日日是好日 山口庭園の日々

埼玉県入間市で植木屋をやってます
山口庭園です。

お引き渡し。

2013年06月13日 23時58分38秒 | 日記

関東地方は久しぶりのまとまった雨。
やっと梅雨らしい天気になり,樹々や草花、農家の方や植木屋さん達はさぞかし喜んでいる事でしょうね。。

先日那須から運んで来た木達も雨の中運べたので負担は少なくてすんだと思う。
いくら根回しがしてあるからといっても、暑い時期風をきって運ばれたら人間だってつらい。梅雨の雨に助けられました!

この間も仕上げの下草や低木類を植栽した時は雨が降っていてこれまたよかった。恵まれている。
でも、応援で来てもらっている植淳の関塚さんと若衆の高橋は別の現場で石積み。
こちらは大変だったと思う。テントやブルーシートで雨しのぎ。淳さん、いつもありがとうございます。



さて、三月からとりかかっていた同級生の家のお庭、ようやく?(お言葉に甘えてかなり、かなり待っていただきました。)
本日仕上げとなりました。









施工前の様子。。
かなり限られたスペース。しかも建物のGL設定が高かったためにか、土を掘ったらすぐに配管が。
悩ましい環境でした。木を植えられるかな??
そして、

材木をはつって、

焼いて、

いい表情!!

磨いて、

木を植えたら。。。













こんな感じに!!!!

施主は昔からの幼なじみで、
家を建てる事になったから庭はお願いね。と声をかけてくれたのがきっかけでした。
当初は玄関の脇に一本木があればいいかな?また、一本くらい木はあったほうがいいよ。という話から。

落葉はご近所に迷惑かかるから。
実家では植木の手入れが大変だったのであまりのびない木がいい。
できれば虫のつかない。。

気持ちはよーーーーくわかります。
しかしあたいも植木屋。木達の素晴らしさはよくわかっているつもりです。

ではまず構造物をつくりましょう!
という運びで少しでも天然、自然素材の良さや手仕事のよさをわかってもらうため材はこだわり、手をかけました!!
不思議なもので、構造物で囲う事によって狭くなるようでいて空間を引き立て広くします。
これこそが庭の素晴らしさと思います。
家を引き立て、囲い、安心できる空間をつくり、四季をも感じさせてくれる。
お庭はすばらしいです。
いくらいい家でも、家だけでは足りません。
庭が家を。また、家が庭を。
お互いが引き立て合いながらひとつのカタチとなる。
家庭とは。家族が生活の中心を過ごす場であり、そこに戻り,くつろぐ事が出来、安らぐ事の出来る空間。
我々植木屋は、そんな大切な時間を過ごす場所にものをつくり、木を植え、さらなる癒しとくつろぎを提供できるとんでもねーいい職業だと思っています!!
責任重大であります!ww


話がそれましたが、構造物をつくってからかなりお時間をいただきました。。
この場所にどのクラスの樹木を植えられるか。
植えるスペースは奥行き40~50センチしかなく、高木は難しいか。
中木と低木、柵にツルをからませて。。。
などなどいろいろ悩みましたがすっきりせず、時間だけが過ぎていきました。

そこで前回のお庭工事で木を頂いた装景ノラさんに行ってきました。
正直、那須まで行くとなると経費も時間もかかります。
でも、やっぱり木は見なければいけない!ここまできてここを妥協するのか??






いってよかったです。
素晴らしい出会いがありました。
木を植えていると近所の方々からお褒めの言葉が!!


やっぱり緑は大切です。そして緑の、樹々の力は偉大です。
今回の植栽、庭つくりを通して、自分の中の何かを超えられた気がします。
悩んでよかった。
行動してよかった。
そして、施主の同級生と旦那さん、喜んで下さりました。

近所の人も「うちも植木を植えたい!」と、声をかけていただいたりして。。

一番理想なカタチ。
施主も、俺も、そのまわりも。
みんなが喜ぶお庭が出来ました!!

今後年月をかけ、家族とともに健やかに育んでいってくれればと。
切におもいます。

最後に、娘ちゃんの記念につけた足形。



いい思い出になってもらえたらとおもいます!!


今回工事にご協力いただいた
植淳 関塚さん
後輩の田部井
装景ノラ 長谷川さん
若衆 高橋、松下
みなさん、ほんとうにありがとうございました!!








コメント (5)

芒種の候。

2013年06月03日 21時36分09秒 | 日記

 あっ!という間に時間が過ぎてしまいます。
流れている時間は昔と今も変わらないはず。一体なぜこんに時間の過ぎ方が違うんだろうか。。

仕事している時、一服中、飯食う時、家族と過ごす時、寝ている時。
小学校のときや中学校の授業の時は一時間の長い事長い事。

年をとるにつれて充実しているからだよ。と言われる反面、前にラジオで流れていた恐ろしい一言。
だんだん年を取るにつれて、脳の処理速度が低下しているから時間を早く感じる。
昔から時の流れの速度は変わらない。
変わっていっているのは衰えていくあなたの脳みそだよ!と。。。。


おかげ様で充実した日々を過ごしております。



入梅に入ったとはいえ全然雨が降りませんね。かなり乾いてきました。。
ぼちぼち夏至。
最近は19時くらいまで明るいので現場がはかどります。

さて、ここ最近はというと。。
いとこの結婚式で長野県へ!戸隠神社に。

奥社。吸い込まれそうです。。

見知らぬカップルw 歴史を感じます。。
5月10日ごろいったんですがまだ残雪があり、サクラは満開。
カラマツの新緑がとてもきれいでした。。
いい所です。また行きたい。。


そこで出会った匠!!




匠曰く、「年をとる。というから年をとる事が悪い気になる。年月はとるものではなく、刻み、重ねて行くもの。」
「竹も人も年子を重ねてよくなっていく。ほら、この笊いいでしょう?先代のつくった笊。もう半世紀使っているよ。
 この味わいは新しく作った若い竹ではでないし、生きているからこそ使い込んだ年月が笊に刻まれているんだよ。」
ついでに、竹割りのコツまで教えて頂きました!
井上竹細工店の井上さん、ありがとうございました!!
戸隠神社の中社の手前にあるお店です。いいお店です。お近くにお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい!
そばもうましww



現場も頑張っております!!

色とりどりのハーブ達。

下草の植栽は、安諸庭園時代の後輩の田部井ちゃんに手伝ってもらいました!!
色合いの組み合わせは流石です!スノードロップの皆さんにも手伝って頂き、みんなで楽しく植えました!!


こんな感じや、



こんな感じに仕上がりました。
これから植えたハーブや仕込んだツルや下草たちがどのように生存競争を繰り広げていくか。
お庭は完成。というのには最低でも7年はかかるといわれています。
今後年月を重ね、日々の成長を見守り育んで行く事が私の、庭屋の役割だと思います。完成のその先を見ながら。。

また、植えた木々や草花が落ち着いて来たら随時アップしますのでご期待下さい。。
樹木葬 風香る共同墓ハーブな丘。詳しくはこちらをご覧下さい。。

こんな、いい所にあります。。



続いて、お寺の仕事です。

石を積んでいます。。

第一期工事の土留め石積みが終わり、今月中旬から二期工事が始まります。。
気合いが入ります!!

で、
仕事帰りに

見学させて頂き、

地元にもこんないい所があるなと。。


これから暑い日が続きますねー。。夏本番!!

しかし、ガンガン行きます!!!

うい!!











コメント (2)