さざんかのゆるゆる散歩

自宅の花、家の近くをゆるゆる歩いて見た花、植物園で見た花などを
載せて行きます。日常の出来事や思い出、経験なども。

自宅の花 6月下旬

2022-06-29 19:55:10 | 花ブログ

異常な猛暑さが続きますね。外に出るのも躊躇われますが、朝夕の水やりは欠かせません。花は元気でも私の方が萎れそうです。6月中に咲いて残っている花を載せて、今月は終わりにしようと思ったら、新しい花も少し咲いて来ました。

 

        

ハイビスカス  ニューロングライフシリーズ(アオイ科 フヨウ属) 低木

普通は1日花ですが、このシリーズは2~3日咲いています。

                

 

     

ツユクサ(ツユクサ科 ツユクサ属) 昼にはもう萎んでしまいます。

      

ブルーベリー(ツツジ科 スノキ属) 北米原産の低木果樹

2品種を植える方が実付きが良いと言われますが、これは1株で結実します。もう1品種あったのが枯れてしまいました。少しですが収穫した実は美味しかったです。

         

 

      

ビヨウヤナギ(オトギリソウ科 オトギリソウ属) 中国原産 葉は十字対生

      

エンゼルトランペット(ナス科 キダチチョウセンアサガオ属)

毎年載せているので、皆さん、見飽きられたことと思います。

     

常山アジサイ(アジサイ科 ディクロア属) 

青くて美しい実が生るそうです。今年初めて小さな鉢を買ったので、詳しいことは分かりません。

     

     

アジサイ  載せ損ねていたもの 



ここから先は今日撮った写真です。

  

セイヨウニンジン(シソ科 ハマゴウ属) ヨーロッパ南部原産の低木 

ハーブとして利用される。普通、花は青紫ですが、これはピンクの品種です。

          

     

ギボウシ(キジカクシ科 ギボウシ属) 若葉は山菜として利用される。

      

ジュズサンゴ(ヤマゴボウ科 リヴィナ属) 北米南部~南米原産

花後に赤い実を付ける。ジュズサンゴの名前は、実が数珠のように連なることに由来する。

咲き始めたばかりです。赤い実が生ったら又投稿します。

 

これで自宅の花は暫く咲きそうなものはありません。散歩も暑くて倒れそうなので、数日間休憩させて頂きます。ご訪問有難うございました。


タイサンボク 近所の木本(6月下旬)

2022-06-25 20:10:35 | 花ブログ

今日から急に真夏のような猛暑になりましたね。明日からもこの暑さが続くそうでうんざりします。

さて今回はタイサンボクの花を載せたくて、駅前の公園にある木を5回ほど見に行きました。暑いので無精して車に乗せて行って貰い、路駐して待っていて貰いました。一人で車で行って駐車違反ををとられたら大変ですから。4回行っても綺麗な花に出会えなかったので、一昨日「もう今日で終わりにするわ。今年は諦める。」と言ったら、夫が「もう一度行ってみよう」と言ってくれました。昨日、その最後の日に撮れたのがこのトップの写真です。高い所にばかり咲いているので、これで精いっぱいでした。それでも無傷の花が撮れて良かったです。夫に感謝です。

 

                   

タイサンボク(モクレン科 モクレン属) 常緑高木 北米東南部原産だが、世界中で植栽されている。

「モクレン属の開花の最後を飾るのがタイサンボクで、6月から7月に大輪で純白の香りの良い花を上向きに咲かせる。厚手の葉の表は緑色でつやがあり、裏面には、茶色の毛が密生している。」

木の高い所に上向きに咲くので、写真を撮るのが難しいです。花はすぐに傷んで茶色になります。

くるくる丸まっているのが雌しべ、その下が雄蕊です。

    

             

雄蕊が落ちかけています。

     

このように下からしか撮れないのが残念です。下枝に花はありませんでした。

 

     

ソテツ(ソテツか ソテツ属)

ソテツ類の中では日本列島に自生する唯一の種で、自然分布では日本列島の固有種である。日本列島の九州南端、南西諸島台湾中国大陸南部分布する。主として海岸近くの岩場に生育する。

雌雄異株である。雄花は幹と同じくらいの太さの松かさを長くして、幹の先端に乗せたような形で、松かさの鱗片に当たる部分の裏一面に葯がつく。雌花は茎の先端に丸くドーム状に膨らみ、雌しべを個々に見ると、上半分は羽状複葉の葉が縮んだ形で、下半分の軸には左右に胚珠が並ぶ。花は発熱することが知られている種子は成熟すると朱色に色づく。」

これは雄花で、ニョキニョキとかなり長くなります。

     

これは雌花です。下に去年の実が見えます。

大島紬の泥染では、染まりが悪いと蘇鉄の葉を入れて化学的作用を強くすることがある。

ソテツ は有毒であるのにもかかわらず、澱粉も多く含まれていることから、日本の南西諸島では中世から近代まで、救荒食物の1つとして食用にされてきた。ソテツの有毒成分サイカシンの水溶性は、デンプンよりも高いため、幹の皮を剥ぎ、あるいは種子の仁を細かく切ってから、水に晒してデンプンを分離した上で、さらに充分に水に晒し、発酵させ、乾燥するなどの処理を経てサイカシンを完全に除去すれば、このデンプンは食用にできる。」

雄花と雌花がもっと成長したら、又投稿したいと思います。

 

     

カポック(シェフレラ) (ウコギ科 シェフレラ属) 中国南部~台湾原産の観葉植物

(カポック(シェフレラ)とは本来パンヤノキのことを指しますが、シェフレラ・アルボリコラの葉がパンヤノキに似ていることからカポック(シェフレラ)という流通名がついています。)

「室内ではなるべく日の当たる場所に置くのが良い。5~7月は屋外でも管理出来る。霜が降りない地域では地植えにすることも出来る。」

この木は垣根になっています。花が咲いているのを初めて見て驚きました。実は赤や黄色があり綺麗だそうなので、是非見たいと思います。

     蕾  

 

    

モッコク(モッコク科 モッコク属) 常緑中高木 関東以西で育つ。

「葉が美しく樹形が整うため、公園樹庭木として日本庭園によく植栽されており、庭のシンボルツリーや主役として扱われる。樹齢を重ねるごとに風格を増すことから「庭木の王様」とされている

6 - 7月ごろ、直径2cmほどの白から黄色へ変化するを付け、芳香を放つ。花は葉腋に単生し、1 - 2 cmの柄があって、曲がって花は下を向く。株によって両性花または雄花をつけ、雄花の雌しべは退化している。

両性花をつける株には、直径10 - 15mm の卵状球形の果実が実り、秋になると熟す。熟すと厚い果皮が不規則に裂けて橙赤色の種子を露出し、によって食べられ運ばれる。」

これはまだ蕾です。びっしりと咲く花を見逃さないようにしたいです。

         

 

後はおまけです。

       

シロヤマブキの実 花が4弁なので、実も4個付きます。もっと黒くなります。

         

ナニワイバラの実  花は綺麗ですが、実は大きくて刺がいっぱい!

 

急な暑さに体がついて行きませんね。皆さん、気を付けてお過ごし下さい。

ご訪問有難うございました。


近所の花 6月中旬

2022-06-22 23:03:00 | 花ブログ

先日の続きです。最初は住宅街を廻ってみました。

 

      

エンゼルトランペット(ナス科 キダチチョウセンアサガオ属) 熱帯アメリカ原産の木本

有毒植物だそうですが、口に入れたりしないので私は平気で扱っています。

          

 

    

アガパンサス(ヒガンバナ科 アガパンサス属) 南アフリカ原産の多年草

大型で涼し気な色の花は人目を惹きます。

    

 

       

フェイジョア(フトモモ科 アッカ属) 常緑低木

ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンなどの山野に生息する

「花弁は、表面は白色、内側は赤色、肉質で甘酸っぱく食用になります。 果実は大きさ3~10cm、重さ50g~200g前後、卵型~楕円型です。 果皮は緑色で熟すと赤みを帯びた淡緑色になります。 果肉は多汁質で甘く、パイナップルとバナナとリンゴを混ぜたような香りがしてとても美味です。」

食べてみたいですね。

       

     実の画像をネットからお借りしました。   

 

ここからは江戸川の堤防の外側の公園で見たものです。

    

ラベンダーの蜜を吸うナミアゲハ

      

チガヤ(イネ科 チガヤ属) 白い穂を立てて群落を作る姿は綺麗ですが、もう実が出来ていました。

      

ヒメジョオン(キク科 ムカシヨモギ属) 北米原産の越年草

ハルジオンに変わって野原を占領して来ました。

      

ムラサキツメクサ(マメ科 シャジクソウ属)多年草 ヨーロッパ原産の帰化植物 

シロバナ(シロバナアカツメクサ)もありますが、見たことがありません。

       

ヒルガオ(ヒルガオ科 ヒルガオ属) 日本原産の在来種 地下茎で増える多年草

昼になっても花は萎まない。

「全草を乾燥したものは旋花(せんか)という生薬になり、利尿作用などがある。若い蔓や葉は、お浸し和え物にして食べられる。又、生の葉は天ぷら油炒めに、花は湯にくぐらせてから酢の物にして食べることが出来る。」

ヒルガオがこんなに有用な植物だとは知りませんでした。

 

ご覧頂き有難うございました。

        


ソケイノウゼン 近所の花(6月上旬~中旬)

2022-06-19 10:59:03 | 花ブログ

風邪をひいて、数日間お休みしてしまいました。まだ喉が痛いのですが、気力は戻って来たので投稿を再開します。休んでいる間も大勢の方からリアクション頂きまして、有難うございました。

 

               

ソケイノウゼン(ノウゼンカズラ科 ソケイノウゼン属) 沖縄原産の常緑つる性低木

見たことが無い綺麗な花が咲いていたので、車を止めて撮りました。名前は調べて分かりました。真ん中の色が濃くて綺麗です。白花もあります。沖縄には沢山咲いているのでしょうか。

        

 

     

アスチルベ(ユキノシタ科 チダケサシ属) 多年草植物 落葉するが耐寒性は強い。

 

      

ヘメロカリス(ユリ科orワスレグサ科 ワスレグサ属)多年草

日本にはニッコウキスゲ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどが自生する。

 

       

ビワ(バラ科 ビワ属) 中国原産の常緑小高木 

「花期は晩秋から冬(11 - 2月)で、甘い芳香がある地味な白い5弁のを群がりつける。花径は1 cmほどで、クリーム色を帯びた白い花弁は、茶色の短い軟毛が密に生えた萼片に包まれていて、開花のときは花弁を外側に出す。には毛が密に生えている。長期の花期に多量の花密を蓄え、甘い芳香を放って昆虫または小鳥が来るのを待ち、花粉の媒介が行なわれる。自家受粉が可能。」

もう果実が熟していますね。

  花 2020年11/28   

 

多肉植物の寄せ植え  

色とりどりで花も咲いているものもあり、凄く綺麗です。こんなに多くの種類を持っていないので作れませんが、びっしり植えて大丈夫なんでしょうか。大きくなったら作り直すのでしょうか?

 


ここからは、6/11に車で近所を廻って貰って撮った写真です。

     

ヒメイワダレソウ(クマツヅラ科ヒメイワダレソウ属)ペルー原産の常緑多年草

「3~4mmの小花が多数集まって、径1.5cmくらいの球状の花を咲かせる。地面を這うように成長し踏みつけにも比較的強いことから、グランドカバーとしてよく使われる。」

                                   

 

      

ツタバウンラン(オオバコ科 ツタバウンラン属) 地中海周辺地域が原産の多年草

茎が細く、蔓植物のように地面を這う。(以前も載せましたが、可愛いので)

 

      

アナベル(アジサイ科 アジサイ属) 北アメリカ原産

耐寒性、対暑性に優れ、花色が土壌のPH左右されない。新枝先なので大きな花穂を長く楽しめる。

      

 

      

エゴノキ(エゴノキ科 エゴノキ属) 落葉小高木

「緻密で粘り気のある材を将棋のこまや和傘のロクロなどの素材とされる。果実は長さ2cmほどの楕円形で、大きい種子を1個含む。熟すと果皮は不規則に破れて種子が露出する。 果皮に有毒なエゴサポニンを多く含む。ピーク時には果実にも同量のサポニンを蓄えるが、11月を過ぎると急激に減少する。」

「鳥のヤマガラはこれを好んで食べる。 丸い実をくちばしで取ると、両足の間に挟み、くちばしで「えぐい」果実の部分を取り除く。 そして、種子の硬い殻(種皮)をつついて壊し、中の柔らかな部分(胚乳+胚)を食べる。」

食べているところを見たいものです。

           

凄い数の実が生っています。

 

今日は「父の日」ですね。息子二人からウナギのかば焼きと高級焼酎が届きました。  

今回はここまでに致します。お読み頂き有難うございました。

                     


風邪をひきました

2022-06-16 10:44:11 | 無題

一昨日頃から喉が痛くて、風邪をひいてしまいました。体中だるくて、何もやる気が起きません。

昨日医者に行って薬を貰ったので治って来ると思いますが、数日間ブログはお休みさせて頂きます。

皆様の投稿も拝見出来ませんが、悪しからずお願い致します。

コメント欄は閉じています。