鉄肝(tekkan)

お酒はよく噛んで呑みましょう

保護犬めぐ、澄んだ空気は美味しいね。

2019-11-11 19:11:11 | 保護犬めぐ
ここのところ、朝の散歩は涼しい→寒いに変わってきました、晩秋って感じがピッタリです。

里親さん募集中のめぐについて情報を整理した記事を書こうと構想中です、
箇条書きの様にサッと読んで頂けるようなものにしたいと思っています。

この日も「あれも書こう、これも書こう」と考えながら歩いていましたが、
周囲が明るくなり、鳥のさえずりや、動き始めた人々の生活音が聞こえてくると、
「良い朝だな~」って感じました、考えるのも良いけれど、
めぐとの素晴らしい散歩を楽しもうという気持ちになりました。

保護犬めぐ009


めぐのデータ記事の構想作成の為、ブログUPが少し不定期になります、宜しくお願いします。


保護犬めぐへのお問い合わせは、しだはいワンニャンの会へお願いします。
めぐは辛い運命で心に傷を負った保護犬です、もう二度と悲しい思いはさせたくありません、
里親(飼い主)希望者さまの年齢、家族構成、飼育場所、同居御家族の同意等、問わせて頂くのを
ご理解ください。





   
希望を胸にみんなで艱難辛苦を乗り越えよう。
コメント

保護犬めぐ、「朝に会おうね」

2019-11-04 19:11:04 | 保護犬めぐ
ワンコとのお散歩は、色々面白い事が起きます。

散歩コースの途中に複数の小さな水路があり、何カ所も金属製で網目のグレーチングで蓋がしてあります。



ワンコの多くがこのグレーチングを怖がります、小型犬が不用意に足をつけば、
隙間に足が落ち込みケガをする可能性もあり、散歩コースにある場合、要注意の箇所となります。

鬼門?のグレーチングですが、ある場所で熱心にめぐが、のぞき込み匂いを嗅いでいました。
水路は水の量が少ないと、様々な動物の通り道になっている場合があります、
その臭いや気配が気になっているのかと思いました。

鉄肝家の散歩は犬を急かしません、何かに執着した場合、その時々ですが納得いくまで探求させます、
人の100万倍以上といわれる犬の嗅覚、そして匂いを記憶する性質から、嗅ぐ行為は大切だと思います。

「また動物の気配かな?」と、嗅いでいる鼻先を見てみると、かわいい薄紫の子がめぐを見上げていました。

  

「かわいい友達をみつけたね、ホシアサガオって子だよ、ふたつのかわいい子が出会った記念撮影しておこうね。」



その日の夕方も同じコースを歩きました、同じグレーチングで足を止めためぐが、
「いない、いない」と探しています。「大丈夫だよ、また明日の朝に会えるよ」

翌朝、無事に再会を果たし、挨拶して、散歩は続きます。
あと何回、このかわいい朝の挨拶が出来るだろう、ホシアサガオの花の季節は終わりのはずだし、
めぐの鉄肝家からの卒業はそれよりも早いかもしれない。

散歩の一歩一歩が、貴重に思える預かりおじさんです。





   
希望を胸にみんなで艱難辛苦を乗り越えよう。
コメント

愛犬家の悲しみ

2019-11-01 07:42:56 | あーだこーだ
と共に焼津市での繁殖場崩壊に、レスキューに入られているボランティアさんの、お宅の柴犬さんが亡くなったとの訃報を知りました。

ここはアメーバブログでは無いのでリブログでの記事が書けません、リンク←でご覧下さい。

犬にさして興味の無い方、更には犬嫌いの方には理解できない事と思いますが、飼い犬を自分の子供(人間)と変わらない愛情で接するのが愛犬家です。

犬が病に伏したら、会社に休みを取って遠方の獣医を受診し、多額の医療費も貯蓄を崩してまで賄います、
その犬が亡くなったら身を裂かれるような悲しみに支配されます、ペットロスと一般に言われるような状態に陥る事もあり、
何度も亡くなった子の面影を心の中で反芻しては、涙を流します。

鉄肝はペットロスです、もう何十年も最後に飼った犬の面影を心に持ち続けています、容易に涙がこぼれて来ます。

愛犬家としてしてはならない事があります、犬より先に逝くことです、今預かっているめぐの、元飼い主のように。

飼い主を失った犬の悲しみを、横から来た人間が本当に癒す事など出来ません、必ず犬は突然居なくなった飼い主を探します、忘れたりしません。

愛犬を亡くした悲しみは例えようもありません、ですが、愛犬にそのような悲しみを味あわせる事なく、見送ってあげられた事は、
愛犬家として素晴らしい事だとも感じます。

もしこの記事を読んで下さっている貴方が、犬好きならば、心の中で結構です、とても愛され慈しまれ、病と闘い、そして亡くなった
もも”ちゃんが安らかである事を、貴方のやり方で祈ってあげて下さい、宜しくお願いします。





   
希望を胸にみんなで艱難辛苦を乗り越えよう。
コメント

保護犬めぐ、上手に散歩♪

2019-10-28 19:10:28 | 保護犬めぐ
08/21しだはいワンニャンの会から鉄肝家にめぐをお預かり。
直後から室内にて首輪にリードを繋ぎ、人とそれを使って繋がる(心も)事を理解させる。

08/25ハーネスを装着、庭にて外の空気に触れる。

08/31庭での散歩練習に加え、抱いた状態で門外に出る(車が目の前を通り過ぎるなどを体験させる)。

09/06門外へ自らの足で出る(道路では無くアプローチまで)。

09/09家の前の道路を横断(アプローチで「待て」を行い、車が通り過ぎてから「GO」)。

09/13道路の右側を50m歩く、横断し反対側を50m歩いて戻る、これを繰り返す。

09/16家を出発し500m散歩(以降、徐々に距離を延ばす)。

09/19想定していた散歩コース2kmを完歩(めぐの好奇心は更に遠くへと)。

09/20には3km、09/21には足のを事(パテラ)を考えると一度に歩くのには長距離すぎると思われる4kmを完歩。

09/22から2~2.5kmを朝歩く。

09/25から1日2回(朝夕)2~2.5km歩く。

09/27から朝2~2.5km・夕1.5~2km歩く。

10/24から朝2.5~3km・1.5~3km歩く。現在に至る。

私は心配性で臆病で慎重に事を運ぶ人間です、ですから今まで預かった子に外散歩を始めるのは、
最短でも3カ月かけて来ました。
めぐは大変に速いペースで進めました、とても怖くて緊張しました、でもめぐは素晴らしい学習能力で、
想定以上の手応えで次の段階、次の段階へと進んでくれました。



もちろん問題点が無かったわけではありません、興奮しやすい性格なので、散歩途中でも落ち着かせる訓練は、
今でもしています、彼女にとって道ですれ違う散歩中のワンコには、大変な興味を持って、「遊ぼう♪」と、
誘います、相手としては初対面の黒い中型犬が、興奮しつつ自分に近付こうとしますから当然唸ります、
するとスイッチが切り替わり、めぐも唸りが出てしまいます。
興奮を抑え、尾を振る程度で擦れ違えるように、毎日勉強です。

人とも多く擦れ違います、特に御高齢の男性に強く興味を持ちます、恐らくですが前の飼い主かを確認している
ように思います、亡くなった事をめぐが理解出来るわけも無く、どこか心の中では、迎えに来るのを
待っているのかも知れません、先輩犬2頭と飼い主と自分との生活は、彼女にとって大切な記憶なのでしょう。

本格的に散歩を始めて1カ月強になります、大きく変わったのはめぐの足の筋肉です、薄くてフニャフニャだった足が、
厚みを増し柔軟ですがコシが出て来ました、そのせいか、パテラの症状で足を引きずる姿を、私を含め家族は1度しか見ていません、
筋肉が膝をカバーしてくれていると思います。

お尻尾ピーンで肛門丸出しの元気なめぐが、上手に楽しく散歩する姿を御覧下さい。

保護犬めぐ008


「待て」と「ストップ」、「よし」と「ゴー」、2種類の号令を使ってみました、「混乱するから統一すべき」とお叱りを
受けるかもしれませんが、混乱する子と、意図を察知し忖度?出来る子が居るように思います、めぐは後者で実によく従ってくれます、
ですが現在は私が言いやすいので「待て」「よし」で指示しています。

今後は里親さん募集のための、めぐのデータベース的な物を作ろうと思っています、
引き続き保護犬めぐに御声援をお願いいたします。






   
希望を胸にみんなで艱難辛苦を乗り越えよう。
コメント

保護犬めぐ、地球の歩き方。

2019-10-21 19:10:21 | 保護犬めぐ
おじさん「めぐ、門の外は怖い事もいっぱいあるよ、おじさんのいう事もちゃんと聞けないとダメだ、
本当の外の世界へ出る練習を始めるかい?」

めぐ「えーとねぇ、、、」



めぐ「めぐ外に行きたい!練習がんばるよ!」




先ずはハード面、常に付けている首輪に、この子の身分証ともいえるものを装着・確認、
それに併せて迷子札(ネームプレート)を付ける。



この首輪とは別の首輪にリードを連結、アース・ペット社(ターキー)の
「すっぽ抜けを軽減する胴輪」タイプの物にもリードを繋ぐ。



外で怖い事が起きたらリードを持っている人を頼る事、「待て」を確実に行う等々、
外に出る基本的な事を学びます。

  

  

「おじさん、わたし準備出来たよ、さぁ外に連れて行って♪」

 

可愛いウインクいただきました♪

散歩コースを想定し、途中にお住まいの方に了解を頂き、厄介な雑草を駆除します、
センダングサやヌスビトハギです。



いよいよ外散歩に出発します!






   
希望を胸にみんなで艱難辛苦を乗り越えよう。
コメント