杯が乾くまで

鈴木真弓(コピーライター/しずおか地酒研究会)の取材日記

しずおか地酒研究会20周年歳末感謝祭のご案内

2016-12-06 14:48:25 | しずおか地酒研究会

 今年3月から、20周年の記念行事を続けてきたしずおか地酒研究会。あっという間の年末です。20年前の設立年には「年忘れお酒菜Party」と銘打って、新酒や熟成酒を集め、山田錦の玄米ごはんや地元農家のお母さんたちの手作りお惣菜を味わう忘年会を開催したことを懐かしく思い出します。

 20年目の今年は、10月に杉井酒造で生酛造り体験をさせてもらいました。

 12月5日に上槽、中旬に瓶詰されるこの酒に20周年記念酒ラベルを貼らせてもらい、好きな時間に誰でも自由に来てもらって気軽に試飲を楽しめるオープンパーティーを企画しました。お時間の許せる方はぜひ遊びにいらしてくださいませ!

 

 

 

しずおか地酒研究会 20周年記念歳末感謝祭

SAKE AFTERNOON PARTY

 

しずおか地酒研究会20周年歳末感謝祭として、地酒アフタヌーンパーティーを企画しました。10月に生酛造り体験をさせてもらった杉錦で20周年記念ラベル酒が完成。そのお披露目と、年末に出そろう各蔵の新酒を存分にテイスティングしていただきます。お気に入りのお酒はその場でお買い求めもできます!

場所は藤枝駅から徒歩10分のお洒落カフェ。テイスティングのお時間はたっぷり6時間設けましたので、お好きな時間にお立ち寄りください。スペシャルゲストのトーク、生演奏会、映像鑑賞も予定しています。

 

■日時 2016年12月23日(金・祝) 13時~19時

 

■会場 喫茶ラペ(藤枝市前島2-29-10-2 TEL 054-637-3511) 

藤枝駅南口より徒歩10分、駐車場有。HPはこちらを。


■入場無料 どなたでもお気軽にお立ち寄りください!

 

○来場者全員にしずおか地酒研究会20周年記念酒 1杯サービス。

○県内蔵元の新酒&冬のおススメ酒の有料試飲できます。

○記念酒&お気に入りのお酒はその場でお買い求めできます。

○ラペ特製酒肴(有料)、こうのもの和ピクルス(有料)、巨大胚芽米カミアカリのおにぎり(有料)ご用意します。 

○お車のかたにはラペ自慢のコーヒー&ソフトドリンク(有料)をどうぞ。 

○静岡新聞社刊「杯が満ちるまで」(鈴木真弓著)、日本経済新聞社刊「ロジカルな田んぼ」(松下明弘著)サイン即売会します。

 

イベントプログラム タイムスケジュールは変更する場合があります

1315分~1345分  20周年記念酒&志太美酒20年を語る/杉井均乃介氏(「杉錦」蔵元杜氏)


1345分~1430分  コントラバス独奏会~酒造り唄を奏でる/土田 卓氏(コントラバス奏者)


1530分~16時  映画「カンパイ!~世界が恋する日本酒」配給秘話&ミニシアター経営の面白さ/川口澄生氏(静岡シネギャラリー副支配人)


16時~1630分  ドキュメンタリー「吟醸王国しずおか」パイロット版&フォト集「杯を満たすまで」鑑賞会


17時~1730分  松下米の20年&カミアカリおにぎり試食会/松下明弘氏(稲作農家)   

 

 

協力  喫茶ラペ、エマギャラリー、ときわストア 

■主催・問合 しずおか地酒研究会(鈴木真弓) mayusuzu1011@gmail.com

 

 

 20年前、まだ「地産地消」という言葉もなかったころ、地域の酒や食の価値を理解してもらうために、まずは口コミリーダー的な人たちに丁寧に紹介することから始まった活動。案内は郵送やFAXで送らなければならない時代で、氏名・住所・勤務先の情報が必要だったため、やむをえず会員制度を取ったのですが、今やネットを通じて気軽に幅広く情報発信できるようになり、会員と非会員を区分する必要もなくなりました。会長や役員や会則があるわけでもなく、言い出しっぺの自分が思い付きで企画するものを、そのとき手伝ってくれそうな人に声をかけ、参加していただけた人とご縁をつなぐ・・・そんな緩~くニュートラルな体裁をとっており、20周年の歳末感謝祭も、その日に時間が許せる方と、ゆるゆる楽しめたらなあと考えています。

 20周年記念酒が完成するタイミングを考えたら、この日しかないという12月23日。たぶん多くの皆さんがクリスマス行事や忘年会の予定がおありだと思います。会場をお願いした喫茶ラペさんも、本来ならば稼ぎ時で、オーナーさんからしたら内心はた迷惑な話だったと思いますが、私自身、以前からこのカフェのシンプルかつ清潔な雰囲気が好きで、駅から徒歩圏内ということもあり、ここで酒の会が開けたらな・・・と憧れ、無理なお願いを聞き入れていただきました。

 オーナーさんも店として恥ずかしくないものをお出しし、お客様に喜んでいただきたいと、特別メニュー&スタッフを用意してくださることに。記念酒の試飲や販売、トークセッション、『吟醸王国しずおか』パイロット版上映など自分が勝手に思い付いたプログラムを、ラペさん&多くの会員&ゲストが利益度外視で協力してくださり、実現の運びとなりました。感謝の言葉もありません。本当にありがとうございます。

 

 思えば20年間の活動も、シンプルに、静岡の酒の応援になるならどんなことでもやってみたい、会ってみたい、行ってみたいと思ったことを愚直にカタチにしただけのこと。散々振り回し、ご迷惑をおかけした人も多いと思います。年齢を重ね「足るを知る」ことを学び、自分の身の丈に合ったもので持続可能な活動を・・・と願いつつ、「こういうことをやったらみんな喜んでくれるだろうなあ」と欲張って、ついつい無理をしてしまいます。

 20年前、身の丈以上・分不相応の背伸びをして会を作ったとき、支えてくださった栗田さんは亡くなり、河村先生は第一線を退かれ、造り手や売り手も世代交代が進み、発足当時を知る先達や仲間は少なくなってしまいました。そんな中、今年の20周年の活動は新旧の酒縁者が、目的はさまざまでも一致協力してくれました。あらためて、地酒には地域の人をつなげ、まとめ、動かす力があるんだなあとしみじみ嬉しく思います。

 

 この先、今までのように個人の思い付きで周囲を振り回す活動が続けられるとは思えず、20年で一区切りかな、とも思っていますが、ある読者から『杯が満ちるまで』の巻末に書いたこの一節にとても共感した、という感想をいただき、自分でこう書いた以上、何かしら続けていかねば、とも思っています。

 

 蔵元と杜氏が足並みをそろえ、静岡らしい酒質の向上に汗を流すー30余年前に吟醸王国建設に臨んだ先達の「いろは」を、彼らはしっかり受け継いでいる。時代を共有する我らも、次の世代の呑み手に静岡の酒の味をしっかり伝えていかねば、と思う。

 

 とりあえずは12月23日。どうぞよろしくお願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「健康」の二文字を初めて使った白隠禅師

2016-11-28 14:44:06 | 白隠禅師

 11月20日に広島県福山市の神勝寺で開催された『白隠フォーラム in 神勝寺』に行ってきました。芳澤勝弘先生の❝白隠講談❞を拝聴するのは久しぶり。今回の会場となった神勝寺(臨済宗建仁寺派)は地元の常石造船㈱オーナー神原秀夫氏が建仁寺の益州宗進禅師を勧請開山に、1965年に建立したという比較的新しいお寺ながら、白隠禅画を200点余を収集し、常設展示館もあり。西日本における白隠禅画の一大拠点として注目されるお寺だそうです。

 実はこのお寺、今年の夏にしずおか地酒研究会で催行した京都奈良酒造聖地巡礼の参加者で、福山のリゾートホテルで日本酒伝道に尽力されていたK氏から「福山の新しい観光資源」として聞いていたのです。福山といえば10年前に映画『朝鮮通信使~駿府発二十一世紀の使行録』の制作で何度も通った思い出の地であり、完成したDVDを贈呈したとき、真っ先に称賛のメッセージをくださったのが福山の歴史博物館関係者でした。そんな何やら懐かしい思いと不思議な酒縁に導かれるように足が向いたのでした。

 

 広い境内は❝禅と庭のミュージアム❞と銘打たれ、豊かな自然の中に伽藍、表千家不審庵を忠実に再現した茶室&書院、国際修行道場、アートパビリオンなどが点在し、一日では回り切れない広さ。今回は紅葉色に染まった参道をフォーラム会場の本堂まで軽くお散歩しただけでしたが、日を改めて、茶禅の仲間とじっくり訪れたいと思いました。詳しくはお寺のHP(こちら)を参照してください。

 

 さて今回の白隠フォーラムは、健康科学大学の平尾真智子先生が大変ユニークな新説を発表されました。「健康」という二文字を、日本の文献上で初めて使ったのが白隠さんだった、というのです。我々が当たり前のように使うこの言葉が白隠さん発だったとは、ビックリ!と同時に、やっぱり!という思いがこみ上げてきました。

 そもそも「健康」という言葉、中国では19世紀まで「康健」と表記され、「健康」は和製熟語だったそう。しかし平尾先生が日本史の一次史料(原本)のデータベースで検索しても引っかからず、古語辞典にも仏教用語辞典にも出てこない。健康科学大学の先生としては「健康」の語源をなんとしてでも突き止めたいと思うのは当然だったことでしょう。そこで、健康に関する記述が多いとされる白隠禅師の仮名法語や著作を丹念に調査されたところ、『於仁安佐美(おにあざみ)』『隻手音声』『辺鄙以知吾(へびいちご)』『三教一致の弁』『夜船閑話』『毒爪牙』『仮名葎』『さし藻草』に登場しており、健康には「ケンカウ」「けんこう」のルビが付けられていたそうです。

 これら白隠さんの仮名法語(漢文ではなく仮名で書かれた平易な教え)には、「内観の秘法」「軟酥の法」など自律神経を整える呼吸法やイメージトレーニングに関する健康法が記されており、代表作『夜船閑話』は現代も読み継がれる一大ベストセラーです。書かれたのは1755年。かの良寛さんはじめ、国学者平田篤胤、剣術家白井亨、『病家須知』を著した町医者平野重誠なども『夜船閑話』を愛読したそうな。この頃から「健康」の二文字が普及し始めたようで、夜船閑話の大ヒットがこれを後押ししたんですね。

 白隠さんがなぜ仏教の教えに健康法を記したかと言えば、白隠さん自身が修行のし過ぎで鬱病を患い、克服した経験があり、禅を説くもの、仁政を担うものには健康長寿が何より大切だと考えていたから。84年の生涯で全国を1万2千㎞歩いたとされ、晩年の74歳から亡くなる84歳まで10年間には92か寺を回って布教に努めたそうです。もっとも芳澤先生曰く「晩年はかなりのメタボ体型でほとんど輿移動だった」そうですが(苦笑)、日本人に健康長寿を尊ぶ概念と実践法を植え付けたのが白隠さんであるならば、超高齢化社会を迎える今、我々が学ぶことは余りあるほど多い・・・!そんな感動が胸にこみ上げてきました。

 

 後半は芳澤先生が神勝寺がコレクションした白隠禅画の解説をしてくださいました。

 今回印象に残ったのは、白隠さんが鍾馗(しょうき)を描いた理由。端午の節句の人形でもおなじみ鍾馗さんは、唐の時代に実在した人物で、科挙試験に落第して絶望の末自殺。その霊魂が玄宗皇帝の夢に現れた悪鬼を退治して皇帝の病を治したことから、鍾馗像が魔除けとして普及したとか。このエピソードをモチーフにした謡曲『鍾馗』では、

 

 ありがたのおん事や、その君道を守らんの、その誓願のおん誓い、いかなるいわれなるらん。

 鍾馗及第のみぎんにて、われと亡ぜし悪心を、ひるがえす一念、発起菩提心なるべし。

 げにまことある誓いとて、国土をしづめ分きて、げに禁裏雲居の楼閣の、ここやかしこに遍満し、

 或いは玉殿廊下の下、みはしのもとまでも、もとまでも、剣をひそめて、忍び忍びに、

 求むれば案のごとく、鬼神は通力うせ、現われいづればたちまちに、づだづだに切り放して、

 天に輝き地にあまねく、治まる国土となること、治まる国土となることも、げにありがたき誓いかな。

 


と謳われた。

 白隠さんは、受験に失敗して世の中を恨んで自殺したであろう鍾馗が、怨念と執心を捨て、菩提心を起こして世の中を守っていこうとした誓願を禅画に込めたのです。鍾馗がどういう人物だったか、画賛の言葉が何を意味するのか、その背景を知らなければ、白隠さんが発したメッセージも正しく受け取れないんですね。禅画にはそのような深読みが必要なだけに、あらためて芳澤先生のような道案内役がほんとうに大事だと実感しました。

  「白隠展‐禅画に込めたメッセージ」2012年図録より『鍾馗』

 神勝寺のような新しい寺院ならば、白隠禅画を現代スケールで保存し展示普及させるアレンジが可能だと思います。白隠さんが生涯を送った沼津で現状それが出来ていないのが地元県民として残念でたまりませんが、今後、こういう拠点が全国各地に生まれ、21世紀にふさわしい禅の教えと健康長寿の情報発信が展開されることを期待します。私自身、白隠さんを見習って全国各地を歩いて白隠ゆかりの地をめぐり、いつかガイド本のようなものが書けたらな、と願っています。

 

 フォーラム終了後は懐かしの鞆の浦に宿を取り、ひとりブラ歩きを楽しみました。

 

 

 10年前に比べ、案内看板が増え、観光地化が進んだような気もしますが、町のスケールは江戸時代と同じ。朝鮮通信使に「日東第一形勝」と絶賛された対潮楼福禅寺で、通信使の扁額に見入っていたら、係の女性に「書道がお好きなんですか?」と訊かれ、「故郷のお寺にも通信使の扁額がたくさんあるので」と応えたら、「どこのお寺ですか?一度訪ねてみたいです」と。「静岡清水の清見寺」というと「静岡はねぇ、いつも素通りするばかりで駅から降りたことがないですわ」と苦笑いされてしまいました。

 家康が通信使を接待した大御所時代、静岡は日本の首都であり、白隠さんが活躍した時代、沼津は全国から禅僧が集結して町がパンクしそうになった・・・それもこれも歴史の彼方のほんの一時代の出来事で終わるんだろうかと、複雑な思いで帰路に着きました。

 

 白隠さんは平尾先生曰く「その著作は多方面にわたり、自筆の文書は50種を数える。漢文体の語録、古典の講義や著語からなる提唱録、漢文体の自叙伝、和文体の「仮名法語」、俗謡風の説教などがあり、他に書簡、墨蹟、禅画などもあり、超人的ともいえる著作活動を行っている」人。きっと、白隠さんの時代にブログがあったら、日々むちゃくちゃ更新してたんでしょう。

 とにもかくにも、書くことで人々の心を救おうとした白隠さんの行動は、自分のような時代違いの末端の物書きにも刺激を与えます。いま一度、言葉を伝える仕事に誠実であろうと感じさせてくれた旅でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志太杜氏―サカヤモンの伝統と継承

2016-11-03 08:29:03 | しずおか地酒研究会

 昨秋、静岡新聞社から『杯が満ちるまで~しずおか地酒手習帳』を出版した直後の2015年11月3日、旧大井川町藤守の大井八幡宮境内にある松尾神社で、氏子(志太杜氏経験者)の皆さんが集う例大祭におじゃまし、本の出版を報告させていただきました。唯一の志太杜氏継承者・青島孝さん(「喜久醉」蔵元杜氏)が大量購入し、氏子さん全員に配ってくださったのです。「志太杜氏のことを活字で残してもらえて本当にありがたい」と皆さんに喜んでいただき、自分の仕事にはちゃんと意味があったんだ・・・と胸一杯になったことを、一年後の今も思い返します。

 

 実は本に掲載できた「志太杜氏」の記述は、紙面の都合で草稿の3分の1にも満たないほんのダイジェストでした。今朝早く、1年ぶりに草稿に目を通し、今夜は亡き歴代志太杜氏、そして満寿一の増井浩二さんに献杯をしたいと思いました。当ブログをご覧の皆さまにもそんな気持ちになっていただけたら・・・と思い、全文掲載します。日の目をみなかった記事ですが、一字一句思いを込めました。ぜひお汲み取りください。

 

 

志太杜氏―サカヤモンの伝統と継承

 

志太地域の特性

 静岡県中部・志太地域には、磯自慢、初亀、杉錦、志太泉、喜久醉、若竹と6つの人気酒蔵が集積している。6蔵は平成4年から共同で毎年「志太平野美酒物語」という新酒イベントを自主開催しており、チケットは蔵元や酒販店ルートで即完売。イベントに参加する県内外のファンや関係者からは、志太地域が、ワイン産地のブルゴーニュやボルドーにひけをとらない酒の銘醸地だ、との声も聞かれる。

 この地に銘醸がそろった背景を探ってみよう。駿河湾沿いから大井川流域一帯に広がる志太平野には、西暦600~700年頃から酒造りの技術を持った帰化人が定住するようになり、各地の神社の祭礼にお神酒をお供えする目的で酒造りが発達した。中でも藤守の大井八幡宮(旧大井川町藤守)では度重なる大井川とその支流の氾濫を鎮める儀礼が盛んに執り行われ、氏子衆の中から酒造りを担う者を多く輩出した。

 志太郡史によると明治18年には64の酒蔵があり、明治34年8月に静岡県酒造組合が結成されると志太支部を立ち上げ、「醸造石敷及び買額に於て、優に第二位を締め、其の品質亦佳良なり」とある。

 同史には大正2年当時、200蔵あった静岡県内の酒造状況が記されている。

 

郡市名

製造戸数(蔵元)

職工数(杜氏蔵人)

生産石数

売上高(円)

田方郡

17

99

6,719

302,360

駿東郡

15

71

4,389

197,500

富士郡

15

85

4,593

208,680

庵原郡

10

53

3,358

151,110

安倍郡

17

44

5,976

268,920

志太郡

30

135

9,229

369,160

榛原郡

14

66

4,025

161,000

小笠郡

22

131

5,972

271,129

周智郡

5

22

808

36,360

磐田郡

16

122

7,130

320,850

浜名郡

23

195

9,328

419,760

引佐郡

2

13

567

25,515

静岡市

12

71

4,580

206,150

浜松市

3

42

2,564

115,380

200

1,153

69,238

3,051,874

志太郡史 第二編 人文 第九章産業 第六節工業より

 

 この表によると大正当時、生産規模で見れば浜名郡が第1位で、志太郡は酒蔵の軒数が最も多く生産規模は第2位という状況。浜名と志太に酒蔵が多い理由は、浜名湖や大井川という交通の難所拠点によって人や船舶が滞留し、酒の消費市場が一定規模で形成されていたのではないかと想像できる。

 

志太杜氏の誕生

 酒造りの技術が確立した江戸時代、この地域には関西の酒造り先進地から杜氏が招かれ、地元職人を指導した。その中から『志太杜氏』が生まれた。とりわけ丹波杜氏(京都)の影響が深く、志太杜氏の酒造り唄には丹波杜氏の酒造り唄に似た節回しがあるという。

 志太杜氏の多くは静浜村(旧大井川町)の藤守、下小杉、上小杉地区の出身で、大正末期から昭和初期の最盛期には末端の蔵人まで含めて100人以上いた。中には親子・兄弟合わせて一家で2~3人輩出した家もあったという。彼らは志太地域を始め、静岡県下全域の蔵元に招かれ、隣県山梨や、海を越えてアメリカまで出稼ぎに行った者もいた。

 大井八幡宮のお膝元・藤守地区出身の杜氏は、大正元年に結成された『志太榛原杜氏組合』の中心的存在になった。名杜氏として誉れ高かった田中常蔵氏の呼びかけで組合が結成され、初代組合長は『松若緑』の蔵元岩本信之助氏が就任。組合員として「田中常蔵、吉原鶴一、谷沢義郎、横山福司、大塚春治、天野鋭郎、加藤正、横山保作、田中政治、大塚正市、田中辰次郎、加藤省吾」の名が連なった。

 昭和9年(1934)には酒造神・京都松尾大社(注)から大井八幡宮に松尾神社が勧進された。社には現在も「明治百年(昭和43年)当時 藤守酒造従業員」という扁額が掲げられ、以下の杜氏名が認められる。

 

吉川一郎、田中辰次郎、田中清一、油井富士男、加藤眞一、吉川玄一、横山保作、横山政雄、太田良金雄、田中政治、吉川利男、青野静雄、青野壽之助、青野敏司、蒔田幸司、小野田斉、池上京一、鈴木虎一、加藤省吾、加藤松太郎、小野田金次、横山松男、横山順治、青野仁、岡本光男、橋本明、田中守男

 

 酒の神様を勧進するほどの力を持つ杜氏集団が形成された理由は、八幡宮の儀礼に伴うお神酒造りによって酒造の素地があったこと、大井川の豊富な伏流水に恵まれ酒造りに適していたこと、湿地帯が多いため裏作が出来ず、稲刈りが終わる秋から翌年の田植えまでの半年間、酒造りに集中できたこと等が考えられる。

 藤守地区では16~17歳になった男性のほとんどが農閑期にあたる12月から3月まで酒造りに出稼ぎに出た。大井八幡宮は国無形民俗文化財『藤守の田遊び』で知られ、もともと旧暦1月17日に開催されていたのが、酒造スケジュールに合わせて3月17日に変更になったという。実際、藤守の田遊びの田楽踊りを全幕通してみると、お神酒をやりとりするシーンが多く、志太杜氏の伝統が神事によって受け継がれていることを、明快なビジョンで伝えていた。

    

 春、故郷に戻ってきた杜氏や蔵人は漁に出る者、茶師に早変わりする者もいた。茶師の中には“藤守の黒ふんどし”と異名をとるほど優れた職人もいた。自宅で過ごすのは春の田起こし、田植え、秋の収穫期ぐらいで、年間の大半は家族と離れ離れの生活。季節労働の厳しさに耐えた彼らは、文字通り、地域の一次産業を支える貴重な担い手だった。

 

(注)京都の松尾大社は4~5世紀頃、桂川流域を開墾した渡来系氏族の秦氏により松尾山の神として奉斎された。秦氏が酒造を得意としていたことから主祭神の大山咋神が醸造祖神として全国の酒造家の信仰を集める。 

 

現代の名工に選ばれた志太杜氏

 杜氏がいくら優秀でも酒造りは一人ではできないため、杜氏は自分と一緒に酒造りに従事する蔵人を地元でリクルートし、チームを作って蔵に入る。ベストなチーム編成というと、杜氏を筆頭に頭(杜氏補佐)、分析1名、麹師1名、同補佐2名、酛師1名、同補佐1名、釜師1名、同補佐1名、働き頭1名、働き4名という15名編成。半年間、寝食を共にする職能集団として、チームワークは何より尊ばれるため、結果として同郷の気心の知れた者で固まることになる。 

 昭和に入ると不況のあおりを受けて廃業・転業したり、戦時中の国策で合併させられ、後に復活できずに廃業する酒蔵が続出した。さらに戦後、日本経済が復興すると、大井川の伏流水に恵まれた志太地域には大手食品会社や医薬品メーカー等が続々と進出し、地元で働き口が増えたことで酒造チームの編成は次第に難しくなっていった。

 かつて杜氏や頭を務め、一度は引退したベテランが蔵人として“職場復帰”する等、志太杜氏関係者が粉骨砕身努力する中、昭和61年(1986)には『満寿一』(静岡)杜氏の横山保作さんが現代の名工に選ばれ、関係者を明るくさせたが、志太杜氏組合は平成元年(1989)9月、77年の歴史に幕を閉じた。

  

 私は平成元年2月、寺岡酒造場という社名だった『磯自慢』(焼津)を訪ね、引退直前の志太杜氏横山福司さんにお会いすることができた。といってもこの日が初めての酒蔵訪問の駆け出しライターで、まともに酒造りの対話ができるような知見もなく、ただ一緒に記念写真を撮らせていただいたという記憶しかないが、初めてお会いした杜氏さんが志太杜氏だったことは終生忘れないだろう。

 

 二次産業の進出で失われたこの地の“半農半醸”の暮らし。時代が移り変わり、地域性を活かした農産物にふたたび注目が集まる中、伝統的な職業杜氏の生き方を継ぐ若者が、この先登場するかもしれない。実際、『志太泉』(藤枝)の杜氏を務める西原光志さんが、春、酒造業が終わると藤枝で製茶業に従事している。西原さんは関西出身ながら、縁あってこの地で半農半醸という生き方を選んだ。彼らのような人材が生き甲斐を持って暮らせる地域こそ、世界に通じる真の銘醸地、と言えるではないだろうか。

 

 

サカヤモンの言葉

 平成17年(2005)に刊行された国指定重要無形民俗文化財「藤守の田遊び」伝承千年記念誌に、生前の志太杜氏の貴重な証言が掲載されている。一部を引用させていただく。

 

横山政雄さん

「当地藤守地区は、戦前、志太榛原杜氏組合という大きな組織の中で、仕事として各地へ出稼ぎしていた。子供心に、そうした状況を、周り近所や父親から聞いたり見たりしながら、育ってきた気がする。私も中学卒業と同時に、冬場の仕事として、11月中旬より静岡勝山酒造へ行った。24時間気の抜けない、休日なしの毎日であった。

 今思えば嘘のような事だが、日当180円、足袋200円、酒一升(1,8ℓ)が380円くらいだったと思う。酒造りも、作りたくても米がなく、割り当て限度の中、三倍醸造という製法で、アルコール・糖・その他諸々の添加物を使用し、酒として世に出した。

 製造方法も、酒母作りや山廃は30~35日、速醸は酵母を添加し15~30日かけ、本仕込(三段)をし、20~25日熟成、アルコールを添加、搾り、清酒とする。今では想像も出来ないほど手ひまをかけての作業だった。

 45年以上従事した中、勤務状況、製造内容もいろいろ変わり、製造制限ありといろいろ経験した。現在は量よりも内容に伴う品質問題等々、世の代わりと共に酒造業界も大変な時代。」

 

 

青野眞児さん

「家にはよい水の出る井戸があった。父親は35年ぐらい志太杜氏をやった。横山保作さんが杜氏をやっていた多々良酒造のダットサンが、ほとんど毎日、車に積んだ大きな木の桶に酒の元水を汲んでいった。その井戸は、今の家を新築するときに閉じたが、水みちは今も残してある。」

 国指定重要無形民俗文化財「藤守の田遊び」伝承千年記念誌(同事業実行委員会刊 平成17年3月)より

 

 また東京女子大学の民俗調査団が1986年度に調査し、87年9月に刊行した『藤守の民俗』には昭和初期の酒造りの暮らしぶりが紹介されている。

「午前四時に起床、七時から八時半ごろ朝食、十二時に昼食。朝食と昼食は全員一度に休めるが、夕食は、醗酵して泡がでるのをかきまぜる泡番を交替でやらなければいけないため一斉には休めない。 

 休んだり、食事をしたり、眠ったりする部屋は、ヒロシキといって、蔵の中に酒造場とはしきられてあり、そこで杜氏から働きまで一緒にすごす。

 サカヤモンは正月三日間のうち、交替で一日だけ休める。

 酒造りの服装は、寒の時でも素足にモモヒキだった。

 また、酒蔵でやってはいけないこととして、髪に油をつけること、みかんを食べることなどがいわれる。みかんの中の酢酸が乳酸と反応するのを嫌うためということだ。昔は、女の人が蔵に入ってきてはいけないといわれた。それは、酒は神酒にしたりもするので、女性は体が汚れているということもあったからだそうだ。」

 「藤守の民俗」東京女子大学民俗調査団1986年度調査報告(1987年9月)より

 

 私自身が直接インタビューできた志太杜氏は、現代の名工・横山保作さんの下で満寿一酒造の頭を務め、後に杜氏を引き継いだ大塚正市さんだった。大塚さんは昭和2年、旧大井川町宗高の農家に生まれ、名杜氏だった父・大塚正太郎さんの背中を見て育った。藤守出身ではないが、16歳でこの道に入った志太杜氏だ。

「サカヤモン(酒造り職人)は藤守や下小杉の者が中心で、藤守あたりではいい若い者が冬場、家でゴロゴロしているとおかしく思われるほど、酒蔵に行くのが当然だったようですが、宗高ではそれほど多くなかったですね」と大塚さん。「それでも私の親父は伊豆の蔵元に年間雇用されるほど腕のいい杜氏でした。自分は酒屋に行くつもりはなく、母と一緒に家の畑仕事をやっておったのですが、あるとき、同級生に頼まれて岩本酒造の帳簿付けを手伝いに行ったら、ついつい現場仕事をやらされて、そのまま50年この道です」と苦笑いされた。

「同じ酵母、同じ麹菌を使っても、杜氏しだいで酒は変わる。大吟醸の麹造りは3昼夜かかるが、この間、摂氏40℃近い麹室で3時間おきに作業がある。経験と勘だけが頼りです。体力的にも限界の中、頼りになるのは仲間同士のチームワークですよ。杜氏の仕事とは酒と人の管理なんです」。

 

 インタビューは平成8年(1996)、志太ふるさと文庫『志太の伝統産業②酒造業』の執筆時に行ったもので、このとき資料として頂戴した大塚さんの自筆記録集『志太杜氏』には、こんな一文が掲載されていた。

 

 此の頃は杜氏か蔵人か区別が判らない程人員不足。杜氏であって杜氏でないのが今の杜氏である。呼名も杜氏ではなく『サン』か『チャン』である。人と人が触れ合い、笑ひ合ひ、心の結び付きこそ良酒誕生の源と確信して居る。限られて居る人員で皆、明るく元気で頑張って居ります。

而し杜氏には職責はある。酒と人の管理人であるからである。常に身心共に若返り、行動しなければならない。今朝も運動靴スタイルの杜氏を蔵人達は頼もしげに見つめて居た。

<酒造詩集より>

紅葉の葉が散り其風が吹く

酒造の時季がやって来た

俺の仕事は酒を造ることである

早朝こごえさうな星空を眺め一日の安定を知る

他より一層良い酒を造るため

皆んな一生懸命だ

汗みどろになる

夜は時々眼がさめる

わびしさのためか・・・。

酒蔵の空に月あり 鳥渡る

 

 昭和18年(1943)の『士魂』(藤枝)を皮切りに、『小夜衣』(菊川)、『君盃』(静岡)を経て昭和43年(1968)から満寿一に勤め、組合所属の最後の志太杜氏として職責をまっとうした大塚さん。その後、満寿一の蔵元増井浩二さんが、大塚さんや田中政治さんら引退組のサポートを得て志太杜氏の酒造りを継承した。(写真左から2人目)

 

 

志太流継承者・青島孝さん

 前述の東京女子大の調査報告『藤守の民俗』には、名工・横山保作さんのもう一人の弟子である田中政雄さんのこんな証言も紹介されている。

 

「昭和30~40年当時、酒造りの講習会が行なわれた。名古屋の方から酒造りの先生を3人ぐらい招き、焼津市一色の成道寺で、酒造りの講習を日を分けて7箇所の会場で行なった。50~60人ぐらい集まった。

 酒屋は蔵入りといって10月下旬~11月に入った。当時は、田植えも今とは違って6月下旬だった。遅い家では7月に入って植えた家もあるので、秋の収穫も遅かった。秋が終わるのはいつも祭りが終わってからだった。終わると一斉に蔵入りしたもんだ。

 酒の製造は3月に終わって一旦家に帰る。4月に入ると石津の水天宮さんのお祭りの日には酒造りに行った人達が大勢集まって、浜で一杯やったもんだよ。懐かしい思い出だ。それが終わると今度は火入れに行く。これは一週間ぐらいで終わった。

 この辺の人達が行った酒屋は、静岡市羽鳥の満寿一酒造、静岡市浅間の忠正酒造、静岡市手越の君盃酒造、清水市興津の老公酒造で、その後合併して出来た三和酒造にも行った。

 一番の思い出は、親方(杜氏)の厳しかったこと。近所の人達と一緒に仕事が出来たことなどだ。正月も帰れなかったっけ。」

 

 田中さんは、平成25年(2013)に亡くなる直前まで、藤守出身の志太杜氏保守本流を遺したいと切望されていた。その思いを継いだのが、『喜久醉』(藤枝)の蔵元杜氏青島孝さんである。

 

 昭和39年(1964)、青島酒造の長男として生まれた青島さんは10代の頃、「蔵の中にいる人たちは土日休みもなく早朝から汗を流して働きづめで、イヤなところばかり目に付いた。一日も早く家を出てやろうと思っていた」そうだ。酒造業は当時、構造不況業といわれ、地方の中小酒蔵は、灘や伏見の大手酒造会社の下請けで何とか生き延びていた時代。父の青島秀夫社長から「蔵は継がなくてよい、学校だけは出してやるから自分の道は自分で決めろ」と言われ、これ幸いと東京の大学に進み、大手証券投資顧問会社に就職した後、ニューヨークに渡り、巨万の額の金融商品を動かすファンドマネージャーに。「これで実家から逃げ切った。もう二度と戻ることはあるまい」と思ったという。

 

 ニューヨークは世界中から様々な人種が集まり、自分たちの居場所を必死に創ろうともがく街である。青島さんにも否応なしに自らのアイデンティティに向き合う日々が立ちはだかった。あるとき、体調を崩して1週間ほど休んだが、自分がそれまで座っていたデスクに別の人間が入っていて、何の支障もなく仕事をこなしていた。誰が担当しようと滞りなく物事が進むグローバルスタンダードの現実に、少なからずショックを受けたという。

「デスクにしがみついて、一瞬一瞬の判断で8000億円ぐらいの資金を動かしていたので、100億200億が端数に見えてしまう。そんな金銭感覚にずっといると、日本人が本来大切にしていた、ひとつのものをじっくり育てることや、みんなのチームワークでモノを作るということの価値に改めて気づかされる。カネを稼ぐことはもちろん大切だが、もっともっと大切なことがあるんじゃないかと。いろいろ思いめぐらしているうちに、実家で両親がやっている酒造りというものが、なにか愛おしいものに感じてきた」と振り返る。

 

 平成8年(1996)秋。この年の春、しずおか地酒研究会を立ち上げた私は、偶然この年の春から酒米山田錦の栽培を始めた松下明弘さんとともに、青島酒造の近くにある松下さんの田んぼで、帰国して3日目という青島さんを迎えた。しずおか地酒研究会で、山田錦研究家の永谷正治氏を招いて圃場見学ツアーを企画し、これにいきなり青島さんを帯同させたのである。

 実家の周辺で、松下さんや私のような者が出入りしている環境の激変に面食らったと思うが、青島さんはその後、酒類総合研究所や静岡県沼津工業技術センターで酒造研修を受け、喜久醉の杜氏富山初雄さん(南部杜氏)に弟子入りした。私は最初、青島さんが戻ってくると聞いたとき、「金融の世界にいた人なら経営に専念するだろう」「青島酒造が営利主義に走るような会社に変わるんじゃ…」とあらぬ心配をしていたのだが、彼は製造現場に入って杜氏の弟子になった。経営者として現場体験しておく、のではなく、杜氏職を継ぐ覚悟での弟子入りだ。これには驚いた。

 

 富山さんに弟子入りしてからは、母屋ではなく、蔵人の寝所に布団を持ち込んで、杜氏さんたちと文字通り寝食を共にした。社長も杜氏も蔵人もずいぶん気を遣ったと思うが、青島さんには「そういう環境の中にあえて身を置いて、周囲に認めてもらわなければ、酒造りを継ぐことはできない」との覚悟があった。

  8年じっくり修業をし、平成16年(2004)、富山さんの引退を機に杜氏に昇格。16酒造年度の酒造りが終わった平成17年春、青島さんは、藤守の大井八幡宮宮司、志太杜氏経験者、満寿一の社員等と共に、京都の松尾大社を日帰り参詣した。蔵で一時期、志太杜氏後継志望という若者を雇用していたことがきっかけで、大塚さんや田中さんとも知己を得ていたのである。

 参詣の翌日、田中さんが突然蔵にやってきて、青島さんに向かって「わしの酒造りを継いでほしい」と切り出した。松尾大社への道中、短い時間ではあったが、青島さんの酒造りに対する真摯な態度が田中さんの琴線に触れていたようだ。蔵元杜氏ならこの地を離れることはなく、夏場は松下さんと米作りに汗を流す“半農半醸”職人杜氏の魂も持っている。ライバル大塚さんが増井さんという後継者を得たことで、自分の技も誰かに、という思いがこみ上げてきたのだろう。

 青島さんは即答を避け、すでに志太杜氏の継承者は自分しかいないという覚悟を持っていた増井さんに相談をし、『志太杜氏』の名称は満寿一が保持し、喜久醉は藤守八幡宮松尾神の世話役を務める、という役割分担を取り決めた。

 その夏から、青島さんは蔵人を伴って田中さんの自宅に通い、志太流儀の講義を受け、冬場は田中さんに蔵へ来てもらって現場指導。主力商品である精米歩合60%前後の特別本醸造や特別純米の造りに志太流儀を導入し、肝となる技を会得した。「麹の品温が38℃だとすると、38℃のままずっと停滞しているのか、グングン上昇してきて38℃になったのかでは、まったく違う。気候風土の違いはやはり大きい」。岩手県出身の富山さんの南部流儀とはひと味違う、温暖な静岡・志太で培われてきた麹造りやもろみの温度管理については現場で多くを学んだという。

 

 寒冷地の酒造りとの違いが理解でき、志太の土地に合った麹造りを身に着けたことで、青島さんの酒はひとつの安定期を迎えた。それ以前、本人が「麹造りが安定していない」と自覚していた頃の酒は、タンクごとの酒質にバラつきが生じ、仕込みがすべて終わった後で複数のタンクをブレンド調整していたという。このやり方だとタンクからタンクへ酒を移す作業中に酒がダメージを受けるリスクを生み、瓶詰め出荷の時期もすぐには定まらない。

 志太流を会得し、すべての酒が安定したことで、その手間とリスクがなくなった。搾った順に瓶詰め出荷できるようになり、コスト削減にもつながったのだ。喜久醉ファンの一致した実感だと思うが、近年の特別本醸造や特別純米の酒質向上には目を見張るものがある。長年の愛飲者から見ると、まったくブレがなくなったと言ってもいいだろう。青島さんは「志太流の会得は経営にもプラスになった。この土地に根付いた酒造りがいかに大切か、それを継承することがいかに重要かを実感した」とかみ締める。

 

 

 

伝承を形に

 平成20年(2008)、田中さんから「もうこれ以上教えることはない」と“免許皆伝”を授かった青島さんは、「口伝として伝わった志太杜氏の技を、形にして残すべきではないか」と考え、増井さん、大塚さん、田中さんに相談し、伝書を作成することにした。机上で教わったことや現場で指導されたことを、武芸の秘伝を記した巻物のようなものに書き残す。学生時代から古流の剣術に親しんできた青島さんらしい伝承の具現化だった。

 平成21年(2009)、藤守八幡宮で執り行われた授与式では大塚さんから増井さんに『志太流酒造法大目録』、田中さんから青島さんへ『藤守流酒造法大目録』が渡された。河村傳兵衛氏が“立会人”として参加し、伝書に署名もされた。河村氏も若かりし頃、横山保作さんに麹造りを指導してもらったことがあるいわば子弟仲間。授与式の模様は静岡新聞にも大きく取り上げられた。

 平成23年(2011)には大塚、田中、増井、青島の4名で『志太杜氏伝承会』を立ち上げる。かつての志太杜氏組合とは異なり、純粋に技の伝承を目的とした会だが、大塚さんと田中さんは「組合が復活したようだ」と涙を浮かべて感激されたという。自分が唯一の後継者という覚悟だった増井さんも、この頃から積極的に「一緒に守って、次の世代に伝えていこう」と発言するようになった。

 

 その年の秋、満寿一酒造を訪ねた青島さんは、増井さんから『志太杜氏』の商標を譲りたいと告げられた。1年ほど前から体調が思わしくないと聞いていたが、このとき、増井さんがガンに冒され、余命が短いことを知らされる。すぐに商標移譲の手続きを取り、年末に特許庁から許可がおり、報告の電話を入れた時、妻智恵子さんから本人は電話口には出られない状態との返事。愕然として電話を置き、しばらくした後に増井さん本人から「ありがとうございました。これで安心です」というショートメールが届く。これが最期のメッセージとなった。

 

 平成24年(2012)1月、増井さんは49歳で急逝した。私にとっても自分と同い年の増井さんの死は、にわかに受け入れ難かった。参列した葬儀では青島さんが弔辞を読み、増井さんの10歳になる一人息子が、気丈に「10年間ありがとうございました」と遺影に呼びかけ、参列者の涙を誘った。後に青島さんから「息子さんは小学校の作文で、お父さんの酒造りを継ぎたいと書いていたらしい。増井さんは、自分が直接伝えられないかわりに、あの伝書が残って本当に良かったと思ってくれているだろう」と聞き、心震える思いがした。

 平成25年(2013)暮れには、田中さんが90歳の天寿をまっとうされた。亡くなる3日前、青島酒造へ酒を買いに来てくれたという。現在88歳になる大塚さんはご自宅で静かに余生を過ごされている。

 京都の松尾大社参詣から10年。志太杜氏の技をなんとしてでも遺さねば、という人々の切なる思いが、青島さんの双肩に託された。一人残された青島さんは、伝書を手にし、「真にこの地に合った流儀が確立するまで、杜氏蔵人たちの数え切れないトライ&エラーが繰り返されてきたはず。志太杜氏の技はこの土地の市井の人々の歴史であり、財産だと思う」と力を込める。

 

 藤守流酒造法大目録には、「心得」の項目があり、抄録が青島酒造の麹室脇の壁に標語として掲げてある。小学生でも理解できる言葉だが、完璧に実践するのは容易ではないだろう。酒造りには特殊な技術や知識よりも大切なものがある。何世代にもわたって伝承された、職人だけが共有し続ける大切な何か、である。

 

酒造心得

一、無病息災  健康ニ留意シ病気怪我災害ヲ起コサヌコト

一、礼儀身嗜  礼儀ト身嗜ガ蔵内ノ親和ヲ創ル

一、蔵内親和  蔵内ノ親和ガ良キ酒ヲ醸ス

一、火之用心  火気ニ充分用心スルコト

一、清潔保持  清潔ヲ保持スルコト

一、整理整頓  整理整頓シ道具機具ノ取扱ニハ細心ノ注意ヲ払ウコト

一、酒米保全  酒米諸原料ノ管理ニ留意シ亡失ニ注意スルコト

一、法令厳守  法令ヲ厳守スルコト

 

藤守流酒造法大目録 抄録より

 

 

<参考文献>国指定重要無形民俗文化財「藤守の田遊び」伝承千年記念誌、「藤守の民俗」東京女子大学民俗調査団1986年度調査報告、志太杜氏/大塚正市、志太広域事務組合刊『志太ふるさと文庫~志太の伝統産業②』酒造業/鈴木真弓、庶民列伝/野本寛一、静岡県の諸職/静岡県教育委員会編、駿国雑誌、志太郡誌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「杯が満ちるまで」出版1周年、地酒研20周年アニバーサリーへの思い

2016-10-24 13:21:38 | しずおか地酒研究会

 

 静岡新聞社から『杯が満ちるまで~しずおか地酒手習帳』を出版していただき、10月23日で丸一年となりました。この本をきっかけに生まれた新しい酒縁、復活した懐かしい酒縁、より一層深まった酒縁・・・さまざまな縁(えにし)の広がりに、感謝と責任の重さを実感した一年でした。

 

 しずおか地酒研究会の前身である静岡市立南部図書館食文化講座「静岡の地酒を語る」が1995年11月1日開催で、研究会の活動も20年を越えたため、これに感謝するアニバーサリー企画に汗を流した一年でもありました。加えて、初めて民間のカルチャー講座(朝日テレビカルチャー)を担当することにもなり、本の取材執筆を始めた2014年秋から数えると、丸2年、酒の魅力を伝える作業にどっぷり浸かったことになります。

 正直なところ、本の印税も、しずおか地酒研究会の活動費も、コストを考えると完全にマイナスベースで、カルチャー講座もぎりぎりマイナスにならない程度。損得勘定せず好きで始めたことですから愚痴は言えませんが、酒で儲けてると思われるのは辛いし、20年前には夢のようだった魅力的な酒のイベントが自分の周辺でも毎月のように企画され、お誘いをいただくものの参加できる余裕もまったくなく、酒瓶を見るのが鬱陶しいとさえ思うこともありました(苦笑)。

 

 今朝(10月24日)の静岡新聞朝刊文化芸術欄に、東大寺戒壇院の広目天像が紹介されていました。つい先月、早朝の戒壇院を一人訪ねて広目天さまに愚痴をこぼしてきたばかりだったので、記事を読んで改めてハッとさせられました。

本当に感謝すべきは、生活の糧のための仕事を私にくださった、酒とは無縁のお仕事関係の方々。そういう方々がいなければ、酒の活動はおろか私自身の生活も成り立ちません。どんな小さな仕事でも、この仕事を鈴木に、と言っていただけるだけで感謝感謝の一語に尽きるだろう、ご縁をいただいた仕事はどんな仕事であろうと(フリーランスなら当たり前ですが)全身全霊を傾けよう、そうでなければ酒の活動も続けられない・・・感謝の種を枯らすな、見失うな、大事に育てろ、と広目天さまに叱咤激励された気がしました。

 この2年、やや盲目的に突っ走ってきましたが、自分の体力や生活力をふまえ、身の丈にあったペースで頑張ろうと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 秋の20周年アニバーサリー企画について詳細をレポートするつもりでいましたが、自分の暮らし向きや今後のことをあれこれ考えているうちに日が経ってしまいましたので、とりあえずは写真紹介だけでお許しください。

 

 9月25日には『お酒の原点お米の不思議2016秋編』を開催しました。夏に引き続き、静岡県農林技術研究所三ケ野圃場を再訪し、宮田祐二先生に刈入れ直前の「誉富士」「山田錦」をはじめ、さまざまな試験栽培中の品種について解説していただきました。この日、東京から急きょ酒食ジャーナリストの山本洋子さんご夫妻が駆けつけ、大変熱心に取材されていました。全国トップクラスの日本酒情報発信力を持つ洋子さんに静岡発の情報に触れていただく機会を作ることができて、宮田さんはもちろん、私も心底うれしかったです。

 

 山本洋子さんを含め、松崎晴雄さん(日本酒輸出協会理事長)、里見美香さん(dancyu編集委員)という日本酒業界を代表するジャーナリストを迎えて、10月1日にサールナートホールで開催したのが『カンパイ!世界が恋する日本酒先行上映&トークセッション「あなたと地酒の素敵なカンケイ」』

 これだけの面々が静岡へ来てくださったのに会場満席とならず、自分の不甲斐なさを痛感・・・。それでも『カンパイ!』出演者の久慈浩介さん(南部美人蔵元)やジョン・ゴントナーさん(SAKEジャーナリスト)がビデオメッセージを寄せてくださったり、トークゲストの皆さんがご自身と静岡酒との出会い、全国の酒との違い、取材者としてみる静岡の蔵元の魅力など楽しい話題で静岡の酒を盛り上げてくださいました。(ICレコーダーの用意を忘れてしまい、いつものようにトーク内容を書き起こすことが出来ません。申し訳ありません・・・)。 

 

 

 なお映画『カンパイ!世界が恋する日本酒』は10月29日から静岡シネギャラリー(JR静岡駅前サールナートホール内)にて公開です。

 

 10月2日は『杉錦の生もと造り体験』を開催。山廃・生もと・菩提もと等の伝統酒母造りで吟醸王国しずおかの中でも異彩を放つ杉井酒造で、生もとのもと摺り体験をさせていただきました。午前と午後2回にわけて参加募集したところ、1日ゲストの山本洋子さん夫妻、里見美香さん夫妻はじめ、沼津や浜松からも会員さんが駆けつけてくれて、定員オーバーで大いに盛り上がりました。

 洋子さんはさっそく、週刊ダイヤモンドで連載中のコラム「新日本酒紀行」にて杉錦を取り上げ(10月22日号)、素晴らしい情報発信力を発揮してくださいました!

 

 

 みんなで摺った生もとで仕込む「杉錦生もと特別純米(誉富士100%・静岡酵母HD-1使用)」は年末に生原酒で発売予定。一部、しずおか地酒研究会20周年記念ラベルで販売します。

 

 

 出版1周年の昨日(10月23日)は、朝日テレビカルチャー静岡スクールの「地酒ライターと巡るしずおか酒蔵探訪」10月期初日。静岡市の萩錦酒造を訪問しました。私が心から敬愛する女性酒造家である蔵元夫人の萩原郁子さんが、平成28BYの仕込み開始を待つ酒蔵内部を丁寧にご案内し、萩原吉隆社長が蔵の冷貯蔵庫から自慢の5種を出してくださいました。静岡市民にはお馴染み・西脇の萩錦酒造の井戸水を、井戸からコップにすくって和らぎ水にしながらの試飲時間は、何物にも代えがたい贅沢な時間。初参加の受講生さんが喜んでいる姿に目頭が熱くなりました。

 昨日は大正13年に撮影したという萩錦酒造の写真を初めて見せてもらい、写真に映っている志太杜氏と思われる職人さんたちの姿に、またまた目頭がじわっ。職人魂を受け継いだかのような郁子さんの逞しい手を見て、この人に蔵を支える使命があるように、自分にも何かを支える役目がある・・・そんなふうに勇気をもらえた気がしました。

 またひとつ感謝の種が増えたみたいです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しずおか地酒研究会20周年アニバーサリー「喜久醉松下米の20年」

2016-10-10 10:51:32 | しずおか地酒研究会

 しずおか地酒研究会20周年アニバーサリー企画。9月末~10月初にかけて4回立て続けに催行しました。少し落ち着きましたので1本ずつご紹介します。

 

 まずは9月22日(木・祝)に開催した『喜久醉松下米の20年』。藤枝の地酒『喜久醉』の醸造元青島酒造が蔵のコンセプト商品として位置付ける『喜久醉純米大吟醸松下米40』『喜久醉純米吟醸松下米50』も20年のアニバーサリーを迎えるため、“同級生”の当会が勝手に押しかけお祝いしようと企画したものです。

 

 青島酒造の前で記念写真を撮った後、松下圃場に移動し、田んぼの勉強会。その後、参加者のお一人で『そばをもう一枚』著者の山口雅子さんがコーディネートしてくださった手打ち蕎麦処『玄庵』でささやかな酒宴を催しました。松下米を宮田祐二先生(「誉富士」開発者)が解説してくださるという贅沢な会。青島さんが喜久醉全種類をご用意くださり、東京や浜松からも駆けつけた30名は大いに盛り上がりました!

 


 1996年3月1日。しずおか地酒研究会の発足準備会に、青島酒造の青島秀夫社長が連れて来た一人の稲作青年。聞けば前日、蔵に突然やってきて「酒米を作りたい」と切り出したとか。海外青年協力隊でアフリカに農業指導に行った経験があり、アフリカ好きの青島社長とすっかり意気投合したそうな。
 私が発足準備会の席で、会のコンセプトを「造り手・売り手・飲み手の和」と発表したところ、「米の作り手も入れろ」と口を挟んできて、酒米作りのキャリアゼロの分際で生意気なやつ!と憤慨したのが、松下明弘さんとの出会いでした(笑)。

 

 青島社長が「どうせ挑戦するなら山田錦を作ってみろ」「失敗しても俺が全量引き取ってやる」と力強く背を押し、地酒研メンバーも一緒に田植えや雑草取りを手伝いながらの1年目。出穂を迎える8~9月は、台風や豪雨にヒヤヒヤしながら、10月の稲刈りを無事迎えようとした、ちょうどそのころ、青島孝さんがニューヨークから帰ってきました。
 大学卒業後、家業は継がず、国際金融の世界に進み、ウォール街で巨額マネーを操っていた彼は、そういう世界に身を置いたからこそ、「地に足の着いたモノづくり」の価値を実感。帰国早々、実家の近くの田んぼで、得体のしれない連中が米作りで盛り上がっている様子に、最初は面食らったと思いますが、今思えば松下さんと青島さんの出会いは必然だったのでしょう。

 

 今は喜久醉の蔵元杜氏として地元にしかと立脚する青島孝さん。「20年前に帰ってきて、最初の仕事は、しずおか地酒研究会の田んぼ視察でした」とリップサービスしてくれたあと、酒造工程を丁寧に解説。彼の自信に満ちた姿は、今日に至るまで、求道ともいえる酒造の修業を20年間確かに刻み込んできたその証しでした。

 松下さんも「最初の数年は稲刈前のこの時期、ほとんど眠れず生きた心地がしなかった」と当時の苦労を振り返りますが、今は、どんな気象条件だろうとまったく揺るぎない姿に見えます。2人のことは勝手に同志だと思っていますが、同じ20年を刻んできたのに、自分はいったい何をやってきたんだろうと、いつもいつも情けない気持ちにさせられ、喜久醉松下米を呑んで苦いと感じる時は自分が落ち込んでるとき、旨いと感じたら自分の心根が安定しているとき・・・そんなバロメーターにもなっています。

 

Img013_2
 松下さんはご存知の通り、日本で初めて山田錦の有機無農薬栽培に成功し、静岡県では初めて個人で農水省から品種登録を受けた「カミアカリ」を作り、大きな面積すべてで有機JIS認定を持つ県内唯一の稲作農家。

 2013年に彼が上梓した『ロジカルな田んぼ』(日経プレミアムシリーズ)は、「農作業の一つ一つには、すべて意味がある。その意味を知れば、工夫の余地が生まれ、これまでにない新しい農業が可能になる。農業とはどんな仕事かを、一般的に、ここまで技術ディティールに踏み込んで解説した本は、これまでないはず。」という本。この本の出版祝いに当ブログで紹介した20年前の写真を再掲してみましょう。

 まだ当時はプリント写真。しかも記録用に撮ったものなので画像の粗さ&画角の甘さはご容赦くださいね。

 

Img015

  日付が見当たらなかったのですが、1996年6月、山田錦の田植えです。苗を疎に植える(一株2~3本の苗を間隔を空けて薄く植える)ので、傍目には苗だか雑草だかよくわからない(苦笑)。本当にこれで米が実るのかなあと心配でした。

 

Img012_2

 1996年6月23日。しずおか地酒研究会で山田錦研究の大家・永谷正治先生を招いて地酒塾『お酒の原点・お米の不思議』を開催。その後の有志による現地見学会で松下さんの田んぼを先生に見ていただきました。

 

Img019

 1996年8月末~9月初め。日付は不明ですが、出穂の頃です。あんなにスカスカだった田んぼがこんなに美しく黄緑色に輝いていました!

 

Img013_3_3

  1996年10月5日。再び永谷先生を招いて田んぼ見学会。青島孝さん(右端)がニューヨークから帰国して2~3日後で、彼の最初の仕事?が、この田んぼ見学会でした。

  当時、私(右端)はロン毛。右は20年後。わははーです。

 

Img014

  これは河村傳兵衛先生が、初めて実った松下さんの有機無農薬の山田錦を根っこから持ち上げる貴重なショットです!

 

Img012_3

  1996年10月27日。青島孝さんが静岡県沼津工業技術センターの試験醸造に研修生として参加しており、松下さん&地酒研有志で陣中見舞いに行きました。

  

 

Img012_4

  松下さんが気になるのは、やっぱり米を蒸す工程。甑(こしき)の構造をじっくり観察していました。

 

Img012_5

  1996年12月8日。しずおか地酒研究会の『年忘れお酒菜Party』。農家のお母さんたちの伝承郷土料理と山田錦の玄米ごはんを味わう忘年会で、当時、静岡新聞社で農産物情報誌『旬平くん』を編集していた平野斗紀子さんが司会進行をしてくれました。松下さんは初めて育てたとは思えない堂々とした山田錦を披露。ちなみに玄米で食べたのは永谷正治先生が調達してくれた徳島県産の山田錦です。松下さんの米には手をつけていませんのでご安心を(笑)。

 

Img012_6

  年明けの1997年1月。いよいよ松下米の初仕込みです。現場で「松下の米は胴割れしない」と真っ先に評価した杜氏の富山初雄さん。「松下米」の命名者でもあります。

 富山さんは、青島久子さん(社長夫人・孝さんのお母様)が青島酒造に嫁いだ昭和38年から青島酒造で酒を醸す南部杜氏。孝さんにとっても家族同様の存在で、ニューヨークから帰国し酒を造りたいと言ったとき、父の秀夫社長は(蔵元が造りに関わるのを)反対したものの、富山さんは手放しで喜んでくれたそうです。

 

Img013_4

 1997年2月25日。初搾りの日は松下さんも立会い、上槽作業に特別参加しました。

Img014_2

Img015_2_3

  洗い場で、タメに残ったもろみの米粒をすくって食べる松下さん。一粒たりともムダにしたくないんですね。なんだか正しい「お百姓さんの姿」を見ました・・・。

 

Dsc01897

  こうして生まれた喜久醉純米大吟醸松下米。最初の96BY酒(1997年発売酒)は、未だに空けられず、MY冷蔵庫の奥底で眠り続けています。

 以下は、1997年10月の発売時に作らせてもらった松下米のしおりです。当時は私が自分のワープロで打ち込んでプリントしたものを、簡易印刷で刷って、青島酒造のみなさんが1枚1枚朱印を手押しした、完全アナログチラシ(苦笑)。ささやかながら、この酒の誕生に関わることが出来て幸せです。

 

 

Img013

 

 

 2016年10月6日。21回目の松下米の稲刈りが行われました。「20年で一番雨が多く、日照時間の少ない最悪の年だった」と振り返る松下さんですが、宮田先生が「肥料を余計に与えない稲は、葉の色が薄く透明感がある」「山田錦は茎の節々に一定の間隔があり、しっかり根を張らせて作った山田は、倒れそうに見えて絶対に倒れない」と解説されたまさにその通りの、美しく力強い稲でした。

 21作目の喜久醉松下米が吞めるのは1年後。毎年毎年、愉しみは尽きません。

 

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加