー滑降は、
私の山スキー経験の中でも、ベストと言える程の豪快な滑降を味わうことが出来ました。

 
鳥海山中腹にある滝の小屋(無人)で一泊      滝の小屋付近で一滑り

 
重荷を背負って                 小休止

  
頂上方面を望む                        最高峰“新山”へ最後の登り      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭の花'18

2018-04-29 15:31:56 | 草花

我が家の庭の花々が、例年より1週間以上早く満開になっていました。


樹齢50年を過ぎたオオムラサキ
 


白いツツジ


シラン


カキツバタ


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ヒトツバタゴ」てなんじゃ

2018-04-25 15:50:31 | 草花

「ヒトツバタゴ」とは、「ナンジャモンジャ」の別名を持つモクセイ科の珍木で、国の絶滅危惧種に指定されています。
昨日の朝刊に、市内の大学構内にあるヒトツバタゴが満開になったとの記事が載っていました。
午前中の強雨も午後には上がったので、早速駆け付けました。
例年は5月連休ごろ満開になるのですが、桜などの花々同様に今年はこの木も約1週間早く満開になったようです。
5年前の5月7日に行った時の写真も併せてご覧下さい。


1957年に植樹されたそうで、今や高さ8m強の大木となっています

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネモフィラ

2018-04-20 15:16:03 | 草花

ひたち海浜公園のネモフィラが早くも満開とのTV報道がありました。
海浜公園のH.P.によると、今年は例年より10日程早く見頃となっているとのことです。


4月19日撮影のみはらしの丘(ひたち海浜公園H.P.よりcopy)

私はネモフィラ見物に、過去2回行っています。
1回目は、’07年4月30日でしたが、ちょうど見頃になったばかりでした。

2回目は、’08年5月12日に写真クラブの撮影旅行で行きましたが、低温が続いた影響で5分咲きの状況でした。

斯様に、ネモフィラの見頃は年によって1ヶ月程の開きがありますので厄介です。
訪れる場合は、ひたち海浜公園H.P.の開花情報を見てからが賢明です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

’18写真展

2018-04-17 16:10:49 | 写真関係

所属する写真クラブの第18回写真展が、昨日から開催中です。
クラブ名「フォト2000」が示すように、2,000年に創設したクラブです。
設立当時のメンバーは、18年も経つと平均年齢80歳を超え、亡くなったり引退で半分以下に減ってしまいました。
今や後から加入した人達に運営を委ねているのが現状です。

 


講師の作品講評を聞く


私の出品写真


「朝が来た!」 フランス・シャモニーのホテルからエギーユ・デュ・ミデイを望む


「雨にも負けず~」 ひたち海浜公園のコキア


「穏やかな花見風景」 柏市・柏の葉公園
初日の来観者の一人が、この写真を譲って欲しいと言っていると、当番から連絡がありました。
私としては、他に適当な写真が無かったので、穴埋めに出品したものです。
他に素晴らしい芸術作品が沢山あるのに、物好きな人もいるものだと不思議がっています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12年前の今日は

2018-04-15 11:47:43 | スキー

今日のFacebookに、スキー仲間が月山スキーの様子を投稿していました。
私も参加したかったのですが、丁度定期健診日と重なってしまったので参加出来ませんでした。
月山春スキーには、2004年から3年続けて行きましたが、残念ながらスキーでの月山登頂は成功していません。

12年前の今日(2006年4月15日)は、最も月山頂上に近付いた日です。
その時の記録抜粋を、私のホームページから転記します。

『月山登頂にチャレンジ』(’06.4.14~16)

今年の4月も、3年連続で月山にやって来ました。昨年は快晴無風の好天に恵まれて、姥が岳から湯殿山へ縦走し、湯殿山の大斜面を快適に滑降しました。今年は月山頂上から湯殿山スキー場までのツアーに挑戦しましたが、風速20mを越す強風にあおられてメンバーの一人が約100m滑落したため、金姥で引き返すことにしました。この日は大勢の登山者が頂上を目指しましたが、殆どが途中で断念したようです。下山中にやはり強風で飛ばされた登山者がヘリコプターに救助されて行きました。4月とはいえ、月山はまだまだ手強い冬山の様相でした。少々甘く見ていたようです。よーし、来年またリベンジするぞ!


初日の足馴し。明日登る月山を眺める


リフト終点から姥が岳を望む


バックは朝日連峰


いよいよ月山目指して出発


前方が月山


まだまだ余裕


頂上目指すスノーボーダー達


登頂を断念して、姥沢からネイチャーセンターに下る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市立柏高校吹奏楽部

2018-04-08 20:38:40 | 展覧会・コンサート

4月7日(土)、近くの公園で全国大会金賞受賞常連校・市立柏高校吹奏楽部の演奏会が行われました。
前回の演奏会は4年前にあり、この時も鑑賞しましたが、演奏技術もさることながらダンスや独唱など
を取り混ぜたパフォーマンスで、いつも楽しませてくれます。
この5月連休には、上海市の音楽祭に招待されて、部員総勢160名で訪中することになっています。


会場風景


指導者として全国的に知られた指揮のI先生(中央)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

利根運河の桜

2018-04-04 20:35:26 | 草花

4月2日、脳トレウォーキングサークルの4月行事で、利根運河の花見を兼ねて東京理科大キャンパス見学に行きました。
今年のサクラは、都内では早くも葉桜になったとの情報もあり、遅過ぎたかと危惧したのですが、散り始めの状況でした。

コースは、東武野田線江戸川台駅→古墳公園→利根運河→理科大野田キャンパス→運河駅の約6Kmの道程でした。


約2Km続く運河堤防上の桜並木は、見応えがあります


強風に散り始めた花びら


対岸の東京理科大キャンパス

    
広大な野田キャンパス (サムネイル画像をクリックすると拡大表示します)


楽しみにしていた学生食堂のランチ  ↑ カレーセット310円

丁度、ランチタイムだったので、学生たちで満員状態でした


500円を超えるメニューはありませんでした

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

成田山公園の花見

2018-03-31 17:45:32 | 街歩き

昨日(3月30日)、会社同期7名で成田山新勝寺に隣接する公園の花見に行きました。
昨年は上野公園、一昨年は芝公園と都内の花見でしたが、鹿嶋市在住の仲間が参加し易い場所として今年は成田山を選びました。

桜は満開で時期はピタリと的中したのですが、桜の本数が少ないのが少々残念でした。
しかし、上野公園の混雑状況に比べて、人出が極端に少ないので、のんびり出来たのが救いでした。

先ずは成田山新勝寺を参拝した後、成田山公園の花見に移りました。


新勝寺総門


仁王門(重文)


大本堂

 
三重塔(重文)


医王殿(左)と平和の大塔

平和の大塔
 


成田山公園の桜
    
(サムネイル画像をクリックすると拡大表示します)
    

 
表参道の老舗のうなぎ屋には、お客が群がっていましたが、我らは指をくわえながら毎度お馴染みの「サイゼリヤ」に向いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気功クラブ発表会

2018-03-25 16:10:02 | 展覧会・コンサート

所属する気功クラブ恒例のお楽しみ発表会が、今年も行われました。
この日を待ち構えていたオネエサン(おばあさん?)達の芸達者振りを、今年も楽しませていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸沼高原春スキー(3日目)

2018-03-20 16:34:28 | スキー

昨日の夕焼けが予言してくれたように、今日は雲一つない快晴無風のスキー日和となりました。
土曜日とあって、スキーヤーやボーダーが大勢押し掛けて、ゲレンデやレストランも満員状態でした。
今回も比較的天候に恵まれ、ケガ人も出ずにハッピーなスキーでした。


怪我の無いよう、まずはストレッチを十分に


ロープウェイ頂上駅に直行し、白根山をバックに記念写真

    
左から、浅間山・四阿山・草津白根山・武尊山・至仏山・燧ケ岳と続く山並みの大展望
(サムネイル画像をクリックすると拡大表示します)


丸沼高原は、スノーボーダー比率が高く、70~80%を占めているのではと思われる程です



ゲレンデ最上部からの滑降シーン


尾瀬岩鞍スキー場の展望


昨年から丸沼高原に乗り入れる路線バスが廃止されたので、電車で来る場合のアクセスは非常に悪く、
マイカー利用者が大半のようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

丸沼高原春スキー(2日目)

2018-03-19 17:32:55 | スキー

2日目は、関東地方南部は朝から雨天だったようですが、ここ北部は幸い雨は降らず午前中は曇天でした。
今日は一日中滑れるので、遅出出勤で早退とのんびりスキーでした。


朝一のロープウェイで、標高2,000mまで上がりましたが、深い霧で白根山も見えませんでした


昼近くなると、晴れ間が広がって来ました



ロープウェイ頂上駅にあるレストランで食事していると、白根山が姿を現しました。(13時10分)


宿から西の空を眺めると見事な夕焼けが!(18時01分) 明日は快晴だ~!!


ビールで乾杯! 今日の夕食も美味しかった!

夕食後にはお決まりの懇親会が、延々と夜中過ぎまで続きました。
私は早々と抜け出しましたが、スキー同様アルコールにもタフな仲間たちです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加