ベンベエの詩的つぶやき

世の中をちょっと斜めに見て・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おもかげ

2018-06-21 15:39:50 | 日記・エッセイ・コラム
ラジオの深夜放送から流れてくるガロのフォークソング「学生街の喫茶店」。
4年間の東京暮らしが鮮やかによみがえる。

60年代の青春真っただ中。
想い出はほのぼのと甘酸っぱく ほのぼのと切ない。
日向の麦わらのような匂いが脳裏の彼方に立ち上り 幾つかの顔がぼんやりと浮かぶ。
暗くなるまで喫茶店でだべった皆は今どうしているだろうか。その後の所在はわからない。
福島のズーズー弁の佐藤は故郷で校長を終えたと聞く。
瀬戸内海のⅯは蜜柑栽培を止めたようだ。北海道のTは今も野菜を食わないのだろうか。
三畳一間のアパートは二世代住宅に変わり 新たにロシア人が住むそうだ。
ヤブカンゾウが好きだといった美大生は真面目に友禅を染めているだろうか。
アパートの女管理人の揚げたてのとんかつは美味かったなあ。
田舎者の味覚に衝撃を与えた自由が丘駅前のキッチンフライパンのカキフライは絶品だった。
湘南の夜のプールに立つ白い肌のなんと眩しかったことよ。

三本立ての映画館を出ると東京はいつも日暮れだった。

あれこれ想い出しているうちにカーテンが白んできた。
コメント

フーガ

2018-06-05 12:53:32 | 日記・エッセイ・コラム
秒速30キロでやってきた。

小さな青い星にまたがって
暗黒の宇宙を飛んできた。
70年の時間をひたすら飛んできたというのに
行先はわからない。
途中 たくさんの出会いとたくさんの景色がジェットガスのように
粉粉に飛び去っていく。

夢とか望みとか寂しいとか哀しいという思いは既に燃え尽きて
バッハのフーガにたゆたいながら退屈な詩など書いている。

超高速で飛んでいながら停止している気分。

永遠という刹那。
この一瞬も飛んでいる。

     一輪のバラが目撃燃えゐたる
コメント

2018-06-02 12:38:42 | 日記・エッセイ・コラム
嘘が蔓延している。
インフルエンザのように猛威を振るい。
「嘘はドロボーのはじまり」
「嘘ついたら針千本のます」
子供のころの教えは疑いもなく受け入れられていた。
日本人がみな正直で節操があったのは昭和の30年まで。
貧しくとも純真で素直であった。
今やどうだろう。
政界も教育界も官僚も 右も左も嘘の応酬。
子供たちよ耳をふさげ目を閉じよ。

     牡丹散るとき地球のどこか火を噴くや
コメント

志ば漬

2018-04-24 12:23:05 | 日記・エッセイ・コラム
京漬物が届く。
志ば漬をはじめキュウリ、ナス、シソ等の8種類。
さっそく昼食にいただく。

志ば漬には古色蒼然たる奈良ホテルの朝がゆを想いだされる。
折りしも桜満開の時季で
退院後間もない松葉杖頼りの旅行。
勤勉なタクシー運転手の案内で
法隆寺の隅から隅まで引き回され妻も私もくたくた。

それでも百済観音に出会えたのは大きな喜びであった。

今日、我が家の桜は既に葉桜。
初夏の陽光を浴びて桜しべが眩しく降り注いでいる。      
        


     各駅を素通り夏へ新幹線
コメント (2)

リフォーム第二段

2018-04-14 18:32:06 | 日記・エッセイ・コラム
古くなった浄化槽と水道管を新しく替える。
重機の振動で屋敷中が悲鳴を上げている。
猫たちも何処かへ身を隠ししている。

初もののタケノコを戴く。
さっそくワサビ醤油でたべる。
竹林の土の匂いが微かにして いよいよ初夏の到来。
なにやら胸の奥にわくわくするものがある。

記憶にない。記録にない。言った。言っていない------
なんともお粗末な国会。
人間から誠実さや羞恥心や誇りや倫理観や節操がどんどん失われていく。

     恋猫の鈴音闇にけたたまし

啓蟄や機密文書のでるわでるわ
コメント