ベンベエの詩的つぶやき

世の中をちょっと斜めに見て・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大恩人

2020-05-04 19:50:22 | 日記・エッセイ・コラム
もう随分と昔のことですが、
ぼくが大学一年生の時 新宿御苑で子犬を拾った。
拾ったというよりも飼主から水をかけっられたりして邪険に扱われていたものを貰い受けたのである。
赤毛がふさふさの雑種。ゴンと名付けて田舎の両親に預けた。イタリアの有名なスピッツだという触れ込みが
犬嫌いの両親も大切に育ててくれた。

バリバリバリバリ、騒々しい音をたてながらバイクがわが家の前を通り過ぎる。
小さなバイクに巨漢の農夫。ゴンは狂ったようにバイクを追いかける。
「こんちくしょう!」汚れた長靴でゴンを蹴とばす。ゴンはさらに激しく吠えながらバイクを追いかける。

ある日、ある部落をその農夫が通りがかったとき
見覚えのある犬が柿の木に縛られているではないか。
近寄って首輪の裏を見ると「山一」という文字が微かににじんでいる。
大鍋には湯がたぎり、いよいよ酒盛りの準備が整っている。
「おい おい、お前らこの犬を食ったら大変なことになるぞ。これは山一の犬だぞ」
男たちは慌てて縄をほどきゴンを解放した。
山一とはわが家の屋号であり小さな町なので知らないものはいない。
当時、犬はどこでも放し飼いで
一里半先の祖母の家を往還するのがゴンの日課であった。
その工程の途中でかなりの種をまき散らしたようで
しばらくはゴン似た犬をあちこちで見かける。

次の日からバリバリバリバリ例のバイクがやってくると
ゴンは千切れんばかりに尻尾をふってバイクの後を追いかけた。
以来15年の天寿を全うした。
コメント

新型肺炎

2020-02-19 14:02:45 | 日記・エッセイ・コラム
「新型肺炎」

今ひそかにジビエブーム。
野生の動物の肉を食べる人達が増えている。
イノシシ・シカ・クマなどの肉に大金を払って-------。
お隣中国ではハクビシン・ネズミ・コウモリなどが高級食材として
富裕層の間で取引されている。
それらが各種病原菌のもとにもなっているのだが。

人間の食への探求心は止まるところがなく
生後三か月がいちばん美味しいと、羊や牛の赤ちゃんが殺される。
珍味としてアヒルが酷い肝臓病にさせられる。
サルの脳みそを啜りながら、次は何を食おうかと思考を巡らせる。
16世紀明の時代の小説「西遊記」に
三蔵法師の肉を食べると不老不死を得られると行く先々化け物が現れる。
いつか最後のタブーを破るのもそんなに遠くない未来-------。
コメント

クレーマー

2020-02-05 12:31:21 | 日記・エッセイ・コラム
「 クレーマー」
どこぞの町で除夜の鐘がうるさいとクレームあり
住職は鐘を突くのを止めた。
亦、どこぞの町では桜の花びらや落葉が住宅の庭を汚すとクレームがあり、役場はさっそく
公園通りの立派な桜の木を根こそぎ切り倒した。
虐待に耐えかねた少女が命懸けでしたためた救いの手紙を、
教師はその元凶である父親の威圧に屈して
渡してしまった。
信念も勇気もない何とも腹立たしい話しではないだろうか---------
「桜を観る会」に至っては攻める方も責められる方もデキレース臭く
青少年の教育に悪い影響を与える。

近年、数々の理不尽なクレームが゙横行し、
その対応と心構えがあまりにも御粗末過ぎて情けない・
コメント (2)

さよならチイちゃん

2019-11-27 10:26:20 | 日記・エッセイ・コラム
チイちゃんが死んだ。
猫三大病の一つ、白血病でした。享年3歳。
わが家の王女様。
チイちゃんが中心でわが家は回っていたので、
ぽっかりと大きな穴が開いて
「金輪際、猫を飼うのはよそう」
と、渋茶を啜りながら夫婦かわるがわるため息をつくばかり。


美術館のホームページようやく更新しました。
 
www.boubou.jp です。
             お訪ねください。
コメント

十三夜

2019-09-16 14:32:43 | 日記・エッセイ・コラム
十三夜

尻尾の先に月を引っ掛けて
 猫がやってくる
塀の上

 わが家のではない
  隣りは空き家

缶詰をあけてやると
 臭いを嗅いだだけで通り過ぎる

ぴんと張った黒い尻尾
  家来のように月がくっついている
  
 ふと 潮騒を聴いたような


 
コメント (2)