【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

写真で見る【2009 JRAブリーズアップセール】-Vol.3(取引馬紹介)

2009年04月30日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月27日(月)、JRA中山競馬場にて【2009 JRAブリーズアップセール】が開催された。
Vol.2(セリ開始~最高額馬写真)に続き、この項からは最高額馬以降の「取引馬」をご紹介していく。まずは、セイウンワンダーの全妹【セイウンクノイチの07(父グラスワンダー)】まで。

No.6-【フォーントの07】

牡 父キングカメハメハ 母フォーント(母父Kris.S)
落札価格:3,000万円(税別)
落札者:西村 專次 氏
生産牧場:ノーザンファーム
育成牧場:JRA日高育成牧場
⇒【 セリ名簿 | 個体情報

写真:騎乗供覧[12秒4→12秒5](2009/4/27撮影)

取引市場:2008年度セレクトセール1歳(No.155、名簿
落札価格:15,000,000円(税別)
写真:セレクトセール名簿掲載時(2008/5/2撮影、JRHA提供)

No.60-【スイートフェローズの07】

牝 父タニノギムレット 母スイートフェローズ(母父シンボリルドルフ)
落札価格:2,900万円(税別)
落札者:久米田 正明 氏
生産牧場:日高大洋牧場
育成牧場:JRA日高育成牧場
⇒【 セリ名簿 | 個体情報

写真:騎乗供覧[12秒1→11秒9](2009/4/27撮影)

取引市場:2008年度HBAサマーセール1歳(No.1,103、名簿
落札価格:3,500,000円(税別)
写真:仕入時(2008/8/22撮影)

No.17-【セイウンクノイチの07】

牝 父グラスワンダー 母セイウンクノイチ(母父サンデーサイレンス)
落札価格:2,500万円(税別)
落札者:島川 隆哉 氏
生産牧場:筒井 征文 氏
育成牧場:JRA日高育成牧場
⇒【 セリ名簿 | 個体情報

写真:騎乗供覧[15秒3→14秒1](2009/4/27撮影)

取引市場:2008年度HBAサマーセール1歳(No.845、名簿
落札価格:7,400,000円(税別)
写真:仕入時(2008/8/21撮影)

続きはVol.4にて

 <参考>
  ・JRAブリーズアップセール総合情報ページ

by 馬市ドットコム

写真で見る【2009 JRAブリーズアップセール】-Vol.2(セリ開始~最高額馬等写真)

2009年04月29日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月27日(月)、JRA中山競馬場にて【2009 JRAブリーズアップセール】が開催された。
Vol.1(セリ開始まで)に続き、この項では「セリ開始~最高額馬写真(育成時写真も)」をご紹介する。

定刻の午後1時から、中央門の特設ステージにて競りがスタート。上場馬達は、装鞍所付近の繋留馬房から、セリステージ裏のパレードリンクを通って競り会場へ入場した。


写真:装鞍所にて出番を待つ上場馬

競り方式については、昨年までの「ファーストセッション(第1部)→オープンセッション(第2部、全未売却馬を再度上場)」という2部構成、および「ファーストセッションにおける任意での1馬主1頭の購買ルール」は無くなった。また、スタート価格についても「仕入価格の1.2倍、1.0倍、0.8倍という3段階設定」という原則は無くなり、例年よりも低く設定されていた。加えて、調教進度が遅れている馬については、まとめて最後に上場され、価格は仕入れ価格の約半分になる馬がいるなど、特に低く設定されていた。この競り方式の変化により、各購買者はより声がかけやすくなり、活発に競り上がる活気あるセールとなった。


写真:特設競りステージ

今年も、名物鑑定人・松橋康彦氏と浅野靖典氏とのコンビで競りが進められ、結果概要は、上場頭数76頭(牡38頭、牝38頭)、売却頭数76頭(牡38頭、牝38頭)、売却率100%、売却総額(税込)7億7,254万円、平均額(税込)1,016万4,967円だった。
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

ちなみに昨年は、上場頭数71頭(牡35頭、牝36頭)、売却頭数59頭(牡30頭、牝29頭)、売却率83.1%、売却総額(税込)5億4,805万8,000円、平均額(税込)928万9,118円だった。

今年度の最高額馬は、近親に仏G1ダービーを制したスワーヴダンサーなどがいる【No.67-バヴィーラの07】で、900万円のスタートからみるみる競り上がり、里見治氏が3,100万円(税抜)で落札した。以下、JRAが本馬を購入した1歳8月時から当セールで落札されるまでの過程写真を掲載する。
※ちなみに本馬は、当サイトニュースにて注目馬として紹介していた。

No.67-【バヴィーラの07】

牡 父タイキシャトル 母バヴィーラ(母父Seattle Slew)
落札価格:3,100万円(税別)
落札者:里見 治 氏
生産牧場:服部牧場
育成牧場:JRA日高育成牧場
⇒【 セリ名簿 | 個体情報
写真:落札直後(2009/4/27撮影)

No.67-バヴィーラの07の落札までの過程

取引市場:2008年度HBAサマーセール1歳(No.1,147、名簿
落札価格:14,600,000円(税別)
落札者:JRA日本中央競馬会
販売申込者・生産牧場:(有)服部牧場
写真:仕入時(2008/8/22撮影)


写真:育成時(2009/3/12)


育成場のコメント:父は日・仏で活躍したタイキシャトル。母系にはG1仏ダービー・G1凱旋門賞馬のスワーヴダンサーがいる。父に似たその垢抜けた馬体には、購買時から大物感たっぷり。順調に調教を重ね、期待以上の成長を遂げた。その走りの力強さには将来性を感じる。
写真:育成馬展示会にて(2009/4/13撮影)


写真:騎乗供覧[12秒6→12秒2](2009/4/27撮影)


写真:落札シーン(2009/4/27撮影)

続きはVol.3以降で、売却馬の写真を高額順に紹介していく。

 <参考>
  ・JRAブリーズアップセール総合情報ページ

by 馬市ドットコム

【ホッカイドウ競馬】が開幕(2歳戦初勝利はアフリート産駒)

2009年04月29日 | 馬産地情報
4月29日(水、祝)、JRA札幌競馬場にて【ホッカイドウ競馬】が開幕、全国最初のサラブレッド2歳新馬戦【フレッシュチャレンジ競走】では、アフリート産駒の【ポップコーン】が、2着馬に1馬身差をつけて初勝利をあげた。

勝ったポップコーンは、父アフリート、母ナットクラッカー、母父サンデーサイレンスという血統2歳牡馬。4月9日に門別競馬場で実施された能力検査1Rにおいて、51秒8(800m)で後続を置き去りにしていた実力を見せつけた。


写真:ポップコーン
Photo by 「ひだか応援隊」神谷健介氏

ちなみに今年度のホッカイドウ競馬は、下記日程で16開催82日間で開催される。
 ・札幌開催:04月29日~05月14日
 ・門別開催:05月20日~11月19日
  ⇒日程表へ

 <参考>
  ・ホッカイドウ競馬オフィシャルサイト
  ・がんばれ!ホッカイドウ競馬

by 馬市ドットコム

写真で見る【2009 JRAブリーズアップセール】-Vol.1(セリ開始まで)

2009年04月28日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月27日(月)、JRA中山競馬場にて【2009 JRAブリーズアップセール】が開催された。
※ここでは、27日の競り終了後にお伝えした【2009JRAブリーズアップセール結果速報】の補足として、「競りの流れ」や「全落札馬写真」等を、数回に分けてご紹介する。

今年で5回目を迎える当セールは、2008年度取引馬・セイウンワンダーが朝日杯フューチュリティSを制して注目を集めたことや、台付価格を例年よりも抑えたことにより、昨年を大きく上回る購買登録を集めた。(164名、昨年114名)
上場馬が滞在する厩舎エリアでは、早朝から多くの購買関係者が、精力的に候補馬をチェックしてまわる姿が見られた。


写真:セール当日早朝の厩舎周辺の様子

また、開催日までの事前下見においても、例年以上の購買関係者が訪れており、市場関係者は手応えを感じながらセール当日を迎えた。


写真:前日の比較展示リハーサル(事前下見する購買関係者も多かった)

心地よい晴天のもと、午前9時から騎乗供覧が開始。購買関係者は、4階屋内スタンドから各馬の動きを注意深くチェックした。例年同様に騎乗供覧は、ダートコースにて1ハロン13秒ペースを目安に、「速いタイムを出すのではなく、より良い走行フォームをご覧いただく」ことに主眼をおいて行われた。

上場各馬は約11頭ずつ7鞍に分かれ、誘導馬に先導されて馬場入場し返し馬をおこなったあと、向こう正面から単走でスタートした。タイムは2Fから計測され、ゴール板を過ぎてすぐに公表された。騎乗者には、JRA職員や生徒以外に、國分優作騎手などのJRA騎手の名前も見られた。


写真:誘導馬とともに入場する上場馬

疾病を発症していた2頭は騎乗供覧は実施せず、また、過去に発症した疾病のため調教進度が遅れている馬については、他馬よりも遅いスピード(18秒-15秒)で実施され、事前に理由等が詳細に公表された。
タイム表など各上場馬情報はこちらから

全体的な調教タイムは、昨年に比べてゆっくりペースであった。参考までに、ラスト1Fタイムの一番時計は【No.22-ウメノディオンの07(byサニングデール)】が計測した11秒2だった。本馬は2F合計タイムでも23秒5をマークし、こちらもトップタイムであった。


写真:ラスト1Fで一番時計を計測した【ウメノディオンの07】
[騎乗者:丸山元気騎手、タイム:12秒3⇒11秒2]

騎乗供覧後、装鞍所において比較展示が行われた。欠場馬4頭を除く76頭が5組に分かれて展示され、購買関係者は動きの良かった馬を中心に、馬体や肢元の状態等をじっくりと吟味した。比較展示で特に注目を集めていたのは、馬体・動きともに抜群だった【No.60-スイートフェローズの07(byタニノギムレット)】、そしてセイウンワンダーの全妹【No.17-セイウンクノイチの07(byグラスワンダー)】だった。


写真:比較展示風景

また、比較展示会場内には「個体情報開示室(レポジトリー)」が設置され、購買関係者はレントゲンや内視鏡映像などをチェック、担当職員は各馬の個体情報などの質問に対応していた。

そして、いよいよ午後1時より競りが開始!
続きはVol.2にてお伝えします。
※Vol.2以降は、POG情報もかねて落札全馬の写真を掲載していく予定です。


写真:セリ開始の挨拶をする馬事部生産育成対策担当理事・水野豊香氏
結果概要と各馬の結果表はこちら

 <参考>
  ・JRAブリーズアップセール総合情報ページ

by 馬市ドットコム

【HBAトレーニングセール2009】~調教VTRが完成!

2009年04月28日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
HBA日高軽種馬農業協同組合はこのほど、5月11日(月)に開催される【HBAトレーニングセール2009】の調教VTRを作成し、購買関係者へ配布した。


写真:調教VTR

当VTRには、日高軽種馬共同育成公社(新冠町節婦)にて4月14日~16日の3日間で撮影された計130頭が収録されており、ラスト1Fの動きと調教タイムがチェックできる。ちなみに全体の一番時計は、初産駒が2歳デビューを迎えるデュランダルの牝駒「No.48 りり(牝、父デュランダル、母タイキセニョリータ)」がマークした11秒10だった。
ビデオ撮影時の模様はこちら(上位10傑写真やタイム表)

No.48 「りり(タイキセニョリータ07)」 1F:11秒10(単走)

牝 鹿 2007/5/8生
父:デュランダル 母:タイキセニョリータ(母父El Gran Senor)
販売申込者:(有)平野牧場
育成者:(有)山口ステーブル
本馬のブラックタイプへ

調教動画:4月15日撮影
動画はこちらでも見れます

当セールは、2006年度より開催地が札幌競馬場に移され、上場頭数・売上ともに飛躍的に増加し、トレーニングセールの中心的な存在に躍り出た。2007年度は競馬場改修で6月開催となったが、2008年度は5月開催に戻り219頭という多数の申込馬が集まった。2009年度は、他のトレーニングセール同様に申込頭数が減少しているが、相対的には断トツの申込状況となっており、人気の高さがうかがえる。
当セールからは、ヒシミラクルという超大物が輩出されている。
売上推移等の市場成績はこちらから

 <当セールに関するお問い合わせ先>
  HBA日高軽種馬農業協同組合 北海道市場事業部
  電話:0146-45-2133

【HBAトレーニングセール2009開催概要】

 ■開催日:2009年5月11日(月)

 ■時間:AM9時~公開調教、PM1時~セリ開始

 ■上場予定馬:160頭

 ■場所:JRA札幌競馬場

 ■当セールの開催情報ページへ

 <当セールに関するお問い合わせ先>
  HBA日高軽種馬農業協同組合 北海道市場事業部
  電話:0146-45-2133

 
 写真:HBAトレーニングセール2008の開催風景

by 馬市ドットコム