【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

写真で見る【2009 JRAブリーズアップセール】-Vol.1(セリ開始まで)

2009年04月28日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月27日(月)、JRA中山競馬場にて【2009 JRAブリーズアップセール】が開催された。
※ここでは、27日の競り終了後にお伝えした【2009JRAブリーズアップセール結果速報】の補足として、「競りの流れ」や「全落札馬写真」等を、数回に分けてご紹介する。

今年で5回目を迎える当セールは、2008年度取引馬・セイウンワンダーが朝日杯フューチュリティSを制して注目を集めたことや、台付価格を例年よりも抑えたことにより、昨年を大きく上回る購買登録を集めた。(164名、昨年114名)
上場馬が滞在する厩舎エリアでは、早朝から多くの購買関係者が、精力的に候補馬をチェックしてまわる姿が見られた。


写真:セール当日早朝の厩舎周辺の様子

また、開催日までの事前下見においても、例年以上の購買関係者が訪れており、市場関係者は手応えを感じながらセール当日を迎えた。


写真:前日の比較展示リハーサル(事前下見する購買関係者も多かった)

心地よい晴天のもと、午前9時から騎乗供覧が開始。購買関係者は、4階屋内スタンドから各馬の動きを注意深くチェックした。例年同様に騎乗供覧は、ダートコースにて1ハロン13秒ペースを目安に、「速いタイムを出すのではなく、より良い走行フォームをご覧いただく」ことに主眼をおいて行われた。

上場各馬は約11頭ずつ7鞍に分かれ、誘導馬に先導されて馬場入場し返し馬をおこなったあと、向こう正面から単走でスタートした。タイムは2Fから計測され、ゴール板を過ぎてすぐに公表された。騎乗者には、JRA職員や生徒以外に、國分優作騎手などのJRA騎手の名前も見られた。


写真:誘導馬とともに入場する上場馬

疾病を発症していた2頭は騎乗供覧は実施せず、また、過去に発症した疾病のため調教進度が遅れている馬については、他馬よりも遅いスピード(18秒-15秒)で実施され、事前に理由等が詳細に公表された。
タイム表など各上場馬情報はこちらから

全体的な調教タイムは、昨年に比べてゆっくりペースであった。参考までに、ラスト1Fタイムの一番時計は【No.22-ウメノディオンの07(byサニングデール)】が計測した11秒2だった。本馬は2F合計タイムでも23秒5をマークし、こちらもトップタイムであった。


写真:ラスト1Fで一番時計を計測した【ウメノディオンの07】
[騎乗者:丸山元気騎手、タイム:12秒3⇒11秒2]

騎乗供覧後、装鞍所において比較展示が行われた。欠場馬4頭を除く76頭が5組に分かれて展示され、購買関係者は動きの良かった馬を中心に、馬体や肢元の状態等をじっくりと吟味した。比較展示で特に注目を集めていたのは、馬体・動きともに抜群だった【No.60-スイートフェローズの07(byタニノギムレット)】、そしてセイウンワンダーの全妹【No.17-セイウンクノイチの07(byグラスワンダー)】だった。


写真:比較展示風景

また、比較展示会場内には「個体情報開示室(レポジトリー)」が設置され、購買関係者はレントゲンや内視鏡映像などをチェック、担当職員は各馬の個体情報などの質問に対応していた。

そして、いよいよ午後1時より競りが開始!
続きはVol.2にてお伝えします。
※Vol.2以降は、POG情報もかねて落札全馬の写真を掲載していく予定です。


写真:セリ開始の挨拶をする馬事部生産育成対策担当理事・水野豊香氏
結果概要と各馬の結果表はこちら

 <参考>
  ・JRAブリーズアップセール総合情報ページ

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【HBAトレーニングセール... | トップ | 【ホッカイドウ競馬】が開幕... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。