【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【JRA育成牧場管理指針-引き馬と展示編-】(日本語版/ヒンディー語版・約23分)を開示

2020年03月21日 | 馬産地情報
(公社)競走馬育成協会はこのほど、【JRA育成牧場管理指針-引き馬と展示編-】(日本語版/ヒンディー語版)の動画をホームページに開示しました。
同協会によると、「この動画は、主に当歳〜1歳馬の引き馬や展示のほか、日常の取り扱いなど、競走馬の生産育成技術を分かりやすく解説した映像です。この度、インドからの就労者の方に向けた「ヒンディー語版」がJRAより提供されましたので、日本語版/ヒンディー語版をあわせて公開します」とのことです。
この動画は、JRAの日高・宮崎育成牧場と馬事部生産育成対策室が、生産育成技術に関する知見やデータをわかりやすく民間に普及する目的で作成したもの(日本語版)を基に、ヒンディー語の字幕と音声を入力して再編集のうえ作成したもの(ヒンディー語版)です。
JRA育成牧場管理指針-引き馬と展示編-



 <参考>
  ・公益社団法人・競走馬育成協会

by 馬市ドットコム

【2019年生産・全国馬名簿】が発刊!

2019年12月17日 | 馬産地情報
JBBA日本軽種馬協会はこのほど、2019年に国内で生産された当歳産駒を飼養者ごとに掲載した【2019年生産・全国馬名簿】を発刊しました。
同冊子では、サラブレッド産駒6,839頭が掲載されています。
※2018年:6,688頭、2017年:6,547頭、2016年:6,405頭、2015年:6,279頭


購入希望の方は 社団法人日本軽種馬協会まで。
定価: 2,000円(消費税込)/送料無料
注文ページへ

by 馬市ドットコム

厩舎英語表現集(牧場や厩舎で実際に使える、簡単な表現集)が開示

2019年12月16日 | 馬産地情報
(公社)競走馬育成協会はこのほど、厩舎英語表現集を同協会ホームページに開示しました。

この資料は、JRA日本中央競馬会の生産育成実践研修でアイルランドに2年間滞在した坂本浩治氏がまとめた「アイルランド 競走馬の生産育成調教」(発行:日本中央競馬会 生産育成対策部 2007年8月)からの抜粋となっています。

同協会では、「牧場や厩舎で実際に使われる、簡単な表現集です。海外での活用はもちろん、日本における外国人とのコミュニケーションにも活用できます。」と積極的な活用を啓蒙しています。
厩舎英語の紹介ページ



 <参考>
  ・(公社)競走馬育成協会

by 馬市ドットコム

【ロジャーバローズ(Roger Barows)】が「アロースタッド」に到着!

2019年08月22日 | 馬産地情報
2019年8月22日(木)午前9時30分、2019年度のG1-日本ダービーを制した【ロジャーバローズ(Roger Barows)】が、種牡馬として繋養される「アロースタッド(ARROW STUD)」(北海道新ひだか町静内)に到着しました。
ROGER BAROWS arrived in ARROW STUD.
※アロースタッドとイーストスタッドに2年おきに繋養されます。


写真:到着したロジャーバローズ(Roger Barows)


写真:到着したロジャーバローズ(Roger Barows)

ロジャーバローズ(Roger Barows)は、父ディープインパクト、母リトルブック(母父Librettist)という血統の3歳牡馬(生産牧場:飛野牧場)。母リトルブックはジェンティルドンナの母ドナブリーニの半妹です。
当歳時にセレクトセール(2016年度,No.410)に上場され7,800万円で落札、現役時は角居勝彦厩舎(栗東)所属(馬主:猪熊広次氏)で、2018年8月18日の新馬戦(芝2000m)を快勝、年明けの福寿草特別で2勝目をあげました。初重賞挑戦のG2-スプリングステークスで7着、G2-京都新聞杯を2着で臨んだG1-日本ダービーでは、2番手追走から直線に入ると早め先頭に立ち、差を詰めるダノンキングリーをクビ差凌いでG1初制覇を飾りました。
ダービー制覇後は凱旋門賞へ向けて調整されていましたが、8月6日に右前浅屈腱炎を発症していることが判明し現役引退が発表されました。


動画:日本ダービー



写真:2016年度セレクトセール当歳でのロジャーバローズ(Roger Barows)


写真:到着したロジャーバローズ(Roger Barows)

【ロジャーバローズ(Roger Barows)】
父ディープインパクト 母リトルブック(母父Librettist)
2020年度Fee:未定
競走成績:6戦3勝(G1-日本ダービー等)
種牡馬成績:2020年より供用開始。初年度産駒は2023年デビュー予定。
2020年・2021年はアロースタッド繋養、2022年・2023年はイーストスタッド繋養という2年おきの国内シャトルとなります。

 <照会先>
  株式会社ジェイエス
  〒056-0016 北海道日高郡新ひだか町静内本町1-2-1
  TEL(0146)42-2544 FAX(0146)43-3700

 <繋養先>
  アロースタッド
  〒056-0144 北海道日高郡新ひだか町静内田原
  TEL(0146)46-2141
  ⇒2019年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2018年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2017年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2016年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2015年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2014年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2013年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2012年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2011年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2010年度種牡馬展示会の様子[ Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 ]
  ⇒2009年度種牡馬展示会の様子
  ⇒2008年度種牡馬展示会の様子

 <参考>
  ・種牡馬情報検索

by 馬市ドットコム

【2018年生産・全国馬名簿】が発刊!

2018年12月11日 | 馬産地情報
JBBA日本軽種馬協会はこのほど、2018年に国内で生産された当歳産駒を飼養者ごとに掲載した【2018年生産・全国馬名簿】を発刊しました。
同冊子では、サラブレッド産駒6,688頭が掲載されています。
※2017年:6,547頭、2016年:6,405頭、2015年:6,279頭


購入希望の方は 社団法人日本軽種馬協会まで。
定価: 2,000円(消費税込)/送料無料
注文ページへ

by 馬市ドットコム