【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【2012年度の種付料】~Clalborne Farm編

2011年12月09日 | 海外競馬情報
Coolmore(クールモアグループ)」と「Darley(ダーレーグループ)」、「Lane's End(レーンズエンド)」、「Gainesway(ゲインズウェイ)」、「Juddmonte(ジャドモント)」に続き、今回は「Clalborne Farm(クレイボーン)」の2012年度種付料をご紹介する。

100年を超える歴史を持ち、カルメットファームと並んで米国・ケンタッキーの象徴ともいえる「Clalborne Farm(クレイボーンファーム)」は、サーギャラハット、ブレニム、プリンスキロ、ナスルーラ、ボールドルーラー、ミスタープロスペクター、ダンジグなどリーディング首位に輝く種牡馬を繋養した歴史と格式高い種馬場である。
近年、ダンジグ、シークングザゴールドの死亡や引退で看板種牡馬こそ失ったが、【Pulpit(プルピット)】【War Front(ウォーフロント)】が今後のクレイボーンを担う存在となりそうだ。

2012年度の種付料は下記の通り。

Sire Fee 2012,$ Fee 2011,$
War Front (USA) 60,000 15,000
Pulpit (USA) 50,000 50,000
Blame (USA) 35,000 35,000
Arch (USA) 30,000 30,000
First Samurai (USA) 15,000 25,000
Flatter (USA) 15,000 7,500
Political Force (USA) 10,000 10,000
Trappe Shot (USA) 10,000 New
Eddington (USA) 5,000 5,000
Horse Greeley (USA) 5,000 5,000
Stroll (USA) 5,000 7,500
Parading (USA) 3,500 3,500

種付料に最も大きな動きがあったのは【War Front(ウォーフロント)】で、初年度世代の現3歳The Factor(ザファクター)とSummer Soire(サマーソワレ)がG1に勝利し、2世代目からも活躍馬がでたこともあり、2012年は1万5,000ドルから一気に6万ドルに上昇する。同場の看板であったダンジグの後継としての期待を担う。

【Flatter(フラッター)】は、2010年、2011年と産駒が堅実に活躍。抜けた大物こそいないものの短距離から2,000mで重賞勝ち馬やステークス勝馬を次々と送り出し2012年は7,500ドルから1万5,000ドルに上昇した。

また、2012年に新規導入される種牡馬は1頭。【Trappe Shot(トラップショット)】(07生 父Tapit 母Shopping 母父Private Account)は、True North H-G2に勝利し、G1-2着が2回、競走実績は地味だが、今をときめくTapit(タピット)の後継である点が魅力。初年度となる2012年の種付料は1万ドルに設定された。


写真:War Front
Photo by Clalborne Farm

 <参考>
  ・Clalborne Farm

by 馬市ドットコム

【2012年度の種付料】~Juddmonte編

2011年12月01日 | 海外競馬情報
Coolmore(クールモアグループ)」と「Darley(ダーレーグループ)」、「Lane's End(レーンズエンド)」、「Gainesway(ゲインズウェイ)」に続き、「Juddmonte(ジャドモント)」の2012年度種付料をご紹介する。

デインヒル、ダンシングブレーヴ、ウォーニング、コマンダーインチーフ、テンビー、レインボークエスト、ザフォニックなど、数多の名馬・名種牡馬を送りだしてきたサウジアラビアの王族カリッド・アブドゥラ。
最近はエンパイヤメイカー、ワークフォースを送り出し世界で最も成功している馬主の一人といえる。氏をオーナーとするサラブレッドビジネス組織「Juddmonte(ジャドモント)」では、同じ種馬を英米両方で成功させるスタイルが定着しつつある。

2012年の種付料は、2枚看板の【Oasis Dream(オアシスドリーム)】が6万5,000ポンドから8万5,000ポンドに、【Dansili(ダンジリ)】が6万5,000ポンドから7万5,000ポンドにそれぞれ値を上げた他には大きな動きが少ない。この2頭は、ヨーロッパ2歳リーディングで上位を占めており非常に評価が高い。

尚、2012年の新規導入種馬は無し。
2012年の種付料は下記の通り。

Country Stallion 2012Fee 2011Fee
UK Oasis Dream (GB) 85,000£ 65,000£
UK Dansili (GB) 75,000£ 65,000£
US Mizzen Mast (USA) 12,500$ 12,500$
UK Zamindar (USA) 10,000£ 12,000£
UK Champs Elysees (GB) 7,500£ 10,000£
US First Defence (USA) 7,500$ 7,500$
UK Rail Link (GB) 6,000£ 7,500£
UK Beat Hollow (GB) 5,000£ 6,000£
UK Observatory (USA) 5,000£ 4,000£
UK Three Valleys (USA) 5,000£ 5,000£


写真:Oasis Dream
Photo by Juddmonte Farms


写真:Dansili
Photo by Juddmonte Farms

 <参考>
  ・Juddmonte Farms

by 馬市ドットコム

【2012年度の種付料】~Gainesway編

2011年11月29日 | 海外競馬情報
Coolmore(クールモアグループ)」と「Darley(ダーレーグループ)」、「Lane's End(レーンズエンド)」に続き、「Gainesway(ゲインズウェイ)」の2012年度種付料をご紹介する。近年Gaineswayの種馬は著しい勢いで成功を収めており、ケンタッキーでの地位が高まっている。

同場の代表は【Tapit(タピット)】だ。多くのバイヤーが産駒に注目する「今ケンタッキーでもっとも熱い種牡馬」と言える。本馬の2012年種付料は、8万ドルから12万5,000ドルと大幅アップとなっている。
また、仏でG1レース2勝した初年度産駒ダビルシムを送り出し、ファーストシーズンサイアーランキングで3位の米国逆上陸サンデーサイレンス後継馬の【Hat Trick(ハットトリック)】が6,000ドルから1万5,000ドルにアップ、また、【Corinthian(コリンシアン)】等若い種馬が多く、昨年失ったMr. Greeleyの抜けた穴を感じさせない種馬場だ。

尚、2012年の新規導入種馬は無し。
2012年の種付料は下記の通り。

Tapit (USA) 125,000 80,000
Afleet Alex (USA) 20,000 25,000
Corinthian (USA) 17,500 25,000
Hat Trick (JPN) 15,000 6,000
Birdstone (USA) 10,000 20,000
Smoke Glacken (USA) 10,000 10,000
Orientate (USA) 7,500 7,500
Afleet Express (USA) 6,500 10,000
Strategic Mission (USA) Private 4,000
※通貨は$


写真:Tapit
Photo by Gainesway Thoroughbred Stallion Farm


写真:Hat Trick(ハットトリック)
Photo by Gainesway Thoroughbred Stallion Farm

 <参考>
  ・Gainesway Thoroughbred Stallion Farm

by 馬市ドットコム

【2012年度の種付料】~Darley編(ヨーロッパ&アメリカ)

2011年11月23日 | 海外競馬情報
ヨーロッパに【Cape Cross(ケープクロス)】【Dubawi(ドバウィ)】【Shamardal(シャマーダル)】、アメリカに>、【Bernardini(バーナディーニ)】【Medaglia d'Oro(メダグリアドーロ)】【Street Cry(ストリートクライ)】などを擁し、ファーストシーズンサイアーの【Teofilo(テオフィロ)】【Hard Spun(ハードスパン)】も好調な「Darley(ダーレーグループ)」の2012年度の種付料は、下記の通り発表されている。
2012年に新たに投入される種牡馬は、オーストラリアからシャトルされる【Lonhro(ロンロ)】を含めて全部で4頭。クールモアと比べるとやや小粒な感もあるが、ドバイショック以前に積極的に導入した種牡馬が成功を収めつつあり、要注目である。
※日本で供用されている種馬の価格発表はまだ先の見込み。

まずは、アメリカから。

系用地 種牡馬名 2012種付料 2011種付料
US Bernardini (USA) 150,000 75,000
US Street Cry (IRE) 150,000 150,000
US Medaglia d'Oro (USA) 100,000 100,000
US Elusive Quality (USA) 50,000 50,000
US Hard Spun (USA) 40,000 30,000
US Street Sense (USA) 40,000 40,000
US Lonhro (AUS) 30,000 77,000  from Aus
US Any Given Saturday (USA) 15,000 20,000
US Girolamo (USA) 15,000 New
US Quiet American (USA) 15,000 15,000
US Street Boss (USA) 15,000 17,500
US Discreet Cat (USA) 12,500 17,500
US Henny Hughes (USA) 12,500 12,500
US Midshipman (USA) 12,500 15,000
US Rockport Harbor (USA) 12,500 12,500
US Desert Party (USA) 10,000 10,000
US Holy Bull (USA) 10,000 10,000
US Regal Ransom (USA) 7,500 New
※通貨は$。

アメリカでのダーレー中核種牡馬の一頭に成長した【Bernardini(バーナディーニ)】は、7万5,000ドルから15万ドルに急上昇。また、下記注目馬が新たに導入される。

【Lonhro(ロンロ)】(98生 父Octagonal 母Shadea 母父Straight Strike)は、オーストラリアからのシャトル。オーストラリア年度代表馬(G1レースを11勝!)で、種牡馬としてもG1勝馬3頭を含む重賞勝馬11頭を送り出しており、南半球では誰もが知る種牡馬。初のアメリカへのシャトルで、3万ドルに設定された。

【Girolamo(ジローラモ)】(06生 父A.P. Indy 母Get Lucky 母父Mr. Prospector)は、生粋のアメリカ血統。父の産駒で唯一1,200mのG1(ヴォスバーグS)勝馬で、こちらは1万5,000ドル設定されニューヨーク州で供用される。

次に、ヨーロッパ。

系用地 種牡馬名 2012種付料 2011種付料
Ir Shamardal (USA) 50,000 50,000
Ir Cape Cross (IRE) 35,000 35,000
Ir Teofilo (IRE) 25,000 15,000
Ir Ravens Pass (USA) 22,500 22,500
Ir Iffraaj (GB) 10,000 15,000
Ir Manduro (GER) 10,000 15,000
Ir Vale of York (IRE) 5,000 5,000
Ir Kheleyf (USA) 4,000 4,000
Ir Echo Of Light (GB) 3,000 3,000

系用地 種牡馬名 2012種付料 2011種付料
UK Dubawi (IRE) 75,000 55,000
UK Exceed and Excel (AUS) 22,500 12,000
UK New Approach (IRE) 22,500 22,500
UK Poet's Voice (GB) 12,000 New
UK Authorized (IRE) 10,000 15,000
UK Halling (USA) 10,000 10,000
UK Royal Applause (GB) 9,000 9,000
UK Shirocco (GER) 7,000 10,000
UK Refuse to Bend (IRE) 5,000 4,500

系用地 種牡馬名 2012種付料 2011種付料
FR King's Best (USA) 12,000 15,000
FR Slickly (FR) 7,000 7,000
FR Alexandros (GB) 4,000 4,000
FR Country Reel (USA) 4,000 4,000
FR Creachadoir (IRE) 3,000 3,000
※通貨:IrとFRは€、UKは£。

ヨーロッパのダーレー中核種牡馬の一頭になりつつある【Dubawi(ドバウィ)】が5万5,000ユーロから7万5,000ユーロに上昇。【Exceed and Excel(エクシードアンドエクセル)】が1万2,000ポンドから2万2,500ポンドに値上げされた他、ファーストシーズンサイアーが好調の【Teofilo(テオフィロ)】が1万5,000ユーロから2万5,000ユーロに上昇している。

ヨーロッパでは下記1頭が導入される。

【Poet's Voice(ポエッツヴォイス)】(07生 父Dubai 母Bright Tiara 母父Chuef's Crown)は、ドバウィが送り出したG1勝馬。クイーンエリザベス2世S-G1に勝利している。種付料は1万2,000ユーロ。ちなに本馬は、日本でマイルチャンピオンシップ南部杯-G1に勝利したゴールドティアラの半弟にあたる。


写真:Bernardini
Photo by Darley

 <参考>
  ・Darley

by 馬市ドットコム

【2012年度の種付料】~Coolmore編

2011年11月22日 | 海外競馬情報
ヨーロッパに【Galileo(ガリレオ)】【Montjeu(モンジュー)】、アメリカに【Giant's Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)】といった不動の名種牡馬を擁する「Coolmore(クールモアグループ)」の2012年度の種付料は下記の通り発表されている。

まずは、アメリカから。

種牡馬名 2012種付料 2011種付料
Giant's Causeway (USA) 85,000 85,000
Lookin At Lucky (USA) 30,000 35,000
Tale of the Cat (USA) 30,000 30,000
Henrythenavigator (USA) 25,000 35,000
Cape Blanco (IRE) 17,500 New
Scat Daddy (USA) 17,500 10,000
Uncle Mo (USA) 17,500 New
Fusaichi Pegasus (USA) 15,000 15,000
Grand Slam (USA) 12,000 15,000
Dunkirk (USA) 10,000 10,000
Majestic Warrior (USA) 10,000 10,000
Munnings (USA) 10,000 12,500
Thunder Gulch (USA) 10,000 10,000
Van Nistelrooy (USA) 確認中 5,000
※通貨はドル。

アメリカでファーストクロップが好成績を残している【Scat Daddy】の種付料が、1万ドルから1万7,000ドルに値上がりした以外は、極端な価格の動きは少ない。また、新種牡馬としては【Cape Blanco】【Uncle Mo】が繋養される。
詳しくは

【Cape Blanco(ケープブランコ)】(07生 父Galileo 母Laurel Delight 母父Presidium)は、ヨーロッパとアメリカでG1-5勝の実績馬。愛ダービー-G1、愛チャンピオンS-G1、マンノウォーS-G1、アーリントンミリオン-G1、ターフクラシックインビテーショナルS-G1と欧米の両方の芝で抜群の実績を残している本馬は、1万7,500ドル。

【Uncle Mo(アンクルモー)】(08生 父Indian Charlie 母Playa Maya 母父Arch)は、無敗でブリーダーズCジュヴェナイル-G1を制しエクリプス賞を獲得した生粋のアメリカ血統。こちらも1万7,500ドル。

次に、ヨーロッパ。

種牡馬名 2012種付料 2011種付料
Galileo (IRE) Private Private
Montjeu (IRE) Private 75,000
Fastnet Rock (AUS) Private 30,000
Danehill Dancer (IRE) 60,000 75,000
High Chaparral (IRE) 25,000 25,000
Pour Moi (IRE) 20,000 New
Duke of Marmalade (IRE) 20,000 25,000
Cabford Cliffs (USA) 17,500 New
Rip Van Winkle (IRE) 17,500 20,000
Rock of Gibraltar (IRE) 17,500 17,500
Mastercraftsman (IRE) 15,000 17,500
Dylan Thomas (IRE) 12,500 17,500
Hurricane Run (IRE) 12,500 15,000
Peintre Celebre (USA) 12,500 15,000
Holy Roman Emperor (IRE) 12,500 10,000
Starspangledbanner (AUS) 10,000 15,000
Excellent Art (GB) 10,000 10,000
Footstepsinthesand (GB) 10,000 10,000
Yeats (IRE) 9,000 9,000
Zoffany (IRE) 7,500 New
Strategic Prince (GB) 6,000 4,000
Aussie Rules (USA) 5,000 6,000
Thewayyouare (USA) 5,000 6,000
Alfred Nobel (IRE) 4,000 5,000
※通貨はユーロ。

ヨーロッパでの注目新種牡馬は下記の2頭。

【Pour Moi(プールモア)】(08生 父Montjeu 母Gwynn 母父Darshaan)は、モンジューが送り出した3頭目の英ダービー-G1勝馬。ヨーロッパ最良ニックスのひとつダルシャーン肌にモンジューの血統は魅力十分で2万ユーロの種付料で供用される。

【Cabford Cliffs(キャンフォードクリフ)】(07生 父Tagula 母Mrs MARSH 母父Marju)は、愛2000ギニー-G1からクイーンアンS-G1までG1レース5連勝の実績馬。こちらは1万7,500ユーロに設定されている。

新種牡馬としては、上記2頭と【Zoffany】が繋養される。
詳しくは


写真:Galileo
Photo by Coolmore

 <参考>
  ・Coolmore

by 馬市ドットコム