歌舞伎見物のお供

歌舞伎、文楽の諸作品の解説です。これ読んで見に行けば、どなたでも混乱なく見られる、はず、です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3分あらすじ「文七元結」

2016年01月04日 | 3分あらすじ
3分で読む簡単あらすじです。

・主人公の「長兵衛」は職人だけどなまけものでギャンブル好きで借金だらけ
・奥さんと娘は困っている。
・ある日娘がいなくなった。と思ったら遊郭に相談に行っていた。
・お父さんのせいでウチはお金がない。身売りしてお金作るからそのお金で借金返してまじめに働いて。と娘が言う。
・遊郭のおかみさんにも説教される。
・おかみさんがいい人で、3ヶ月以内に返してくれれば娘は遊女にしないと言って、
50両を無利子で貸してくれる。
・長兵衛はよろこんで家に帰るのだが、帰り道で身投げしようとしている若者に会う。
・お店のお金の50両を盗まれてしまった。50両も弁償できない。人生おわった。もう死ぬ。という若者。
・同情した長兵衛は、借りてきた50両をあげてしまう。
・家に帰ったけど奥さんは借りた50両を知らない人にあげた話というを信じない。
・ケンカになる。ギャンブルに使ったんだろうと言われる。
・そこにさっきの若者とその店の主人がやってくる。
・お金は置き忘れただけでちゃんと戻ってきていた。よかった。
・大事な50両をポンと貸してくれた長兵衛に感心した店の主人は、長兵衛があげた50両を返した上に、
借金のカタに一応遊郭にいた長兵衛の娘を請け出してきてくれた。よかった!!
・若者と長兵衛の娘はお互いが気に入る。結婚させよう!!
・あと若者もそろそろ独立することになった。前途有望だ。
・いろいろ丸くおさまってよかったよかった。

おわりです。

詳しいのは=こちら=です。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 3分あらすじ「魚屋宗五郎」 | トップ | 「鞘当」さやあて(「浮世柄... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てんまくん)
2016-01-04 22:15:34
今年もm(__)m 楽しみに

していますm(__)m

コメントを投稿

3分あらすじ」カテゴリの最新記事