東洋環境分析センタ- 現場奮闘記

分析 測定 調査 試験 検査

消費者の感覚~食品とにおい~

2018-07-20 | 技術部

みなさんこんにちは!

今回の現場奮闘記は九州食品分析センター 南九州ラボからお届け致します。

 

 

本格的な夏の暑さとなりました。

アイスクリームや氷菓子など冷たいものを食べたくなる季節ですね。

 

子どもからご高齢の方まで、幅広く愛されているお菓子。

私も毎日の糖分補給には欠かせない存在です。(食べすぎにはご注意を…)

 

 

さて、今日はお菓子のご依頼をいただきました!

 

内容は…官能試験です!

 

モグモグモグ…。

食感も良いし、風味があっておいしいな~!!

 

この「おいしい」を決定しているものの要因には実は鼻で感じる匂いもあります。

食べ物を評価する上で、嗅覚というのはとても大切なものなのです!

 

一方で、不快に感じる臭いというのが、異臭としてクレームにつながることもあります。

異臭というのは、目に見えないものであるため、不安さを感じやすいものです。

 

ヒトの嗅覚はとても敏感なセンサーです。食べ物のにおいを嗅ぐという行為は、自衛本能反応の1つとも言えます。

 

官能試験のみならず、食品に関してご質問等ございましたら

最寄りの事業所、営業所までお気軽にお問い合わせください。

http://www.let-toyokankyo.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6~9月は建築物衛生法の消毒... | トップ | 刺激と情熱の事業所・営業所... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。