さざんかのゆるゆる散歩

自宅の花、家の近くをゆるゆる歩いて見た花、植物園で見た花などを
載せて行きます。日常の出来事や思い出、経験なども。

近所で見た実、色々

2019-07-22 17:46:34 | みんなの花図鑑

明後日からは晴れるようですが、それで梅雨が明けるのでしょうか。

もう雨にはにうんざりです。今日も雲が低い一日でした。

先週末に近所を1時間ほどうろうろしたら、花もありましたが、実が生っている物が目につきました。

今日は花でなく、実を見て下さい。

  

マユミ (ニシキギ科 ニシキギ属)

日本と中国の林に自生する。秋に果実と種子、紅葉を楽しむ庭木として親しまれ、盆栽に仕立てられることもある。

近くのお寺にある木です。去年深く剪定されて心配でしたが、実が付いていて、やった!

色付いてはじけるのが楽しみです。

 

       

 

 

                            

                ホオズキ (ナス科 ホオズキ属) 多年草 東南アジア原産



            

            ハマヒサカキ (モッコク科 ヒサカキ属) 常緑小高木

            葉先が尖ったのがヒサカキ、丸いのがハマヒサカキです。

            なつみかんさんに教えて頂きました。



 あれ?これは何? あー、ムカゴだ!

ヤマノイモ (ヤマノイモ科 ヤマノイモ属)

長く伸びるを芋として食用にする。むかごは主に加熱調理して食用にする。

そのままの状態だとカリカリという食感が楽しめ、すりおろすと芋同様の強い粘りがある。

子供の頃、むかごを入れて炊いたご飯を食べました。子供だっだせいか、美味しいとは思いませんでした。

  

  

 

             

            クチナシ (アカネ科 クチナシ属)

  近所のいつも実を見に行く家に行ってみたら、庭木がめちゃくちゃに剪定されていました。

  クチナシも小さくされていましたが、一つだけ実を見つけました。

  勿論まだ緑色です。赤くなるまで無事でいて欲しいです。

  

 

イチジク  (クワ科 イチジク属)

 「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来する中国で名付けられた漢語

イチジク、大好きです。ドライイチジクも美味しいです。

  

 

ヤマボウシ (ミズキ科 ミズキ属) 落葉高木
 
大きな実が生っている木を見つけました。赤くて綺麗です。
 
果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用になる。種子は約3ミリで、大きい果実には3~4個、小さい果実では1個入っている。
果肉はやわらかく黄色からオレンジ色でありマンゴーのような甘さがある。

直径3㎝なんて実は見たことがありません。
 

 

                

 

         

この頃は常緑のヤマボウシが流行っているようですね。

 

 

アワ (イネ科 エノコログサ属)

巨大なエノコログサですね。近所の畑で栽培されています。

イネ、ムギ、マメ、ヒエ(又はキビ)と共に五穀の一つ。

「濡れ手に粟」なんて言葉もありますね。人生、そんなうまいことはありません。

       

               

 

 

 

ブドウ (ブドウ科 ブドウ属) つる性落葉低木)

自宅でブドウが生るなんていいですね。粗いネットですが、鳥に食べられたりしないのでしょうか。

  

           

 

 

               

               これは違うお宅のです。

 

木の実も果物も穀物も、実っている物は全部載せてしまいました。

ちょっと多すぎましたね。

 

コメント (18)

近所の花 サルビア・ガラニチカ、カサブランカなど

2019-07-20 22:48:19 | みんなの花図鑑

先日の続きです。

今日の投稿を終えると、やっと一昨日の散歩で見た花の写真に追い着きます。

皆さんが見慣れた花ばかりですが、ご覧になって下さい。

私はどんな花でも出会うと嬉しくなってしまいます。

 

 

 

サルビア・ガラニチカ (シソ科 アキギリ属) 南米原産の多年草

耐寒性(-10℃程度)、耐暑性ともに強い植物。草丈は1.5m程度に達し、初夏から晩秋にかけて3~5cm程度の濃青色の唇形の花を咲かせる。

地下茎で繁殖。 「ガラニチカ」の名前は、原産地の1つであるパラグアイの先住民族グアラニ族に由来する。

怪獣のように口を大きく開けて咲く花で、産毛が生えています。

       

                                   

 

 

サルビア・ファリナセア (ブルーサルビア) 北アメリカ原産の一年草

公園などによく植えられています。

  

                  

 

 

サルビア・スプレンデンス  南米原産で一年草扱い

ハート形の葉も可愛く、萼まで真っ赤です。和名はヒゴロモソウ。

昔から、サルビアといえばこの花のことですね。学校などの花壇に咲いていた懐かしい花です。

 

 

カサブランカ (ユリ科 ユリ属)先日の 耐寒性球根植物。 オリエンタルハイブリッドの栽培品種

真っ白な大輪で、俯き加減に咲く豪華で気高い姿は、「ユリの女王」と呼ばれる。

芳香を放つので、切り花を飾ると部屋中に強い香りが漂います。

 

                   

 

 

シュウメイギク (キンポウゲ科 イチリンソウ7属)

近くのお店の前に咲いていました。どうして今頃秋に咲くはずの花が…?

ハルザキシュウメイギクとも形が違います。やはり季節を間違えたのか。

薄いピンクが綺麗でした。

  

         

 

                 

 

 

メランポジウム (キク科 メランポジウム属) メキシコ~米原産

耐暑性が高く、真夏の直射日光の下でも途絶えることなく次々と花を咲かせます。

こぼれ種でも良くく増えます。

黄色は夏にぴったりのイメージですね。

 

                 

 

 

自分で育てたことのある花は、シュウメイギクだけです。

この辺は色んな花を育てている方が多くて、感心します。

うちでは毎年同じような花が咲くだけなのに。

 

コメント (17)

近所の花 ルリマツリ、オキシペタルムなど

2019-07-18 21:50:59 | みんなの花図鑑

今日は久しぶりに日が差した時間もあり、薄曇りの一日でした。

昼近くに1時間ほどに、近所をゆるゆる歩いて来ました。

結構収穫があって良かったですが、むしむしと暑かったです。

梅雨明けは8月になるかもとテレビで言っていました。

そんな~~! 信じられない!

花の写真はまだ今日に追い着いていないので、頑張ります。

  

ルリマツリ (イソマツ科 ルリマツリ属 or プルンバゴ属) 南アフリカ原産 

丈夫で育てやすい、半つる性の常緑低木。青、白の花を枝先に手毬状に咲かせる。

うちでは戸外の軒下で冬越しして落葉しますが、また春に芽吹いて咲きます。

爽やかで涼し気な花です。

 

        

 

          

    白っぽい花も咲いてました。このように丸く咲くのが普通です。

 

 

オキシペタルム(ブルースター) (ガガイモ科 or キョウチクトウ科) ブラジル、ウルグアイ原産

暑さに強く、初夏から秋まで咲き続ける。

ちょっとグレーがかった不思議な感じのブルーが印象的です。

 

 

 

        

ロシアンセージ (シソ科 ペロブスキア属) アフガニスタン、パキスタン原産 低木状の落葉多年草

日照の多い開けた荒れ地に自生しています。暑さや寒さに強く、高台や砂利混じりのところなど、乾きやすいやせ地でよく育ちます。灰緑色の白っぽい茎葉に、ベルベット状の青紫色の小花が多数群れ咲き、花や茎葉には芳香があります。

近所のお宅に去年あったので見に行ったら。今年も咲いていました。鉢植えです。




          

     塀の上にいたネコに睨まれてしまいました。「あんた、何してんの?うちの前で。」

     はい、すみませんね。すぐに退散するからね。



ツルハナナス  (ナス科 ナス属) ブラジル原産 つる性の常緑低木

花は咲き始めは白いが、薄い青色に変化していく。ヤマホロシとも呼ばれる。


            



ノアサガオ (ヒルガオ科 サツマイモ属)

ノアサガオは熱帯から亜熱帯地域に自生するつる性の多年草で、沖縄では海岸付近に旺盛に繁茂しています。

「緑のカーテン」ブームにより、最も注目されている植物の一つ。
強健で、10数mもつるを伸ばします。開花期間は長く、霜が降りる11月まで咲き続け、10月上旬ごろに花数が最も多く、美しくなります。3~8個の花を房状につけ、しかも夕方まで咲き続けるので、豪華です。繁殖力もきわめておう盛で、地表面付近からランナーを出し、広がっていきます。
関東地方以西では、冬に茎葉が枯れたら地上部を切ってマルチングか盛り土をしておけば、戸外で冬越しできます。


                      


 

今日は一応青系の花を載せてみました。

 

そして恥ずかしいけど、ちょっとおまけ…

         

昨日、東京駅に隣接しているビル、OAZOの中にあるレストランでランチをして来ました。

先週行かれなかったので、一週間遅れです。

又一つ歳が増えてしまいました。

     

コメント (20)

近所の花 ヤブカンゾウ、ヒメヒオウギズイセンなど

2019-07-16 11:55:23 | みんなの花図鑑

 昨夜遅くにはかなりの雨が降りました。

今は降っていませんが、植物は露に濡れて重たげです。

さて、近所の花も少しストックがありますので、それらをご覧下さい。

ポピュラーな花ばかりです。

  

ヤブカンゾウ (ススキノ科 ワスレグサ属) 中国原産

日本では本州以南の野原や薮などに群生する。

3倍体のため結実せず、匍匐茎(ほふくけい、ランナー)を出して拡がる。

草丈 は 約80cm、 7〜8月に、茎頂にユリに似た八重咲きで橙赤色の花を開く。


      



       

  ヒメイワダレソウ (クマツヅラ科 イワダレソウ属) 南米原産の 多年草

茎が地面を這うように伸びて広がり、各節から根を出してびっしりと密に地面を覆うので、

グラウンドカバープランツとして利用されることが多い。

直径1cmほどの小さな花です。

芝生にも利用出来るそうですが、刈るのが難しそうです。



エキナセア (キク科 ムラサキバレンギク属) 北米原産の多年草

頭状花は盛り上がり、舌状花はやや下向きになる。

丈夫で育てやすいので、初心者にもお勧めだそうです。



ヒメヒオウギズイセン(モントブレチア) (アヤメ科 ヒオウギズイセン属)

ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種。

両親とも南アフリカ原産だが、寒さにも強く繁殖力旺盛で、全世界で野生化している。


     


           



        

   アンゲロニア (オオバコ科 or ゴマノハグサ科 アンゲロニア属) 中米、南米の熱帯~亜熱帯原産

   本来は常緑多年草だが、寒さに弱いので一年草扱い。

   高温多湿に強く、夏の花壇向き。

   花の色はシックですが、中を見ると面白い顔をしています。

 

                                                 

                                                2018年 9/18  色違いです

 

昨日は少し晴れ間も出たので、ごそごそと庭の手入れをして過ごしました。

やり始めたらきりがありません。

    

コメント (16)

自宅の花 セイヨウニンジンボク、ムクゲなど

2019-07-14 11:10:40 | みんなの花図鑑

先日花屋さんに行ったら、セイヨウニンジンボクがあったので、即買いました。

三陽メディアフラワーミュージアムで大株の花を見たことがあったからです。

 

セイヨウニンジンボク (シソ科 ハマゴウ属)  原産地はから南ヨーロッパから中央アジア。

ハーブとして用いられるほか、見た目が似ていることからコショウの代わりとしても使用されていた。

生育旺盛で育てやすい落葉低木で、ブッシュ状に生育する。

        

 

          

   シソ科らしい花ですね。ほんのり薄い紫色です。

 

 

        

「花には芳香があり、葉にも香りがあり、開花期も非常に長いのが特徴です。樹高は3mほどになり、枝も広く張るため、栽培するには多少広い場所が必要です。」

えっ、そんなに大きくなるの?困った…。剪定していくしかありませんね。

花の香りは殆ど感じませんが、葉を揉んでみると良い香りがします。

 

 

ムラサキツユクサ (ツユクサ科 ムラサキツユクサ属)

5月に沢山咲いて載せましたが、又数輪咲きました。

これはピンクの花を植えたはずですが、紫と交配したのか、だんだん薄紫になってしまいました。

  

 

ムクゲ (アオイ科 フヨウ属)

別名ハチス、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。

樹高3〜4mくらいのものが多く、庭木や街路樹、公園などに広く植えられている。

夏からにかけて白、紫、赤などの美しいをつける。花期は7〜10月。花の大きさは径5〜10cm、花芽はその年のから秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。

韓国の国花。

この花が咲くと「夏は来ぬ」という感じがします。

これは初花で、7/9に咲きました。

 

八重咲き

 

これだけ鉢植えです。

 

       

 

後はおまけです。

       

カシワバアジサイももう色も変わり、終わりです。切り戻さなければ。

 

 

         

   今頃咲いて来た奥手のアジサイもあります。

        

             

            だんだん青っぽく変色します。

 

今日も雨です。梅雨明けはいつになるのでしょうか。

 

コメント (16)